ドッグダンス(K9フリースタイル)

2019年10月 5日 (土)

ドッグダンス競技会@DDJP

今日はDDJPさん主催の、ドッグダンスの競技会に見習いと参加してきました。

201910051

見習いは今回が競技会初挑戦です。

今まで2~3回、リングの中をおもちゃやトリーツなどのご褒美を携帯して経験させていますが、かれこれ2年以上前のこと。
一昨年からはオビディエンスメインでトレーニングをしてきたので、ダンスは全くやっていませんでした。

今回はたまたま家人からカントリーミュージックを薦められてルーティンを作ることにしたのですが、アシスタントではちょっとイメージとテンポがあわない感じだったので、見習いのルーティンになりました。

しかし、基本の左脚側と右脚側ぐらいしか普段練習していなかったので、急遽ポジションを2つ増やし、更にサイドステップやバックステップなどを盛り込んだ構成にしたところ、どうしてもサイドステップが綺麗に決まりません。
どうしても、私に寄りかかってしまうのです。

そこで、競技会二日前にして、サイドステップは全部フォワードのヒールウォークに変更しました。

コンテンツを減らしたことで、見習いへの負荷は減りましたが、それでも初めての競技会でストレスがかかり、競技中2~3回集中を欠いてしまいました。

結果は Presentation:6.2、Content:7.1、Artistic Interpretation:7.7、Animal Welfare:3.0
合計24.0

201910052
減らしたコンテンツにもかかわらず、ノービスクラスとしては丁度良いと評価されました。
無理にサイドステップを入れて、更にストレスをかけていたら、おそらく見習いは鼻泣きしたり、吠えたりしてしまい、作業自体も精度を欠いたものになっていたでしょう。

削る勇気も必要ですね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年10月 4日 (金)

ドッグダンス:足間のポジション

ドッグダンスのヒールポジションは競技団体によって異なりますが、
日本の競技では、FCI(国際大会)に準拠している団体が増えています。

FCI規定のヒールポジションとは全部で10個。
左右のヒールポジション以外に8つあるということです。

その中に、ハンドラーの足の間というポジションがあります。
犬の向いている方向はハンドラーと同じ場合と、ハンドラーと反対向きの場合の2種類です。

今日のプライベートレッスンでは、パピヨンの男の子に足の間のポジションをやってもらいました。

ちなみに、彼は左右のヒールポジションは理解しています。

今日のRくん、ウィーヴ(股くぐり)の最初の一歩がどうしてもするっと入れず躊躇するので、この際足間のポジションにトライしてもらうことにしました。

嫌がっているのになぜと思われがちですが、足間のポジションに入るとご褒美がもらえることがわかると、足の間に入りやすくなる可能性が高くなります。

201910031_20191004205901

もちろん、無理は禁物です。

R君が自分から入ってきたら褒めていきます。

小型犬は特にハンドラーの足に当たったりすると、足を避けるようになるので気をつけなければいけません。

最初はお家の中で、素足で練習してみるのもひとつですね。


---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年10月 1日 (火)

ドッグダンス1Dayワークショップ@横浜のお知らせ

10/25(金)横浜ワンダフルステップスタジオでドッグダンスの基礎見直しワークショップ行います。

ドッグダンス初めての方だけでなく、ヒールポジションの確認やトリックの教え方、ルーティンの作り方など、中級者もご参加可能です。

201904152_20191001092201

時間:10:00-16:00 (休憩1時間)
受講費:6,000円
定員:6ペア
(最低催行人数4ペア)


お問合せおよびお申込みはメッセンジャーあるいはinfo@wanbywan.comまで。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年9月28日 (土)

ドッグダンスリハーサルショウ@woof

イベント2日目はドッグダンスのリハーサルショウでした。
みなさま早くからお集まりいただき、無事開催できました。

ご参加のみなさまお疲れ様でした。
みなさまの素敵なルーティンを最前列で拝見できて楽しかったです。

201909281

リハーサルショウは本競技会に向けた練習の場所であるだけでなく、人前で練習する機会でもあります。

ご参加の皆様にはそれぞれ私の個人的な感想コメントを書かせていただきました。
多少なりともお役に立てばよいのですが。

明日はWCRL規定ラリーオビディエンストライアルです。
ご参加のみなさま、道中気を付けておいでください。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村
--------------------------------

| | コメント (0)

2019年9月10日 (火)

ドッグダンス:ポジションチェンジ

今日の火曜ドッグダンスクラスでは、ポジションからポジションへのトランジット練習。

オビディエンスと違い、ドッグダンスのポジションはいくつもあるので、ポジションチェンジが必要になります。
左右のチェンジだけでなく、様々なポジションへ移行する方法は犬にきちんと教えてあげなければできません。

まずは、ハンドラーは動かないで犬だけに動いてもらい、ポジションへの意識づけを強化します。

201909101

201909102


犬が自信をもって動けるようになったら、ハンドラーが動いている中で練習していきます。

犬を混乱させないように、少しずつ教えていきましょう。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年8月24日 (土)

