犬の行動学

2021年2月24日 (水)

犬に自信をつけさせる

犬の行動が成長とともに変わることは当然のことです。
特に子犬の頃から2歳ぐらいの成犬になるまでは、人間の子供と同じように体や心が成長していくので行動も変わります。

先日、思春期の男の子の行動が少し変わってきたというブログを読みました。

男の子は女の子以上にゆっくり育ちます。
体も心も。

女の子はヒートが来ると、急に落ち着いてしまうことがありますが、男の子はなかなかそうはいきません。

思春期は人間と同じように、犬たちも不安定になりがち。
昨日まで大丈夫だったものが、急にそうではなくなったり、過剰に反応してみたりと、様々な行動の変化が見られます。

その都度驚かされることは沢山ありますが、思春期はそのうち通り過ぎるものと思って、子犬の頃と同じように、ひとつひとつ自力で乗り越えるサポートをしてあげればいいでしょう。

以前見習いが家の近所に停めてあったカバーのかかった大型バイクを見つけたときのこと。
角を曲がったらちょうど目に入り、急にフリーズし、後ずさりしながら吠えたことがありました。

人間の子供であれば、「バイクが停めてあるだけよ。」と言うことで納得できますが、犬はそうはいきません。

それを、確認させずにリードを引きながら通り過ぎてしまえば、翌日も同じ行動を取る可能性があります。
しかし、逆に、大丈夫だと言って無理やり近づければ、「怖い」と言う気持ちが先に立って、犬は考える間もなく、怖いものの前にさらされるという経験をしてしまうでしょう。


そこで、私はリードを少し緩め、彼に確認する時間を犬に与えたところ、少し腰は引けていましたが、自分で傍まで行って匂いを嗅ぎ、「なんだ、怖くないものだったよ。」と納得し、翌日からはそれを気にしなくなりました。

このような状況は、子犬の初めての散歩においてもよく見られるところです。
「大丈夫、大丈夫」と言って、腰の引けている子犬を無理やりリードで引っ張って近づけるのは禁物。
特に相手がただのオブジェクトではなく、生き物であった場合は相手の動きは予測できないので、犬が怖い思いをしないとも限りません。

相手が犬の場合は、相手の飼い主さんに確認する必要があるでしょう。
犬の安全が確保できている場合は、時間を取って、犬に自分で確認させることが、犬に自信を持たせることにもなるので、出来るだけサポートしてあげるといいでしょう。

子犬も、思春期の犬も、成長途上にあることは同じです。
日々の変化を見過ごさないことが大事ですね。

202102241
※生後1歳ごろの見習い。
今まで誰にでもフレンドリーに寄って行っていた見習いが、少しずつ初対面の人は警戒するようになり、自分から車に戻ることが多くなりました。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年2月23日 (火)

なぜ遠吠えが始まったのか。

犬の行動は環境によって変化します。

わかりやすい例をあげてみると、リードの持ち主が変わると犬の行動は変わります。
この場合の環境はハンドラーです。
ドッグトレーニングのセッションなどで、トレーナーがリードを握った途端、犬が急にいい子になったりするのを見たことありませんか?
「まるで別犬みたい。」と言われることもあります。

トレーナーはプロなので犬への伝え方が上手いため、犬がよく反応出来ているのです。

中には体罰を与えているトレーナーもいるかもしれませんが、多くのトレーナーは罰を使わなくても上手に犬に教えることができるので、くれぐれも、叱られるから我慢しているとは思わないでくださいね。


また、家など箱物の環境が変わることで、行動が変わることもあります。
例えば、今まで住んでいた家の周りが静かで、家の中にいても外の音が聞こえなかったのに、引っ越し先は意外と騒々しく、家の中にいても外の音が響いてくるような場合、犬が警戒心から吠えるようになることがあります。
騒音に馴れてしまえば、落ち着くこともありますが、それまでは、何か音がするたびに吠えるという行動が習慣になってしまうこともあります。

多頭飼いの場合、同居犬が増えることで環境が変わり、今まで見せなかった行動を見せるようになるということもあります。

最近よく言われているのは、昨年からのコロナ禍の影響でテレワークが続いてしまい、飼い主さんと一緒にいる時間が増えて幸せだった犬たちが、テレワークが終わった後、急に分離不安になってしまったというものです。

