ドッグダンス(K9フリースタイル)

2023年1月20日 (金)

基準(クライテリア)は明確に

愛犬に新しい行動を教えようとするとき、何を教えたいかちゃんとわかっていますか?
当然のことながら、ハンドラーは理解していると言うでしょう。

しかしながら、実際ハンドラーの理解していることと、犬が理解しようとしていることに誤差があるときがあります。

例えば、「オスワリ」を教えたいと思ったとき、当初は犬が腰を下ろしただけでOKとしていたものの、ある程度出来るようになってくると、次は「オスワリ」と言ったとき(場所)すぐやって欲しい、「オスワリ」と言ったら、解除されるまではじっとしていて欲しい。というようにハードルが高くなり、基準が変化していきます。

最初からすべてを網羅した基準を設けてしまうと、子犬にとっては、一度に覚えなければいけないことが多すぎて、ハードルが高くなってしまうのであまりおすすめできません。

つまり、その都度基準をわかりやすく伝えていく必要があるということです。

今日オンラインでドッグダンスのレッスンがありました。
H君は、10メートルほど離れたマットに向かって行き、マットの上に乗るという遠隔練習をしました。

離れた場所に自分から走っていくのは得意なH君ですが、ママから離れると、やはり早く戻って来たい気持ちが勝ってしまい、勝手に戻って来そうになります。
しかし、マットの上で一度静止してくれないと、次のキューが出せません。

マットの上で止まるようにお願いしたいところですが、そもそも「マット」と言われたら、マットの上に4足を乗せることなのか、前足だけ乗っていればいいのか、足が1本でも乗っていればいいのかといったところをきちんと教えておかないと、犬の理解も適当になります。

要は何を求めているのかを、わかりやすく伝えていくことが大事と言うことですね。

今朝たまたまSNSに上がってきた、数年前の私と前アシスタントとの練習動画に触発されて、小道具のステッキを使ったトリックを増やしてみたくなったハンドラーさん。

202301201

日々学習していくことは、人も犬も楽しいですね。


🍀遠隔地など、直接お会いできない場合、オンラインのプライベートレッスンもお受けしております。
詳細は👇から
https://www.wanbywan.com/lesson.htm#online

--------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年1月13日 (金)

環境に馴れることは大事

今日はドッグダンスの練習会に参加してきました。

ダンスは前アシスタントにほぼまかせっきりだったので、昨年春に前アシスタントが突然旅立ってしまってから、現アシスタントにも、オビディエンスだけでなくドッグダンスを本格的にやってもらうことになりました。
HTM(ヒールワークトゥミュージック)のカテゴリーではコンペ経験はあるものの、フリースタイルに関しては全くの初心犬。

普段広いフィールドでオビディエンスをやっている現アシスタントにとって、いつもドッグダンスのコンペに使う屋内リンクはどちらかというと不慣れ。

ドッグダンスだけでなく、環境にもあまり馴れていない現アシスタントにとって、本番に近い環境で練習できるのはとても勉強になります。

今日も場所や動きに馴れるまで時間がかかりました。

一方見習いの方は、昨年秋がドッグダンスデビュー。
短いルーティンで、今出来ることを、トリーツを使いながらゆっくり教えていきます。

202301131

見習いにとって、この場所が嫌な場所にならないように、出来たことを褒め、おもちゃで遊びながら、過ごしました。

そして、もう一つ見習にとって大事なのが、クレート待機トレーニング。
自分の番が来るまで、静かにクレートでオフでいること。
でも、まだまだ周りが気になる見習いでした。

少しずつ経験値をあげていくことが大事ですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年1月10日 (火)

ターゲットは行動を強化する手がかり

犬に新しい行動を教える方法のひとつに「ターゲッティング」があります。
「ターゲッティング」とは、ターゲット(目標)となるものを使うことで、犬の行動を引き出しやすくすることです。

例えば、ハンドターゲット、ターゲットスティック、ターゲットマットなどがそれにあたります。

今日のドッグダンスグループレッスンではNさんがターゲットマットと同様に使える「プラットフォーム」を使ってバックステップの強化練習を行いました。

202301101

Nさん、プラットフォームを使うことでバックステップの距離も伸びていますが、プラットフォームに乗ることが終着地点ではありません。

要はバックステップを強化すること。

バックステップを理解することで、ハンドラーのキューでバックステップから次の動きに入ることもできますし、バックステップの送り出しにもバリエーションが増えます。

プラットフォームはまた前進のターゲットにも使えます。

何を強化したいのか、目的に合わせて道具を上手に使い分けると、行動もわかりやすく伝えることができますね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年1月 9日 (月)

