犬の行動学

2020年4月 2日 (木)

犬は吠えてあたりまえ(?)

先日から「犬のきもち」について書いてます。

犬が「吠える」のはどういうときか。

「吠える」ことは犬の気持ち(感情)を表す方法の一つです。
「鳴く」、「唸る」のと同じです。

昭和の前半ぐらいまでは、犬を飼う目的のひとつに「番犬」という仕事を課していたことからも、「吠える」ことは犬にとっては当たり前の行動と容認されていたようですが、最近は住宅事情やらなにやらで「吠える」ことは近所迷惑とされるようになりました。
そのため住宅密集地では「外飼い(庭や玄関前)」の犬の数も減り、ほとんどが家の中で飼われるようになりました。

それでも一歩外に出れば、他の犬と遭遇することもあるでしょうし、家の中にいてもいろいろ要求することが出てくれば、「吠える」という手段を取る犬は少なくありません。

「吠える」ことで何かを伝えようとしているわけですから、相手に伝わるまで吠え続けることもあるでしょう。
当然「吠える」理由が無くなれば、病気(分離不安や痴ほう症など)でない限り、吠え続けることはあまりないはず。

しかし、中には癖のようにちょっとしたことで吠えてしまう犬もいます。

例えば、我が家の見習いは、何かにびっくりすると「ワンワン」。
あたかも「あ~っ、びっくりした!」と言っているかのようです。
突然乗っている車のドアを開けられたり、ドライブスルーのスピーカーから人の声がするとびっくりします。
あらかじめ言っておくと吠えないこともありますが、やっぱり急に窓の向こうから人の声がするとびっくりするようです。

嬉しくて興奮して吠える犬もいるでしょう。

以前吠えている犬を見て、「犬は吠えるのが商売だからな。」と笑って話していた年配の方がいました。
おそらく、「番犬」の仕事を評価した時代の人でしょう。

しかし一方で日常的に吠えない犬もいます。

口数の多いタイプとそうでないタイプと言うこでしょうか。
嫌だなぁと思っても口に出さないタイプと、「ヤダっ!」と口に出すタイプ。

個人的には、都会の密集エリアに住んでいることもあり、
なるべく吠えないでいてくれると、ご近所迷惑にもならなくて助かるのですが、
なかなかそう言う訳にも行かないこともあります。
考える前に口が出るわけですから。

しかしながら、要求吠えや興奮吠え、時には警戒吠えであっても、
環境設定や、吠えないことを強化していくトレーニングによって減らすことも可能です。

犬の吠える原因をつきとめることで、解決策も考えやすくなるでしょう。

なんで吠えているのか考えてみませんか?

202004021

今日新しいことを教えた見習い、途中で頭がいっぱいになって吠えました。
わかりやすいと言えばそうなのですが、
メンタル面のでの抵抗力も少しずつついてくれるといいですね。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年3月31日 (火)

犬との生活:犬の気持ち

昨日シャイな犬のお話をしました。
シャイになった理由はいろいろあるでしょうが、
それを少しでも改善してあげるのが飼い主さんやトレーナーのお仕事。
だからと言って荒療治は弊害が多いためおすすめできません。
人との信頼関係が崩れてしまうことも理由のひとつです。
信頼関係が崩れてしまうと、コミュニケーションが取りづらくなるだけでなく、
「噛む」という新たな問題が出現してくる可能性があるからです。

さて、犬たちは人間同様さまざまなことを感じています。

・嬉しい。
・楽しい。
・不安だ。
・怖い。
・嫌い。

平常心以外の場合、心拍数があがることは犬も人も同じです。

先日アシスタントが獣医さんを訪ねたときも、元来人が大好きで、
かまって欲しいタイプですが、病院の雰囲気はあまり好きではありません。
最初は何ともなかったのですが、耳洗浄をされてから嫌いになったようです。
待合室で待っている間に心拍数があがり、逆に病院で不調になるかと思うくらいです。

