パピーレッスン

2020年12月 2日 (水)

ハウストレーニングのポイント

昨日の午後のプライベートレッスンではLさんのハウストレーニングを行いました。
L
さんは、大分ハウスに自分から入って、中で寝られるようにもなっているようですが、扉が閉められるのではないかと、中にトリーツがはいっていても、後ろ足が外に出ている状態でした。

そこで昨日も継続レッスンを行ったところ、自分から中に入ってぐるっと回って来られるようになりました。

202012021

ハウスは犬にとって安心できる場所でなければいけません。
ひとりで留守番をするときや、家族から隔離される状況とだけ関連付けられてしまうと、ハウスの印象は良くないものになってしまいます。

そこで、扉を閉めることより、自分から中に入ってくつろいでいられる時間を増やすことが大事。
もちろん、扉を閉められても落ち着いていられるように少しずつ時間を伸ばす練習もしていきます。

ハウスに入れない状態であれば、中に美味しいものを入れる。
入れるようになったら、入っているときに美味しいものが食べられたり、好きなおもちゃで遊べる状態を作ってあげるという工夫が必要です。

その時に使う美味しいものは結構な量になります。
なぜなら、新しい習慣を作らなければいけないからです。

トレーニングのプロはトリーツの使い方やタイミングをわかって使っていますが、飼い主さんが初めてご覧になると、「えっ?こんなに使うんですか?」と感じられることでしょう。
「そんなに使ってオヤツ漬けになりませんか?」と心配されることもあるでしょう。
新しい行動が習慣になれば、毎回オヤツをあげなくても、犬はちゃんと出来るようになります。
もちろん、上手に出来たときは言葉でもしっかり褒めてあげます。

まずは、その行動が自発的に出るようになるくらい、楽しいことと関連付けてあげましょう。

L
さんも、次の段階はハウスの滞在時間を少しずつ増やすことです。
トレーニングはゲームのように楽しくないと続きませんね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年11月29日 (日)

パピーレッスン:新しい習慣づくりは楽しく。

今日は先月カウンセリングに伺ったH君のレッスンでした。

生後4か月のH君、日々成長しているので、変化もいろいろです。
ハウストレーニングやお散歩で新たなお困りごとが出ているようなので拝見したところ、H君の行動は当然のことなので、新たな習慣作りのために、いろいろ工夫していただくことにしました。

実はH君、保護犬ですが4か月の割にはやけに大人しい。
とは言え、これからまだまだいろいろなことを学んで、行動も変化していくので、今自発的にとっている好ましい行動はどんどん褒めて強化していただくようにお願いしました。

そのひとつが「オスワリ」。
跳びつかないことを強化する練習を前回のカウンセリングで行ったこともあり、目が合うとオスワリをしてくれます。
きちんと褒めてあげます。

202011290

ハウスは入ると美味しいオヤツがあるので、自分から入って行かれますが、扉が閉まると途端に悲しくなるので、扉が閉まっても必ず開くことを伝えながら練習してみたところ、少しだけ我慢が出来るようになりました。
少しずつですね。

お散歩は、様々な刺激に反応して興奮してしまうようなので、刺激の少ないところからアイコンタクトを取る練習。
自発的なアイコンタクトや、名前を呼んだときに反応したらすぐ褒めてあげます。

202011292

落ち着いてお散歩が出来た後半は静かな場所でロングリードを使った呼び戻し練習。

最初はあまり気乗りがしなかったようですが、戻ってきたご褒美のオヤツを転がしてあげたところ、追いかける楽しさが加わって、呼び戻し練習も楽しそうにチャレンジできました。

202011291

トレーニングは楽しくないと続かないですね。
焦らず、少しずつ。根気よく続けていきましょう。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年11月24日 (火)

パピーレッスン:やって欲しいことをわかりやすく伝える

先週カウンセリングにお伺いしたAさん。
今日から少しレッスンを受けていただくことになりました。

カウンセリングの日、天真爛漫に私に跳びついたり、体当たりしていたAさんでしたが、後半跳びつかない方がメリットがあることを繰り返してお教えして帰って来たところ、今日お会いした時はなんと一度も体当たりせず、跳びつこうとしても慌ててやめたりと、それなりにきちんと成果が出ていました。
ご家族みなさんが頑張られた結果でしょう。

さらに跳びつかないだけでなく、自分から座ったり、伏せたりしながらアイコンタクトもとってくれました。
一生懸命考えて行動しているのがよくわかります。
どの行動を取ればいいのかを理解しているからですね。

