ドッグシッティング

2023年12月30日 (土)

お留守番のストレス軽減に。

今日は今年最後のお仕事でした。
お留守番中のワンコさんたちのシッティングです。
以前はお散歩にも行っていましたが、年齢を重ねたこともあり、今はお家の中でのケアのみです。

お散歩の代りに、負担の無い程度に一緒に遊んだりします。

202312303

多頭飼いや、シニア犬の場合は、安心できるおうちでのケアの方がストレスが少ないので、御自宅にお伺いするようにしています。

この子たちはシニアになってもちゃんと言葉が通じるので、お互いストレスレスです。


さて、今日の見習いはダンベル持来時の停座の入り方を練習しました。

元々「招呼」でも勢い余って行き過ぎてから戻るので、ペナルティを取られてしまいます。
出来れば、脚側位置に前肢や肩を合わせて、旋回しながら座って欲しいのです。

当然リードで強制するわけではないので、入りやすいように誘導してあげなければいけません。

スピードが無ければ上手に入れる見習いです。

202312301

202312302

少しずつ遠隔からの招呼の練習重ねていきましょう。

来年はFCIオビディエンスIIに挑戦する見習い。
精度を上げないと、合格できませんね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年8月21日 (月)

ドッグシッティング

昨日、今日と、友人宅のワンコさんたちのシッティングに行ってきました。
お留守の間にお世話をするのがシッティングで、状況によっては自宅でお預かりすることもありますが、犬たちにとっては、いつもの場所で、いつも通りに過ごせるのが一番安心できます。

基本的には、知人宅やレッスンの生徒さん宅にしか伺いしていません。
なぜなら、信頼関係が無ければ、お宅にお伺いしても犬たちのストレスになってしまうだけだからです。

前から見知った顔であっても、犬たちは多少遠慮しています。
出来るだけ飼い主さんと同じキューを使うことで、コミュニケーションを取りやすくしますが、時に不慣れなことを言われる場合もあります。

そんなときも、赤の他人だったりすると、許してくれることもあるようです。

食事が終わった後、我が家ではティッシュで口を拭くのが習慣です。
よだれやけを防ぐためでもあります。
アシスタントは食後に「お口拭くからちょっと来て。」と言えば、自分から出てきて拭かせてくれますし、その後のお口のケアもそんなに嫌がりませんが、よそ様のワンコさんがそうとは限りません。

なので、そういうときはさりげなく気をそらしているときに、一応声掛けをしてから、ササっと拭いておしまいにします。
きっと、本当はあまり好きじゃないのでしょうが、とりあえず大目にみてくれるSさんです。

202308211

長時間の不在や旅行などで家をあけなければいけないようなとき、日常的にペットホテルなどを利用しておくことで、お預けによる犬の負担を軽減させることもできます。
急なときに、初めてお預けするのではなく、前もって何回か利用しておくのもいいかもしれませんね。

もちろん、ブリーダーさんとの関係が良ければ、ブリーダーさんのところに里帰りさせてもらうのが一番いいかも知れません。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年3月24日 (金)

犬にもいろいろな顔がある。

最近は一般的になってきた犬の幼稚園。
利用される方の目的は様々です。

・仕事で一日不在なので、日中のQOLをあげたい。
・他の犬と遊ばせたい。
・お預け中に基本のトレーニングを入れて欲しい。
などなどでしょうか。

犬の立場からすれば、一日一人で留守番をしているよりは退屈しないで済むので、犬嫌いでなければ楽しい日々が過ごせることでしょう。

ドッグトレーナーや犬の訓練士はプロなので、犬に日常のマナーを教えることに関しては全く問題ないでしょうが、実際家の中でのライフスタイルとは違うので、トレーニングによってできることは増えても、飼い主さんとの関係性がうまくいくとは限らないことを覚えておかなくてはいけません。

例えば、幼稚園ではトイレの失敗が無くても、家の環境ではトイレが上手くできないということもあり得るということです。
パピーの場合、トレーナーは、犬に失敗させないようにトイレのタイミングに声掛けをしタリしてサポートしますが、家の中で誰も見ていなければ、間に合わなくてその場でしゃがむということもあるからです。

また、よく聞くのが、幼稚園や学校ではよくできるのに、家に帰ってくると出来ないというはなし。

これも、トレーナーや訓練士は犬に行動を伝えるタイミングがよかったり、わかりやすいサインを出していますが、飼い主さんが同じように出来るとは限らないということです。
引継ぎが大事ですね。

いずれにしても、きちんと目的を確認し、愛犬のために、上手に利用していきたいですね。

さて、今日は日中用事で留守をされる飼い主さんのご依頼で、シッティングに伺いました。

Lさんは、いつも大興奮で私を歓迎してくれるのですが、留守宅を訪問するという初めての状況で大パニック。
部屋に閉じこもって吠えて出てきません。

こんなとき、犬だから匂いもわかっているし、声もわかっているはずと思っていても、当の本犬は昼寝中に誰かが家に入ってきたことで大パニック中なので、冷静な判断が出来ません。

