ドッグダンス(K9フリースタイル)

2020年7月11日 (土)

ドッグダンスコンペに参加してきました。

今日は8か月ぶりにドッグダンスのコンペに参加してきました。

202007111

昨年の秋を最後に、今年春のコンペが軒並みコロナ禍で流れています。
件のコンペも4月に予定されていましたが、延期となり、今日開催されました。

もちろん密を避け、手洗い励行は欠かせません。
みなさんで楽しくお昼や帰り際の夕食で歓談ということもありません。

さて、本題のコンペですが、今回はモチベーターの使用が可能なコンペでした。
その分馴致時間はありませんでしたが、犬にストレスがかかりそうなときはトリーツを使って和らげることもできます。
※トリーツさえ口に出来ないレベルの場合は別です。

わが家はアシスタントのニコルとアドバンスドクラスで参加しました。
ルーティンの内容(コンテンツ)はアドバンスドとは程遠いものでしたが、コンペの経験者は出来るだけアドバンスドクラスに出て欲しいというお話だったので、無理を承知でアドバンスドクラスに参加しました。


主催は関西のドッグジムシェイクさん。
ジャッジはシェイクさんのトレーナー生越桃子さんと、WanStepMove代表の畔柳さん、そしてドグタウン工房のLucka Plevova氏。
私が参加した競技会では初めてのジャッジの面々ということもあり、とても楽しみにしていたコンペでもありました。
もちろん、参加される面々もシェイクの生徒さんやドグタウンの方などと、いつものコンペではなかなかお目にかかれない人ばかりというのも楽しみにしていたところです。


わが家のルーティンは、昨年秋に作り始めたもので、一度だけ未完成の状態でファンクラスで踊っています。
その後少しずつリメイクしていますが、今回はスタート後のモンローウォークもどきを入れました。
練習ではやってくれますが、外での完成度がなかなか上がらず、いろいろな場所で距離を取りながら練習し、少しずつ成功率があがったところだったので、トリーツが使える今回のコンペに入れてみることにしました。

スタート時に難しいムーヴを入れるとテンションが下がる可能性があるので、本来はご法度ですが、トリーツで戻せると考えてのチャレンジ。

結果、多少脚使いの精度は落ちたものの、「拒否」せずやり遂げてくれました。

とりあえず今回の目標は達成です。

しかも、演技途中から会場内で犬の吠え声が聞こえ始め、ニコルさん早く演技を終えようと、止まるべきところで止まらなくなりました。
メンタルがめっきり弱いニコル。
散歩中でも、犬同士の喧騒と出会うと頻尿になってしまうほど。

それでも、ところどころでトリーツを出すことで、どうにか最後まで踊りきってくれました。
特に、懸案のひとつだった、急ぎ過ぎて腕にぶつかり気味の腕跳びも綺麗に跳んでくれました。

202007112

多少遠隔の距離が伸びなかったところもありましたが、まずはちょっと苦手だったwoofで成功体験が作れたことをよしとしましょう。
コンテンツはニコルの負担にならない程度に少しずつ増やしていきたいと思っています。

🍀 2020年9月4日~6日🍀
3Days イベントの申し込み受付始まりました。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村
 

| | コメント (0)

2020年7月 9日 (木)

ドッグダンス:持来(持ってこい)を教える

「持来」と言うと、オビディエンス競技と思われがちですが、ドッグダンスでも「持来」は大事です。
小道具を取りに行き、どこかに運んだり、あるいはハンドラーに手渡したりと、様々なシチュエーションで必要になってきます。

202007092
※4年前のルーティンで、ガラスの巨大指輪を咥えてきたアシスタント。

「特に教えたことがなくても、ウチの犬は投げたおもちゃを拾いにいって、持って帰ってきます。」と言うお話はよく聞きます。
とてもいいことです。
でも、きちんと教えていなければ、途中で落とすことなく、咥えたままハンドラーの指示があった時に放せるかどうかはわかりません。

