ラリーオビディエンス

2023年2月 2日 (木)

ラリオビ定期レッスン

今日は月に一度のWCRL規定ラリーオビディエンスのレッスンでした。

前半は、常歩行進中の作業など、遠隔も含めて、規定に則した動きを確認しながら、基本の体の使い方などもアドバイスさせていただきました。

後半はコースの実践ですが、本番ではないので、犬が成功出来るようサポートしながら動きます。
時には、集中を切らさないように声をかけたり、トリーツをあげることで、気持ちを落ち着かせたりと、いろいろ工夫しながらやって頂いています。

来週末に見習いがトライアルに参加することもあり、今日のコース練習は見習いも参加しましたが、なんと、昨日お話しした、まさに準備が出来ていない状態でコースに入ってしまい、とんでもないことになってしまいました。

202302021
※床の匂い嗅ぎに忙しい見習い

そこで、再度トライ。

集中が取れたことを確認してコースに入ったところ、とりあえずいつも出来ていることはちゃんとやってくれました。

202302022

トリーツは犬の気持ちを落ち着かせる一助になりますが、トリーツを持っているからといって犬が集中するわけではありません。

トリーツよりもっと刺激的なものがあれば、気持ちは簡単にそれてしまうからです。
特に、経験不足の若い犬にはありがちです。

犬をやりたい気持ちにさせてあげるには、日々の練習の中で、課題遂行を楽しいものと感じさせることが重要。
そのためには、「やらせる」のではなく、「楽しくやれる」ようにサポートが欠かせませんね。

WanByWan主催のラリーオビディエンストライアルは3月12日、山中湖のドッグリゾートワフ、インドアドッグラン内で開催予定です。
詳細およびお申し込みはこちら👇から
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2022/12/post-4414d5.html
----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年1月11日 (水)

ラリーオビディエンスタイトルについて

WanByWanでは、年に4回、WCRL規定のラリーオビディエンストライアルを開催しています。
クラスはレベル1、2、3とベテランクラスです。

各クラスそれぞれ170点以上(210点満点)で合格(クォリファイ)することが出来、同じクラスで3回以上合格すると、それぞれのクラスのタイトルを取得することができます。
さらに、初めてチャレンジしてから続けて3回以上190点以上獲得すると、Award of Excellenceの称号がつきます。

ラリーオビディエンスの場合、各クラス同時にチャレンジすることが出来るので、すでにある程度のスキルのある犬の場合は、レベル1、2、3と同時に出て合格すれば、3回のチャレンジでタイトル取得も可能となります。

故アシスタントはすでにJKCのグランドトレーニングチャンピョンタイトルを持っていたので、当初からすべてのクラスにチャレンジし、順当にタイトルを獲得しました。
一方、現アシスタントは、スキルにメンタルが伴わなかったこともあり、FCIオビディエンスの競技ではクラス3の実績は持っていますが、ラリーオビディエンスでは、レベル1と2で競技に馴れてからレベル3にチャレンジし、先月レベル3の賞状が送られてきました。

Rallytitlelevel3vincent2022
※現在賞状はメールでWCRLやUSDAAに依頼するとPDFファイルで送られてきますが、近い将来、WCRLサイトからダウンロードできるようになるそうです。

各レベル同時にチャレンジは出来ますが、下位のレベルに合格していないと上位レベルのタイトルは取得できないので注意が必要です。
※下位レベルで3回合格すると、上位レベルのタイトルが有効になります。

尚、以前は日本国内におけるトライアルの開催数が少なかったことで、3回の合格時のジャッジが同じでも問題ありませんでしたが、現在はタイトル取得にあたっては、二人以上のジャッジによる評価が必要となります。

WCRLのサイトでご自身のユーザー名とパスワードを入れると、競技履歴も見られますので確認してみて下さい。
もし同じクラスのジャッジが同一であった場合、次回のトライアルは別のジャッジでなければいけません。
トライアルの申込時に、その旨記載していただければ、WanByWanでは2人体制でジャッジをしていますので、どちらか選ぶことも可能です。

次回のトライアルは3月12日(日)です。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2022/12/post-4414d5.html

ラリーオビディエンストライアルの動画はこちら👇でご覧になれます。


皆様のお申込みお待ちしております。
----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年1月 5日 (木)

ラリオビ定期レッスン

今日は月に一度のラリーオビディエンスの定期レッスンでした。

昨年の秋からの期で、初参加の方、継続参加の方、再参加の方など、ラリオビを楽しんで頂いています。

202301051

ラリーオビディエンスは競技中、課題によってご褒美としてオヤツをあげることも可能なオビディエンス競技ですので、甘い競技と思われがちですが、ひとつひとつの作業の精度は他のオビディエンス競技と変わるものではありません。

