犬のデイリートレーニング

2020年9月13日 (日)

引っ張り癖のはなし

愛犬との理想的なお散歩はどんな感じでしょうか。

よく、犬が人間の前を歩くのは良くないということを言う人がいます。
確かにあまり前の方を歩いていれば、出会い頭などの危険回避ができないので、ある程度ハンドラーとの距離はつめておいて欲しいものです。
しかしお散歩なので、ぴったり脚側で歩く必要はないし、時には周囲の匂いが気になることもあるでしょう。
ハンドラーの後ろからトボトボついてくるというのも私はあまり好きではありません。
ある意味犬の様子がわからないということもあるからです。

今預かりの小型犬がいるので、3頭並列であるくのは周りの迷惑になるので、見習いが多少前め、アシスタントが真横、小型犬が若干後ろ目で歩いています。
ボーダー・コリーの歩調に合わせているので、当然小型犬はせっせと回転数を上げながら付いてきている感じです。

秩序立てて歩いてくれているのならまだいいのですが、時に見習いが先に行こうとするので、その場合は止まることにしています。
引っ張っても先には行けないことが何度か繰り返されると、ようやくこちらを気にしてスピード調整してくれますが、毎回出だしは引っ張り気味です。
それでも、しつこく止まって一人で散歩に行くのではないことを伝え続けます。

先日「犬と怪我」の話を書きました。
子犬の頃は可愛らしく先を小走りする犬を微笑ましく見ていられても、体が大きくなってくると笑ってはいられません。

私が初代ボーダー・コリーを迎えたころ、同胎の子を迎える予定だった方がいらっしゃいました。
ところが、ご家族の反対にあい、話は流れてしまいました。
理由は、ボーダー・コリーのような活動犬のハンドリングは奥様には無理だろうと言われたからだそうです。

その後なぜかそのおうちにはゴールデンレトリバーがやってきました。
そして、しばらくすると、奥様は腱鞘炎になられたそうです。

体重が重ければ、それだけ引っ張りを制御するのは大変です。
「引っ張ったら止まる」という簡単な作業であっても、相手の体重が30キロ前後ともなれば、簡単には止められません。
体重が重くなる前から、引っ張ったら止まる練習をしていなくては、押さえられなくなってしまいます。

202009131

引っ張りの対処には、前に行きたい犬にとって、前に進むこと自体が報酬になっているので、その報酬を得るためにはどうすればいいのかと教える方法と、ハンドラーにアテンションを向けてそばを歩くとどんないいことがあるかということを教える方法があります。
両方組み合わせて使ってもいいですし、どちらかに特化してもいいでしょう。
犬の性格によっても、どちらの方が早く覚えられるか変わってくるでしょう。

要は、引っ張ってもハンドラーがどこへでもついて来ると学習してしまうと、なかなか治らないということです。
早め早めに対処していきましょう。

引っ張るからとハーネスを敬遠される人もいますが、犬の健康や安全面を考えると、カラー(首輪)で制御するのはあまりよくないので、引っ張る犬ほどハーネスを使った方が犬のためにはいいでしょう。


-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年8月23日 (日)

アテンションを取るメリット

愛犬はあなたのことを気にしてくれますか?

子犬の頃はまるでストーカーのように後ろをついてきてくれた愛犬も、外に出るようになると、周囲の様々な物に気を取られて、いつしか飼い主のことを忘れてしまうなんてことも出てきます。

気になるものに目を向けてくれるのはかまいませんが、リードの反対側にいる飼い主のことはそっちのけで、どんどん刺激物に向かって行くようになってはちょっと困りものです。

ということで、今日のプライベートレッスンでは、おうちの中からディストラクション対策の練習をしてみました。
ディストラクションは私です。
オヤツを持っている可能性が高いこのおばさんの横を素通り出来るようになるには少し飼い主さんのサポートが必要です。

U
ターン時に必ずこちらに顔を向けてしまうMさん。
そこで、Uターン直前にMさんに声をかけていただくことに。

202008231

202008232

気持ちが完全に対象物にいってしまう前に声をかけてアテンションを取ることで、飼い主さんの声も聞こえやすくなるうえに、対象物に突撃するのも防げます。

リードを引くことなく、Mさんが自発的に戻っています。

まずは刺激の少ない場所で練習を繰り返してみましょう。


-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年8月22日 (土)

