犬の行動学

2020年11月18日 (水)

尻尾のはなし。犬種の特性も踏まえて。

断尾されていない犬には当然尻尾があります。
そして、昔から犬の尻尾が振られているときは「機嫌がいい」とか「喜んでいる」とされ、犬の尻尾が下がっていると「怖がっている」といった大まかな判断がされてきました。

しかし、様々な研究が進むにつれて、犬の尻尾が表す犬の気持ちが細かく解明されるようになり、犬が尻尾を振っているからといって喜んでいるとは限らないということが最近日本でも広まりつつあります。
広まりつつあるとは言っても、プロがきちんと伝えていかなければ、一般の飼い主さんにはなかなか伝わらないので、時折犬同士のいさかいがあったり、人間が怪我をするといったことも起こっています。

いずれにしても、犬の尻尾の動きには犬の心の機微がよく表れているといってもいいでしょう。

さらに犬種による差異があることも知っておくといいかもしれません。

例えば、日本犬は日常的に尻尾があがっているのが普通ですが、ボーダー・コリーの尻尾があがっているときは平常心ではありません。
緊張しているときや楽しい時に尻尾があがったりします。

逆に、普通の犬の場合、尻尾が後肢の間に挟まるほど下がっていると、怖がっていることが多いのですが、ボーダー・コリーの場合は真剣に仕事をしているときだったりします。

つまり、尻尾の位置や様子だけで犬の状況を確認するのは難しい場合もあるということ。

また、体のバランスを取るためにも使われていることもあります。

202011181

ちなみに、上の画像はアシスタントのニコルさんヒールウォーク時の様子。
ボーダー・コリーではありますが、仕事中でも楽しい時は尻尾が結構上にあがります。

202011182
上の画像はサイドステップ時の尻尾の様子です。
バランスを取るために、ヒールの時より少し尻尾を下げながら左右に振っています。

尻尾はある意味指標にはなりますが、立ち姿の緊張度や、顔の表情なども合わせて観察するとわかりやすいでしょう。
愛犬のその時の気持ちがわかると、メンタル面のサポートもしやすくなりますね。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_20201101211401
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年11月12日 (木)

犬は予測する

日ごろ愛犬と暮らしていると、こちらの行動を予測しているように見えることが沢山あります。

ごはんや散歩など楽しいことについては当然ですが、それほど楽しいことではないことでも、こちらから声をかけなくても、予測してその行動を取ることが沢山あります。

日常生活では、阿吽の呼吸のように通じ合ってる感が出てとてもいいのですが、トレーニングにおいては裏目に出ることもあります。

例えばよくあるのが、ごはんの前に、「オスワリ、お手、お変わり」といつも言っていると、犬は言われる前から動作を行いますが、「お変わり」の方が欲しいのに、「お手」が出てくるということもあります。
この程度でしたら大勢にはさほど影響しないかもしれませんが、これがドッグダンスのルーティンで、今までのルーティンと次のルーティンで構成を変えた場合、勝手に前の順番をやってしまうこともあり得ます。

特に見習いVincentがやっているFCIオビディエンス競技の場合、持来するダンベルの方向がその都度変わったり、コーンを周って戻ってきたときにその日に決められた姿勢で止まるといった課題があります。

持来については、左右をきちんと教えておくことで回避することが出来ますが、コーンを周ったあと決められた姿勢のキューを出して犬を止める課題では、犬が止められることを予測して勝手に止まって姿勢のキューを待つという弊害が出てしまいます。
この場合、犬がハンドラーの指示の前に勝手に止まった場合、それだけで持ち点10点から2点引かれてしまいます。

そして案の定、今回の競技会で見習い勝手に止まりました。

202011121

止まらないで走る抜ける練習をしていたにも関わらず、止まることを優先してしまいました。

競技本番ではいろいろなことが起こります。
勝手に止まった見習いを再度招呼し止めて次の作業の指示を出す羽目になってしまいました。

いずれにしても後手後手になったのと、予想外の指示に焦ったのか、見習いはダンベルを咥えるところまではいけたものの、その先のハードルが認識できず作業を貫徹できませんでした。

頭がいいから予測するのか、頭が悪いから勝手にやるのか、何とも言い難いところですが、ハンドラーの指示をきちんと聞いてくれるパートナーでいて欲しいですね。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_20201108201701
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年7月25日 (土)

犬のストレスサイン

昨日は犬の尻尾の話を書きました。

尻尾の動きは犬の気持ちをよく表していて、ある意味その時の気持ちを理解しやすいのですが、犬が継続的にストレスを溜めているときは、なかなかボディランゲージだけで読み取れないことがあります。

