ラリーオビディエンス

2021年11月26日 (金)

WCRL規定ラリーオビディエンスグループレッスン

今日はラリオビに興味をもたれた方々のグループレッスンの日でした。
先月から始め、今日は2回目のレッスン。

前回は競技の概要をお話しし、後半、サインカードが置いてある中で犬と一緒に作業することを体験していただきました。

今回は、ラリオビ競技で欠かせない姿勢の維持や変更について練習していただくことに。

「姿勢」とは「オスワリ」「フセ」や「タッテ」と言った一般的な3姿勢を言います。

「オスワリできますか?」と聞かれて、「オスワリぐらいできます。」と答える飼い主さんは少なくありません。
つまり、「オスワリ」と言われて、犬が腰を下ろすことが出来れば、とりあえず第一関門は通過できますが、それだけでは100%「出来る」ことにはなりません。

では、どのレベルが100%「出来る」に相当するのでしょうか。

①犬と視線が合っていなくても、言葉のキュー1回で犬がすぐに腰を下ろすことが出来る。
②周りにディストラクションがあっても、言葉のキュー1回で犬がすぐに腰を下ろすことが出来る。
③オスワリをしたあと、ハンドラーが次のキュー(指示や解除)を出すまでオスワリを維持していることが出来る。
④オスワリをしたあと、ハンドラーが動いても、ハンドラーの次のキュー(指示や解除)が出されるまではオスワリを維持し続けることが出来る。

以上のことがクリア出来ていれば、「オスワリできます。」ということが出来ます。
そして、クリアできていなければ、通常のオビディエンス(服従訓練)と比べて簡単なように見えるラリーオビディエンスもペナルティ無しに合格することは出来ません。

つまり、いくら競技中オヤツをあげられるポイントがあったとしても、途中で犬を褒めることが出来たとしても、やるべきことをきちんとやらなければ、ペナルティ無しで課題をクリアすることは出来ないということです。

ご参加のみなさんには、まず姿勢とはどういうものなのかから始まり、ヒールポジションの位置、姿勢の維持など、学んでいただきました。

202111261

簡単そうと侮れないラリーオビディエンス。
まずは、犬にきちんと伝えることから始めていきましょう。

現在WCRL規定ラリーオビディエンスのイベント参加者募集中です。
12月17日:ラリーオビディエンスセミナーと練習会
12月18日:ラリーオビディエンストライアル
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2021/09/post-76894e.html
締め切りは11月27日です。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年11月11日 (木)

ラリオビ定期レッスン

 今日はラリーオビディエンスの定期レッスン日でした。

ラリーオビディエンスは通常のオビディエンス(服従訓練)と異なり、課題の途中でも犬を褒めたり、課題によってはトリーツをあげることもできますが、だからと適当に犬に教えて出来る競技ではありません。
基本がきちんと出来ていなければ課題をクリアすることは出来ないからです。

そして、いつも練習していることを、本番でも出来るようにするには、技術だけではなく、犬の集中力とハンドラーサポートが欠かせません。

今日はハンドラーへのアテンションや、作業への集中力、ハンドラーの犬の状態を観察する練習から始めました。

犬はちょっとしたディストラクションでも、気が散ってしまい、フリーズしたり、ハンドラーのキューを聞き逃してしまうことがあります。
そんなことを想定して、様々な環境での日々の練習に加え、ハンドラーのサポートによる素早いリカバリーも不可欠です。

202111111

後半はコース練習。

202111112
※見分中

課題自体はそんなに難しくなくても、ハンドラーのキューに素早く反応できるようにサポートしてあげたいですね。

WCRLラリーオビディエンストライアルは12月に開催予定です。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2021/09/post-76894e.html

参加申し込みの締め切りは11月27日です。

ご参加お待ちしております。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年10月14日 (木)