いずれにしても、いろいろな状況に際し、犬の気持ちは変わります。
いつも同じではありません。
嫌な体験をすれば、それによって受けるダメージの大きさによって
人と同じで、トラウマになったりするわけです。

愛犬の様々な反応について、飼主さんはある程度愛犬のことを理解していますが、
よその犬のことまでは考えていないことが多いものです。
つまり、自分の犬の行動が相手の犬にどんな影響を与えるかということは
あまり考えていません。

そんな時よく耳にするのが「大丈夫だから。」

でも大丈夫かどうかを決めるのは相手の犬の方ですね。


「大丈夫」という言葉は自分の犬に使ってしまうこともあります。
例えば、散歩コースにある日粗大ごみが捨ててあると、
犬はいつもと違うものが置いてあることで一瞬立ち止まります。

「あれはなんだろう。」

それは人間でも当然感じる違和感です。

そんなとき、人間は粗大ごみとわかっているので、ついつい「大丈夫よ。」と犬に声をかけて横をすり抜けようとしますが、犬にとっては何が大丈夫なのかわかりません。
なぜならまだ自分が確認できていないので納得していないからです。

こういう状況が続くと、犬は「変な物」イコール「大丈夫」と学習していくわけです。

そんなときは、犬に確認させることが重要。
無理矢理リードを引っ張って近づけるのはNG
リードを緩めて犬が自分から確認しに行くのを待ちます。
もしかしたら、腰を引きながら、吠えてみたりするかもしれまん。
っが、相手が反撃しないものであれば、犬は傍に行って、
「な~んだ。ボクには関係ないものだ」と納得してその場を自分から立ち去ることが出来るでしょう。

そんな時間が無かったら、犬をその物から遠ざけながらさっさと何も言わずにやり過ごします。
ただし、翌日まだ粗大ごみがあれば、同じような行動を犬がとる可能性はあります。
ちょっと時間に余裕を持ってその場に向かってみましょう。


見習いがチビのころ、小さい子供と初対面。
腰が引けて、尻尾も下がっています。

202003311

チェックが終わると、少し重心が前にかかり、尻尾もゆるやかに振り始めました。
子どもが自分から遠ざかろうとしていることもストレスを軽減している理由です。

202003312_20200331184401  

 最後は尻尾をぶんぶん降りながら自分から寄っていきました。
202003313
※この時人間のお子さんは犬に興味を持って近づいてきて、アシスタントの方を撫でています。
見習いのリードは伸ばして選択肢を与えています。


今日も散歩中に何頭かの犬に沢山吠えられてしまった我が家の犬たち。
まぁ、目立つ(色や大きさ)から仕方ありませんね。
幸い無視して通り抜けられましたが、
道が狭い時はよけたりしながらやり過ごします。

アシスタントは吠えられるだけで膀胱炎になってしまう気弱なタイプ。
「大丈夫」とは絶対言えません。

「大丈夫」は犬が自分で確認できてこそです。
ましてや、他人はよその犬のことなどわかりません。
自分の犬のサポートだけでなく、相手の犬がどんな気持ちになるかも少し想像してみるのも必要かもしれませんね。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年2月22日 (土)

犬の性格:たがが外れる。

「たがが外れる」とは、「外側から締め付けて形を維持しているものがなくなり、それまで秩序が失われること。」と辞書にあるようです。
こんな言葉を使うと、歳がバレバレですが、なぜこんなことを書くのかと言えば、犬の世界にもこんな状況があって興味深かったからです。

我が家のアシスタントニコル。
彼女が我が家にやってきたのは生後5か月。
当時は14歳の初代ボーダー・コリー、クリスと、12歳の息子ハンスがいました。

クリスはニコルには全く干渉せず、
傍に来ようが、何をしようが、黙認していましたが、
まだまだ元気だったハンスは、ことあるごとにニコルを部屋の隅に追い詰め
こんこんと何か言い聞かせてました。