よくあるのが、トイレの失敗や体を舐める行動などです。

トイレの失敗を、「これみよがし」や「嫌がらせ」と捉える方もいるようですが、どちらかと言えば、犬の不安定な精神状態からくるストレスサインではないかと考えます。
普通に出来ているはずの日常生活がうまくできなくなるというのは人間でも起こりうる状況です。
いわゆる、落ち着いて行動できない状態です。

不安状態や緊張状態が長く続くと起きる可能性が高くなります。

体を舐める行為も、グルーミング以上に執拗であればストレスサインです。
何かを舐めるという行動は、自分を落ち着かせようとしているときに出ます。
体を舐める行為もそうですし、床を舐めたりするときもあります。
ストレスは不安やたいくつなどの理由ででることもあります。
いずれにしても、過剰に体を舐め続ければ炎症を起こして、ますますそれが気になって舐めるという悪循環に陥らないとも限りません。

犬はちょっとした環境変化が引き金になってストレスを感じることがあります。
だからと言って、環境は戻せないこともあるので、なんとか上手に乗り切ってもらえるようにサポートしてあげることが必要です。

引っ越しや家族メンバーの変化などもストレスの原因になることがあります。
新しく犬を迎えた、お子さんが独立して家を出て行ったりということも大きな変化と言えるでしょう。

そういうときは、短い時間であっても真剣に向き合って一緒に遊んだり、あるいはトレーニングを行うことで、犬の成功体験を増やして自信をつけさせてあげたり、犬本来の能力である嗅覚を使っての探し物ゲームなどで何かに没頭する時間を作ったりして、犬のマイナスな気持ちを切り替えてあげることも効果的です。
加えて、安心して休める場所を提供することが不可欠です。
どこにいてもいいよ。と言われるより、ここがあなたの場所です。と決めてもらった方が犬も落ち着けるのではないでしょうか。

留守中カメラに映っていなかったので、ハウスに入っていたであろう見習いですが、暑くなったのか、その後は床の上で寝ていました。

202007252

ハウスは彼にとっては避難場所であり、寝場所であり、待機場所です。
入りたいときに入り、好きな時に出てくることができます。
アシスタントが練習しているときは、やりたい気持ちを落ち着かせるために待機する場所がハウスです。


ストレスを全く感じていない犬は人間同様いないと思いますが、少しでも軽減してあげられると精神的にも肉体的にも健康を保てるでしょう。

いつもと違う行動が出たら、環境に変化がなかったか思い返してみるといいかもしれませんね。
※加齢とともに、行動に変化が現れることもあるので、合わせてよく観察してあげましょう。


-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年7月16日 (木)

犬の行動を予測して対策する

202007161

現在の我が家の犬は2頭ですが、いつの間にか増えてしまったフードディスペンサートイ。

これが一番役に立ったのは、現見習いが生後4か月の頃、アシスタントと一緒にオビディエンスワークショップに3日間ぐらい参加したときでした。

ようやくワクチンも済んで、あちこちお出かけに行かれるようになるかならないかの世間知らずの子犬をを連れてワークショップに参加するには、子犬を大人しく待たせておかなければなりません。

ということで、コング社の一番小さいコング3つに、朝ごはんをギュウギュウ詰めにして見習いに渡したことがコング活用の最大のメリットでした。

クレートの中に見習いとコングを入れ、クレートにはカバーをかけてその場を立ち去ってほぼ半日は全く騒がず。
その後休憩時間に外に出して遊び、疲れさせてからまたコング一つ分と一緒に午後のセミナーに参加していたら、なんと最終日まで問題なく、お互いストレスを感じることなく平和に過ごすことが出来たのです。

202007162

幸い今はコングが無くてもクレート待機は問題有りませんが、留守にするときはおやつをいれて、アシスタントと見習いに一個ずつ渡していきます。
つまり、コングを見ると、「留守番」ということがわかるので、お互い自分の定位置でコングが提供されるのを待っています。
当然すぐになくなってしまいますが、楽しみにしていてくれるので、大人になってもずっと続けている習慣です。

もちろん外出中の彼らをカメラで確認すると、お互い好きな場所で寝ていたり、水を飲みに行ったりと、いつもどおりの様子です。

ストレスを出来るだけ軽減できる方法を考えてあげたいですね。

 

🍀 2020年9月4日~6日🍀
3Days イベントの申し込み受付始まりました。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村
 

| | コメント (0)

