ドッグダンス(K9フリースタイル)

2024年7月 8日 (月)

ワークショップに参加してきました。

今日はワンダフルステップさん主催のワークショップに参加してきました。
お題は「犬との関係性を深める」。
講師はJKC公認訓練士でもあり、JKCアジリティ公認審査員の須山雄次氏。

個人的にはアジリティに足を踏み入れたことはありません。
理由は自分が走れないから。
何とも情けない話ですが、よくこけるので、アジリティの世界は未知の世界。

そんな世界の方のお話が聴けるのはとてもありがたいので、今回は楽しみに参加しました。

結果、客観的に観ていただかなければ気づかないことなどご指摘いただき、今後の課題が少し見えてきました。

202407081

202407082

ドッグスポーツのカテゴリーは違っても、ドッグトレーニングの基本は同じ。

さらに、先日海外のドッグトレーニング関連グループの投稿に、「正の強化」を使ったドッグトレーニングは「古典的な強制訓練」に劣ると言われたという書き込みがあったので、少々モヤモヤしていたのですが、今日はそういうお話もあって、今までやってきたことは間違っていなかったと改めて思いました。

ドッグトレーニングは奥が深いですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年7月 3日 (水)

行動は細かいステップで教える

愛犬とドッグスポーツを楽しむにはルールに合わせて様々な行動を教えていかなければいけません。
オビディエンス、アジリティ、ドッグダンス、フライングディスク、フライボールなどなど、様々なドッグスポーツがありますが、どれもルールがあるので、犬のスキルをあげていく必要があります。

どのドッグスポーツをとっても、犬に無理矢理やらせるのではなく、犬をやりたい気持ちにさせてあげることが大事です。
犬は楽しくなければ、人のお遊びに付き合ってはくれないからです。
やりたい気持ちとは、やること自体を犬が楽しめるようにすることですが、本来犬が持っている本能を生かしたドッグスポーツであったとしても、精度を求めていくには、細かいステップに合わせた繰り返しの練習は不可欠です。

手法は様々ですが、手抜きをすると結果に繋がりません。
つまり、時間がかかるということですね。

例えば、ドッグダンスのヒールワークやオビディエンスのヒールワークは、犬にヒールポジションを教えることから始まります。
ドッグダンスに関してのヒールポジションはオビディエンスと異なり、いくつも種類があるので、ポジションごとに精度を高めていかなければいけませんが、概念は共通しています。
どちらも正しい位置でハンドラ―の隣に立っていること。

オビディエンスにおいては、脚側停座に始まり、脚側定在に終わると言われているので、ハンドラーの隣に座っていることがベースになりますが、いざ歩き始めたところでヒールポジションから外れてしまうと、ヒールポジションが成立していないことになるので、正しいヒールポジションは静止の状態から教えていくという意味ではドッグダンスと同じです。

いずれにしても、ハンドラ―が止まっている状態で正しいポジションを犬が理解していなければ、動いている状態では当然ヒールポジションが乱れてしまいます。

つまり、犬は止まっていても、歩いていても、走っていても、右左折やUターン時においても、ハンドラ―との距離感を変えることなく、前に出過ぎず、遅れることなく、基本のヒールポジションを維持しなければいけないと学習してもらうことが重要ということです。

静止の状態で正しい位置が理解出来たら、一歩踏み出して上手に付いてこられるかどうか。
二歩目三歩目に行くにも時間がかかることもあります。
しかし、どのステップにおいても、リードを使って強制することはしません。
犬が自分からその場所に向かってきやすいようにサポートしていくだけです。
それはターゲットを利用するかもしれませんし、ルアーリングを利用するかもしれませんが、要はその時との犬が理解しやすい方法を使うこと。

さて、今日は少し脚側での直線移動に慣れてきた見習いとUターン練習。
右ターンは大分近づいて周ってくれるようになりましたが、左ターンが少々崩れるので、ハンドターゲットで練習。

