ドッグトリック

2024年1月14日 (日)

トリーツはルアーから報酬へ

犬の行動を引き出すためにトリーツ(食べ物)をルアーとして使いますが、ある程度行動が習慣化してくれば、当然ルアーは必要なくなるので、外していかなければいけません。
しかし、犬はいつもトリーツをくれる手が気になってしまい、手が動く度にルアーのように釣られてしまい、なかなか言葉のキューとのリンク付けが出来ないことがよくあります。
手にトリーツを持たずに、ハンドシグナルとして使ったとしても同様のことが起こります。

いつも書いていますが、トリーツを持って「行動の持続」を教えることもありますが、ある程度犬が行動を理解してきたら、トリーツは持っていなくても必ず報酬としてもらえることを伝えていきます。
それによって、目の前にトリーツが無ければ動かないという犬にはならなくなるわけです。

ハンドシグナルも同様で、ハンドシグナルが外せないと、犬はなかなか行動と言葉のキューのリンク付けが出来ません。
さらに、なかなか行動に移せない犬を前にキューを連呼すると、犬はますます正しく理解できなくなってしまいます。

プライベートレッスンのKくんは、「Sit(オスワリ)」を連呼しなくなったら、一回でも座れるようになったそうです。

犬の立場に立って考えてみるとわかりやすいでしょう。


さて、今日はドッグダンスのプライベートレッスンがありました。
Mくんはいろいろなムーヴやトリックを知っています。
しかし、ハンドラ―が無意識に動かす手の動きに気持ちがそらされて、キューが出ても手の動きに気を取られてしまったり、トリーツが出てこないか待ってしまうことも出てきました。

そこで、今日はハンドラ―さんの手はポケットの中に入れていただいて、言葉のキューだけで動けたら報酬が出るという練習をやっていただきました。

202401141

人間の無意識な動きが犬のディストラクションにならないように、ハンドラ―の姿勢も含め、ニュートラルでいられるように練習していきましょう。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年1月 8日 (月)

犬は予測する

日常生活では、人が声をかけなくても、犬は人の動きを見ながら次に起こることを予測します。
家に迎えたばかりの子犬では無理ですが、1年以上一緒に暮らしていれば、おおよその行動を予測することは可能です。

そろそろごはん。
そろそろお散歩。
そろそろ寝る時間。
などなど、ちゃんとわかるようになります。

予測できるということは、犬にとってある意味安心できる生活とも言えます。
次に起こることが全く予測できなければ、犬は常に緊張状態になり、健康上もよくありません。

様々なドッグスポーツにおいても、日々同じことを練習していれば、犬はおおよそのことを予測し、勝手に動こうとします。
いわゆるフライングです。

競技におけるフライングは大きなペナルティになります。
つまり、犬がハンドラ―の指示(キュー)を待たずに勝手に動いたと判断されるからです。

かつて(今もかも)、「意欲の空回り」と言われた我が家のアシスタントは、オビディエンス競技の課題全てに前のめりなので、ダンベルの持来においても、ハンドラ―がダンベルを投げようと手を動かしただけで、前に飛び出すほどだったので、きちんとキューを待ってから取りに行くようにと何度も練習しながら伝え、ようやく待てるようになりました。
お尻のあたりがウズウズしているのは今も変わりません。

ドッグダンスでも、音楽に合わせて構成を考え、ルーティンを作って行く中で流れの練習をしていれば、犬は当然次の動きを予測するようになります。
特に動くことを楽しんでいる子はどんどん先にやろうとして、ハンドラ―がキューを出す前に動くため、ハンドラ―は音楽に合わせようと焦り、犬は早く次のキューを出せとハンドラ―に催促するようになってしまいます。

しかし、これもアシスタントのオビディエンスと同様で、ハンドラ―のキューを待ってから作業するルールがあることをきちんと教えてあげないと、お互いストレスになってしまいます。

待っていて欲しい(じっとしていて欲しい)場面で、犬が先を予測して動き出してしまったら、せっかくの構成もぐちゃぐちゃになってしまいますね。

トリックも含めいろいろなことを学習できる賢い犬たちですから、「待つ」ことを教えてあげることで、不協和音を無くすことも可能です。

お互い、焦らず、ゆっくり楽しみましょう。

今日のドッグダンスグループレッスンでは、Lくんが「次はこれでしょ?」とサクサク動いてくれるのですが、先読みを始めてしまい、せっかく伸びていたバックステップの距離が短くなってしまいました。

202401081

しかし、パーツごとの練習と、キューをきちんと聞くルールを教えてあげたら、ちゃんと待てるようになりました。
わかりやすく伝えてあげましょう。
----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年12月 4日 (月)