ドッグダンス不定期レッスン

今日は横浜のワンダフルステップスタジオでドッグダンスのレッスンでした。

パートナーに教えた行動が本当に愛犬の身についているかを検証するのはとても大事なことです。

なぜなら、刺激の少ない家の中では出来ても、別の場所では出来なかったり、あるいは、ハンドラーとのポジションが違っていると出来なかったりと、うまくできない理由は多くあります。

どんな状況であっても確実に出来ないと、ルーティンの中に組み込むのは難くなります。
なぜなら、ルーティンの中では、次から次へと合図のキューが出され、それに対して的確に行動していかないと、どんどん曲から遅れてしまい、ハンドラーにとってもパートナーにとってもストレスになってしまうからです。

ストレスが過度になれば、犬の思考回路が止まってしまい、ルーティンの途中でフリーズしたり、急にその場から離れようとしてしまう可能性もあります。

パートナーが自信をもって行動できるようにサポートするのがハンドラーの役目。

そのためには、普段から今できる動きの精度を検証していくことが欠かせません。

ということで、今日はいつもできる動きに対し、ハンドラーの後ろにいても言葉のキューに反応できるかどうか検証してもらいました。

普段と違うポジションでの練習。
犬たちも一生懸命考えながら行動していました。

201908241

後半はルーティンの構成などの確認。

間もなく、ドッグダンスシーズンが始まります。

--------------------------------
9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年8月15日 (木)

ドッグダンスの基本はヒールポジション

勢いでドッグダンスのコンペに申し込んでしまった見習いVincent。
ずっとオビディエンスをやってきたから脚側は得意かと言えば、そうでもありません。

なぜならオビディエンスでは左脚側しか使わないため、どうしても右脚側やその他のポジションの練習が出来ません。
左脚側が満足に出来ないのに、右や前や後ろなど、難しいポジションを教えようとしてもうまくいきません。

ポジションの意識を育てなければ、多くのポジションに対応できないからです。

今日はスタジオを借りての自主練。
脚側の後退が少しずつ安定してきたような気がします。

脚側位置がわかっていても、ハンドラーが動いても維持し続けられるかどうかはまた別の話。

201908151

気のせいかもしれません。
でも、練習あるのみですね。

おっと、構成がまだでした。
--------------------------------
9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年8月12日 (月)

ドッグダンス:単独バックステップを教える

ドッグダンスの遠隔作業でよく使う犬の単独バックステップ。
ポイントはまっすぐ、距離を伸ばすこと。
どちらもとても難しいことですが、少しずつ距離を伸ばす練習することで、
犬たちも次第に体が慣れ、離れることにも慣れてきます。

201908121

まずは少しずつ、曲がらないで下がる練習を近くからやっていきます。

今日4度目のセッションで、初めは最初の一歩で曲がっていたRさん。
大分ターゲットの意味も分かってきたようです。




--------------------------------
9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年8月 6日 (火)

後肢の動きが大事なポイントです。

ドッグダンスで使うサイドステップやバックステップは後肢がスムースに動かないと出来ません。

元来、犬は前肢について後肢が動いているので、勝手にバックステップを踏んだり、サイドステップを踏むようなことはありません。

時折遊びに誘う犬がバウしながら後ろに下がったりしますが、無意識に動いているので、意識してバックさせるのとは違います。

そこで、後肢の動きをスムースにするために、後ろ足を使う環境を作ります。

そこで今日のレッスンでは、スラロームをゆっくり歩くという練習を行いました。

201908061

ゆっくり歩くというのは、犬がきちんとヒールポジションに入ってから進むことを目的にしているからです。

最初は上手に足を動かせるようにサポートしますが、だんだんわかってくると、犬はコーンを気にせずヒールポジションを維持してついてこられるようになります。

後ろ足がコーンを避けながらついてこられるようになるまで地道に練習します。

--------------------------------
9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年8月 5日 (月)

右脚側も必須です。

ドッグダンスの脚側は左側だけではなく、右側もありますし、
前向きだけでなく後ろ向きもあります。
さらには前や後ろでの横向きや足の間など、
競技団体の規定によって変わってきますが、
最低でも、左右のポジションは欠かせません。

見習いVincentは現在FCIオビディエンスに挑戦中ですので、
基本的には左脚側しかやっていないのですが、
左だけだと、どうしてもバランスが良くないので、
たまに右脚側の練習もしています。

201908051

しかし、左ほど正確ではないのも事実。

ところが、秋のドッグダンスの競技会に申込んでしまったので、
暑さで遠隔の練習もままならないことから、
脚側練習を少し徹底してやっています。

脚側時の後退がまたなかなか難しいのですが、
少しずつ見習いが体で覚えてくれるようサポートしていきます。
まだまだかな。

--------------------------------
9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