犬同士の挨拶

今日はNちゃんの社会化を兼ねて、犬が苦手なMさんの犬慣れ練習。

N
ちゃんが今までどういう環境にいたのか情報がないので、どの程度の社会化がされているかは不明です。
わが家に来てから、大きな犬たちと会い、好き放題にしているとちょっと叱られることも学んでいます。
しかし、まだよその犬と挨拶を交わしたことはありません。

一方Mさんは、どちらかと言うと人間の方が大好きですが、元々お散歩が苦手なので、よその犬に会うことはほとんどないため、犬を見ると緊張します。
しかし、お散歩はいろいろな面から見ても必要なので、行っていただくようにしたところ、当然他の犬に遭遇する機会が増えて、少しストレスになっているようです。

とりあえず、クレートに入れたNちゃんを床に置いてMさんだけをハウスから出すと、やはりMさんは遠巻きにしながら吠えます。
外から人が入ってくるというだけで警戒心で吠えるので、私とNちゃんがいるだけでも最初は少々興奮気味。

しばらくMさんと遊び、少し落ち着いたところで、初めてNちゃんをクレートから出してみました。
N
ちゃんは、初めての場所なので、多少腰が引けながらもあちこち歩きまわれています。
しかし、当然のことながらフードが食べられるほどのレベルではありません。

二頭の様子を見ていると、最初は視線を合わせないようにしていました。
M
さんも、子犬にどう対応していいのかわからない様子です。

202008221

そのうち、隙を見てそっとお互いのお尻の匂いを確認し、以降もお互いからむことなく、勝手におもちゃで遊んだり、人の傍に寄っていったりしながら、同じ時間を共有することができました。

202008222

犬同士の挨拶についてはいろいろな考え方があります。
犬と出会うたびに、「ご挨拶」と言って犬を寄せていく人もいます。
犬好きな犬は当然いるわけで、愛想よく、出会った犬と挨拶をして遊ぼうとするケースはよくあります。
いわゆる「ウチの子大丈夫ですから。」というタイプです。

しかし、一方では、Mさんのように犬を見るだけで緊張してしまうタイプの子もいます。
緊張しているとき、相手が立ち去ってくれればホッとしますし、向かってこられるとどうしていいかわからず、吠えてしまったり、空噛みしようとしてしまうこともあります。

つまり、相手があることなので、「ウチの子」ではなく「相手のワンちゃん」の様子を確認することが必要ですね。

わが家の犬たち、基本的には挨拶はさせません。
アシスタントも見習いも、犬より人の方が好きなので、敢えて友達を作ろうとは思っていないようです。
必ず飼い主さんに挨拶に行ってしまいます。
もちろん、小さいころから知っている犬たちとは挨拶出来ますが、見習いは相手がオスのときは、しばらくぶりに会うとやはり緊張してしまうので、3秒ルールではありませんが、「こんにちは。」「それじゃぁまた。」というのが程よい関係が保てます。

いずれにしても、犬が周りにいるのは当たり前の世の中なので、気にせずスルー出来るのが一番。
そのためには、犬の気持ちがいつもフラットでいられるような社会化が必要ですね。


🍀2020年9月4日~6日
3Days イベント申し込み締め切りは本日8月22日です。
残席わずか。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年8月13日 (木)

パピートレーニング:無理矢理とりあげない

パピートレーニングに行くと「あるある」のお困りごとに、タオルや靴下など、洗濯籠や落ちている物を拾って逃げてしまい、なかなか放してくれないというのがあります。
逃げて放してくれないだけでなく、取ろうとすると唸ったり噛んだりするということもあります。

犬にとって、咥えた獲物は大事なもの。
誰かがそれを欲しがると、ますますその価値があがり、手放したくなくなります。
人間でもよくありますよね。

もちろん、食べ物やお気に入りのおもちゃなど、本当にその犬が死守したいものもありますが、今回は所有欲というより、ゲームにしたくなる犬の話です。

タオルや靴下は日々違うものが落ちているわけで、特に死守したいものではないのに、急に価値があがるのは、みんなが欲しそうにしているからです。

そこで、ひとつの方法としては、拾われてしまったら、興味がなくなるまで放っておくというのがあります。
ただ、放っておくと場合によっては破壊されてしまったり、食べられてしまったりすることがあるので、そういう場合は、もっといいものと交換するという方法があります。
それは、時に美味しい食べ物であったり、お気に入りのおもちゃであったりします。

