犬の行動学

2024年7月14日 (日)

犬の身体能力を侮らない

アクティブ系の犬に限らず、一般的な犬種においても、犬である以上ある程度の身体能力を備えていることは日々の暮らしの中で多くの飼い主さんの感じるところだと思います。

「まさか、こんなことが出来るなんて。」
と言うことに限らず、最近ではSNSなどの動画でも、あっと驚く犬の行動に驚かされることは少なくありません。

我が家のアシスタントと見習いは、そもそも同じ犬種でありながら、全く別の身体能力を兼ね備えています。
その一つが跳躍力です。
特におもちゃ(ボールやディスク)が目の前にあると、跳びついて取ろうとします。
そのために、遊ぶ場所には気を付けないと思わぬ怪我をするので注意しなければと痛感しています。

202407141

また、人との遊びとは関係なくても、犬にとって何か突き動かされるものがあれば、思わぬ力を発揮することがあります。

かつて単犬種レスキューのお手伝いをしていたとき、保護犬の里親希望者さんのお宅に伺って環境チェックをしていたことがありました。
環境チェックとは、犬の目線で、犬の安全が保たれているかの確認です。

家の中であれば、危険な物が犬の口や手の届くところに無いか。
入って欲しくない場所はゲートなどで制限されているか。
床は滑らないか。
犬の生活エリアの動線はどうなっているか。
などです。

家の外の場合は、玄関から犬が飛び出さないような工夫がされているか。
庭から外に出てしまうような隙間が無いか。
犬が口にして危険な動植物はないか。

そういった内容を、今まで犬を飼ってきた経験や、私の場合はプロの立場からアドバイスをさせていただくわけです。

もちろん、安全を配慮していたにも関わらず不慮の事故というものもあります。
例えば、2階から勝手に階段を下りないようにとゲートを付けておいたら、そのゲートを跳び越えてしまい、階段を落下して骨折したというような場合です。(実話)

助走距離が無いと跳べない犬と、助走距離が無くても跳べる犬、跳び越えなくてもよじ登る犬などもいます。

我が家の初代のハスキー犬は、庭に出していた時逃げ出したことがありました。
ひとりで近所の獣医さんを訪ねて行ったようで、電話があって発覚しました。

木戸も閉まっていたし、逃げられる隙間も無かったのに、どうやって逃げたかわからず、対処方法が見つけられなかったのですが、ある日庭に目をやると、垣根をよじ登っている彼の後姿を目にしました。
慌てて声をかけると、彼はすぐにやめましたが、まさかよじ登っているとは知りませんでした。
現在のアシスタントたちと違い、そんなに活動的な犬では無かったので、予測していなかったからです。
当然、垣根は撤去され、ブロックとスティールパイプを使ったフェンスに取り替えられました。
高さも1メートル50ぐらいはあったと思います。

どんなに気を配ったとしても、いわゆる「想定外」はあり得ますが、出来るだけ「想定外」にならないように、老婆心であったとしても、犬の安全を確保することは重要です。

家族になったばかりの犬たちであればなおさら、その子のことは未知数と言えます。

我が家でも外出時は出窓の窓を閉めていきます。
3階なので、万が一落下したら命の保証はありません。
現時点で日常的に出窓に乗る犬はいませんが、外から気になる物音がしたら見に行かないとも限りません。

「こんなはずじゃなかった」とならないためにも、用心深くし過ぎて困ることはありませんね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年7月 9日 (火)

家の中のルール

昨日のワークショップで、講師に開口一番聞かれたのが「家でのルールを決めていますか?」というもの。

出番が最初だったので、全く予期せぬ質問に頭が回らず、「ルール・・、考えて行動してもらうことでしょうか。」と、なんとも漠然とした回答になりました。
というのは、子犬の頃は沢山の制限をかけていても、大人になって家のルールが理解出来てくれば、制限をかけなくても問題となる行動が出なくなってくるからです。
そのため、「考えて行動すること」が我が家のルールかなと思ったのですが、その後の参加者が、細かく家の中のルールについて話しているのを聞いて、改めて家のルールを考えてみることにしました。

