ラリーオビディエンス

2024年4月17日 (水)

ラリーオビディエンスの話し

ラリーオビディエンスは一般のオビディエンス競技と同様の基本スキルが必要となりますが、競技中に褒めたり、ご褒美としてオヤツなどのトリーツを与えることが許されているドッグスポーツです。

ラリーオビディエンス競技自体は、他のオビディエンス競技同様、主催団体によってルールは異なりますが、基本の動きを犬がマスターしていれば、競技団体が異なっていても競技でパフォーマンスは十分できます。

現在日本では、WCRL規定のラリーオビディエンス競技とJKC規定のラリーオビディエンス競技がメインに行われています。

WCRLは米国が主催団体、JKCは欧州の競技をベースにローカライズした競技を主催していますが、今後はFCI(国際畜犬連盟)に準じた規定に改定されていくようです。

さて、今日はアシスタントが初めてJKCルールのラリーオビディエンスの課題練習をしました。

202404171

見習いはすでにJKCルールの競技に参加しており、クラス1は合格して、クラス2への昇格資格も持っていますが、アシスタントは初チャレンジでした。
しかし、WCRL規定のラリーに出ているので、ハンドラ―がサインカードを読み違えなければ出来ない作業はありません。
今日の練習でも、ストレスなくゴールまで辿りつくことが出来ました。

ラリーオビディエンスは経験の浅い若い犬やシニア犬なども気軽に始められるドッグスポーツです。
トリーツが使えないオビディエンス競技の敷居が高いと思ったら、ラリーオビディエンスから始めてみませんか?

WanByWanでは、6月22日(土)にドッグリゾートワフのインドアドッグラン内でWCRL規定のラリーオビディエンストライアルを開催します。
前日は希望者がいらっしゃれば、セミナーを予定しています。
詳細はこちら👇からご覧下さい。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2024/04/post-4b3a05.html
----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年4月 5日 (金)

ラリーオビディエンスイベントのご案内

20246月に、山中湖のドッグリゾートワフ、インドアドッグラン内にて、WCRL規定ラリーオビディエンスのセミナー・コース練習会、およびラリーオビディエンストライアル(競技)を行います。

202404051

WCRL
規定のラリーオビディエンストライアルは、アニマルファンスィアーズクラブさん、OPDESさんでも開催しているラリーオビディエンスと同じ団体の競技なので、どの主催競技に参加されても、結果はWCRL本部で集計され、ポイントを貯めることが出来ます。

また、前日の午前には、WCRL規定のセミナー、午後はコース練習会を行いますので、初めてトライされる方でも、トライアルに参加することは可能です。
結果をWCRLに反映させるためには、WCRLへの犬の登録は事前に行う必要があります)

JKC
OPDESでの訓練競技経験のある方、ドッグダンスなどのドッグスポーツの経験がある方など、愛犬と楽しくオビディエンス競技に参加されたい方は是非ご検討下さい。

<イベント詳細>

①621日(金)午前:WCRL規定ラリーオビディエンスセミナー
WCRL規定のラリーオビディエンスの概要及びルールについてのセミナーです。
ラリーオビディエンスにご興味のある方、トライアルに出たいので詳細を知りたい方におすすめです。
※参加者が最低催行人数に達しない場合は開催しない可能性があります。
参加費:6,000

-----------------------------
②6
21日(金)午後:WCRL規定ラリーオビディエンス練習会
コースを体験してみたい方、翌日のトライアルのための練習をしたい方におすすめです。
練習コース:レベル1、レベル2、レベル3
全コース参加可能・定員15ペア
参加費:5,000

-----------------------------
③6
21日(金)終日参加の方
参加費:10,000

-----------------------------
④6
22日(土)WCRL規定ラリーオビディエンストライアル
WCRL規定の正式競技です。
クラス:Level 1A1B2A2B3A3B、ベテランA、ベテランB
参加費:6,0001エントリー)
WCRL
登録費:6,5001頭)
(登録はご自身でWCRLあるいはUSDAAのホームページから行うことも可能です。犬の登録が出来ていないと、競技結果が反映されません。)

-----------------------------
🍀
ジャッジ
川端千賀子氏(WCRL公認ジャッジ)
三井 惇 (WCRL 公認ジャッジ)

