ドッグダンス(K9フリースタイル)

2024年2月27日 (火)

「持続」の概念を教える

服従訓練やオビディエンス競技などでは当然のように教える「持続」ですが、ドッグダンスをトリックから始めた人はなかなか「持続」を教えようとは考えません。
そもそも「持続」とはどういうことでしょうか。

例えば愛犬に「オスワリ」をお願いした時、愛犬はいつまで「オスワリ」していればいいと理解しているでしょうか。

「フセ」や「タッテ」も同様です。

「マテ」と言われなくても、「オスワリ」等の姿勢のキューを出せば、次のキューを出されるか、あるいは解除されるまでは「オスワリ」を続けるようにオビディエンスでは教えます。
一般的には「常歩行進中の作業」などの課題がそれにあたります。

競技会などでは、犬を待たせて犬から離れるとき、あえて「マテ」と声をかけることも許可されているので、姿勢のキューだけでなく、「マテ」を使うこともありますが、こういったトレーニングをしていない一般家庭犬の場合、日常生活の中でちょっと犬を待たせるときなど「マッテ」という言葉を使っていないでしょうか。

日常生活での「マテ」は、「ちょっと買い物に行ってくるから『待って』てね。」だったり、玄関から出るときに飛び出さないようにするための一瞬の「マテ」だったりと、長い持続を要求しない「マテ」の時があったりします。

しかし、オビディエンス競技や、ドッグダンスの遠隔作業で出される「マテ」のキューはその場から動かないでい続けることを要求する「マテ」なので、きちんと弁別して教えてあげないと犬が混乱してしまいます。

犬に何を伝えたいのか、明確にして「キュー」を統一することも重要ですね。

ということで、今日のドッグダンスグループレッスンでは、ちょっと基本の見直しも含めて、「マテ(持続)」の練習。

202402271

姿勢はなんでもかまいません。
次のキューや解除されるまでじっと動かないことがポイントです。

遠隔での作業では、ハンドラ―の元に勝手に戻ってこないためにも、その場での作業が続けられるように、落ち着いて待っていることを教えることが不可欠ですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年2月13日 (火)

ドッグトレーニング:ルアーリングを侮るなかれ

ドッグトレーニングで言う「ルアーリング(誘導)」とは、トリーツ(オヤツやおもちゃなど)を使って、犬の行動を誘発する方法です。
よくあるのが、犬の鼻先にオヤツを見せて上に持ち上げると、犬がオヤツに釣られて顔をあげようとして、必然的に腰がさがり、「オスワリ」が出来るようになるというものです。

「オヤツで釣る」という言葉は好きではありませんが、新しい行動を教えるときのメソッドのひとつとして「ルアーリング」があります。

「ルアーリング」は「オヤツさえ見せれば何でもやる犬を作るのが目的」ではなく、「オヤツを使って犬を動かすことが目的」です。
結果的に、犬に正しく動いてもらえなければルアーリングの意味がありません。

そして犬が行動を体で覚えたら、その行動と言葉の「キュー」(合図)をリンク付けしていくことで、犬がその行動を理解し、ハンドラ―のキューで、たとえ目の前にオヤツがぶら下がっていなくても、きちんと行動できるようにすることが不可欠です。

例えばヒールポジション(脚側)。
犬にヒールポジションに来てもらいたいと思ったら、犬がヒールポジションに来られるようにオヤツを上手に動かし誘導しなければいけません。
体が曲がってしまってハンドラ―と平行にならなければ、ルアーリングの手の位置が曲がっているためで、ハンドラーに跳びつくようになってしまうのは、ルアーリングの位置が高すぎたりする結果です。

ヒールポジションに犬を誘導するのであれば、まっすぐ入りやすい後ろから犬を誘導する方が、正面にいる犬に体を回しながらヒールポジションに入るように誘導するよりわかりやすいでしょう。
この時点では、犬にヒールポジションに入る方法を教えるのではなく、ヒールポジションが何かを教えることだからです。

ヒールポジションの意味がわかってきたら、どこからでもヒールポジションに入れるようにサポートしていくのが次のステップになります。

最初は犬が自然に動きながら、ハンドラ―の目的とする動きが出来るように誘導します。

20240213

ハードルを上げ過ぎるのは禁物ですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年1月14日 (日)