2020年7月13日 (月)

ドッグトレーニング:行動を変える

人間にとって好ましくない行動を犬に取らせなければ、叱る必要が無いと言うお話を昨日しました。
つまりやって欲しくない行動を叱っても犬の行動はなかなk変えられないので、人間が周りの環境を変えましょうと言うお話でした。

環境を変える方法の他に、もうひとつ犬の行動を変える方法があります。
それは、今やっている好ましくない行動に変わる行動を教えることです。

例えば我が家の見習い君。
以前は玄関チャイムの音に全く反応していませんでした。
つまり家の中で吠えることはほとんどなかったのですが、ネット販売の購入増加で宅外業者の訪問が増えたころから、チャイムに反応するようになりました。

理由は簡単。
チャイムが鳴ると私が対応するために部屋を出ていくからです。

玄関に誰が来ようが彼が直接アクセスすることは皆無なので、人が来ることによる興奮ではありません。
私が突然立ち上がって、群れから離れるという状況が、チャイムの音とリンクづけされてしまっただけです。

子犬の頃から状況の変化に過敏な見習いは、レッスンが終わるという変化にも反応していました。
そこで、「今日はここまでです。」や「お疲れ様でした。」という言葉を使わないようにしたら、大分おさまってきました。

話を戻しますが、とにかく最近チャイムに過敏になってきた見習い。
どう過敏なのかというと、私が立ち上がるとクレートから飛び出してきてバタバタと部屋の中を右往左往。
部屋のドアを開けると、後ろで「ヒャン」と鳴くわけです。
大したことではありませんが落ち着かないので、やめてもらうことにしました。

方法は、手にトリーツを数粒握ったまま録音したチャイムの音を机に向かっているときに鳴らし、立ち上がる私を見てジタバタしそうになる見習いに「ハウス♪」と言って握っていたトリーツをハウスに投げ込み、飛び込んだらクレートを閉めて部屋を出て、数秒で戻るという作業をランダムに10回ほど、部屋に戻るまでの時間もランダムに続けました。
さすがにそれだけやると、自分からチャイムの音を聞いてハウスに飛び込むようになります。

202007131

本当に来客があるわけではないので、こちらも落ち着いて同じことを繰り返していきます。
部屋に戻ったら解除の言葉でクレートから彼を出します。

その後も、実際に来客があった時も同じように続けていきます。

もちろん完全にバタバタが治ってはいませんが、今まではハウスに飛び込んだり出たりとあわただしく動いていたのが、入ったら扉が閉まるので、伏せて待っているようになりました。
ある意味、環境を変えたことにもなるのですが、行動自体も変えることで興奮を抑えることに繋がります。

時間はかかりますが、少しずつ彼の行動パターンを変えていきます。
根気は欠かせませんね。



🍀 2020年9月4日~6日🍀
3Days イベントの申し込み受付始まりました。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年6月28日 (日)

犬の攻撃行動へのアプローチセミナー 二日目

昨日からオンラインで受講しているセミナー。
二日間に渡った盛りだくさんの内容は、
「噛む犬は、首輪に着けたリードを引っ張って吊り上げれば噛まなくなる」などと、
思わず耳を疑うような一言では、攻撃性を持ってしまった犬に向き合うことは到底できないことを証明しています。

オンラインと言うこともあり、どんな方が参加されたかはわかりませんが、
主宰のぼいすさんのお話では、プロのトレーナーだけでなく、
一般飼い主さんや獣医さんもいらっしゃったとのこと。

ドッグトレーニングは技術面だけでなく、
犬への接し方全般を含め、日々進化しています。

新しい行動を教えることは、人間にとって好ましい行動を教えるためだけでなく、
犬が何かのきっかけで間違って学習してしまった行動を変えることにも有効です。

こたえはひとつではありません。
個々の犬に合ったプランを考える必要があります。

Thank you! Michael.
202006281

素晴らしいセミナーを開催してくださったぼいすやスタッフの皆様、ありがとうございました。

🍀 2020年9月4日~6日🍀
3Days イベントの申し込み受付始まりました。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年6月27日 (土)