ネガティブに声を荒げるのでなく、やって欲しいことを強化するだけで、犬たちは確実に行動を学習していきます。


現在ケージを利用されていますが、日常的にはなかなかはいってくれないということもあり、今日はハウストレーニングも行いました。

跳びつかないことも、ハウストレーニングも、ゲーム感覚で教えてあげると、犬も楽しく参加してくれます。

202011241

ハウスから出ていいよと言う合図もきちんと出してあげることで、飛び出さないことも教えていきます。

202011242

ハウスで上手に時間を過ごすための工夫もお伝えし、様子を見ることに。

沢山遊んで、沢山動いて、沢山お水を飲んで、トイレもきちんと出来て、今日のAさんはハナマルでした。
日々の成長が目まぐるしい年ごろですので、軌道修正は早めにすることで、人も犬もストレスなく共同生活が送れるでしょう。

来週お会いするのが楽しみです。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年11月20日 (金)

パピートレーニングの落とし穴

子犬は常に飼い主さんを目で追って、後ろをくっついて歩くものです。
つまり、飼い主さんに興味津々というわけです。

そんな飼い主さんが子犬と関わる中で、トレーニングを行おうとすれば、子犬は楽しそうにどんどん吸収していきます。
ところが、子犬が多くを吸収するからと根を詰めてしまったり、ハードルを上げ過ぎてしまうと、子犬の集中力は切れ、興味は他に移ってしまい、そのうちトレーニング自体に興味が無くなってしまうこともあります。

子犬の興味が他に移ってしまうと、ついつい美味しいもので気持ちを戻そうとしてしまいがちですが、美味しいものはどちらかというと一時しのぎにしか過ぎないこともあります。

子犬の興味がずっと続くようにするためには、子犬が楽しいと思えるようなアプローチが必要になります。

つまり、
・集中力がつづかないので休憩を多めに取る。
・出来たと思ってハードルをあげすぎない。
・トリーツは誘導でも使いますが、ご褒美として使うことを忘れないようにする。

※見せ餌として使い続けると、もらえないと思い、飼い主さんと一緒に何かする興味が薄れてしまいます。
・トレーニングが楽しくなるように工夫する。
※ハンドラーも沢山動いて、子犬が楽しくついて来る環境を作っていきます。

さて、今日はLさんのプライベートレッスン。

日常のマナーに加え、ドッグダンスも少しずつお勉強しています。

今回の宿題はウィーヴでしたが、飼い主さんの足の間を上手に歩けるようになっていました。
でも、無理は禁物。
集中が切れそうになったので、今日はハンドターゲットを導入してみました。

202011201

飼主さんの手に鼻を付けるだけでクリッカーが鳴り、美味しいものが投げられる。

ちょっと頭をリセットさせながら、新しいことに挑戦です。

これからが楽しみですね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_20201101211401
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年11月16日 (月)

オヤツマシーンにならないために

犬に新しい行動を教えたり、現状の行動を変えてもらうために、正の強化トレーニングではトリーツなど犬の好むものを使います。

今日カウンセリングに伺ったAさん。
まだ生後半年のお嬢さん。
飼主さんの気持ちがうまく伝わっていないので、彼女もどうしていいのかわからない状況。
天真爛漫なところはまさしくゴールデンレトリバーなのですが、大型犬は天真爛漫と言って笑っているわけにはいかないので、パワーアップする前に好ましい行動をきちんと教えてあげる必要があります。

初対面の今日は大歓迎をしてくれて、何度も体当たりしてくれたAさん。
こちらも若くは無いので、そのパワーを全部受け止めてあげることは出来ません。

ということで、いつもパピーさんにするように、とりあえず興奮がおさまるまで待って、跳びつきをやめたらすかさず褒める。
座ったら褒める。
伏せたら褒める。
いいところは全部褒めてみました。
褒めると言っても私とAさんにはまだ関係性も何も無いので、触ったりせず、とりあえずトリーツやフードのご褒美を出していきます。

最初はピョンピョンしながら私を突き飛ばしていたAさんも、次第に飛び上がろうとするものの、突き飛ばしが無くなって、だんだん飛び上がりたい気持ちを抑えるようになりました。

その後座る確率も高くなりました。
座るとオヤツがもらえる(いいことがある)と学習したからです。

そのうち、私の手の中にオヤツがあると理解して入れるので、手ばかり見ながら、催促するように。

202011161

座ることが大分強化されたので、次は座った後目が合うのを少し待つことにしました。
私はオヤツマシーンではないとわかってもらいたかったのです。
すると、なかなか手が動かないと、ちゃんと私の顔を見るようになってきました。

202011162

短い時間でしたが、一生懸命考えているAさんの様子を飼い主さんにお見せすることが出来ました。

愛犬に何かを伝えることはなかなか難しいものです。
「あっているよ。」
「間違っているよ。」
言葉だけでは伝えづらいものですが、どうしてもやって欲しくない行動が目に付いてしまいがちな子犬に「間違っている」とばかりを言い続けていると、極端な場合、犬はすべての行動することをやめてしまうこともあります。

