ドッグスポーツ

2024年2月28日 (水)

練習無くして本番無し。

どんなドッグスポーツでも「練習」はするものです。
当たり前のことですよね。
試験も 勉強しないで臨むのは無謀です。

さて、今日はオビディエンスの練習会がありました。
グループ休止や、それぞれの課題にあわせた強化練習と、ディストラクションを混ぜて、本番以上に刺激的な練習などを行っていきます。

202402281

犬も人も、本番は緊張するものです。
いつもと違う環境で、知らない人や犬が周りにいる中で行われるのですから、日常的な練習である程度の精度が上がっていなければ、当然本番でガタガタになってしまうことは簡単に予想できます。

本競技中、隣のリンクのハンドラ―の大きな声に惑わされてしまうということもありますし、隣のリンクの犬が制御不能になって走り回っているということもあります。
現に先週末の競技会では、楽しそうに走り回る小型犬がいました。

そんな状況を想定した練習をすることも、競技会にチャレンジするには必要な練習と言えるでしょう。

本番で慌てずに済むよう、普段から落ち着いて出来るようにサポートしていきたいですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年2月27日 (火)

「持続」の概念を教える

服従訓練やオビディエンス競技などでは当然のように教える「持続」ですが、ドッグダンスをトリックから始めた人はなかなか「持続」を教えようとは考えません。
そもそも「持続」とはどういうことでしょうか。

例えば愛犬に「オスワリ」をお願いした時、愛犬はいつまで「オスワリ」していればいいと理解しているでしょうか。

「フセ」や「タッテ」も同様です。

「マテ」と言われなくても、「オスワリ」等の姿勢のキューを出せば、次のキューを出されるか、あるいは解除されるまでは「オスワリ」を続けるようにオビディエンスでは教えます。
一般的には「常歩行進中の作業」などの課題がそれにあたります。

競技会などでは、犬を待たせて犬から離れるとき、あえて「マテ」と声をかけることも許可されているので、姿勢のキューだけでなく、「マテ」を使うこともありますが、こういったトレーニングをしていない一般家庭犬の場合、日常生活の中でちょっと犬を待たせるときなど「マッテ」という言葉を使っていないでしょうか。

日常生活での「マテ」は、「ちょっと買い物に行ってくるから『待って』てね。」だったり、玄関から出るときに飛び出さないようにするための一瞬の「マテ」だったりと、長い持続を要求しない「マテ」の時があったりします。

しかし、オビディエンス競技や、ドッグダンスの遠隔作業で出される「マテ」のキューはその場から動かないでい続けることを要求する「マテ」なので、きちんと弁別して教えてあげないと犬が混乱してしまいます。

犬に何を伝えたいのか、明確にして「キュー」を統一することも重要ですね。

ということで、今日のドッグダンスグループレッスンでは、ちょっと基本の見直しも含めて、「マテ(持続)」の練習。

202402271

姿勢はなんでもかまいません。
次のキューや解除されるまでじっと動かないことがポイントです。

遠隔での作業では、ハンドラ―の元に勝手に戻ってこないためにも、その場での作業が続けられるように、落ち着いて待っていることを教えることが不可欠ですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年2月26日 (月)

ドッグトレーニング:ルアーリングの目的は?

「ルアーリング」とは釣りのルアーと同じで、「何かで釣る」という意味ですが、ドッグトレーニングでは犬の鼻先に美味しいものを見せたり、犬が好きなオモチャを見せて、行動を引き出すときに使います。

「オヤツで釣る」と聞くと、ネガティブな印象を受ける方が多いようですが、最初はオヤツに釣られても、最終的に言葉のキュー(合図)を理解して、オヤツが目の前にぶら下がっていなくても行動するようになるのがドッグトレーニングのゴールですから、ルアーリング自体は通過点でしかありません。
最後までオヤツがはずせないとゴールまで辿りつけていないことになりますが、原因はどちらかというとハンドラ―の自信の無さから来ることが多いものです。

さて、今日は10歳のR君のプライベートレッスンがありました。
R君はラリーオビディエンスを楽しんでいますが、飼い主様曰く、オビディエンスの基礎をやっていないということで、ところどころ不安な箇所があるそうです。
しかし、R君はオヤツも好きですし意欲もあるので、きちんと伝えてあげれば理解できます。