昨日のドッグダンスのレッスンでたまたま小道具を咥えて運ぶ話になったので、今日は「持来」のお話を。

「持来」にはいくつかのコンテンツがあって、それを組み合わせた行動であることは過去にも何度か書いたかと思います。
そのコンテンツをきちんと教えてあれば、おおかた間違いなく持って帰ってきてくれますが、中にはなかなか放してくれなかったり、あるいは途中でガジガジ噛んで小道具を壊してしまったり、あるいは落としてしまう可能性もあります。

要は、指示されたものがあるところへ向かう(オビディエンスではないので走らなくてもいい)。
指示されたものを拾い上げる(咥える)。
破壊することなく、指示された場所に運ぶ。
指示で口から出す。

たったこれだけの動作ではありますが、取りに行く時点で犬の気持ちはあがり、咥えた時点で興奮も絶頂。
戻って来るのも楽しくて、なかなか放さない。という構図が出来上る場合もあります。

ということで、「持来」は基本をきちんと教えておいてあげると、ルーティンのエンディングで小道具を放さないで困ると言ことは無くなると思います。

教え方のポイントはバックチェーニング。
全く咥える経験のない子の場合は強制持来ではなく、シェーピングがおすすめです。

8/15午後、横浜で持来も含めたドッグダンスのレッスンを予定しています。
コロナ禍で密を避けた少人数クラスです。
ご興味がおありの方はinfo@wanbywan.comまでお問合せください。

ちなみに見習いはオビディエンスの臭気選別で使う木片を壊さないで咥えていることが現在の課題。
202007091

力を入れず、落とさないで保持しているにはメンタルも強くないと出来ませんね。


🍀 2020年9月4日~6日🍀
3Days イベントの申し込み受付始まりました。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村
 

| | コメント (0)

2020年7月 7日 (火)

ドッグダンス:トリックとトリックの間

ドッグダンスはトリックで出来ていると思っていらっしゃる方は少なくないかもしれませんが、トリックだけではブツ切りになってしまい、ダンスという言葉が表す流れるような動きを作ることは出来ません。

もちろんドッグダンスのカテゴリーの中には「フリースタイル」というのがあって、ソーシャルダンスのようにハンドラーとパートナー(犬)が常に密接に動くだけでなく、ミュージカルのようなストーリー性を表現することもできます。
でも、犬の動きがブツ切りだと見ていて違和感を感じてしまいます。

ブツ切りになるかならないかは構成の段階で修正することが出来ます。
例えばジャンプをさせた犬。
次の動きまでの間何をしていて欲しいのか伝えないと、跳んだあとウロウロしたり、ただそこにいるだけになってしまいます。
ただ、その場に立ちつくしているだけではブツ切れ。
でも、ちゃんと動かすことで流れが出てきます。

動かすということは、犬に次の目的地(ポジション)を示してあげたり、ムーヴのキューを出してあげること。
それによって、ブツ切りを避けるだけじゃなく、犬が次の動きに入りやすくなるというメリットもあります。

以前youtubeにあげた見習いに教えた「腕跳び」。
跳んだあと、どう動くのかをちゃんと伝えないと、「わかんないぞ!」と言われてしまうので、「アラウンド」のキューを入れています。
もちろん、犬がその一連の動きを覚えてしまえばいちいち言う必要はありませんが、マスターするまではサポートでキューを入れてあげるとわかりやすいでしょう。

ということで、先週からルーティンの構成に入った「火曜ドッグダンス世田谷クラス」のGくんは、腕跳びを頑張ってくれました。

202007071

若いので覚えるのが速い。
犬もハンドラーも若いっていいですね。


🍀 2020年9月4日~6日🍀
3Days イベントの申し込み受付始まりました。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年7月 6日 (月)

ドッグダンストリック:Sit up(チン)

