2019.05.01

またまた車に翻弄される

今日は昼から横浜で仕事があるので、少し早めに家を出て、途中公園で犬たちにガス抜きをさせようと思っていたのだが、家を出て5分も立たないうちに何やらタイヤの方から「カツカツ」という音が聞こえ始めた。

初め大きかった音が数百メートルで静かになったので、石がはずれたかと思っていたが、念のため246から横道に入ったところで車を降りてチェックした。
すると右前のタイヤに小石が。
小石を取り除いて、原因がわかってホッとしたのもつかの間、再度タイヤ全体を見回してみたら、黒っぽい丸い物が。
手で触ってみると、金属なのがわかった。
ねじくぎである。

ガ~ン。

ディーラーはすでに連休に入って連絡は取れない。

JAF
を呼ぼうか迷ったが、JAFで修理が出来なければ修理工場に持って行かなければいけない。
仕事は13:00から。
すでに、11:30
悩んでいる時間は無いので、タイヤ屋さんに電話し、10分程度で着く旨伝えるが、予約優先と言われる。

到着後スタッフにいくつかの選択肢を掲示される。
1.
修理不要
2.
修理可能
3.
修理不可能 ⇒ 交換

いずれにしても、仕事に間に合うかどうかは微妙。

実際にタイヤを確認したところ、修理はできないので交換という話になった。

まだ1ヵ月ちょっとしか履いてないのに、もったいない。

その後スタッフの手際よい作業のおかげで30分程度で交換完了。
12:55
無事仕事先に到着。
お昼を食べる時間は当然ないだろうと思い、コンビニでパンを買って車中で食べていたので、時間通りレッスンは開始出来た。

管理人はパンク経験が5回。

一番初めはジェミニに乗っていた時で、環七を走行中だったが、別の車に教えてもらうまで気づかなかった。
というのは、「ガタガタ」した違和感が全くなかったからである。

その後高速走行中にパンクを経験した時は、急に「ガタガタ」してハンドルが取られて気づき、あわてて追い越し車線から走行車線に移動し、代官町の出口までハザードを点けながらノロノロ移動したことがある。
この日も客先に行く予定で大パニックだったのだが、高速の出口を出たところに、ちょうど車の修理をしている作業車両がいたので、スタッフさんにパンクの状況を確認してもらおうとしたら、軽く目視しただけで、後部からスペアタイヤを出して、さっさと交換してくれたのである。
さらに、保険会社経由で別件の修理に来たついでだからと、費用請求は一切なかった。
ラッキーである。

自宅前や旅先の駐車場でつぶれていたこともある。

いずれにしても、パンクは急に起こるので焦る。

仕事に行く前は特に大パニックだが、考えようによっては命は落としていないのでラッキーなのだろう。
でも、当分はやめて欲しいものである。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

年甲斐も無くまた若犬と暮らし始めた管理人に励ましのワンクリックを!
Banner_23_6

 

| | コメント (0)

2019.04.15

車に翻弄された一日。

昨日はエンジンをかけるとすぐに「給油してください」のメッセージが。
確かにインジケーターはあと2メモリなので、そろそろなくなりそうなのはわかっているが、そのサインが全然消えないために、残りの走行距離が表示されない。

ちょっとうっとうしいと思いつつ仕事場へ。

駐車場から自転車を下ろして移動すると、途中でタイヤがぺちゃんこに。
レッスンの合間に車に戻って空気を入れるが、前輪はすぐに空気が抜けてまたぺちゃんこ。

仕事が終わったら近所の自転車店に持ち込まなければと思っていたら、仕事場の近所の自転車店がたまたま店を開けていて(ほぼ閉店状態のお店)、その場で直してくれた。
ほっ。

その後用事で片道一時間の距離を移動するが、給油勧告のメッセージはついたまま。

実は管理人、前の車を買った当初、ガソリンタンクの浮きの不具合で、まだ残量があると思って乗っていたら、急にエンジンがかからなくなってJAFのお世話になった過去がある。
JAF
がガソリンを積んでいたので事なきを得たが、いまどきガス欠でエンコするなんてありえない。
もちろんその後ディーラーに持って行き、不具合を直してもらったが、今度は満タンにしてもインジケーターがあがらない状況になり、結局部品交換で直してもらうことに。

