ラリーオビディエンス

2019年8月 7日 (水)

ラリーオビディエンス定期レッスン

今日は月に一度のラリーオビディエンス定期レッスン日でした。

ラリーオビディエンスに必要な基礎の動きをマスターしつつ、
レベルに合わせたエクセサイズを体感していただいています。

レッスンも5回目となり、ハンドラーもサインカードに大分慣れてきました。
犬たちはハンドラーが頼り。

ハンドラーが迷ってしまうと、犬たちはどうしていいかわからなくなってしまいます。

パートナーにわかりやすくキューが出せるよう、
ハンドラーもサインカードに慣れていきましょう。

201908071
見分中のハンドラー

--------------------------------
9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年8月 3日 (土)

JKC訓練士義務研修会

今日はJKC東京ブロックの訓練士義務研修会に参加してきました。

昨年からJKCでもラリーオビディエンスを取り入れるという方向で進んでいるようで、すでに何回か訓練競技会でデモが行われています。

現在日本ではアニマルファンスィアーズクラブが早くから導入しているWCRL規定(米国)のラリーオビディエンスを、昨年からオプデスも取り入れて競技を開催するようになりました。

2018年度から競技規定が改定になると聞き、私は以前から興味のあったラリーオビディエンスのセミナーに2017年に参加し、この競技の面白さをもっと広く伝えたいと勉強してジャッジの資格を取りました。

それから一年半、ドッグダンスの生徒さんたちにおすすめしてきたところ、常にキュー出ししたり、作業中に褒めたりするドッグダンスと共通する部分も多くあって、楽しんでいただけているようです。

競技も自主開催しているので、年間の競技数も増え、少しずつ参加者の数も増えているのではないでしょうか。

JKCの競技規定は今後FCIの規定に統一する方向になるのでしょうが、現時点でWCRLの競技規定とも似ていますので、まずは参加することからですね。
楽しみに待ちたいと思います。
--------------------------------
9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年7月29日 (月)

ラリーオビディエンストライアル参加者募集中

929日(日)、山中湖のドッグリゾートwoof内インドがドッグランにてWanByWan主催のWCRL規定ラリーオビディエンストライアルを開催します。

201903241_20190729211601

競技詳細はこちらをご確認ください。↓
http://wanbywan.com/rally_o_20190929.pdf

参加ご希望の方は以下の内容をメールにてお送りください。

応募締め切りは831日(土)です。

◆WCRL規定ラリーオビディエンス
1.WCRLあるいはUSDAA登録:
登録が済んでいる(犬の登録番号:      )
登録が済んでいない:同時登録を希望する(4,500円) / 自分でする
2.ハンドラー名(アルファベット):
3.パートナーの名前(アルファベット):
4.犬種および性別:
5.犬の生年月日:
6.犬の体高(肩の位置で):
7.参加クラス:
LEVEL1A、LEVEL1B、LEVEL2A、LEVEL2B、LEVEL3A、LEVEL3B
※参加クラスについては詳細をご確認の上、対象クラスのみ残してください。
8.参加者のご住所ご連絡先:
9.課目修正申請がある場合は以下にお書きください。
例:ハードルの高さを〇〇センチにしてほしい。
10.お弁当の数
11.woofご同伴者様の数・・・大人○名 子供○名 犬○頭
12.woofご宿泊の方の数(ご本人も含めます)・・・大人○名 子供○名 犬○頭

<一般注意事項>
★ヒート中の犬・または終了して2週間以内の犬はwoofの規定上ご参加ができません。
★お申込み受付後のキャンセルは出来ませんが、ご都合が悪くなった場合はお早めにご連絡下さい。
★キャンセル時のwoofの施設利用料金はかかりませんが、宿泊に関しましてはwoofの規定でキャンセル料がかかる場合がありますのでご確認ください。
★荒天等で開催が不可能となった場合は必要経費を除いて一部返金できる場合もあります。
★演技中の写真および動画の撮影は演技者の許可を得てから行ってください。
★イベント中の写真はブログやSNSなどに掲載させて頂く場合があることをご了承ください。
★他の参加者の演技中に過度の吠えなどがある場合はご退場頂く場合があります。
★会場内での犬の待機はクレート内でお願いします。
★会場内での、犬同士、参加者同士のトラブルは、当事者で話し合いのうえ、双方の責任のもと解決してください。主催者は責任を負いません。
★当日の欠席連絡はmitsuiアットマークwanbywan.comまでお願いします。
★ワークショップ、リハーサルショウおよびラリーオビディエンスは参加者が催行最低人数に達しない場合は、開催を中止する場合があります。その場合は事前にお知らせします。

