パピーレッスン

2018年7月20日 (金)

ドッグトレーニング:拾い食いの誘惑に勝つために

散歩に出始めた子犬にとって、地面に落ちているものはとても気になるようです。
ただ、どの子も気になるわけではありません。
全く気にせず歩く子もいます。
だからと言って、好奇心が無いわけではありません。

他にもっと気になるものがあれば、地面を見ている暇もないので、気にしない犬もいます。
地面に近いから小型犬の方がと思われる方もいらっしゃいますが、犬のサイズとは関係なさそうです。


地面に落ちているもの、走り去るバイク、よその犬など、気にしないで欲しいものに対して「Leave it!(リーヴイット)」を教えることは有効ですが、一時的にハンドラーに集中力が戻っても、また別のものを見つければそちらに気が行ってしまう場合があります。

いわゆる「般化(ジェネラリゼ―ション)」によって、「この葉っぱがダメなら、あの葉っぱもダメ」と理解出来る犬と、「この葉っぱとあの葉っぱは別」と認識している犬がいるからです。

べつに、般化できないことが悪い訳ではありません。
いずれ、経験値があがることで、般化できるようになるからです。


では、般化が苦手な犬にはどうするのか。

その都度言っていくことも必要ですが、「またか。」というときにはちょっと別の方法もあります。
例えば、葉っぱを気にして足を止めてしまったら、飼い主が「じゃぁね」と先に行ってしまうことで、飼い主と葉っぱとどっちが大事か犬に考える時間をあげるののです。

普通のリードであれば、犬を引っ張って無理矢理呼び戻すことになってしまいますが、長めのリードを使うことで、犬に選択の時間を与えることができます。

ただし、ある程度成長して賢くなっていると、どうせ飼い主はどこにも行かないだろうと危機感を持たない犬もいますので、個体によって効果が無い場合もあります。

いずれにしても、周囲に危険の無い安全な場所でやってくださいね。


201807201
お散歩デビューの初日からロングリードで自分で歩く練習をしてきた見習いですが、行って欲しくないときは「おいで~。」と言いながら逆方向に走り、付いて来たら褒めることを繰り返していくことで、拾い食いの防止と共に呼び戻しの練習も出来て一石二鳥でした。


---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

パピートレーニング:子犬をその気にさせるには

昨日に引き続き、今日も6ヵ月のパピーさんがベーシックトレーニングに参加してくれました。

当然、「オスワリ」などと言ったところで、初めての場所のうえに、他にも何頭か犬がいる環境で集中などとれるはずはありません。
案の定あっちで匂い取り、こっちのケージを覗きこんでは吠えられ、びっくりして吠えてみたりと、いろいろな事件が起こります。

最初は腰が引け気味だったのに、慣れてくるとどんどん自分から寄って行こうとしてみたり。
こんなとき、普通の長さのリードだと、ついつい犬の動きを制御してしまいがちです。
そこで、リードは長めにして、ちょっとでも飼い主さんを見てくれればクリッカーで褒めていきます。
もちろん、飼い主さんはじっとしていないで動きます。

行って欲しくないところで足止めされそうなときは、早めに名前を呼んで戻れば褒めていきます。


201805141


そんなことを繰り返しているうちに、飼い主さんを自分から追っていくようになります。
もちろん、飼い主さんの元に戻ってくれば沢山褒められます。

最後はノーリードにチャレンジ。

レッスン当初は、周囲の犬や人が気になっていて飼い主さんは二の次でしたが、帰るころには飼い主さんに置いていかれないように追いかけてくるように。


201805142


こんなことを、刺激の少ない場所からはじめ、様々な環境でやってみることで、愛犬が自分で戻ることを選択するための大事な練習のひとつです。

子犬は学習も速いですが、忘れることも速いものです。
日々繰り返し練習していきましょう。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
WCRL規定ラリーオビディエンスの座学と競技体験会開催します。
詳しくはこちらから
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月12日 (土)