今日は家でトリック練習。
ドッグダンスでも使われることの多いSit Up(チン)を見習いに教えることに。

コロナの自粛に入ってから時々やっていますが、
バランスがよろしくないようで、なかなかうまくできません。
ということで、気長にやっています。

わが家で繁殖した女の子ニキーは教えるまでもなく勝手にSit Upする子でした。
美味しいものを見せるとすかさずSit Up

ところが、アシスタントのニコルは体がぐにゃぐにゃしているのか
これまた立ち上がるまでに数年。

202007061

しかし、ようやくなんとかハンドシグナルが無くても出来るようになりました。

トリックを教えるのは簡単ですが、犬がそれを出来るようになるかどうかは、トリックをただ覚えるだけでなく、体が慣れるまでの時間を要します。

というわけで、見習いのSit Upも完成までにはまだまだ時間がかかりそうです。

昨日の話が重たかったので、今日は軽めで。

 🍀 2020年9月4日~6日🍀
3Days イベントの申し込み受付始まりました。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村
 

| | コメント (0)

2020年7月 4日 (土)

ハンドラーのためのディストラクションレッスン

今日はワンダフルステップさんに主催していただいた、サニーサイドドッグスの伊藤先生とのコラボレッスンでした。

お題は「ハンドラーのためのディストラクション」。

ドッグダンスでファンマッチや競技会に臨む人は増えていますが、
会場が限定されることもあり、なかなか身近での開催回数は増えません。

どんなドッグスポーツであっても、犬もハンドラーも慣れることが重要です。
競技会数が少なければ、家でどんなに練習したとしても
本番では他の参加者や参加犬、ジャッジや観覧者などの存在が大きなディストラクションとなって、なかなか練習通りにはいかないものです。

犬のディストラクション練習は当然ですが、ハンドラー自身も
ジャッジの目線に緊張したり、あるいはパートナーがうまく動いてくれないことで
なんとかしようと焦ってさらに負のスパイラルに陥ったりということもよくあります。

いろいろな状況を想定した練習はハンドラー側にも必要ということです。

今回はそんなことを着眼点にしたアドバイスをさせていただきました。

犬が困っているとき、サポートしてあげられたか。
犬にきちんとこちらの意図が伝えることができたか。

私たちが客観的に観ることで、何かのヒントになってくれれば嬉しいですね。

帰り際、残った犬たちでディストラクション練習。

202007041

こういう練習、もっとやりたいんですけどね。


🍀 2020年9月4日~6日🍀
3Days イベントの申し込み受付始まりました。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村
 

| | コメント (0)

2020年7月 3日 (金)

ドッグダンス:バックステップは難しい

ドッグダンスの動きの中には犬の「バックステップ」があります。
つまり後退歩行ですが、シチュエーションとしては、
ハンドラーの横で、ハンドラーと一緒に後ろに下がったり、
ハンドラーと向かい合わせで後ろに下がったり、
あるいは犬だけが単独で後退したりと様々です。

ハンドラーと一緒に動くのであれば、ハンドラーの傍にいるポジションを伝えながら
犬と移動することで、バックステップは比較的早く出来るようになります。

しかし、単独バックの場合、ハンドラーとの位置関係が保てないことから
なかなかバックステップの意味を理解するのは難しいものです。

当然体の動きがスムースでなければ下がれないので、
ハンドラーと一緒の後退歩行の練習から始めて体を慣らすのですが、
いざ単独バックをやってもらおうとするとなかなか距離が伸びないという声を聞きます。

今日のDogLifeDesignさんでのプライベートレッスンはPさんのドッグダンス。
前回ハンドラーと一緒の後退歩行を練習していただいたので
今回は単独バックの練習。

途中でとまってしまい、なかなか距離が伸びないそうなので、
クリッカーのタイミングや、もう一度声をかけるべきか待つべきかなどの
状況判断をやっていただきました。

202007031

犬が離れていくことを教えるには、トリーツのデリバリー方法もポイントになります。
戻ってきてからではなく、離れていくことを強化するタイミングでトリーツを出します。

なかなか距離が伸びないときはターゲットマットを使うのもおすすめです。

焦らず少しずつ、犬が理解できるまで繰り返して練習していきます。


🍀 2020年9月4日~6日🍀
3Days イベントの申し込み受付始まりました。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年6月30日 (火)

