2016.11.13

原始的な方法ですが。

二週間ほど前、急に腸が不調になった。
ちょうど、Vincentもお腹の調子が悪くなった頃で、
Vincentはとりあえず絶食。

しかし、一か月前にも調子を崩して悪玉菌が増加したこともあり、
抗生剤をもらって様子見。


こっちも実は半年ほど前の季節の変わり目に調子を崩し、
なんと一か月もまともに食べられなかった。
絶食するといいのだが、食べ始めるとまた不調。
薬も何度も取り換えたが、なかなか回復しなかった。

ということで、長引かせてはいけないと絶食。
リンゴジュースのみで食いつなぐことに。

そしてもうひとつトライしたのが、カイロでお腹と腰を暖めること。
お腹は「手当」というくらいだから、温めるのは正解だと思うが、
なぜ腰なのかというと、管理人のウィークポイントだから。

そしてとりあえず横になって、犬達をカイロ代わりに昼寝。

201611131
※重くて寝返りが打ちにくいが、暖かいことは間違いない。

Vincentのお腹は温められなかったが、
一緒に寝ることで双方暖かい。

お蔭で、夜には回復。
ひどくならずにとりあえずホッ。


Vincentもとりあえず、絶食と療法食で復活。


季節の変わり目は人も犬も気を付けなくては。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くパピーと暮らし始めた管理人と老犬に励ましのワンクリックを!

Banner_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.30

それ、無理ですから。

今日は年に一度の胃がん検診。
と言っても、昨年からいろいろあって、胃カメラを飲んだりしているので、
悪化していないか確認するための検診でもある。

いつも通りと思って行ってみたら、
今回は発泡剤を水ではなくバリウムで飲むように変わったと言われる。

発泡剤を飲むのでさえ辛いから、水で一気に流し込んでいるのに、
べったり、ねっちょりのバリウムで流し込む?

あり得ないです。


案の定、発泡剤を口に含んだ後バリウムを飲もうとしたらスピードに欠けて喉に詰まらせ口から飛び出した(汗)。

あ~ぁ。

お蔭で、途中で発泡剤は追加されるし、バリウムのスピードは更に落ちるしで、
台の上でグルグル回っているうちに気持ちが悪くなってくる始末。

こんなことは初めてである。

年に一度の定期検診を初めて30年近く。
来年からは胃カメラ一本にしよう。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くパピーと暮らし始めた管理人と老犬に励ましのワンクリックを!

Banner_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.17

がっかり

昨日の痛みは大分取れて、このままテーピングで乗り切ろうと思っていたが、FB上で経験者の皆様のアドバイスを受けて急きょ病院へ。

っで、病院前の坂を下りていたら先日お灸で治った膝がまた文句を言いだした。

え~い、面倒くさい、
親指も膝も両方診てもらおう!


ということで、普段ならレントゲンでしか診察してくれない大病院と異なり、こちらでは超音波での検査の結果、な・・な・・なんと、指の原因は関節で、膝の原因は骨の変形と言われてしまった。

が~ん。


指は使いすぎてるから仕方ないけど、膝が変形って、アタシっていくつなのよって話。


実は中学一年の時、両ひざを「成長期における関節骨端炎」と診断されて早うん十年。
今はオズグッドというらしいが、当時は踏切を渡ろうとしたとき突然「ガクッ」となったと話すと、先生曰く、「それは骨折と同じくらいの衝撃だね。骨弱いんだね。」と。

またしても、が~ん。

これからますます骨がもろくなる世代なのに、中学の時から弱かったとは・・・。

とりあえず親指も膝もアイシングしてくださいましたが、手の方は心臓が止まりそうなくらい冷たかった。

201512171


車のエンジンブレーキボタンが押せない・・・。


明日は横浜、明後日は神戸なのに~。


負けないぞ!


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無く犬と踊る管理人に励ましのワンクリックを!

Banner_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.16

腱鞘炎?

今日もいつも通りに起きて朝からニコルの散歩に行き、
いつも通りの一日が始まるのかと思いきや、
ニコルの足ふきタオルを入れているトレイを洗っていたら、
左手の親指に激痛が。


使いすぎた時などは、一時的に傷みがあったりしびれることはあっても
そんなに長続きはしないし、力を入れた時だけ痛みを感じる程度なのだが、
今回は動かしただけでも痛い。

まずい・・・。


そう言えばさくらちゃんのママは保定していたっけ。

そんなのムリムリ!
でもいた~い。


とりあえず、湿布薬を貼って、テーピング巻いて、
絶対に動かさないぞ!

週末は神戸まで運転するんだから!

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無く犬と踊る管理人に励ましのワンクリックを!

