ドッグダンス(K9フリースタイル)

2017年6月21日 (水)

ドッグダンス:ポジションチェンジや方向転換


ドッグダンスと言うと、様々なトリックを思い浮かべる方が多いと思いますが、ドッグダンスにはそれだけでなく、ハンドラーとパートナー(犬)が一体となってヒールワークを見せるHeel Work To Music (HTM)というカテゴリーがあります。

ヒールワークはヒールポジションを維持しながら犬と一緒に動くことを意味していて、主催競技団体の規定に沿って、いくつかのヒールポジションを使用する必要があります。

このヒールポジション(左脚側など)、数が多ければいいと言うものでもありませんが、一つ二つだけだと、ルーティンを作った時、ほとんど同じ方向を向いていなければならなくなって、方向転換が難しくなってしまいます。

左右二つ覚えていればいいと思っていると、パートナーがジャッジ席から見えないポジションに入ってしまったりするからです。

またポジションを変える時の方法もいつも同じだと単調になってしまいます。

そんなわけで、今日の水曜ドッグダンスクラスでは、ポジションの重要性に重点を置いて、ポジションチェンジや方向転換の方法などをやってみました。


201706211


流れるようなポジションチェンジや方向転換が出来るようになると、ステップアップできますよ。

---------------------------------
パピーレッスン、基本トレーニングやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

トリック:周る。

今日のレッスンのお題は持っている布の周りを周るトリック。

回転系の動きは、犬が単独で周ったり、ハンドラーの周りを周ったり、あるいはハンドラーの足の周りを周ったりと様々。

今回は下げられた布の周りを周ると言うことで、まずは置いてある単体のオブジェクトの周りを周る動きを教え、その動きにキュー(合図の言葉)を付けた後、オブジェクトを変えて練習。
次に私が布を持って練習。
最後はハンドラーが自分で布を持ってその間を周り、同時にハンドラーが場所を変更しても周るという動きが同じ意味だと伝えていく作業を行いました。


201706181

楽しそうに課題に取り組むMさんは、さすがにいろいろな技を会得している強者。
あっという間に、「これでいいんでしょ。」と行動を覚えてしまいました。

どんなルーティンになるのか楽しみですね。

---------------------------------
パピーレッスン、基本トレーニングやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

ドッグダンスレッスン@わんのわさん

今日は月に一度のわんのわさんでのドッグダンスレッスン。
午後から二つのグループのレッスンを続けて行いました。
前半は大き目の子たちで、後半は小さ目の子たちプラス大きい子ひとり。

初めは音楽を聴きながら、愛犬との動きをシュミレーション。
「この子となら、どんな動きが出来るだろう。」
「この子にはどんなテンポが合うだろう。」
そんなことをイメージしながら体を動かして妄想を膨らませて頂きました。

その後はフロントポジションの教え方、ポジションチェンジの方法、ウィーヴやアラウンドの誘導方法など、盛りだくさんのレッスンでした。


201706121
(あっ、花ちゃんの画像がない・・(汗)。)

犬たちもさぞ疲れたことでしょう。
あとはゆっくり復習してくださいね。

---------------------------------
パピーレッスン、基本トレーニングやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

新しいムーヴ:オブジェクトを周る

今日のDogLifeDesignさんでのレッスンは、新しいルーティンに向けて、新たなムーヴを取り入れるための練習をおこないました。


初めは小さ目の物をターゲットに周る動きを教え、周ることに体が馴れてくればターゲットをいろいろ変えながら、言葉のキューで周れるようにしていきます。

最終的にはハンドラーの元を離れ遠隔で周ってこられるようにしたいので、ターゲットとの距離も少しずつ伸ばしていき、キューの付け方などもパートナーがわかりやすいように考えていく必要があります。


201706041


自信を持って作業できるように少しずつステップを上げていきましょう。

---------------------------------
パピーレッスン、基本トレーニングやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

ドッグダンス水曜クラス

ドッグダンスの水曜クラスも3期目になりました。
参加犬たちは、様々な経験値を持った犬たちなので、全員横並びというわけにはいきません。
それぞれのレベルに合わせて進めて行きますが、トレーニングにおける基本は変わらないので、土台作りを怠らず、個性や特性に合わせてステップアップ出来るようお手伝いしていきます。

今回はヒールポジションの強化、後肢の使い方、ウィーヴの誘導方法、バックアラウンドの練習などを行いました。


201705251


ハンドラーだけでなく、パートナー犬たちの学習意欲を引き出しながら地道な共同作業が続けていかれると、少しずつ夢に近づいて行けるはずです。

---------------------------------
パピーレッスン、基本トレーニングやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

シニアにはシニアのドッグダンス

今日のDogLifeDesignさんでのプライベートレッスンは、10歳のL君が参加してくれました。
L君特にドッグスポーツなどはしていませんが、基本のオビディエンス(服従訓練)は続けていらっしゃるとのこと。
当然ハンドラーさんのキューにもきちんと反応出来ます。

今回日常生活の中での刺激を増やしてあげようということでドッグダンスのレッスンに参加してくれました。

10歳と言う年齢はふた昔前だとシニアも後半のイメージがありましたが、最近ではまだまだこれからという年齢。
そのためには、いろいろな体の動かし方に、ストレッチを兼ねながら体を馴らしてあげることから始めます。

人間も急に体を動かそうとしてもうまくは行きません。
ストレッチを混ぜながら、少しずつ体を馴らしてあげると、様々な部分の可動域が広がります。

そこで、今回は回転(スピン)の体の動かし方と、後ろ足を意識させる練習にチャレンジしてみました。


201705241


無理せずゆっくり、楽しみながら。
ハンドラーさんだけでなく、愛犬も同様です。

---------------------------------
パピーレッスン、基本トレーニングやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