202407031
202407032
 
正しいポジションの維持を体が覚えこむにはまだまだ時間がかかりそうです。

因みに通常のお散歩中の歩き方では「ヒール」は使いません。
そこまで集中させていたら犬も疲れて散歩にならないからです。
ただし、狭いところで人や自転車とすれ違わなければいけないときなどは、敢えて「ヒール」と言って脚側にいてもらうことはあります。
傍にいてもらうことを教えておくことは、日常的にも便利ですので、出来れば競技ほどの精度は求めなくても、教えておいてあげるといいでしょう。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年7月 2日 (火)

簡単な行動でも景色が変わると出来なくなる?

ハンドラ―と目が合わない(アイコンタクトが取れていない)と、普段出来ていることが出来なくなるということは前にも書きました。
つまり、普段は犬の顔を見ながら「オスワリ」と言っているのに、向こうを向いている犬に「オスワリ」と言ったら、その場で向こうを向いたままオスワリ出来るかと言えばそれはなかなか難しいと言うことです。

犬は後ろから声をかけられてどうするかと言えば、無視するか、振り返ってハンドラーの方に向き直ってから座ったり、あるいはハンドラーの傍まで来て座るという行動をとりやすくなります。

もちろん、アイコンタクトを取らない練習をしていれば出来るようになりますが、何のトレーニングを施すことなく犬にお願いした場合は難しいでしょう。

ドッグダンスでは、ハンドラ―と犬のアイコンタクトが取れない状況でキューを出すことがよくありますが、前述と違い、さらにキューを出しているハンドラ―は常に動いていることが多いので、犬はますます混乱してしまうことがあります。
例えば、ハンドラ―が止まった状態で、左脚側にいる犬に「アラウンド(ハンドラーの周りを周る)」のキューを出せば、犬は普通にその行動をとりますが、ハンドラ―が犬と反対方向に周ってしまったりすると、犬はそれを追いかけようと周るのをやめてしまったりします。

遠隔作業中の作業でも同様です。
ハンドラ―が動きながらキューを出すと、犬はハンドラ―の動きに引きずられて、言われた行動が出来なくなることがあります。

こういった練習も日常的に行わなければ、犬は混乱してしまうので、よくわかっている行動であっても出来なくなることがあると知っておくことは大事ですね。

ようやく前を向いたままでも、後ろからキューを出されて振り返ることなく「フセ」られるようになった見習い。

202407021

しかし、遠隔で、同時に右回りや左回りの動きをしようとしたら、出来ませんでした。
最初は近い位置にいるところから練習し始めるといいでしょう。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年6月11日 (火)

ただトリックを教えるのではなく、言葉を教える

愛犬にいろいろなトリックを教えるのは楽しいものです。
出来るようになればさらに楽しいですね。

しかし、単に楽しいだけではなく、日常生活にも役立つ行動にも繋がるので、わかりやすく伝えてあげることが大事です。

例えば、訓練競技の課題にある「持来」。
競技課題では、木製ダンベルだったり、ダンベルの形をしたものを犬に咥えて持って来させるものですが、これはダンベルだけの話ではありません。
「持ってこい」(我が家ではTake!)のキューを犬がきちんと理解していれば、落としたボールペンや鍵も喜んで拾ってきます。

先代アシスタントは、本当に拾うのが大好きで、なんでも拾ってくれました。
ダンベルはもちろんのこと、オビディエンスの競技で使うコーンまでも拾って片づけてくれるほどでした。
なぜなら、彼女が仕事をしてくれたら「ありがとう」と言って必ず報酬を出していたからです。
食いしん坊だったからと言われてしまえばそれまでですが、そもそも強制では教えていないので、彼女にとって「持来」は楽しいゲームのひとつだったからです。