🍀
お申し込み方法
下記の内容をそれぞれご入力のうえ、メールでお申し込みください。

【件名】ラリーオビディエンスイベント申し込み

お申込み開始:202446日(土)20:00
お申込み締切:202261日(土)24:00
定員になった場合、締切日より早く締め切る可能性があります。 

セミナー/練習会
1.
参加カテゴリー:①②③(当てはまるものを残してください)
2.
参加者のお名前(フリガナ)
3.
練習会参加の場合のパートナーの名前(フリガナ)
4.
参加犬の犬種・性別・年齢
5.参加者のご住所とお電話番号
6.
メールアドレス(PCからのメールが受信できるアドレス)
7.woofご来場者様
の数・・・大人名 子供名 犬
8.woof
ご宿泊の方の数・・・大人名 子供名 犬


◆WCRL
規定ラリーオビディエンストライアル
1.WCRLあるいはUSDAA登録:
済んでいる(犬の登録番号:      )
済んでいない:同時登録を希望する(6,500円) / 自分でする
2.
ハンドラー名(アルファベット):
3.
パートナーの名前(アルファベット)
4.
犬種および性別:
5.
犬の生年月日:
6.
犬の体高(肩の位置で):
7.
参加クラス:
LEVEL1A
LEVEL1BLEVEL2ALEVEL2BLEVEL3ALEVEL3B、ベテランA、ベテランB
参加クラスについては詳細をご確認の上、対象クラスのみ残してください。
※Aクラスは2名以上のジャッジによる審査で3回以上クォリファイすると上位クラスのクォリファイが有効となり、Bクラスに参加できます。
8.
参加者のご住所・ご連絡先:
9.
課目修正申請がある場合は以下にお書きください。
例:ハードルの高さを〇〇センチにしてほしい。
10.
お弁当の数
11.woof
ご来場者様の数・・・大人名 子供名 犬
12.woof
ご宿泊の方の数・・・大人名 子供名 犬

<イベント中禁止事項>
・チョークチェーン、スパイクチェーンの使用
・パートナーの動きを強制したり、パートナーを罵倒するなどの行為

<一般注意事項>
ヒート中の犬・または終了して2週間以内の犬はwoofの規定上woofに入館できません。
お申込み受付後にヒートや体調不良で該当犬が参加出来ない場合、犬を替えての参加は可能です。
お申込みメール受信後はキャンセルフィが発生しますが、ご都合が悪くなった場合はお早めにご連絡下さい。
キャンセル時のwoofの施設利用料金はかかりませんが、宿泊に関しましてはwoofの規定でキャンセルフィがかかる場合がありますのでご確認ください。
荒天等で開催が不可能となった場合は必要経費を除いて一部返金できる場合もあります。
競技中の写真および動画の撮影は演技者の許可を得てから行ってください。
イベント中の写真はブログやSNSなどに掲載させて頂く場合があることをご了承ください。
他の参加者の競技中に過度の吠えなどがある場合はご退場頂く場合があります。
会場内での犬の待機はクレート内でお願いします。
ハンドラーさんはご自身で椅子等ご持参ください。
会場内での、犬同士、参加者同士のトラブルは、当事者で話し合いのうえ、双方の責任のもと解決してください。主催者は責任を負いません。
当日の欠席連絡はmitsuiアットマークwanbywan.comまでお願いします。
セミナーおよびラリーオビディエンスは参加者が催行最低人数に達しない場合は、開催を中止する場合があります。その場合は事前にお知らせします。

お申し込み先:
infoアットマークwanbywan.com(アットマークを@に変えてください)

皆様のご参加心よりお待ちしております。
----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0)

2024年4月 4日 (木)

ラリオビ定期クラス

今日は月に一度のWCRL規定ラリーオビディエンスのレッスン日でした。

202404041

先週末にトライアルに参加された人もいらっしゃるので、まずは反省会からスタートしました。

ラリオビの課題はレベルが上がってくれば当然難度もあがってきますが、レベル1においては、基本のトレーニングが出来ていれば、問題無くクリアできる内容です。
しかし、ハンドラ―のちょっとしたミスが原因でペナルティになってしまう場合もあるので注意が必要です。
特にレベル1はリード付きのクラスですので、ハンドラ―が気付いていなくても、犬が膨らんだときにリードが張ったように見えてしまえば当然ペナルティになってしまいます。

我が家の見習いは、招呼の際スピードが調節できずに、正面停座に入ろうとして私にぶつかってしまいました。
これもペナルティです。
大したことではありませんが、ぶつからないで止まる練習もしていなかなくてはいけませんね。