Banner_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.04

人間ドック

今日は年に一度の健康診断の日。

いつもは基本健診だけなのだが、今回は初めて腫瘍マーカーや内臓の超音波検査などを加えた人間ドックに変更した。

血が薄くて、血管が細い管理人が、いつもの3倍くらい血を採られ、お腹をグリグリされて、最後の最後で大っ嫌いなバリウムを飲むことに。


毎年飲み続けてうん十年。あと少し頑張ればと思っていたが、なんと最後にお腹を押す機械が出てくるところで、いつもはギュッ、ギュッくらいなのに、今回はギュウ~!ギュウ~!とお腹と背中がくっつきそうなくらい押した上に、押されて台から転げ落ちそうになるほど。
これってやりすぎじゃない?


そのうえ、最初にあれだけゲップを出すなと言っていたのに、早くゲップを出してくださいと言い続ける技師。
そんな!
あれだけ飲み込んだもの、言われてすぐ出るはずもなく。
押せば出るってもんじゃない。

それに、今まで検査中にゲップを出していいなどと言われたことは一度もない。

おかげで帰ってきてからも腹部の違和感は消えず、ほとほと疲れてしまった。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無く犬と踊る管理人と老犬に励ましのワンクリックを!

Banner_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.22

もつべきものはかかりつけ

一昨日夕食を食べているときに、何やら右の奥歯に痛みが。
一瞬かぶせたものが外れたのかと思ったが、そうではないらしい。
とうとう虫歯になったのかと様子を見ることに。

ところが翌朝トーストを食べているときは全く痛みもなく、
季節の変わり目に起こる違和感かともう少し様子を見ることに。

そして昼にチャーハンを食べていたら激痛が・・。

なんじゃ、こりゃ~!!

というくらい、神経に触れたような痛みだった。

あわてていつもの歯医者に電話して、夕方の予約を入れた。

実はこの「いつもの歯医者」というのは、かれこれ25年くらい前から通っているところで、半年ごとの検診もやってくれている。

一時期、影が小学校の検診で引っかかったときは、いつもとは違う校医さんのところで親子共々診てもらっていたが、管理人が自分の半年検診を一回休んだら、「もう来なくていい」と言われてしまい、管理人だけ元の歯医者に戻っていた。

しかし、以前の家からは自転車で5分程度だったこの「いつもの歯医者」も、15年前に管理人が引越してからは車で30分ほどかかるようになってしまい、2年前に歩いて3分のところに新たに開業した歯医者をみつけたのを機に、新規開拓をしてみようと思ったのだが、なんとその歯医者は、検診に行ったのに、「あ~、ここがきれいじゃないから次はここを治しましょう。」とか、それで終わりかとおもいきや、「次回の予約は。」とエンドレス。
いくら近くても、毎週歯医者に通い続けるのはちょっと・・。

そう思って、また元の歯医者で久しぶりに検診してもらったのが2週間前。
それでも、いやな顔ひとつしないで、一回で掃除を終わらせてほしいというこちらのわがままも聞いてくれた。

急な激痛で駆け込むと、先生が他の患者さんを診ている間に、助手の人が2週間前に取きれなかったお掃除もやってくれ、助手には見つけられなかった痛みの元も先生がしっかりチェックして治してくれた。
結論は、虫歯ではなく、何十年も前にかぶせたものが若干浮いてきたということ。
外れて飲み込まなくてよかった。

帰り際に、かぶせ物が金属なので、目立たないのに変えられないかと相談すると、「金儲け的にはお奨めしたいが、歯のことを考えると負担が大きいので、このままの方がいい。」と言われた。
もちろん、「それでもセラミックに変えたいならやるけど。」というお答え。

先生のお奨めに従って、ぎりぎりまで自分の歯で頑張ろう。

仕事を早く引き上げたおかげで、公園に連れて行ってもらえたニコルはご満悦だった。

201504221

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無く犬と踊る管理人と老犬に励ましの >ワンクリックを!

Banner_01


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015.01.16

過ぎたるは及ばざるがごとし。

10年ほど前坐骨神経痛が悪化して、一時はステッキが無いと歩けなかったが、テニス仲間のアドバイスで行った整体で、発症当初(30年近く前)完治しないと言われた神経痛が見事に治って、またテニスの試合が出来るまでになった。

あれから10年、最近では仕事が忙しく、テニスからもすっかり足が遠のいてしまったが、ヘルニアからくる腰痛は別としても、そこそこ調子よく暮らしていたのに、1か月ほど前からまた右足がうまく動かなくなってきた。

その都度整体で調整していたが、年末集中していこうと思っていたところお休み。

っで年が明けて不調のまま新年に突入。

そこで、以前テレビで見たボール治療を思い出した。
テレビでは腰痛などの防止のために、テニスボールを背中や腰の下に入れて自分の体重をかけて刺激するというもの。

ということで、いつも先生が押してくれるポイントに、犬のおもちゃ、ひも付きボールを入れて体重をかけてみると、なんと先生の治療と同じくらいの痛みが(笑)。
2~3日続けたところ、快調になって、また走れるようになった。
ふっふっふ。
いいじゃない。

ところが、このセルフ治療法は本当にひどく痛いのだが、だんだん痛気持ちよくなって、ついついくせになり始めた。
っでやりすぎてしまったら、また痛くなってきた。

過ぎたるは及ばざるがごとし。
何事もほどほどが肝心らしい。

今朝遅くなって散歩をサボった犬たち。

201501161_2

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くパピーと暮らし始めた管理人と老犬に励ましのワンクリックを!