実は我が家の見習いも、昨年まではアシスタントと一緒に留守番しているときは一切吠えなかったのに、コロナ禍で外出自粛が長かったせいか、その後少しずつ仕事で外出するようになったのと、夏場で車待機が出来ない時期が重なって留守番が増えたことで、アシスタントと一緒にいても、私の不在時に時折遠吠えをしているようです。

202102231
※昨年夏の証拠動画から切り出した写真

犬たちはちょっとした環境の変化にも左右されます。
いつもと違う行動が出ているときは、犬だけを見るのではなく、犬をとりまく環境に変化がなかったのか確認してみると理由がわかるかもしれませんね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年2月16日 (火)

ドッグトレーニング:犬に正しく教えるには時間がかかります

犬の学習能力について昨日書きました。

犬は観察能力が優れているので、犬同士でも多くのことを学び、人間の行動も逐一見張っているときがあります。
これらは、言わば勝手に学習していることですが、犬がある行動を頻繁に繰り返す場合は、それが犬にとってなんらかのメリットをもたらしている可能性が高いと思われます。

例えば、跳びつき行動。
子犬の頃はまったく問題とは感じていないことから、跳びついてくれば「かわいい!」と反応し、抱っこしたり、相手をしていることで、子犬は跳びつくといいことがあると勝手に学習していきます。

ところが、体が大きくなってくると、跳びつき行動は笑って済まされない問題です。
大型犬で、30キロ、40キロを超えた場合、小さい子供や高齢者への跳びつきはとても危険です。

成犬になったから、急にダメと言われても、犬にとっては理解しがたいものです。
しかし、小さいころから、跳びついてもメリットが無いことを教えておいてあげれば、自然と跳びつき行動は減っていきます。
これも学習ですね。

これらの学習は、その行動の頻度が高ければ当然身につくのは速くなりますし、たまにしか起こらない行動であれば、なかなか身につかないものです。

人間も、普段通っているルートは地図が無くても行かれますが、たまにしか訪れない場所であれば、当然ナビが頼りになることもあるでしょう。

つまり、早く覚えて欲しいことは、頻繁にその練習を繰り返す必要があります。

例としては、インターホンに対する吠えなどの興奮。
インターホンが鳴るたびに、家族が立ち上がって玄関に行ったり、知らない人が玄関から顔を出す状況は、フレンドリーな犬であろうと、警戒心が強い犬であろうと、興奮することには変わりありません。

そこで、よく知られている方法は、インターホンを誰かに頻繁に鳴らしてもらい、何事も起きないことを繰り返すことで、インターホンがただのBGMのようなものにしてしまうというのがあります。
誰も鳴らしてくれる人がいないときは、スマートフォンなどに録音して聞かせるという方法もありますが、音のなる場所まで細かく確認している犬はその違いを理解して反応しない可能性もあります。

もちろん、インターホンが鳴ったら、美味しいオヤツをハウスに投げ入れ、食べに行っている間に興奮の原因が取り去られるという方法もあります。
この場合は、いつもしつこく言っているハウストレーニングが出来ていないと難しいかも知れません。

いずれにしても、犬が学習するには時間がかかり、行動は何度も繰り返して教える必要があります。
突然出来たのを見て、「うちの子天才」と喜んでいると、大事な時にやってくれなかったりします。
出来るようになった後も、いつも繰り返して、学んだことを忘れないようにサポートしてあげることが大事なポイントです。

しばらく練習が出来ていなかった見習いの遠隔作業。
久しぶりに練習したら、「え~っ?」という結果に。
真っすぐ走れない病がまた出てしまいました。

犬が悪いのではありませんね。
忘れないように、日々リマインドしてやらなかったハンドラーの問題です。
反省しきりです。

202102161

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年1月10日 (日)

ドッグトレーニング:「般化」は難しい

特定の刺激(環境下)にだけ行動が起きるのではなく、類似した刺激の中でも、同じ反応が出るようになることを「般化」と言います。

例えば、「オスワリ」という行動。
子犬の頃は、ハンドラーが犬の前に立って、人差し指を立てながら、少し前かがみになって「オスワリ」と言われたときに座る行動を取っていた犬が、ハンドラーと並んで信号待ちをしているときでも、「オスワリ」と言われて腰を下ろすことができるようになれば、般化出来たということになります。

