犬の本を出しました。

今さらですが、先月拙著が出ました。

クリスというボーダーコリーを飼いはじめてから
ハンドルネームがクリままとなったのが20年前、
その後クリスと始めた「ドッグダンス」にずっとはまって、
5年前ニコルが来てから教え方をリマインドする意味で書いた本です。


201612272

とっても基本的なことばかりですが、「ドッグダンス」だけでなく、
犬とのかかわり方も含めたアドバイをなんかを書いています。
一応専業ドッグトレーナーなので(笑)。

もし愛犬と何かやってみたいと思われたら、
是非お手に取ってみてください。

Amazonで購入できます。
「ニコルとドッグダンス」で検索するとひっかかってくれます。


購入されたら、レビューなど書いていただけると嬉しいです。
次作の励みになります(笑)。

薄いので、すぐ読めます。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くまたパピーと暮らし始めた管理人に励ましのワンクリックを!

Banner_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.23

ブリーダーのきもち

近々友人のところに海を渡って新しい家族がやってくる。
たまたま先方からのメールの翻訳を頼まれて訳したのだが、途中で涙が出てきてしまった。

かわいいわが子を遠く離れた日本に送り出す。
しかも直接会ったことのない相手である。
もちろん、友人を介してお互いのことはよく知りあっているのだろうが、旅立つわが子へのきもちはたとえよく見知った相手であっても、その子を丸ごと愛してもらいたいと思うのが人情。

子犬のことを良く知っておいてもらいたいという思いが書き綴られ、最後は、もし万が一のことがあった時は、その子犬が何歳になっていようが、病気を患っていようが、かまわないから送り返して欲しいと。
そして子犬と対面したときは大きなハグをとも。

18年前、我が家の子犬たちが新しい家族の元に旅立って行ったときも、やはり同じような気持ちで送り出したっけ。

ブリーダー(本業であろうと副業であろうと)は、犬種のスタンダードを継ぎながら、生まれてきた子犬たちを新し家族の元に送り出していく。
当然健康であることが大前提だし、そのための努力を惜しまない。
そして人間の愛情を沢山注いで、人と暮らしていくことの楽しさを教えてあげる。それがお仕事。

ブリーダーがそういうきもちを忘れず、新しい家族となるひともそのきもちを繋ぐことが出来れば、犬たちの幸せはある程度担保されるに違いない。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くまたパピーと暮らし始めた管理人に励ましのワンクリックを!

Banner_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.13

国際的過ぎてびっくり。

今日はパピーさんのお散歩レッスンで、お洒落な街の近くを歩くことになった。
と言っても、夕方であまり人通りもなかったのだが、「犬を連れていると声をかけられることが多い」というのは30年以上前から経験していることで、連れている人の性別・年齢に関係なく声をかけられるというメリット(デメリット?)がある。(元夫はそれを利用して暇になると初代犬のハスキーを連れて散歩に行っていた(汗)。
ましてや子犬を連れているとさらに声はかけられやすくなる。

40分程度歩き回っていたら、その間声をかけて下さった3組の方が、30代から90代と幅広く、しかも全員英語が話せるという地元の方々でびっくり。
クライアントさんがUAEの方だったこともあり、初めは私に声をかけてくるのだが、その後話の内容をクライアントさんに英語で伝えると、「英語が通じるんだったら」とみなさん英語で話してくるのだ。

学生の頃バイト先の百貨店では、ガイジンさんが来ると、「大学生なんだから英語できるでしょ?」と応対を押し付けられていた時とは雲泥の差。
※大学生だからって英語が喋れるわけではないのだが・・。

これは時代の違いか、それともこの土地柄なのか?

中でも90代の男性は若い頃カナダに留学しながら、中東の言語のことなどを学び、エジプトやトルコにも行かれたと流暢に英語を操りクライアントさんと話が弾む。
第二次世界大戦後にカナダに渡り、朝鮮戦争の時代を見てきたとおっしゃるその方の話しにクライアントさんも興味津々。
管理人もまたお会いしてお話が聞きたいと思った。

パピーのお散歩レッスンで思わぬ発見をしたと共に、やっぱり英語はもっと勉強しないと・・と痛切に感じた一日だった。


201703131_2


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くまたパピーと暮らし始めた管理人に励ましのワンクリックを!

