ラリーオビディエンス

2019年1月18日 (金)

WCRL規定ラリーオビディエンス定期レッスン開講

4月から、ラリーオビディエンスの新講座が始まります。

ラリーオビディエンスはおやつや褒め言葉を使って愛犬と楽しく課題をクリアしていくオビディエンス競技です。

昨年から、アニマルファンスィアーズクラブだけでなく、OPDESも競技を開催するようになり、参加の機会が増えてきました。
愛犬にトレーニングの基礎を教えながら、コースを体験してみませんか?

オビディエンス競技というとちょっと固いイメージがありますが、ラリーオビディエンスは愛犬に声をかけて励ますこともOKです。
これからドッグスポーツを始めようという若い犬や、アジリティなどの激しいドッグスポーツを引退したシニア犬でも楽しめます。


<対象>生後6ヵ月以降の愛犬
<レッスン時間>13:00-16:45
<レッスン料金>全6回 \30,000 (お支払いは前払い一括、あるいは前払い分割2回となります)
<レッスン場所>ワンダフルステップスタジオ(横浜市港南区芹が谷)
<開催スケジュール>
4月3日(水) 5月1日(水) 6月5日(水) 7月3日(水) 8月7日(水) 9月4日(水)
<募集枠>6組
※最低催行人数:3組
<講師>三井惇 WCRL公認ジャッジ


◆本講座開始前に2月18日13:00~16:45、ワンダフルステップスタジオにおいて座学を交えたプレ講座も行います。
※プレ講座の参加費は1ペア3,000円です。二頭目以降は2,000円


お問合せ、お申し込みは、infoアットマークwanbywan.comまで。(アットマークは@に変えてご入力下さい。)

201808040

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 4日 (金)

初ラリオビ練習会

今日は今年最初のラリーオビディエンスの練習会でした。

今回のコース練習では、多くの課題が体験できるように、オンリーシュコースとオフリーシュコースを作り、各レベルの課題にこだわらないコースづくりをしてみました。

つまりオンリーシュコースでは遠隔作業は一切はいりませんが、エクセサイズは1~3の中から選ばれます。
もちろん、トリーツを上げられるポイント(ステーショナリーエクセサイズ)は規定通りに設置し、エクセサイズの数も規定どおりです。

オフリーシュのコースでは、レベル2の遠隔作業や、レベル3の複雑な動きも取り入れてみました。


201901041


ある程度基本がきちんとできている犬たちなので、ハンドラーの指示さえ間違えなければ、さほど大きなミスはしていません。
今日の課題はハンドラーが様々なエクセサイズの動きに慣れること。

ハンドラーが慣れていないと犬に注力できなくなってしまうので、ここが大きなポイントとも言えます。

3月17日には当クラブ主催のWCRL規定ラリーオビディエンス公式トライアルも山中湖のwoofで開催します。
現在参加者募集中です。

詳細はこちら

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月15日 (土)

WCRL規定ラリーオビディエンストライアル@OPDES

今日はOPDES主催のラリーオビディエンストライアルに参加してきました。
参加犬はアシスタントのニコル、クラスはレベル3Aです。

今回レベル3Aをクォリファイすれば3回クォリファイできるので、次回からはレベル1~3に出陳する場合は各レベルのBクラスに参加することになります。

昨年までの規定ではレベル1から一つずつクォリファイしていかないと、上位クラスに出陳できませんでしたが、今年改定になってからは、どのレベルにも年齢さえクリアしていればトライすることができるようになりました。

WanByWanでは、まだまだレベル3に参加される方は少ないので、練習会数も限られていることから、すべてのサインカードを体験していただいていないのが実情です。
当然私自身もすべてのサインカードを体験していないこともあり、今朝コースを見て感じたのは、「難しい」ということでした。


201812151


ニコルはJKCの服従訓練ではCDX(大学課)まで出陳しているので、ほぼ基本の動きは問題ないのですが、ラリーオビディエンスには独特の作業があります。
例えば、左脚側からの正面停座、左脚側から右脚側への変更、角度がついた障害飛越などなど、きちんと練習していないとできない課目も沢山あります。

当然、本番ではさんざん練習したことができないこともあり、今回はリトライ(-3点)。
さらに、ハンドラーが「From」と「Front」のサインを見間違えて、追加のキュー(-2点)を出してしまったりと、なんともお粗末な出来栄えでしたが、それでもペナルティ-9の201点で、無事クォリファイできました。