トリーツはルアーから報酬へ

犬の行動を引き出すためにトリーツ(食べ物)をルアーとして使いますが、ある程度行動が習慣化してくれば、当然ルアーは必要なくなるので、外していかなければいけません。
しかし、犬はいつもトリーツをくれる手が気になってしまい、手が動く度にルアーのように釣られてしまい、なかなか言葉のキューとのリンク付けが出来ないことがよくあります。
手にトリーツを持たずに、ハンドシグナルとして使ったとしても同様のことが起こります。

いつも書いていますが、トリーツを持って「行動の持続」を教えることもありますが、ある程度犬が行動を理解してきたら、トリーツは持っていなくても必ず報酬としてもらえることを伝えていきます。
それによって、目の前にトリーツが無ければ動かないという犬にはならなくなるわけです。

ハンドシグナルも同様で、ハンドシグナルが外せないと、犬はなかなか行動と言葉のキューのリンク付けが出来ません。
さらに、なかなか行動に移せない犬を前にキューを連呼すると、犬はますます正しく理解できなくなってしまいます。

プライベートレッスンのKくんは、「Sit(オスワリ)」を連呼しなくなったら、一回でも座れるようになったそうです。

犬の立場に立って考えてみるとわかりやすいでしょう。


さて、今日はドッグダンスのプライベートレッスンがありました。
Mくんはいろいろなムーヴやトリックを知っています。
しかし、ハンドラ―が無意識に動かす手の動きに気持ちがそらされて、キューが出ても手の動きに気を取られてしまったり、トリーツが出てこないか待ってしまうことも出てきました。

そこで、今日はハンドラ―さんの手はポケットの中に入れていただいて、言葉のキューだけで動けたら報酬が出るという練習をやっていただきました。

202401141

人間の無意識な動きが犬のディストラクションにならないように、ハンドラ―の姿勢も含め、ニュートラルでいられるように練習していきましょう。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年1月10日 (水)

ヒールワーク:精度は大事

FCIオビディエンスやドッグダンスのヒールワークはとても重要なエレメントです。

一般的な服従訓練競技においても、ヒールワーク(脚側行進)は必須科目ですが、ヒールワークとは何を意味しているのでしょうか。

「ヒール」は日本語に訳せば「かかと」ですが、実際にはハンドラ―の傍で、ハンドラ―と常に同じ距離間で共に移動することがヒールワークです。

オビディエンス競技では、左脚側が一般的にですが、ドッグダンスでは、左以外にも右脚側やハンドラ―の足間のセンターポジション、ハンドラ―の前や後ろでの横ポジションなど様々あり、そのポジションを維持しながらハンドラーと移動することがヒールワークです。

FCIドッグダンスのルールでは、ハンドラ―と犬の位置関係がとても詳細に記されています。
例えば、左脚側であれば、犬の右肩がハンドラ―の左足と平行でなければいけません。

FCIオビディエンスでにおけるヒールポジションは、犬の肩甲骨がハンドラ―の左ひざと記載されています。

実は似ていますが、ちょっと違っているとも言えます。

下の画像で、その違いが判りますか?

202401102
202401101

個人的には、上の画像の位置関係でドッグダンスもオビディエンスもやりたいと思っています。
下の画像はちょっとかぶってますね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年1月 8日 (月)

犬は予測する

日常生活では、人が声をかけなくても、犬は人の動きを見ながら次に起こることを予測します。
家に迎えたばかりの子犬では無理ですが、1年以上一緒に暮らしていれば、おおよその行動を予測することは可能です。

そろそろごはん。
そろそろお散歩。
そろそろ寝る時間。
などなど、ちゃんとわかるようになります。

予測できるということは、犬にとってある意味安心できる生活とも言えます。
次に起こることが全く予測できなければ、犬は常に緊張状態になり、健康上もよくありません。

様々なドッグスポーツにおいても、日々同じことを練習していれば、犬はおおよそのことを予測し、勝手に動こうとします。
いわゆるフライングです。

競技におけるフライングは大きなペナルティになります。
つまり、犬がハンドラ―の指示(キュー)を待たずに勝手に動いたと判断されるからです。

かつて(今もかも)、「意欲の空回り」と言われた我が家のアシスタントは、オビディエンス競技の課題全てに前のめりなので、ダンベルの持来においても、ハンドラ―がダンベルを投げようと手を動かしただけで、前に飛び出すほどだったので、きちんとキューを待ってから取りに行くようにと何度も練習しながら伝え、ようやく待てるようになりました。
お尻のあたりがウズウズしているのは今も変わりません。

