FCIオビディエンス

2020年12月26日 (土)

年内最後のオビ練習会

今日は秋ヶ瀬で行われたFCIオビディエンスの練習会に見習いと参加してきました。
今年最後の練習会です。

今月、晴れてCLASS IIIに合格した見習い。
少しずつ課題の意味が理解出来てきたように感じていますが、今日の練習会で、さらに安定したような気がします。

JKC
CD競技に関しては、以前から訓練士会の競技会などで、練習リンクを用意してくださり、自主練を行うことができたのですが、FCIオビディエンスに関しては、CD用のリンクを使ってやらせてもらう程度で、規定のスペースに満たない上に、機材も無い環境でした。

今回のような練習会は2回目ですが、機材や人材を用意していただき、本競技同様のスペースを使って練習が出来るのはとても助かります。

さらに、グループでの休止など一人では絶対練習出来ない課目も他の参加者と一緒にやることができるので、とてもいい機会です。

202012261
練習環境が整わない人にとってはとても有効な練習場所と言えるでしょう。

本番を睨んだ練習は、どんな競技にも必要ですね。
-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年12月13日 (日)

FCIオビディエンス競技に参加してきました。

今日はJKC主催の訓練競技会に見習いVincentと参加してきました。
コロナ禍で開催が中止になった三月以降、先月ようやく再開し、今季2回目の競技会でした。

202012131
Photo by Y.Kさん

先月の競技会では、日々の練習の成果とはならず、日々出来たことが競技会本番でできるとは限らないということを証明したものでした。

ドッグダンスも同様ですが、いつも練習していることが、いつもと違った本番の環境の中で発揮できるとは限りません。
本番に近い練習は欠かせないのです。

ひとつひとつのパーツを組み合わせて流れを作っていくのは、ドッグダンスもオビディエンスも同じです。
ただひとつ違うのは、ドッグダンス競技においては、作ったルーティンの練習を行うので、本番では同じことをすることが大前提です。
もちろん、何かあればアドリブも必要ですが。

一方オビディエンス競技では、個々のパーツの練習は行いますが、それがどんな組み合わせで行われるかは当日の指示で決まるというものです。

例えば臭気選別の木片の配列も競技会の度に変わりますし、姿勢変更の順番や、持来するダンベルの位置(左右)、跳び越える障害の種類などなど、当日その場で決まります。

202012132

毎回違うことを遂行するためには、犬たちのメンタルは非常に重要です。
技術だけではありません。

今回見習いは10課目中1課目だけ得点できませんでした。
それは臭気選別の木片持来です。
つまり、6個から8個の木片の一つにハンドラーの手の匂いをつけて10メートル離れた地面に並べ、その中から正解を探して持ってこさせるというもの。

彼は正解を持ってすぐ傍まで戻ってきたにも関わらず、なぜか目の前で踵を返して他の木片の元に戻って、再度匂いを嗅ぎ直しているうちにタイムアウトになってしまったのです。

木片の正解を嗅ぎ分ける能力は持っています。
なぜ目の前で踵をかえしたのか。
もちろん私は正解を知らないので、持ってくるまでは何も言えません。

この課目を落としてしまったので、必然的に30点減点されてしまいました。

もちろんまだまだほかの部分もペナルティがあったので、高得点には至りませんでしたが、なんとか試験には合格することができました。

次回の競技会からは受験料がかからず、出陳料だけでチャレンジできます。
少し肩の荷がおりました。

ようやく各課目のパーツが理解できてきた見習いに、これからはメンタル部分を強化しつつ、オビディエンスを一緒に楽しめるように伝えていきたいですね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年2月23日 (日)

JKCの競技会に参加してきました。

今日は見習いとFCIオビディエンスのクラスIIIに参加してきました。

クラスIIIは遠隔作業が多いので、作業の精度をあげることは結構難しいものです。
遠隔への送り出し、遠隔での招呼、遠隔での姿勢変更、遠隔での臭気選別。

今回の見習いは、前回大きくエラーを出した作業に少し安定感が出て、
多少の得点に結びつきましたが、精度はまだまだ。

特に、練習では最近迷いがなくなった臭気選別が
なんと本番の今日は、一度正解を咥えたのに、
また確認に戻るという行動に出てしまいました。
確かに風があまりに強く、匂いが流れたとも考えられます。

早とちりだった時を考えると、確認するゆとりがあったのか
あるいはまだまだ自信が無いのか。
もう少しよく観察してみましょうか。

鉄板の「休止」の次によくできたのが招呼中の作業。

202002231

まだまだ先は長いようです。


------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年2月14日 (金)

オビディエンス:臭気選別

見習いとやっているFCIオビディエンス競技には「臭気選別」という課目がクラス2から出てきます。
「臭気選別」には「自臭」と「他臭」があり、オビ競技では「自臭」になるため、
ハンドラーの匂いが付いた木片を探し出して持ってこなければなりません。