201812152


パートナーの基礎トレーニングは大事ですが、ハンドラーの冷静さも欠かせませんね。

すごろくのゲームのようで、アジリティほどせかされないラリーオビディエンスは適度な緊張感と楽しさが加味された競技です。


是非チャレンジしてみてください。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月14日 (金)

ラリーオビディエンスコース練習会


今日は今年最後のラリーオビディエンスのコース練習会でした。
明日はオプデスでトライアルが開催されることもあり、本番を睨んだ練習会になりました。

コースはレベル1から3まで設定しましたが、当然レベル3は難度が高いので、体験もかねての練習会となりました。

何度もトライアルや練習会に出ていると、人間の方がサインカードを読むことに慣れ、余裕がでるので、パートナー(愛犬)への声掛けや褒めるタイミングもスムースにいきますが、人間が慣れていないと、ついついサインカードに注意がいってしまい、犬の集中が切れてしまうことがあります。

ラリーオビディエンスは課目によってはトリーツをあげられたり、褒め言葉はいつでも使っていい競技なので、有効に使って愛犬の集中力をあげていきましょう。


201812141


---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 5日 (月)

WCRL規定ラリーオビディエンストライアル@OPDES

昨日はOPDESさん主催のラリーオビディエンストライアルに参加してきました。

VinVinオビクラブの練習会に参加されている6名で13エントリー。
アシスタントのニコルもレベル2Bと3Aに出陳し、無事クォリファイしました。

今回初参加のH君はなんと3レベルすべてに参加され、すべて入賞という好成績。

日常的にオビディエンスをされているので基礎がしっかりできていますから、ラリーオビディエンス独特の動きや、課題の取り組み方をハンドラーがマスターするとおのずと結果がついてきます。

いつもドッグダンスを楽しんでいるCさんも初参加でレベル1A入賞。

また、他の参加メンバーさんも、体験会などで気になった部分を調整したり、パートナーにわかりやすく伝える練習をされたことで、犬たちの動きが格段とよくなったことを実感されたと思います。

201811052

201811054


201811055


201811053


201811056

201811057


愛犬に声をかけて褒めたり励ましたりできるラリーオビディエンスは楽しい競技ですので、是非チャレンジしてみてください


201811051
川端ジャッジと記念写真


次回は12月15日、OPDESさん主催で関東地区開催予定です。
詳細はOPDESさんのホームページでご確認ください。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 2日 (金)

ドッグトレーニング:正面停座

昨日「正面停座」のお話をしましたが、明後日に開催されるラリーオビディエンスの競技では、「FRONT SIT」、いわゆる「正面停座」が頻繁に出てきます。
しかも、招呼などで、犬と向かい合わせで呼ぶだけでなく、左脚側から正面に座らせて停止するという課題がよく出てきます。

更に、向かい合わせの招呼だけでなく、アングル(角度がある場所)から呼び寄せる「正面停座」もあります。

そもそも「正面停座」に慣れている犬は、角度があってもハンドラーの正面に来てから座ることを簡単にやってくれますが、正面が強化されていない犬は斜めの状態で座ってしまったり、脚側位置に入ろうとしたりしてしまいます。

脚側位置から正面に入るときは特に後ろ足を上手に動かさないとなかなかきれいには入って来られません。

WCRL規定のラリーオビディエンスでは、停座の位置が30度以上曲がると-1、60度以上で-2と言うようにペナルティが付いてしまいます。

オビディエンス競技のように、顎がハンドラーに付くほど接近する必要はありませんが、まっすぐ座ることは大事です。

ハンドシグナルを出すことが許されている(犬が正面停座するまでシグナルを出しつづけている場合は「追加のキュー」で減点)とはいえ、犬にとって正面停座の景色をしっかり教えてあげると、犬も脚側位置に吸い寄せられることなく正面で座れるようになるでしょう。


201811022


せめてこれくらいの位置に来てくれればいいのですが、果たして本番は。


---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月30日 (火)

ラリーオビディエンス練習会

今週末11月4日はAFC(アニマルファンスィアーズクラブ)とOPDESでラリーオビディエンスのトライアルが開催されます。

いつも練習会に参加してくださっているオビクラブのメンバーさんたちも今回多く参加する予定なので、最終調整を兼ねて練習会を開催しました。

後半はレベル1、2、3のコース練習です。


201810301


201810302

レベル3は複雑な課題も多く、サインカードを覚えるのも大変ですが、練習によって少しでもハンドラーが動きに慣れれば、パートナーへの気遣いにもゆとりが出てきます。

日ごろの練習の成果が出せますように。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

WCRL規定ラリーオビディエンス競技体験会

ラリーオビディエンスの競技体験会無事終了しました。

ラリーオビディエンスはドッグダンスと同じで、通常のオビディエンス競技と異なり、競技中に犬を褒めることができます。
声符だけでなく、ハンドシグナルやボディシグナルも声符と同時に出すのであれば減点にはなりません。

