FCIオビディエンス

2024年2月28日 (水)

練習無くして本番無し。

どんなドッグスポーツでも「練習」はするものです。
当たり前のことですよね。
試験も 勉強しないで臨むのは無謀です。

さて、今日はオビディエンスの練習会がありました。
グループ休止や、それぞれの課題にあわせた強化練習と、ディストラクションを混ぜて、本番以上に刺激的な練習などを行っていきます。

202402281

犬も人も、本番は緊張するものです。
いつもと違う環境で、知らない人や犬が周りにいる中で行われるのですから、日常的な練習である程度の精度が上がっていなければ、当然本番でガタガタになってしまうことは簡単に予想できます。

本競技中、隣のリンクのハンドラ―の大きな声に惑わされてしまうということもありますし、隣のリンクの犬が制御不能になって走り回っているということもあります。
現に先週末の競技会では、楽しそうに走り回る小型犬がいました。

そんな状況を想定した練習をすることも、競技会にチャレンジするには必要な練習と言えるでしょう。

本番で慌てずに済むよう、普段から落ち着いて出来るようにサポートしていきたいですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年2月 7日 (水)

ドッグトレーニング:丁寧に教える

日常生活の中で愛犬に様々な行動を教えることは、ドッグスポーツで犬に技術を教えることと同じで一つ一つ丁寧に伝えていくことが不可欠です。

敢えて「丁寧に」と書いたのは、「もうわかっているだろう」と安心していると、実は犬はたまたまそのとき出来ただけで、本当はまだ理解していないということがあるからです。

何度も繰り返し伝えた後、いろいろなシチュエーションで犬にキューを言ったときに必ず犬がその行動が取れるとわかったとき、初めて犬はそのキューの意味を理解したと言うことができます。

家の中では出来る「オスワリ」が、家以外の、目の前に気になるものがある場所だと出来ないのであれば、犬は「オスワリ」の意味が分かっていても、メンタルが落ち着いていないため、ハンドラ―の声が耳に届いていない可能性があるので、犬がどんなシチュエーションでも「オスワリ」が出来るようにサポートしていくことは欠かせません。

いずれにしても、「出来ない」のは犬のせいではなく、ハンドラ―がきちんと伝えていない結果と言えるでしょう。

犬はいくつになって学習できるので、「丁寧に」伝えていけば必ず出来るようになります。
要は楽しく犬の意欲をあげながら教えてあげることです。

犬のトレーニングをネガティブに捉える人も少なくないでしょうが、トレーニングもゲームと同じように、犬の意欲を引き出しながら伝えていくと、犬種やサイズに関係なく、ハンドラ―との協働作業に楽しく付き合ってくれるようになります。

今日の練習会で、FCIオビディエンスの課目にチャレンジしてくれたLくん。
体が小さくても、ちゃんとハードルを越えてダンベルを咥えて戻って来てくれました。

202402071

犬の毎日を刺激的にしてあげるためにも、トレーニングはとても有効ですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年2月 2日 (金)

ドッグトレーニング:体の使い方を習得する

犬に様々な動きを教える方法にはいくつかの手法があります。
どれ一つをとっても、犬の体を押したり引いたりするような強制手法ではありませんが、犬が自らその行動を取りやすいようにサポートすることで、行動を身に着けやすくすることが出来ます。

特に精度が要求されるドッグスポーツ競技などでは、「これくらいでいいだろう」と言うのはありません。
本番でミスをする可能性は誰にでも(どの犬でも)ありますが、練習時にミスが出ていれば当然本番で成功するかどうかはギャンブルのようなものなので、練習時ではミスが無いようにサポートしていくことが重要です。

さて、我が家はFCIオビディエンス競技をやっています。
犬たちに教えなければいけないことは、脚側(ヒールワーク)の意味と、各課目の課題にあわせたキューと行動です。

