FCIオビディエンス

2022年9月28日 (水)

スタートは大事

訓練競技やオビディエンス競技においては、ヒールワーク(脚側での移動)がとても重要になります。
特にレベルが上がってくるとノーリードでの作業になるため、犬がフラフラしていれば当然制御不能になってくるので、リードが着いている状態で、ヒールポジション(脚側位置)を犬にきちんと教える必要があります。

いわゆる脚側行進(ヒールでハンドラ―の横を歩く)の評価は、犬がハンドラーの横で顔をあげて、ピッタリハンドラーにくっついて歩くことで良しとされてきましたが、犬の福祉の観点から、不自然な体の使い方は推奨されないということになりました。
例えば首が上がり過ぎているなどがそれにあたります。

とは言え、犬のハンドラーへの集中力を確固たるものにするためには、犬の意識がハンドラーに向いていることが欠かせません。
もちろん、たとえ顔があがっていなくても、ハンドラーに全集中している犬はいます。
それは、犬の耳がどっちを向いているかで確認することができます。

しかし、犬は動体視力がいい動物でもあります。
目に入ったものに気持ちがそがれることはゼロではありません。
そういうことを考え合わせると、ある程度顔が上がっていてくれる方が犬の反応の遅れを防ぐことが出来ます。

例えばヒールワークの作業において、スタート時にすぐ方向変換があったり、歩度(スピード)が変わるような場合、顔が前を向いている犬の場合、歩き出し時の視線の向きによっては、他に気を取られてしまい、作業の開始が若干遅れてしまうことがあります。
日常生活上では大したことではありませんが、競技に臨む場合は、犬にわかりやすく伝えることが一番重要になるので、犬が他のことに気を取られてしまわないような環境づくりも必要です。

見習い1号はワーキング系のボーダー・コリーなので、そもそも頭があがりづらいタイプです。
無理に上げようとするのであれば、体の使い方から教えていかなければ負担になってしまいます。
そこで、顔が凄く上がっていなくても個人的には良しとしてましたが、やはりスタート時などの反応速度(Latency)に若干お遅れや、耳より目の方が優先されていることがあるので、少しずつ修正しています。

その修正が1号にとって楽しいものになってくれると競技における集中も上がってくれるのではと期待しています。

🍀修正中
202209282

🍀修正前
202209281

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年9月17日 (土)

オビの練習会に参加してきました。

今日は久しぶりにオビディエンスのグループ練習会に参加してきました。
日ごろはクライアントさんの動きを観てドッグトレーニングのアドバイスをさせていただいていますが、自分の犬のトレーニングに関しては、自撮り動画を見ながら改善点を考えたりしているので、場合によってはタイムリーに修正することが出来ないこともあります。
しかし、グループ練習会ではその場で客観的な意見が聞けるのでとても有意義です。
他の参加者の練習方法の工夫も勉強になります。

FCIオビディエンス競技のルールは今年春に改訂されたこともあり、新たな課題を克服するためにみなさんとても頑張っています。

犬も人間同様個体差があるので、理解力は様々。
特に概念的なことは伝えづらいので、地味な練習は欠かせません。

今回は見習い1号とFCIオビディエンスクラスIIIで参加しましたが、生後10か月の2号にとっては、学んでいる犬たちを見ることがとてもいい勉強になりました。
特に走る犬は2号にとって大好物。
見ているだけで大興奮なので、マットトレーニングの強化練習です。

202209171

最後は他犬が走り回っている中での呼び戻し練習。
まだまだロングリードは外せませんが、少しずつ私の声が耳に届くようになってきたようにも見えます。
こちらも地味練習が欠かせませんね。

-------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

--------------------------------

| | コメント (0)

2022年8月22日 (月)

訓練用ダンベルの御予約承ります。

競技用ダンベルおよび練習用ダンベルのご要望があれば海外発注いたします。
秋の競技会に向けての練習、および本番用にいかがですか?