「あっているよ」を沢山言ってあげることで、どうすれば褒めてもらえるかを考える犬に育てる方が、犬にとってもストレスは軽減され、学習も進んでいきます。

今日がコミュニケーションの一歩になればと思います。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_20201108201701
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年11月 9日 (月)

パピーレッスン:落ち着くことを教える

犬にも個体差があるので、大人しい子や活発な子など様々です。
そしてそれぞれの飼い主さんは、どちらかというと無いものねだりで、大人しいタイプの子は、もっと嬉しい気持ちを体全体で表して欲しいと思ったり、活発な犬の飼い主さんは、もう少し落ち着いて欲しいと思ったりしています。

飼主さんに対して関心が無いのは困りものですが、大人しくても、ちゃんと飼い主さんの話が聴けて、コミュニケーションが取れるのであればそれは素晴らしいことですし、元気で活発だからといって、わがまま勝手に行動されれば、それはそれで大変です、

活発であっても、人の話が聴けることが大切。
そのためには、オンとオフのメリハリをつけられるようにサポートしてあげるといいでしょう。

今日のパピーレッスンのお嬢さんはどちらかと言えば大人しいタイプですが、だからといって自己主張がないわけではありません。
そこで、飼い主さんと楽しく遊ぶことと、落ち着いて休むことをハウスを活用しながら実践していただいています。
さらに、跳びつき防止の観点から、跳びつかないことを褒め続けていたら、何も言わなくても、自分からオスワリやフセをするようになりました。

202011093

そこで、今度はおうちの中だけでなく、出先でも落ち着いていられるように「マットトレーニング」を始めることにしました。

マットが安心していられる場所とわかれば、外出時ハウスが無くてもマットを置くだけでくつろげるようになります。

まずはマットの上にトリーツを置いてマットに向かいやすくします。

202011091

マットの上でトリーツがもらえるとわかると、何も言ってないのに、そのままマットの上でフセをしてくれるようになりました。

202011092

自発的な好ましい行動(自分からマットの上に乗る)もどんどん褒めてあげます。

202011094

今回はここまでですが、自分からマットに興味を持った、向かって行くようになれば、「マット」といったキューを載せていきます。

沢山頭を使った後は、集中力も落ちてくるので、ハウスにいざなってあげると、そのままウトウト。

寝ている間に、お勉強したことがインプットされるといいですね。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_20201108201701
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年9月25日 (金)

犬同士のコミュニケーション

「犬の友達は必要か。」と聞かれると、個人的にはマストではないと思っていますが、犬が犬から学ぶ部分はとても多いので、他の犬と接することは大事だと思っています。

成犬になってしまうと、打ち解けあうまでには時間がかかってしまうのは犬も人と同じなので、道端ですれ違う程度ではなかなかよい関係は築けないものです。
そこで、機会があれば子犬時代に他の犬と接触する時間を設けることはとても有効です。
それは「パピーパーティ」とはちょっと違います。
多数の子犬が同時に解放されるケースでは、力関係が複雑になってしまい、人間の介入するタイミングが難しいものです。
出来れば2頭からスタートするといいでしょう。
同世代の犬や模範となる大人の犬とのコミュニケーションはとても重要です。

今回ほぼ月齢の近いMさんのお宅にお預かりのNさんを同伴しました。
さすがに他の犬との接触機会が多いNさんはすぐに主導権を握り、「遊ぼう!」モード全開でMさんのところに行きます。

202009250  

最初はちょっと逃げ越しだったMさんも、休憩を入れながら何回か遊ぶセッションを設けたところ、後半は自分から興味を持ってNさんの方に行かれるまでになりました。

202009254

202009253

二頭が戯れる中、私がNさんをリコールしたあと、Mさんも呼び戻していただき、トリーツをあげたり、褒めたりしたあとまたリリースしていただくというように、遊びの中での呼び戻し練習もやっていただきました。

飼主の元に戻ると捕まってしまうと思うと、犬もなかなか戻って来ないというのがドッグランなどで一般的によく見られる状況ですので、戻ったら必ずまた遊んできていいというように自由にしてあげると戻ってきやすい子になります。

お互いが少し親しくなれたところで、本来の目的であったMさんのお散歩が少し楽しくなるように、Nさん同伴で外に出ました。

どうしてもマンションのエントランスから離れるのに勇気が必要なMさんでしたが、今回怖いもの知らずのNさんを同伴したことで、いつもよりは外に出ようという気持ちになってもらうことが出来ました。