トリックの導入

今日は午前中Lさんのプライベートレッスンがありました。
前半はお散歩に同行し、ちょっと緊張する場面では、少しずつ「大丈夫」を増やすサポートをしながら様子を見させていただきました。

帰ってからは練習を始めたばかりと言うトリックの教え方についてのアドバイス。

トリックはスケボーに乗るというもの。
単純に乗るだけなら、Lさんの場合まったく問題ないレベルですが、実際に自分で漕いで乗るということを目標にする場合は、スケボーが動くことが前提となるため、出来るだけネガティブな状況にならないように導入する必要があります。

そこで、今日はまず安定している状態でスケボーに乗ってもらうところから。

ところが、Lさん、後肢を何かに乗せることを強化していたので、前肢より後肢をのせようとします。
強化の結果ですね。
Lさんは全然悪くないので、この場合は前肢から四足全部で乗ることを新たに教えていきます。

プラットフォームでの経験値があるので、これも最初だけちょっと誘導してあげると、問題なく乗れるようになりました。

何度か練習しているうちに、言われなくても勝手に乗るほど強化されました。

202301091

202301092

スケボーに乗る犬はよく動画にも出てきます。
何かのきっかけで、簡単に乗れるようになる犬もいるでしょう。
例えば、飼い主さんが楽しんでいるのを見て、一緒に乗ってきてしまうような場合もあるでしょう。

しかし、強制すれば、犬にとっては怖い気持ちが出てしまう可能性があります。
自分から乗りたくなる状況を作って、モチベーションをあげてあげると、次のステップに進みやすくなりますね。

焦らず、ゆっくり行きましょう。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年1月 8日 (日)

ドッグダンス:ルーティンの構成を考える

ドッグダンスのルーティン(演目)の構成を考えるとき、当然曲のイメージに合った動きを入れようとしますが、実際にはパートナー(愛犬)の出来るムーヴやトリックを組み入れていくことになります。

では、パートナーの出来る動きとはどんなものを言うのでしょうか。

例えばヒールポジションだったり、スピンやアラウンド、ウィーヴといったトリックだったりしますが、何が出来て何が出来ないかの検証が不可欠です。

「出来る」とはどういうことでしょうか。

わかりやすくランク付けをしてみると、

Aランク:言葉のキューだけで犬が動ける
Bランク:ハンドシグナルのヒントがあれば犬が動ける
Cランク:トリーツを持って誘導しなければ犬は動けない

つまり、AランクやBランクであれば、構成に組み入れることは出来るが、Cランクでは無理ということです。

ルーティンの発表の場は、トリーツなどのモチベーターを持てないコンペクラスだけでなく、トリーツを使ってもいいファンクラスもありますが、トリーツを使ってもいいというのは、誘導してもいいということではありません。

上手に出来たときのご褒美としてトリーツを渡したり、パートナーのストレスを軽減させるためにトリーツを使うことを許されているだけです。
つまり、ファンクラスであっても誘導のレベル(Cランク)を組み込むのは犬にとっては負担が大きいということですね。

しかし、誘導のレベルから脱却するのは勇気がいることです。

えっ?
勇気?

犬のスキルではないのでしょうか?

はい。

犬のスキルはあるのに、ハンドラーの勇気が無いがために、トリーツの誘導を外せないことが多いのです。

正しい手順を踏んで、犬の理解をサポートすれば、誘導の手やハンドシグナルは確実に外していくことが出来ます。

今日等々力のDogLifeDesignさんで行われたドッグダンスのグループレッスンでの一コマ。

なかなかハンドシグナルの誘導がはずせなかったA君が、ハンドシグナル無しでも上手にツイスト(右回転)が出来ました。

202301081

正しい段取りを踏めば、短いセッションを繰り返すことで、犬は確実に理解することが出来ます。

勇気を持って一歩踏み出してみましょう。

さて、蛇足ですが、我が家の見習い、右脚側での右回転(我が家では「ターン」)は言葉のキューを少し理解してきましたが、フロントポジション(正面)でキューを出すと???になりました。

いつもとポジションが違うので景色が変わって混乱したのです。

右脚側でもフロントポジションでも、キューの意味は同じであることを教えてあげればいいだけですね。
こちらもじっくりやりましょう。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年12月27日 (火)

食べ物は大きなディストラクション

フードやオヤツなど、食べ物が犬にとって好ましい場合、食べ物を使うことはトレーニングにとても有効です。
なぜなら、やって欲しい行動を教えるときに、首輪を掴んだり、リードを引っ張ったりしなくても、犬が進んで動きやすくなるからです。

