2021.03.16

サッカーしないのにオスグッドのツケ

「オスグッド」
聞いたことがある人はあまりいないかもしれない。
管理人がこれに遭遇した時(中学1年)は、まだその名前さえ聞いたことはなかった。

ある日小走りしているときに、急に膝が抜けるように感じたと思ったら激痛。
「痛い、痛い」と足を引きずって学校に通っていたら、なんと一週間後にもう一方の膝もやられ、両方の膝が包帯でグルグル巻きにされた。
診断は、「関節骨端炎」。
成長期に起こるもので、とりあえず安静にするように言われた。

「安静」がなんたるかは別として、とりあえずあまりの痛さで歩くことすらままならかなった。


初等科から中等科にあがり、憧れの先輩がいたモダンダンス部に入り、部活が楽しくなり始めたときだったのに。
結果休部を余儀なくされたのである。

何しろ、膝の骨が出っ張ってしまい、痛くてしゃがめない。
当時のトイレは和式便器しかないから、日々学校でトイレに行くのが辛くてたまらなかったのを覚えている。

そして、その後激痛は癒えたものの、出っ張った骨は出っ張ったままで今に至る。

膝が出っ張っているということは、当然正座をすれば床にめり込み、足がしびれる以前に膝が痛くて曲げられない。
座布団を敷いた場所ではなんとか正座はできたものの、曲がった膝を元に戻すのが一苦労で、しばらく立てない。

そしてそれから何十年も膝は出っ張ったまま。
そんな折、昨年暮れ、イベントで荷物を運んでいたところ、カートが暴走して前につんのめって両膝を地面に打ち付けた。
声が出ない痛さ。
しばらくさすって、少し落ち着いてからゆっくり歩く。
結局その日はまともに歩けていなかったが、主催者だからそうも言っていられない。

それから年末、アザは少しずつおさまり、何事も無かったかのように年が明けたころ、今度はしゃがんだあと、自力で立てなくなった。  

とりあえず歩けているので、日常生活はなんとかこなせていたら、次第に走れなくなった。
走ると言っても、ジョギングをしているわけでもなんでもなく、信号が変わりそうなときに小走りをしようとすると、膝に激痛が走って足が動かせない。

おかげで、日々の犬のトレーニングで脚側課目がほとんどできなくなり、訓練競技会当日は「速歩」がピョコタンピョコタンと横揺れして犬に当たったり、常歩中も重心がずれてうまく歩けなかった。

昨年から、肩の不調で通っているクリニックに膝の診察もしてもらったが、筋肉のアンバランスだろうということで、聞いたリハビリ方法を毎日実践しているが、そう簡単には改善されない。

聞けばリハビリの担当者もオスグッドだそうだが、彼はサッカーをしていたとのこと。
管理人はサッカーもしていなければ、もともとスポーツをしていたわけでもない。
ただ、中学に入って急に身長が伸びただけ。

なかなか改善されないのでMRIを予約した。
膝のお皿は無事だったが、転倒したときに炎症が残っているのと、実際膝蓋骨にいろいろと問題があることもわかった。
オスグッドの弊害で、腱が緩んでいるのも理由のひとつ。
現状の症状改善のためには、筋力アップしかないらしい。
今回は、医師が珍しく常套句の「歳のせい」とは言わなかった。

あまりの痛さに、かつてテニス三昧の生活をしていたころ、あっちこっち故障が出たときに膝の裏にボールを当てていたことを思い出し、やってみることにした。
テニスボールはもう手元に無いので、今年ドイツのサイトで見つけて買った犬用のおもちゃを使って、座っているときや横になっているときに使ってみたところ、膝の痛みが緩和されて、少し小走りが出来るまでになった。
お灸も、湿布も、テーピングも役に立たなかったのに、犬のおもちゃが効果的とは。