パピーレッスン:怖いものを気にならないものにする

パピートレーニングにおいては、社会化も含め、様々なもの馴らしてあげることがとても大事なことです。

しかし、当然のことですが、怖いものがすぐになくなるわけではありません。
最初は遠くから見ていたものを、少しずつ距離を減らしてみたり、自分から確認できるようにリードを緩めてみたりと、様々な方法で、犬が対象物が自分とは関係ないから気にしなくてもいいものだと理解するまで続けて行かなくてはいけません。

小型犬にとって、走ってくる自転車、バイクや車はある意味怖いものです。
しかし、人間社会で暮らしていくには、それらのものが怖ければ散歩にも行かれません。

遠くを走る車を安全な場所で見たり、近くを通るときも落ち着いて座っていられるよう練習していきます。
全く気にならなくなるまでは当然時間がかかります。
その過程で、ちらっと気になるものを見ることはかまいません。
ちらっと見ても、その後すぐ平常心に戻ったり、飼い主とアイコンタクトが取れればそこを褒めていきます。

焦らず、繰り返し、経験値をあげてあげましょう。

201805121
周りはまだまだ気になりますが、飼い主さんへのアイコンタクトは確実に増えているKさんです。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
WCRL規定ラリーオビディエンスの座学と競技体験会開催します。
詳しくはこちらから
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

パピートレーニング:散歩コースは遊園地


お散歩に出られるようになった子犬には様々なハードルがあります。
怖くて歩けない。
地面が気になって先に進まない。
怖いから周りを見ないようにしてひたすら前に進む。
等々、様々な行動を見せてくれます。

どの犬も同じ行動を取るわけではなく、それぞれの個体によって全く異なります。
なんの問題(人にとって)もなく、楽しい散歩が出来る犬もいれば、なかなか思い通りの散歩が出来ないこともあります。

また犬は日々成長しているので、怖い物が無くなれば、自信を持って自分の足で前に進むことも出来るようになりますが、余裕が出来ると周囲の誘惑に負けてあっちへふらふら、こっちにふらふらということにもなりかねません。


201804061

犬たちにとっては日々目にするものは好奇心をくすぐるものばかりです。
今日はあるものが気になっていても、明日は別のものだったりします。

自然に気になるものを卒業してくれれば楽なのですが、気になるものがもっと刺激的になるときもあります。
例えば、遠くを疾走するスケートボード。
遠くにいる時はちょっと気になるもの程度だったのに、真横を騒音を立てながら通られた途端に吠える対象物になってしまったり。

特に、シープドッグなど、動くものを追うDNAを持っている犬たちにとって、速く動くものは格好の獲物になってしまうので、そんなそぶりが出る前から、出る可能性があることを想定して対処することが不可欠です。


犬たちにとっては散歩は新しいものを発見する楽しい場所以外の何物でもありません。
飼い主さんのことを忘れないように、お散歩が始まる前から「呼び戻し」などの強化練習は欠かせませんね。
それは訓練と言うより、日常のルールを愛犬に教えるための大切な工程とも言えるでしょう。


201804062


呼び戻しが出来れば、気になるものがあっても戻って来やすくなります。


---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

---------------------------------
4月から、相模原でベーシックトレーニングの定期クラスが始まります。
詳細はこちら↓から。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2018/03/post-b3c9.html
愛犬とのコミュニケーションを深めたい方や、基本の動作をしっかりマスターしたい方にお奨めです!
ドッグダンスで使うバックステップやオビディエンスで使う持来なども練習していきます。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

パピートレーニング:子犬を侮るなかれ


今日は2件続けてパピーカウンセリングにお邪魔させて頂きました。
これからどうなるかわからない未知数の子犬たちに会えるのはトレーナー冥利とでもいいましょうか。
楽しい時間を過ごさせて頂きました。

とは言え、私を呼んで下さるにはそれなりの理由があるので、真摯にお話を伺ってきました。

「子犬だから出来なくてあたりまえ」というのはまさしくそうで、トイレが間に合わなかったり、間違えて人の手をかじってしまったり、昨日はちゃんとオスワリが出来たのに、今日はなぜやらない、などなど、沢山の「出来ない」があって当然なのですが、だからと言って侮っていると、いつの間にか子犬のペースになっていることが沢山あります。