その中に、コーン(群)を周ってくる作業があります。
遠隔が得意なアシスタントにとっては、どんなに遠くても走るのは大好きですが、そもそもボーダー・コリーと言う犬種の特性上、まっすぐ走るのが苦手です。
なぜかというと、シープドッグの遺伝子を持っているので、動くものを回り込んで止めようとする動きが出てしまうからです。
10メートルぐらいなら真っすぐ走りますが、それ以上遠くなってくると、目標物に向かって弧を描くように向かって行くようになってしまいます。

コーンはただ周ればいいのではなく、回った後でハンドラ―のキューで静止し、その後、セッティングされているダンベルを咥えてからハードルを跳んでハンドラ―の元に戻るという仕事が残っています。
大きく回り過ぎてしまえば、ダンベルとの距離があやふやになり、左右に置かれた個々のダンベルの認識がしづらくなるわけです。

先週の競技会でのアシスタントはなんと初めてコーンに絡むようにコーンを周って戻ってきました。

202402021

そのため、その後の静止でも大きく軌道をはずれることなく、無事次の作業につなげることができました。

しかし、一年前の競技の様子を見ると、限りなくコーンを大きく回っています。

202402022

なぜ1年で修正できたのかと言えば、アシスタントとの練習時に、見習いで使っている手法を再度適用したからです。
以前にも同じ手法で練習していたのですが、本犬がなかなか認識できず、こちらが根負けした経緯があります。

202402023

「これぐらいでいい」と放置していればどんどん軌道から外れていくので、見習いは時間がかかっても理解できるまでサポートし続けることにしたところ、一緒にやり直していたアシスタントも自分で身体の使い方を修正してきたのです。

犬も日々変化するので、「一度教えたから大丈夫」ということはありません。
競技をするしないに関わらず、日々のサポートも欠かせませんね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年1月28日 (日)

JKC主催訓練競技会に参加してきました。

今日は富津みなと公園で開催された、JKC主催FCI東日本インターナショナルトライアルに出陳してきました。

今回アシスタントがFCIオビディエンスクラスIIIに出ました。
見習いは前回クラスIIに昇格したばかりで、現在新しい課目に向けて練習を重ねているのでまだ出られません。

202401282

8歳になったアシスタントはクラスIIIの課目にも慣れてよくわかっていますが、課題が難しいうえに、当日の犬の状況に加え、周囲の環境にも左右されます。
安定した好成績を取るのはなかなか難しいのが現状です。

もちろん、安定して課題をクリアできる犬もいますが、どの犬もそうとは限らないこともあり、ハンドラ―は日々精進するわけです。

アシスタントも同様なかなか安定しませんが、今回初めて80パーセント以上の好成績261.0点で2席を頂くことができました。
頑張ってくれたアシスタントにちょっと感動してしまいました。

特に嬉しかったのは、長年我々ペアを見守ってくださっていたジャッジから、脚側に対する犬の意識がよくなったと言われたことでした。

長年改善・修正を続けていたことが少し形になってきたということでしょうか。
あきらめなくて良かったです。

202401281

また、いつもオビIIIの練習をご一緒させていただいているお仲間たちも、上位入賞され、これもまた嬉しいことでした。

あきらめないことが肝心ですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年1月10日 (水)

ヒールワーク:精度は大事

FCIオビディエンスやドッグダンスのヒールワークはとても重要なエレメントです。

一般的な服従訓練競技においても、ヒールワーク(脚側行進)は必須科目ですが、ヒールワークとは何を意味しているのでしょうか。

「ヒール」は日本語に訳せば「かかと」ですが、実際にはハンドラ―の傍で、ハンドラ―と常に同じ距離間で共に移動することがヒールワークです。

オビディエンス競技では、左脚側が一般的にですが、ドッグダンスでは、左以外にも右脚側やハンドラ―の足間のセンターポジション、ハンドラ―の前や後ろでの横ポジションなど様々あり、そのポジションを維持しながらハンドラーと移動することがヒールワークです。

FCIドッグダンスのルールでは、ハンドラ―と犬の位置関係がとても詳細に記されています。
例えば、左脚側であれば、犬の右肩がハンドラ―の左足と平行でなければいけません。

FCIオビディエンスでにおけるヒールポジションは、犬の肩甲骨がハンドラ―の左ひざと記載されています。

実は似ていますが、ちょっと違っているとも言えます。

下の画像で、その違いが判りますか?