ドッグトレーニング:景色が変わると出来ない話

犬に行動を教えるとき、いつもと違う状況で言われてもできないことがあることはいつもお伝えしています。
家の中では出来ても外では出来ない「オスワリ」や、ハンドラーと向き合っているときは「オスワリ」出来るけど、ハンドラーと3メートル離れていると出来ないなどがそれにあたります。

さて、我が家の見習いは、私との向かい合わせの単独バックは普通に下がることができます。
距離はまだ5メートル程度ですが、単独後退歩行は出来ます。
しかし、私の足の間のポジション(センター)に立っている見習いに「バック」というと、戸惑って「おじぎ」をしたり、足踏みをしたりと、なかなか下がれませんでした。

そこで、先日お話ししたように、犬がわかりやすいように、プラットフォームを置いて、見習いが下がりやすいように、足の間のポジションで前後の動きを繰り返した後、「バック」のキューを出し、見習いにプラットフォームを意識させたところ、「バック」は私との位置関係が変わっても、後ろに下がることだと少し理解しました。

202312041
202312042
202312043

※このときハンドラーは振り向かないことが大事。
私は横にあるガラスを見ながら、犬の動きをチェックしています。

まだまだ先が長い話ですが、少しずつ理解を深めてもらいましょう。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年11月22日 (水)

オビディエンス練習会

今日はオビディエンス競技を楽しんでいる仲間たちとの練習会でした。

202311222

オビディエンスの中には、FCIオビディエンスやJKC家庭犬競技(CD)、オプデスのTTなどが含まれています。

愛犬にスキルを教えることは一人でも出来ますが、本番で遭遇するディストラクションに対峙する練習はなかなかできないので、グループ練習会はとてもいいチャンスです。

特に経験値が低い若い犬にとって、他犬や他のハンドラー、ジャッジやスチュワードなどの存在は大きなディストラクションになります。

半年前、初めてFCIオビディエンスIに出た見習いは、見習いを凝視するジャッジをガン見し、機材を持って動き回るスチュワードの動きに目を奪われていました。

集中力を欠いた場合どうなるのか。
ハンドラーのキューを聞き逃し、作業の精度を落としてしまいます。

今日もウォーミングアップの後は、集団休止から。

202311221

隣のハンドラーの声に惑わされたり、そばを通るスチュワードに気持ちをそらされないように、みんな頑張っていました。

本番に沿った練習は、犬のメンタルサポートにもなります。
「出来る」を増やしてあげることが大事ですね。
----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年11月21日 (火)

「バック」のキューを使わない方がいい場合

ドッグダンスのムーヴで使う「バック(後退)」はどういうときに使いますか?

愛犬に後退歩行をお願いするとき、私のキューは「バック」です。
犬たちは、「バック」と聞けば、今いる場所から一人で後ろに下がり始めます。
犬には次のキューが出るまで下がるように教えています。

犬がヒールポジションでハンドラ―と一緒に動く場合はポジションを維持することを犬に伝えているので、ハンドラーが後退する場合でも、「バック」のキューは使わず、ヒールポジションだけを言うようにしています。
もし左側のヒールポジションにいる犬に「バック」と言ってしまったら、アシスタントや見習いは、自分のペースで勝手に後ろに下がってしまうからです。
ハンドラーが前進しようが後退しようが、あるいはサイドステップを踏んだとしても、犬との距離と位置関係は変わらないので、私はヒールポジションのキューしか出しません。

同様に、ハンドラーと犬が向かい合わせのポジション「フロント」の状態にいるとき、ハンドラーが前に進めば犬は当然後ろにさがることになりますが、この場合も犬だけ勝手に後ろに下がってしまっては困るので、「フロント」というポジションのキューを伝えます。

202311211

後ろに下がるのが苦手で、一歩一歩しか歩かない犬であれば、「バック」とその都度言うことも出来るでしょうが、様々なポジションからでも、単独でスムースに下がることを教えてある場合は、「フロント」ポジションを優先した方が犬にはわかりやすいと思います。


さて、今日はLさんのプライベートレッスンがありました。
若干犬や子供が苦手なLさんですが、今日は散歩中、視界に他犬や走り回る保育園児がいる中で、飼い主さんと楽しそうにおもちゃで遊ぶことが出来ました。

202311212

周りに多少のディストラクションがあっても、ハンドラーへの集中力の方が強かったからです。
日ごろのトレーニングの成果が確実に出ていますね。

少しずついい経験を積んでもらいましょう。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年10月30日 (月)