トリーツのデリバリーは難しい

正の強化で犬に行動を教えるとき、強化子(ご褒美)として
トリーツ(オヤツ)をあげることがありますが、トリーツはただ上げればいいというわけではありません。

またルアーとして使うときも、犬にやってもらいたい行動が出やすいように
誘導してあげる必要があります。

シェーピングの動画を見ていただくとわかると思いますが、
私はよくトリーツを外側にトス(転がす)します。
食べ終わったら戻って再び作業に入りやすくするためです。

逆に持続を教えたいときは、好ましい位置でトリーツをあげ続けます。

今日のドッグダンスグループレッスンでは、
ポジションはわかっていても、なかなか上手に持続できなかったNさんを
誘導しながらトリーツをあげてみました。

202006301

202006302
体が上手になれてくれないと、なかなか動きはマスターできません。
少しずつ慣らしてあげましょう。

🍀 2020年9月4日~6日🍀
3Days イベントの申し込み受付始まりました。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24 
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年6月25日 (木)

テストの採点は楽しい

今日は岡山オンライン授業のテストを採点しました。
学校からテストを送って頂き、改めて学生さんたちの回答を拝見してみると、
みなさんの熱意が伝わってきました。

今回一年生と二年生の合同授業もあったのですが、
さすがに二年生の回答には1年分の経験値が詰まっていました。

今年は日本中が新学期を遅らせる事態なので、
専門学校の生徒さんたちにもその影響が出ていて
一年生の皆さんは大変だと思いますが、
将来的な目標を自由に書いてもらったところ、
皆さんの意気込み感じられ、頼もしく感じました。

これから遅れを取り戻しながら、多くのことを学んでいって欲しいですね。

202006251
昨年のニコルとのデモ。
また生でデモが出来る日が来るといいですね。

🍀 2020年9月4日~6日������
3Days イベントの申し込み受付始まりました。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年6月16日 (火)

ドッグダンスプライベートレッスン@DLD

今日はDogLifeDesignさんでのドッグダンスのプライベートレッスン。

DogLifeDesign
さんは駒沢公園通りにありましたが、
等々力に引っ越しされました。
 

駒沢公園からはちょっと離れてしまいましたが、
静かな住宅街の中にあります。

レッスンスペースは3階。

202006161

今日はドッグトレーナーさんがドッグダンスのレッスンにお見えになりました。

さすがトレーナーさんのワンちゃんは、いろいろなことを意欲的に
やってくれます。

ドッグダンスは初めてと言うことでしたので、ドッグダンスのベーストレーニングのお話と
バックステップの導入部分をやっていただきました。

202006162

トロッティングのキレイな足使いが自然に出るPくん。
アシスタントのトロッティングにはずいぶん時間がかかったので
うらやましい限りです。

これからが楽しみですね。


🍀 2020年9月4日~6日🍀
3Days イベントの申し込み受付始まりました。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年6月 9日 (火)

対面グループレッスン再開しました。

オンラインレッスンで続けていたドッグダンスのグループレッスンでしたが、
今日は久しぶりに対面レッスンを行いました。

202006091

オンラインレッスンは、慣れた場所(自宅)で、他のディストラクションが無いと言うメリットもあるので、集中が取りやすく、速く形になりやすいとも言えます。
もちろん、それを慣れない場所でも出来るようにしなければいけないのですが、学習の成果が速く出始めると、犬も褒められることが多くなり、トレーニングへの集中が習慣になってきて、今回2か月ぶりの対面レッスンとなりましたが、犬たちの集中力が以前よりアップしているように感じられました。


さて、ドッグダンスやオビディエンスでは、ポジションや行動を教えるとき、報酬としてトリーツ(おやつなど)を使いますが、そのタイミングがとても難しいです。

例えば正しいポジションにいることを褒めてあげようとして、トリーツポーチに手を入れようとしたら、犬が動いてしまったということがよくあります。

クリッカーを使っている場合は、正しい行動をしたタイミングでクリッカーを鳴らすので、トリーツは後からゆっくり出て来てもかまいません。
クリッカーを使っていない場合は、短い言葉であっていることを伝えてからトリーツをあげます。
これらのクリッカーや言葉はマーカーと言われますが、マーカーを示す前に、ゴソゴソとトリーツを探してしまうと、犬の集中が切れてしまい、何が正しかったのかわかりづらいので注意が必要ですね。


-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