犬の攻撃行動へのアプローチセミナー

ライブで予定されていたマイケル・シカシオ氏を招いたセミナーが、
コロナの影響でオンラインに変更になり、今日無事開催されました。

202006271

犬の攻撃行動には様々な理由があり、その深刻さもそれぞれです。
仕事柄、愛犬の問題行動と言われる行動を変えるご依頼もあります。

今回のセミナーは、今までやってきたことが間違っていなかったことが
確認できたこともあり、とても有意義なセミナーでした。

日本は海外のペット事情と異なり、大型犬より小型犬の方が圧倒的に多いですが、
小型犬だから噛まないとか、小型犬は噛んでも痛くないということはありません。

しかし、実際はついつい見過ごされがちになっていることも多いのです。
「今日はちょっと気分が悪かったからだろう。」とか、
「本気じゃないはず。」とか、
飼主の立場に立ってみれば、愛犬が噛みつくということ自体が信じられなかったり、
あるいは、愛犬に噛まれることが恥ずかしいと感じてしまったりするために
対処が遅れてしまうこともあります。

噛みつく原因を考えてみて、ちゃんと理由がわかれば
犬のストレスも軽減できるので、早く対処してあげることが大事ですね。

セミナーは明日も続きます。

オンラインのおかげで、長時間の留守番を強いられなかった犬たちは、
休憩時間にかまってもらえるので、大騒ぎしないでいてくれました。


🍀 2020年9月4日~6日🍀
3Days イベントの申し込み受付始まりました。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年6月20日 (土)

犬は唸ったらいけないの?

「唸る犬」と聞くと、今にも攻撃をしかけてきそうな
危険な犬を想像する人は少なくないでしょう。

しかし、「唸る理由」が相手を威嚇することだけと考えるのは間違いです。

生後23か月の犬でも唸ることがあります。
幼稚園レベルにも満たない子犬が唸るとき、相手を攻撃しようと考えるでしょうか。

子犬が唸ることがあるとすれば、それは「怖い」からです。

「怖い」理由は様々です。
初めてのことに警戒しているとき、いつも嫌なことをする奴に「来るな」と警告を出すときなどです。

「唸ること」を「イケナイ」と怒ったり叱ったりする人がいます。
「怖い!」と言って泣きそうな自分の子供に、「怖くない!めそめそするな!」という親がいるでしょうか。
地震、雷などを怖がる子供は沢山います。
「怖い」と子供が言ったとしても、親は慰めたり、危険がない場合は安心させようとするでしょう。
なぜ犬だとダメなのでしょうか。
犬にだって怖いものは沢山あります。

怖くて唸り声をあげてしまった犬に罰を与えていれば、
犬は唸り声をあげることを止めるかもしれませんが、
替わりに、「怖いよ」と訴えることを飛ばして、すぐに次の行動、
つまり「噛みつく」という行動に出る可能性が高くなります。

犬がなぜ唸ったのか。
是非その理由を考えてみてください。
それは叱らなければいけないことなのでしょうか。
そもそも、犬の感情表現を無視していることにならないでしょうか。

病気でない限り、最初から人に噛みつく犬はいません。

もし、今愛犬が噛みつく行動をまだとったことがないのであれば、
それは、たまたま気質がいい犬だったからなのかもしれませんし、
その子にとって、今の生活が何も問題が無いからなのかもしれません。

しかしすべての犬が穏やかな気性ばかりではありません。
神経質な犬もいれば、怖がりな犬もいます。
なんでも受け入れてくれると思って、犬の気持ちを無視していると、
知らないうちに、口が出やすい犬に育ってしまうかもしれません。

今日の夕方の散歩中、朝の散歩で時折出会う奥様と遭遇してちょっと道端で立ち話。

犬たちは尻尾ブンブンでご挨拶。
ちょっと羽目を外しそうな見習いに注意をしながら歓談していたところへ、
通りがかりの男性が立ち止まり、見習いを凝視。

何か用があるのかと顔を見たのですが、私の顔は全く見ようとせず、
見習いだけを何も言わずにじっと見ています。
どちらかと言えば無表情。

これは危ないと思って、「Leave it」と声をかけて後ろに下がろうとしましたが、
怪しいと感じて警戒吠えが出ました。

犬をじっと見ながら近寄るのは、犬にはとてもストレスです。
家族であっても目をそらす犬もいます。
しかも最近はみんなマスク姿。
笑顔かどうかも犬には区別できません。

ついつい目を止めてしまうこともあるでしょうが、
そんなことも気をつけてあげないといけないですね。

20204031
写真の吠え姿は、まだ若いころかまって欲しくて私を呼んだときの顔。
吠えることはストレスの現われでもあるので、なるべく吠えないでいられる環境づくりが大切ですね。

🍀 2020年9月4日~6日🍀
3Days イベントの申し込み受付始まりました。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