現アシスタントも、御願いすると大体持ってきてくれます。

202406111

202406112
注意:バイト(噛み)の強い子の場合は、持ってくる物を壊してしまう可能性があるので、ソフトバイトから教えてあげるといいかも知れませんね。


さて、今日はドッグダンスの定期レッスンがありました。
ラージサークルを教えたLさんにラージサークルのキューを言ったら、御自宅で手前のリビングの扉が閉まっていて入れなかったので、ぐるっと周って奥の入り口からリビングに入ったそうです。

犬が言葉の意味を理解できていれば、そのキューを汎用させて、様々な行動がとれるわけですね。

ただ面白いからと教えるのではなく、日常的にも役立つ行動につなげて行かれるといいかも知れませんね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年6月10日 (月)

経験値を少しずつあげていく

今日はワンダフルステップさん主催の練習会に参加させていただきました。

練習会の主目的は、競技リンクに近い環境で、普段出来ない練習をやったり、ルーティン構成の確認をしたりということですが、自分の出番以外は競技会と同じようにクレートで待機するので、待機の練習にもとてもいい環境です。
本番と異なり、多少吠えても大きな迷惑にはならないので、今回はクレートカバーを敢えてかけずに待機させたり、ちょっと高めの台の上で、座って待機をする練習も行いました。

自由に下りられる環境ですが、その中で、他の犬が目の前を通り過ぎても、興奮することなくやり過ごすことを少しずつ教えていきます。

いろいろな場所での経験値をあげることはとても重要ですが、ハードルを上げ過ぎないことも大事です。
犬のメンタル面とフィジカル面での状況もよく観察しながら、成長をサポートしてあげられるといいですね。

少し前から練習している、ハンドラ―の前方に歩き出して、前を向いたまま止まる練習もやってみました。

202406101

他の犬たちがいる中での集中力アップ練習。
初めは短い距離から伸ばしていきます。

ルーティンに組み込めるくらい遠隔の精度があがるまで、地道に繰り返していきます。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年5月29日 (水)

クライテリアは明確に

先日、見習いに前々ポジションを教えていることを書きました。
前を向いていることに大分慣れてきたところで、今度は前に送り出して前を向いて立つことを教えています。

しかし、ここで問題なのは、見習いはすでにオビディエンス競技で、前方に走って行って行った後、私のキューで止まって振り返ることを知っているということです。

つまり、前方に送り出した後は振り返ることまでが一つのシークエンスになっているので、前を向いたまま止まって立っていられるようになるには、見習いを混乱させないように行動を教えていかなければいけません。

ただ前を向いて立つだけでなく、自分で前進したあと、キューで前を向いたままの立止。

そこで、前に送り出すキューを、オビディエンスの「前進」のキューとは異なるものに変えて教えています。

果たして、弁別できるようになるでしょうか。

202405291

202405292

ポイントは、エラーが出ないように強化頻度をあげることだけでなく、犬が自分で正解を導き出す考える力を育てることも大事。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年5月27日 (月)

行動を教えるときは細かいステップで。

ドッグダンスのトリックでは、ハンドラ―と犬とが視線を合わせない位置関係にいることがよくあります。
オビディエンス競技においても、基本的にはヒールワークでは視線を合わせません。
ヒールワーク中犬を見てしまうとペナルティになります。
どんなサイズの犬であっても、ハンドラ―が犬を見ようとするとどうしても首を動かすことになり、体符と取られてしまうからです。

ドッグダンスでは視線をあわせても問題になりませんが、視線を合わせないで動くムーヴやトリックは評価が高くなります。
難易度が高いからです。


今見習いに前々ポジション(ハンドラーの前で犬がハンドラ―と同じように前を向いているポジション)を教えています。
実は前回のドッグダンスイベントで見習いとグループダンスを踊りましたが、その最初のポージングが前々ポジションでした。
しかし、次のキューが出る前に動き出してしまい、振り付けがグダグダになってしまいました。
ということで、見習いのポジション強化練習。