脚側停座もきちんと分かっているR君ですが、ハンドラ―が歩き始めるとき、いつ自分が歩き出せばいいのかのタイミングがつかめずにいました。

そこで、ルアーリングでR君が一歩を踏み出すタイミングに合わせて大好きなトリーツを鼻先から前方に動かしてあげると、ちゃんと付いて来ることが出来ました。

202402261

ルアーリングの時点では、犬はまだ何をやるべきかはわかっていませんが、ルアーリングがハンドターゲットやハンドシグナルに移行し、行動を促すキューとリンク付けされて行くことで、犬はキューに対してきちんと反応出来るようになっていきます。


昨日のラリーオビディエンストライアルでジャッジから見習いへのアドバイスのもうひとつは、回転系の動きで見習いが大回りをしているとのこと。
雨で動画が撮れなかったため、見なおして反省することは出来ませんが、少しでもタイトに周れるように見習いもルアーリングで今朝練習しました。

202402262

体の動きが慣れてくると、ルアーが無くても上手に周れるようになるはずです。

来月の競技会までに調整していきましょう。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年2月25日 (日)

訓練競技会に参加してきました。

今日はJKC埼玉ブロック訓練士協議会主催の訓練競技会に見習いと参加してきました。

現在見習いとはFCIオビディエンスのクラスIIに挑戦中ですが、今回の競技会にオビディエンス競技がなかったので、ラリーオビディエンス競技に参加することにしました。

いつもはWCRL規定のラリーオビディエンス競技に参加している見習いですが、昨年からJKCのラリーオビディエンスが本競技に格上げされたので、こちらにも参加するようになりました。

いつもの訓練のお仲間はオビディエンス競技が無いことで、今回は皆さん不参加でしたが、会場で古いドッグショー仲間とお会いしていろいろお話しすることができました。

ドッグショーでは、元々犬の美しい姿態を見せるために細めのカラーを付けていますが、最近のドッグショーの現場ではリードを引き上げてショックをかけるような行動が見られるとオミットされるようです。
特に西欧のジャッジの場合は、アニマルウェルフェアを重視しているのでショックは認められません。

FCIオビディエンス競技においても強制用具の使用は禁止されています。
今回のラリーオビディエンス競技でも、スタート前に首輪のチェックがありました。
つまり、犬の首がしまらないタイプであることを確認されました。
通常のフラットタイプのカラー(首輪)のほかに、マーチンゲール(ハーフチョーク)のように、ストッパーが付いたカラーは許容されます。

日常的にも、何気なくカラーに着けたリードをガツンと引き上げる癖がついてしまっている人は一度自分の動きを再確認してみるといいかもしれませんね。


さて、見習いは今回3度目のチャレンジでしたが、無事合格のスコアをもらうことができました。
JKCラリーオビディエンス競技では、90ポイント以上で一発合格、70ポイントが3回で合格とみなされ、上位クラスに出ることが出来ます。

見習いは1回目2回目とも89ポイントで一発合格を逃していましたが、今回無事90ポイント以上でクラス1が晴れて合格となりました。
しかし、ジャッジの講評で新たな課題が出てきました。

初めての雨の中での競技会出陳を経験した見習い。
停座でお尻が地面に着かなかったそうです。

雨の日の練習も不可欠ですね。

202402251


----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年2月21日 (水)

犬の準備は出来ていますか?

愛犬と何かをしようと思ったとき、犬の準備が出来ているかどうか確認したことはありますか?

犬にとって人間との暮らしは、楽しいことばかりではありません。
中にはあまり好ましくないことにも対処していかなくてはいけません。
そんなとき、犬に「やってもいい?」と聞いたことがありますか?

犬にとって好ましくないことでも、犬が人との長年の共同生活のなかで、ある程度予測し、「仕方ないなぁ。」と思って付き合ってくれる場合は問題ないかも知れません。
しかし、一緒に暮らし始めてまだ日が浅かったり、あるいは信頼関係がまだ出来ていない場合、無理強いすると犬にとってはますます嫌なことになってしまうことがあります。

例えば、爪切りやシャンプーなどはよくある話です。
どちらもやらない訳には行けないので、お願いしてやらせてもらうようになりますが、そんな時でも無理矢理抑えつけてするのではなく、出来れば自主的に犬に来てもらいたいものですね。