さて、今日のレッスンは若い男の子や、他犬がちょっと気になる女子などがいたので、まずはこの環境で落ち着くことから始めました。

202404042

当然我が家の見習いも、急な犬の動きや、アシスタントの動きに触発されて吠えることもあるので、一緒に練習します。

いつもは少々賑やかなスタジオですが、今日はどの子も集中していたのか、ほとんど吠えることなく3時間近くのレッスンを終えることができました。

日々の強化練習の成果に犬たちの成長を感じました。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年4月 1日 (月)

3Daysイベント終了しました。

先週金曜日から始まった、WanByWan主催3Daysイベント、今回も無事開催できました。

初日のドッグスポーツの基礎のワークショップから始まり、2日目はドッグダンスのリハーサルショウ、3日目はWCRL規定のラリーオビディエンストライアルと続きました。

3日間通しの方や、リハーサルショウやラリーオビディエンストライアルだけの方など、様々な方々にご参加いただき、無事開催することが出来ました。
ご参加の皆様、本当にありがとうございました。

ワークショップでは、まだまだ皆様に伝えきれていない部分が沢山あると感じたので、次回はもっと踏み込んでお伝えしていこうと考えています。

リハーサルショウでは、4月から本格的にスタートするドッグダンスイベントに向けて、完成度の高い演技を拝見することが出来て楽しかったです。

202403311

最終日のラリーオビディエンストライアルは、川端ジャッジと共同でジャッジをさせていただきましたが、初めてトライアルに参加される方から、大分慣れてきた方、ベテランの方など、様々な方々にエントリーいただき41組のペアの競技を拝見することが出来ました。
特にレベル3Bの高難度クラスでは、高得点が続出し、熾烈な戦いとなりました。

我が家のアシスタントや見習いも2クラスずつ参加しましたが、またしてもアシスタントが一声出したり、見習いが招呼で止まり切れず私にぶつかったりと、なんとも情けないペナルティをもらってしまい満点を逃すという大失態。

かろうじてレベル3Bに出たアシスタントがなんとかこらえて210点満点で1席を取ることが出来ました。
同じクラスに出た見習いは、集中力にかけて、散々な結果となりました。
まだまだ修行が足りません。

202403312

次回のラリーオビディエンストライアルは6月22日を予定しています。
詳細は後日改めてご案内させていただきます。

次回の3Daysイベントは9月20日~9月22日です。

尚5月18日(土)はOPDESさん主催でラリーオビディエンストライアルが開催されます。
屋外競技が得意な方は、是非チャレンジしてみて下さい。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年3月 7日 (木)

ラリオビ定期レッスン

今日はWCRL規定ラリーオビディエンスの定期レッスンでした。

参加ペアは以前からトライアルに参加しているベテランペアから、昨年始めたばかりのペアまで様々です。

WCRL規定ラリーオビディエンスのクラスはイントロクラス、レベル1、レベル2、レベル3、ベテランクラスとあり、同時に各クラスにエントリーすることは可能ですが、下位クラスで3回合格しないと、上級クラスの合格が認められないシステムになっています。

レベル1はリード付きで競技ができますが、レベル2以上は遠隔作業や障害飛越が入るため、オフリーシュでの作業になり、難度もあがってきます。

今日はレベル3になると出てくる課題の「後退歩行」の確認と、JKCのラリーオビディエンスでもよく出る課題のコーンを使った作業の練習をおこなったあと、レベルごとのコース練習を行いました。

202403071

今月末にはWanByWan主催のWCRL規定ラリーオビディエンストライアルが山中湖のドッグリゾートワフで行われるため、今日は競技前の最後の練習会となりました。
トライアルご参加の皆様が良い成績をおさめられますように。

トライアルの申込締切は今週の土曜日です。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2023/11/post-1b8712.html

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年2月26日 (月)

ドッグトレーニング:ルアーリングの目的は?