・キューが出たらすぐに反応する
・母が寝ているときは起こさない
・階段は私が先に下りて、呼ばれるまで下りてこない
・玄関を出るのは私が先
・帰ってきたら足を拭くまで勝手に上がらない
・食事はクレートの中
・水のボウルが空になったら教える(ボウルを前足で触る)
・アシスタントはベッドに乗ってもいいが見習いはダメ

思い当たるルールはこんなところでしょうか。

一番最初の「キュー」に対する反応は、当然犬がすでに理解しているキューに限りますが、その他の部分はキューが出なくても、犬に自発的にやってもらっていることです。
つまり、キューが無くても、学習したことを習慣としてやっていることです。

もちろん犬が迷ったときはサポートします。

家の中で出来ないことは外でも出来ません。
それは子供と一緒です。
人間は外面と内面があるように、その場の状況に合わせて行動を変えることは出来ますが、犬は出来ません。
相手次第で行動を変えることはある程度できますが、様々なシチュエーションごとに変えることは難しいものです。
そのために「般化」と言う作業が別に必要になります。

つまり、ある程度、きちんとルールを教えておくことが重要ということです。

しかし、ひとつここで覚えておかなければいけないのは、制限が緩和されたことで、犬がメンタル面で自分の立場を勘違いしてしまうことです。
家の中でフリーになる時間が増えたとしても、家の管理者は人間であって、犬ではないということは日々伝えていかなければいけません。
なぜなら、犬にすべてを任せるといろいろ余計な行動を取るようになることもあるからです。
リソースガーディングもそのひとつです。

愛犬との快適な暮らしのためには、ひとつの行動だけに目を向けるのではなく、広い視野でチェックすることが大事ですね。

202407091
昨日のお出かけで疲れたシニアのアシスタント。
ソファで寝ても、ハウスで寝てもかまいません。
こちらがハウスに入るようお願いすれば、すぐに入ってくれるからです。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年6月 9日 (日)

モチベーターがなぜ必要なのか。

「正の強化」を使ったトレーニング方法においては必ず報酬が使われます。
「報酬」と言うと聞こえが悪いようですが、いわゆる「ご褒美」です。
「ご褒美」は人間同様、個体によって変わります。
例えば、ステーキがご褒美になる人もいればラーメンがご褒美になる人もいるし、サッカー観戦がご褒美の人もいれば、映画鑑賞がご褒美になる人もいるというのと同じです。

食べるものがご褒美になる犬もいれば、遊ぶことがご褒美になる犬もいます。

いずれにしても、結果としてご褒美が得られると犬が学習した行動は頻出するようになるわけです。
そして、こちらが意図して教えたい行動が少しずつ身についてくるわけですが、こちらが意図していなくても、ご褒美(報酬)が得られることを学習すれば、その行動は知らないうちに身についてしまことも頭にいれておかなければいけません。


ご褒美があることで、犬は自らの選択で行動します。
打算的とか言う話ではなく、ご褒美と言うモチベーターがあることで、行動が出やすくなるというのは自然なことなのです。

モチベーターがあることで犬の学習が進むことと、オヤツが無ければ何もできない犬に育つことは別の話しです。


さて、今日は8か月のLさんのお散歩レッスンがありました。

もともと地面が気になったり、他犬や人が気になったりと、なかなか落ち着いて散歩が出来なかったLさんですが、モチベーターを使うことで、ハンドラ―への意識が少しずつ増えてきました。

202406091

落ち着いてお散歩が出来るようになるまではまだまだ時間がかかりますが、初めの一歩を踏み出したところです。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年6月 2日 (日)

ハウストレーニングは楽しく

昨日のグループカウンセリングでもお話ししましたが、ハウストレーニングは犬にとって可哀そうなことではありません。
なぜなら、ハウスは落ち着いて寝る場所であり、安心できる場所だからです。
しかし、当然のことながら、犬たちは人の傍にいたいと思うので、隔離されることを嫌います。
ではどうするのか。