ニコルと言えば、小さくなって災難が過ぎ去るのを待つという状態で、
いっさい口答えをしませんでした。

ところが、クリスが旅立ち、その2年後にハンスが旅立つと、
今まで小さくなっていたニコルが突然変貌。

車に乗っているときも、後部座席で静かにしていたのに、
公園が近くなったら、鼻泣きし、後ろでバタバタするようになったのです。

いわゆる、たがが外れた状態になったのです。

多頭飼いって面白いですね。
3頭いたときは、上手にバランスが取れていたのに、
1頭になったとたん、自己主張も激しくなりました。

つまり、犬の性格は環境によっても変わるということです。

家族が増えたら、今までいばりんぼうだった犬が世話焼きになってみたり、
今まで外に対しては我関せずだったのに、
守るべきものが来たら急に外にきつくなってみたり。

犬にだっていろいろあるわけです。
よく観察していないといけませんね。

202002221
ニコル2歳、ハンス14歳(2013年)


------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年12月14日 (土)

犬同士だからといって、みんな友達ではありません。

今日のお題を見て、おそらく普段WanByWanのブログを読んでくださっているかたには、「何をいまさら!」と言われてしまいそうですが、一般的にはまだまだ浸透していないようなので、冬休みを目前にリマインドです。

子犬には社会化の一環として、いろいろな経験をさせてあげることが必要です。
その中には、「他の犬」というのもありますが、どんな犬でもいいわけではありません。
同じ年ごろの犬と一緒に遊ぶことはよい経験にはなりますが、
ある意味、上手に教育的指導が出来る大人の犬との出会いも大事です。

いじめっ子タイプや、狩猟本能が強いタイプ、攻撃的な犬に会わせれば
嫌な経験だけでなく、トラウマになってしまうこともあるからです。
「この子犬嫌いなんです」なんていう犬は、嫌な経験をしている場合がよくあります。

「犬は犬に育てられる」とよく言われます。
間違いではありません。
しかし、指導にあたってくれる犬の資質はきちんと確認しておく必要があります。
間違っても、群れになって走り回っている犬がいる不慣れなドッグランの中に子犬をポンと放り込まないようにしましょう。

ドッグランを利用することはかまわないのですが、まず中にどんな犬がいるか外から見てみます。
柵越しに、自分の犬や中の犬の状況を見て、相性を確認してみるのもいいでしょう。

柵の外を通り過ぎるだけで、吠えたてて追いかけてくる犬もいます。
ある程度犬慣れしている犬ならば気にしないかもしれませんが、
初ドッグランで、吠えたてて追いかけられたら、もう二度と入ろうとは思わないでしょう。

「犬同士のことは犬同士に任せる」というのはある意味正解ですが、ある意味危険です。
前述したように、攻撃性の高い犬もいるからです。

愛犬は飼い主しか守れません。
愛犬のボディーランゲージを読むだけでなく、周りの犬のボディーランゲージを観察しながら、愛犬の安全を確保してあげましょう。

散歩中に出会った犬たちも同じです。
みんながお友達になれるわけではないので、むやみに近寄らないということも覚えておきましょう。
相手の犬が嫌がっているかもしれません。

これから犬を迎えようと思ったら、是非思い出してみてくださいネ。
201912141
--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年11月23日 (土)

「犬同士の関わりと遊びを安全で、犬にとって有意義なものにするためのガイドライン」セミナー参加してきました。

BAWさん主催のセミナーに参加してきました。
講師はSHELTER PLAYGROUP ALIANCE共同創立者兼エグゼクティブ・ディレクターのMara Velez氏。

201911236

犬同士の関わり方は様々です。
「この犬はこういう犬だからこういう行動をとる。」といったレッテルを貼ることはできません。
犬の行動は、その時の周りの環境によっても変わるからです。

目的はその犬にとってよりよいエンリッチメントを提供しケアすること。
そのためには、犬のこと、個体のことを知るための知識も欠かせません。

セミナーは明日も続きます。
久しぶりに、頭が沸騰しそうです。
--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