しかし、それでもなかなか手放してくれないときがあります。
犬は賢いので、こちらの様子を見ながら行動しています。
逃げれば追いかけてくれるとわかっているのです。

もう一つの方法としては、犬が反射的に放す環境を作ってあげるというものです。

ハウス(クレート)トレーニングをしている犬は、ハウスに入ることを楽しいことと認識しています。
そこで、咥えているときに「ハウス」と声をかけると、ポロっと口から落としてハウスに飛び込むことがあります。

咥えてハウスに飛び込む可能性もありますが、ハウスに飛び込むとオヤツがもらえるとわかっている犬は口が開きやすくなります。

もちろん、「出せ」や「ちょうだい」で咥えているものを放すことを教えるという方法もあります。

無理に取り上げるとむきになることもあるので、状況に合わせて工夫しながら対処してみましょう。

今日のレッスンのMさん。
パピーさんではありませんが、彼女は大好きなコングに執着して、なかなか放してくれません。
もちろん、一人遊びを楽しんでいるのはいいことなのですが、トリーツを入れてあげようとしたり、投げて遊ぼうと思っても、全然渡してくれませんでした。

そこで持ってきてくれたらおやつをあげたり、

202008133

同じコングで交換しながら投げて取ってきてもらうことをゲームにしました。

202008132  

それでも、放したくないときは無理せず、一人遊びさせてあげます。

202008131

かまって欲しくなれば自分から持ってきてくれるので、そうなったらまた投げてあげます。
無理に取ろうとすると、すぐに咥えて走って逃げます。
Mさんが来てくれるのを待ちます。
追いかけたらMさんのペースで、エンドレスになってしまいます。
すばしっこいMさんを捕まえられる人はいませんから。


🍀2020年9月4日~6日
3Days イベントの申し込み受付中。
残席わずか。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年8月11日 (火)

ドッグトレーニング:良い経験を沢山積む

犬は人間の予期しないところで報酬をもらって、知らないうちにその行動が強化されていることが沢山あります。

例えば、人間の食事中、いつも食べこぼしをする人が家族にいると、食事中フリーになっている家庭の犬たちは、食べこぼしをする人の傍に寝そべって離れないということがあります。
教えたわけでもないのに、ちゃんとそこで待っている。
知らない人間は、「あらお利口さんね。」と思っていますが、犬は「ここにいればいいことがある。」と学習しただけ。

さて、日常的によくあるのが、リードの引っ張り。
なぜ引っ張るか。
引っ張れば行きたいところにいけるから。

しかし、大型犬に引っ張られて体を壊す女性は結構います。
男性は力があるので、引っ張られ感があまりないことから、犬は引っ張ればリードの反対側の人間がどこまでもついて来ると思っているとなかなか引っ張り癖はなおりません。

そこで引っ張っても飼主は付いてこないと教えてあげることも大事です。
行きたい方向に行くにはどうすればいいのか。
あるいは、外的刺激よりももっといいものが他にあるのではないか。

そんなことを犬に学習してもらうことで、ちょっとした行動にも変化が出ます。

酷暑の東京、陽が傾いた頃プライベートレッスンで頑張ってくれたFくん。

202008111

ディストラクションが少ないところから少しずつ良い経験を積む練習はじめました。

🍀 2020年9月4日~6日🍀
3Days イベントの申し込み受付始まりました。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年8月10日 (月)

オンとオフ

先日ブログで、犬たちには落ち着くことを覚えて欲しいと書きました。
それは、元気がなく、動かない犬と言う意味ではなく、オンとオフのメリハリを持って欲しいという意味です。

わが家では20年以上ボーダー・コリーが続いていますが、それ以前に飼っていたコリーやハスキーと違い、彼らは日常的によく動く犬たちです。

しかし、こちらがかまわなければ、自分たちで寝床に戻り、昼寝をしたりくつろいだりすることができます。
つまり、自分と関係が無いことはいちいち気にせず、傍観していることができるということです。
そして、一緒に遊ぶときや勉強するときスイッチをオンにします。

それは家の中だけでなく、外に出ても同じことです。
多くの環境刺激に対して、いつもリアクションしているというのは、犬にとってはとても疲れることです。

例えば、道行く他の犬やジョギングをする人、横をすり抜けていく自転車、バイクの騒音などなど、自分に関係の無いことはスルーしてもらえると、人も犬も落ち着いて散歩ができるというもの。

気になるものがあると、犬は「吠える」という行動にでることがよくあります。
スルー出来ずに必死で対象物に自分の気持ちをぶつけている状態です。
その理由は様々で、警戒のアラートだったり、そっちへ行きたいという要求や興奮だったりします。
しかしながら、家に不審者が入ってきたときや、道端で知らない人に急に声をかけられたり、あるいは犬友と一緒に遊んでいるときでなければ、出来れば「吠える」行動は出ない方が、犬のストレスを軽減させることができます。