202103161_20210316212001 

いずれにしても、まだ爆弾はかかえたまま。
またいつ歩けなくなるかわからない。
何十年も前のツケを今まだ払い続けているようで、今度はどこが痛くなるのだろうと、動く度にストレスを感じてしまう管理人である。

そうそう、昨年からリハビリしている肩の問題は、少しずつ良くなっているものの、まだ完治するまでには時間がかかりそうである。
今年は健康に特に気をつけなければいけない年らしい。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くまた若犬と暮らし始めた管理人に励ましのワンクリックを!
Banner_23_20210316212101

| | コメント (0)

2021.02.13

シクラメンが無事2年目を迎えた。

かつて庭付きの家に住んでいた管理人は、犬との生活だけでなく、花木を愛でることも楽しんでいたのであるが、あいにく20年ほど前から庭無し暮らし。

いつしか花との生活とも離れてしまっていたが、一昨年の暮れ、長年花木を購入していた店が閉まるというので、最後の日にシクラメンを一鉢購入した。

さほど大きな鉢ではなかったが、つぼみも沢山あって、かなりの長い期間目を楽しませてくれた。

202102131

いつもなら、花が終わって葉が散り、そのままになるところだが、今回はなんとか再生させたいと思い、夏の間も葉を散らさないように水やりをして頑張ってきたが、昨年の暮れについたつぼみは一個。

その花が開花してから、なかなか次のつぼみが育たず2か月近く。

202102132

本当は鉢を一回り大きくしなければいけなかったらしいが、時期を逸してしまい、今回は同じ鉢のままいくことにしたから、そのせいだろうか。

その後、小さいつぼみが少し膨らむがなかなか育たない。

それでも諦めずに水やりを続け、時々肥料をやり、日中は屋上の日当たりのいい場所に出し、夜は家の中に入れるという作業を繰り返していたら、3か月目に花が咲き始めた。

202102133

花芽の数などは到底一昨年には及ばないが、今朝見たらなんと色の違う花が一輪咲いていた。

202102135 

今年はひとつ大き目の鉢に変えるのをわすれないようにしよう。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くまた若犬と暮らし始めた管理人に励ましのワンクリックを!
Banner_23_7
 

| | コメント (0)

2021.01.05

免許の更新に行ってきた。

前回の更新から丸5年。
ようやくゴールドに返り咲くことができた。

前回の更新の数年前だっただろうか、クライアント先から次のクライアント先への移動に際し、ナビを頼りに運転していたところ、「次の交差点を右方向です。」とアナウンスした途端、ナビの画面が真っ白になって壊れたのである。

まったく知らない交差点で、右方向と言われたが、5車線ぐらいあったので、矢印が右に向いている右から二車線目にとりあえず入り、右折したところ、真後ろにパトカーがいて止められた。
どうもその交差点は5差路だったらしく、私が入った車線は斜め右というヤツだったらしい。

そこで、何点か知らないが、取られてしまったせいで、次の更新は府中の試験場行きとなり、あえなくゴールド免許は剥奪されてしまったのである。

ゴールド免許には、保険料が多少安くなるというメリットがある。
等級は無事故なので、これ以上上がることは無いから、せめてゴールド割引でもと庶民は思うわけである。

しかし、突然のナビの故障で、ブルーになって5年。
長かった・・。

当然ナビは新品に買い替えるはめとなり、点数は取られ、罰金も払い、ゴールド免許も取られるという悲しいあの日から8年ぐらい経っただろうか。

晴れて、またゴールド。
車の保険料も毎年のようにあがるので、今度は現状維持ぐらいで抑えられることを期待しよう。

202001051_20210105221601

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無く日々犬たちとの遊ぶ管理人に励ましのワンクリックを!
Banner_23_7

| | コメント (0)

2020.12.21

身体のはなし

昨日は夜間救急に行った。
なぜそんなことになったのだろう。

管理人は先週金曜日からイベントで山中湖に行っていた。

土曜日の朝から山中湖入りする予定だったが、寒波到来のため、早朝の道路の凍結を懸念し、金曜日の朝急遽前日入りを決めた。

おかげで、土曜日の朝はのんびり起きて、犬たちの朝練を済ませたが、会場設営のために会場に入るときに、機材を積んでいたカートが下りのスロープで暴走して転倒。
膝と手の平を地面に打ち付けた。