ドッグトリックを教える

最近は動画サイトを検索すると、様々なドッグトリックやその教え方などを閲覧することが出来ます。

愛犬にトリックを教えることは楽しいだけでなく、愛犬とのコミュニケーションにも繋がって行くので、愛犬に危険が及ばない範囲であれば、どんどん教えてあげて欲しいと思っています。

教え方については、細かく説明されているものもあれば、簡単なものもあるので、手順通りにやったからと言ってうまく行くとは限りません。

さらに個体差があるので、そのトリックに向いているかそうでないかと言うことも重要なポイントになります。

例えば、身体の大きな大型犬に、ディスクドッグがよくやる体をひねるフリップジャンプを教えようとすれば、ハンドラーは命がけになるだけでなく、犬も怪我をしてしまうかもしれません。
体の軽い小型犬やアクティブな中型犬におすすめなトリックと言えるでしょう。

また、体重だけでなく、犬の骨格や筋力にも大きく影響されるので、向き不向きを考えて教えてあげることをおすすめします。

そして、もうひとつ覚えておくといいことは、いくつかの行動を組み合わせるトリックの場合は、ひとつひとつのトリックをきちんと犬に理解させてからコンバインさせることで、いろいろ汎用できるようになるということです。

例えば、
①何かの上に乗る
②体の向きを変える
③何かに前足を乗せる
これらの動きを犬がきちんと理解出来ていると、的確なタイミングで的確なキューを出すことで、犬がきちんとお願いされた行動を取ることが可能になります。

さて、今日のLさんのプライベートレッスンでは、なかなか一人ではうまく教えられないトリックを、ハンドラーさん一人で上手にやって頂きました。

202310301

これは、Lさんが先ほどあげた三つの行動をきちんと理解しているからこそ、ハンドラーさんがLさんを手で誘導することなく、自らやり遂げた結果です。

愛犬に言葉を教えてあげると、こんなに楽しいこともできるようになるわけですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年9月17日 (日)

ドッグトレーニング:「般化(はんか)」を教える

先日、愛犬と目が合っていなくても、すでに教えてあるキューに対して、犬がちゃんと出来るように教えてあげましょうという話を書きました。
つまり、「オスワリ」をお願いしたら、ハンドラーと向かい合わせで立っていなくても、ハンドラーが違う方を向いていたり、ソファに寝転んでいたり、あるいは10メートルぐらい離れていても、「座る」行動は同じだよ。と教えてあげるということです。

周りの環境刺激(景色)が変わったとしても、取るべき行動は変わらないと伝えてあげることを「般化」といいます。

さて、今日のドッグダンスグループレッスンで、Lくんは単独バックステップの「般化」を学ぶことになりました。
なぜなら、ハンドラーと向かい合わせであれば、「バック」のキューである程度まで下がれるのに、ハンドラーの足の間のポジション(センター)から「バック」のキューを出すと、1歩ぐらいしか下がれないからでした。

「バック」の意味が分かっているのに、ハンドラーとの位置関係が変わって、目に映る景色が変わったことで、Lくんはバックできなくなってしまったのです。

そこで、ハンドラーには椅子に腰かけてもらい、足の間にいるLくんに「バック」のキューを出してもらったところ、ハンドラーとアイコンタクトが取れていなくても、Lくんは2歩ほど下がることが出来ました。

202309171

さらに下がれる距離を伸ばすために、ターゲットとしてプラットフォームを置いたところ、この位置関係であれば、Lくんはもっと下がれることがわかりました。

202309172

その後、距離が伸びたらクリッカーを鳴らして褒めていたところ、Lくんは自信をもってプラットフォームまで下がるようになったので、ご褒美のトリーツを取りに行っている間に、ハンドラーの向きを変えてもらいました。
つまり、初め下がれなかったセンターポジションにLくんを呼び込んで、すぐに「バック」のキューを出してもらったのです。

すると、景色が変わったことを気にせず、Lくんはプラットフォームまで下がって行くことができました。

202309173 

当然、そのあと景色の違いに気づいて、また距離が戻ってきましたが、3回ほどセッションを繰り返していたら、ハンドラーの向きが変わっても、継続的にバックの距離が伸びるようになってきました。

だんだん新しい景色に慣れてきたのでしょうね。

こういう練習はすぐに効果がでるものではありません。
少しずつ、ハードルを低くして繰り返していくことで、犬が「あー、これもいつもと同じことだね。」と理解した時から、学習がさらに進んでいくことになります。

あきらめずに、地道な作業が大事ですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年8月28日 (月)