「犬は吠えるものだよ。」と広い心で見守ってくださる人もいますが、仕事以外でのべつまくなしに吠えていれば犬も休まりません。

そこで、できるだけ吠える状況を作らないようにドッグトレーニングをおこなっていきます。
環境設定で吠えるシチュエーションを減らすことも出来るし、犬へのアプローチの仕方によって、吠えることを違う行動に変えることもできます。

「吠え」に対して「ノー」と言って犬がすぐにわかってくれればいいのですが、問題の元は「吠え」と言う行動だけに特化して直すことはできないので、「吠え」の原因もふくめ、その犬の行動全般から見直していくことが必要になることもあります。

カウンセリングにお邪魔したGさん。
最初は大興奮で吠えていましたが、ハウスを活用したり、ちょっとトレーニングでコミュニケーションをはかったりしたところ、最後はこの状態に。

202008102

自ら落ち着いていることを選択したGさん。
頭を使って多少疲れたのでしょうが、何か学んでくれていると嬉しいですね。

昨日のMさんも、数回のショートセッションの後はお気に入りのベッドで寝ることもでき、トイレもミスなく済ませられました。

202008101

日に日に成長していく子犬たちを見るのは楽しいですね。


🍀 2020年9月4日~6日🍀
3Days イベントの申し込み受付始まりました。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年8月 9日 (日)

犬との生活:話が通じるようになると、関係性も変わってきます。

子犬と暮らし始めると、初めから話が通じるとは限りません。
犬のことばと人間のことばはもともと違うので、それをわかったうえで意思の疎通をはかる努力をしなければ、なかなかコミュニケーションは取れるようにはなりません。

カウンセリングでお伺いした時は、うまくコミュニケーションが取れていなかったので、時折噛まれたりして、ちょっと距離があったお嬢さんが、レッスンを始めてからMさんに噛まれなくなったと聞きました。

コミュニケーションの取り方のコツがわかってきたので、意思の疎通がとりやすくなり、Mさんも噛む必要がなくなったからでした。

お嬢さんがMさんに「オスワリ」や「お手」をお願いしてやってもらえるようになったそうです。

今日はそんなMさんとの遊び方も見せてもらいました。

202008091

前回私が遊んでいるのを見て、本気でMさんと遊んでくれています。

レッスン後半はリードを持って一緒に歩く練習も。

202008092

愛犬と積極的に関わってくださるお子さんを見るのは嬉しいですね。


🍀 2020年9月4日~6日🍀
3Days イベントの申し込み受付始まりました。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年8月 8日 (土)

お願いしたいのはリラックスすること。

ドッグトレーニングと言うと、犬に新しい行動を教えることだけと思われがちです。
それは、「オスワリ」だったり、一緒に歩くことだったりしますが、実を言うと、一番覚えて欲しいのは、落ち着いていること。
つまりリラックスしていること。

簡単そうで実はこれが一番難しいかもしれません。

競技に出る犬であっても、興奮しすぎていたら本領が発揮できないかもしれません。
リラックスすることで、ハンドラーの話も聞こえるようになってくるはず。

ということで、日常生活においても、出来るだけリラックスして欲しいと思うのですが、いろいろと気になるものがあるとなかなかリラックスできないのが現状。

おうちの中であれば、まったりくつろげても、外に出るとなかなかそうはいきません。
そこで、出来るだけ気になるものを減らし、落ち着ける時間を増やしてあげるようにお手伝いしているのですが、今日のプライベートレッスンのSくん、何回目かのプライベートレッスンで、初めて自分から伏せられるようになりました。
今日のレッスンでは、誰も「フセ」という言葉は使っていません。

S君にとって気になるものが見えなくなった時、初めて伏せの体勢をとってくれたのです。

202008081

気になるものはまだまだ沢山あるのですが、少しずつ「般化」しながら、いちいち気にしなくてもいいと教えていくことが大事ですね。

「フセ」は服従の姿勢ではありません。
リラックス出来れば、「フセ」から「休め」の姿勢に変わることもできます

気になるもの(怖いものや興奮させるもの)があると、犬たちもなかなかリラックスできません。
いつも神経をとがらしていなくてもいいんだよと、教えてあげたいですね



🍀 2020年9月4日~6日🍀
3Days イベントの申し込み受付始まりました。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年7月29日 (水)