犬のトレーニングにおいては、様々な刺激や環境の下でも行動が出るように「般化」のためのトレーニングを行います。
それによって、犬は違う行動においても、自然にある程度「般化」出来る場合もあります。

それは、トレーニングの過程で学習されていくからです。

しかし、頭の固い方はなかなか「般化」出来ない場合があります。
先日、我が家の見習いと「右脚側」の練習をしていたときのことです。
オビディエンスにおいて、通常は「左脚側(犬がハンドラーの左側にいる)」なので「右脚側」の練習をしている時点で「般化」しているはずなのですが、咥えていたおもちゃを持ったまま「右脚側」に付くようキューを出したところ、おもちゃを咥えて私の「左脚側」に入ろうとしたり、正面に座ろうとします。

「いやいや、右脚側だから。」と言うと、なんと咥えていたおもちゃを落として、自分だけ右脚側につきました。

「いやいや、おもちゃは持ってるのよ。」と言うと、今度はおもちゃを咥えて正面に座っています。

こんなやりとりを5~6回繰り返したでしょうか。
ようやく見習いはおもちゃを咥えたまま右脚側に入ることが出来ました。

当然、思いっきり褒めましたが、なんとも解せません。

ドッグダンスの練習もしているので、様々なポジションの意味も分かっているし、オビディエンスでは「持来」もやっているので、当然おもちゃも含め、いろいろな物を咥えて持ってくることも出来る見習いです。

202101101

202101102

こんな簡単なことがスムースに出来ないのか。
改めて「般化」の難しさを思い知りました。

「般化」の学習ステージや速度は個体によっても異なります。
前の子は簡単に出来たから、次の子もと思うと大間違い。

何事も丁寧にですね。
-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年1月 8日 (金)

警戒心と自立心は紙一重?

一昨日子犬の自主性についてお話ししました。
つまり、自分で確認して納得することで、怖いものを減らしていこうということです。

しかし、逆に好奇心旺盛な子犬は、外に出れば多くの物に興味をひかれ、ついつい何にでも突進していってしまいます。
子犬の好奇心は個体による差異だけでなく、子犬の成長時期によっても変化してくるので、子犬の頃に、「この子はこういう子」というレッテルを貼ることは出来ません。

好奇心旺盛な子(時期)に関しては、時には危険を回避するためにハンドラーはリードを「止める」(引っ張るのではなく)ことや、「呼び戻し」を行う必要があります。
なぜなら、散歩中落ちているタバコの吸い殻や他犬の排せつ物など、口にしてほしくないものに遭遇する可能性は高いからです。

傍まで行って匂いを嗅いで、興味を示さず戻ってきてくれる子もいますが、中には一瞬のうちに口の中に入れてしまう子もいます。
その犬の行動によって、ハンドラー側の対応も必然的に変わってきます。
食糞が楽しいと思ってしまえば、散歩中も自ら探すほどの犬になってしまうこともありまし、危ないものを取り上げようと飼い主が焦ると、子犬は「これはきっといいものに違いない」と勘違いし、ますます死守するようになることもあります。
これは出来れば避けたいですよね。

経験して欲しいこととそうではないことはある程度ハンドラーがコントロールする必要がありますが、その見極めは難しいところ。

子犬の自主性を尊重することは大事ですが、どこにでも突撃していくような場合は、ハンドラーのコントロールは不可欠です。

しかし、最初はちょっと腰が引き気味で、警戒心が強かった子でも、自主性を持って行動できるようになってくると、少しずつ物おじしなくなってきます。
以前は怖いものが多くて、お散歩でもなかなか歩いてくれなかった子が、気が付けばどんどんハンドラーの先を歩くようになっていたというお話もよくお聞きします。
そうなってくると、リードを止める作業が必要になってきますね。

人間は失敗から学ぶと言いますが、犬は失敗によってネガティブなことを経験してしまうと、その後も尾を引くことがあります。
特に犬同士の関わりの中では、相手の犬がよくできた犬であれば、上手に指導してくれますが、そうでない場合は、心に大きな傷を作ってしまい、のちのちトラウマになる可能性もあります。