前回のトライアルで姿勢変更の仕方で気になったエクストラな姿勢について質問がありました。
エクストラな姿勢とは、例えば立止の状態から伏臥(フセ)をやってもらおうとすると、直接伏せずに、一度座ってから伏せたりするようなことを言います。
この場合はエクストラスィット。
停座(オスワリ)からの伏臥の時に立止が入る場合はエクストラスタンドなどです。

いずれにしても、作業のキューを聞いたら、直接その作業が出来るように体の使い方を教えてあげることが大事。
人間同様、犬にも癖があります。
停座中に腰を崩すのも同じです。

正しい体の使い方を教えてあげることで改善できます。

少しずつ伝えて練習を繰り返してみましょう。

次回のWanByWan主催のラリーオビディエンストライアルは3月12日(日)です。
現在参加者募集中です。
詳細はこちら
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2022/12/post-4414d5.html

尚、2月にはオプデスさん主催のトライアルもあります。
屋外での競技にチャレンジされたい方は是非。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年12月23日 (金)

ラリオビトライアル雑感

バタバタしているうちに、先週のトライアルから間もなく1週間が経とうとしていますが、忘れないうちに今回のトライアルで感じたことを。

今回、我が家の犬たちも含め29エントリーを、川端ジャッジと三井が審査させていただきました。

レベル1に関しては、リードを装着しているので、犬がどこかに行ってしまう心配が無いと言えますが、逆に言うと、リードが張ってしまってペナルティが取られやすいという落とし穴があります。

リードが張らないためにはどうすればいいのか。

今回の参加者の中では、一部のペアでリードが張りっぱなしの状態が続いてしまいましたが、ほとんどのペアは上手にハンドリングが出来ていました。

犬の動きをリードでコントロールする癖がついていると、犬がハンドラーの傍から離れようとすると無意識にリードを引いてしまいがちです。
散歩中の危険回避と異なり、トレーニングにおいては、リードを引いて犬の動きをコントロールするのではなく、犬が自発的にハンドラーに近づいてくるように犬に伝えていく必要があります。

脚側位置も同様で、犬が少し離れて座ろうとすると、ハンドラーの方から犬に近づいてしまう癖のある人がいます。
どんな場合でも、犬が自ら正しいポジションに入れるように伝えていくと、ハンドラーが合わせる必要がなくなります。

正しいポジションを教えるときは、プラットフォームなどのツールを使うことも有効です。

また、姿勢変更を行う際に余計な動きが入ってしまうケースがいくつかありました。
例えば、常歩中に止まって「フセ」をさせようとしたとき、犬が立止の状態から直接伏せるのではなく、一度オスワリをしてから伏せるような場合です。

日常的に、「オスワリ」と言ってから「フセ」と言っている場合、犬はいつもの癖で、伏せる前にお座りをすることがよくあります。
これは「エクストラスィット(XS)」というペナルティに該当します。

ラリーオビディエンス自体は、特に難しい課題があるわけではありませんが、一つ一つを確実に行っていくという部分では、一般の服従訓練となんら変わりません。

毎回課題が変わって飽きない競技ですが、課題数が多い点では、通常の服従競技よりも犬の冷静さが問われる競技かも知れませんね。

202212231

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年12月17日 (土)

ラリオビトライアル無事開催しました。

悪天候が予報されていた今日でしたが、ラリオビトライアル無事に開催することができました。

今回は31エントリー。
参加犬がレベル1と2に集中していましたが、愛犬に声をかけながら、皆様楽しく頑張って下さいました。

202212170
※見分の様子

我が家の見習い2号も、前回の初チャレンジに続き、今回もレベル1Aで参加しました。
まだまだヒールウォークもままならないのですが、場慣れの経験を積ませるために、楽しく参加してきました。

レベル1はリード付きですが、リードが張ればペナルティがつきます。
そこで、リードは完全に緩んだ状態でのヒールウォークでしたが、2号はいろいろなものが気になりフラフラ。
おかげで、犬に合わせるようなウォーキングになり、ペナルティが・・・。

202212171

姿勢変更など、ヒールウォーク以外のキューへの反応はとても良かったのですけど。

202212172

当分オフリーシュのレベル2には参加できそうもありません。

一方見習い1号は、レベル2Bと3Bに参加。
2Bでは、先のサインカードに陽が当たって反射していたせいか、前方に気持ちが行って、若干前のめり気味でしたが、全体的には落ち着いて作業が出来ていました。