顔を見に行くと、ようやく気付いて歓迎してくれました。
一人でのお留守番で、さぞ怖かったことでしょう。

その後は落ち着いて簡単なトレーニングに付き合ってくれたり、お散歩も後ろ髪を引かれながら付いてきてくれました。

202303241

202303242

いつもだと、嫌なものは嫌と言うところですが、他に頼れる人がいなかったので、仕方なくかもしれません。
ちょっと気を遣ってくれたのでしょうか。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年8月25日 (水)

ドッグシッティング

今日は飼い主さんがご不在中のシッティングサービスに伺ってきました。

先代のボーダー・コリーの頃からよく存じ上げている子たちで、話が通じるのでお世話も大変楽です。

例えば、トイレのキュー。
お世話の中には、当然トイレシーツの交換なども含まれていますが、お伺いしたときは排泄のあとが無いこともあります。
成犬になるとある程度我慢が出来るので、飼い主さんが帰ってきてからだったり、散歩の時にトイレをしようと我慢するようなことがあります。
そこで、訪問時はとりあえずトイレを促すキューを言ってあげると、我慢していた排泄を済ませてくれます。

その後も散歩に出れば、トイレをしてもいい場所でトイレキューを出してあげると、さっさと済ませてくれるので、我慢させているのではないかと心配して帰れなくなることも無く助かります。

202108251

帰って来た時の足拭きも日常的に問題なくやっていらっしゃるので、私がタオルを見せても、素直に足を拭かせてくれます。

合間には一緒に遊んでくれます。

202108252

日常的に飼い主さんと会話が出来ている犬たちは、伺ってもストレスをあまり感じることなく接っしてくれるので、シッティングサービスがスムースに提供できます。

しかも、今日は夜の散歩で私が道を間違えると、「オバサン、そっちじゃないわよ。」と立ち止まったお嬢さん。
私が、「〇〇ちゃん、おうちに帰るのよ。」と促しても、ちょっと納得のいかないお嬢さん。
それでも、曲がろうとして私はようやく気付きました。
私が道を間違えていたことを。

また元気な彼女たちに会えるのを楽しみにしましょう。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年2月 8日 (月)

ドッグトレーニング:日々の会話は大事

今日はシッティングにお邪魔してきました。

何度も会っているワンコさんですが、それは飼い主さんが一緒にいるときの話。
シッティング中は私と二人だけになるので、犬たちもそれなりにストレスを感じます。
当然無理強いはしませんが、コミュニケーションが取れるようになると、お互いのストレスが軽減できます。

日常的に飼い主さんとのコミュニケーションが出来ていると、会話がスムースに進みます。

いつもなら、お散歩も楽しく先頭を切って行かれるそうですが、今日はご自宅の周りからあまり離れたがらなかったMさん。
Mさんが行きたい気持ちになるまで待ちました。
取引を持ち掛けてみたところ、ある程度までは快諾してくれました。

おうちに帰ると、水を得た魚のように元気になって、顔の表情もリラックスしたので、「遊ぶ?」と聞くと付き合ってくれました。

202102081

オヤツも食べて、おうちの中でも沢山走ったので、「お水飲んでくれば?」と聞くと、水入れに向かいました。

日々ご家族と会話をしている犬たちは、他人の話もちゃんと聞いてくれます。
会話が出来るとわかると、犬たちも少しずつ心を開いてくれます。

少しでもお留守番の暇つぶしになってくれれば嬉しいですね。
-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年10月25日 (日)

ドッグトレーニング:お預かり時に最低限必要なトレーニング

昨日、今日と生徒さんをお預かりしていました。
以前にも書きましたが、WanByWanでお預かりする場合、基本は生徒さん限定となります。
つまり我が家の犬たちとレッスンで面識があることが必要条件です。
日常生活はフリーなので、同じ部屋にいても問題ないことが前提です。
なぜなら一日中クレートに入れることは犬たちにとってストレスになるからです。

今回お預かりの生徒さんとはレッスンで面識があるので、第一関門はクリアです。

そしてもう次に大事なことは、クレートに入れられることがあっても静かにしていられること。
いくら相性に問題が無いからと言って、私が不在の折に問題が起きないとは限りません。
そこで、犬たちだけを部屋に残す際は、預かりの子か見習いをクレートに入れることにしています。
その際、吠えたり泣いたりということになると、犬にもストレスですし、ご近所にも迷惑になってしまいます。