怖いことをひとつずつ克服

先日からプライベートレッスンにお伺いしているMさん。
お散歩が苦手で、自分の足で歩こうとしなかったので、今回はそこも克服していただこうと、お散歩レッスンも始めています。

初回はマンションのエントランスで固まって、尻尾は垂れ、「なんでこんなことに・・。」という不満いっぱいの様子でしたが、今回はエントランスを出るとタッタと先に歩き出しました。

自分から歩く気になってくれたのは何よりですから、多少前に行こうが構いません。
テンションが下がらないように、様子を見ながら歩いたところ、途中で帰りたい病が・・。

そこで、今回は前回のマンション周りから離れ、人通りや車通りのある方へとルートを変えてみました。

すると、あきらめたのか、止まることなくどんどん行きます。

202007291

まだまだ尻尾はさほど楽しくなさそうですが、それでも途中で知人のワンコさんと遭遇したところ、ちゃんと挨拶もでき、無事に帰路につくことが出来ました。

今出来ることを少しずつ確実なものにしていかれると、外での自信に繋がっていくはず。
焦らず、ゆっくり行きましょう。



-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年7月24日 (金)

犬の尻尾が教えてくれること

今日のプライベートレッスンは、お散歩嫌いのMさんのお散歩練習でした。

お散歩が嫌いな犬は沢山います。
理由のひとつは、いわゆる社会化がうまくできていなかったため、家の外は怖いものだらけと認識していて、家から出たくない状態になっているのです。
小型犬の場合は、「抱っこ」や「キャリーバッグ」という方法もありますが、だからと言って一生自分の足で外を歩かないでいられるはずはありません。

今回Mさんも、抱っこやキャリーは大丈夫ですが、自分の足で歩くことに抵抗がありました。
無理して行かなくても、という考えもあるかもしれませんが、Mさんは今回分離不安の兆候が出始めてのご依頼でした。
つまり、ご家族に依存しすぎていて、他の者に対する警戒心も強くなり、お留守番が出来なくなってきたというお話。
以前は出来ていたのに、コロナ禍の弊害で、飼い主さんの日常が戻り始めたところで、今まで出来ていたことが出来なくなってしまったようです。

分離不安を直すための環境設定も必要ですが、日常生活の見直しもひとつ考えていただくことにしました。
M
さんにある意味自立してもらうための方法の一つとして、お散歩の見直しも視野に入れることにしたのですが、案の定外に出たら固まりました。

その時の尻尾は完全に足の間に入ってしまい、「なんでこんな目に」という表情が明らかでしたが、しばらくその場で待って、通り過ぎる人を見たり、車を横目に見るたびに、クリッカーを鳴らしてトリーツをあげていきました。
トリーツが食べられるだけでも期待が持てます。

※おうちの中のハウストレーニングや、オスワリなどの強化練習でクリッカーの意味は理解しています。

そこで少しずつ動いてみると、ちゃんとついて来られるようになりました。
一歩踏み出せば、言葉で褒めてトリーツがもらえます。
そんなことを繰り返して、マンションの前の20メートルを行ったり来たりしていたら、尻尾が足の間から出てきました。

202007241

緊張が少し緩んだ証拠です。
一緒に歩いているときはもう少しあがって揺れはじめました。

尻尾の動きは犬の気持ちを推し量るとてもいい指標になりますが、単に尻尾があがっているとか、尻尾を振っているから喜んでいるとも限りません。

ピンと上に上がった尻尾は緊張や警戒を表していることもあります。
下の画像の尻尾の形を見てみてください。
両方とも上がっていますが、片方は真上にピンと立ち、片方は少し横に振れています。

202007242
鏡の中の自分の姿に気づいて緊張した時と、

202007243
ママに呼ばれて、嬉しそうに走ってきたときです。

尻尾の動きにもいろいろな意味があります。

犬種によっては普段から上に上がっている子もいますので、見分けづらいこともあります。
顔の表情や、体の緊張度、中には背中の毛が立っていないかなども目安になるので、よく観察してみましょう。

ボーダー・コリーは本来尻尾は下がっているので、上にピンと上がった時は、緊張や興奮などを表しています。
見習いの尻尾があがった時は要注意ですが、アシスタントの尻尾があがっているときは、調子がよくて、ルンルンな時です。

 

202007244


ちょっと難しい作業の時は尻尾は下がり気味です。

202007245

これはテンションが落ちているというより、真剣にやっている証拠です。

難しいですね。

以下を参考にしてみてください。

Wagging_tail
出典:doghealth.com


-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)