Banner_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.28

薬漬けのあとは・・。

三年半ほど前極度のストレスから、十二指腸がポルコ・ロッソが殴られたような状態になった管理人。
1か月ほどの投薬でなんとか回復したものの、
一年後に同様の症状が出た。

同じ病院で再び胃カメラ。
その後投薬でおさまった後、予備の薬をもらっていたが、
とうとうその薬もなくなり、先日再び受診したところ、
胃が緊張しているという診断。
なんとか、胃カメラは逃れたものの、結局また薬漬けに。


そうこうしているうちに、お腹がしくしくしたり、
頭痛が起きたりと、なんか不調に。

しかも、インフルエンザの予防接種を受ける直前から。


もしかして、受診した内科で風邪をもらってきてしまったのか・・。

何しろ、その日は待合室の半分以上が風邪患者。
あわててマスクをしたものの、もしかしてその時もらってしまったか。

頭痛が出るたびに、葛根湯やら頭痛薬を飲んで、
ひどくならないようにと悪あがきをしていたところ、
飲んでいる薬の副作用に、頭痛やほてり、便秘、軟便と書いてあるのを発見。


そういうことか・・。
と納得。


じゃぁ、食べたいもの食べようっと。


今日は無事に例のお惣菜ゲット。
しかも、絶対フランスパンに合うだろうと、
近所のパン屋さんでバタールもゲット。


201410281

ついでに、お奨めのシュークリームも買ってしまった。


201410282

もう、お散歩バッグの小銭入れはからっぽだ~。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無く犬と踊る管理人と老犬に励ましのワンクリックを!

Banner_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.12

定期検診

今日は管理人のはなし。

昨日は年に一度の定期検診に行って来た。

30歳を過ぎてから、ほぼ毎年行っている検診。
誕生日が二月なので、ずっと誕生月に合わせて冬行っていたのだが、
採決の際血管が出ないので去年は秋に変更したが、
秋は犬イベントが多いので、予定を立てるのが難しく
今年は夏に変更し、昨日行って来たというわけ。

金曜日に行くのは、バリウムの副作用がいつまで続くかわからないから。

昨日は朝一番にクリニック到着。
二番目にバリウム検査を入れられたので、
帰り際に変更してもらう。

胸のレントゲンから始まり、問診、婦人科検診、採血、
一般検診とスムースに進み、最後がバリウム。

ところが10日ほど前に肋骨を痛めているので、寝返りがきつい。
固い台の上で、『右向け』、『左向け』、『一回転』と次から次へと指示がとぶ中、、
「いたたた・・・。」と言いながら這いつくばって、なんとか終了。

その後も、めずらしく下剤がやさしく効いて、無事一日が終わった。

あとは結果を待つばかり。
果たして・・・。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無く犬と踊る管理人と老犬に励ましのワンクリックを!

Banner_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.12

またしても、鬼のかく乱。

犬飼いは体が資本!
特に老犬飼いは体力が勝負!
と、日々言い聞かせている管理人であるが、
今回はやられた。

二年前はやけくそで復活したが、今回はおまじないも効かず、
3日半も寝込む羽目になった。

家人がインフルB型にかかったことに端を発し、
二日後に、同じような症状が見えたので、
早めに受診し、投薬を受けることにした。
しかし、その時点ではインフルではないという診断。

薬を飲みながら仕事を続けていたが、
とうとう土曜日の雪かきを終えた後から微熱が出始め、
土・日・月と三日間ベッドから出られない。

熱は上がったり下がったりと安定せず、
頭や顔、腰が痛くて夜中何度も目が覚める。
これでもインフルじゃないのか?

最後はもらった薬じゃダメだと、常備薬の葛根湯と胃腸薬
頭痛薬に取り換えると、平熱に戻ってきた。
頭痛や顔面痛もおさまり、腰痛も感じなくなった。

意を決して3日半経って起き上がり、
犬たちを連れていつもの公園に出かけた。

明日から仕事に行くのだから、体慣らしをしなくては。

ハンスの牛歩に合わせて歩いても息切れがする。
3日も寝たきりじゃ仕方ない。
筋肉もすっかり落ちて、体重も2キロ近く減った。

さて、ゆっくり元に戻していこう。


管理人が動かないので、退屈するハンス
201402121


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無く犬と踊る管理人と老犬に励ましのワンクリックを!

Banner_01

| | コメント (2) | トラックバック (0)