隔離されたのではなく、ひとりで楽しく遊んだり、ゆっくり寝ていいよと伝えることです。

今日は生後2ヵ月O君のプライベートレッスンがありました。
O君のオーナーさんはかつてコロナ禍に海外に送り出すまで1か月ほどお預かりしたパピーさんと新しいオーナーさんとの仲介をしてくださった方で、今回初めて子犬を迎えることになったのでご連絡いただいたというご縁でした。

O君は昨日お迎えしたばかりですが、お迎えする前から必要なものやことについてアドバイスさせていただいていたので、お伺いした時はとても落ち着いた状況でした。

パピーさんと一緒にいたい気持ちは皆同じ。
でも、人間には仕事もあるので、いつも犬とべったりしているわけにはいきません。
おうちに迎えたその日から、メリハリのある生活に加え、トイレトレーニングやハウストレーニングも始めていきます。

O君は自分からクレートに入ることもあるそうですが、もっと愛着を持ってほしいので、中に美味しいものや楽しいものを入れてあげて、自発的に入る頻度をあげることにしました。

すると、飼い主さんが視界に入っていないときは、自分からクレートに入って、フードが入ったおもちゃで遊び始めました。

202406021

202406012

子犬には寝る時間も必要なので、一緒に遊ぶ時間、一人でいる時間をメリハリよく作ってあげるといいでしょう。

訪問中に上手にトイレも出来たO君。
トイレ中にさりげなくトイレのキューを乗せていきます。

これから学ぶことが沢山あるO君。
先が楽しみですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年6月 1日 (土)

グループカウンセリング行いました。

今日はトリミングサロンApsey(アプシー)さんでグループカウンセリングの日でした。

前半は犬との生活において基本となる考え方や犬への接し方について一般的なお話をさせていただきました。
犬に言うことを聞かせるのではなく、犬に学習して理解してもらうことで、愛犬とのコミュニケーションが格段とストレスレスになることなど、様々な例を交えてお伝えさせていただきました。

また、今回ご参加のオーナー様はシニア犬と暮していらっしゃる方もおいでになったので、シニア犬との暮らし方や、シニアになっていろいろ変わってくる犬の健康の話しやケアの話しもさせていただきました。

犬も歳をとる。
当たり前のことですが、人はついつい犬の素晴らしい身体能力を過信してしまいがちです。
日々の変化を見逃さないことが重要ですね。

後半はご参加者個々のお悩みご相談に対応させていただきました。

問題と思われる犬の行動の背景には愛犬のちょっとした勘違いによることが多いものです。
勘違いさせないためには、人の対応が一貫していること、わかりやすく伝えてあげることがポイントです。

「ダメ!」という前に、なんでそういう行動になったのか考えてみると解決法がみつかるはずです。

愛犬との楽しいドッグライフのために、いろいろ工夫してみましょう。

デモ犬のお手伝いをしてくれた見習いには、最後に体重計に乗ってもらいました。
押したり引いたりしなくても、「ON」のキューで体重計に自ら乗ってくれる見習い。

202406011

ストレスレスはこんなところでも感じることが出来ますね。

次回は8月の予定です。
詳細が決まりましたら、またご案内させていただきます。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年5月31日 (金)

犬に余計な仕事をさせない

愛犬が外部からの不審者に対して家族を守ってくれるのはとても頼もしいものです。
体の大きさに関係なく、「自分の家族を守る!」という信念のもとに立ち向かっていってくれると、それはそれで嬉しいものですが、なかなか本当の不審者がやってくることはあまりなく、特に警備犬としてのトレーニングを受けていない犬たちは勝手に外部からやってくる人間を不審者と決めつけて吠えたり唸ったりすることが多いものです。

大概その手の犠牲になるのが郵便屋さんで、うるさいバイクで乗り付けてくる不審者の代名詞のように犬たちは目の敵にしていたものでした。

都会では、庭に放されている犬がさほど多くないせいか、敷地内に入ってくる郵便屋さんが被害を受けることは最近は大分少なくなったような気がしますが、それでもバイクの音に反応して吠える犬は少なくありません。