お申し込み先
info@wanbywan.com
--------------------------------
◇ 9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年7月 3日 (水)

ラリオビ定期レッスン@ワンダフルステップスタジオ

今日は月に一度のラリオビ定期レッスンでした。
定期レッスンも3回目を迎え、レベル2のハードル障害や遠隔作業が少しずつ増えてきました。

前回の復習に加え、今回は常歩行進中の作業の強化。

常歩行進中の作業とは、脚側位置で犬と一緒に歩いているときに、犬に停座や伏臥、立止などの作業のキューを出し、犬だけおいて飼い主が歩き続けるというもの。

離れるとき「マテ」をかけるべきか、姿勢のキューだけで離れて大丈夫なのか迷うところ。

201907031

熟練度があがってくると、犬は姿勢のキューだけで待っていられるようになります。
つまり、歩いていても「オスワリ」と言われればその場で座り、解除されるまでは動かないでいるというのがルールだと理解できるからです。

ところが、日常的にきちんと解除することを教えていないと、犬は「オスワリ」と言われて腰を下ろしたものの、離れていく飼い主に置いて行かれまいとあわてて立ち上がり歩き始めてしまいます。
このレベルの場合は、「マテ」というキューを重ねて出してあげないと、犬にはなかなか理解できないので、動いてしまったことを叱責するのは間違いです。

おいて行かれてもハンドラーがちゃんと戻ってくるからじっと待っていればいいと犬が理解できれば、姿勢のキューだけでも、ハンドラーの次の指示が出るまで犬は安心して待っていることができるようになります。

要は、こちらの伝えたいことを確実に伝えることが重要ということ。

焦らず、地道に、コツコツですね。

--------------------------------
 9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年6月22日 (土)

WCRL規定ラリオビトライアル開催しました。

今日は怪しい天気の中でしたが、woofのインドアドッグランにて、今年3月に続き、第二回WanByWan主催WCRL規定ラリーオビディエンストライアル無事開催いたしました。

今回はレベル1とレベル3のジャッジを川端千賀子氏にお願いし、私はレベル2のジャッジを務めました。

201906221

1
回目の開催より若干参加者も増え、今回は40組参加されました。
嬉しい限りです。

ラリーオビディエンスはサインカードに従って犬と一緒に課題をクリアしていく双六のような競技です。
毎回どんな課題がでるかわからないので、ある程度サインカードに慣れる練習をしていても、その都度流れの確認が必要になります。
ある意味アジリティの見分と同じような感じです。

201906222

レベル1、レベル2、レベル3とクラスがあがっていくと難度も増すので、見分前のジャッジの説明にも真剣に耳を傾けます。

201906223

練習を重ね、一席を獲得したペア。
頑張った分喜びもひとしおですね。

201906224

お手伝いしてくださったみなさま、ありがとうございました。

次回の開催は929日(日)、ニコルクラブ3Daysイベントの最終日です。

皆様のご参加お待ちしております。
--------------------------------
 9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

明日はWCRL規定ラリーオビディエンストライアルです。

明日は山中湖のwoofWCRL規定のラリーオビディエンストライアルが行われます。
woof
の受付は8:00からで、会場となるインドアドッグランの入場は9時を予定しています。

受付開始は9時半、ブリーフィング及び競技開始は10時の予定です。

Start

何かの理由で遅れる場合は、メールあるいはメッセンジャーでお知らせください。

ご確認のため、エントリーいただいている方のお名前だけ公開いたします。

順不同、敬称略です

KAORI KUDO

NORIKO  TSUYUKI

HIROMI HATA

KENTARO NISHIMURA

MANAMI HIROSE

YURIKO SHIMAZU

ERIKA KISHIMOTO

AYAKO SUGANUMA

TOMOKO MIZUNO

MAYUMI KANAZAWA

FUMIE NOGUCHI

SHINOBU SANO

YOSIKAZU MIZUSAWA

ALISA HONNA

YUKO MIURA

SACHIKO KOBAYASHI

AYUMI KAWAUCHI

HIROE HASEGAWA

 

どうぞ気を付けておいでください。
尚、トライアルの見学は自由です。

--------------------------------
 9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24 
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年6月17日 (月)