202401102
202401101

個人的には、上の画像の位置関係でドッグダンスもオビディエンスもやりたいと思っています。
下の画像はちょっとかぶってますね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年1月 6日 (土)

オビディエンス練習会

今日は同業者主催のオビディエンス練習会に参加させていただきました。

日常的な練習は、自分で動画を撮りながら、犬の様子や自分の動きを確認するようにしていますが、無意識だったり、変な癖などは、自分ではなかなか気づきにくいので、指摘してもらえる練習会はとても助かります。

また、一人の練習では出来ないことも含め、グループ練習会では人手や犬手があるので、苦手な部分の強化練習ができます。

今回は見習いで参加しました。
見習いは、先月ようやくFCIオビディエンスクラス2に昇格したので、クラス2の課題に取り組み始めたところです。

しかし、クラス2の課題以前に、見習いには大きな弱点があります。
それは、他犬や人への過剰反応です。
過剰反応のベースにあるのは、「挨拶に行きたいから」とか「楽しそうだから」という理由です。

性格がいいのは結構ですが、平常心でいることが一番重要です。
なぜなら、「興奮」は人も犬も、冷静な判断を鈍らせてしまうからです。

そこで、今回の練習では、ディストラクションの中でのヒールワークをメインいお願いしました。

202401062

他の犬が近くにいても、冷静にハンドラ―の声に耳を傾けること。

さらに重要なのは、どんな環境にあっても、ハンドラ―と真剣に遊べること。

202401061

そもそも集中が取りづらいということは、犬が周りのディストラクションに負けてしまうことが大きな原因ですが、周りのディストラクションに負けないくらい、ハンドラ―が魅力的になれば、ある意味その悩みも軽減されるはず。

愛犬にとって魅力的なハンドラ―になるためには、犬によっては体力勝負になることもあります。
要は真剣に向き合うことですね。

地道に頑張りましょう。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年12月30日 (土)

お留守番のストレス軽減に。

今日は今年最後のお仕事でした。
お留守番中のワンコさんたちのシッティングです。
以前はお散歩にも行っていましたが、年齢を重ねたこともあり、今はお家の中でのケアのみです。

お散歩の代りに、負担の無い程度に一緒に遊んだりします。

202312303

多頭飼いや、シニア犬の場合は、安心できるおうちでのケアの方がストレスが少ないので、御自宅にお伺いするようにしています。

この子たちはシニアになってもちゃんと言葉が通じるので、お互いストレスレスです。


さて、今日の見習いはダンベル持来時の停座の入り方を練習しました。

元々「招呼」でも勢い余って行き過ぎてから戻るので、ペナルティを取られてしまいます。
出来れば、脚側位置に前肢や肩を合わせて、旋回しながら座って欲しいのです。

当然リードで強制するわけではないので、入りやすいように誘導してあげなければいけません。

スピードが無ければ上手に入れる見習いです。

202312301

202312302

少しずつ遠隔からの招呼の練習重ねていきましょう。

来年はFCIオビディエンスIIに挑戦する見習い。
精度を上げないと、合格できませんね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年12月18日 (月)

ディストラクションを侮ってはいけません。

3日間イベントに参加させていただき、特に最終日のコンペでは、自分も参加しましたが、他の参加者の演技も拝見しながら、人も犬も平常心でいることの大切さを改めて感じさせられました。

「いつもは出来るのに。」
「屋外では出来るのに。」
「いつも練習している場所なら出来るのに。」

そんな声が聞こえてくる中、いつも通りにやることの難しさを痛感しました。

なぜなら、競技会場はいつもとは違い、周囲で自分を見ている人たちがいます。
ジャッジともなれば、ずっと見られ続けていることになります。
特にコンペともなれば、人のメンタル面も大きく影響してくるからです。
私はあがり症なので、絶対いつも通りには行かないことはわかっていますが、それでも出来るだけ平常心を保つには、数をこなしていくことと、犬を信じるしかありません。

