« 転倒その後 | トップページ | 初ニトリ »

2017.07.04

ぎっくり腰は続く。

転倒から二週間。
治れ~!治れ~!と呪文のように念じていたが、結局全快には至らないまま、2年前から楽しみにしていたニコルのファミリーキャンプをふいに出来ず参加することにした。


日中は人並みの動きをしているものの、上下運動は腰に響いて辛い。
しかし何と言っても最悪なのは、一度横になるとなかなか起き上がれないこと。
特に朝は最悪で、今までは10分~15分ぐらいのストレッチで普通に起き上がれたものが、最低でも20分やらないと起き上がれない。
しかも、起き上がるときは必ず痛みを伴うので、腕で支えたり、身体を横に曲げてから起き上がるなどのコツがいる。


5時に出発しようと思ったが、ストレッチがうまくいかず5時半出発。
あいにくの雨のせいで、道はさほど混んでおらず、7時過ぎには現地に到着。

雨の止み間を狙ってテントを張る。
ソロキャンパー向けの楽ちんテントのおかげで、腰痛持ちでもなんとか設営完了。

201707041


雨が止んでようやく犬たちを外に出し、水嫌いのニコルねぇさんはほうっておいて、泳ぎ好きのチンピラVinVinを湖へ。


すぐに飛び込みかと思いおもちゃを投げてやるが全然取りに行く気配が無く、友達ワンコのおもちゃばかり狙いに行く。
お~い。おもちゃ、誰が拾いにいくんだ~?
管理人は行けないぞ~!!


201707042
photo by HIBIKI Mam

ようやく気づいて取りに行くVinVin。
ホッ・・・。

その後もVinは楽しく水泳を続け、ニコルは我関せず。

夜は美味しいお肉に舌鼓を打ち、夜が更けるまで話に花が咲く。
っが、20年前のボーダーコリーオフ会キャンプの時とは違い、至ってオトナな夜。


結局体が持たずその日のうちにテントに戻るが、寝袋のみでマットレスの無い管理人は、地面の固さに耐えられないことを実感する。
寝袋を敷布代わり、かけ布団を二頭の犬でと思ったが、チンピラはさっさと足元に姿を消し、テントの側面に両足を付けて寝ている姿はまるでヤモリのよう。
ちっ。
ニコルが片側だけに寄り添ってくれることに。
あったかい~♪

そして3時間ほど経った頃雨音で目が覚める。
やっぱり降ったか。
外に置いてあるものを片づけに行きたくても、起き上がれない。

役立たず~!


そうこうしているうちに30分ほどで雷が。
ニコルさんが少々不安気。
音響シャイではないので、さほどひどい反応は無い。
チンピラはどうしたかと見回しても、足元から動かないらしく、視野に入らない。

その後も土砂降りは続き、周りのテントでは時折犬の声が聞こえたり、脱走した犬を保護しに走る人の姿がテントに映ったりで、なんともにぎやかな夜となった。

そして翌日の朝。
起き上がるのに30分かけ、ようやくふつうの人のような動きに。

朝食もまた上げ膳据え膳状態で、何も役に立たなかった管理人。
せめて自分の片づけだけはなんとか済ませて撤収完了。

帰り際に、東京に帰る友人の後にくっついて、眠気覚ましのかき氷を食べに行ったが、案の定渋滞に捕まり、睡魔を吹き飛ばすためにユーミンを大声で歌いながら帰ってきたのだった。

201707043


お世話になった皆様、ありがとうございました!


くしゃみにまだ気が抜けない管理人である。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くまたパピーと暮らし始めた管理人に励ましのワンクリックを!

Banner_01

|

« 転倒その後 | トップページ | 初ニトリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/65494291

この記事へのトラックバック一覧です: ぎっくり腰は続く。:

« 転倒その後 | トップページ | 初ニトリ »