一瞬何が起きたのかわからず座り込んだが、とりあえず立ち上がれたのでそのまま作業続行。
青あざの膝は痛かったが、無事主催イベントはとりおこなえた。

翌日は知人主催のドッグダンスコンペに参加。
夕方になって自分の演技に臨んだところ、演技の終盤突然後頭部に打撃を受けた。
もちろん物理的に何かがぶつかったのではない。
これが、いわゆる「ハンマーで殴られたような」というやつに違いない。

頭がボーッとしているが、とにかく最後まで踊ってから、すぐ更衣室へ。

まさか・・・。
と、嫌なことが沢山よぎる。
吐き気はないが、気分は良くない。
とりあえず、落ち着かなければ。
何かある前に、出来ることを済ませなければと、少し落ち着いてから荷物を片付け、チェックアウトを済ませてイベントが終わるのを待ち、すぐ車に乗った。

毎回帰路は大渋滞で大変なことになるのだが、その日に限って全く渋滞が無かったので、とにかく出来るだけ早く家の近くまでに戻るために車を走らせた。

いつもなら、帰り道に多少眠くなったりするのだが、緊張でそれさえも無く、運転しながらいろんなことを考え、結局家の近くの大学病院に行くことにした。
このまま帰って寝たら、翌朝目がさめるのかどうか全く自信がなかったのである。

19:40ER
到着。
外来受付で詳細を話し、診察を待つことに。

血圧を測ると、いつもよりかなり高い。

頭部CTを取り、担当医からの呼び出しを待つが、なかなか呼ばれない。
そして再度血圧測定。
まだ高い。

30
分以上待ってようやく担当医と話をすることが出来た。

結論から言えば、脳内に出血は見られないから多分大丈夫だろうとのこと。
ひとまずホッとはしたが、心配はつきないので、いろいろ話を聞かせてもらうことに。

原因は急激な血管収縮ではないかということだった。
片頭痛の一種とも言われたが、今まで閃輝暗点などの頭痛を経験しているが、このタイプは初めてである。

急激な血管収縮の理由は恐らく山中湖の寒さだろう。
今回の衣装は首と腕が出ているいわゆるノースリーブタイプのワンピース。
出番56個前までは、前日同様万全の防寒対策で臨んだが、出番が近くなって衣装に着替えると、上着を羽織っていてもさすがに寒かった。

若ければ、風邪ひかないように。で済むのだろうが、年齢がいくと、血管収縮に気をつけようということになるようだ。

犬二頭と暮す管理人。
万が一のことがあれば、犬たちが心配である。

202012211_20201221232201

さらに3か月前から不調だった左肩。
先月MRIを見て、肩腱板部分断裂と言われ、いつ出るかわからない痛みに苦しみ、手術に踏み切るかどうか迷っていたが、今日肩の専門医の診察で、肩関節周囲炎と再診断され、手術の可能性がなくなった。

歳を重ねると、思ってもいなかったことが次々とやってくるようだ。

幸い今回いろいろダメージはあったが、大事に至らず年が越せそうである。

とにかく、無理は禁物と改めて思い知らされた3日間だった。

※※※
演技後、お声をかけていただいた皆様には、体調不良につき、非常にそっけない対応をしてしまいましたがご容赦ください。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無く日々犬たちとの遊ぶ管理人に励ましのワンクリックを!
Banner_23_7

| | コメント (0)

2020.11.29

メッシュクレート補修

セミナーやレッスンで必須のクレートだが、我が家のクレートは20年近く前の物で、現在は購入できない。
軽量メッシュクレートなので、高齢の管理人でも2つ同時に持ち運びが可能なのでとても重宝している。