実際子犬と言えども、頭を働かせながら毎日暮らしているわけです。
当然何を感がえているかと言えば、「美味しいものをいかにしてゲットするか。」「どうやって暇をつぶすか。」「あれはなんだろう!」そんな好奇心も含めて、犬生を楽しんでいるわけです。
もちろん人間にかまってもらうのも好きですが、それよりおもしろいことがあれば当然そっちに気持ちは囚われていきます。
まさに本能のままですね。

そんな彼らとコミュニケーションを取っていこうとすれば、「子犬だから、こんなことはわからないだろう。」という侮りは禁物です。
彼らはこちらをよく観察し、しっかり先を読んでいます。

大人しくて、悪戯を全くしない子犬がいるとすれば、そっちの方が心配だと言ってもいいくらいでしょう。

好奇心があって、じっとしていない。人間の幼稚園児と一緒ですね。

いかに彼らの好奇心をこちらに向けながら、家のルールを正しく教えていくか。
知恵比べは子犬が家にやってきたその日から始まっていますよ。

201804011


最初は遊んでくれなかったSちゃん、我慢強く誘ってみたら、付き合ってくれました。
「いいよ。本気で引っ張ってくれて。」

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

---------------------------------
4月から、相模原でベーシックトレーニングの定期クラスが始まります。
詳細はこちら↓から。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2018/03/post-b3c9.html
愛犬とのコミュニケーションを深めたい方や、基本の動作をしっかりマスターしたい方にお奨めです!
ドッグダンスで使うバックステップやオビディエンスで使う持来なども練習していきます。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

パピーレッスン:自分の足で歩く大切さ

今日の午後はパピーレッスン。
と言っても生後6か月になり、少しずつ人の話が分かるようになってきました。

特に女の子は精神的にも男の子より成熟が早いので、空気を読んだり、いろいろな面を見せてくれます。

お散歩に出始めた頃は、グレーチングを見て固まっていたKさんも、なんなく跳び越え、自分の足で歩いています。


201802031

それでも、時々のぼり旗がゆらゆらしていたり、聞きなれない音を聞いたりすると立ち止まってしまいます。
そこから踏み出す一歩を待ってあげることで、自分で困難を乗り越えていく精神力が養われます。
怖がっているからとすぐ抱いてしまうといつまでたっても自分で解決できません。

自立のためには待ってあげることも必要ですね。

---------------------------------
2018年3月24日、山中湖のwoofでドッグダンスのファンマッチを開催します。
新しいルーティンの練習や、場慣らしの場としてお使いいただけますので、是非ご参加ください。
詳細はこちらから。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月29日 (金)

パピートレーニング:子犬の学習

昨日からお泊り保育に来ていたKさん、今日の午後無事におうちに帰って行きました。

当然初めは新しい環境に慣れるのに少々時間がかかりましたが、アシスタントも見習いもいつもレッスンで顔を合わせているので、そこは意外と早くに馴染んだものの、見習いの心の狭さはウチに来て初めて知ることになりました。

まず、おもちゃを貸してあげたところ、無理矢理取り上げることはしませんが、クレートに置きっぱなしになっていると、こっそり取に行きます。小さいです。

そしてソファの上でくつろいでいるとき、まだよじ登れないKさんが、二本足で立ちあがり、見習いの顔の傍で「遊んで~♪」と騒いでいたら、「うるさい!」と一喝。
一喝と言っても顔のまえでパクッと空噛みしただけですが、Kさんはびっくり。当然です。

アシスタントには何度同じことをやっても知らん顔されていたので(敢えて、遊ばないように言っておいたので)、若い方ならと頑張っていたのですが、これでしつこくするとこんなことを言われる可能性があると学びました。

その後は、見習いがクレートで寝ていると、傍まで覗きに行きますが、ちょっかいを出さずに戻ってきたり、見習いが水を飲んでいるときは、横で待っていたりと、一応空気を読んでいるようです。さすが女の子ですね。