犬にとってあまり好ましくないことの場合は、好きなものと組み合わせたり、少しずつ馴らしてあげることも必要です。
同時に待ってあげることも重要です。

我が家のアシスタントはハーネスがあまり好きではないので、散歩に行くときも「オイデ」と言わず、「ハーネスつけるよ。」と言ってハーネスを手に持って、アシスタントが自分から寄って来るのを待ちます。
別に無理に付けようとしても、逃げたり噛んだりしないのでいいのですが、とりあえず本犬が納得するのを待ちます。

嫌なことでなくても、他に気が散って犬の気持ちの準備が出来ていない時も同様です。

特にトレーニングなどを始めようとするとき、犬が自分から「やろう!」と言っていないのに、無理に始めようとしても、犬の集中がとれずに失敗させてしまうこともあります。

我が家の見習いは、いつも練習が二番手なので、リードを持った瞬間からスイッチがはいっていますが、アシスタントの方はどちらかというと、場所の確認をしたいタイプなので、すぐにはエンジンがかかりません。

202402211

そういうときは、自分から「やろうか。」と言って来るのを待ってみます。

202402212

犬との暮らしは根気と忍耐の連続ですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年2月14日 (水)

知らないうちに犬に「圧」をかけていませんか?

愛犬に何かをお願いしたのに、すぐに愛犬が動いてくれなかった時あなたはどうしていますか?

よくあるのは、お願いのキューを連呼するパターン。
例えば「オスワリ」と言ってすぐに座ってくれなかったら、「オスワリ」「オスワリ!」「オスワリ!!」と何度も言ってしまうケース。
この弊害は、犬が一回のキューで動かなくなること。

犬が一回のキューで動かないのは、
①他のことが気になっていてハンドラ―のキューを聞き漏らした。
②そもそもハンドラ―のキューの意味がわかっていない。
③ハンドラーがいつ動くべきか教えていない。
④ハンドラ―が連呼するので、犬はそのうちやればいいと思っている。

こんな原因が考えられます。

そんなとき、キューを連呼せずに、犬をガン見したりしていませんか?

どちらかと言うと、訓練競技やドッグスポーツなど、ある意味トレーニングに精通している人に多いケースです。
つまり、「私は『オスワリ』と言ったのよ。聞いていたわよね。」と言った心の声です。

それを見た犬は、「何かを間違えたかもしれない」と感じて、とりあえず適当に何かやってみせたりすることがあります。
っが、この場合、犬が正解を出す確率は100パーセントではありません。
犬はハンドラ―にガン見されて、ある意味パニクっているからです。


WCRL規定のラリーオビディエンスのペナルティにAdditional Cue(追加のキュー)と言うのがあります。
追加というのは、一度犬にキューを出したのに犬がやってくれなかったときもう一度キューを出すという意味です。
例えば「オスワリ」と言ってすぐに犬が動かず立ったままでいた場合、犬がちゃんと聞いていなかったかも知れないので、もう一度「オスワリ」と伝えて、ちゃんと作業してもらえばペナルティは-2です。
しかし、ここで犬に再度「オスワリ」と言わないで、犬をガン見し続けたら犬が座った場合、ある意味これは追加のキューになります。

犬にはかなりの「圧」がかかっているとも言えます。

こちらがその気が無くても、愛犬を見続けることで、知らないうちに「圧」をかけていることもあります。


今日見習いと脚側(ヒールワーク)の練習をしました。
オビディエンス競技における脚側(ヒールワーク)では、ハンドラ―は犬を見てはいけません。
犬を見ようとすれば、当然顔(頭)の位置がズレたり、身体が斜めになったりして「体符」となり、大きなペナルティを引き起こすからです。

202402141

特に常歩行進中の作業において、犬が出したキューの姿勢を取ったかどうかを確認しようと立ち止まったり振り返ったりは大きなペナルティになるので、ある程度犬が作業を理解したら、普段から犬を見ないように練習をしています。
すると、たまにUターンして犬と向かい合ったとき、犬が違った姿勢をしていることもあるわけです。
一瞬黙って犬を見ていると、何も言っていないのに、犬があわてて違う姿勢を取ったりすることもあります。
知らないうちに犬が「圧」を感じてしまっているのかもしれませんね。

無言の「圧」ではなく、わかりやすく「違っている」と伝えてあげることが重要ですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年2月 8日 (木)