特にドッグダンスのトリックを教えるときは、犬を押したり引いたりしてもうまく教えられないので、食べ物をルアーのように犬の鼻先に見せて、犬の行動を誘発することもあります。

日常生活においても、ハウスに入って欲しい時に、ハウスに食べ物を入れてあげたり、ハーネスに首を通すと時に、首を通しやすいように、ハーネスの先にオヤツを見せたりして、行動をスムースに促すことが可能です。

このようにして食べ物を使って行動を教えたからと言って、決してオヤツが無ければ動かない犬になるわけではないので、犬にストレスをかけない方法として食べ物は活用して欲しいと思いますが、時として、食べ物がやって欲しい行動を妨げる大きなディストラクションとなることも事実です。

例えば、ヒールポジションを教えようとしたとき、オヤツを持つ手の位置が高ければ、犬は跳びついてオヤツを食べようとするので、意図せず「跳びつき」を強化してしまいます。

また、オヤツが無くても出来るようになったので、出来たときのご褒美にオヤツをあげようと手に握っていると、犬はその手ばかりが気になって、ハンドラーの声が耳に届かないということもあります。

犬にとって好物であれば有効な食べ物ですが、使い方を間違ってしまうと、予期せぬ結果を招いてしまうこともあるので注意が必要ですね。


さて、今日は朝練中に少年がバスケの練習にやってきました。
見習い2号は気になって仕方がない様子。
ディストラクションになっているわけです。

そんな状態のときに難しいことをやって失敗させてはよい練習にならないので、私にフォーカスしているだけで褒めるという、とてもシンプルな練習に変更しました。

202212271

見習い2号が、他の犬や人が沢山動いている訓練会場で作業ができるようになるには、まだまだ時間がかかりそうです。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年12月25日 (日)

ドッグダンスのメリット

今日は等々力のDogLifeDesignさんで、ドッグダンスのグループレッスンが二枠ありました。

前半の参加犬の一頭は14歳のシニア犬ですが、いつも元気で、とても年齢を感じさせない動きです。
しかも、長年ダンスのムーヴやトリックの練習を重ねていただいているので、後肢の動きも力強く、狭いところに入ってもバックで出てくるそうです。

犬は本来自発的に後退歩行はしませんが、敢えて後退歩行を教えることで、後肢の可動域が拡がり、筋力も付いてきます。

歳を重ねると、前肢よりも後肢の衰えが早まる傾向にあるので、若いころから後退歩行を教えておいてあげると、アンチエイジングに繋がります。

午後から参加してくれたA君は、ハンドラーの足の間に立つ「センターポジション」の練習をしました。

202212251

ドッグダンスのヒールポジションはFCI規定では10個。
中でもセンターポジションはハンドラーの足の間に立つポジションなので、ハンドラーと一緒に前進したり後退したりするとき、曲がりにくくする効果があります。

さらに左右のサイドステップの体の動かし方を体得するにも動きやすいポジションなので、左右のヒールポジションに加えて教えてあげると、レパートリーが拡がりますよ。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年12月13日 (火)

ドッグダンス定期レッスン

今日は世田谷火曜クラスのレッスン日でした。
参加犬はNさんとLさん。

Nさんは、現在進行中のルーティンのコンテンツを少しレベルアップしながら、来年も引き続きやっていくということなので、遠隔の送り出しなどを練習しました。

難度の高い課題に取り組むときは、目標が高い分、どうしても褒めるチャンスが少なくなります。
しかし、難しい動きだからこそ、細分化して褒める(強化する)頻度をあげていくことで犬の理解度もアップし、スムースにステージアップしていくことが出来ます。

一定の時間内でどれだけトリーツをあげられたのか確認してみると、理解度の進み具合もわかりますよ。

一方、Lさんは、ラージサークルを導入中。
御自宅でもコンスタントに練習されていて、コーンの数を減らしても周れるようになってきました。

202212132

今日は初めてスタジオでの練習。
初めは御自宅と同じ程度のサークルから練習を開始し、馴れてきたら少しずつサークルを大きくしていったところ、楽しそうに周ってきてくれました。

202212131

褒められるチャンスが沢山あるように、エラーが出づらい環境設定は大事ですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年12月 6日 (火)

そのキューの意味、愛犬はちゃんと理解していますか?