今回も途中で止まっては困ると、スタンドを探して急場をしのごうと思ったが、あまりにガソリン代が高くて入れない。
何しろ明日が近所のスタンドの特売日なので、あと一日持たせたいというのが本音。

出先からの帰り道はとうとうメモリが一つになってしまい、とりあえず1000円分だけ給油したところメモリが4つまであがったのに、メッセージが消えない。
再びディーラーへ。

結局様子見となり、とりあえずガソリンを満タンにしてメッセが消えるかどうか確認するという話になる。
いやいや、特売日は明日なので・・・。
と言ったら、ディーラーがガソリン代をもってくれた。

満タンに給油するとメッセージはようやく消えた。

今まで大きな事故に遭遇したことはないが(横から追突と、後ろから追突はあり)、ヒヤッとする場面は沢山ある。
定期点検後に高速道路上のパンク、ETCの誤作動でバーに激突寸前、新車で信号待ちしていたらエンジンがかからなくなるとか、走行中にナビの画面が真っ白になって壊れ、どっちに曲がろうかとうろうろしていたらパトカーにつかまるとか・・・。

こういう小さいので命が守られているならそれに越したことはないが、不具合ばかりも時間が取られてちょっとね・・・。

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くまた若犬と暮らし始めた管理人に励ましのワンクリックを!
Banner_23_5

| | コメント (0)

2019.03.30

先端技術の便利なところと不便なところ

最近の車はどんどん技術が進んで慣れるのに時間がかかる。

まぁ、歳のせいだから仕方ないのだが、以前は他人の車でも平気で運転できたので、順応性は高いと自負していたが、今回、この車を発進させるのに数分かかった。

あれ~?
なんでエンジンがかからないんだ?

いろいろ便利になった分、気を付けなくてはいけないところも沢山ある。
例えば右側のスライドドア。
実は我が家のガレージ広くないので、運転席側を壁ぎギリギリに寄せて止めている。
以前は右側をマニュアルにしていたので問題なかったが、今回電動になってしまったので、左のドアを開けているつもりで押し間違えると大惨事になる。

そこで、なるべくスマートキーを使わず、ハンドルを持って開けるようにしているが、ハンドルに触るとピーと音がするのでご近所迷惑になるのではとそれも心配。
なんとも痛しかゆし。

一方、今回付いてきたクルーズコントロール。
30
年ほど前に乗っていたVigorにも付いていて、結構重宝していた。
久しぶりに使ってみるとなかなか調子がいい。

201903301

高速走行時、微妙なアクセル操作が結構負担になるお年頃。

数か月前の長距離走行時には帰りに足がつって、あまりの痛さにブレーキが踏めなくなるほど。
オートクルーズ時に、足首回したりしながらストレッチをしていれば、少しは避けられるかもしれない。

そうそう、fuelの蓋の開閉が以前は蓋を押すだけだったのが、運転席で行わなければならなくなった。
それに気づかず蓋を押しても開かないので、不具合か?とちょっとドキドキしてしまったが、前には無かったアイコンが運転席についていたことを思い出し事なきを得る。

マニュアルを読んでも実際使わないとなかなか理解できないが、マニュアル本を読んで発見したこともある。
それは運転席側のボックス。
まさかこんなところにあるとは。とちょっと笑った。

久しぶりに運転が少し楽しくなっている管理人である。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くパピーと暮らし始めた管理人と老犬に励ましのワンクリックを!
Banner_23_4
人気ブログランキング


| | コメント (0)

2017.01.19

時代は変わる?