吠えを侮らない。

今から15年ほど前、先住犬のボーダー・コリーとドッグダンスをやっていたとき、一番気になったのは「吠え」でした。

「吠え」の理由は、興奮だったㇼ、ストレスだったりするのですが、
当時イギリスからワークショップやセミナーの講師として来日したフリースタイラーたちにとっても「吠え」は悩みの種だったようです。

イギリスでは当時からボーダー・コリーがドッグダンスのパートナーとして多くみられていますが、同時によく吠えるとも言われています。

最初は小さい吠えかもしれませんが、そのまま放置しておくと、だんだんエスカレートしていく可能性もあります。

ドッグダンスの競技会では、「吠え(Barking)」はペナルティです。

吠えている犬は、自分の吠え声でハンドラーのキューを聞き漏らす可能性もありますし、もしストレスから吠えているとすれば、おそらくストレスを感じている間は犬の吠えは収まらないでしょう。

さて、我が家の見習いくんは元々吠えやすい犬です。
周りの状況が変わった時によく吠えます。
車でドライブスルーに入って、スピーカーから人の声が聞こえるだけでびっくりして吠えたり、レッスンが終わって、帰るとわかったときだったり、刺激に対しての反応が過敏です。

同時に頭がいっぱいになってくると、ピーとかヒーとか鼻泣きがでることもあります。
これを放置しておくと、次は吠えに変わることもあります。

201910111

見習いとはオビを楽しんでいて、オビではほとんど出ない吠えが、ドッグダンスやラリオビになると出やすくなります。

おそらく、オビは課題と課題の間合いがあるので落ち着いて作業に向き合っていますが、ドッグダンスやラリオビは次から次へとキューが出されるので、未熟な彼の頭では処理が追い付かないからではないかと思っています。

焦らせず、落ち着いて作業に向かい合えるようにサポートしていかなくてはいけません。

吠えなくてもいいと学習できるように、少しずつ伝えていかれるといいのですが。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年10月 7日 (月)

自分の犬を守れるのは飼い主だけ

愛犬の経験値を上げるために、社会化のサポートをしてきても、
よその犬を大好きにならなければいけないことはありません。
犬がいる風景をあたりまえと感じて、平常心でいることが大事なのです。

しかし、中には愛犬に犬友達を作らせようと、
見知らぬ犬に許可も得ずに近寄っていったり、
犬が嫌がっているのに、無理やり引きずっていく人がいます。

人間だって、見知らぬ人が急に近づいてくれば緊張しますよね。
犬だって同じです。

もし自分の愛犬が、ちょっと犬が苦手で、慣れるまで時間がかかるタイプであれば、
強要することなく待ってあげることが必要です。

一方、自分の犬がどんな犬に対してもフレンドリーだからと
やたらに他の犬に近づけたがる人もいます。

しかし、これも相手があること。
相手の犬がどんな気持ちでいるか考えることなく、
遠慮なしに近寄って来られるのはとても困ります。

そういう人に限って、
「ウチは大丈夫ですから。」
とおっしゃいます。

何が大丈夫なのでしょう。

犬嫌いの犬に近づいて反撃されて怪我をしても気にしないということでしょうか。
そんなはずはありませんよね。

その犬が例えフレンドリーだったとしても、
相手の犬がウェルカムとは限らないのですから、
飼主への断りなしに、むやみに犬に近づけるのは
双方の犬にとって理不尽極まりない話です。

先日とある施設で犬を遊ばせていた時のこと、
和犬の飼い主さんが、自分の犬を我が家の見習いの方に近づけようとしました。

見習いは楽しく私と遊んでいるときに、
横から見知らぬ犬が入ってくるのをあまり好みません。
特に口には大好きなダミーを咥えています。

私は、「危ないですので、寄せないでください。」とお願いしたところ、
今度はリードが係留されているアシスタントの方に自分の犬を寄せようとしました。

リードが繋がっている犬は自由がききません。
もし逃げたくても、逃げることを選択できないのです。

幸い、もう一度お願いしたところ、ようやく立ち去ってくれましたが、
ことが起きてからではお互いが嫌な思いをする上に、
犬は大きなトラウマを持ってしまうかもしれません。