集合住宅も含め、「インターホンに吠える」タイプの犬たちは、インターホンが鳴ると、次に知らない人が家にやってくると予測して興奮するので、吠える行動に出やすくなります。

基本的には、吠える犬に対して大声をあげて叱ったところで、この行動は無くならないので、吠えなくてもいい方法で対処するというのが一般的です。
例えば、インターホンが鳴るとオヤツがハウスで沢山もらえる。といった感じです。

最初の一声は上がるかもしれませんが、ハウスでオヤツを食べている間に用が済めば、飼い主と一緒に玄関まで走って行って、来訪者が帰るまで吠え続けるという行動は出なくなります。

かつて庭の犬小屋で飼われていた犬たちには「番犬」としてのお仕事がありましたが、屋内飼育が多くなっている現状では、訪問者が訪れるたびに吠えるというのはある意味、人にとっても犬にとってもストレスなので、その仕事は減らしてあげるといいでしょう。

さて、今日はDさんの初レッスンがありました。
Dさんも、お家全体をガードしなければいけないという使命感に燃えていて、外部から人が来ると尋常ではありません。
帰るまでずっと興奮しています。
その状態ではトレーニングが出来ないので、初めは外でお会いすることにしました。

外で会うと、「あっ、オヤツをくれるオバサンだ。」といたって普通のDさん。
呼べば走って来るし、私の手からオヤツも食べてくれます。

202405311

202405312

家の中とは全く態度が違います。

そこで、外で遊びを混ぜたトレーニングをしてから、一緒におうちに入らせていただくことにしました。

今回はお家に入っても急変することなく、とりあえず遊びに付き合って、一生懸命頭を使ってくれたDさん。
少しずつ余計なお仕事を減らしてあげられるといいですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年5月29日 (水)

クライテリアは明確に

先日、見習いに前々ポジションを教えていることを書きました。
前を向いていることに大分慣れてきたところで、今度は前に送り出して前を向いて立つことを教えています。

しかし、ここで問題なのは、見習いはすでにオビディエンス競技で、前方に走って行って行った後、私のキューで止まって振り返ることを知っているということです。

つまり、前方に送り出した後は振り返ることまでが一つのシークエンスになっているので、前を向いたまま止まって立っていられるようになるには、見習いを混乱させないように行動を教えていかなければいけません。

ただ前を向いて立つだけでなく、自分で前進したあと、キューで前を向いたままの立止。

そこで、前に送り出すキューを、オビディエンスの「前進」のキューとは異なるものに変えて教えています。

果たして、弁別できるようになるでしょうか。

202405291

202405292

ポイントは、エラーが出ないように強化頻度をあげることだけでなく、犬が自分で正解を導き出す考える力を育てることも大事。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年5月28日 (火)

愛犬が唸ったら

犬の感情表現にはいくつかの方法があります。

吠える
啼く
しゃべる(吠えるまでいかない声)
唸る
ボディランゲージ

ボディランゲージには、犬の表情や体の動き、尻尾の動きなど様々な表現がありますが、細かく確認されたければ、LILI CHINさんの書かれた「DOGGIE Language」という本をご覧になると、イラスト付きで分かりやすいでしょう。

「吠える」理由は様々あるということはいつも書いています。
「啼く」ときには、いろいろなストレスがかかっていて、不安を感じているときなど。
「しゃべる」ときは、大きなストレスにはなっていなくても、感情が口をついて出てしまったときと、見習いを観察しながら個人的に考察しています。

では、「唸る」ときはどんなときでしょう。

犬は人との遊びの中で唸ることがあります。
おもちゃを介して遊んでいるとき、興奮して声が出てしまうというときです。
しかし、一番注意しなければいけないのは、「恐怖」と「警告」です。