管理人が車の免許を取ったのは18歳の頃。
当時住んでいた場所は、自動車の保有率だけでなく事故率も高い県だったが、技能研修中路上でもたもたしていると、アクセルを踏む管理人の靴の上から棒でつっつきそうないきおいの教官だった。

まぁそれはさておき、しょっちゅう中古の外車を買い換えるほどの車好きの父の影響もあって車は好きな世代である。
父は当然メンテも自分でやる人だったが、こすった傷などはそんなに気にせず、母や管理人に対しても、ミスっても全く怒らない人だった。

管理人はどちらかというとメンテは苦手でディーラー任せ。
でもこすった傷はタッチペンでこそこそ隠す程度ぐらいはやっていた。


今週月曜日、車に乗ろうとしたら、リアドアとルーフレールの両方にこすり傷を発見。
しかもなが~い。
おそらく前日寒川に出かけた時、最初に停めた場所の枝にあたったのだろう。
停めた時は傷は無かったが、安全な場所が空いたので移動したときに付けたに違いない。

車のカーゴからタッチペンを持ちだして塗ってみたが、なんと20年くらい前の物で固まっていて、古いマニキュア状態。結果ボコボコで塗りきれなかった。

そこで、ネットで情報を見つけて除光液で一度落としてから、新しいタッチペンを買いにいくことに。
20年同じディーラーの黒い車しか乗っていないので、どれも大して変わらないだろうとは思ったが、一応ディーラーに確認して該当色の番号を教えてもらい買に行った。

そこで、初めてアタッチメントを付けるとスプレー出来るということを知った。
な~んだ。ちょこちょこ塗るより簡単そうじゃない。

そして今朝無事に塗り終わったが、しばらく様子を見てみないと出来栄えは何とも言えない。
それでも、一気にスプレーしたことで、ベタベタ感は無い。
昔からあったんだろうか、こんなお手軽な修繕キット。

201701201


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くまたパピーと暮らし始めた管理人に励ましのワンクリックを!

Banner_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.17

エコドライブ

先月に引き続き今月も兵庫までのロングドライブに行って来た。

先月は日帰りだったので、夜討ち朝駆け状態で、ひたすら時短に努めた。

前日横浜往復したこともあって、ブログにも書いたが、前回は片道ガソリンが持たなかった。
そして、高いガソリン代を払って帰ってくる羽目に。


しかし、今回は一泊予定だったので、朝は所用を済ませて、ゆっくり東京を立った。

平日の昼間で道も空いていたから、飛ばそうと思えばガンガンいけそうな感じだったが、今回はエコでリッター16キロ目標。


我が移動犬小屋は街乗りで大体10キロから11キロ。
高速と街乗りでおおよそ12キロ。
しかし、前回はほぼ高速走行だったにもかかわらず、12キロちょっとしか行かなかった。


ということで、今回はなんとしてもエコで行くと決めたので、
グリーンのエコランプを点灯させるために、
110キロの以下で走り続けなければならない。
このスピードだと追い越し車線ではかなり邪魔物だし、
走行車線の場合は95キロのリミッターが付いているトラックにはさまって走りづらい。


それでも、走行車線と追い越し車線を行ったり来たりしながら、時間は2割増しかかったが、なんとリッター15.9キロで行ってこられた。
しかも、神戸に寄り道したにもかかわらず、ガソリンの消費量は40リッターを切り、ガソリン代も前回より12円安。

その上、覆面パトカーや速度取締とサインをかかげたパトカーに捕獲されていた車5台の仲間入りをすることなく、無事帰ってこられたのであった。

201601181


201601182


201601183


初めての神戸ディナー、美味しかった♪

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無く犬と踊る管理人に励ましのワンクリックを!

Banner_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.21

定期点検

昨日は移動犬小屋の定期点検。

父は車大好き人間で、全て自分でやってしまう人だった。
車検も自分で取に行くほど。

知識があれば、その方が安上がりに決まっている。

あいにく、管理人の車知識は、以前に比べれば無いも同然。

っということで、今回もディーラーへ。

点検パックなので、余分なお金はかからないが、
点検の途中で、「そろそろバッテリーが・・。」と提案される。

以前、「そろそろタイヤが・・、でも溝を見る限りは冬タイヤの交換までは大丈夫。」という話だったので交換せずに様子を見ていたら、翌週辺りに高速上でバーストした。

最近のバッテリーは「そろそろかなぁ。」という兆候がないまま、突然エンジンがかからなくなるそうだ。

そう言われると、出先でかからなくなった時が怖い。
やはり交換せざるを得ないか。

というわけで、今回はバッテリー交換のプラスアルファ付。

最近の車で、エンジンがかからず立ち往生した経験はないが、
学生の頃乗っていたセコハンのルーチェはよく道端で助けてもらったものだった。

いずれにしても、この歳で立ち往生は頂けない。
まぁ、安心代ということで納得しよう。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無く犬と踊る管理人とコギャルボーダーに励ましのワンクリックを!

