ラリーオビディエンス

2018年6月30日 (土)

WCRLラリーオビディエンス座学および競技体験会

今日はラリーオビディエンスの座学と体験会を開催させて頂きました。
15組のペアのご参加を頂き、とても楽しい時間を過ごすことができました。

参加者の中で、すでに競技を経験されている方は1ペアのみで、他の方はラリーオビディエンスについては初めての方ばかりでしたが、なんとほぼ全員がドッグダンス経験者だったので、愛犬とのコミュニケーションを上手に取られていました。

全体的に共通して感じたことは、当然と言えば当然ですが、犬のミスではなく、ほぼ人間のミスというところ。

今回はレベル1のみの体験でしたので、リードを付けた状態で競技体験を行いましたが、犬を引っ張っているわけではないのに、リードが張ったように見えてしまったり、犬がハンドラーのキューにすぐ反応出来なかったとき、焦って追加のキューをかけてしまったり、サインカードの意味を勘違いして異なるキューをだしてしまうなど、人的ミスが多く見られました。

リードの長さは1.8メートルまで認められていますし、持ち手は左右どちらでもかまいません。
傍で作業するときはリードを短めに持って、犬の足にからまないように。
犬が人間の周りを周ったり、一緒に回転するときなどはリードを長めに持って、リードが張らないようにするというテクニックが必要になります。
また、見慣れないサインカードに気を取られてハンドラーのキューを聞き逃してしまう可能性もあるので、褒め言葉などの声掛けでアテンションをなるべく取りやすくしておくことも大事なポイントですね。

細かい所では、ヒールポジションでの姿勢変更の際、ハンドラーからちょっと離れてしまったり、曲がってしまうことがありましたが、これは練習で修正できるでしょう。

初体験とは言え、みなさま犬への声掛けもふくめ、上手にリードされていたのは、やはりドッグダンス効果でしょうか。

ご参加いただきました皆様、お疲れ様でした。

出番がほとんどなかった見習いは、帰りの車の中で壊れてしまったので、途中でガスを抜いて帰りました。
201806301

若い犬に長時間のクレート待機はきついですね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

ラリーオビディエンスの練習

ラリーオビディエンスのレベル1のエクセサイズ(課題)は停座、伏臥、立止、待てなどの基本の動作とハンドラーの左側を付いて歩けるレベルであれば競技にチャレンジすることは難しいことはありません。

しかし、実際に目の前にサインカードが置いてあったり、順番にクリアしなければならないエクセサイズが続くコースを歩きはじめると、ハンドラーも犬も緊張するものです。


特に小型犬の場合は、自分のサイズと同じくらいのサインカードが目の前に出てくればびっくりしてしまいます。


ハンドラーの方は、次から次へと出される課題をひとつひとつ理解することに頭がいっぱいになって、愛犬にキューを上手に伝えられなかったりなんていうこともあります。

いずれにしても、本番を想定した練習で、犬も人も慣れることができます。


201806151

ハンドラーが落ち着くことが先決ですね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
WCRL規定ラリーオビディエンスの座学と競技体験会開催します。
詳しくはこちらから
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 6日 (水)

WCRLラリーオビディエンス@AFC参加してきました。

アニマルファンスィアーズクラブで米国よりNancy Reyes氏をジャッジとして招いたラリーオビディエンスの競技会が開催されました。

平日にもかかわらず、82組の参加があった今日の競技会。
私はアシスタントニコルとレベル1Bとレベル2Aに参加しました。

201806061


ラリーオビディエンスの競技クラスは、イントロ、レベル1、レベル2、レベル3、そしてベテランクラスと別れていて、レベル1からレベル3は、それぞれ3回合格しないと次のステップにあがれないシステムになっています。

それぞれのレベルに合格すれば、次のレベルだけでなく、合格したレベルのBクラスにエントリーすることができます。

ニコルはレベル1を合格しているので、レベル2とレベル1のBクラスにエントリーできます。
今回レベル2は2回目のチャレンジでしたが、無事合格したので、次回合格すればレベル3にエントリーできます。

レベル2からは遠隔(犬を待たせる)や障害(ハードル障害)が課目に加わり、レベル3になるとムーヴがさらに複雑になります。

当然のことながら、毎回コースが変わるのでゲーム性もあり、集中が取りづらい若い犬やシニア犬でも楽しめる競技です。
機会があれば是非チャレンジしてみてください。


ちなみに6月30日には座学と体験競技会を開催します。
詳しくはこちらから


レベル2Aの動画です。


---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
WCRL規定ラリーオビディエンスの座学と競技体験会開催します。
詳しくはこちらから
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

来週はラリーオビディエンストライアル

昨年から少しずつルールを勉強してトライアルに出始めたWCRL規定のラリーオビディエンスですが、来週6/6はAFC(アニマルファンスィアーズクラブ)でNancy Reyes氏をジャッジに招いたトライアルが開かれます。