WCRLラリーオビディエンス勉強会

今日はかねてよりラリオビに興味を持ってくださっている方と、現在競技会にチャレンジ中の方の合同勉強会でした。

前半はラリオビの概要と規定の解説。
後半は愛犬と一緒に動いて頂いたり、コースの見分を体験していただきました。

ラリーオビディエンスは通常のオビディエンス(服従訓練)と異なり、課題の途中で犬に声をかけたり、褒めたり、課題によってはご褒美のトリーツもあげられます。
そんなルールを聞くと、ラリオビは簡単だから誰でも出来そうだと思われてしまいがちですが、あにはからんや、そんなに簡単ではないんです。

課題自体は基本が出来ていればちゃんと出来るものですが、基本が出来ていても、集中が持続できなければハンドラーと一緒に課題に向き合うことは出来ません。

そんなことも含めて、今日は課題に向き合う姿勢から練習していただくことに。

202110140

犬にとっては、練習場所も、競技会場も大きなディストラクション。
床に置かれたサインカードも同様です。

ということで、後半はサインカードの横を平常心で歩く練習。

202110141

まずは馴れてもらうことからですね。

12月にはラリオビのセミナー、練習会、競技会を開催します。
詳細はこちら👇から。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2021/09/post-76894e.html

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年10月 7日 (木)

ラリオビ定期レッスン

今日は月に一度のラリオビ定期レッスン日でした。

前半は、愛犬の集中力アップの見直し。
初めの一歩の前から集中力をあげ、初めの一歩でさらに集中力アップ。

特に若いオス犬はいろいろなものがディストラクションになって気が散り勝ち。
集中力の持続も練習から。

まずは楽しく作業することから伝えていきましょう。

202110071

後半は、コースの練習。

202110072_20211007211801

ラリーオビディエンスは通常のオビディエンス競技と違い、作業中もパートナーを褒めたり声をかけたりすることが出来る競技です。

集中が切れないためには、ハンドラーの努力も不可欠。
日々の練習も欠かせませんね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年9月29日 (水)

WCRLラリーオビディエンスセミナーおよびトライアルのご案内

来る1217日(金)~18日(土)にWCRL規定のラリーオビディエンスのセミナーとトライアルを開催いたします。

202109191_20210929105101

🍀12
17日(金)
WCRL
規定ラリーオビディエンスセミナー及びコース練習会
午前:ラリーオビディエンスの規定についての座学
定員:10 (最低催行人数5ペア)
午後:ラリーオビディエンスの課題の練習及びコース練習
定員:15 (最低催行人数5ペア)
講師:WCRL公認ジャッジ 三井 惇

参加費:セミナーのみ6,000円、練習会のみ5,000円、終日10,000

🍀 12
18日(土)
WCRL
規定ラリーオビディエンストライアル
LEVEL 1(A,B)
LEVEL 2(A,B)LEVEL 3(A,B)、ベテラン(A,B
ジャッジ:川端千賀子(WCRL公認ジャッジ)、三井惇(WCRL公認ジャッジ)

お申込みは102日(土)21:00から。

下記の内容をメールにてお送りください。
送り先メールアドレス:info@wanbywan.com

【件名】12月ラリーオビディエンスイベント参加希望

参加希望カテゴリーをお選びください。
12/17 セミナー
12/17 練習会
③12/17 終日参加
12/18 トライアル


①②③の参加希望者は以下の内容をお送り下さい。
1.
参加者の氏名
2.
参加犬の名前
3.
参加犬の種類・年齢・雌雄
4.
参加者の住所及び連絡先
5.お弁当の数(午前と午後のイベントにご参加の場合は、お弁当をご注文いただきます。持ち込みは出来ません)
6.woof
ご同伴者様の数・・・大人名 子供名 犬
7.woof
ご宿泊の方の数(ご本人も含めます)・・・大人名 子供名 犬
8.
ラリーオビディエンスの経験の有無
9.
参加希望イベント:①、②、③