ドッグダンスでも、音楽に合わせて構成を考え、ルーティンを作って行く中で流れの練習をしていれば、犬は当然次の動きを予測するようになります。
特に動くことを楽しんでいる子はどんどん先にやろうとして、ハンドラ―がキューを出す前に動くため、ハンドラ―は音楽に合わせようと焦り、犬は早く次のキューを出せとハンドラ―に催促するようになってしまいます。

しかし、これもアシスタントのオビディエンスと同様で、ハンドラ―のキューを待ってから作業するルールがあることをきちんと教えてあげないと、お互いストレスになってしまいます。

待っていて欲しい(じっとしていて欲しい)場面で、犬が先を予測して動き出してしまったら、せっかくの構成もぐちゃぐちゃになってしまいますね。

トリックも含めいろいろなことを学習できる賢い犬たちですから、「待つ」ことを教えてあげることで、不協和音を無くすことも可能です。

お互い、焦らず、ゆっくり楽しみましょう。

今日のドッグダンスグループレッスンでは、Lくんが「次はこれでしょ?」とサクサク動いてくれるのですが、先読みを始めてしまい、せっかく伸びていたバックステップの距離が短くなってしまいました。

202401081

しかし、パーツごとの練習と、キューをきちんと聞くルールを教えてあげたら、ちゃんと待てるようになりました。
わかりやすく伝えてあげましょう。
----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年12月26日 (火)

ドッグダンス:アイコンタクトを取らない練習

ドッグダンスの動きの中には、ハンドラ―と犬がアイコンタクトを取らない位置関係で作業することがあります。

ヒールポジションにおいても、ハンドラ―と犬の視線が合わせられないポジションがあるので、犬はある程度ハンドラ―の顔を見なくても作業を行うことが出来ますが、遠隔作業においても、ハンドラ―と視線が合わない状況で、犬がきちんと出されたキューに反応出来るようになるには練習は不可欠です。

一般的なドッグトレーニングでも、目の前にいればオスワリがすぐ出来るのに、1メートル離れると言われてもすぐ出来ず、ハンドラ―の元に戻って来てから座る犬は少なくありません。
それは、オスワリという行動が、ハンドラ―との位置関係とも紐づいてしまっていて、位置関係が変わるとオスワリではないと認識している場合が多いからです。

そうならないために、ハンドラ―は犬が目の前にいるときだけでなく、ヒールポジションにいるときや、ちょっと離れた位置関係にあったとしても座れるように丁寧に教えていく必要があります。

以前どこかに動画をあげていますが、アイコンタクトが無くても犬が指示のキューに反応できるようになるには。という記事で、私が机に向かって座っていても、後ろにいるアシスタントに簡単な姿勢変更をお願いしながら、アイコンタクトが無い状況に馴れるように練習すると書きました。

202312261

いつもハンドラ―の前に回り込んで、顔を見なくても出来るように自信をつけてあげましょう。

さて、今日のドッグダンスグループレッスンでは、ハンドラ―のセンターポジションからバックし、ハンドラ―の背中を見ながら、ハンドラ―のキューに反応するための練習を行いました。

最初はハードルは低くしてあげると、エラーが出づらくなりますよ。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年12月18日 (月)

ディストラクションを侮ってはいけません。

3日間イベントに参加させていただき、特に最終日のコンペでは、自分も参加しましたが、他の参加者の演技も拝見しながら、人も犬も平常心でいることの大切さを改めて感じさせられました。

「いつもは出来るのに。」
「屋外では出来るのに。」
「いつも練習している場所なら出来るのに。」

そんな声が聞こえてくる中、いつも通りにやることの難しさを痛感しました。

なぜなら、競技会場はいつもとは違い、周囲で自分を見ている人たちがいます。
ジャッジともなれば、ずっと見られ続けていることになります。
特にコンペともなれば、人のメンタル面も大きく影響してくるからです。
私はあがり症なので、絶対いつも通りには行かないことはわかっていますが、それでも出来るだけ平常心を保つには、数をこなしていくことと、犬を信じるしかありません。