「恐怖」を感じたときに唸った犬を放っておくと、次に同じことが起きたときは「噛む」可能性があります。
唸ることで感情を表してくれればまだ対処の方法がありますが、無視していると、突然「噛む」行動をとることがあるので注意が必要です。

「警告」も同様ですが、「警告」は時に続けて「噛む」行動に移ることがあるので、そもそも近寄らなければいいだけです。
他人の犬であれば、唸られたら距離を取るのが一番ですが、自分の犬の場合どうすればいいのでしょうか。

まずやらなければいけないのは、理由を考えること。
犬が怖がっているのか、犬は攻撃しようとしているのか。

なんらかの精神疾患を患っていない限り、可愛い愛犬が突然攻撃を仕掛けてくることはありません。
通常は何かしら犬に取って嫌なことをハンドラ―がしようとして唸るケースが多いものです。
その場合、犬が嫌がっていることを理解して、犬が嫌がらなくても直面できるような環境設定などを工夫して接することが重要です。
当然「大丈夫」になるまでは時間がかかりるので忍耐が必要です。
「犬なんだから自分の言うことを聞いて当たり前」と力でねじ伏せて問題ない犬もいれば、状況が悪化することもあるので要注意です。

一方「警告」に関しては、ちょっとした犬の勘違いから発生することが少なくありません。
よくあるのが「リソースガーディング」です。

「リソースガーディング」についても何度か書いていますが、犬の勘違いから犬の行動に変化が生じて起こるものです。
つまり、家全体を守らなければいけないと余計な使命感にかられて、家族も含めて、家の中全体をガードしようとするものです。
ガードするものは、食べ物やおもちゃなどに限りません。
犬が普段生活している「エリア」、犬に取って重要な「人」など、犬が「自分の物」と思っている物がすべて対象になります。
飼い主さんやお気に入りのソファなども同様です。

そんな勘違いをさせないためには、日常的に犬が生活するスペースを制限して、いい方は悪いかも知れませんが、いろいろな行動を許可制にすることです。

例えば、「ソファに乗ってもいい?」とお伺いを立ててくれるくらい。
そうでないと、「今ボクがソファでくつろいでいるから、他の人は勝手に使うなよ。」という思考が当たり前になってしまうからです。

犬にとって安心できる安全なスペースを提供することは問題ありませんが、犬に家をすべて明け渡してしまうことはお勧めできません。

明け渡されても、どの犬もリソースガーディングが出るわけではありませんが、リスク管理は重要です。

あとから、こんなはずじゃなかったとならないように、愛犬と話し合って折り合いをつけていかれるといいですね。


さて、我が家のアシスタントは私のベッドで寝ています。
と言っても足元の方ですが、寝返りを打っても特にどかないし、寝ぼけて蹴ってしまっても怒りません。
暑くなれば勝手に下りて自分のハウスに行って寝ています。

一方ベッドが狭いこともあり、見習いはベッドに乗せていません。
アシスタントが乗っているのを見て、小さいころは自分も乗ろうとしていましたが、ドッグベッドとハウスが用意してあるので、そっちで寝るように言い続けていたら、そういうものだと理解し、一度もベッドに乗ってきたことはありません。

202311072_20240528204601

習慣を変えることは時間がかかりますが、初めからそういうものだと教えておくと、お互いストレスが軽減されますね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年5月26日 (日)

犬と遊ぶ

仕事でクライアントさんのお宅を訪問するとき、必ずお聞きするのが、「いつも〇〇ちゃんとどうやって遊んでいますか?」というもの。

以前は、「遊ぶ」という概念すらなかった方が多かったのですが、最近はいろいろ工夫して遊んでいらっしゃいます。

実はかくいう私も、40年近く前に一緒に暮らした大型犬と特に「遊ぶ」ということをしたことがありませんでしたが、ボーダー・コリーを初めて迎えてからは、犬と遊ぶことはなんと楽しいことなのかと知った次第です。