Banner_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.06

今日のあれこれ

今日はディーラーの6ヵ月点検予定を夕方入れていた。
点検だけなら1時間ぐらいだが、リコールになっているエアバッグの交換もあるので二時間ぐらいかかるとのこと。

本当なら、その前に犬たちと公園で沢山遊び、その後疲れたところでディーラーに行く予定だったが、天気予報はあまり良くない。

午前中コスチューム(ドッグダンス用)をチクチク縫ってから、早めに家を出て、無くなりかけた化粧品の補充に二子玉川に寄り、PLAZAでDOUGLAS社のボーダーコリーのぬいぐるみを3つもみつけてしまったが、これ以上増やすまいと言い聞かせて断念。


花粉症の薬を取りに病院に行く途中、以前住んでいた桜新町に寄る。
10年前チェリーカードを忘れて買い物をしたときのポイントをカードに付けてもらえるか聞いてみたら、なんと問題ないとのこと。数百円ならとっくにあきらめていたが、12000円分だったので、財布に入れて持ち歩いていたのである。
しかし、このカードの使用期限がなんと今月中とのこと。
そこで、昨日見ていたテレビを思い出した。
某俳優が、VILLONのバウムクーヘンが絶品だと言う。
これは買うっきゃない。
っで、使用期限が切れる前にポイント利用。

店を出るとすでに雨は降りだしていた。

可愛そうな犬たちは、一歩も車から下ろされることなくディーラーで二時間待ち。

ニコル嬢はさすがに慣れたもので、文句ひとつ言わず、サービススタッフや営業マンに愛想を振りまいていたが、Vinはあっちのお客さん、こっちのお客さんと、人が出入りするたびに尻尾を振り振り呼びつけようとするからうるさい。

帰り際には大慌てで車に向かおうとするから足が滑ってピノキオ状態で受け付けの女性に大笑いされる始末。

管理人はその間コーヒーをお変わりしながら、本を読んだり、原稿を書いたり有意義だったうえに、おみやげまでもらって大満足。


201703062


DOUGLAS社のぬいぐるみには勝てないが、持ち運べるところがいいんじゃないか。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くまたパピーと暮らし始めた管理人に励ましのワンクリックを!

Banner_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.19

時代は変わる?

管理人が車の免許を取ったのは18歳の頃。
当時住んでいた場所は、自動車の保有率だけでなく事故率も高い県だったが、技能研修中路上でもたもたしていると、アクセルを踏む管理人の靴の上から棒でつっつきそうないきおいの教官だった。

まぁそれはさておき、しょっちゅう中古の外車を買い換えるほどの車好きの父の影響もあって車は好きな世代である。
父は当然メンテも自分でやる人だったが、こすった傷などはそんなに気にせず、母や管理人に対しても、ミスっても全く怒らない人だった。

管理人はどちらかというとメンテは苦手でディーラー任せ。
でもこすった傷はタッチペンでこそこそ隠す程度ぐらいはやっていた。


今週月曜日、車に乗ろうとしたら、リアドアとルーフレールの両方にこすり傷を発見。
しかもなが~い。
おそらく前日寒川に出かけた時、最初に停めた場所の枝にあたったのだろう。
停めた時は傷は無かったが、安全な場所が空いたので移動したときに付けたに違いない。

車のカーゴからタッチペンを持ちだして塗ってみたが、なんと20年くらい前の物で固まっていて、古いマニキュア状態。結果ボコボコで塗りきれなかった。

そこで、ネットで情報を見つけて除光液で一度落としてから、新しいタッチペンを買いにいくことに。
20年同じディーラーの黒い車しか乗っていないので、どれも大して変わらないだろうとは思ったが、一応ディーラーに確認して該当色の番号を教えてもらい買に行った。

そこで、初めてアタッチメントを付けるとスプレー出来るということを知った。
な~んだ。ちょこちょこ塗るより簡単そうじゃない。

そして今朝無事に塗り終わったが、しばらく様子を見てみないと出来栄えは何とも言えない。
それでも、一気にスプレーしたことで、ベタベタ感は無い。
昔からあったんだろうか、こんなお手軽な修繕キット。

201701201


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くまたパピーと暮らし始めた管理人に励ましのワンクリックを!

Banner_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.16

記念日つづき。

一昨日はVinVinの1歳2ヵ月の記念日。
昨日はクリスの誕生日。生きていれば20歳。
旅立ってから5年も経ってしまったのかと今さらながら思う。

そして今日はVinVinがウチの子になった記念日。
神戸から7時間ちょっと、寝てる時と、フードをつまんでいる時以外は、ず~っと「出せ~!出せ~!」と叫んでいたVinVin。
相変わらずおしゃべりは変わらないけど、犬と言うより馬というか、カンガルーというか、カマキリのようなやつになっちゃったVinVin。

201701161

やっぱり2ヵ月のVinはかわいい(親ばか)

201701162

いい男に育てよ~♪


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くまたパピーと暮らし始めた管理人に励ましのワンクリックを!