WanByWanの勉強会に参加してトライアルに出陳するようになった方たちもいよいよレベル2に挑戦できるようになりました。

そこで、今日の練習会では、レベル1のコース練習のあと、難度の高い遠隔の課目やハードル障害の組み込まれた課目などの個別練習を行い、その後レベル2の実際のコースを体験していただきました。


201806021

レベル2のボーナス課目はレベル3から出題されるので、レベル3の予備知識も必要になります。


どんな競技も同じですが、犬の技術レベルの問題だけでなく、ハンドラーが緊張してしまうと、思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあります。
落ち着いてトライしましょう(自戒)。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
WCRL規定ラリーオビディエンスの座学と競技体験会開催します。
詳しくはこちらから
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月26日 (土)

WCRL規定ラリーオビディエンス練習会

今日はWCRL規定のラリーオビディエンスの練習会でした。

すでにレベル1を3回クリアし、次回からはレベル2にチャレンジされる方がいらっしゃるので、今日はレベル2のコースも作ってみました。

レベル2は晴れてオフリーシュで参加できるクラスですので、レベル1のように「タイトリーシュ」(リードが張る)の減点を気にしなくてもよくなります。
ということは、当然ノーリードですから、パートナーはハンドラーのすぐそばにいなければいけないことになります。

更に、エクセサイズの数が増えたり、パートナーから離れるという「遠隔作業」や「障害飛越」も加わって難度は増しますが、ゲーム性も高くなりおもしろくなってきます。


201805261


今日の参加者は、服従訓練やドッグダンス、アジリティなどドッグスポーツ経験者のため、オフリーシュであってもなんの懸念も無くコースをまわられました。

直近の競技会は来月6日にAFC(アニマルファンスィアーズクラブ)で開かれるトライアルです。


---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
WCRL規定ラリーオビディエンスの座学と競技体験会開催します。
詳しくはこちらから
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 8日 (日)

WCRLラリーオビディエンストライアル@AFC

今日はアニマルファンスィアーズクラブ(AFC)でラリーオビディエンスの競技会がありました。
参加ペア70組以上の盛況な競技会でした。

アシスタントニコルはレベル1はクォリファイしているので、今回初のレベル2チャレンジと、クォリファイしているレベル1のペアが参加できるレベル1Bに参加してきました。
レベル2はオフリーシュで出られるので、リードが張ったように見えるペナルティなどのリスクが無くなります。


初めに1Bに出たところ、さすがに1Aに3回、1Bに1回出ており、練習会でもレベル1のコースは何度も経験しているので、緊張感はマックスにはならず、パーフェクトで1席を頂戴することができました。


201804081


ところが、初チャレンジのレベル2はアシスタントの苦手な「障害飛越」があり、予想通りペナルティが付いてしまいました。
しかし、なんとか合格点は取れましたので、あと2回合格すればレベル3に昇格できます。


しかし、レベル2は遠隔の作業が多いので、犬の技量だけでなく、ハンドラーのキューの出し方や、スムースな動きも不可欠です。
果たしてこのままスムースにレベル3に向かえるのか、練習次第というところでしょう。

ラリーオビディエンスは途中で犬を褒めたり、タイミングによってトリーツもあげられるので、自信のない犬たちにはストレスが少ない競技です。

是非一度チャレンジしてみてください。

AFCでの開催は6月の予定です。

レベル1Bの動画

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

---------------------------------
4月から、相模原でベーシックトレーニングの定期クラスが始まります。
詳細はこちら↓から。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2018/03/post-b3c9.html
愛犬とのコミュニケーションを深めたい方や、基本の動作をしっかりマスターしたい方にお奨めです!
ドッグダンスで使うバックステップやオビディエンスで使う持来なども練習していきます。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月29日 (木)

ラリーオビディエンス練習会


今日のラリーオビディエンスの練習会ではレベル2も取り入れてみました。

WCRL規定のラリーオビディエンスにはイントロクラス、レベル1、レベル2、レベル3、ベテランクラスと5つあります。

イントロクラスは初心者向けですが、多少のオビ(服従訓練や基本トレーニング)の経験者(犬)であればレベル1クラスからエントリーすることができます。

レベル1クラスで3回合格(異なる2名のジャッジによる審査)するとレベル2に上がることができます。
レベル1はリード付のクラスなので、リードさばきに気を付けなければいけませんが、レベル2になると、リード無のクラスになります。
オビ経験者にとっては、リード付は簡単そうで意外と難しいもの。
ちょっとでもリードが張ったように見えるとペナルティです。


っということで、早くレベル1を終わらせてレベル2に行きたいと思う人が多いのですが、今日の練習会には近々レベル2に上がれそうな方が参加されていたので、レベル2のコースも作ることにしました。

レベル2はレベル1と違い、遠隔作業が沢山盛り込まれています。
さらに障害飛越も入り、バリエーションもゆたかです。


201803291


今回初参加のJ君は、先日JKCの訓練競技会のCDIで一席をとった強者。
ラリオビ初とは思えない確実な作業でハンドラーさんを含め、周囲を驚かせました。


201803292


基礎トレーニングは大事ですね。


ラリーオビディエンスの練習会を不定期に開催しています。
参加してみたい方はお気軽にお問合せ下さい。

ちなみに4月はオプデスとアニマルファンスィアーズクラブ、6月はアニマルファンスィアーズクラブでトライアルが開催されます。
ご興味がある方は是非チャレンジしてみてください。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