ご予約(お申込み)締め切りは910日といたします。
円安の影響で以前より価格が若干高くなっております。
ご了承下さい。

お渡しは、送料着払いでの発送(ゆうパック)になります。

🍀軽量合成樹脂ダンベル
落としても痛くないので、練習用や持来の導入用にご利用いただけます。

Dumbbell_1
サイズ(木部)/販売予定価格(税込み)(総注文数によって変動します)
L
:約125mm/3,000円~3,400
M
:約115mm/2,500円~2,900
S
:約80mm/2,000円~2,400

ご注文時に、色(赤・青・黄・緑・紫)とサイズ(LMS)と各数量を教えてください。

👇見習い2号が咥えているのはMサイズの赤です。
Dumbbell_5

🍀木製ダンベル(白木)
Dumbbell_2
サイズ(木部)/販売予定価格(税込み)(総注文数によって変動します)
L
:約130mm/2,800円~3,200
M
:約105mm/2,300円~2,700
S
:約84mm/1,800円~2,200

ご注文時に、サイズ(LMS)と各数量をお書きください。

🍀木製ダンベル(色付)
FCI世界大会でも公式に利用されているダンベルです。
Dumubbell_3
サイズ(木部)/販売予定価格(税込み)(総注文数によって変動します)
L
:約130mm /3,300円~3,700
M
:約105mm /2,800円~3,200
S
:約84mm /2,300円~2,700

ご注文時に、色(赤・水色・黄・緑・紫・ピンク・白)とサイズ(LMS)と各数量をお書きください。

👇見習い1号が咥えているのは、Mサイズのピンクです。
Dumbbell_4
在庫の状況によっては色指定がご希望に添えない可能性がございますので、ご了解いただきたく、何卒宜しくお願いいたします。
入荷次第、金額及び振込口座を個別にお知らせします。

【お申込み方法】
①WanByWan
ホームページの「お問合せフォーム」
②Facebook
のメッセンジャー(お名前、郵便番号・ご住所、ご連絡先をお忘れなく!)

御注文数が最低数に達しない場合は見送る場合もあります。
その場合は個別にご連絡させていただきます。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年6月23日 (木)

FCIオビディエンス世界大会始まりました。

年に1度開催されるFCIオビディエンスワールドチャンピョンシップがデンマークで始まりました。
FCIオビディエンス競技は故アシスタントや現見習い1号と楽しんでいる競技です。

CD(コンパニオンドッグ)競技と違い、ヒールワークが競技会ごとに変わり、犬を送り出す遠隔作業や持来の方向もその都度決まるという変化のあるオビディエンス競技は、ハードルは高めですが、犬たちにとっては飽きづらい競技のひとつです。

昨年課題の改定があり、今年1月から有効となったことから、今回のワールドチャンピョンシップは初の新規定開催となるため興味津々です。

日本では、今年4月に開催された春季本部競技大会から新規定が採用され、1号も参加しました。
大きく変更された「方向変換を伴うダンベル持来」の練習が間に合いませんでしたが、幸い引いたくじが旧規定の左方向だったので、無事得点できました。
現在秋の競技会に向けて左右だけでなく、中央のダンベルを取りに行くことを教えているところです。

さて、ワールドチャンピョンシップはまずグループエクセサイズの休止から始まります。

202206232

ライブストリーミングはhttps://dogsportvideo.net/に登録すると見られます。

さて、7月開催予定のWCRL規定ラリーオビディエンストライアルのお申込み締切は今週末です。
ご興味がおありの方は前日にセミナーと練習会もあります。
詳細はこちら👇をご覧ください。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2022/04/post-ce7ded.html

-------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年5月18日 (水)

FCIオビディエンス練習

今日のプライベートレッスンはFCIオビディエンス、クラスIIIの練習でした。

4月の競技会でクラスIIIに昇格したJさん。
秋の訓練競技会に合わせて、クラスIIIの練習を始めることにしました。

FCIオビディエンスは今年4月の本部展から新規定に変更になり、クラスIIの内容がクラスIIIへの下準備となっていることもあり、クラスIIIへの移行に関しては、まったく関連が無いことをやるわけではないので、比較的移行しやすいかもしれません。

特にJさんは、遠隔にあるボックス(3メートル四方の枠)にも確実に入れるので、クラスIIIでは、ボックスに向かう前に半径2メートルの円内に前進することをきちんと教えればゴールは近くなります。

ボーダー・コリーは見習い1号のようにまっすぐ走るのが苦手な犬がいますが、Jさんはまっすぐ走れるので、距離を少しずつ伸ばしながら練習しました。

202205181

あとは正面に無いボックスへの認識を持たせることが重要。
少しずつ秋に向けて準備を続けていきましょう。

見習い1号、堅実型のJさんにすぐ追い越されそうです。

-------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年3月20日 (日)