犬は元々嗅覚を使う動物なので、我が家の犬たちには、
目視出来ないものを探させるゲームから教え始めました。
いわゆる探し物ゲームです。

その後、いくつかの同じ木片の中から、私の匂いが付いたものを
探し出すというように工程は移行していきますが、
その過程にはいろいろな方法があります。

目視出来ないものを探すという段階で、犬たちのサーチモードが
目から鼻に変わるところはなかなか興味深い瞬間で、
最近はノーズワークをやっている人も増えたので、
その醍醐味を知っている方は多いでしょう。

匂いは空中に浮遊するので、場合によっては匂いの元(物)から離れた方向から
犬が匂いを追ってくることもあります。
広い場所での探索などではよく見られる光景です。

オビ競技の木片は25センチ間隔で並べられているのですが、
風が吹いていれば匂いが隣の木片に向かって流れることもありますが、
10メートル離れた場所から犬を木片に向かって送り出し
正解を持って帰ってきてもらうという行動は、
ある意味、「犬は鼻が利く動物だから当然出来るであろう」と考えます。
確かに。

しかし、その一連の流れを犬にきちんと伝えなければ、
能力は持っていたとしても、何をすればいいかわからない犬が
正解を持ち帰る確率はとても低いと考えられます。

1.木片に向かって走っていく。
2.いくつかの木片の中から、飼い主の匂いが付いた木片だけを選択する。
3.選択した木片を咥える。
4.咥えたままハンドラーの元に戻ってきて脚側停座する。

そして何より、この工程の2番だけは人間が正解を教えることが出来ないという特別な作業になります。

見習いは去年はずっと自信が無く、
正解を咥えたものの、また他の木片のチェックに戻るという
やっかいな病気にかかっていました。

チェックに戻っても正解を持って帰ってくれば点数は付きますが、
戻る途中で咥えていた正解を落とすので、
その後正解をもう一度咥えようとしたときに
くっついていた別の木片を咥えてみたり、
あるいはチェックするとき、他の木片を咥えてしまったりと
得点につながらない行動が続いていました。

今年になって、至近距離での練習を重ね、
正解に対しての褒めを早めることで、
少しずつ自信は回復してきましたが、
距離が出ると今度はせっかち病が。

202002141

一つ一つの作業を丁寧に教えるには、
きちんとしたプランニングが欠かせませんね。


------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年1月19日 (日)

FCIオビセミナー

3日間続いたオビディエンスセミナーが終わりました。
参加犬と各ハンドラーが課題に向き合う作業を見学しながら、
我が家の見習いVincentも持つ共通の課題の改善策を学ぶことができました。

課題に向かうアプローチの方法は様々で、
トップトレーナーであってもそのメソッドはそれぞれ違います。
目指すところは同じでも、その手法が異なることで、
実際の競技においてはその過程さえもジャッジの目には
明瞭に映るようです。

今回はトップトレーナーのポリシーやコンセプトを学ばせてもらっただけでなく、
FCIオビディエンスのジャッジによる審査基準やFCIオビディエンスの神髄についても
お話しを伺うこともでき、大変勉強になりました。

犬との協働作業において、犬をよく観察しなければいけないことは
オビディエンスの分野に特化したことではありません。
日常生活においても、犬のことを知ろうとしなければ
こちらの気持ちを上手に伝えることもできません。

お互いをよく知ることから始めてみましょう。

雪が降ったり、晴れたりと、変わりやすいお天気でしたが、

202001191

202001192

同伴の犬たちは楽しそうに雪遊びに興じていました。

202001194
------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年1月18日 (土)

FCIオビディエンスセミナー


昨日からイタリアのFCIオビディエンスチャンピョン経験者を講師に招いたオビディエンスセミナーに参加しています。

このセミナーは一般的にオビディエンスと言われる服従訓練や日常マナーといったものとは異なり、FCIの世界大会を基準としたルールに則った競技について学びます。

競技クラスはClass I,II,IIIと難度があがっていくものですが、日本国内のオビ人口は少ないものの、競技を極めたいと思うファンシャーはとても真面目に勉強しており、海外から講師を招いたワークショップやセミナーも年に数回は開催されています。

我が家はアシスタントのニコルがCDのグランドトレーニングチャンピョンを取得した後始め、その後見習いのVincentが始めました。
現在クラスIIIにチャレンジしています。

今回の講師はボーダーコリーのブリーダーでもあり、パピーの資質の見分け方や、パピーからの英才教育にも力をいれています。

競技を目標にした今回のセミナーは、犬の体づくりから、犬との関係づくりや協働作業に特化したトレーニングをしています。

高みを目指す人の徹底したストイックなトレーニング方法を目の当たりにし、犬の能力は本当に奥が深くて面白いと感じました。

夜はFCIオビディエンスのジャッジによる競技の採点基準や来年改定になるルールの概要についてのお話もありました。

セミナーは明日まで続きます。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年12月26日 (木)