初めは見習いに伏せてもらい、私がその後ろに立っている状態に馴らしました。

202405271

その時、見習いの顔が前方を向いているように教えていきます。
顔が前を向いているときにクリッカーを鳴らしながら、褒めてトリーツを渡していきます。

202405272

今ここで教えたいことは、前々ポジションで前を向いていること。

この意味がわかったら、「フセ」以外の姿勢でも出来るようにすること。
前々ポジションに自分から入れるようにすること。
前々ポジションのまま前進すること。などなど、いろいろ広げていきますが、最初から全部は出来ないので、ひとつずつ教えることが大事ですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年5月25日 (土)

2024年9月WanByWan主催3Daysイベントのご案内

2024920日(金)から22日(土)まで恒例のWanByWan 3Daysイベント開催します。
詳細は以下の通りです。

①9
20日(金)ワークショップ
②9
21日(土)第14回ドッグダンスリハーサルショウ
③9
22日(日)WCRL規定ラリーオビディエンストライアル

Fujisan01_20240525204701


🍀9
月20日(金)ワークショップ

概要:ドッグスポーツを成功に導くドッグトレーニングメソッド
愛犬とドッグスポーツを楽しむためには、愛犬にハンドラー(飼い主)との作業を楽しんでもらうための関係性づくりから、愛犬に行動を伝える技術、メンタルも含め愛犬をサポートしていくためのハンドラ―のスキルが不可欠です。
以下のような課題をベースにグループワークショップ中で、今後のレベルアップのためのヒントをお持ち帰りください。

・犬の作業意欲(集中力)をあげる
・犬のスキルをあげる
・ハンドラ―のスキルをあげる
etc

参加犬の年齢:生後6か月以上
募集組数:15ペア 
参加費:11,000
見学(若干):5,500

202405251


🍀 9月21日(土)ドッグダンスリハーサルショウ

2
タイプ(6分間・10分間)の持ち時間を自由に使って練習及び演技ができます。
時間内であればルーティンを踊られてもパーツの練習をされても構いません。
音楽をかけながら馴致したり遊んでいただいても構いません。
持ち時間をご自由にお使いください。(持ち時間全てを利用される必要はありません。愛犬の状態を確認しながらご利用下さい)
お一人で多数枠にエントリーされても構いません。
ドッグダンスのカテゴリーは、FS(フリースタイル)・HTM(ヒールワークトゥミュージック)・その他です。
FS
およびHTMFCIルールでコメントさせていただきます。

定員:50ペア
コメントあり、表彰あり。
リンクスペース:約20m(横)x18m(奥行)
ルーティンタイム:4分以内
ビデオコンペなどに利用されることも可能
モチベーターの利用可。

参加費:6,000円(持ち時間6分)、10,000円(持ち時間10分)

コメンテイター:
WanByWan
代表:三井惇
CPDT-KA
ドッグトレーナー、JKC公認訓練士
2016
年ドッグダンスの解説本「ニコルとドッグダンス」を出版


🍀 9
月22日(日)WCRL規定ラリーオビディエンストライアル

WCRL
規定の正式競技です。
クラス:Level 1A1B2A2B3A3B、ベテランA、ベテランB

参加費:6,000
WCRL
登録費:6,500円(登録はご自身でWCRLのホームページから行うことも可能です。犬の登録が出来ていないと、競技結果が反映されません。)

ジャッジ:
川端千賀子氏(WCRL公認ジャッジ)
三井 惇 (WCRL 公認ジャッジ)

202405252

-------------------------------
ワークショップ、リハーサルショウおよびラリーオビディエンストライアルの参加費のほかに、woofの施設利用料金と弁当代が別途かかります。(ドッグラン内に個人的に飲食物を持ち込むことはできませんので、ご参加の方はお弁当をご注文下さい)
参加人数が最低人数を超えた場合はwoofの施設利用料金が団体割引の対象となる場合もあります。
※woof
にご宿泊の場合はご自身でご予約ください。
--------------------------------