三番目はトイレトレーニングです。
一般家庭内でのお預かりとなるため、外トイレでも室内トイレでも、キュー(合図の言葉)を理解していることが必要です。

もちろんパピーさんの場合は、うちでトイレトレーニングを行いますが、成犬の場合はトレーニングが出来ていることが前提となります。

今回初めてお泊りしたJさん。
最初は非常に不安そうにしていましたが、自分で落ち着けそうな場所を探して休むことができましたし、目を離すときにクレートに入って頂いても静かに待機ができました。
小さいころからクレートトレーニングをやっていだいた成果ですね。
さらに本日車移動のためにクレートに入って頂いていましたが、問題なくクレート待機もでき、無事おうちに帰っていきました。

202010251

初めての場所と言うことで不安も多かったのか、散歩中はほとんど私の傍を歩いていたJさん。
わが家の犬たちよりお行儀がいいお嬢様に育っていました。

最初は気になって目が離せなかった見習いも、そっけないJさんの態度にあきらめ、お互いマイスペースを保持しながら過ごすことが出来ました。

一般のペットホテルでは、お預かりの際、クレート(ハウス)トレーニングが出来ていることを前提にしているところは多いものです。
中には、フリーで預かってくれるところもありますが、犬によっては逆にフリーでいることがストレスになってしまうこともあります。
個々の犬の性格によって預けるタイプも考えなくてはいけませんが、基本的にはクレートにいることをストレスに感じないようにトレーニングしておくことが大事。

基本のマナーが出来ていると、万が一預けなければいけないときにも、犬のストレスを軽減することが出来るでしょう。


-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年10月 4日 (日)

Nさんの合宿が無事終わりました。

一か月半余りのお預かり期間を経て、Nさんを今日無事にお引渡ししました。

8月14日に我が家に連れてこられたときは、「アンタ誰?!」とでもいうかのように、私に吠えかかっていたNさん。

202010040

初日に見習いVincentの洗礼を受けて一度はひるんだものの、10日間根気よく見習いを遊びに誘い続け、とうとう味方につけてしまいました。

また、お預かり期間中はレッスンに同伴したり、朝練に参加したり、ボーダー・コリーたちと同じ歩調で散歩したりと、たくましく生きてきました。

まだまだパピーということもあり、特別なことは何一つ教えていませんが、なるべくストレスを減らしながら日常生活を送れるために、様々な場所や、いろいろな人や犬と会って経験を積んでもらいました。

202010042

同時に、小型犬の子育てを初めて経験させてもらい、私も多くを勉強させてもらいました。

N
さんの行き先には先住犬がいるので、仲良くやっていけるかが今後の課題ですが、ボーダー・コリーと同じように接したらちょっと困ってしまうだろうなと少し心配しています。

あとひとつ心配なのは、1ヵ月以上、Nさんの相手をしてくれた見習いのこと。
ロスにならなければいいのですが。

202010043

レッスンでお相手してくださった生徒のみなさん、ありがとうございました。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年6月13日 (土)

ドッグシッティングサービス

今日はオーナーさんがお留守の間にシッティングに伺いました。

まだお迎えして間もないのと、子犬ということもあり、
フリーでのお留守番はちょっと無理。

と言うことで、日中のお世話に行ってきました。

自宅でのお預かりもしていますが、
今回は新しいおうちに来て間もないことから、
子犬に不安を与えないために、我が家への移動は避けたかったので
お家に伺うことにしました。


すでに2回会っているので、お部屋にあがっても
警戒することなく、尻尾を振って迎えてくれました。

一緒に遊んで、ちょっとお勉強をして、またハウスに入ってもらいました。

202006131


泣くことも吠えることもなく、静かに見送ってくれました。

会うたびに賢くなるHさん。
これからが楽しみですね。


🍀 2020年9月4日~6日🍀
3Days イベントの申し込み受付始まりました。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年12月31日 (火)

2019年仕事納め

今年の仕事納めは本日のドッグシッティング。
飼主さんがお留守の間、ごはんと散歩、トイレの掃除などを承ります。

犬と生活していると、なかなか家を空けられないとおっしゃる方が多くいらっしゃいます。
かくいう私も、犬たちとの暮らしが始まってから35年、旅と言えばいつも犬連れで
一度もお預けしたことはありません。
多分、我が家の場合は、私が犬と離れられないからかもしれませんね。

旅行でなくても、一日のお留守番時間が長くなってしまう場合、
留守中のシッティングサービスは犬にはよいと思っています。
自宅にいるというだけで安心できるのも利点です。

我が家でお預かりするケースもあります。
スペース的に1頭限定なのと、アシスタントや見習いとの相性の問題もありますので、
基本はレッスンの生徒さん限定です。

飼主さんと離れ離れな上に、さらに多くのストレスがかかるとかわいそうですよね。

今回は3日間のシッティングでしたが、話もよくわかる子たちで
とてもお世話しやすい方たちでした。

201912311

どこにお預けになるにしても、日常会話が成立しないと、
犬もストレスを感じてしまうので、
基本のトレーニングは大事ですね。

それでは、皆様良いお年を!

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)