なんにでもフレンドリーに出来ていた子が、怖い経験をしてから急に他の犬に対して警戒心を持つようになってしまうこともあります。

子犬の状況に合わせて、子犬に任せるのか、サポートに入るのか見極めましょう。
犬は犬から学ぶことも沢山ありますが、相手が良い教え手であることが大前提です。

ちょっと引っ込み思案だから安心と思っていたら、いつの間にかどんどん向かって行く子になっていることもあります。
愛犬の成長過程、よ~く観察してあげましょう。

202101082
子犬時代、見習いは多くの犬たちと遭遇し、経験値をあげてくれましたが、大人になってからは、相手がオスだとやはり緊張します。
女の子が相手だと、愛想よく突進していきますので、これはこれで相手のことを考えて止める必要も出てきます。
犬にも好き嫌いがあることを忘れてはいけませんね。

----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年11月18日 (水)

尻尾のはなし。犬種の特性も踏まえて。

断尾されていない犬には当然尻尾があります。
そして、昔から犬の尻尾が振られているときは「機嫌がいい」とか「喜んでいる」とされ、犬の尻尾が下がっていると「怖がっている」といった大まかな判断がされてきました。

しかし、様々な研究が進むにつれて、犬の尻尾が表す犬の気持ちが細かく解明されるようになり、犬が尻尾を振っているからといって喜んでいるとは限らないということが最近日本でも広まりつつあります。
広まりつつあるとは言っても、プロがきちんと伝えていかなければ、一般の飼い主さんにはなかなか伝わらないので、時折犬同士のいさかいがあったり、人間が怪我をするといったことも起こっています。

いずれにしても、犬の尻尾の動きには犬の心の機微がよく表れているといってもいいでしょう。

さらに犬種による差異があることも知っておくといいかもしれません。

例えば、日本犬は日常的に尻尾があがっているのが普通ですが、ボーダー・コリーの尻尾があがっているときは平常心ではありません。
緊張しているときや楽しい時に尻尾があがったりします。

逆に、普通の犬の場合、尻尾が後肢の間に挟まるほど下がっていると、怖がっていることが多いのですが、ボーダー・コリーの場合は真剣に仕事をしているときだったりします。

つまり、尻尾の位置や様子だけで犬の状況を確認するのは難しい場合もあるということ。

また、体のバランスを取るためにも使われていることもあります。

202011181

ちなみに、上の画像はアシスタントのニコルさんヒールウォーク時の様子。
ボーダー・コリーではありますが、仕事中でも楽しい時は尻尾が結構上にあがります。

202011182
上の画像はサイドステップ時の尻尾の様子です。
バランスを取るために、ヒールの時より少し尻尾を下げながら左右に振っています。

尻尾はある意味指標にはなりますが、立ち姿の緊張度や、顔の表情なども合わせて観察するとわかりやすいでしょう。
愛犬のその時の気持ちがわかると、メンタル面のサポートもしやすくなりますね。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_20201101211401
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年11月12日 (木)

犬は予測する

日ごろ愛犬と暮らしていると、こちらの行動を予測しているように見えることが沢山あります。

ごはんや散歩など楽しいことについては当然ですが、それほど楽しいことではないことでも、こちらから声をかけなくても、予測してその行動を取ることが沢山あります。

日常生活では、阿吽の呼吸のように通じ合ってる感が出てとてもいいのですが、トレーニングにおいては裏目に出ることもあります。

例えばよくあるのが、ごはんの前に、「オスワリ、お手、お変わり」といつも言っていると、犬は言われる前から動作を行いますが、「お変わり」の方が欲しいのに、「お手」が出てくるということもあります。
この程度でしたら大勢にはさほど影響しないかもしれませんが、これがドッグダンスのルーティンで、今までのルーティンと次のルーティンで構成を変えた場合、勝手に前の順番をやってしまうこともあり得ます。

特に見習いVincentがやっているFCIオビディエンス競技の場合、持来するダンベルの方向がその都度変わったり、コーンを周って戻ってきたときにその日に決められた姿勢で止まるといった課題があります。

持来については、左右をきちんと教えておくことで回避することが出来ますが、コーンを周ったあと決められた姿勢のキューを出して犬を止める課題では、犬が止められることを予測して勝手に止まって姿勢のキューを待つという弊害が出てしまいます。
この場合、犬がハンドラーの指示の前に勝手に止まった場合、それだけで持ち点10点から2点引かれてしまいます。