FCIオビディエンス競技

今日はJKCの訓練競技会がありました。
我が家は、JKCの訓練競技に1998年から参加しています。
先代のボーダー・コリー親子3頭、現アシスタント、現見習い1号と楽しみながらトレーニングをやっています。

見習い1号以外はCD(コンパニオンドッグ)という家庭犬訓練に参加し、現アシスタントはその後FCIオビディエンス競技に移行しました。
現見習い1号はCD競技には参加せず、最初からFCIオビディエンス競技に参加しています。

CD競技は言わば基礎の基礎ですが、オビディエンス競技は複雑な課目の組み合わせで、難度があがります。
オビディエンス競技はクラスIからIIIまであり、クラスがあがるほど、課目が複雑になるしくみです。

FCIオビディエンス競技の規定が今年から改正になり、日本国内の競技は来月開催予定のJKC春季訓練競技会から新規定で開催される予定です。

見習い1号も来月の競技会に参加予定ですが、果たして1ヵ月で新規定に対応した練習ができるかどうかがポイントでしょう。

見習い1号とのトレーニングは試行錯誤の連続ですが、何かを伝える楽しさを沢山教えてくれる犬です。

来月からの新規定に向けて、多くのオビディエンスファンシャーが練習を積んでいます。

是非、愛犬の可能性を信じて、チャレンジしてみませんか?
オビディエンス競技、おもしろいですよ。

本日の見習いの結果は前回の大撃沈より少し復活しましたが、席次はまたまた真ん中あたり。
第一課目と第二課目、ディストラクションに負けたのが痛かったですね。

202203201


-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年12月19日 (日)

ドッグトレーニングは犬の意欲を引き出す方がいい

なんとも当たり前のお題ですが、それがなかなか上手に出来ないことが多いのも事実です。

今日は、ラリーオビディエンスのイベント会場の山中湖から直接富士川緑地公園に移動し、JKC神奈川ブロック主催の訓練競技会に見習いと参加してきました。

見習いのエントリーはFCIオビディエンスクラスIIIです。
クラスIIIに昇格してから6度目の競技会でようやく合格。
その後不安定な低空飛行が半年。
合格がまぐれか?と思わされた日々でしたが、今年の秋から低空飛行が少し上昇。
最近は70パーセントの出来栄えに上がってきているようで、席次もブービークラスから、ミドルクラスになってきました。

いずれにしても、3年近くクラスIIIをやっていますが、彼との協働作業はとても楽しく、彼の失敗は私の失敗でもあることも多く、日々沢山学ばせてもらっているのが現状です。
技術的な部分のみならず、メンタル面でのサポートの重要さも痛感させられています。

しかし、彼と練習しているとき、私は嫌悪刺激を使うことはありません。
いわゆる首にショックを与えたり体に触って強制するようなことです。
それらの持つリスクは、問題行動のカウンセリングでご依頼をただく度に嫌というほどわかっているので、ある意味効果があると言われても私は使いません。

何かを強制しようとすると、動物は必ず反発します。
人間も押されたら、押されるがままに体を倒すのではなく、自分のバランスを保とうと反発するものです。
犬も自発的に行動できるように人間が工夫することが大切です。
リードを放した途端にどこかに行ってしまう犬ではなく、リードがたとえ手から離れても、怒られるからではなく、自発的に戻ってくれる犬になって欲しいと思いませんか。

強制するより恐らく時間はかかりますが、犬にとって一緒に作業することが楽しいと思えるかどうかが重要なのではないかと思います。

今日の結果は「休止」以外で初めて9.5ポイントが2課目ありました。
70パーセントは越えていますが、1課目鉄板のダンベル持来で、送り出し直前に審査員に気を取られて私の指示を聞き漏らしてしまい得点ならず。
本番はいろいろなことが起きますね。

常歩行進中の作業は今回はハンドラー、見習い共にミスなくできました。

202112191

少しずつ完成度をあげていきましょう。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年11月 6日 (土)

FCIオビデビュー戦、3席入賞おめでとう!

