« 転倒、その実態は | トップページ | 犬たちに感謝 »

2017.08.17

不調エアコンの原因

梅雨時に急にやってきた猛暑以来、なぜか働きの悪いエアコン。
冷房設定にしてあっても、箱の中に首振り扇風機が入っているのかと思うほど、送風が断続的で全然冷えない。
設定温度と室内温度の差が5度くらいある。
これはおかしいと修理を依頼し、時節柄10日ほど待ってようやく今日となった。

っで、結論は汚れ。
しかもフィルターの掃除なんかじゃ全然役に立たない奥の汚れ。
つまりこれは素人には落とせないものというわけ。

なぜそんなに汚れたのか。
原因は犬(ペット)だそうである。

犬の汗やらなにやらが通常の汚れとは違うカビをはびこらせ、
スライム状になってフィンを目詰まりさせていく。

前の機種は12年間、自分でフィルター掃除や、手の届く範囲でファンの羽掃除をやっていたが、この機種は細かすぎて手が届かない。
つまり、筐体をコンパクトにするために、フィンの幅を狭くしたり、ファンの間隔を狭めたりするので、ますます素人には手が出しにくくなっているのだそうだ。

汚れのせいで吸い込みが悪くなり、結果吹き出しも悪く、効率が上がらないと言う悪循環。

自分で掃除出来ればとっても楽なのに、素人にははずせないファン。

結論から言えば、ペットを飼っている場合は、定期的に業者に掃除を依頼する。
その際、ファンを取り外して、塩素水にちゃんと浸けてカビを退治してくれるレベルの人に頼む。

そうすることで、カビの発生を防止したり、根絶することができると言われた。

今回はとりあえず簡単にお掃除をしてくれて、来月予定が空いた時に、お清掃人が来てくれることになった。
簡単なお掃除でも今までと比べると格段の効率の良さである。

201708181


技術の進歩と掃除のしやすさが比例してくれるといいのだが・・・。

犬たちよ、キミたちの責任だとは思わないから安心しなさい。
まぁ、その分アシスタントで頑張るように。

そしてそれからしばらくして、
201708182

結構効いてるらしい。
もったいないから止めよう。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くまたパピーと暮らし始めた管理人に励ましのワンクリックを!

Banner_01

|

« 転倒、その実態は | トップページ | 犬たちに感謝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/65675581

この記事へのトラックバック一覧です: 不調エアコンの原因:

« 転倒、その実態は | トップページ | 犬たちに感謝 »