DogLifeDesign

2022年10月 9日 (日)

キュー(サイン)を連呼していいとき、ダメなとき。

今日はDogLifeDesignさんでドッグダンスのプライベートグループレッスンがありました。
参加犬は今までいろいろお勉強しているRくんと、まだ若いA君。
それぞれ集中力も異なり、やっていることも違うので、別々の課題に取り組んでもらっています。

A君が頑張っているフロントからの単独バックステップのプロセスを見ながら、こんな質問がありました。
「行動の持続を教えたいときに、サインのキューを連呼してもいいのか」と言うものでした。

例えば、「オスワリ」や「マテ」など、じっとしていること持続してもらいたいとき、ハンドラーは、「マテだよ。マテ。いい子だねぇ、マテよ~。」と言ったりします。
このとき、犬がまだ「マテ」の意味を理解していなかったら、持続出来ているときにクリッカーを鳴らしたり、言葉で「あってるよ。」と伝え、犬が集中を切らして動き出す前に褒めて解除することで、失敗をさせないトレーニングができます。
犬は褒められるだけで嫌な思いはしないので、楽しい時間を過ごすことが出来ます。
犬がキューの意味を理解してきたら、声掛けを少しずつ減らし、一回の「マテ」や「オスワリ」という言葉で、犬が失敗しないうちに解除していくことで、犬はキューが意味している行動を理解していくことが出来ます。

一方、ハンドラーが犬に「マテ」と言っているのに犬がまだ理解していないためにすぐに動いてしまい、その都度ハンドラーが「マテ、マテ!マテ!!」と連呼しながら言葉を荒げていくと、犬は褒められていないので、何が正しいのか理解できず、何度か連呼された後、苛立ったハンドラーが目の前に来て「マテ!!!」と言うのを聞いて初めてびっくりしてじっとしたようなことになってしまい、犬は1回のキューでは言われたことを遂行しなくてもいいと学習していきます。
つまり、何度か言われて初めて行動に移せばいいと理解してしまいます。

罰を使わないトレーニング方法においては、犬の失敗は犬にとって大きな痛手はありません。
報酬がないだけです。
その分、正しいことをきちんと伝えてあげないと、適当な理解に終わってしまいます。

ちゃんとやったりやらなかったりという信頼性に欠ける行動をよしとするか、時間をかけても、きちんと理解してもらって、お互いのコミュニケーションをレベルアップしていくかはハンドラー次第。

A君はすでに後退歩行の動きには慣れていますが、ハンドラーと向かい合わせのポジションからのバックステップは練習中。

202210091

少しずつ距離を伸ばしながら、言葉のキューを理解してもらいます。

犬にとっても、楽しいトレーニングをやっていきたいですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年10月 8日 (土)

ドッグダンス:トランジッション

ドッグダンスを始めようと思う方の中には、犬と人が一体感を持って、まるで社交ダンスを踊っているかのように動いているのに魅了された人もいらっしゃいますが、アクロバティックな犬の動きや、可愛らしい犬のトリックに魅了された方は少なくありません。

いわゆる一発芸の連続として、アクロバティックな動きやトリックを見せることはできますが、曲に合わせて構成を考えてドッグダンスのルーティンを考えていくと、トリックとトリックの間をどう繋げばいいのか悩むときがやってきます。

犬をこの位置からジャンプさせたいが、その位置にどうやって犬を動かせばいいのだろうか。というようなことです。
このつなぎの部分が「トランジッション」とも言われます。

今日のDogLifeDesignさんでのドッグダンスグループレッスンでは、この「トランジッション」についてお話させていただきました。

トランジッションのベースになる部分はポジションです。
ポジションが変わることによって、犬のスタート位置が変わり、着地点も変わってきます。
同時に、向かっていた方向も変えることが出来るので、バリエーションを増やしていくと、ルーティンも作りやすくなるでしょう。
もちろん、遠隔作業で犬に行って欲しい場所を伝えていくことも出来ますが、ヒールワークトゥミュージック(HTM)においては、特にポジションからポジションへのトランジッションが重要なポイントになってきます。

今日は見習い1号が頑張ってデモをやってくれました。

202210081

長年通って下さっている生徒さんには、見習い2号の様子と比較して、大分大人になってきたと言われた見習い1号。

202210082

まだまだバタついていますが、少しずつこんなことも出来るようになっていくのでしょうね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年6月24日 (日)

トリックレッスン@DogLifeDesign

今日は駒沢のDogLifeDesignさんでのトリックレッスン。

最初のお題は、「持って来い(持来)」を教えたいとのこと。
遊んでいるボールを咥えて手元に持ってきてほしいそうですが、よく見てみると、遊んでいるボールを全く咥えようとしないHさん。
鼻で押して遊ぶのが好きなようです。
呼び戻しは出来るのですが、ボールはおいてきてしまいます。

そこで、咥えられるサイズのおもちゃに変えて、おもちゃにちょっと仕掛けをしてみました。
つまり、咥えたくなるようなチーズの匂いをつけてみたのです。
すると、まずはおもちゃを舐めはじめました。
それでも、かじろうとはしません。

今度はちょっと長めのジャーキー(やわらかめ)とおもちゃを一緒に持ってみせると、ジャーキーを咥えようとして、おもちゃも一緒に咥えました。
そこでひっぱりっこをしながら、トリーツを食べさせてあげました。

いっこうに口をあけようとしなかったHさん、初めてロープを咥えることに成功。
少しずつ、咥えることに慣れてくれるといいですね。


次のお題は台の上に前足を乗せて時計回りにまわること。
実はKさん、反時計回りはシェーピングで覚えていてバッチリなので、あとは時計回りに周る足づかいと言葉のキューをリンクさせればいいだけ。
とは言っても、いつも同じ方向にまわっているKさんにとって、反対周りはまだ概念にありません。

ということで、最初はプロンプトとしてハンドラーが台の反対側に立って時計回りにまわり、それに吊られたKさんも一緒に周ることから始めます。

しかし、このままではKさんは意識的に左の後肢を時計回りに動かせてはいません。
そこで、ハンドラーは一緒に動いたり動かなかったりして、Kさんが自発的に時計回りに動くタイミングをクリッカーで強化していきます。

大きな壁はKさんがハンドラーが後ろになっても一人で周ること。
反時計回りが出来たのですから、時間をかけて教えてあげれば当然時計回りもマスターできるはずです。
今は少しずつ体を慣らしていきながら練習していきましょう。


201806241_2


---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
WCRL規定ラリーオビディエンスの座学と競技体験会開催します。
詳しくはこちらから
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月15日 (木)

トリックレッスン参加者募集中@駒沢DogLifeDesign

2/18、10:30から駒沢のDogLifeDesignさんでトリックレッスンを行います。

ドッグダンスの中で取り入れたいトリックや、アニマルセラピーなどの芸として愛犬に覚えてもらいたい一発芸でも、ご要望に合わせてお教えします。

また、愛犬のオリジナルな動きをトリックとして使えるようにする方法などもお伝えしますので、お気軽にご参加ください。

201702192


お申し込みは下記DogLifeDesignさんのスケジュールからお願いします。

---------------------------------
2018年3月24日、山中湖のwoofでドッグダンスのファンマッチを開催します。
新しいルーティンの練習や、場慣らしの場としてお使いいただけますので、是非ご参加ください。
詳細はこちらから。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)