犬も同様で、いい経験値は重要な要因です。
いろいろなディストラクションがあっても平常心でいるためには、様々な状況を想定した練習は欠かせません。

特に見習いは、競技中リンクの外で遊んでいる犬に向かってリンクアウトして失格した前歴があるので、周囲のディストラクション対策は必須課題です。

さて、今日は久しぶりの朝練場所におなじみの方々が遊びに来ました。
おなじみと言っても、犬同士はまったく遊ばせていないので、見習いは興味深々ですが、練習中に入ってこられたので、練習は続行します。

202312182

とてもいいディストラクションなので、飼い主さんにはこちらを気にせずどんどん遊んで下さいと伝えます。

さらに、小さいお子さん連れの方々までいらして、ディストラクション満載です。

202312181

ハンドラ―へのフォーカスは、ハンドラ―との作業を義務感で行うのではなく、ハンドラ―との作業が楽しくなければ続きません。

頑張ったあとはおもちゃで遊びます。

202312183

少しずつ成長してくれるといいですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年12月10日 (日)

訓練競技会に参加してきました。

今日はJKC神奈川訓練ブロック訓練士協議会主催の訓練競技会に参加してきました。
今回の参加犬は見習いのみ。

今まではアシスタントと二頭参加していましたが、参加カテゴリーがバラバラで時間調整が難しかったため、見習い一本にしたのです。

おかげでハンドラ―の集中が切れなかったため、ヒールワークは散々でしたが、その他の部分を頑張った見習いがようやくFCIオビディエンス競技のクラスIからIIに昇格することが出来ました。

もちろん、いろいろ課題も見つかったので、これからの練習のフォーカスもわかりました。

202312101

こんなことを書くと、ドッグトレーナー(訓練士)だからと言われそうですが、一般の飼主さんもトレーニングを通して犬たちとの成長を楽しんでいらっしゃいます。

今日は競技会場で8年前、子犬の頃にサポートさせていただいた大型犬の飼い主さんとばったり。
今でもその子と競技を楽しんでいらっしゃる上に、新たな家族も迎え、犬とのコミュニケーションが楽しくて仕方ないそうです。
こんなお話を聞くと、ほんとうに嬉しくなります。

いろいろやらかしてくれる見習いが、信頼できるパートナーになるのはいつの日か。
努力なしには得られませんね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年12月 6日 (水)

アイコンタクトに頼らない練習

特にトレーニングを受けていない犬は常にハンドラーの顔を見ながら行動しようとするものです。
逆に言うと、ハンドラーの顔を見ていないと行動できない犬は少なくありません。

オビディエンスの競技においては、ハンドラーとアイコンタクトが取れていない状況での作業が求められるので、常にそのような状況を想定した練習が欠かせません。

ドッグダンスにおいても、アイコンタクトが取れていない作業は難度が高くなるので評価が高くなります。

オビディエンス競技においては、ハンドラーが視界から消えても、じっと待って待つ課目や、ハンドラーが背中を向けながら出すキューに反応するなど、アイコンタクトが無い中での作業が不可欠です。

我が家も当然アシスタントや見習いにアイコンタクトが取れない作業を教えていますが、見習いはまだ始めたばかりなので安定しません。

それが如実に出たのが今朝。
散歩の途中で店の前で座って待つように犬たちに伝えてからパン店に入ったところ、ガラス越しに私のことが見えるにもかかわらず、停座の姿勢をさっさとやめてクンクン。
停座で待つように言って1分も経っていないのに。

ということで、自宅にて練習。

202312061

ハンドラーは背を向けたまま、見習いに簡単なキューを出します。

見習は初め一瞬戸惑っていましたが、落ち着ければ、きちんと話を聞いてくれました。

いつでもどこでも出来るようになるまで、続けていきましょう。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