今回の体験会ではまず初めに、ラリーオビディエンスの概略と、ペナルティの内容や減点ポイントの考え方、実際に減点を少なくするためにやらなければいけないことなどをお話ししたあと、レベル1、レベル2、レベル3と続けて体験していただきました。

昨年までは、レベル1をクォリファイしないとレベル2に上がれないルールでしたが、今年からレベル1をクォリファイしていなくてもレベル2やレベル3の競技に参加することが可能になったためです。

もちろん、下位のレベルのタイトルを持っていないと上位レベルのタイトルを取ることはできませんが、参加することは問題ないので、チャレンジされるといいと思います。

レベル1はリード付きで行われますが、課題のほとんどが「停座」「伏臥」などの基本動作やオビディエンスの基礎となる「マテ」や「ヒールウォーク」です。

レベル2になると、レベル1をベースに、各課題がノーリードで行われ、障害飛越も含む遠隔作業がはいってきます。

レベル3はさらにヒールのポジションチェンジや、遠隔作業もステップアップし、愛犬とのチームワークが欠かせません。


11月4日には、栃木のアニマルファンスィアーズクラブと山梨のwoofでラリーオビディエンスのトライアルが開催されます。

競技中にも愛犬を褒めることができるラリーオビディエンス、チャレンジしてみませんか?


201810131
※見分の様子


アシスタントのデモの様子はこちら↓

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 3日 (水)

ラリオビ定期レッスン参加者募集中@相模原

毎月1回開催している相模原でのレッスンが新しい期を迎えるので欠員募集のお知らせです。

レッスン内容は全3クラスで以下の通りです。

11:00-12:00 WCRL規定ラリーオビディエンスの概要と実技<残3ペア>
13:00-14:30 ドッグダンス(初・中級者向け)<残1ペア>
14:45-16:15 ベーシックトレーニング(基本のオビディエンス)<残2ペア>


201810031


ラリーオビディエンスは通常の服従訓練競技と異なり、競技の途中で愛犬に声をかけて褒めたり、エクセサイズによってはトリーツをあげることもできます。

集中力の短い若い犬や、ドッグスポーツをリタイヤしたシニア犬の脳の活性化にも大変効果的ですので、是非チャレンジしてみてください。

ラリーオビディエンスの競技はOPDESおよびAFC(アニマルファンスィアーズクラブ)にて年に数回開催されます。

<レッスン場所>
はっぴーているずdogs room 相模原店さん(旧わんのわさん)

<レッスン日>
10/16、11/19、12/17、1/21、2/18、3/25

<レッスン料金>
ラリーオビディエンスクラス:4,500円×6回
ドッグダンスクラス:5,500円x6回
ベーシックトレーニングクラス:5,500円x6回

各クラス最低催行人数:2名
お問合せ、お申し込みはinfoアットマークwanbywanまで。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月28日 (金)

WCRLラリーオビディエンス体験競技会参加者募集中

10月13日に予定しているWCRL規定のラリーオビディエンス競技体験会のコースデザインを考えています。

当日はレベル1、2、3を体験していただこうと思っているので、すべてのコースを作りますが、何分一人でジャッジとスタッフを兼ねているので、簡単にコース変更ができるよう、レベルは異なっていても、順路的には同じようなつくり(ネスト方式)になるように作っています。


201809281


ラリーオビディエンスは一般の服従訓練競技やオビディエンス競技と違い、競技中に愛犬を褒めることもできますし、課題によっては終了時にトリーツをあげることもできるので、いい経験を積ませたい若い犬や集中力が持続しづらいシニア犬などには特に入りやすい競技ともいえるでしょう。

先日某情報サイトに「ラリーオビディエンスはおやつで釣ることもできます。」と言った記述がありました。
どこかのサイトから適当な文言を引用したのでしょうが、これは大きな間違いです。

おやつをルアーのように使って競技を行えば間違いなく失格です。
トリーツを手に握っていても同じですし、適正な場所以外でポケットに手を入れてもNGです。

WCRL規定のラリーオビディエンス競技について知りたい方は是非公認ジャッジや、競技会を開催している団体に確認してください。

10/13日の競技体験会の詳細は以下でご覧になれます。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2018/08/wcrl-69a7.html

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