怖いものがまだまだ沢山ある時期ですので、少しずつ克服できる環境づくりのお手伝いをしていきます。


-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年9月12日 (土)

犬は犬から学びます

今日は久しぶりにアシスタントニコル同伴のプライベートレッスンでした。

あいにくの雨で、お散歩練習が出来なかったため、犬との交流の仕方や、散歩中気になるものがあった時の対処法と、ハウストレーニングを行いました。

アシスタントは1歳前からパピーレッスンに同伴していたこともあり、子犬の対応はお手のものでしたが、さすがに5月に9歳を迎えたこともあり、パピーレッスンでは無理に遊ばなくてもいいと伝えています。
アシスタントの仕事は、犬は世の中にいて当たり前で、どの子も一緒に遊ぶとは限らないし、度を超すと叱られることもあるということを教えてあげることでした。

前回お預かりのNちゃんを同伴した時は、一緒の遊び始めてしまったため、途中で強制休憩をいれましたが、今回はその懸念がないので、ニコルにお任せしました。

しつこくついてまわられてもマイペースでお宅拝見モード。
子犬はニコルの後ろをついて歩きながら、こっそり匂いを嗅いだりしています。

ニコルが私の傍に戻ってきてオスワリをしたりフセをすれば、私は思い切り褒めておやつをあげます。
すると子犬も自分からそばに来てニコルと並んでオスワリをするように。
当然褒められてオヤツももらえるので、自発的に座る確率が高くなってきます。
誰もオスワリしなさいと言っていないのに、座ればいいことがあるとちゃんと見て学んでいるわけですね。

202009121

その後も、ちょっと入るのに時間のかかるハウスも、ゲーム感覚のトレーニングで、いつの間にか自分から入るようになりました。

犬たちはちゃんと学んで進化しています。
いいことは沢山褒めて強化してあげましょう。

※犬は犬から学びますが、先輩犬がお手本になれるレベルでないと、単に楽しくつるむ仲間が増えるだけなので、二頭目を考えるときは、先住犬のレベルをよく見極めてから決めましょう。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年8月27日 (木)

子犬の初散歩

今日はパピーレッスンのMさんの初散歩でした。

おうちの中で、呼び戻しやリードを着ける練習も済ませ、とりあえず座るといいことがあるということを学習しているMさんが初めて自分の足で地面を踏みました。

とりあえず今日はご自宅前のエントランス部分と人通りの少ない道路のみを、好奇心を持って自分の足で歩いてもらうことが目標でしたが、思った以上に落ち着いていて、腰も引けていませんが、耳はあっちこっちの音にとても敏感に反応しています。

202008271

自分から先を歩いていくほどでしたが、地面やら植木やら気になるものばかりで、その都度立ち止まっていました。
それでも周りを見回す余裕のあるときに声をかけると、走って戻ってきてくれました。

近くに幹線道路が通っているため、車の騒音が大きくなりそうになると、立ち止まって来るのを躊躇していました。

これから少しずつ馴らしていきます。
馴れたら馴れたでグイグイ先を行く子になるかもしれません。
目標は飼い主さんを意識しながら、安全にお散歩が出来るようになること。

居住エリアによって求められるものも違ってきます。
このあたりの公園は犬の立ち入りが禁止されているそうなので、お散歩の範囲は限られてしまいそうですが、どこにでもお出かけできるように、経験値があげてあげたいですね。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年8月14日 (金)

パピーレッスン:代替品を用意する

昨日のブログでコングを2つ使った「交換ゲーム」について書きました。

「交換ゲーム」はある意味代替品を用意して、ひとつのものに執着しないようにさせることです。
これはおもちゃに限ったことではありません。
例えば、噛んで欲しくないものに気持ちがいってしまい、なかなか放してくれないときに、無理矢理放させるのではなく、代りの物を差し出すことで、応じてくれることもあります。

例えば、甘噛み。
個人的には、甘えの噛みに関しては特にやめさせようとはしないのですが、おもちゃと同じ感覚で一生懸命噛んでくれる時は、本気で噛んでもいいものを代わりに渡すようにしています。

今回まだお散歩に出られないパピーさんに、家の中でリーシュをつけてみたところ、案の定目の前で揺れるリーシュの誘惑に負けて噛み始めました。
とりあえずリーシュが付いていることに馴れて欲しいので、付けたままおもちゃで遊ぶことに。

202008151

最初は気にもしなかったおもちゃですが、動かしているうちに少しずつ興味が湧いてきて、本気で引っ張りっこに付き合ってくれました。

一緒に遊べる特別なおもちゃに出来るように、終わったら片づけました。
果たして明日も遊んでくれるでしょうか。

🍀2020年9月4日~6日
3Days イベントの申し込み受付中。
残席わずか。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