愛犬にとってのご褒美を知る

ポジティブトレーニングとは、犬の取る好ましい行動を褒め、その行動を強化していくことで犬がその行動を速く学習していくというものです。

ここで重要なのが「褒め」です。

「褒められると嬉しい」のは人も犬も同じですが、褒める言葉だけでなく、ご褒美が得られるともっと嬉しくなるものです。
つまり、言葉だけで「お利口さん」とか「いい子だね」と言われても、犬が「嬉しい!」と思えるかどうかは、その言葉が犬にとって「いいこと」とリンク付けされていなければ意味がありません。

極端な言い方をすれば、「お利口さん」と言いながら犬の頭を叩いたとすれば、犬は「お利口さん」は痛い思いをする前兆だと理解し、喜ぶどころかどこかにいなくなってしまうでしょう。

「お利口さん」と言いながら、犬が喜ぶご褒美をあげ続けることで、犬は「お利口さん」は楽しいことが起こる前兆と理解し、「お利口さん」と言われるためにはどうしたらいいだろうと考えて行動するようになっていくわけです。

つまり、ここで重要なのは、「お利口さん」の次に起こることがその犬にとって「楽しいこと」でなければいけないということです。

「楽しいこと」は犬によって異なります。

例えば、食べることが大好きな犬は「美味しいもの」が「楽しいこと」ですし、遊ぶことが好きな犬にとっては、食べるものよりも「遊ぶこと」を優先します。
場合によっては、目の前に食べ物があっても、犬同士の遊びを優先する犬がいるとすれば、犬の前に食べ物を見せたところで、犬の意識がハンドラ―に向くことはありません。

また、飼い主は撫でると犬が喜ぶだろう思っていても、実は犬は触られたくなかったりするなんてこともよくある話です。

つまり、犬にとってのご褒美は、愛犬それぞれの個体によって異なるだけでなく、周囲の状況によっても変わるので、その都度その犬にとって何が一番のご褒美なのかを考えながらトレーニングをしていく必要があります。

今日は若いM君のプライベートレッスンがありました。

202402081

M君は食べることよりも遊ぶことの方が好きなタイプです。
周囲の環境によっては、オヤツが有効なご褒美にならない時もあります。
日常的に、ご褒美のランク付けをしておくことも重要ですね。

我が家の見習いも、トリーツは「もらえるならもらう」程度で、ごはんもかなりゆっくり食べるタイプです。
彼女にとってのご褒美は引っ張りっこ遊び。

お腹の調子が悪い時は、トリーツ無しでおもちゃだけでトレーニングすることもあります。

202402082

何が愛犬にとって一番のご褒美か知っておくことは大事ですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年2月 7日 (水)

ドッグトレーニング:丁寧に教える

日常生活の中で愛犬に様々な行動を教えることは、ドッグスポーツで犬に技術を教えることと同じで一つ一つ丁寧に伝えていくことが不可欠です。

敢えて「丁寧に」と書いたのは、「もうわかっているだろう」と安心していると、実は犬はたまたまそのとき出来ただけで、本当はまだ理解していないということがあるからです。

何度も繰り返し伝えた後、いろいろなシチュエーションで犬にキューを言ったときに必ず犬がその行動が取れるとわかったとき、初めて犬はそのキューの意味を理解したと言うことができます。

家の中では出来る「オスワリ」が、家以外の、目の前に気になるものがある場所だと出来ないのであれば、犬は「オスワリ」の意味が分かっていても、メンタルが落ち着いていないため、ハンドラ―の声が耳に届いていない可能性があるので、犬がどんなシチュエーションでも「オスワリ」が出来るようにサポートしていくことは欠かせません。

いずれにしても、「出来ない」のは犬のせいではなく、ハンドラ―がきちんと伝えていない結果と言えるでしょう。

犬はいくつになって学習できるので、「丁寧に」伝えていけば必ず出来るようになります。
要は楽しく犬の意欲をあげながら教えてあげることです。

犬のトレーニングをネガティブに捉える人も少なくないでしょうが、トレーニングもゲームと同じように、犬の意欲を引き出しながら伝えていくと、犬種やサイズに関係なく、ハンドラ―との協働作業に楽しく付き合ってくれるようになります。

今日の練習会で、FCIオビディエンスの課目にチャレンジしてくれたLくん。
体が小さくても、ちゃんとハードルを越えてダンベルを咥えて戻って来てくれました。

202402071

犬の毎日を刺激的にしてあげるためにも、トレーニングはとても有効ですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年2月 2日 (金)

