« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016.12.31

一年ありがとうございました。

今年もあとわずかで終わる。

振り返ればあっという間の一年。
歳のせいで、一年が速く感じられるのは仕方ないことだが、それにしても速い。

1月に神戸まで見習いVincentを迎えに車を走らせ、
子育てに奮闘した一年だった。

201612311_2


ようやく一人っ子を満喫し始めたニコルにとって
見習いの登場は青天の霹靂だったかもしれないが、
白髪を増やしながらも、なんとか一年乗り切ってくれた。
感謝。


201612312


一方見習いは自然に、本能のまま、ニコルとは全く違ったDNAを見せながら育ち、周りの方々に暖かい目で見守られながら1歳を迎えられた。
こちらも嬉しい限り。

まだまだ精神的にも免疫が低い若造で、今やチンピラ街道まっしぐらな面も見られる見習いだが、来年もきっと皆様にご迷惑をかけながら育っていくのだろう。

201612313


今年一年、本当にありがとうございました。

また来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くまたパピーと暮らし始めた管理人に励ましのワンクリックを!

Banner_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.28

年の瀬なので。

気が付けば、今年もあと3日。
速いものだ。また歳をとってしまう。

午前中いつも行っている穴八幡にお札を返し、
年に一度の干し芋を購入。


201612281

いつもなら車の中で犬たちと分け合うのだが、
今朝は二頭そろってお腹がゆるかったので断念。
昨日のシャンプーで冷えたか?

201612282


その後洗車に持って行くと、今日はなんとガラガラ。

一昨年はどこも一杯ですごく待たされると言うので断念。
去年は数台待ちで、その間犬たちと公園散歩。

今年はラッキーと店内で本を読みながら待っていると、
続々と車が増えてきて、あっという間に満車状態。

洗車だけ頼むと悪いかなと思うのが小心者の考え。
でもリッター125円だって。
いつも入れているところより4円も高い。

「じゃぁ、10リッターだけね。」
なんともみみっちぃ。


室内清掃も頼んだのに、「掃除機で吸い取れません。」だって。
悪かったわね、汚くて。


201612283


店員も予約したい客の電話応対で大忙し。
10分違ってこんなになるとは・・・。

とりあえず、犬と車はきれいになった。
帰ってカーテンとベッド周りや、ドッグベッドを洗い、日没までに撤収。

あとは部屋だな。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くまたパピーと暮らし始めた管理人に励ましのワンクリックを!

Banner_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.27

犬の本を出しました。

今さらですが、先月拙著が出ました。

クリスというボーダーコリーを飼いはじめてから
ハンドルネームがクリままとなったのが20年前、
その後クリスと始めた「ドッグダンス」にずっとはまって、
5年前ニコルが来てから教え方をリマインドする意味で書いた本です。


201612272

とっても基本的なことばかりですが、「ドッグダンス」だけでなく、
犬とのかかわり方も含めたアドバイをなんかを書いています。
一応専業ドッグトレーナーなので(笑)。

もし愛犬と何かやってみたいと思われたら、
是非お手に取ってみてください。

Amazonで購入できます。
「ニコルとドッグダンス」で検索するとひっかかってくれます。


購入されたら、レビューなど書いていただけると嬉しいです。
次作の励みになります(笑)。

薄いので、すぐ読めます。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くまたパピーと暮らし始めた管理人に励ましのワンクリックを!

Banner_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.06

晩酌できない・・・。

二年前、我が家の息子犬ハンスが14歳を超えていろいろ衰えが出始めた頃、何かあった時にすぐ獣医に運べるようにと、管理人はアサヒのスーパードライからZEROに変えた。

それ以前は、スコッチのロックや水割りを楽しんでいたが、管理人自信も大分お酒が弱くなったと感じたので、ビールに変更していたのだ。しかし二年前からそれも出来なくなったというわけ。
その後ハンスが旅立ってしまったあとも、母にいろいろ出始めたので、これまた飲めなくなった。

先日3日間のワークショップに参加したあと、遠距離を運転して帰宅。そろそろ寝ようと思っていた時家人がやってきて具合が悪いと言う。
すでに10:00を周っていた。
夜間診療を探す余裕がなかったので、不本意ながら救急に初めて電話した。

電話をかけながら、こんな症状でも救急車を呼んでいいかどうか聞いてしまったほど。
実は、以前管理人が腹痛で七転八倒していた時も、恥ずかしくて救急車は呼べなかった。この時は尿路結石だとあとからわかったが。

とにかく救急車を呼ぶと言うのは大事件だったが、私にはどうすることも出来なかったので初めて呼ぶことに。

救急車に家人を乗せた後、管理人は搬送先が決まったら後から車で向かうことにした。

結局治療が終わって帰ってもいいと言われたのが夜中の3時近く。
治療中だと言われて待合で3時間待ち、さすがに眠くなってきたころ、まだ点滴に1時間以上かかると言われ、車で仮眠させてもらうことにした。
やはり車で来たのは正解だった。

やっぱり自宅での晩酌は出来そうもない。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くパピーと暮らし始めた管理人と老犬に励ましのワンクリックを!

Banner_01


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »