パピートレーニング

2021年1月27日 (水)

ドッグトレーニング:ある程度のガス抜きは必要です。

プライベートレッスンに伺うと、いつも大歓迎してくれるAさんですが、最近は少しずつ落ち着くまでの時間も早くなってきました。
ところが、今日はパワー全開で、なかなか落ち着けません。

202101271

聞けば、今日はお散歩があまり出来ていないとのこと。

時間はかかりましたが、しばらく待ってあげると、ようやくいつものAさんに。

202101272

先日我が家の犬たちも、悪天候で十分に発散できていなかったときは、珍しく家の中で「遊ぼうよ~。」と催促に来るほど。
特に若い犬は、エネルギッシュな体を持て余し、ぶつける相手を探していることもあります。

時にはお散歩が十分に出来なこともあるでしょうが、サイズに関係なく、犬たちが心身共に健康であるためには、運動量は欠かせませんね。

その後Aさんは、頭を使いながら、おもちゃの遊びも混ぜて、たっぷり一時間頑張ってくれたところ、帰るころには自分から伏せて落ち着いてくれました。

レッスン中のAさんの元気っぷりは👇。


-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年1月23日 (土)

パピーレッスン:子犬の気持ちを尊重しましょう

「犬が尻尾を振っているときは、嬉しいサイン」ということが100パーセント正解でないことが少しずつ周知されている昨今ですが、愛犬の気持ちを察っしてあげるのは意外と大変です。
特に、子犬や、新しく迎えたばかりの犬の場合、意思の疎通もままならないので、「犬はこういうもの」という先入観で接していると、勘違いしてしまうこともあります。
尻尾ひとつとっても、振っている尻尾の位置や速さなどによって、犬の気持ちは異なるからです。

尻尾に限らず、顔の表情、耳の動かし方、体の緊張感などをよく観察しないと、犬の気持ちはなかなか理解できません。

しかし、ボディシグナルがうまく読み取れない場合でも、犬にはもうひとつ意思表示する方法があります。
それは唸ったり、吠えたりすることです。

子犬だから大丈夫ということはありません。
中には、「子犬が唸ったからと言って、大したことじゃない。
今のうちに、止めさせなければ。」という人がいます。

子犬だって怖い時は唸ったり吠えたりして、気持ちを表しているのですから、止めさせるのではなく、その状況が子犬にとって怖いと理解してあげ、少しずつ怖いものを減らすサポートをしてあげる必要があります。
犬のこのサインを無視していると、犬は唸ることや吠えることをせず、突然に噛むという行動に出ることもあります。
これは攻撃行動ではありません。
身を守るための防衛行動と言っていいでしょう。

犬の要求に全て応える必要はありませんが、理解することは大事。
嫌がることを無理強いすると、のちのちトラウマになったりします。

我が家の見習い、小さいころからいろいろな人に会って、優しく接していただき、基本的には人は大好きですが、若干警戒心が見え隠れします。
子犬の時の一度怖い思いをしているからです。

その後、いろいろな人に出会い、かわいがってもらったおかげで大分平気になったとは言え、急に抱きつかれたりすると緊張して吠えたりします。
気難しいやつです。

でも、それをわかってやれるのは飼い主だけなので、なるべくそういう状況にならないように気を配ります。

202101231
※犬好きなお子さんであっても、ぎゅっと抱きしめに来るのではなく、見習いが自分から寄っていくまで待ってもらいました。

202101232
※大好きなお子さんには、自分から率先して挨拶に行けるようになりました。


アシスタントの方は、全くそういう心配がないのですが、犬の性格もいろいろなので、よく観察することが大事。

まずは愛犬を理解することから始めましょう。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年1月 6日 (水)

パピートレーニング:子犬の自主性を妨げない

先日、散歩の途中で小型犬と遭遇しました。
大分暗くなっていたのと、道が狭かった(車がすれ違えない幅)こともあり、こちらはよそ様の敷地に少し避けてやり過ごそうとしたのですが、相手の犬はとてもこちらに興味を持っている様子でした。

聞けばまだ4か月の子犬とのこと。
見習いは、2か月近くお預かりをしていたNちゃんになじめるまでに10日間もかかったほどですから、とりあえず私の傍に置き、アシスタントだけご挨拶に行かせました。
しかし、アシスタントは子犬よりも飼い主さんの方が気になって、子犬のことは全く眼中にない様子。

アシスタントがそばに寄って行ったことで、子犬の方は隠れたり、そばに寄ろうとしたり、また離れようとしたりとジタバタしています。
しかし、リードの長さが1メートルちょっとしかないので、離れたくても離れられず、ちょっと首吊り気味になっています。

そこで帰り際に、おせっかいながら、ちょっとリードの長さが調整できるように長めのものを使うといいですよとお伝えしました。
なぜなら、対象物から離れたければ離れることが出来るし、近寄りたければ自分から確認しに行くことが出来るからです。

実際、子犬に興味を示さないアシスタントの様子を見て、その子犬はこっそりアシスタントの後ろに回ってお尻の匂いをチェックすることが出来ました。

距離が取りづらい道端での犬同士のご挨拶はあまりおすすめしませんが、スペースのある場所や公園などで、双方の飼い主さんが了解している場合は、子犬のペースに合わせながら、挨拶の機会を設けることは悪いことではありません。
そんな時でも、子犬のリードがタイトになっていると、ちょっと嫌だなと思っても相手との距離が上手に取れずに、嫌な経験をしてしまうことがあります。
制御できる年上の犬をきちんとコントロールしつつ、子犬にいい経験をさせてあげるためには、少し長めのリードがおすすめです。
その場合は、急にストッパーがかかるフレキシブルリードではなく、ハンドラーが柔軟に長さを変えられる手になじみやすいロングリードが扱いやすいでしょう。

子犬は散歩中に多くのことを学んでいきます。
危険な場合はハンドラーが止めることも必要ですが、子犬が自分で確認して納得できる機会を設けて自主性を育てていくことも大事です。

「あれもダメ、これもダメ」というと学習が妨げられますし、怖がっている犬を「大丈夫、大丈夫」と無理矢理近づけるのも警戒心を強めてしまいます。

何事も、子犬をよく観察しながら子犬の距離感を把握し、サポートしてあげられるといいですね。

202101061

見習いが3か月の頃、初めて見る人間の子供に少々腰が引けつつも、自分から確認しに近づいたときの様子です。
この時は5メートルのロングリードをつけて、いつでも呼び戻せるよう準備をしていました。

----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年11月27日 (金)

パピートレーニング:甘噛みの話

今日は先日戸塚で行ったドッグダンスのデモのあとにお受けした無料しつけ相談であがった問題のひとつ「甘噛み」についてお話します。

「甘噛み」とは読んで字のごとく、甘く噛んでくる犬の行為です。

犬が自分の要求を伝えようとすれば、人間と違って言葉以外のあらゆるボディーランゲージを屈指します。
そのひとつが口です。
口は吠えたり、泣いたりするだけでなく、噛むときにも使います。

子犬の口は、目の前の物を確かめるためにもよく使われます。
つまり口の中に入れてみたり、噛んでみたりと、攻撃以外の意味で使われます。

「甘噛み」と言われる部分は、子犬が何かを口の中に入れておしゃぶりのようにチューイングする行為を言います。
相手が兄妹犬や母犬の時もありますし、人間との暮らしの中にあっては、人間の手に対してよく行われます。
なぜなら、人間の手が子犬のすぐ目の前にあることが多いからです。

子犬を撫でたり、子犬を抱いたり、子犬に接触しようとすれば必ず手が出るので、子犬にとっては格好のターゲットとなるわけです。
さらに、自分の手を使って子犬をあやしたり、遊ばせたりしようとする人も意外と男性に多いので、当然子犬はおもちゃ感覚で手に対して歯を当ててくる確率が高くなります。

子犬の歯が当たったのがアクシデントなのか、じゃれてきているのか、本気で噛んできているのか、それはその時の子犬の状態をよく観察していないとわかりません。
また、じゃれているだけだったとしても、子犬の歯はとがっているので、場合によっては小さいお子さんの手を傷つけてしまうこともあるでしょう。

甘噛みだろうとなんであろうと、人間に歯を当ててはいけないというルールを作っているご家庭もありますが、個人的には「甘噛み」は許容範囲内と考えています。
わが家の見習いも、5歳になりましたが、時々 私の手をハミハミしています。
202011271

さて、子犬の気持ちは遊びであっても、受け手の人間が痛いと感じたら、それは素直に伝えましょう。
そのとき、「ダメ!」や「イケナイ!」と語気を強めて犬を叱るのはあまりおすすめできません。
なぜなら、子犬に叱られた意味は伝わらないからです。
語気を強めて怖がらせれば、一度は驚いてひるむかもしれませんが、繰り返されることで慣れてしまったり、叱られるたびに、今度は叱られる前に強く噛んでやろうなどと考えるやんちゃな犬もいます。

子犬に教えたいことは、相手を強く噛んだらもっと痛い思いをするのではなく、楽しいことが終わってしまうということ。
そのためには、「痛い」ときちんと伝えて、それ以上子犬がからまないようにその場から一度遠ざかることです。
もちろん最初はなぜ大好きな相手がいなくなるのかわかりませんが、毎回同様のことが起これば、遊び相手がいなくならないようにふるまうようになってきます。

昔は、子犬のマズルをぎゅっと掴んで「ダメ!」と言ったり、子犬の口の中にグーを突っ込んで、痛い思いをさせなさいという教えもあったようですが、子犬の信頼を失いたくなければやらないことをおすすめします。

人間の手は優しいもの。美味しいものをくれるもの。一緒に遊んでくれる大事なものと教えていってあげましょう。
そのためには、一緒に楽しめるおもちゃを提供して、おもちゃで遊ぶことを少しずつ教えていってあげましょう。

202011272

会った日は、私の手にさえ近づいて来られなかったNちゃん。
その日の夜にはおもちゃを介して遊べるようになりました。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年11月 6日 (金)

犬は人間の動きをよ~く観察しています。

今日のプライベートレッスンは6か月の女の子。
ハウストレーニングにも大分慣れてきたところですが、まだまだ自分から進んで入るところまでは行っていません。

今日もレッスンの合間にハウストレーニングをやったのですが、美味しいものが入っていてもなかなか足を踏み入れようとしなかったので、ハウスの扉を外してみたところ、さっさとおやつを食べに入っていきました。

202011061
ちょっとしたことですが、そんなことも犬はしっかり見ています。
もちろん気づかない子もいますが、特に女子はよ~くこちらの行動を観察しています。
扉がなければ閉められないことがわかっているからですね。

しばらく扉無しで練習した後、扉をつけてやってみたら、そのまま中に入ってくれたので、扉は閉めずに入る練習だけをやることにしました。

202011062

ハウスが落ち着ける場所となって、自分から入って休んでくれるようになるまでは、まだまだ時間がかかりそうですね。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_20201101211401
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年11月 3日 (火)

パピートレーニング:個々の性格や状況に合わせて

今日はパピーさんのカウンセリングに行ってきました。

早いうちに気づいて対処できれば、好ましくない犬の行動も早く変えることが出来ます。
例えば、とびつき、甘噛み、吠え。
最初はちょっとだけかなと思っていたものが、気づけばどうにもならなくなってしまっていたりするものなので、早めに気づき、早めに対処したいですね。

今日のパピーさん、パピーさんの割には大人しい。
その反面ちょっと警戒心があります。
でも興奮すると収拾がつかなくなることも。
まぁ子犬だから当然と言えば当然ですね。

警戒心を強く出さないようにしつつ、いいところを沢山褒め、好ましい行動が身につきやすくなるように導いていあげることがポイントです。

警戒しつつも私に跳びついて来るので、これは跳びつかないことを褒めていきます。

帰るころには目が合うだけで座ってくれるまでに。
ちなみに、私は一度も「オスワリ」と言ってません。

202011031

子犬と遊ぶときは、少しテンションをあげてあげるといいのですが、あがり過ぎると興奮しすぎて甘噛みが始まってしまうこともあるので、状況に合わせて対応してあげることが大事です。

人間がテンションを上げ過ぎた結果、犬が興奮し過ぎて甘噛みがエスカレートしたからと叱るのは理不尽ですよね。

子犬もきちんと向き合って遊んであげましょう。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_20201101211401
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年10月26日 (月)

パピートレーニング:考える犬に育てる。

犬も子供同様教えてないことは出来ません。
そして、覚えて欲しくないことも勝手に覚えてしまうものです。
そのままにしておけば、犬は自分にとってメリットがある行動をどんどん学習していくので、飼い主としてはついつい叱りたくなってしまうこともあるでしょう。

では、そうならないためにはどうしたらいいのでしょうか。

今日プライベートレッスンにお伺いしたMさん。
いつも大歓迎してくれるのですが、どうしても二足で立ち上がって跳びつこうとしてしまいます。
歓迎してくれるのは嬉しいのですが、跳びつきが癖になってしまうと、お散歩の途中でお子さんや高齢者に跳びついてしまわないとも限りません。
さらに跳びついている間は犬も興奮しているので飼い主の言葉が耳に届かないこともあります。
そこで、ご挨拶も含め、人と会うときは跳びつかないでいることを教えていきます。