当然、二度としつこくされないので、見習いの方も特に自分からは何もせず、傍に来ても追い散らしたりしません。

翌日の散歩の時は、よその犬に遭っても、自分から挨拶に行くか、やめておくか考えるようになりました。

初めての練習グラウンドでは、苦手なグレーチングを跳び越え、ボール遊びに興じる犬を見ても自分から落ち着いてフセが出来、キャッチボールをする親子を見ても興奮することなく眺めていることができました。

201712290

201712292


これからいろいろなシーンに出会うKさん。少しずつ学習していきましょう。

---------------------------------
2018年3月24日、山中湖のwoofでドッグダンスのファンマッチを開催します。
新しいルーティンの練習や、場慣らしの場としてお使いいただけますので、是非ご参加ください。
詳細はこちらから。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月19日 (火)

パピートレーニング:出来ることを増やす

今日のパピーレッスンはアウェイの公園。
公園には落ち葉が敷き詰められ、様々な匂いが子犬を誘惑します。

アスファルトの上で出来ることが、落ち葉の上で出来るとは限りません。


201712191


刺激満載の落ち葉の上ではまず子犬と楽しそうに走ることから。


201712192


このあと、保育園児も大量にやってきて、子犬には最適のディストラクション。

最初は遠目に確認。
自分から一歩を踏み出すまで無理はしません。

少しずつ、「大丈夫」を増やしていくことがポイントですね。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月16日 (土)

パピートレーニング:社会化


子犬を様々な環境に慣らしていくことが社会化ですが、慣らすときは洪水のように刺激の中に投げ入れるのではなく、少しずつ距離を近づけていくことも大事なポイントです。

特に都会の犬たちには刺激が満載なので、それらの刺激が関係ないものだと理解できるまで、時間をかけて教えていかなくてはいけません。

例えば、散歩で目にする車。
5~6メートル離れた場所を行き来する程度なら気にしなくても、歩道のない道路で、わずか数十センチ脇をすり抜けていく車は怖いものです。
人間だって、すぐそばを通られたら緊張しますよね。


見習いもある時期、夜の散歩道で車が来ると少し挙動不審になっていたことがありましたが、毎日「君とは関係ないよ」と伝えていくことで、ボーダー・コリーながら、バイク追いも、車追いも、自転車追いも現在ありません。
しかし、牧羊犬種でなくても、怖いものを見てうろたえたり、吠えたり、固まったりすることがあります。
車を見るたびに愛犬がジタバタするとお散歩もままなりませんね。

201712161


事が起きる前に、ある程度予測することで、問題の種を小さいうちに排除することも可能です。

ポイントは小さな異変に早く気づくこと。
愛犬をよく観てあげましょう。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

ドッグトレーニングはいつ始めるのか。

「犬をトレーニングするのはいつがいいのか」と聞かれることがありますが、答えは「家に迎えた時」です。

昔は「訓練」というくくりで考えられていたので、生後6~7ヵ月過ぎてからとよく言われていたようですが、家庭犬は家族になったその日から、「オスワリ」や「マテ」以前に、トイレのトレーニングだったり、自分の名前を覚えることや、呼ばれたら傍にいくことなどを身に付けるためのトレーニングが必要になってきます。

生後2~3ヵ月の子犬に、「オスワリ」や「フセ」のきちんとした形を教える必要はありませんが、自発的に「オスワリ」や「フセ」をするのであれば、その状態を褒めてあげることで、お尻を押したり、首をひっぱったりしなくても、「オスワリ」や「フセ」の習慣が付いてきます。


201712111

生後5ヵ月になったKさん。飛びついたり、バタバタするより、伏せるといいことがあるとわかっているので、自発的に伏せます。

小さくても犬たちはどんどん学習していくので、大事な時期を放っておいてロスするのはもったいないですね。

「人となにかすることは楽しい」と学習していくと、将来様々なドッグスポーツを一緒に楽しめるようになるでしょうし、旅行に行ったりする楽しさも倍増していくことでしょう。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