犬のデイリートレーニング

2020年1月27日 (月)

ドッグトレーニング:苦手は特にコツコツと。

他の犬たちと楽しく遊ぶことを知っているSくん。
誘惑との距離が近いとなかなか勝てませんが、
少し離れればママの声も聞こえるし、
ママとも楽しく遊べます。

202001271

犬と遊びたがる犬は、散歩中に犬が来ると、
フセをして待ち構えるタイプがいます。

待っている側とすれば、近くに犬がくれば挨拶をしたいと思っているのでしょうが、
相手の犬がみんなそうとは限りません。
待たれて困ることもあるでしょう。

飼主さんの判断で、スルーしたり、挨拶させてもらえるという状況を
興奮せずに受け入れられるようになるといいですね。

「Leave it」でマックスの誘惑も回避できるようになるには、
日々の地道な練習は欠かせません。

------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年1月23日 (木)

ドッグトレーニング:日常生活を見直す

犬のトレーニングは、犬に何かを無理やりさせることではありません。
新しい行動をわかりやすく教えて、習慣にしていくことです。
つまり、新しい行動に名前をつけていくことで、犬に名前を言えば
犬が学習したその行動をやってくれるということです。

新しい行動は、犬にとってのモチベーター(やる気の元)を使うことで、
学習が速く進みます。
モチベーターはときに美味しいものであったり、楽しいおもちゃであったり、
あるいは飼い主さんの優しいタッチであったりと犬によって違います。

しかし、ちゃんと教えてあったとしても、実際犬がやってくれるかどうかは犬次第。
犬がやりたい気持にさせてあげることが大事です。

最後はそれを習慣にすることで、犬は大きなストレスを感じることなく、
飼主に言われた行動をとりやすくなります。

しかし、時としてまだ習慣になっていない場合や、もっと他にやりたいことが
ある場合などは、なかなか飼い主の言葉通りに動いてくれないこともあります。

そんな時は繰り返しの練習あるのみ。

やってくれないからとそのままにしておくと、
犬は「やらなくても別にいいんだ。」と学習していきます。

大勢に影響のないような些細な行動であっても、
やってもやらなくてもいいということを学習してしまうと、
他の行動も、本当に大事な場面でやってくれないことにもなりかねません。

201910311_20200123205301

このお嬢さん、ハウスにも進んで入ってくれるし、
ハウスの中で吠える習慣もなくなったのですが、
今日は「もう少し遊びたい。」とちょっと入るのを躊躇して見せました。

でも、「まっ、いっか。」にしないところが大事。

愛犬の安全性を確保するためにも、きちんと伝えてあげましょう。


------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24  
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

ドッグトレーニング:ディストラクション練習

今日の午後のレッスンは、日常マナーのプライベートレッスンでした。
お天気も良いので、公園にアシスタントも同伴していきました。
この場合のアシスタントはディストラクションです。

S君は若いオス。
最近いろいろなことが気になり始め、女の子にも興味津々。
時には前足をかけることも。

そこで今日の課題の一つは、アシスタントに足をかけさせないトレーニング。
前足をかけるくらいは遊びの一つという場合もありますが、
エスカレートしてマウントする場合もあります。

前足をかけられて気分を害する犬も当然いますが、
そこで怒られても意に介さなかったり、
あるいは逆ギレといったこともありうるので、
飼主さんと相談して、彼の場合は前足をかけてはイケナイと教えていくことにしました。

アシスタントはS君が傍に来ても知らん顔をするタイプなので、
前足をかけさせないよう飼い主さんに頑張ってもらいました。

リードが付いているので、最悪制御することは出来ますが、
ドッグランを利用することもあるので、
リードに頼ったトレーニングでは意味がありません。

どのタイミングで声をかけるのか、
どの程度が許容範囲なのか、
S君の行動をよく観察しながら飼い主さんに対処行動を覚えていただきます。

もうひとつの課題は、ディストラクション(よその犬や人)があっても
出来ることを増やしていくこと。

家の中で出来ることを外でも出来るようになってもらうのは、
外での練習も欠かせません。

ディストラクションから距離を取って、ハンドラー(飼い主さん)の声が
耳に届く環境で練習していきます。

202001141

男の子はゆっくり成長するので、人間側の忍耐が不可欠ですね。

------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年1月11日 (土)

必ず変われる。

昨日のプライベートでは、最初のころは周りにいろいろ気になるものが多すぎて、落ち着いてお散歩ができなかったHさんのレッスン。
 
気になるものは他の犬だったり、騒音をあげるトラックだったり、制服姿の警備員さんだったりと沢山あるのですが、アイコンタクトを強化し、散歩の途中で遊びを混ぜたりしているうちに、周りもまだ少しは気になるものの、飼い主さんや飼い主さんと遊ぶことにも少しずつ集中できるようになりました。
 
202001111
 
フードサーキットのときは一心不乱で走っていきます。
 
飼主さんとの時間に集中できるようになると、嫌なものを気にする時間も減ってきて、お散歩も少しずつリラックスできるようになってきます。
 
あきらめず、少しずつですね。
 
------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24

| | コメント (2)

2019年12月 7日 (土)

日常マナートレーニング:マットトレーニング

「ハウス」の大切さや効果については以前からお話ししていますが、ある程度おうちの中のルールも理解できるように成長してくると、愛犬をわざわざ「ハウス」に入れなくても、家の中で落ち着ける場所を見つけて過ごすしてほしいと思う飼い主さんは多いと思います。