Banner_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.12

早まってはいけないが、ぐずぐずしていてもダメ。

今日はたまたま近くまで言ったのでユ〇ク〇を覗いてみた。
いつもよく行く店は9日に閉店してしまい、
これからはちょっと足を伸ばさなくてはいけない。

ゆっくり中を見て周っていてふと思いついたことがあったのでお店の人に聞いてみた。
「ウルトラヒートテックのレギンスが、脱ぎ着の度に裏地から毛玉が落ちる。」というもの。
あまりひどかったので、1枚は破棄してしまった。

ところが、この話をすると、販売当初の商品にはそう言ったクレームがあったので、交換しているというのである。
が~ん。この前捨てたばかりだ。

そう言えば、今朝履いた時も若干ポロポロ落ちたような。

そこで品番をみてもらったら、なんと交換対象商品。
新しいタイプのレギンスに無料で交換してもらった。
早まって捨てるんじゃなかった・・・(涙)。


家に帰って他の物を確認したら普通のヒートテックだったので問題は無い。
っが、ウルトラは普通のヒートテックの1.5倍も暖かいという話だし、
これからますます寒くなるなか、外仕事が多い管理人にとって保温は必須。

それなら買い足そうかと店のチラシを見ていたら、
セール価格は今日までだ。

ぐずぐずしてはいられない、もう一度行って来よう。

確定申告に行ったり、二度も店に行ったりと、忙しい一日だった。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くまたパピーと暮らし始めた管理人に励ましのワンクリックを!

Banner_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.08

もうパピーじゃないんだから!

今日は訓練競技会だったが、その話を書く前に
昨日のアクシデントを忘れないように記しておこう。

昨日は練習会。
ところが明け方VinVinのトイレで起こされたので寝坊してしまう。
これはまずいと犬たちの散歩をはしょった。
もちろん、トイレは室内で済ませる。

VinVinは明け方大を済ませてているので、小のみ。
ニコルは?と聞くと、「アタシも小だけでいい。」と言うので
そのまま車に乗せて第三京浜に。


VinVinはいつも通り、後部座席で子供のように(あっ子供か)はしゃいでいるので、ニコルは隅っこで伏せている。
特に何も問題ないはずだったのだが、突然ニコルが後部座席から前の座席に移ろうと、座席用カバーを乗り越えようとしている。
今までそんなことはしたことがないのに。


「ニコル、運転中だし、危ないからダメだってば!」


「いやだっ!アタシ前に行くぅ!」


こんな問答を第三京浜を走りながら続けていたら、
何とも言えない香りが後部座席から漂ってきた。


まさかっ!


「ニコル、朝大はしなくていいって言ったじゃないの!」


しかし、そんなことを言っていては二頭で踏みつぶすかも知れない。
仕方ないので、ニコルを無理やり助手席に引っ張ることに。

っが、助手席には荷物も載せているし、ランチのデザート用にと買ったガレット・デ・ロワも。
踏まれては大変と移動し、窓も開ける。


荷物の横で小さくなっているニコルを見ると、「やっぱりおぬしか。」とついつい物言いもきつくなる。


第三京浜を降りて、とりあえず車を停めて後部座席を掃除する。
さすがにニコルのはコロコロととりやすい。
なんてバカなことに関心しながら片づけて、またニコルを後部座席に乗せ換えた。

そして現地に到着して、室内に入る前にいつものようにトイレを促すと、
な・・な・なんと、ニコルはコロコロと・・・・。

が~ん!

犯人はお前か!


201701081


朝っぱらからドタバタなクリ家だった。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くまたパピーと暮らし始めた管理人に励ましのワンクリックを!

Banner_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.06

ちょっとビミョーな気分

今日は仕事の帰りに犬たちとドッグランへ。
ここのドッグランは広いし、地面が土なので、ちょっとガス抜きさせようと思ったのだ。
もちろん二頭とも何度も来たことがある馴染みのあるドッグラン。

元々、気の合う子がいなければ特にからむこともない二頭だが、
フリーでのんびり出来る場所は限られるので寄ってみた。

二頭とランに入ると、前からいる犬たちが一斉に寄ってきた。
ニコルは問題ないが、そろそろ男気が出始めている若造の方はちょっと心配なので目は放さない。
幸い若造は管理人しか見ていないので全く他の犬を気にしなかった。