「ルアーリング」とは釣りのルアーと同じで、「何かで釣る」という意味ですが、ドッグトレーニングでは犬の鼻先に美味しいものを見せたり、犬が好きなオモチャを見せて、行動を引き出すときに使います。

「オヤツで釣る」と聞くと、ネガティブな印象を受ける方が多いようですが、最初はオヤツに釣られても、最終的に言葉のキュー(合図)を理解して、オヤツが目の前にぶら下がっていなくても行動するようになるのがドッグトレーニングのゴールですから、ルアーリング自体は通過点でしかありません。
最後までオヤツがはずせないとゴールまで辿りつけていないことになりますが、原因はどちらかというとハンドラ―の自信の無さから来ることが多いものです。

さて、今日は10歳のR君のプライベートレッスンがありました。
R君はラリーオビディエンスを楽しんでいますが、飼い主様曰く、オビディエンスの基礎をやっていないということで、ところどころ不安な箇所があるそうです。
しかし、R君はオヤツも好きですし意欲もあるので、きちんと伝えてあげれば理解できます。

脚側停座もきちんと分かっているR君ですが、ハンドラ―が歩き始めるとき、いつ自分が歩き出せばいいのかのタイミングがつかめずにいました。

そこで、ルアーリングでR君が一歩を踏み出すタイミングに合わせて大好きなトリーツを鼻先から前方に動かしてあげると、ちゃんと付いて来ることが出来ました。

202402261

ルアーリングの時点では、犬はまだ何をやるべきかはわかっていませんが、ルアーリングがハンドターゲットやハンドシグナルに移行し、行動を促すキューとリンク付けされて行くことで、犬はキューに対してきちんと反応出来るようになっていきます。


昨日のラリーオビディエンストライアルでジャッジから見習いへのアドバイスのもうひとつは、回転系の動きで見習いが大回りをしているとのこと。
雨で動画が撮れなかったため、見なおして反省することは出来ませんが、少しでもタイトに周れるように見習いもルアーリングで今朝練習しました。

202402262

体の動きが慣れてくると、ルアーが無くても上手に周れるようになるはずです。

来月の競技会までに調整していきましょう。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年2月25日 (日)

訓練競技会に参加してきました。

今日はJKC埼玉ブロック訓練士協議会主催の訓練競技会に見習いと参加してきました。

現在見習いとはFCIオビディエンスのクラスIIに挑戦中ですが、今回の競技会にオビディエンス競技がなかったので、ラリーオビディエンス競技に参加することにしました。

いつもはWCRL規定のラリーオビディエンス競技に参加している見習いですが、昨年からJKCのラリーオビディエンスが本競技に格上げされたので、こちらにも参加するようになりました。

いつもの訓練のお仲間はオビディエンス競技が無いことで、今回は皆さん不参加でしたが、会場で古いドッグショー仲間とお会いしていろいろお話しすることができました。

ドッグショーでは、元々犬の美しい姿態を見せるために細めのカラーを付けていますが、最近のドッグショーの現場ではリードを引き上げてショックをかけるような行動が見られるとオミットされるようです。
特に西欧のジャッジの場合は、アニマルウェルフェアを重視しているのでショックは認められません。

FCIオビディエンス競技においても強制用具の使用は禁止されています。
今回のラリーオビディエンス競技でも、スタート前に首輪のチェックがありました。
つまり、犬の首がしまらないタイプであることを確認されました。
通常のフラットタイプのカラー(首輪)のほかに、マーチンゲール(ハーフチョーク)のように、ストッパーが付いたカラーは許容されます。

日常的にも、何気なくカラーに着けたリードをガツンと引き上げる癖がついてしまっている人は一度自分の動きを再確認してみるといいかもしれませんね。


さて、見習いは今回3度目のチャレンジでしたが、無事合格のスコアをもらうことができました。
JKCラリーオビディエンス競技では、90ポイント以上で一発合格、70ポイントが3回で合格とみなされ、上位クラスに出ることが出来ます。

見習いは1回目2回目とも89ポイントで一発合格を逃していましたが、今回無事90ポイント以上でクラス1が晴れて合格となりました。
しかし、ジャッジの講評で新たな課題が出てきました。

初めての雨の中での競技会出陳を経験した見習い。
停座でお尻が地面に着かなかったそうです。

雨の日の練習も不可欠ですね。

202402251


----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年2月 3日 (土)

ラリーオビディエンス定期クラス参加者募集

WCRL規定ラリーオビディエンスの初心者クラスを開講します。

202401111_20240203212101

202401113_20240203212101

🍀定員:5ペア

🍀レッスン概要:
WCRLラリーオビディエンスのトライアルに参加できるようにサポートしていくクラスです。
WCRLラリーオビディエンスはWanByWan以外にもオプデスさんやアニマルファンスィアーズさんで開催しているラリーオビディエンス競技です。
状況によってはJKC主催のラリーオビディエンス競技の解説なども行います。