🍀
お申し込み方法
下記の内容をそれぞれご入力のうえ、メールでお申し込みください。

【件名】WBWイベント申し込み

お申込み開始:2024615日(土)20:00
お申込み締切:2024831日(土) 
定員になった場合、締切日より早く締め切る可能性があります。 

ワークショップ 参加・見学(どちらか残してください)
1.
参加者のお名前(フリガナ)
2.
参加の場合のパートナーの名前(フリガナ)
3.
参加犬の犬種・性別・年齢
4.
メールアドレス(PCからのメールが受信できるアドレス)
5.
お弁当の数
6.woof
ご入場者数(ご本人も含めます)・・・大人名 子供名 犬
7.woof
ご宿泊の方の数(ご本人も含めます)・・・大人名 子供名 犬
8.
参加者のご住所とお電話番号
9.現在愛犬とドッグスポーツを楽しむために、抱えている問題があればご記入下さい。

リハーサルショウ
1.
エントリーのご希望
6分タイプ(FSHTM/その他)
10分タイプ(FSHTM/その他)
FS
あるいはHTMのカテゴリー分けをされている場合はFCI規定に沿ってコメントさせていただきます。
2.
ハンドラーのお名前(フリガナ)
3.
パートナーのお名前(フリガナ) 犬種 性別 年齢(開催時)
4.
メールアドレス(PCからのメールが受信できるアドレス) 
5.
曲名(フリガナ)および 曲の長さ (決まっている場合)
6.
お弁当の数
7.woof
ご入場者数(ご本人も含めます)・・・大人名 子供名 犬
8.woof
ご宿泊の方の数(ご本人も含めます)・・・大人名 子供名 犬
9.
参加者のご住所とご連絡先

◆WCRL規定ラリーオビディエンストライアル
WCRL
あるいはUSDAA登録:
済んでいる(犬の登録番号:      )
済んでいない:同時登録を希望する(6,500円) / 自分でする
2.
ハンドラー名(漢字/アルファベット):
3.
パートナーの名前(アルファベット)
4.
犬種および性別:
5.
犬の生年月日:
6.
犬の体高(肩の位置で):
7.
参加クラス:
LEVEL1A
LEVEL1BLEVEL2ALEVEL2BLEVEL3ALEVEL3B、ベテランA、ベテランB
参加クラスについては詳細をご確認の上、対象クラスのみ残してください。
8.
参加者のご住所ご連絡先:
9.
課目修正申請がある場合は以下にお書きください。
例:ハードルの高さを〇〇センチにしてほしい。
10.
お弁当の数
11.woof
ご入場者数(ご本人も含めます)・・・大人名 子供名 犬
12.woof
ご宿泊の方の数(ご本人も含めます)・・・大人名 子供名 犬

<リハーサルショウのルール>
・リンクに入りましたら音響チェックをお願いします。
・小道具の設置・撤去は持ち時間に含まれます(場合によって残り時間をご案内します)
・音楽のスタートは、手をあげて合図してください。
・パートナーは首輪(1つ)以外は禁止(皮膚トラブルや寒さ対策等の目的での衣類着用は可、受付時にお伝えください)
・リンク内での排泄を防止するため、出来る限り演技前に排泄を済ませるようにお願いします。万が一排泄してしまった場合は速やかに清掃いたしますが、清掃時間は持ち時間に含まれる場合があります。
・リハーサルショウの見学は自由ですので、ご同伴者もインドアドッグランに入場可能です。ただし、お弁当や団体割引のためにはお名前等のお申し出が必要です。

<イベント中禁止事項>
・チョークチェーン、スパイクチェーンの使用
・ドッグダンス演技中パートナーに振付以外で触ること。(演技以外で褒めたりするのは構いません)
・パートナーの動きを強制したり、パートナーを罵倒するなどの行為。

