基礎オビレッスン

2023年1月18日 (水)

若犬のメンタルサポート

愛犬とドッグスポーツをやろうと思っている人は、それぞれのドッグスポーツに必要なスキルを愛犬に教えていきます。

アジリティであれば、それぞれの障害物のクリアの方法、フライングディスクであれば、ディスクキャッチの仕方、ドッグダンスであれば、様々なトリックやヒールウォークのスキルを教えるものですが、若い犬の場合は、スキルだけでなく、メンタル面のケアが必要になってきます。

簡単に言えば、様々なディストラクション(気になるもの)があっても、平常心を保ち、ハンドラーにフォーカスし続けることを教えなければなりません。

実際にはスキルよりも、メンタルのサポートの方が難しい場合が多いようです。

よくある話が、「家では出来るのに」というもの。

単純な「オスワリ」や「マテ」といった日常生活に不可欠な行動と同様に、家や馴れた場所で練習では出来ていても、普段と違う場所や、競技本番に近い環境であったりすると、なかなか集中が取れないのは普通のことです。

いつでも、どこでも、愛犬の持つ能力を最大限発揮できるようにするには、メンタルのサポートが重要なポイントです。

さて、今日はオビディエンス(服従訓練)をベースにしたグループ練習を行いました。

我が家の見習いにとって最大の課題は、まさにこのディストラクションの中でのメンタル強化です。

人も犬も好きで気になる見習は、視野内に入る人や犬に挨拶に行かないと気が済まないタイプです。
行ったからと言って執着するわけではないのに、とにかく自己紹介に行かないといられない見習いと、他の犬や人がいる中での練習は経験値をあげていく中でも重要な課題です。

まずは、他の人や犬たちと並んで座ってじっとしていること。

簡単そうに見えて、実は見習いにとってかなり高いハードルです。

スチュワード役の人が後ろを通っただけでも、首と一緒に体も動いてしまいます。

202301181

毎朝の練習では、私が後ろに立っても大分落ち着けるようになってきたものの、さすがに他人の刺激は桁外れ。

修行の道は始まったばかりです。

--------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年12月22日 (木)

リードに頼り過ぎない

愛犬とのお散歩においては、リードは必需品です。
しかし、様々なドッグスポーツではリードはほとんど使いません。

では、どうするのか。
リードが着いていなくても犬をコントロールすることが重要なポイントになります。

日常のお散歩でも、リードがいつも張った状態であれば、万が一リードが離れてしまったときどうなるでしょう。

リードは犬の安全のためには不可欠ですが、リードが無ければコントロール出来ない状態は良くありませんね。

今日は横浜美しが丘スタジオで生後6か月の若い女の子のプライベートレッスンがありました。
体が大きいこともあり、引っ張られるとなかなか大変です。
飼主さんもよくわかっていらっしゃるので、トリーツを使いながら、上手にコントロールしていらっしゃいます。

202212221

生後6か月と言えば、これから先は思春期まっさかり。
様々な誘惑に負けて、ハンドラーの声が届かなくなることもあります。

出来るだけコミュニケーションが取れるように、日々の基礎トレーニングは欠かせませんね。

※美しが丘スタジオでのレッスンは不定期に木曜日に行っています。
ご希望の方はお問合せ下さい。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年12月14日 (水)

ドッグトレーニング:ハンドラーの動きに惑わされない

今日は週末のラリーオビディエンストライアルに向けて見習いたちと練習しました。

見習い2号は前回初めてレベル1Aに参加しましたが、ハンドラーへの集中が切れたり、ハンドラーの動きに釣られたりと、いろいろやってくれました。
練習不足ですね。

ラリーオビディエンスの課題の中には「ステイ」というカテゴリーがあります。
つまり、犬がじっとしていること。

その一つの課題が、犬がじっとしている周りをハンドラーが周るというもの。

ハンドラーが動くと犬は釣られがちです。
そこで、ハンドラーが一歩動いても動かなかったことを褒め、二歩動いても動かない、後ろに回っても動かない、ということを一つずつ丁寧に教えていくと、一周まわれるようになります。