犬のストレスサインに気づく

犬のボディーランゲージを読みましょう!」ということは
最近ではよく言われているので、ご存知の方は多いと思います。
犬が感じていることを、擬人化するのではなく、ありのまま理解するためには
不可欠なことです。

ただ、このようなことは、犬を飼っている人でさえ知らないことも多く、
ましてや犬を飼っていない人では皆無と言ってもいいかもしれません。


私は朝の散歩の途中でベーカリーによることがよくあります。
犬が他の買い物客の邪魔にならない場所に係留できることと、
人の出入りの多くない時間帯に限っています。

今朝、朝食のパンを購入するため、歩道のガードレールに犬たちを短めに係留し、
座って待つよう指示を出して店に入りました。

202005251
(これは先日の写真)

幸い他の客は誰もいなかったので、欲しいパンを切ってもらい
お金を払って出てくるまでのほんの2分~3分。
しかもレジからは犬が見える上に、ドアもオープンになっているので、
こちらの声も聞こえます。

集中が切れて立ち上がった見習いに再度座るように言ったあと、
通りがかりの女性が急に見習いに手を出して撫で始めました。
見習いは、腰を低めにして、自分からも顔を近づけるようにしているので
相手に恐怖感は感じていない様子でした。

しかしお金を払おうとしながら観ていたら、その女性がさらに
見習いの方に近づいて、覆いかぶさりそうな感じになってきました。
見習いは逃げ場を無くし後ずさりし始めました。
そして次の瞬間、見習いはガードレールの隙間から車道側に逃げました。

私はあわてて外に出て、見習いをガードレールの内側に呼び戻しました。
見習いは私の顔を見てストレスで吠え始めました。

まだその場を離れようとしない女性に、見習いが吠えたことに対し、
「すみません。ちょっと怖かったようなので。」と言うと、
その方は何を言っているのかわからないという表情をされました。

彼は明らかに、途中から「もういっぱいだよ。」という表情で体を後ろに下げ、
それでも撫でようとされて逃げ場を失い、ガードレールの外側に出てしまったということに
撫でていた女性は一切気づかなかったようです。

店のすぐ目の前だからと係留してしまった私の責任ですが、
嫌がっているかどうかを観ることは動物に接する際には不可欠ですね。

ずっと昔、子供の頃に、「繋がれている犬に手を出しちゃイケナイ。」と
誰かに言われたことを思い出しました。
逃げ場のない犬に手を出すことは、犬にストレスを与えてしまう可能性があるということです。

同様に、「犬の前で走っちゃイケナイ。」ということも大人に言われた記憶があります。
犬のボディーランゲージなどという言葉がまだなかったころですが、
犬の次の行動を予測することも重要ですね。

今はそういうことを言ってくれる人はあまりいなくなったのでしょうか。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年4月26日 (日)

環境が変わると、犬の行動は変わります。

犬の周りの環境が変わると、当然犬の行動は変わると言いますが、
漠然とし過ぎてわかりづらいかもしれません。
恐らく、わかるようなわからないようなという感じかもしれません。

犬の周りの環境は、物理的なことだけでなく、
飼主さんや同居犬なども含まれてきます。

逆に言うと、犬の行動は犬だけの問題ではなく、
犬の周囲の環境によって身について行くと言ってもいいでしょう。
つまり、誰かが故意に教えなくても、自然に身につけていってしまうわけです。

しかし、環境を変えることで、自然に身についた行動も
また環境を変えることによって、変えることができるのです。

ちょっと警戒心が強く、おうちの中でもいろいろ自分で仕事を見つけていたMさん。
少しおうちのルールを変えて、接し方を変えていただきました。

おうちの窓から外を見張って、犬が通ると吠えていたMさん。
特に奥様がヨガをなさるときは、窓の傍から離れなかったそうですが、
ヨガを始めるときは窓だけでなくーテンを閉めたら、
奥様の横でまったり休んでくれるようになったそうです。

カーテンはいつも閉めておくわけにはいかないので、
目が届かず、声掛けが出来ないときは、サークルに入れておくという
新しい習慣を作っていただいたことも、行動を少しずつ変えていくサポートになったはずです。

また、散歩中他の犬を見て興奮してしまうMさんに、
「ダメ、ダメ、吠えちゃダメ。」と飼い主さんが緊張して対処していたことも
吠えを増長していた感があったので、それも止めて頂くようにお願いしました。

犬の行動を変えるには、環境を変えることがとても重要です。

ちょっと困った行動が見られたら、環境を変えることも考えてみましょう。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