Banner_01


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.03

ふっふっふ♪

管理人の移動犬小屋は、とにかく犬を乗せてあっちこっちに行くわけだが、真夏は除外したとしても、日差しの強い日に犬を乗せておく時は、社内を涼しく保つために日よけが必要になる。

フロントガラスには日よけを置いているが、後部の両サイドの窓に専用日よけがなかったので、バスタオルやパーカーをかけたり、長時間に及びそうなときは、園芸用ネットを車全体にすっぽりかけたりして涼をとっている。

しかし、バスタオルやパーカーは窓を開ければ意味が無い。
競技会会場では、いつも痛し痒しの管理人だったのだが、先日フリースタイルのイベントに出かけた時、たまたまお仲間の車に乗せてもらうことになり、大発見をした。

カーテンが付いてる。

その手があったか。

でも、車にカーテンを吊るなんて言う器用なこと、さすがに管理人には出来そうもない。

ところがお仲間曰く、
「車用品店で売ってて、簡単に取り付けられるわよ。」


なに~っ!


なぜもっと早く気づかなかったのだろう。


ということで、翌日ネットでサイズや素材、口コミなどを読み漁り購入。

焦って取り付けて失敗してはいけないと、めずらしく慎重な管理人は、説明書を隅から隅までずずっと読んで、泥縄ではいけないことを確認。

つまり、レールを取り付けたら24時間はカーテンをつけてはいけないのである。

まず右側の窓に取り付けようとしたら、窓枠のカーブがきつくて、アルミフレームがうまくつかない可能性があることに気づく。

そこで、窓枠ではなく、ドアの側面にレールを貼り付けることにした。
つまり、横向きにレールが付くわけである。
実際これでうまくいくかどうかわからないので、とりあえず右側の窓のみに取り付け、24時間後にカーテンを付けることにした。

翌日、慎重にカーテンをレールにはめ込んでいく。

ふっふっふ。

大丈夫そうだ。

一日様子を見て、更に翌日左側の窓に取り掛かり、24時間後無事にカーテンが取り付けられた。


201410031


いいじゃん、いいじゃん。


カーテン付の黒いミニバン。
ちょっと悪そうな車になったぞ。


ふっふっふ♪


問題はニコルが破らないかだな。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無く犬と踊る管理人と老犬に励ましのワンクリックを!

Banner_01


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.21

ディーラーの利点


昨年春に買い換えた車は、いろいろトラブっているが、
http://chn.air-nifty.com/mind/2013/11/post-f9ce.html
とりあえずディーラーの対応がいいので、
まぁまぁ満足している。


今回は、出勤時車をガレージから出す際、お向かいの家のゴミを
(その日はなぜか6袋以上も出していた)
避けようとハンドルを早めにきったら、管理人宅の沈丁花の枝で
後部ドアとリアに傷をつけてしまった。


まずい。
かなり目立つ。


そこで、ネットで調べた対処法を夜帰ってからやってみたら、
暗くてよく見えなかったせいもあり、
傷は薄くなったものの、黒い車体の光沢が・・・。


仕方なく、今後の対処法のアドバイスをもらおうと
仕事の帰りにディーラーに寄ったところ、
サービスマンがプロの技でちゃちゃっとキレイにしてくれた。


フツウに板金屋さんに行けば、「はい。○○円です!」となるところ、
文句ひとつおっしゃらず、対応してくれるディーラーはやっぱり嬉しい。


これからは、なるべくご迷惑をかけないよう、
自分のキズは自分で直せるようになろう(笑)。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無く犬と踊る管理人と老犬に励ましのワンクリックを!

Banner_01

| | コメント (2) | トラックバック (0)