ドッグトレーニング:体の使い方を習得する

犬に様々な動きを教える方法にはいくつかの手法があります。
どれ一つをとっても、犬の体を押したり引いたりするような強制手法ではありませんが、犬が自らその行動を取りやすいようにサポートすることで、行動を身に着けやすくすることが出来ます。

特に精度が要求されるドッグスポーツ競技などでは、「これくらいでいいだろう」と言うのはありません。
本番でミスをする可能性は誰にでも(どの犬でも)ありますが、練習時にミスが出ていれば当然本番で成功するかどうかはギャンブルのようなものなので、練習時ではミスが無いようにサポートしていくことが重要です。

さて、我が家はFCIオビディエンス競技をやっています。
犬たちに教えなければいけないことは、脚側(ヒールワーク)の意味と、各課目の課題にあわせたキューと行動です。

その中に、コーン(群)を周ってくる作業があります。
遠隔が得意なアシスタントにとっては、どんなに遠くても走るのは大好きですが、そもそもボーダー・コリーと言う犬種の特性上、まっすぐ走るのが苦手です。
なぜかというと、シープドッグの遺伝子を持っているので、動くものを回り込んで止めようとする動きが出てしまうからです。
10メートルぐらいなら真っすぐ走りますが、それ以上遠くなってくると、目標物に向かって弧を描くように向かって行くようになってしまいます。

コーンはただ周ればいいのではなく、回った後でハンドラ―のキューで静止し、その後、セッティングされているダンベルを咥えてからハードルを跳んでハンドラ―の元に戻るという仕事が残っています。
大きく回り過ぎてしまえば、ダンベルとの距離があやふやになり、左右に置かれた個々のダンベルの認識がしづらくなるわけです。

先週の競技会でのアシスタントはなんと初めてコーンに絡むようにコーンを周って戻ってきました。

202402021

そのため、その後の静止でも大きく軌道をはずれることなく、無事次の作業につなげることができました。

しかし、一年前の競技の様子を見ると、限りなくコーンを大きく回っています。

202402022

なぜ1年で修正できたのかと言えば、アシスタントとの練習時に、見習いで使っている手法を再度適用したからです。
以前にも同じ手法で練習していたのですが、本犬がなかなか認識できず、こちらが根負けした経緯があります。

202402023

「これぐらいでいい」と放置していればどんどん軌道から外れていくので、見習いは時間がかかっても理解できるまでサポートし続けることにしたところ、一緒にやり直していたアシスタントも自分で身体の使い方を修正してきたのです。

犬も日々変化するので、「一度教えたから大丈夫」ということはありません。
競技をするしないに関わらず、日々のサポートも欠かせませんね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年1月30日 (火)

ラリーオビディエンスのブリーフィング

ラリーオビディエンスは世界中で愛好されているドッグスポーツで、日本でも気軽に参加することができます。

国内で開催されている正規ルールのあるラリーオビディエンスは米国に本部があるWCRL(World Cynosports Rally)規定とJKC規定があります。
JKC規定は、FCI規定に準じたものに改編されていく予定なので、今すぐではありませんが、FCIラリーの世界大会にエントリーできる日も遠くはないかも知れません。

さて、どんな競技でも開始前に「ブリーフィング」というものがあります。
いわゆる簡易な説明です。
さらにラリーの場合は、競技ごとに課題が変わるので、場合によってはその取り組み方がわからないこともあります。
そんなときは、ブリーフィングや見分の時に担当者に確認することができます。

普段は意識していなかったことなども注意点としてアドバイスがあったりするので、聞き逃すのはもったいないです。
なぜこんな話を書いたかと言うと、WanByWan主催のWCRL規定ラリートライアルでも、競技前のブリーフィングでは、ちょっとしたミスも含め無意識にやってしまいそうな癖などをリマインドできるようにアドバイスをさせていただいているのですが、実はJKCのトライアルでは、規定書には載っていないルールも話されるので、聴いていないと損をするというわけです。

万全で臨んだのに、知らなかったためにペナルティになってしまうのは残念ですよね。

さて、見習いは日曜日のJKCトライアルに出陳しましたが、少々周りの匂いが気になったようで、細かいところを減点されてしまい、合格はできたものの、昇格はのがしてしまいました。

202401301

来月に向けてもっと精進しなければいけないですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