跳びついているときに「ダメ」や「NO」といった言葉を使っても、興奮しているときは耳に入らない上に、何を叱られているかわからなければなかなか治りにくいものです。

そこで、跳びつきを自発的にやめるまで待って、その瞬間を褒めてあげるという方法で対応し続けたところ、Mさん自ら座ったり、伏せるという行動が頻発してきました。

座ったり伏せたりしたら、すかさず褒めてMさんの好きな食べ物をあげます。

ここで気をつけたいのは、「食べ物を持っているから座りなさい」と教えるのではなく、「座るといいことがあるよ。」と教えたあげること。

目の前の食べ物に釣られて行動するのではなく、どんな行動を取ったらご褒美が出るのかと犬に考えさせることがポイントです。

最初は跳びついたMさん。

202010261

何も言わないで待っていたら、自分から座ったのですぐ褒めます。

202010262

もちろん伏せてくれた時もすかさず褒めます。

202010263

ここで大事なのは、トリーツをあげるタイミングです。
ゆっくりあげようとすると犬が勝手に立ち上がってしまったり、トリーツを取ろうと跳びついてきてしまうこともあります。

伏せた瞬間にすぐ目の前にトリーツを置いてあげると、犬はフセの姿勢を維持したままトリーツを食べることで、伏せている時間も伸ばすことができます。

202010264

愛犬の好ましい行動を褒めて強化していくことで、その行動は出やすくなり、結果好ましくない行動を減らしていくことができます。
どっちが得か考えさせてあげることは、犬に考えることを教えることにもなります。

愛犬の好ましい行動を習慣にするには、愛犬の行動をよく観察して、褒めるタイミングを見過ごさないことが大事。

行動が習慣になってから、行動にキューを付けても遅くはありませんよ。


-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年10月15日 (木)

Nさん、無事海を渡りました。

10日ほど前、パピー合宿を終え、オーナーさんの待つ国に飛ぶはずが、書類のトラブルで1週間伸びてしまったNさん。
今朝、無事にシンガポールの空港に着いたとご連絡を頂きました。

あれからどうなったのだろうと、生徒さんにもご心配を頂いていましたが、今日ようやく嬉しい便りが届きました。

その後オーナー様から何枚か写真を送って頂き、すっかりおうちでくつろぎ、お嬢様を満喫している様子が伺えました。

202010152

N
さんとの出会いはメールでの問い合わせからで、全く面識のない海外の方でしたが、日本で間に入ってくださった方のご協力もあり、我が家での1か月半の合宿も無事終えることが出来ました。

わが家ではスペース上、アシスタントや見習いと同じ部屋での滞在となるため、基本的に一般のお預かりはしていません。
犬たちにとって面識がある生徒さんや友人に限定していますが、今回は子犬ということでお預かりさせていただきました。
それでも初対面だった見習いが馴れてくれるまでには10日間もかかってしまいました。

小型犬はどちらかというと愛玩犬といわれるタイプの犬種が多いため、ついつい過剰に抱っこしたり、手を貸したりと、過保護になりやすいものですが、我が家においては、身体的に無理と思われる場面以外はほぼ自力で歩いてもらい、アシスタントたちとも一緒に走り回ってもらうという結構ハードな時間を過ごしてもらいました。
なぜなら、オーナー様にはすでにシニアの先住犬がいて、その子に手がかかることもわかっていたからです。

オーナー様のところに行って、こんなはずじゃないと思われないように、至ってシンプルに接してきたので、恐らく新しいおうちでは天国のような生活を満喫しているに違いありません。

10
日間見ないうちに、毛も大分伸びて、ちょっとレディのようになったNさん。

わが家にいたころと比べると、かなり大人びて見えます。
小型犬の成長は速いですね。

202010151

先住犬とも上手に距離を取って、お行儀よくしているそうです。
時折ボーダー・コリーっぽい行動が見られるとか。
多分、本人はミニチュアボーダーだと思っているに違いありません。

必要なキューは英語で教えましたが、日常会話はどうしても日本語だった我が家の環境。
賢いNさんのことですから、きっとすぐに慣れてうまくやっていけるでしょう。
届く便りが楽しみです。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年10月10日 (土)

パピートレーニングの落とし穴

「鉄は熱いうちに打て」のように、日常生活のルーツを教えることも含め、子犬のトレーニングは早い方が身につきやすいものです。
特に好奇心が旺盛な犬たちとのコミュニケーションはゲーム感覚で、遊びを介して行うとさらに効果があがります。
つまり、「ダメダメ。」というネガティブな言葉より、子犬が自発的に取る良い行動を拾って褒めていった方が学習速度は確実にあがるわけです。