202212141

私が後ろに周ったとき2号は身体は動かしていませんが、顔だけ動かしています。
まだまだ馴れていないからです。

202212142

1号のレベルになると、こういった動きに馴れているので、私が動いていても、耳だけ動かして気配を確認する程度でじっとしていることが出来ます。

何事も、繰り返しの練習が大事ですね。

また、「じっとしていること」で危険回避も出来るので、周囲の刺激に釣られないように、解除されるまでその状態を維持することを教えておくのは訓練競技をやるかやらないかに関係なく有効なので、是非教えてあげましょう。
記念撮影をするときなどにも有効ですよ。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年2月17日 (木)

ドッグトレーニング:強化したいことを特定する

今日は基礎オビディエンスのグループレッスンがありました。
若い犬、経験のある犬、大型犬、小型犬など様々でしたが、それぞれの課題は異なるので、課題に合わせた強化練習を行いました。

202202171

いつも書いていますが、一度に二つ以上のクライテリアを犬にやってもらうのは、強化したい部分がぼやけてしまうし、精度を欠いてしまうのでおすすめできません。
そこで、今回は強化したいポイントに特化して、繰り返し練習をしていただきました。

場合によっては、ひとつレベルを落としてからやり直さないと難しいこともありますし、きちんと積み上げられていれば、次のステップに進むことができます。

今日は見習い2号を同伴していたので、今見習い2号に出来ること、出来ないことも、目視していただきました。
つまり、出来ると思って負荷をかけてもエラーを出してしまえば、エラーの経験ばかりが積みあがってしまいます。
成功体験を出してもらうためには、ハードルを上げ過ぎないこと。

今日のグループレッスンで感心したのは、みなさん、オビディエンス競技の経験がないにも関わらず、目の前を「招呼」で走っていく犬がいても、気にせずちゃんとハンドラーに集中して作業をしていること。

202202172

ハンドラーとの日々の楽しい共同作業の結果ですね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年9月30日 (木)

基礎オビクラス:今強化したいこと(学んで欲しいこと)は何か。

今日は基礎オビクラスのグループレッスンでした。

グループレッスンと言っても、参加犬は1歳代の若い犬たちで、課題はバラバラ。
そこで、それぞれの課題に合わせ、かつ、お互いをディストラクションに学んでいただきました。

課題は、
他犬の刺激の中でもいつも通りに出来るのか。
ヒールポジションをいかに正確に教えるか。
そして、姿勢の維持。
などなど。

202109301
202109302
202109303

強化したいことによって、クリッカーのタイミングやトリーツを出す位置、トリーツの出し方などが変わってきます。

犬が混乱しないように、わかりやすく伝えてあげるのがポイント。

そのためには、愛犬の観察力が欠かせませんね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年9月10日 (金)

基礎オビクラスでディストラクションレッスン

毎月横浜で不定期に開催している基礎オビグループレッスンですが、今日は生後7か月のS君が初参加してくれました。
ちょうど昨日子犬の成長について書いたばかり。

生後7か月と言えば、そろそろ思春期に入ろうかといういわゆる成長が目まぐるしく変化する時期。
昨日大丈夫だったものが今日だめになっていたり、昨日までだめだったものが、大丈夫になったりと、予測がつきにくいときでもあります。

おうちの中や、お散歩時は大分パターンがわかってきて、対処の方法もわかっている状況ですが、室内と言う閉鎖された空間に、初対面の犬たちが4頭。
そりゃぁ、気になって仕方ないのは当然です。

202109100

スタジオの鏡も気になり、一瞬別の犬がいるのかと尻尾があがったりもしました。

202109101

しかし、少し落ち着くと、ちゃんと飼い主さんの声が耳に届くので、落ち着いてからはディストラクションの中でハンドラーにフォーカスしたら褒めるという作業をやっていただきました。

202109102

おうちでハウストレーニングがちゃんと出来ていることもあり、ハウスの中にいるときは、とても静かに待っていられたS君。
これからの成長が楽しみですね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年8月12日 (木)

基礎オビグループレッスン

今日の基礎オビクラスは若い男の子と女の子が参加してくれました。

バリバリの作業犬とお嬢様タイプ。
大きさも性格も全く異なる二頭でしたが、それぞれの課題に合わせて、練習していただきました。

作業犬タイプのH君は、ママと一緒に何かしたくて、常に前のめり。
その作業意欲は、誰もがうらやむほどですが、彼のペースに任せてしまうと、ついつい基本が崩れてしまいます。