愛犬との会話が成立するようになるために、言葉を教えていくということを昨日書きました。

言葉にはそれぞれ成り立ちなど意味があると人間は認識していますが、犬にとってそれはサイン(合図)にすぎません。
そのため、私はあまり「コマンド」という言葉は使わず、「さぁどうぞ。」という感覚で「キュー」と言っています。
つまり、「Sit」というキューは、愛犬に「今座ってね。」という合図という認識です。

いずれにしても、「キュー」を聞いたら、犬はその「キュー」とリンク付けされた行動を取ればいいだけのはなし。
そう聞くと、いつでも、どこでも、「キュー」の意味を理解していたら、犬はすぐ出来るはずなんですが、実はそう簡単ではありません。
なぜなら、言葉で発せられる「キュー」以外のハンドラーの動きや、ハンドラーとの位置関係も全て合わせた形で「キュー」を理解していることが少なくないからです。

ハンドラーがいつも人差し指を立てて、体を少し前かがみにさせながら「オスワリ」と愛犬に言っていたとすれば、犬は言葉の「オスワリ」だけでは座れなくなることが多々あります。

逆に「オスワリ」と言っていなくても、ハンドラーが人差し指を立てただけで勝手に座ることもあるでしょう。

何を犬に伝えるかは、ハンドラー次第。
無意識の動きが、意図しないことを伝えていることも沢山あるというわけです。

さて、今日はH君のオンラインレッスンがありました。
ママはいろいろ挑戦されているので、いつも課題には事欠きません。

今日は先日見習い1号がドッグダンスの構成の中に入れた、足の間のポジション(センター)から犬を後退歩行(バック)させる課題にチャレンジすることに。

202212062

もともとH君は後退歩行が得意です。
ママが頑張ってくださったおかげで、「バック、バック、バック!バック!」と連呼しなくても、一度「バック」と言えば何メートルも下がることができます。
しかし、センターポジションでバックと言うと最初躊躇しました。
一度動き始めれば問題ないのですが、最初の一歩がすんなり出ません。
なぜなら、いつもは向かい合わせで「バック」と言われていたのに、ハンドラーの顔が見えないポジションからの送り出しで戸惑っているからです。

そこで、最初の一歩が出やすいようにトリーツを使って練習すると、センターポジションからもキューを聞いてすぐ動作に移せるようになりました。
素晴らしいですね。

1号も初めはこのポジションからのバックに抵抗感を持っていたので、前回のコンペまでは、向かい合わせのバックしか入れていませんでしたが、大分落ち着いて動けるようになってきたので、先週のファンマッチで初めてセンターポジションからのバックにチャレンジしたのです。

最初はちょっとぎこちなかった1号ですが、とりあえずアイコンタクトが無くてもまっすぐ下がってくれたので、まずまずの出来と言えるでしょう。

202212063

キューが同じだから簡単に出来るはずと考えず、ハンドラーとの位置関係や動き、周りの環境の違いなども考えて、出来るようにサポートしてあげることが大事ですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年12月 3日 (土)

ドッグダンスのファンマッチに参加してきました

今日は山中湖のwoofで開催されたはあとわんこさん主催のドッグダンスファンマッチに参加してきました。
ファンマッチなので、トリーツを使ってもよいカテゴリーです。

見習い1号は、今年春から始めたフリースタイル。
2号は、先月ファンクラスデビューしたHTM(ヒールワークトゥミュージック)です。

最初の出番は2号。
内容は1ヵ月前のコンテンツと全く同じ。
ですが、今回はちょっと集中力を欠いていました。床のシミや匂いに気が行くほど、少し余裕が出てきたのでしょうか。
まだまだヒールの一歩の練習真っただ中の2号。
焦らず、ゆっくりいきましょう。

一方1号のルーティンはそもそも故アシスタントのために作ったルーティンだったので、コンテンツはアシスタントに合わせて構成を考えましたが、当然1号のスキルでは足りないので、かなりレベルをそぎ落とした内容で作っています。

春にお披露目した時は、前に送り出したままバックをさせると酷くストレスを感じて吠えていたので、前に送り出した後、180度回転させて、そのまま後退歩行させていました。

しかし、前回大分落ち着いて出来たので、1か月間アイコンタクトを取らない後退歩行を練習し、今回のファンマッチに入れてみました。

202212031

前進の距離はあまり伸びませんでしたが、まっすぐ下がって、そのまま後退して離れることが出来ました。

後半のジャンプで吠えが出てしまいましたが、少しずつ完成に向けて練習していきましょう。

未完成動画はこちら👇


さて、2号の課題のひとつに、クレート待機がありましたが、前回まではクレートの扉を開けておかないと大騒ぎだったのが、今回は閉めて待つことを少し覚えました。

202212032

とは言え、時折吠えも出ますし、丸一日の待機はまだまだだったので、時折車で待機をさせながら、待機練習をすることにしました。
経験値をあげる練習は不可欠ですね。
----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