そして案の定、今回の競技会で見習い勝手に止まりました。

202011121

止まらないで走る抜ける練習をしていたにも関わらず、止まることを優先してしまいました。

競技本番ではいろいろなことが起こります。
勝手に止まった見習いを再度招呼し止めて次の作業の指示を出す羽目になってしまいました。

いずれにしても後手後手になったのと、予想外の指示に焦ったのか、見習いはダンベルを咥えるところまではいけたものの、その先のハードルが認識できず作業を貫徹できませんでした。

頭がいいから予測するのか、頭が悪いから勝手にやるのか、何とも言い難いところですが、ハンドラーの指示をきちんと聞いてくれるパートナーでいて欲しいですね。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_20201108201701
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年7月25日 (土)

犬のストレスサイン

昨日は犬の尻尾の話を書きました。

尻尾の動きは犬の気持ちをよく表していて、ある意味その時の気持ちを理解しやすいのですが、犬が継続的にストレスを溜めているときは、なかなかボディランゲージだけで読み取れないことがあります。

よくあるのが、トイレの失敗や体を舐める行動などです。

トイレの失敗を、「これみよがし」や「嫌がらせ」と捉える方もいるようですが、どちらかと言えば、犬の不安定な精神状態からくるストレスサインではないかと考えます。
普通に出来ているはずの日常生活がうまくできなくなるというのは人間でも起こりうる状況です。
いわゆる、落ち着いて行動できない状態です。

不安状態や緊張状態が長く続くと起きる可能性が高くなります。

体を舐める行為も、グルーミング以上に執拗であればストレスサインです。
何かを舐めるという行動は、自分を落ち着かせようとしているときに出ます。
体を舐める行為もそうですし、床を舐めたりするときもあります。
ストレスは不安やたいくつなどの理由ででることもあります。
いずれにしても、過剰に体を舐め続ければ炎症を起こして、ますますそれが気になって舐めるという悪循環に陥らないとも限りません。

犬はちょっとした環境変化が引き金になってストレスを感じることがあります。
だからと言って、環境は戻せないこともあるので、なんとか上手に乗り切ってもらえるようにサポートしてあげることが必要です。

引っ越しや家族メンバーの変化などもストレスの原因になることがあります。
新しく犬を迎えた、お子さんが独立して家を出て行ったりということも大きな変化と言えるでしょう。

そういうときは、短い時間であっても真剣に向き合って一緒に遊んだり、あるいはトレーニングを行うことで、犬の成功体験を増やして自信をつけさせてあげたり、犬本来の能力である嗅覚を使っての探し物ゲームなどで何かに没頭する時間を作ったりして、犬のマイナスな気持ちを切り替えてあげることも効果的です。
加えて、安心して休める場所を提供することが不可欠です。
どこにいてもいいよ。と言われるより、ここがあなたの場所です。と決めてもらった方が犬も落ち着けるのではないでしょうか。

留守中カメラに映っていなかったので、ハウスに入っていたであろう見習いですが、暑くなったのか、その後は床の上で寝ていました。

202007252

ハウスは彼にとっては避難場所であり、寝場所であり、待機場所です。
入りたいときに入り、好きな時に出てくることができます。
アシスタントが練習しているときは、やりたい気持ちを落ち着かせるために待機する場所がハウスです。


ストレスを全く感じていない犬は人間同様いないと思いますが、少しでも軽減してあげられると精神的にも肉体的にも健康を保てるでしょう。

いつもと違う行動が出たら、環境に変化がなかったか思い返してみるといいかもしれませんね。
※加齢とともに、行動に変化が現れることもあるので、合わせてよく観察してあげましょう。


-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年7月16日 (木)

犬の行動を予測して対策する

202007161

現在の我が家の犬は2頭ですが、いつの間にか増えてしまったフードディスペンサートイ。

これが一番役に立ったのは、現見習いが生後4か月の頃、アシスタントと一緒にオビディエンスワークショップに3日間ぐらい参加したときでした。

ようやくワクチンも済んで、あちこちお出かけに行かれるようになるかならないかの世間知らずの子犬をを連れてワークショップに参加するには、子犬を大人しく待たせておかなければなりません。