例えばヒールポジション。
ついついかぶり過ぎて正しい位置から外れがち。

正しい位置で立止し続けるというのは、簡単そうに思われがちですが、前のめりでじっとしていられない若い犬にはある意味難しいことでもあります。

基本を見直しながら、4本の足にきちんと体重をかけて立てるようにサポートしてあげました。

202108121

一方、女の子はちょっと他犬が苦手。
馴れるまでに時間がかかるタイプです。

馴れてしまえば全く問題ないのに、それまではかなり緊張しています。

少しずつ場慣れも含め、犬慣れの練習。

犬が視界に入っても、気にならないようになるまでは、まだまだ時間がかかりますが、少しずつ平常心でいられるようにサポートしていきます。

202108122

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年7月29日 (木)

基礎オビグループレッスン

今日は若い犬たちの基本のオビレッスンがありました。

参加犬の課題はそれぞれです。

L
さんは、他の犬が少し苦手なので、他犬がいる中で、出来るだけいつも通りでいられることの強化練習。

他犬を気にして見ても、ちゃんとハンドラーに意識が戻ればそこを褒めていきます。

202107293 

途中、若い犬に遊びに誘われましたが、まだまだ一緒に遊べるレベルではないようです。
それでも、過剰に反応することなく、嫌だなと感じたときはハウスに入って様子を見るなど、ハウスも効果的に活用してくれました。

一方もう少し若いMさんは、天真爛漫。
見習いにちょっかいを出す余裕までありますが、そんな中でも、ハンドラーに呼ばれたらきちんと戻ること。

202107291

集中出来たら、一緒に歩くことなどを練習していただきました。

202107292

経験値を積んで、様々な状況の中でも、平常心でいられるよう練習していきます。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年7月13日 (火)

ドッグトレーニング:グループレッスン

今日は基礎オビクラスのグループレッスンでした。
参加犬は、ベテランの男の子と、まだ若い女の子たち。
そして、なぜかみんなトイプードルさんたちでした。

さて、ベテランのC君は、ドッグダンスを長くやられていますが、今日はヒールポジションの強化と、トリーツを出すタイミングなどの再確認。

202107131

犬の動くタイミングは個体によって違います。
ちゃんと全部聞いて納得してから動く子と、頭の一文字を聞いただけで動き出すせっかちな子。
ドッグダンスでは曲が流れているので、犬が遅れて動いているように見えないように、個々のタイミングに合わせてキューを出していくことも必要です。

さて、若い女の子たちは、日ごろプライベートレッスンで出来ていることを、ディストラクション(他の犬)や他の人間がいる中でやれるようにしていくための練習。

202107132

集中力が持続しづらいので、短いスパンで繰り返していきます。

時にはハンドラーさんを見るだけでも褒めてあげます。

普段出来ると思っていたことが、環境が変わるだけでも出来なくなります。
「出来る」を増やすためにも、グループレッスンはとてもいい練習になります。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年5月27日 (木)

基礎オビグループレッスン

今日は基礎オビクラスがありました。

基礎オビクラスとは、参加犬のレベルにあわせて、基本的な行動をきちんと伝えていくグループレッスンです。
屋内でのレッスンのため、現状況では三密を避けて、定員3ペアで行っていますが、通常は56ペアで、お互いがディストラクションとなりながら、犬たちの「出来る」を増やしてあげるためのクラスです。

さて、今日の参加犬は15か月の男の子と生後7か月の女の子。

男の子は、作業犬なので意欲満々。
飼主さんとの協働作業が楽しくて仕方ないというところ。
しかし、我が家の見習いも同じですが、意欲だけでは、正確な作業はこなせません。

そこで、今日は確実にわかっているヒールポジションを維持し続ける練習。
動かない立止の状態でヒールポジションが維持できても、実際動いてみたらグチャグチャと言うのはよくあることです。
ドッグダンス競技にも参加している子ですので、ここはきちんと基礎を身につけてもらいたいところです。

202105271

もう一頭の女の子は、今回初参加ということもあり、まずはレッスン場に馴れてもらうことから始めたのですが、すぐに馴れるとともに、特に他の犬たちに過剰反応することもなく、なんと初めてのおもちゃで遊びながら飼い主さんの呼び戻しにも応えるというツワモノ。

202105272

後半には、自分から飼い主さんの傍をついて歩くほど集中力もアップ。

202105273

これが持続できれば問題ありませんが、これから先は難しい時期に入って来るので油断は禁物。
楽しく続けられるように飼い主さんのサポートが欠かせませんね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)