クリスと子供たちの時代に一台購入し、クレートが無くても待機が出来るクリス以外の子供たちの待機用に使っていた。

202011292_20201129205901

※狭くて顔が出ているのではない。
顔を出すのが好きな子たちだった。

その後ニコルがやってきて、クレートを追加したので、見習いが我が家に来た時は古い方のクレートを見習いに使わせていた。
とは言っても、見習いが使い始めたときはまだまだ新品同様だった。
クリスの子供たちはお行儀が良かったのである。

202011293

ところが、今年になって、時折前足で出入り口をひっかいていたら、とうとう穴があいてしまった。
このままにしておくと、多分破壊されてしまうだろう。

202011291_20201129205901

そこで、網戸用の網を買って修復してみた。

202011294

強度の問題があるので、二枚重ねてみたが、果たしてどれくらいもつだろうか。

針の目も通らないし、メガネの度も合わなくなっているのに、コロナでメガネ屋にも行けてない。
ミシンを使えばよかったな。

 
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無く日々犬たちとの遊ぶ管理人に励ましのワンクリックを!
Banner_23_7
 

| | コメント (0)

2020.11.19

健診週間

11月前半のイベントが終わったところで、今年の健診週間が始まった。

健康保険以外のときは、毎年区の健診を受けている。
通常は某診療所で全ての健診が一日で終わるようにしていたが、今年はコロナもあり、申込時期がいつもより2か月ほど遅れてしまったら、来年の頭まで埋まっていると言われてしまった。

冬の健診は結構面倒。
風邪をひく可能性もあるし、寒い時期は血管が出ないので採血しづらく、何度も針を刺されたこともある。
風邪の季節は、他人の風邪をもらう可能性もあるので、人混みは避けたいところ。

そこで、今回は個人クリニックに個別に申込むことになってしまった。

一般健康診断と胃カメラ、ついでにインフルエンザワクチンが火曜日、水曜日は眼科健診、そして今日は婦人科健診。
結局3日間かかってしまった。

そうそう、間に肩のリハビリも入っているから、3日間で4つの病院を回ったことになる。
待ち時間も考えると結構疲れる健診週間だった。

来年は早く申込もう。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無く日々犬たちとの遊ぶ管理人に励ましのワンクリックを!
Banner_23_20201101215601

| | コメント (0)

2020.11.17

11月前半なんとか終了

コロナ禍は相変わらずおさまらないどころかさらにひどくなっているようではあるが、国の政策で人の移動は激しくなっている。
そのおかげもあって、春開催が中止となったイベントもコロナ対策を強化した前提で開催されているので、我が家も今月頭には若僧の訓練競技会、一昨日はお姉さんのドッグダンスファンショーに参加する予定だった。

暑い夏ひたすら自主練を重ねてきたとは言え、本番には管理人を筆頭にめっぽう弱いので、今月は結構気合をいれないと乗り切れないと思っていたところ、家人のひとりが競技会前日に急遽入院してしまった。
先月から自分の左肩も「肩関節周囲炎」とか言う病名でリハビリに通っている中でのアクシデントである。

わが家は20年ほど前から二世帯で、家人とは母と姉である。
食事は別々に作り、特に最近は三密を避けて時間帯までずらしていた。

母は94歳。5年ほど前から認知症が進み始め、管理人が平日のフルタイムを辞めた頃から日中の世話を、姉がリタイアした去年からは日中は姉がみている。
とりあえず身の回りのことはなんとか自分でできるレベルだが火は使わせたくないのでお世話のメインは食事とデイサービスへの送り出し。

つまり姉が入院したということは管理人が3食の支度をしなければならないということ。
競技会の日は5時過ぎに家を出るので、朝食をテーブルに用意し、昼食は冷蔵庫に用意して出かけたのだが、案の定何度も電話がかかってきた。

結局姉が退院できたのが、一週間後のドッグダンスのイベントに出る前日。
仕事をしながら、一週間3食の準備でバタバタしたが、なんとかイベントには行かれることになった。
後半はブリ大根を作り置きして手抜き。