④の参加者は以下の内容をお送りください。

1.WCRLあるいはUSDAA登録:
済んでいる(犬の登録番号:      )
済んでいない:同時登録希望する(5,000円) / 自分でする
2.
ハンドラー名(アルファベット):
3.
犬の名前(アルファベット)
4.
犬種および性別:
5.
犬の生年月日:
6.
犬の体高(肩の位置で):
7.
参加クラス:LEVEL1ALEVEL1BLEVEL2ALEVEL2BLEVEL3ALEVEL3B、ベテランA、ベテランB
参加クラスについては参加資格の詳細をご確認の上、対象クラスのみ残してください。
※LEVEL1
LEVEL2LEVEL3、ベテラン同時参加も可能ですが、各レベルとも3回クォリファイしないと、上位レベルのクォリファイが有効になりません。
8.
参加者のご住所
9.
参加者の連絡先(日中連絡のつく電話番号):
10.
課目修正申請がある場合は以下にお書きください。
例:ハードルの高さを〇〇センチにしてほしい。
11.お弁当の数(woofは飲食の持ち込みが禁止されているので、ドッグランでお召し上がりの方は必ずご注文下さい。)
12.woofご同伴者様の数・・・大人名 子供名 犬
13.woof
ご宿泊の方の数(ご本人も含めます)・・・大人名 子供名 犬
14.17日のイベントの参加の有無:①、②、③、参加しません。(必要なところのみ残してください)
 
申込締切:1127日(土)

※お申込み後のキャンセルにつきましては、キャンセルフィーがかかります。

皆様のご参加お待ちしています。
-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0)

2021年9月19日 (日)

WCRLラリーオビディエンストライアル開催しました。

WanByWanイベント最終日はラリーオビディエンストライアルでした。

今回は10回目となるWanByWan主催のラリーオビディエンストライアル。
初めてご参加のチームもいらっしゃいました。

レベル1はリードを装着して行いますが、リードさばきもなかなか難しいものです。
当然、リードを着けないレベル2や3はさらに課題の内容が難しくなりますが、基本的なことがちゃんと伝えてあれば、個々の課題の動きを練習することで、出来るようになります。

初参加は人も犬も緊張しますが、回を重ねるごとに、どのペアも確実に進化しているのを実感しています。

また、途中でご褒美のトリーツをあげたり、言葉でも褒めてあげられるのがラリーオビディエンスです。
一度トライしてみませんか?

今回も見習いVincentはレベル1Aと2Aに参加。
レベル2Aでは、少し緊張したのか、また声が出てしまいました。
それでも、3か月前のトライアルと比べると、ちょっと落ち着いたような気がしないでもありません。

202109191

一方、アシスタントの方は前回に引き続きレベル3Bのみに参加。
途中で苦手なハードルがあったのですが、落ち着いて作業をしてくれたので、210点満点を取ることができました。

202109192

若いころにちゃんと教えたことは忘れない。

これは、前日のリハーサルショウで、15歳になる参加犬が、全盲になってもきちんとハンドラーのキューを聞いて作業する様子を見て改めて感じたことです。

歳を重ねて行っても、楽しくトレーニングを継続することで、犬たちの脳はちゃんと活性化されているので、シニアになってもトレーニングは続けて欲しいですね。

ラリーオビディエンスのレッスン、参加者募集中です。
場所は横浜になります。
WanByWan.comのお問合せフォームからお気軽にお問合せ下さい。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年9月 2日 (木)

ラリーオビディエンス定期レッスン

今日は月に一度のラリーオビディエンス定期レッスンでした。

今月行われるラリーオビディエンストライアルに参加される方たちにとっては、トライアル前の最後の練習になりました。

リード付きのレベル1から、遠隔作業があるレベル23と難度が増すラリーオビディエンスですが、課題(作業)の途中で犬を励ましたり褒めることが出来ることから、若い犬たちにとってもストレスが少ない競技です。

202109021
※今日は見習いもコース練習に参加しました。

しかし、ある意味、声をかけすぎてしまうと、犬の集中力が落ちて、作業のキューを聞き逃してしまうこともあります。
キューを出すとき、褒めるタイミング、それぞれメリハリをつけて伝えていくことがポイントです。