オビディエンスセミナー二日目

山中湖のwoofで行われたオビディエンスセミナー二日目は
見習いVincentと参加しました。

午前中は現在見習いと取り組み中のFCIオビディエンスクラスIIIの課題で、
足踏みになっている「前進」の改善方法を教えていただきました。

何事もコツコツなのはわかっていますが、
どちらかというと一人でオビ練習をやっていると、
ついつい頭が固まってしまうこともあります。

そんなときに必要なのが客観的な第三者のアドバイスです。

量も大事ですが、質も大事。

午後のレッスンでは本番を想定して不得意な課目を実際に行うことに。

セミナー講師のショウナさんがジャッジ役、いつもお世話になっているS先生がスチュワードをやってくださいました。

201912261

とても贅沢な時間でした。

課題はまだまだ満載ですが、頂いたアドバイスを無駄にしないように、
コツコツやっていきたいですね。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年12月25日 (水)

オビディエンスセミナー@woof

今日はドイツからショウナさんを講師として招致したFCI規定のオビディエンスセミナーに参加しています。

201912253

それぞれの課題に合わせてトレーニングの方法を学ぶワークショップはとても勉強になります。

内容は奥深く、参加者、見学者ともに真剣に耳を傾けていました。

明日は我が家の課題満載犬見習いVincentがワークショップに参加します。
突っ込みどころも満載でしょう。
楽しみです。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村
--------------------------------

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

オビIII競技に参加してきました。

今日は見習いVincentとオビディエンス競技に出てきました。
場所は滋賀県のドラゴンハット。
初めてのドラハでした。

オビIIIに昇格してから3度目の競技。
しかも今季は本部の競技会がグラウンド不良で流れてしまったので、
ドラハが初回の競技となりました。

201912071_20191208233401

夏場それなりに基礎練習を積み、秋になってリマインドしながら精度を上げようとしてきたのですが、なんと本番は地面の匂いが気になり集中力が全くなく、私の声が届かないという予想だにしなかった状況でさんざんの結果となりました。

ジャッジの講評は「ハンドラーとの共同作業になっていない。」

まさにおっしゃる通りでした。

意欲やスピードがあっても、共同作業ができなければ、オビの基礎自体が崩れているのと同じです。

少し話し合いをした方がいいようです。
果たして納得いく答えが出せるでしょうか。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年6月20日 (木)

ドッグトレーニング:パーツとパーツが繋がるとき。

今日はFCIオビディエンスの練習会に参加してきました。

私がドッグトレーニングに足を突っ込んだときは
JKC
の訓練競技会で行われるCD(コンパニオンドッグ)というカテゴリーでした。

1997
年から競技会に出始め、先代の犬たちも全頭競技会には参加していました。

現アシスタントニコルがCDでグランドトレーニングチャンピョンを達成したあと、かねてからやりたかったFCIオビディエンス競技を始めました。

ところが、当時はすでにトレーニングにおいて師と仰ぐ人はおらず、独学でニコルと競技に参加していたため、当然FCIオビディエンスも競技課目見ながら自己流でやってきました。

しかし、自己流には限界があります。
CD
FCIオビとは全く違うものだからです。

見習いが来てから本格的にFCIオビを始め、その面白さにどんどんはまっていくのですが、見習いとアシスタントはボーダー・コリーと言っても全く別犬です。
同じ方法ではうまくいきません。
あたりまえですね。

そこで多くの人の助言を聞きながら、同じ目標を持つ人たちと意見を交わし、少しずつ自分の犬に合った方法を取り入れていくという作業が必要になります。

今年オビIIIに昇格し、オビIとオビIIでやってきたことを少しずつ完成させていく作業が続いていましたが、なかなかこちらの意図が伝わらず、日々試行錯誤しています。

焦らず、丁寧に、コツコツが欠かせない犬のトレーニング。
犬が何を、どう理解しているのか見極めることも大事。

今朝7時前から始まったオビ練で、見習いは兼ねてからの課題のひとつ、コーン回りとダンベル持来、そして障害飛越を行いました。

練習場所もままならない状況で、コーンを周ることやダンベルを持来すること、障害を跳ぶことは教えてあります。
しかし、実際競技でコーンに向かって送り出してみたら、コーンにたどり着けなかったり、障害を先に跳んでみたり、ダンベルに直行してみたりと、いろいろ笑えることをやってくれました。

まだまだ先は長い。とパーツの練習だけでなく、なぜ見習いがそんなことになったのかを掘り下げながら、諸先輩のアドバイスを取り入れて練習を続けてきました。
特に、最近やっていたのはコーン回りのみ。
周囲に何があろうと、コーンをみつけてまっすぐ向かって走り回って戻る。

201906201

今日はこの3点がそろった動きを初めて見せてくれました。

彼の頭の中で、景色とパーツがようやくリンクされ始めたようです。

練習は無駄ではなかったと改めて感じたときでした。

--------------------------------
 9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24  
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