202011172

久しぶりの外泊で、しばし家のことを忘れ、日ごろ会えない人たちとも三密に気をつけながら会話し、天候にも恵まれ、帰路についたところ、大渋滞にはまり、1時間半で帰れる距離なのに4時間半もかかり、家にたどり着いたときには疲れ果てて夕飯を食べる気力さえ失せていた。
っが、とりあえず犬たちも元気だし、無事に帰って来られたので感謝。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無く日々犬たちとの遊ぶ管理人に励ましのワンクリックを!
Banner_23_20201101215601

| | コメント (0)

2020.11.05

薬のはなし

管理人はどちらかというと頑丈なタイプではない。
それは、繊細ではかなげと言うのではなく、単に病弱というだけである。
しかし子供の頃に病弱だったからと言って、今は親の介護する側となり、自分の面倒は自分でみるしかないので薬を常備するようにしている。

胃が弱いので胃腸薬。
片頭痛持ちなので頭痛薬。
風邪をひくとあとが大変なので葛根湯。といった具合。
もちろん、消毒液や化膿止め、バンテージも携帯している。

そろそろ葛根湯の季節だと思い、先日いつものドラッグストアへいつもの葛根湯を買いに行ったところ、なんと某ドラッグストアと提携したとかどうとかで、仕入れ商品が変わることになり、管理人愛用の葛根湯の取り扱いが無くなったと言われた。

が~ん。

葛根湯ならなんでもいいわけではない。
一包に含まれる個々の成分の違いによって、飲む時期が変わるからである。

とりあえず新しく扱うことになったという商品を買って帰ってみたが、家にある愛用品と比べるとカッコンや他の成分の量が極めて少ない。
これではこころもとないので、愛用品の製造元に問い合わせると、別のドラッグストアで別のパッケージで同じ商品を販売しているという。
ところがそのドラッグストアの名称は管理人の家の近くでは見たことがなかった。

そこでネットで検索して探し、ようやく商品もゲットした。
確かに外装は違っていたが、中の包装は全く同じ。
とりあえずホッとした。

202011051
左が販売終了品で右が別店舗用のパッケージ。


お気に入りの商品が変わることはよくあるが、使い勝手が悪くなったり、質が落ちたりするとがっかりするものである。
それを考えると、ときおり大人買いに走りそうになるが、消費期限のあるものはそうもいかない。
なかなか難しいものである。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くまた若犬と暮らし始めた管理人に励ましのワンクリックを!
Banner_23_20201101215601
 

| | コメント (0)

2020.10.13

続すったもんだ

結局iPhoneのバックアップがうまくいかないで放っておいたら、先日auから「機種変更から2年経ったので『かえとくプログラム』が利用できます」という電話があった。

『かえとくプログラム』とはなんだ?
調べてみると、今使っている機種を返して対象機種に取り換えることができるというもの。
選ぶ機種によって月額の機種代金が変わる。

現状の機種に不満はないが、月々のスマホ代は高くて不満。
だからと言って、通話料もデータ量も使い放題ではない。

とりあえず、機種を変更することで、機種代金を減らすことができそうなのでいろいろ調べてみた。

容量を減らすことなく、機能的に問題ないレベルを探してみた。

管理人が普段一番使うのはカメラと音楽。
となると、カメラ機能は落とせない。

いろいろ調べてみたら、機種代金が落とせないことが分かった。
こうなったらプラン変更でなんとか安くならないかと窓口に行ってみたら、なんとiPadの月額料金が半額になるというではないか。
なんでそういうことを早く教えてくれないのか。

結局プランを若干変更、iPadの基本料金を下げたら、今までより月額利用料金を少し下げて、機種のアップグレードが可能になりそうだ。

ところが、いつもは基本設定までやってくれる機種変更なのに、今回は何もなく返された。
つまり自分でやるということ。

クイックスタート機能を使えば大丈夫だろうとたかをくくっていたら、この機能は新しいスマホを立ち上げるときにやらないと認識されない。
ところが、機種変更の時勝手に立ち上げ作業だけされてしまったので認識されない。