もちろん、足元で落ち着いていられるのであればかまわないですし、ソファで寝そべっていても、「ちょっと降りてね」と言われて素直に降りられる子であれば全然問題ないと思いますが、食事中に足元にいられると、ついつい食べこぼしを口にしてしまうのではないかとか、食べ物をねだられるのではないかという問題も気になります。

そこで、「ハウス」に入れるほどではないけれど、決まった場所で落ち着いていてほしい時などに便利なのが「マット」です。

一時期小型犬を連れてカフェなどに行くとき、愛犬が落ち着いて待っていられる場所として「カフェマット」が流行りましたが、小型犬でなくても、カフェでなくても、「マット」を活用することで、いちいち「オスワリ!」「マテ!」と言い続けなくても、マットの上でリラックスしていられるようになると犬も怒られずに済みます。

今日はMさんがマットトレーニングを楽しみながら学んでくれました。

201912071

身に着くまではまだまだ時間がかかりますが、とりあえずはマットに乗るといいことがあると教えてあげます。

3回ほどのセッションで、自分からマットに向かっていくことができるようになりました。
あとは、そこでリラックスできるような環境づくりですね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村
--------------------------------

| | コメント (0)

2019年12月 3日 (火)

ドッグトレーニング:ディストラクションは距離をとって

お散歩レッスンでは、いろいろなものに過剰反応しないように犬たちに教えていくのですが、気になるものが近ければ心中穏やかでいられないのは犬に限ったことではありませんよね。

2回目のお散歩レッスンのPさん。
前回のレッスンで、ハンドラーさんへの集中が良かったので、
今回はディストラクションを入れてみることに。

ちなみにディストラクションはこちら。

201912031

飼主さんの声がPさんに届く距離を確認しながら練習していきます。

201912032

その後も、後ろから距離を取ってあるくアシスタントを多少気にしつつも、
飼主さんの声はちゃんと届いていました。

201912033

良い行動はどんどん強化していきましょう。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

追いかけたい気持ちはどうすればいい。


犬の動体視力が良いことは周知のことです。
動くものを追いかけようとすることも知られています。
そんな習性を利用して、遊びに誘ったりすることもあるわけですから
逆に動くものに興味が全くない犬というのも、犬と何か一緒に楽しみたい人にとっては
どう誘ってよいか迷ってしまいますね。

さて、そんな犬たちの中でも、特に牧羊犬種や猟犬は追いかける本能が強く出ます。
追いかけて何をしたいのか。
それは、犬種による違いだけでなく、個体によっても変わりますが、
当然のことながら、追いかけたいからといって、なんでも追いかけていいわけではありません。

例えば、牧羊犬種のボーダー・コリーの中には車、バイク、自転車、走る人等々、
目の前を動くそれら対象物に反射的に跳びついたり、向かって行くDNAを強く持っている犬もいます。

子犬のころからその片鱗は見られますが、追いかけてもいいものを最初に教えることで、ある意味、ストレスを解消させると同時に、追いかけてはいけないものに反応させないトレーニングを施すことも大事なことです。
放置しておくと、大きな事件や事故になってしまうこともあるからです。

小さな芽を早めに摘むことで、気にならなくさせることが、その犬のストレス軽減にも役立ちます。

特に小さい子供などは、気づかないうちにターゲットになっていることもあります。

今日のレッスンでは、小さい子供とスケートボードという最強のディストラクションを前に、少し距離を取ったところで、そちらに向かって行かない方がいいことあると伝えました。

201911101

もちろん、一回で納得してくれるわけではありません。
ある意味反射的に動くので、何度も練習を繰り返すことで、行かないことを習慣にしていくことが大事ですね。

あきらめないで、コツコツ頑張りましょう。

もちろん、うまくいかないときはプロの手を借りることも必要ですね。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年11月 3日 (日)

ディストラクションレッスン

「いつもはできるのに、なぜ今日は出来ないの?」
というのはよくある話。

いつもの場所で出来ても、いつもと違う場所、
例えば、周りに犬がいたり、ボールが飛んでいたり、
車の往来が多ければできなくてもあたりまえ。

そこを出来るようにしていくのが「般化」。
どこでも同じように出来るようになって欲しいものです。

さて、我が家の見習いVincentはもうすぐ4歳というのに、
ディストラクション(刺激)に弱い。

ディストラクションは状況によってディストラクションにもなるし、
全く気にならないものにもなります。

例えば、トレーニング中であれば、よその犬は全く気になりません。
しかし、散歩中になると、周囲が目に入りやすいので、
雄犬が近づいてきそうになると緊張します。

そこで、昨日の公園散歩では、距離を取った状態で、犬と遭遇しそうな場所で
「Leave it」のやり直し練習をしました。

201911031

犬たちは日々成長し、変化します。
昨日まで大丈夫だったからと言って、今日も大丈夫とは限りません。

以前(1歳前後)はじっとしているとき、よその犬が目に入ると、
「お~い。」と吠えて呼んでいたのが、「Leave it」を教えて気にしなくなりました。

しかし、男盛りの今の見習いにとって、雄犬はとても大きなディストラクション。
できるだけサポートしてやりたいですね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)