---------------------------------
4月から、相模原でベーシックトレーニングの定期クラスが始まります。
詳細はこちら↓から。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2018/03/post-b3c9.html
愛犬とのコミュニケーションを深めたい方や、基本の動作をしっかりマスターしたい方にお奨めです!
ドッグダンスで使うバックステップやオビディエンスで使う持来なども練習していきます。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

ラリーオビディエンス初タイトル

昨年からアシスタントと始めたWCRL規定のラリーオビディエンスで、レベル1を3回合格したので、次回のトライアルからはレベル2に昇格できることになりました。
これでようやくオフリーシュで競技ができます。

しかも、今回レベル1の点数が3回続けて190点以上ということで、"Award of Excellence"というタイトルも付いてきました。


201803281

今年からオプデスがトライアルを開催するようになって競技の回数が昨年より増えるので、早くレベル1をクリアできる人が増えることでしょう。

愛犬を褒めながら作業出来るラリーオビディエンスは、一般の服従訓練やオビディエンスと比べると、愛犬の集中が取りやすい競技です。



<昨年アシスタントと参加したレベル1>

しかも、アジリティ競技のように、ひとつひとつの課題をクリアして次に進むというゲーム性も加味されています。

走るのが苦手でアジリティに踏み込めない人は是非ラリーオビディエンスにトライしてみませんか?

定期的に練習会を開催していますので、ご興味がおありの方はお気軽にお問合せ下さい。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

---------------------------------
4月から、相模原でベーシックトレーニングの定期クラスが始まります。
詳細はこちら↓から。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2018/03/post-b3c9.html
愛犬とのコミュニケーションを深めたい方や、基本の動作をしっかりマスターしたい方にお奨めです!
ドッグダンスで使うバックステップやオビディエンスで使う持来なども練習していきます。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 6日 (火)

WCRL規定ラリーオビディエンス練習会

今日はWCRL規定のラリーオビディエンスの練習会を行いました。


201803061
見分中


今回初参加の方もいらっしゃったので、ラリーオビディエンスの概要、エクセサイズの作業方法、ペナルティについての座学の後、実際にコースを作って体験していただきました。


201803062
コースデモ

動画はこちらから↓

ラリーオビディエンスは通常の服従訓練やFCIオビディエンスなどとは異なり、作業中のパートナーを褒めることができますし、視符や体符を使うこともできます。
しかし、基本はハンドラーとパートナーの一体感。
パートナーのペースに合わせてしまったり、適当なポジションはペナルティの対象となります。
パートナーとの楽しい共同作業は、若い犬やシニア犬でも楽しめます。
アジリティのように、コース上のエクセサイズをひとつひとつクリアしていくのはとてもおもしろいです。

公式トライアルの予定は以下の通りです。
4/8 AFC(アニマルファンスィアーズクラブ)主催
4/21 OPDES(オプデス)主催
詳細は各主催団体のホームページでご確認ください。

練習会は不定期に開催していますので、ご興味がおありの方はWanByWanまでお気軽にお問合せください。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月22日 (木)

ドッグトレーニング:理解出来ているから出来るとは限らない

今日はラリーオビディエンスの練習会でした。

ラリーオビディエンス競技はアシスタントと一緒に楽しんでいる競技で、昨年AFC(アニマルファンスィアーズクラブ)で開催された2018年度新規定のセミナー&ワークショップに参加してから、ゲーム感覚の面白さにはまって練習会を開催したり、トライアルに参加するようになりました。
アシスタントはすでに3回のトライアルにクォリファイしているので、レベルがひとつアップしました。

一方見習いの方は、JKCのオビディエンス競技に昨年暮れから参加しはじめ、こちらもレベルが一つあがったところ。
しかし、6歳のアシスタントと2歳の見習いでは、経験値がまったく違います。

今日は見習いもラリオビのコース体験をしたのですが、一度目の体験では、途中で頭がいっぱいになり、私の足に抱きついて固まりました。

ひとつひとつのエクセサイズをひとつずつこなし、その都度少し息が抜けるオビディエンス競技と違い、ドッグダンスのように、出された課題を次から次へとこなしていくラリーオビディエンスは、若い見習いには少し負荷が大きかったのかもしれません。

一つ一つの作業は確実に理解出来ているので、わからなくなったわけではありません。
しかしそれを確実に成し遂げられるかどうかはまた別の問題とも言えるでしょう。
アシスタントもたまにはコース練習が必要なようです。


201802221
photo by A.Sさん

---------------------------------
2018年3月24日、山中湖のwoofでドッグダンスのファンマッチを開催します。
新しいルーティンの練習や、場慣らしの場としてお使いいただけますので、是非ご参加ください。
詳細はこちらから。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)