先週に引き続き、見習いとJKC秋季訓練競技大会に参戦してきました。

課題の完成度は別として、作業に向き合う見習いの精神的な部分で前回の動画を見ながら気になるところがいくつかあったので、この一週間その修正をおこなってきました。
と言っても、毎日練習できるわけではありませんが、その効果が少し出たのか、ジャッジから少し褒めていただきました。
もちろん、先に書いたように完成度は別なので、今後は精度をあげるために、さらにディストラクションを増やした練習を重ねて行かなければいけません。

いずれにしても、昨年まで低空飛行を続けていた見習いが、少し安定してきたようで、前回は10頭中5席、今回は19頭中8席と、少し浮上してきたようにも見えます。
引き続き気を引き締めながら、かつ、楽しくトレーニングを続けていこうと思います。

さて、今回は生後6か月から見させていただいているJさんが、FCIオビディエンスクラス1のデビュー戦で見事3席に入賞しました。
飼い主さんの努力の賜物ですね。

202111061

楽しそうに作業している姿が印象的でした。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年10月31日 (日)

JKC訓練競技会に参加してきました。

昨日のドッグダンスコンペ会場から今日は直接JKC訓練競技会場に移動し、見習いとFCIオビディエンス、クラスIIIの競技に挑戦してきました。

FCIオビディエンスの課目は10個。
脚側行進はもとより、持来や遠隔作業など、難度の高い課目ばかりなので、全ての課目で得点することが非常に難しい競技でもあります。
つまり、ひとつの課目でペナルティがつくと、減点方式で減らされていきますが、当然得点できず0点ということもありうるわけです。
そこはCD競技と違い、少々のミスでポンポンと減点されて、持ち点が無くなるのがFCIオビディエンスです。

会場ではJKCの訓練士さんともお話しする機会があり、オビディエンス(服従訓練)はすべてのドッグスポーツの基礎というところで意見が一致しました。
「服従させる」という言い回しは好きではありませんが、ハンドラーのキューに対して意欲を持って、確実に行動することを丁寧に伝えていかなければ、どんなスポーツも犬の好き勝手になってしまい、ルールを守りながら楽しむことからかけ離れてしまいます。

犬が楽しく参加できるようにサポートしていきたいですね。

見習いのオビディエンスもかなり長く続けていますが、当初ハンドラーとの協働作業になっていないと指摘された部分の修正を重ね、ようやくちょっと形になった気がします。

202110311

とは言っても、オブジェクトが目に入ってロックされてしまい、臭気選別の木片を探すのに手間取り、あえなく1課目0点という結果に。

それでも他の課目で頑張ってくれたので、なんとか70パーセント越えで5席(10頭中)をいただきました

202110312

阿吽の呼吸にはまだまだですが、成長が見られるのは嬉しいもの。

どんなドッグスポーツもオビディエンスの基礎は大事ですね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年8月16日 (月)

FCIオビディエンスワールドチャンピョンシップ

金曜日からスイスでFCIオビディエンスの世界大会が開催されました。

昨年からのコロナ禍で、日本国内の選考会が開催されず、日本の代表チームの派遣がなかったことはとても残念です。

犬たちの一生はとても短く、いわゆる油がのっている時期はさらに短いと言ってもいいでしょう。
オビディエンス競技に限らず、アジリティやディスクなどのドッグスポーツにおいても、トップを目指すハンドラーにとっては、一年はとても貴重です。
オリンピック選手が4年後に合わせて調整できても、8年後では難しいのと同じです。

今回、各国の選考会で上位のチームが国の代表として参加するワールドチャンピョンシップ。
今年も2日間に分けて100ペアの審査が行われ、上位20ペアで最終日は決勝戦が行われました。

日本チームは参加していないものの、何度も日本に来られてセミナーの講師をしてくださったドイツのShaunaさん、イタリアのValentinaさん、そしてデンマークのMiriamさんなど、知っている方たちの競技を見るのはとても楽しいものでした。

特に初日グループに参加されたShaunaさんの一席のパフォーマンスは素晴らしいものでした。
競技中常に笑顔だったShaunaがとても印象的でした。

2
日目のグループのValentinaさんも決勝戦に残り、最終日20ペアで争われた決勝戦は圧巻でした。

グループ休止中も、微動だにしない犬たち。
202108161

その他の課目でも、素晴らしいパフォーマンスが見られました。
そして、なんと点数の辛いこと。
世界大会の厳しさは話で聞いていましたが、衝撃的でした。

202108160

そして、どの犬もイキイキと作業をこなし、例えミスがあったとしても、ハンドラーが犬をねぎらう様子は見ていて気持ちがいいものでした。

来年は日本からも世界大会に参加できるよう、コロナが終息することを望むのみです。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