週末はラリオビトライアル@woof

22日(土)は山中湖のwoofWCRL規定のラリーオビディエンストライアルが開催されます。
WanByWan
主催2回目のトライアル。

日々の練習の成果が出せますように。

事務仕事もようやく終わりに近づいています。

201906171

9:00 会場
9:30 受付開始
10:00 ブリーフィングのあと競技開始

ご参加のみなさま、週末お会いできるのを楽しみにしております。

--------------------------------
 9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

ラリオビ定期レッスン

今日はラリオビの定期レッスンでした。

前回まではレベル1の基本の動きや、コース練習を学んでいただきましたので、今回からレベル2に入りました。

最初はレベル1の復習。

201906051


参加犬全頭同時での練習でしたが、みなとてもよくハンドラーに集中していて、日ごろの練習の成果が見られたような気がします。

その後、レベル2で使われる課題の練習。
遠隔とハードルの部分練習を行いました。

201906052


アジリティの経験が無ければ、普段あまりジャンプ(飛越)することは無いので、ジャンプのいくつかのバリエーションを練習していただきました。

最後はレベル2のコース練習。

201906053


見分のあと、初レベル2のショートコースを体験していただきました。

ラリオビは課題の作業中に犬に声掛けして褒めることができますし、課題によってはトリーツをあげることもできます。
沢山褒めてあげられるよう、サポートしてあげることで、愛犬との作業が楽しくできます。


◇ 9月開催予定の3Daysイベントのお申込み開始しました。
詳細・お申し込みはこちら↓から。

http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村
---------------------------------
 

| | コメント (0)

2019年5月25日 (土)

ラリーオビディエンスの練習

一昨年からWCRL規定のラリーオビディエンスをレッスンに取り入れ、練習会をやっています。

201905251      

ラリーオビディエンスは大きく分けるとLevel 1、2、3と少しずつ難度があがっていくオビディエンス競技です。
そのため、Level 1では、オビディエンス(服従訓練)の基礎の基礎が課題に入っていて、いわゆる、「オスワリ」「フセ」「タッテ」「マテ」と言った基本動作を教えてあれば参加することができます。

しかし、実際にサインカードが並んでいる競技リンクの中で、ハンドラーに指示のキューを出されると、一回のキューでは動かなかったり、あるいは違う動きをしてしまったり、あるいはじっと待っていられなかったりと、様々な不具合が出てくるものです。

ひとつにはハンドラーが競技慣れしていなかったり、サインカードを読むことに必死になっていて、なかなか犬の方まで気がまわっていないため、犬も集中が切れてしまうことがあるからです。

また、犬の方がそういう場所で指示を聞いて素早く動作に移すという習慣がないということもあります。

日常的に「オスワリ」と言われても、やらなければまた「オスワリ」と言ってくれるし、やらなければやらなくても別にかまわない状況にあると、やらなくてもいいんじゃないかと解釈していることも多いからです。

練習会に参加してくれる犬たちは、ドッグダンスや服従訓練を経験している子も多いので、キューへの反応はかなりいい方ですが、それでも、普段あまりやらない動き、例えば、歩いているときに「フセ」と言われると、一瞬間があったりします。

いろいろな状況を想定した練習を重ねることで、犬も自信をもって作業を行えるようになるので、お散歩の中などに取り入れてみるといいかもしれませんね。

※6/22(土)、山中湖のwoofにてラリーオビディエンストライアル開催します。
詳細およびお申し込みはこちら↓をご確認ください。
http://wanbywan.com/tiral_premium20190622.pdf
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_23
にほんブログ村
---------------------------------

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

ラリオビ定期レッスン@横浜

今日は月に一度のラリーオビディエンスレッスンでした。

前回はオビディエンスの基礎である姿勢の変更や脚側位置などを再確認するとともに、ラリーオビディエンスでよく使われるフロントスィット(正面停座)を練習しました。

今回は犬を待たせる練習。
レベル1はリード付きの作業なので、犬を待たせると言っても、リードの長さの範囲ですが、ハンドラーだけが動こうとすると犬がつられてしまうことが多いものです。
そこで、停座だけでなく、立止や伏臥でも動かないで待っている練習や、フロントスィットに入るときの後肢の動かし方を強化しました。

 

後半は、前半の練習を生かして短いコース練習。
201905011
※見分中

ラリオビは犬のスキルだけでなく、人間の熟練度も大切。
人間がもたもたしていると、犬の集中も落ちてしまいますし、犬への声掛けもできなくなってしまいます。

コース練習はハンドラーのためにも重要ですね。 

---------------------------------

ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_20
にほんブログ村

---------------------------------

パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪

| | コメント (0)

より以前の記事一覧