ということで、コング社の一番小さいコング3つに、朝ごはんをギュウギュウ詰めにして見習いに渡したことがコング活用の最大のメリットでした。

クレートの中に見習いとコングを入れ、クレートにはカバーをかけてその場を立ち去ってほぼ半日は全く騒がず。
その後休憩時間に外に出して遊び、疲れさせてからまたコング一つ分と一緒に午後のセミナーに参加していたら、なんと最終日まで問題なく、お互いストレスを感じることなく平和に過ごすことが出来たのです。

202007162

幸い今はコングが無くてもクレート待機は問題有りませんが、留守にするときはおやつをいれて、アシスタントと見習いに一個ずつ渡していきます。
つまり、コングを見ると、「留守番」ということがわかるので、お互い自分の定位置でコングが提供されるのを待っています。
当然すぐになくなってしまいますが、楽しみにしていてくれるので、大人になってもずっと続けている習慣です。

もちろん外出中の彼らをカメラで確認すると、お互い好きな場所で寝ていたり、水を飲みに行ったりと、いつもどおりの様子です。

ストレスを出来るだけ軽減できる方法を考えてあげたいですね。

 

🍀 2020年9月4日~6日🍀
3Days イベントの申し込み受付始まりました。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村
 

| | コメント (0)

2020年7月13日 (月)

ドッグトレーニング:行動を変える

人間にとって好ましくない行動を犬に取らせなければ、叱る必要が無いと言うお話を昨日しました。
つまりやって欲しくない行動を叱っても犬の行動はなかなk変えられないので、人間が周りの環境を変えましょうと言うお話でした。

環境を変える方法の他に、もうひとつ犬の行動を変える方法があります。
それは、今やっている好ましくない行動に変わる行動を教えることです。

例えば我が家の見習い君。
以前は玄関チャイムの音に全く反応していませんでした。
つまり家の中で吠えることはほとんどなかったのですが、ネット販売の購入増加で宅外業者の訪問が増えたころから、チャイムに反応するようになりました。

理由は簡単。
チャイムが鳴ると私が対応するために部屋を出ていくからです。

玄関に誰が来ようが彼が直接アクセスすることは皆無なので、人が来ることによる興奮ではありません。
私が突然立ち上がって、群れから離れるという状況が、チャイムの音とリンクづけされてしまっただけです。

子犬の頃から状況の変化に過敏な見習いは、レッスンが終わるという変化にも反応していました。
そこで、「今日はここまでです。」や「お疲れ様でした。」という言葉を使わないようにしたら、大分おさまってきました。

話を戻しますが、とにかく最近チャイムに過敏になってきた見習い。
どう過敏なのかというと、私が立ち上がるとクレートから飛び出してきてバタバタと部屋の中を右往左往。
部屋のドアを開けると、後ろで「ヒャン」と鳴くわけです。
大したことではありませんが落ち着かないので、やめてもらうことにしました。

方法は、手にトリーツを数粒握ったまま録音したチャイムの音を机に向かっているときに鳴らし、立ち上がる私を見てジタバタしそうになる見習いに「ハウス♪」と言って握っていたトリーツをハウスに投げ込み、飛び込んだらクレートを閉めて部屋を出て、数秒で戻るという作業をランダムに10回ほど、部屋に戻るまでの時間もランダムに続けました。
さすがにそれだけやると、自分からチャイムの音を聞いてハウスに飛び込むようになります。

202007131

本当に来客があるわけではないので、こちらも落ち着いて同じことを繰り返していきます。
部屋に戻ったら解除の言葉でクレートから彼を出します。

その後も、実際に来客があった時も同じように続けていきます。

もちろん完全にバタバタが治ってはいませんが、今まではハウスに飛び込んだり出たりとあわただしく動いていたのが、入ったら扉が閉まるので、伏せて待っているようになりました。
ある意味、環境を変えたことにもなるのですが、行動自体も変えることで興奮を抑えることに繋がります。

時間はかかりますが、少しずつ彼の行動パターンを変えていきます。
根気は欠かせませんね。



🍀 2020年9月4日~6日🍀
3Days イベントの申し込み受付始まりました。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