202212173

ところが、レベル3のカテゴリーが始めるころは、外は雪が降り出してしまい、オフ会に集まっていた一般来場者が屋内ドッグランに入ってきたので、なんとも騒々しく、指示のキューが聞こえないほどになりました。

幸いレベル3に出ている犬たちはみんな経験値が高いので、犬たちの様子や喧騒に気持ちをそがれることはありませんでしたが、日ごろあまり大きな声でキュー出しをしない我が家はキューが届かずハンドラーが焦ってしまい、なんともバタバタなパフォーマンスになってしまいました。

屋外での競技の場合は、隣でアジリティ競技が行われていることもあるので、多少のディストラクションは気にしないでやらなければいけませんが、犬よりハンドラーが緊張して、犬に伝わってしまうこともあるので、注意が必要ですね。

本日ご参加された皆様、お疲れさまでした!
次回は2023年3月12日を予定しております。

すでにお申し込みは始まっておりますので、ご興味がおありの方は是非チャレンジしてみて下さい。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/cat22079485/index.html


ご要望があれば、セミナー等開催させていただきます。
----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年12月16日 (金)

ラリーオビディエンスセミナーとコース練習会開催しました。

今日は山中湖のドッグリゾートワフインドアドッグランでWCRL規定のラリーオビディエンスセミナーとコース練習会を行いました。

202212161

午前中のセミナーでは、規定の詳細や、実際競技を行うときの注意点等、お伝えさせていただきました。

2018年に規定が改定されたタイミングで、国内ではAFC(アニマルファンスィアーズクラブ)さんだけの開催だったラリーオビディエンストライアルがオプデスさんや、WanByWanでもオープン開催するようになり、少しずつ競技人口が増えてきていますが、まだまだマイナーな競技と言えるでしょう。

課題遂行の正確さにおいては、他のオビディエンス競技同様精度が求められますが、競技中に犬を褒めたり、励ましたり、課題によってはご褒美があげられるラリーオビディエンスは、若い犬やシニア犬でも取り組みやすいドッグスポーツです。

見習い1号の場合は、オビディエンス競技と違い、頻繁にキューが出されると、気持ちがいっぱいになってしまうことがあるので、途中でトリーツが出るとちょっと落ち着けます。

双六のように、番号順にひとつひとつ課題をクリアしていくところや、トライアルによってコースや課題が変化するラリーオビディエンスは飽きることがありません。
是非トライしてみませんか。

今日の練習会で気づいたところは、
・正面停座の難しさ
・トリーツをあげるときに犬が動く
・遠隔作業時、犬が予測してフライングする
などでした。

特にレベル3になると、課題の難度があがるため、日常的に練習していないとうまくできないこともわかりました。

参加犬たちがみんな楽しそうに作業していたことが印象的でした。

明日はトライアルが開催されます。
皆様のご健闘をお祈りします。

------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_20221216173301
にほんブログ村
--------------------------------

| | コメント (0)

2022年12月15日 (木)

ラリーオビディエンスの練習

週末のラリオビトライアルに向けて、1号、2号ともに、基礎のオビディエンス練習をしています。

脚側停座、ヒールの歩き出し、常歩中の作業(停座、伏臥、立止)、そしてよく出る課題の正面停座。

一般の服従訓練やオビディエンス競技では、犬がハンドラーの元に戻ってくるとき、直接脚側停座にはいっても、正面停座から脚側停座に移行してもかまわないのですが、我が家では直接脚側停座を教えているので、正面停座に関しては新たに教えなければいけない課題です。

ハンドラーとまっすぐ向かい合わせに立ってから座ることをきちんと教えないと、曲がったままの停座となり、ペナルティがつきます。

大したペナルティではありませんが、どうせ教えるのであれば、きちんと伝えたいですね。

2号は慣れない動きにまだまだぐにゃぐにゃしています。
そんなとき、曲がるたびに修正していては、正解を出すまでに時間がかかり、褒める頻度が下がるうえに、曲がってからまっすぐ座りなおす癖がついてしまいます。

そうならないためには、初めからまっすぐ入りやすいように環境設定すること。
曲がりにくくするためにターゲットマットやプラットフォームを使うことも有効です。

練習の様子がこちら☟
https://business.facebook.com/wanbywan.dogdance/videos/1211161986136335/

早く覚えてもらいたいときは、成功体験の頻度を増やすこと。
褒められることで、犬のストレスも軽減されますし、ハンドラーも楽しく練習出来ます。

トレーニングは楽しく!が基本ですね。
------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_20221215210101
にほんブログ村
--------------------------------

| | コメント (0)