だからと言って、子犬に沢山詰め込み過ぎてしまうと、それはそれでいっぱいになってしまい、何が何だかわからなくなるということもあります。

子犬の好奇心を上手に利用しながら、子犬を飽きさせないで学習できるようサポートすることが大事。
「もっと出来るはず」と思ってやり過ぎてしまうと、せっかく楽しんでいた子犬がつまらなくなってゲームから離脱してしまうこともあります。

子犬の状況をよく観察し、今理解できていること、わかっていないことを検証しながら、集中力が続く短い時間(セッション)を一日数回やっていくといいでしょう。
そのためには、トレーニングの様子をビデオに撮っておくとわかりやすいですね。

成犬でも一時間近くのレッスンは集中力が切れて精度が落ちてきます。
子犬はまだ幼稚園レベルだということを忘れないように。


202010101 先日までお預かりしていたNさん。

地面に落ちている物にはさほど興味を示しませんでしたが、動かしたり、投げてあげるとすぐに興味を示して楽しそうに取りに行くようになりました。
一瞬待ってもらい、投げて、取りに行き、持ってきて、引っ張りっこ、放してもらい、また投げる。
こんな工程をゲーム感覚でやっていくと、持っているおもちゃに跳びつかないで「待つ」ことを覚え、取りに行って「咥え」、「持って帰って来ること」と「手渡し」まで覚えてくれるようになります。



それでも、数回ぐらいでやめておかないと、自分のテリトリーに戻って一人遊びが始まってしまいます。
一人遊び用のおもちゃでないときは、もう少しやりたそうな頃合いで終了してあげると、次回もつきあってくれるようになります。

何事もやり過ぎは禁物ですね。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年10月 1日 (木)

パピートレーニング:トイレトレーニングの成果

そろそろお預かりも1か月半を超えたNさん。
先週生後5か月になりましたが、我が家に来てからは一度もトイレの失敗がありません。
失敗しない環境づくりと、トイレのキューを教えたことで、無理に我慢させることもなく、出先でも上手にトイレが出来るようになりました。
もちろん、キューを出したからと言って、大きい方は必ずするとは限りません。

初めてクライアントさんのところに同行させたときは、初体験でびっくりしたこともあり、リビングのラグの上で一度しゃがんでしまったことがありましたが、その後はこちらも早めの声掛けを心掛けていたことで、出先の失敗もなくなりました。
もちろん、成長と共に我慢できる時間が伸びたことも理由のひとつです。

今日はNさんにとって初めてのお宅に伺いました。
アシスタントや見習いの場合は、おうちに上がる前、車を降りてすぐに排泄を促しますが、さすがにNさんは2時間ほど前に済ませたばかりなので、無理にさせずにお部屋にあがってから、トイレの場所を教えました。

生徒さんと楽しく遊び、水も沢山飲んで、そろそろかなと思ったときに声をかけてトイレスペースにいざなったところ、少し確認してから落ち着いてトイレを済ますことが出来ました。
トイレシーツの感触とトイレのキューがきちんと理解出来ていたからです。

202010012

その後休憩をはさみながら、再び二頭で遊んだあと、生徒さんから離れてお部屋の中の匂いを嗅ぎながらチェックを始めました。
もしかしてそろそろかなと思って先ほどのトイレにいざなおうとした瞬間、お部屋に設置してある生徒さんのサークルの中に入って、もうひとつのトイレを見つけてそこで済ませて出てきたのです。

サークルの中には水入れがあり、遊んでいるときに何度か勝手に飲みに行っていました。
しかし、その際後ろ足だけサークルの外に出して、中にはあまり入ろうとしていませんでしたが、さりげなくトイレの場所を確認していたのでしょう。

この様子を見て、オーナーのお宅に行っても、トイレシーツが敷いてあればキューが無くても、ストレスなく排泄が済ませられることを確信しました。

犬も人間同様落ち着いた場所でないとなかなかトイレは出来ません。
特に失敗して叱られてしまうと、排泄行為自体を隠れてするようになったりするので、ますますトイレトレーニングが難しくなります。

トレーニングを始めたころは、声をかけるたびに、嫌そうな顔をされましたが、懲りずに言っていたおかげで、Nさんも知らない場所でも我慢することなく排泄を済ませることが出来たようです。

子犬の頃育った環境によっては、排泄が特別ではなく、寝床だろうとどこだろうと気にしないでしてしまう犬もいますが、排泄後の処理を早めに行い、寝床とトイレを分ける環境づくりをすれば、いつも清潔を保つこともできます。

たかがトイレトレーニング、されどトイレトレーニング。
根気よく続けてあげましょう。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)