トライアンドエラー


先週のドッグダンスのコンペで我が家の春のドッグダンスシーズンは最後でしたが、前回のLBCFさんの時に大分完成度があがってきたこともあり、それなりに期待して臨みました。

ところが、初日のHTMのワークショップを見学していたときに、ジャッジ側に犬が見えるようにするという話が出た時に、当然のことだと聞いていたのですが、その話の中で、講師は「never」という言葉を何度も使いました。
つまり、決して犬をジャッジ側から見えないポジションに置いてはいけないと。

今までのルーティンでは、犬をジャッジ席から見えないポジションに置いたことはありませんでしたが、今回新しいポジションを組み込む際、流れの中で一部だけ犬が見えづらい位置になる箇所がありました。

しかし、我が家としてはいつも以上に練習を重ね、パーツに関してはほぼ100パーセント理解しているので、ここでリングデザインを変えてもニコルはきっとやってくれるだろうと思い、スタートポジションを左後方から、右手前に急きょ変えてしまったのです。


ドッグダンスデモなどでは、現地のリングの形やサイズに合わせてリメイクしたりすることはよくありますが、正式なコンペでやったことはありません。

元々それほどテンションが高くないニコルですが、今回のリングインはいつになく尻尾があがって集中が取れていただけに、スタートポジションの変更や、私の微妙な緊張感で異変を察知し中盤から幾つかのムーヴをボイコット。
もう笑っちゃうしかない状態でした。
ニコルにやさしくないハンドラーだったことを猛反省です。

201705221

ダンスは一人じゃ踊れないことを改めて思い知らされました。
お互いよく話し合わないといけませんね。

---------------------------------
5月24日スタートの水曜ドッグダンスクラス参加者募集中です。
詳細はこちらから。

---------------------------------
パピーレッスン、基本トレーニングやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

学びの時間

先週18日より本日までDDJP(ドッグダンスジャパン)さん主催のドッグダンスワークショップ、トレーニングショウ、そしてコンペが開催されました。

ワークショップの講師、コンペのジャッジとして招かれたのはロシアのPolina Il'ina 氏。
2016年のOECのヒールワークトゥミュージック(HTM)部門で3位に入賞したフリースタイラーです。


私は初日のHTMのワークショップを見学し、翌日のトレーニングショウで見習いとHTMに参加、3日目のコンペではアシスタントニコルと春から練習している新しいフリースタイルのルーティンで参加しました。

ドッグトレーニングはドッグダンスも同様様々なアプローチの仕方があると共に、競技会を目指すのであれば、競技会に参加できるようにレベルアップしなくてはいけません。
レベルアップは犬の技量だけではなく、ハンドラーの技量も同様です。

競技のルールを勉強するのは当然のことですが、犬に行動を教えるにあたっては、数学と違って答えは一つではないので、どのやり方が自分や自分のパートナーに合っているのか見定めなければなりません。
本番でパートナーと喜びを分かち合えるようなパフォーマンスを見せるためには、日々の地道な努力と、パートナーとの信頼関係が欠かせないと再認識した3日間でした。


201705211
Polina Il'ina氏と
photo by Luche papa

---------------------------------
5月24日スタートの水曜ドッグダンスクラス参加者募集中です。
詳細はこちらから。
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本トレーニングやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

身体を馴らす

今日のプライベートレッスンではバックステップを練習しました。

お家で練習すると、どうしても途中で座り込んでしまって距離が伸びないとのこと。
やってみて頂くと、最初の一歩はなんとか後ろに踏み出せるのですが、「バックバック」とせかされてしまうと、後ろ足がスムースに動かせずに座り込んでしまっているようです。
ハンドラーさんの出すハンドシグナルが上からだったことも原因のひとつのように見えます。

しかし、一番初めにやらなければいけないのは、まず後ろ足を後ろに一歩ずつ下げるという動きに犬の体を馴らしてあげること。

そこでお願いしたのが、ヒールポジションを維持したまま、後ろに下がって頂くこと。
小さ目の後ろへの一歩を前進の合間に入れながら、少しずつ下がっていく動きに体を馴らしてもらいます。

201705111


焦ると急いで下がって行き過ぎてしまったり、座り込んでしまったりと弊害が出てしまうので、自信を持って下がれるようになるまでは、少しずつ、一歩伸びるたびにクリックアンドトリーツで褒めてあげましょう。
スムースにヒールポジションが維持できるようになると、フロントポジションからの単独バックも速く進みますよ。

---------------------------------
5月24日スタートの水曜ドッグダンスクラス参加者募集中です。
詳細はこちらから。

---------------------------------
パピーレッスン、基本トレーニングやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

水曜ドッグダンスクラス@池尻


今日の初級者向けレッスンでは、左右のポジションの強化とバックステップの足づかい、ウィーヴやアラウンドを練習しました。

201705104


201705105


201705106

ウィーヴやアラウンドはまだまだトリーツを使った誘導が必要ですが、誘導の際にパートナーをどう動かすかはその後の動きを左右するので気を付けなければならないところ。
適当に体の周りを回していると、実際ハンドシグナルを外したとき、適当にまわってしまうので、タイトに動いて欲しいのであれば、そのように誘導する必要があります。

先々のことも考えて、いろいろな動きに馴らしてあげられるといいですね。

---------------------------------
5月24日スタートの水曜ドッグダンスクラス参加者募集中です。
詳細はこちらから。

---------------------------------
パピーレッスン、基本トレーニングやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