🍀レッスン日:
第三火曜日(全6回)、3/19開講 13:30-16:00

🍀レッスン場所:
ワンダフルステップスタジオ(横浜市港南区内)

🍀レッスン料金:
36,000円

🍀参加基準:
リード付きで愛犬と脚側で歩けるレベル
脚側が出来ない場合でも、これから根気よく脚側を地道に楽しもうと考えている方
クレート待機が出来ること

🍀講師:三井惇
WCRL公認ジャッジ
JKC公認訓練士

※最低催行人数に達しない場合は開催出来ない可能性もあります。

お申し込みはWanByWanのホームページにあるお問合せボタンからお願いいたします。

実際のトライアルの様子は👇


----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年2月 1日 (木)

「般化」のすすめ

「般化」とは、《generalization》一定の条件反射が形成されると、最初の条件刺激と類似の刺激によっても同じ反応が生じる現象(刺激般化)。(by weblio)

簡単に言うと、ある特定の条件の下で犬が行動を体得した場合、条件が多少異なっていても、同じ行動を体得できるようになること。

例えば、初めはハンドラ―が犬と向かい合わせの位置関係の時に犬に「オスワリ」を教えたとしても、その後ハンドラ―との位置関係が変わっても、「オスワリ」が出来るようになることです。

「般化」が出来ていなければ、犬はハンドラ―の隣に立っているときに「オスワリ」と言われると、ハンドラ―の前に回り込まなければ座れません。
これでは、街中の信号待ちの時、犬は車道に出てしまいますね。

オビディエンス競技やドッグダンスなど、さまざまなドッグスポーツを犬に教えていくのは、「般化」の連続です。

ハンドラ―の目の前で出来るようになったことを、ハンドラ―と20メートル以上離れていたも、あるいは、ハンドラ―とアイコンタクトが無くても出来るようにしてあげることが不可欠です。

「般化」の概念がわかってくると、初めは多少時間がかかっても、次第に様々な行動も同じように「般化」していけばいいと犬が理解するので、学習速度は進みます。

まずは基本から、少しずつレベルアップしていきましょう。


さて、今日はラリーオビディエンスの定期クラスがありました。
「般化」もきちんと伝えてあるので、遠隔作業や、アイコンタクトが取れない場合でも、犬はきちんとハンドラ―のキューに反応して作業をこなしていくことが出来ます。

見習いもコース練習に参加しました。
「招呼中のフセ」も大分安定してきました。

202402011

しかし、この距離ならば出来ても、FCIオビディエンス課目のように20メートル以上先から招呼したところで、きちんと伏せられるかどうかは未定です。
少しずつ、離れた距離にも馴らしていかなければいけませんね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年1月30日 (火)

ラリーオビディエンスのブリーフィング

ラリーオビディエンスは世界中で愛好されているドッグスポーツで、日本でも気軽に参加することができます。

国内で開催されている正規ルールのあるラリーオビディエンスは米国に本部があるWCRL(World Cynosports Rally)規定とJKC規定があります。
JKC規定は、FCI規定に準じたものに改編されていく予定なので、今すぐではありませんが、FCIラリーの世界大会にエントリーできる日も遠くはないかも知れません。

さて、どんな競技でも開始前に「ブリーフィング」というものがあります。
いわゆる簡易な説明です。
さらにラリーの場合は、競技ごとに課題が変わるので、場合によってはその取り組み方がわからないこともあります。
そんなときは、ブリーフィングや見分の時に担当者に確認することができます。

普段は意識していなかったことなども注意点としてアドバイスがあったりするので、聞き逃すのはもったいないです。
なぜこんな話を書いたかと言うと、WanByWan主催のWCRL規定ラリートライアルでも、競技前のブリーフィングでは、ちょっとしたミスも含め無意識にやってしまいそうな癖などをリマインドできるようにアドバイスをさせていただいているのですが、実はJKCのトライアルでは、規定書には載っていないルールも話されるので、聴いていないと損をするというわけです。

万全で臨んだのに、知らなかったためにペナルティになってしまうのは残念ですよね。

さて、見習いは日曜日のJKCトライアルに出陳しましたが、少々周りの匂いが気になったようで、細かいところを減点されてしまい、合格はできたものの、昇格はのがしてしまいました。

202401301

来月に向けてもっと精進しなければいけないですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