2022年12月14日 (水)

ドッグトレーニング:ハンドラーの動きに惑わされない

今日は週末のラリーオビディエンストライアルに向けて見習いたちと練習しました。

見習い2号は前回初めてレベル1Aに参加しましたが、ハンドラーへの集中が切れたり、ハンドラーの動きに釣られたりと、いろいろやってくれました。
練習不足ですね。

ラリーオビディエンスの課題の中には「ステイ」というカテゴリーがあります。
つまり、犬がじっとしていること。

その一つの課題が、犬がじっとしている周りをハンドラーが周るというもの。

ハンドラーが動くと犬は釣られがちです。
そこで、ハンドラーが一歩動いても動かなかったことを褒め、二歩動いても動かない、後ろに回っても動かない、ということを一つずつ丁寧に教えていくと、一周まわれるようになります。

202212141

私が後ろに周ったとき2号は身体は動かしていませんが、顔だけ動かしています。
まだまだ馴れていないからです。

202212142

1号のレベルになると、こういった動きに馴れているので、私が動いていても、耳だけ動かして気配を確認する程度でじっとしていることが出来ます。

何事も、繰り返しの練習が大事ですね。

また、「じっとしていること」で危険回避も出来るので、周囲の刺激に釣られないように、解除されるまでその状態を維持することを教えておくのは訓練競技をやるかやらないかに関係なく有効なので、是非教えてあげましょう。
記念撮影をするときなどにも有効ですよ。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年12月 1日 (木)

ラリオビ定期レッスン

今日は横浜のワンダフルステップさんのスタジオでWCRL規定のラリーオビディエンスの定期レッスンがありました。

前半は、課題に必要なムーヴの精度をあげる練習。
後半はコース体験でした。

202212011

ラリーオビディエンス競技は世界的にも様々な国で楽しまれているドッグスポーツで、WCRL規定以外にも沢山あります。
JKCもFCIが新たにラリーオビディエンス競技を公式競技として認める方向になったことから、数年前よりローカライズした規定でアトラクション競技を行っています。

競技の途中で犬を褒めたり、励ましたりできますし、オヤツをあげられるポイントがあったりすので、チャレンジしやすいドッグスポーツと言えるでしょう。

WCRL規定の競技は、ずっと以前よりアニマルファンスィアーズクラブ(AFC)、2018年のルール改定に合わせて、オプデスでも開催するようになったので、どの団体の競技に参加しても結果は共通して反映されますし、クォリファイポイントも合算されます。

WanByWan主催のラリーオビディエンストライアルは今月17日、山中湖のドッグリゾートワフ、インドアドッグラン内で行います。
前日には、初心者向けのセミナーと、午後はコースの体験ができます。

お申込みの締切は12月10日です。
詳細は👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2022/09/post-679829.html

是非チャレンジしてみてくださいね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年11月23日 (水)

ドッグトレーニング:シェーピングを使う。

犬に新しい行動を教える方法はいくつかありますが、その中に「シェーピング(Shaping)」という方法があります。
「Shape」とは「形作る」という意味があります。
つまり、最終形に向けて、行動を形作っていくということです。

単一行動であれば、ルアーリングと言って、手に犬の好むオヤツなどを持って犬の鼻先に見せて、行動を誘発する方法がありますが、犬が自発的に取る行動を強化する「シェーピング」の方が、犬の気持ちを優先させられるので、理解が速い時もあります。

ということで、見習い2号に、前肢をターゲットに乗せるという動きを教えるのにはシェーピングを使うことにしました。

目の前にあるターゲットマットに注意を向けることから始め、前肢が2本乗るところまで前回練習をしたので、今日はディストラクションの無い家の中で、ターゲットから少し距離を取ったところで、ターゲットに自分から向かって行き、前肢を乗せて振り返る動きを強化してみました。

202211231

この行動の最終形は、10メートル以上離れた場所まで走って行って、キューを聞いたら止まって振り返るというものです。

これから先は、走っていくことや、ターゲットが無くても止まることなど、いろいろなことも教えていかなければいけませんが、まずはひとつずつですね。

さて、今月中に締切があるInformationが2つあります。

一つは、競技用・練習用ダンベルと、オビディエンス用Boxテープの御予約締切が26日です。
Box_tape01_20221123205201
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2022/11/post-57557a.html


もうひとつは12月に行われるラリーオビディエンスセミナー・練習会と翌日のトライアルの申し込みの締切が今月末です。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2022/09/post-679829.html
202209241_20221123205301

両方とも次回の募集は来年以降になりますので、お早めにお申し込み下さい。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