<一般注意事項>
ドッグダンスの曲は編集の上当日CDでご持参ください。必ず複数の音源で再生できるかどうかの確認をお願いします。
ヒート中の犬・または終了して2週間以内の犬はwoofの規定上ご参加ができません。
お申込み受付後にヒートや体調不良で該当犬が参加出来ない場合、犬を替えての参加は可能です。
お申込みメール受信後はキャンセルフィが発生しますが、ご都合が悪くなった場合はお早めにご連絡下さい。
キャンセル時のwoofの施設利用料金はかかりませんが、宿泊に関しましてはwoofの規定でキャンセルフィがかかる場合がありますのでご確認ください。
荒天等で開催が不可能となった場合は必要経費を除いて一部返金できる場合があります。
演技中の写真および動画の撮影は演技者の許可を得てから行ってください。
イベント中の写真はブログやSNSなどに掲載させて頂く場合があることをご了承ください。
他の参加者の演技中に過度の吠えなどがある場合はご退場頂く場合があります。
会場内での犬の待機はクレート内でお願いします。
会場内での、犬同士、参加者同士のトラブルは、当事者で話し合いのうえ、双方の責任のもと解決してください。主催者は責任を負いません。
当日の欠席連絡はmitsuiアットマークwanbywan.comまでお願いします。
ワークショップ、リハーサルショウおよびラリーオビディエンスは参加者が催行最低人数に達しない場合は、開催を中止する場合があります。その場合は事前にお知らせします。

ワークショップ、リハーサルショウおよびラリーオビディエンスのお申し込み先:
info
アットマークwanbywan.com(アットマークを@に変えてください)

皆様のご参加心よりお待ちしております。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年5月12日 (日)

最終日はドッグダンスのファンクラス

金曜日から参加しているWSS(ワンダフルステップ)さんのイベント最終日は、ドッグダンスのファンクラスでした。
我が家は見習いが、カドリール(グループダンス)、アシスタントがファンクラスで参加しました。

カドリールは4ペアのグループダンス。
一緒に練習できたのは3回程度でしたが、なんとかまとまりました。

202405121

もちろん、見習いが伏せていて欲しい時に動いてしまったり、立ってほしい時に伏せていたりと、若干ミスがありましたが、全体的にはなんとか形になっていました。
これから少しずつ精度を上げて完成度をあげられればと思います。
しかし、何と言っても、みんなで作るルーティンはとても楽しいものです。

一方アシスタントはファンクラスに参加しましたが、リンクイン前の状態は悪くなかったのですが、途中からまた不安が出たのか、吠えました。
衣装が動きづらかったのも恐らくアシスタントの不安のひとつだったかもしれません。

202405122

202405123

まだまだ話し合いが必要なようですね。

いずれにしても、3日間のイベントはとても楽しく、勉強になりました。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年5月11日 (土)

ドッグダンスコンペに参加してきました。

昨日に引き続き、WSS(ワンダフルステップスタジオ)さん主催のドッグダンスイベントで、ドッグダンスコンペに参加してきました。

参加犬は見習い、カテゴリーはフリースタイルのノービスクラスです。
昨年秋から構成を考えたルーティン、4月に続いて2度目のコンペ参加でしたが、今回は前回よりも集中して動いてくれたのと、とりあえずハンドラーが怖い顔をしないで最後まで踊れたこともあり、クラスの2席に入りました。

いつもビリから数えたほうが早い見習いのコンペ結果でしたが、今回はようやく「楽しく踊る」成果が出たようです。

また、日常的にオビディエンスの練習をしていることが功を奏したのか、ジャッジの一人向坂安希氏のジャッジ賞を頂くことができました。

202405111_20240511200101

これを励みに、今後も「楽しく」かつ「精度が高い」ルーティンづくりに精進していきましょう。

明日はアシスタントとファンクラス、見習いとカドリール(グループダンス)に初チャレンジです。

------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_20240511200101
にほんブログ村
--------------------------------

| | コメント (0)

より以前の記事一覧