犬も同様で、いい経験値は重要な要因です。
いろいろなディストラクションがあっても平常心でいるためには、様々な状況を想定した練習は欠かせません。

特に見習いは、競技中リンクの外で遊んでいる犬に向かってリンクアウトして失格した前歴があるので、周囲のディストラクション対策は必須課題です。

さて、今日は久しぶりの朝練場所におなじみの方々が遊びに来ました。
おなじみと言っても、犬同士はまったく遊ばせていないので、見習いは興味深々ですが、練習中に入ってこられたので、練習は続行します。

202312182

とてもいいディストラクションなので、飼い主さんにはこちらを気にせずどんどん遊んで下さいと伝えます。

さらに、小さいお子さん連れの方々までいらして、ディストラクション満載です。

202312181

ハンドラ―へのフォーカスは、ハンドラ―との作業を義務感で行うのではなく、ハンドラ―との作業が楽しくなければ続きません。

頑張ったあとはおもちゃで遊びます。

202312183

少しずつ成長してくれるといいですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年12月17日 (日)

イベント最終日はドッグダンスコンペでした。

WSS(ワンダフルステップ)さん主催のドッグダンスイベントの最終日はドッグダンスのコンペでした。

我が家はアシスタントがHTM(ヒールワークトゥミュージック)のインターメディエイトクラスで参加しました。

前回のDDJP(ドッグダンスジャパン)さん主催のコンペでは中盤から吠えてまともな作業にならなかったアシスタント。
出来ないことを頼んでいるわけではないのに、なぜか口が出てしまうアシスタント。
今回はまったく吠えませんでしたが、大事な3つもコンテンツを飛ばしてしまい、高評価には繋がりませんでした。

オビディエンス競技と比べると、キューが次から次へと出されるドッグダンス。
まだまだドッグダンスが出来るほど器用では無いということですね。

202312171

もう少し話し合ってみましょうか。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年12月16日 (土)

見習いがドッグダンスで特別賞を頂きました。

昨日に引き続き、今日はドッグダンスのファンマッチでした。

我が家は見習いが初めてフリースタイルの要素を入れたルーティンで参加しました。

先週の日曜日までオビディエンスの昇格がかかった競技の練習が続いていた見習いは、まったくドッグダンスの練習をしていませんでした。
っが、ファンマッチの申し込みは結構早かったので、夏頃作ったHTMで踊るつもりで申し込んだのですが、どうも曲がしっくりこなかったので、曲を変えてしまったのです。

当然構成は間に合いませんでしたが、少しずつ練習していたトリックを組み込んで、昨日の練習会の様子を参考に昨夜ラフな構成をし、トリック間のトランジットは簡単なポジションチェンジと回転系の動きでつなぐことにしました。

幸い見習いのテンションは下がらず、最後までトリーツをあげることなく、短いですが、一曲踊ってくれました。
見習いにしては快挙です。

お蔭様でコメンテイター特別賞とWSS主催者賞をダブルで頂戴しました。

202312161_20231216205101  

最初で最後とならないよう、精進していきましょう。

------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_20231216205101
にほんブログ村
--------------------------------

| | コメント (0)

2023年12月15日 (金)

ドッグダンス練習会に参加しました。

今日はWSS(ワンダフルステップ)さん主催の練習会に参加しました。
持ち時間内で、ルーティンの構成を再確認したり、リンク馴致を行ったり、パーツを練習したりと、参加者それぞれが自分の課題に合わせて持ち時間を有効に使いました。

我が家はアシスタントが明後日のコンペに参加するので最終調整。
見習いは、先週までFCIオビディエンスクラスIIに昇格するためにオビに特化した練習をしてきたため、ようやく来春の競技会に向けてルーティンを作り始めたばかり。

構成は全然出来ていないのですが、ようやく曲が決まったので、コスチュームだけ決めました。

ということで、本番レベルではないので、今回は練習会とファンマッチでコスチュームとリンク馴らし。

オビモードからドッグダンスモードにハンドラーも犬も切り替え中です。

202312151

待機も見習いにとっては重要なお勉強です。

------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_20231215215801
にほんブログ村
--------------------------------

| | コメント (0)

より以前の記事一覧