犬たちは本来勝手に遊びます。
犬たちにとっておもしろいものはみんな遊びになりますが、人にとって許容できるものと出来ないものがあるのと、出来れば一人遊びだけではなく、人と一緒に遊ぶことで人とのコミュニケーションが深まればお互いをよく知るきっかけにもなるので、「一緒に遊ぶ遊び」がおすすめです。

そのためには、押しつけにならず、犬が自ら興味を持って参加できるようにサポートしていくことが大事ですね。


さて、今日午前中のレッスンでは、Yさんが初めてのおもちゃで私と遊んでくれました。

202405261

おもちゃを出してくれたらまたすぐ渡すことで、Yさんのリソースガーディングが出づらい状況にしていきます。
遊びを終わらせるときも工夫が必要です。

午後のレッスンではお子様たちが初めて参加してくださったので、遊んでいるとよく噛まれるとおっしゃっていた息子さんとの遊びを観察。

202405262

どうやれば楽しい遊びが持続できるのか。そんなところをアドバイスさせていただきました。

犬が「もっと遊んで♪」と来てくれる関係になれるといいですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年5月21日 (火)

「こらっ!」と叱る前に

我が家の犬たち、あまり叱るというシチュエーションがありません。
ただ、「叱る」というのがどういうレベルなのかは、家庭ごとに違うので何とも言えませんが、一般的に言われているような叱り方はしていないということです。

つまり、悪戯をしたから、トイレを失敗したから、甘噛みをしたから、おもちゃを取ろうとしたらちょっと「ウゥッ」と言ってみたという犬たちを相手に、身体を持ち上げてひっくり返して、グーの根も出ないほど、抑えつけたり、マズルを掴んで「キャン」と言うまで強く握るといったことです。

ではどうするのか。
「ふ~ん、そんなことするんだ」と行動を観察しながら、そのような状況が起こらないような環境設定を考えたり、それでも変なことをしてしまうときは、「それは違うよね。」と伝えるとともに、どうしたらいいのか考えてもらうようにしています。

もちろん命に関わるような場合は「危ない!」と多少きつめに言葉を発することはありますが、体罰は一切ありません。

いずれにしても、犬の行動自体が、人間とは違う思考回路で動いているので、それを理解して予防策を取ることで、叱るシチュエーションは大分減らすことが出来るというわけです。

例えば「吠える」。
一般的に「無駄吠え」と言われてしまいますが、犬の吠えは意味があって無駄に吠えているわけではありません。
もちろん、反射的に声がでることもあります。
人間で言うところの、「あ!びっくりした!」などです。

理由はどんなときでしょうか。
・たいくつしているとき。
・興奮しているとき。
・恐怖を感じたとき。
・警戒しているとき。
・環境が変化したとき。
・他犬が視界に入ったとき。
などなど様々です。

理由がある場合には、その理由を無くすか、吠えない方がいいということを教えていくのがいわゆる報酬ベースのトレーニングです。
吠えたからといって体罰を与えるものではありません。

何かを追いかける行動は、そもそも犬が生まれ持った狩猟本能です。
追いかけて欲しくないものは、追いかけ行動が出る前から馴らしていくことで出さなくすることもできますし、追いかけてもいいもの(おもちゃなど)で代用することで、人との遊びを優先的にやってくれるようになります。

人生のパートナーであり、可愛い子供であり、可愛い犬である犬たちは、やっぱり犬であるということを忘れてはいけません。
人の気持ちを一方的に押し付けてはいけませんね。

さて、アシスタントと見習いは前肢を触られるのはあまりお好きでは無いので、お手お代わりを教えるときは前肢を握らないで、私の手の平に乗せるように教えました。
掴まれるのは誰でもあまり好きではありませんね。
そもそも、お手やお代わりを教える意義がどこにあるのかと言われれば、ウチの場合は足を拭くときや、ダンスのトリックとして使うときです。
そうでなければ、別に必須のトレーニングではありませんので、その辺りも無理強いしないように。

今日は見習いに立止の状態で前肢をあげる練習。

202405211

手のひらが無いとまだまだ上げてくれませんが、無くてもあげられるように少しずつ教えていきます。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