ドッグダンス:「おじぎ」を教える

ドッグダンスのトリックでよく使う「おじぎ」を教えるのはさほど難しいものではありません。
3年前に動画を撮ったので、ご参考までに。


見習いにも「おじぎ」を教え、立っている状態からなら視符や体符が無くても出来るようになりました。

今は「持続」を教えていますが、同時に、フセからの「おじぎ」も教え始めました。
なぜなら、「おじぎ」と言われたら、どんな姿勢からでも「おじぎ」のポーズが取れるように教えるためです。

立止から「おじぎ」を教えると、伏せているときにキューを出しても、一度立ち上がってから「おじぎ」のポーズを取ろうとするので、フセの状態からでも「おじぎ」のポーズが取れると教えるためです。

体の使い方を教えてあげると、上手に使えるようになります。
力で強制するのではなく、自発的にその姿勢になるようにします。

202308281

繰り返し練習したところ、ちょっとわかってきたようです。

焦らず、ゆっくり教えていきましょう。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年8月23日 (水)

ドッグトレーニング:体の使い方を教える

犬は運動神経がいい。と思っている人は少なくないでしょう。
犬は走るのがあたりまえ。と思っている人もいるでしょう。
犬はジャンプが出来て当然。と思っている人もいるでしょう。

もちろん犬種による違いはあるので、どの犬も同じぐらい運動神経がいいわけではありませんが、それなりに上手に体を使っていると思っています。
しかし、実際はそうでもなかったりします。

特に、犬の場合はネコと違って、後肢への意識があまり無いので、後肢の使い方が下手だったりします。
以前テレビ番組で観たネコは、落とせば割れそうな物が陳列してある棚の上でも、器用に避けて歩いていました。
犬はなかなかそうはいきません。

そこで、特にドッグダンスでは、様々なステップを教える過程で、後肢にも意識を持ってもらうためにいろいろな練習をしますが、ジャンプも同様で、前肢はクリアしても、後肢が引っかかるということがよくあります。

我が家のアシスタントは、オビディエンス競技をやっています。
障害飛越に関してはそれなりに問題なく跳べていたので、ドッグダンスのトリックである腕跳びも問題ないと思っていたら、実は上手に跳べないということがわかりました。

理由は助走距離が無いから。

単純に考えると、助走距離が無いとスムースに跳べないことがありますが、個体によっては助走が無くても跳べる犬がいます。
前アシスタントがそうでした。
元々上に跳ぶのが上手な犬種に、トイプードルやシェルティ、オーストラリアンシェパードなどがいます。
そして現見習いもどちらかと言うと助走距離が無くても大丈夫なタイプです。

案の定、ちょっとした練習で、見習いは上手に腕を跳ぶことが出来ましたが、アシスタントは相変わらず不器用です。

今日はちょっと助走の無い練習をやってみました。
若くないので無理のない程度です。

202308232

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年8月22日 (火)

ドッグダンス:パーツを教えることから始めましょう。

今日はドッグダンスのレッスンがありました。
トリックも上手にこなすLさん、新しいトリックに挑戦したいとのことで、今日はその教え方についてお伝えしました。

トリックの完成形は、Lさんにハンドラーの足の間から単独で前進してもらい、その先で止まってから何かトリックをやって、そのままバックで再びハンドラーの足の間に戻ってくると言うもの。

Lさんは、ハンドラーの足の間のポジションを知っているので、それぞれのパーツを別々に教えて繋げることにしました。

それぞれのパーツとは、
・ハンドラーの前で、前を向いて立っていること。
・前を向いた状態で簡単なトリックがやれること。
・単独で前進すること。
・離れた場所で、ハンドラーに背中を向けて簡単なトリックが出来るようになること。
・バックで離れた場所からハンドラ―の足の間に戻ってくること。

これらのパーツをマスター出来たら、最後にコンバインするわけです。

202308221

急いで繋いだ状態の練習から始めると、それぞれが適当になってしまうことがあります。

目標に向けて少しずつ練習して行きましょう。

さて、簡単なデモをアシスタントに頼んだところ、ずっと以前に教えたことをちゃんと覚えていてびっくりしました。

彼のシークエンスは、フロントポジションから単独バックをさせ、半回転してから、再びバックで私の足の間に戻ってくると言うもの。

故アシスタントは得意な動きでしたが、現アシスタントには教えていませんでした。
っが、パーツの練習はやっていたので、今回初めて繋げてみたところ、遠隔では回転できませんでしたが、少し離れた場所でしたら、なんとか形になりました。

202308222

202308223

一度教えたことは忘れないということですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)