どうか、犬同士の友達を作ろうと思うのであれば、
相手の飼い主さんの了解を取ってから犬を近づけてください。

誰だって、自分の犬を守りたいと思う気持ちは同じでしょうから、
「ウチの犬は大丈夫」という根拠のない自信で、
他の犬に嫌な思いをさせるのはやめましょう。

もちろん、かわいい愛犬のためにも、犬のことをもっと知りましょう。

201910071

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年9月 8日 (日)

犬は飼い主も見ています。

見習いは11月で4歳になる未去勢のオスです。

オス同士はいろいろ大変なことがあります。

「ボクの方が上だからな。」とか、
「それ以上近づくなよ。」とか、
いろいろややこしいことを言うので、
基本的に道端で遭遇する犬と犬同士の挨拶を交わすことはほとんどありません。

時折、以前から見知った飼い主さんと犬に遭うと、犬にではなく、飼い主さんの方に挨拶に行くことはよくあります。

いずれにしても、むやみやたらと犬同士が近づくシチュエーションは避けています。

しかし、いくら未去勢のオスとは言え、レッスンの生徒さんのように、私が飼い主さんと話をしている様子を見ているので、めったなことでは相手がオスであっても、唸ったり吠えたりすることはありません。

彼は彼なりに、飼い主さんがちゃんとコントロール出来ているか、あるいは、私が介在してコントロールが出来るかどうかを確認しているのです。

だからと言って、もちろんこちらは気を抜くことはしません。
犬同士、次の瞬間何が起こるかはわからないからです。

今日の練習会の後、自由に遊ぶ犬たち。
当然未去勢のオスやら女の子やら、いろいろ混ざってましたが、平和に遊べていました。

201909081

競技会で何度か顔を合わせる相手だったり、レッスンで何度か会っているワンコだったりで、いつも遊んでいる相手ではありませんが、ちゃんとルールは守られていました。

飼主さんが信頼できると犬たちも安心して行動できますね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年8月31日 (土)

JAPDTカンファレンス 2日目

今日は昨日に引き続きJAPDTのカンファレンスでした。

今日のお題は「攻撃性行動と対処」。

人間はときに犬の攻撃性を犬の問題と考えてしまいがちですが、病気でない限り、犬が意味もなく攻撃行動に出ることはありません。

犬をきちんと観察していると、その原因に気づけるはずです。

犬を責める前に、原因を解明して対処していきましょう。

明日から5日ほど東京を留守にしますので、しばらくメールの返信が出来なくなります。
お急ぎの方はFaceBookのメッセンジャーをご利用ください。
宜しくお願いいたします。

https://www.facebook.com/wanbywan.dogdance/

--------------------------------
9月開催予定の3Daysイベントの申し込み間もなく締め切りです。
リハーサルショウはキャンセル待ちになります。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年8月11日 (日)

油断は禁物

愛犬の好ましくない行動(なんであれ)を直すには、
好ましい行動を犬がとるような環境設定が必要になります。

しかしながら、長い間に身に着けてしまった好ましくない行動を
そう簡単に変えられるかと言えば、答えは否。

新しい行動が身に付くまでには時間がかかります。
これは人間も同じですよね。

多少なりとも、新しい行動が見られるようになったからと言って、
好ましい行動をとるためのサポートをやめてしまうと、
犬はまた慣れた習慣を取るようになってしまいます。

せっかく少しずつ新た強い習慣が身に付き始めた愛犬が
また悪癖に戻ってしまわないよう、徹底的にリハビリをサポートしてあげましょう。

--------------------------------
9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