9月19日、ドッグリゾートワフのインドアドッグランで開催予定のWCRLラリーオビディエンストライアルの申込締切は今週土曜日です。

お申込みの詳細等は以下でご確認下さい。
http://wanbywan.com/tiral_premium20210919.pdf

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0)

2021年8月 5日 (木)

ラリーオビディエンス定期レッスン

今日は月に一度のラリオビグループレッスンでした。
トライアルにも参加してくださっている生徒さんですが、レベルはまちまち。
課題も当然それぞれですので、最初は各人の課題から。

202108051

先日”unison(同調する)について書きましたが、ピヴォット(旋回)だけでなく、最初の一歩の歩き出しも同じです。
犬が遅れないように、タイミングを計りながらキューを出し、一緒に動けるようにサポートしていくことが欠かせません。

後半はコース練習。

今回も見習いがレベル1のコース練習に参加しました。

202108052

ドッグダンス同様、FCIオビディエンス競技とは異なり、次から次へとキューが飛ぶと頭がいっぱいになって吠えが出てしまいます。

まずは落ち着くことが大事ですね。

次回のラリーオビディエンストライアルは2021年9月19日を予定しています。
詳細は👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/cat22079485/index.html

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年7月 1日 (木)

ラリオビ定期レッスン

今日は月に一度のラリーオビディエンスグループレッスンでした。

202107011

先月行われたラリーオビディエンストライアルに初参加された生徒さんがいらっしゃるので、反省会も合わせて行いました。

初参加ということもあり、いろいろ緊張されたそうで、パートナーにも伝わっていたようです。

普段は出来ていることでも、競技会という状況や、馴れない場所での作業は緊張して当然。
パフォーマンスが落ちても仕方ありません。
必要なのは、普段できることをどこでも出来るように確実にしていくこと。

前半は現在の各々の課題について再確認。

課題で出てくる、遠隔時の「マテ」、歩き出しのユニゾンなどなど、それぞれの課題に合わせて練習。

その後はコース練習を行いました。

次回のラリーオビディエンストライアルは、919日です。
お申込みは始まっています。
詳細は👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2021/06/post-2350b9.html

皆様のご参加お待ちしております。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年6月19日 (土)

ラリーオビディエンストライアル開催

ドッグリゾートワフの屋内ドッグランにて、WCRL規定ラリーオビディエンストライアル無事開催いたしました。

コロナ禍、感染対策を行う中で開催されたラリーオビディエンスの競技会。
WanByWan
主催のトライアルも今回で9回目となります。

202106191

今回は有限会社オリエント商会様に協賛していただき、犬たちが喜ぶオヤツをご提供いただきました。
嬉しい限りです。

202106192

今回もWCRL公認ジャッジ、川端千賀子氏との共同ジャッジでの開催でしたが、見習いVincentがラリオビデビューしました。

202106194

いつもFCIオビディエンス競技を頑張っている見習いですが、今年になって新たなチャレンジということで、先週はドッグダンスコンペデビュー、そして今週はラリオビトライアルデビューとなりました。

結果はレベル1A210点(/210点)で1席、レベル2AはなんとBarking(吠え)のペナルティで205点(/210点)の2席。
FCI
オビディエンスで吠えることはほとんど無いのですが、ラリオビは次から次へと、ドッグダンスのようにキューがとぶので、頭がいっぱいになったのでしょう。
まだまだ修行が足りません。

因みに5月で10歳になったアシスタントのニコルはレベル3Bに参戦。
結果は210点満点でしたが、タイム差で2席となりました。
ドッグダンスだけでなく、ラリオビもゆっくりペースです。

ラリーオビディエンスは、作業の途中で犬を褒めたり、課題によってはご褒美ををあげられる競技ですので、若い犬やシニア犬も楽しめるドッグスポーツです。
一度トライしてみませんか?

次回は919日(日)を予定しています。
お申込み等詳細は👇をご覧ください。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2021/06/post-2350b9.html

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