PC
へのバックアップが出来ていないこともあり、結局初期化してクイックスタート機能を利用。
ところが、メールの設定で、どうしてもauメールだけが設定できない。

サポートサービス終了時間直前に電話でメール設定方法を聞いて事なきを得る。

聞くと、普通は窓口で設定したり、設定用の冊子をくれるとのこと。
おかしいなぁと思ってスマホが入った紙袋を見たら中に冊子が入っていた。
普通渡すときに、ここに設定方法が書いてあるのでみてくださいと言うでしょうが。
機種変更の書類に紛れて入れられても気づかない。

窓口で2
時間近くかかって、設定ゼロ。
自宅に帰って設定に6時間(アップグレードの時間も含む)。

っで、今朝初めて動画の機能を使ってみた。

202010131_20201013214601  

広角がさらに広がっているようにも見える。

さて、実際いつから料金が安くなったと実感できるだろうか。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くまた若犬と暮らし始めた管理人に励ましのワンクリックを!
Banner_23_7

| | コメント (0)

2020.09.17

クルマのはなし

子供のころから管理人はクルマ好き。
ミニカーも集めたし、父が運転するクルマに乗るのも好きだった。

当時(半世紀前)中古の外車は安かったので、父はいつも社宅の駐車スペースに2~3台の車を並べて、好きなクルマに乗って出かけていた。

しかし、ようやく管理人が免許を取得する頃には、外車は早々入手できなくなっていた。

なぜ急にクルマの話になったかと言うと、知人のFacebookに、今まで乗り継いできたクルマの記事があったから。

管理人はどんなクルマに乗ってきたんだったっけ。

ということで、

最初にバイトして買ったクルマがこれ。

202009171_20200917222001

当時30万だったかなぁ。
大学や仕事先に時々乗って行って、冬場はエンジンがかからず、銀座の裏通りでサラリーマンに押してもらったことも・・。

結婚した当初元旦那の希望で買ったのがこれ、

202009172_20200917222001

その後マニュアル車からオートマチック車に乗り換えてこれ。

202009173_20200917222701  

色は白。

このころステーションワゴンが一般的になってきて、
ちょうど大型犬と暮らし始めたこともあり、入手したのがこれ(右)。

202009174

左はなんと管理人用のセカンドカー。
小さいがキビキビ動けて楽しいクルマだった。

いろいろあって、二台のクルマが一台になって、
出たばかりのFORESTERにしようか迷って、もう一度レガシーツーリングワゴンに。

しかし全長4メートル70は縦列駐車にちょっと手間取る。
当時はいつも行く公園前の路駐がOKだったので、毎回縦列になるため、少しでも短く、更に犬たちが乗れるこれに変更。

202009176

これは10年近く乗ったのだが、ある日突然クリスが後部座席への乗車を拒否。
確かにCR-Vの後部座席の高さは60~70cmぐらいあったと思う。
歳を重ねてなお、抱っこされて乗るのは嫌だとそのプライドが言っているので、
初めてスライドドアの低床コンパクトカーに乗ることに。

202009177

ハンちゃんはまだまだ元気だったな。

その後もH社の、SPIKEを乗り継ぎ、去年買い替えたのが3台目のFreed +。

202009179

真ん中のチビはただいまお預かり中の4か月齢パピー。
3頭目はこのサイズでないと無理なコンパクトカーかな。

しかし、スライドドアの楽さを知ってしまうと、なかなか通常のドアのクルマには戻れない。

さて、このクルマたちとかぶっているひとはいるのかな。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くまた若犬と暮らし始めた管理人に励ましのワンクリックを!
Banner_23_20200913211601
 

| | コメント (0)

«最近のすったもんだ