201701061


ニコルは一頭の大型犬にしつこく匂いを嗅がれながらついて来られているが、無視して管理人についてくる。
大人だなぁ。

ところが、犬たちが相手にしないとわかると、その大型犬管理人に跳びつき始めた。
「何か持ってるの~?」ぐらいの跳びつきなら、「何にも持ってないわよ」と手のひらを見せてふつうはいなくなるのに、手に何も持っていないとわかると、今度はカバンめがけて跳びついてきた。
カバンには一眼レフがはいっているので重いし、大型犬なので、まるでどつかれているよう。


飼い主が呼び戻さないのかと周りを見るが、誰も犬を呼んでいそうな人はいない。
1回2回程度なら我慢するが、歩いているところを後ろからカバンめがけて何度もどつかれると痛いし、他の犬に躓きそうになる。
移動しても付いてくる。

なんだかなぁ。

あまりのしつこさに、速足でその場を離れると、ようやく犬は飼い主の元に戻り、そのままランから出て行った。

もっと早く呼びもどしてよ~。

ここで躓いて怪我でもしたらみっともないだろうが。
こちとら、そんなに若くないんだから。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くまたパピーと暮らし始めた管理人に励ましのワンクリックを!

Banner_01


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.04

若造も進化の兆し?

我が家のニューフェースは1歳1ヵ月。
元々おしゃべりなタイプで、神戸のブリーダー宅から我が家への7時間強の移動中も、寝ている時以外はず~っとしゃべっているので、少しの止み間に口にフードを投げ込む作業で大忙しだった。

家に来てからも、クレートに入れれば吠えるので、四日目にして、家人からクレームが出る前にクレートの扉を開けたところ、寝る時は勝手に入り、トイレの時は勝手に出て済ませると言う、とても手のかからないパピーになった。

201701042


っが、彼のおしゃべりは外でも全開。
おしゃべりの理由は狭い場所に閉じ込められたときの不平不満だったり、よその犬を呼ぶことだったり、退屈している時の文句だったり、周りの環境に順応できなかったときのストレス吠えだったり、人と出会ったり別れたりの状況変化への興奮ぼえだったりと様々。


一日がかりとなるオビディエンスやドッグダンスの練習会では、後半いっぱいいっぱいになって自分で自分を制御できなくて吠えると、管理人は「カクリにしようか。」と別室に入れてやり、本犬を落ち着かせてやることが習慣になっていた。
一回の練習会で、多い時は10回以上「カクリ」されることも。

「カクリ」は彼にとって罰ではなく、他の犬や人と距離を取らせてやる「タイムアウト」。
だから「カクリ?」と言うと、自分から進んで、別室にはいっていく。
中で吠えることもない。

201701043


ところが、今日帰り際に練習場を掃除をしていて、「カクリ部屋」を掃除する必要がなかったことに気付いた。
今日は一度も「カクリ部屋」を使っていない。
ということは、Vincentが吠えなかったということ。


もちろん、全く吠えなかったわけではない。指示のキューがわからなかったり、自分がどう動いていいかわからない時はストレス吠えが出たりした。
しかし、それは長く続かない。
いつもの「カクリ」条件とは違う。

僅かながらでも成長したのか。
あるいは、まぐれだったのか。

それでも、一日ストレスがたまった吠えが出なかったのは嬉しい。


201701044
※他の子たちが練習しているときも、文句ひとつ言わずひたすらSettle.
Good Job!!

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くまたパピーと暮らし始めた管理人に励ましのワンクリックを!

Banner_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.31

一年ありがとうございました。

今年もあとわずかで終わる。

振り返ればあっという間の一年。
歳のせいで、一年が速く感じられるのは仕方ないことだが、それにしても速い。

1月に神戸まで見習いVincentを迎えに車を走らせ、
子育てに奮闘した一年だった。

201612311_2


ようやく一人っ子を満喫し始めたニコルにとって
見習いの登場は青天の霹靂だったかもしれないが、
白髪を増やしながらも、なんとか一年乗り切ってくれた。
感謝。


201612312


一方見習いは自然に、本能のまま、ニコルとは全く違ったDNAを見せながら育ち、周りの方々に暖かい目で見守られながら1歳を迎えられた。
こちらも嬉しい限り。

まだまだ精神的にも免疫が低い若造で、今やチンピラ街道まっしぐらな面も見られる見習いだが、来年もきっと皆様にご迷惑をかけながら育っていくのだろう。

201612313


今年一年、本当にありがとうございました。

また来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年甲斐も無くまたパピーと暮らし始めた管理人に励ましのワンクリックを!

Banner_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«年の瀬なので。