« 一段落  | トップページ | 浜名湖まで行って来た。 »

2018.04.09

めまぐるしかった3月と進行形の4月

花粉症がひどくなりはじめ、毎日ティッシュが欠かせない生活を送っている管理人である。
花粉症とは30年以上前からのつきあいで、鼻水から涙、喉のかゆみとここ数年は三重苦に悩まされている。

去年圧迫骨折をしてから、ずっと通院が続き、これ以上は変化はないだろうということで先月定期通院が終わった。
おかげで、去年始めたシープドッグトレーニングも中断したままである。

2月に撮影されたドッグダンスが、TBSの朝の情報番組ZIPで3月頭に無事放映された。


201804090


アシスタントのニコルはきっちり仕事をしてくれたので、管理人としては本当に助かった。


一方見習いはいろいろなことを毎回やってくれるので、去年の暮れから出始めたオビディエンスの競技会ではクラス1は一発合格したものの、その後は足踏み状態。
オス犬ってやつは、どうしてこうも頭の整理がうまくできないんだろう。


201804091

管理人が先代の犬たちとドッグダンスを始めたのが15年くらい前の話で、それからおもしろくてドッグダンスを個人的に広めようといろいろやってきたが、個人レベルというのはそうそう大きな変革はもたらせない。

しかし、幸いなことに昨年お声をかけてもらい新潟でワークショップを開催することができた。
ありがたいことである。

そんなとき、生徒さんから「発表会はやらないんですか?」と言われ、「え~っ?面倒くさがりだから無理~!」と言っていたのに、何を血迷ったのか、発表会とワークショップ2日続きで3月に企画してしまったのである。
例の無鉄砲というやつが出たらしい。

といっても一人では何も出来ないので、日ごろお世話になっている方たちにお手伝いをお願いし、参加賞は日々の出張レッスンの移動中の車内でフリースのタグトイを作り、なんとか開催日までに間に合わせることができた。

ところが、開催数日前に予想外の大雪。
なんかやらかしかなぁと頭を抱えつつ、道路交通情報とにらめっこ。


今回は前回の大雪ほどの被害はなく、高速道路も多少チェーン規制はかかっていたものの、通行止めになることはなく、無事開催までこぎつけることができた。感謝。

201803252


なんとも小さい規模ではあるが、多くのドッグダンスファンと間近に話ができ、素晴らしパフォーマンスを最前列で見られたので15年間の下積み生活が少し報われたような気がした。
無鉄砲に火をつけてくれた方に感謝。


昨年からアシスタントと始めたラリーオビディエンスでは、アシスタントも無事レベル1をクリアし、昨日は15頭中1席と今だかつてない快挙で気をよくしたのもつかの間、続けて出陳したレベル2の初チャレンジでは、障害飛越を拒否するという暴挙に出られ、再び頭を抱えることになった管理人。

管理人の下積み生活はまだまだ続くようである。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くまた若犬と暮らし始めた管理人に励ましのワンクリックを!

Banner_01

|

« 一段落  | トップページ | 浜名湖まで行って来た。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/66592822

この記事へのトラックバック一覧です: めまぐるしかった3月と進行形の4月:

« 一段落  | トップページ | 浜名湖まで行って来た。 »