パピーレッスン

2019年4月20日 (土)

日常マナートレーニング:経験値をあげる

諸事情でお散歩に出る時期が遅れてしまい、レッスンでお伺いするようになってから外に出たMさんですが、幸い警戒心が強くないため、歩かないということはなかったものの、逆に好奇心満載で、ぐいぐい前に進んで行ってしまうという問題が。

M
さんにとって、外の世界は真新しいので仕方ありませんが、引っ張っても飼主さんが付いてくると学習してしまうと、なかなか引っ張りは直りません。

日々引っ張らないで歩く練習を頑張っていただき、少しずつ行動範囲も増えてきたMさん。
自宅周辺にはだいぶ慣れて、落ち着いて歩ける時間も増えてきました。

今日は車の通りの多い大通りや商店街にもチャレンジしてみました。

201904201

飼主さんに集中する時間も増えて、「オスワリ」のキューにも反応できるようになってきました。

出来ることを少しずつ増やしながら経験値をあげてあげましょう。

---------------------------------

ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_18
にほんブログ村

---------------------------------

パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

パピーレッスン:呼び戻しは必須

今日のパピーレッスンは呼び戻し強化。

ロングリードを使って、リードが張る前に、刺激対象物にロックする前に、声をかけて後ろに下がる。を繰り返してもらいます。

ディストラクションはご近所の人や犬、アシスタント犬などなど。

特に犬連れのご近所の方は、パピーさんに近寄りたい気持ちもいっぱい。
でもそこはちょっと我慢してもらって、いい子になってから。

何度か繰り返すうちに、パピーさんの戻りも速くなってきます。

まだまだ身に着く前は連続強化で、必ず戻ればいいことがあると刷り込んでいきます。

201904161

最近は余裕が出てきたのか、呼んでも一瞬迷うことがあるそうです。
思春期の女子は難しい。
飼い主さんの根気が欠かせませんね。 

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_17
にほんブログ村

---------------------------------

パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0)

2019年4月 9日 (火)

パピーレッスン:新たな課題浮上

当然のことながら子犬は日々成長し、多くのことを吸収しながら学んでいきます。
繰り返すことで、教えたことは少しずつ身に付き、習慣になり、飼い主さんとのコミュニケーションも目に見えて深まっていきます。

しかし、同時に新しい一面が芽生えてくることもあります。

昨日まで気にならなかったものが急に気になりだしたり、
昨日までやらなかったことが、急に始まったり。

ちょっとした変化を見落としていると、あとで取り返しがつかなくなることもあります。

子犬との暮らしは、飼い主さんの観察眼が問われるところでもありますね。

パピーレッスンのEさん、とてもよく周囲を観察しているので反応も速い。
何かを見つけて飛び出す前に、飼い主さんがきちんとコントロールしてあげることも安全面からとても重要です。

201904090

今日は道端でサッカーをしている子供たちが気になりました。
今までは子供を見てもさほど気になりませんでしたが、ボールがプラスされて興奮度が上がってしまいました。

ボールと子供のセットは、いわゆるボーダー・コリーの天敵(ディストラクション)でもあります。

ボールと子供が気になると気づけば、早めの対処も可能です。
ボールや子供を追いかけて吠えることを覚えてしまう前に、どうして欲しいのかを丁寧に教えていくことが今後の課題ですね。

---------------------------------

ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
Blog_bannar_16 
にほんブログ村

---------------------------------

パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木)

パピーレッスン:ロングリードのメリット

いつも元気なMさん。
どうしてもリードは引っ張り気味になりますが、
レッスンの成果が少しずつ出てきて、
飼い主さんの声も聞こえるようになってきました。

今日はそんなMさんに5メートルのロングリードを使ってもらいました。

いつもはちょっと動くだけでもリードが張ってしまい、
それが当たり前のように飼い主さんを引っ張る図になるのですが、
リードが少し長くなったことで、動いてもすぐに飼い主さんを感じられずに
逆に飼い主さんを気するようになりました。

201904041

もちろん、ロングリードになったからと言ってすぐに気づくわけではありません。

離れそうなMさんに、呼び戻しの声掛けをしながら、ハンドラーとの距離を感じてもらいます。
呼び戻すときはハンドラーも後ろに下がることで戻りの距離が増えて、犬は一生懸命もどってくるようになります。
犬が戻ってきやすい状況を作ってあげるといいでしょう。

劇的な変化はなくても、犬たちは確実に成長しています。

---------------------------------

ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_15
にほんブログ村

---------------------------------

パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

パピーレッスン:飼い主さんの勘違い-ハウスのはなし

子犬を迎えたご家庭で、たまにお聞きするのが、「かわいそうだから、子犬をハウスに入れたくない」という言葉。

ハウスは犬にとって寝床であり、ゆっくり休めるところですから、かわいそうな場所ではありません。

我が家の犬たちも以前はハウス(クレート)を使っていませんでした。
自由にさせていたのですが、一台クレートを購入したら、みんなでかわるがわる入るようになりました。
犬だって一人になりたいときがあるのです。

さらに、子犬にとって家の中は危険がいっぱいです。
成長と共に行動範囲も広がるため、今まで届かなかった場所にも届くようになりますし、人の行動をよく観察しているので、今までやらなかったこともやる可能性があります。

人は常に子犬の行動を見張っているわけにはいきません。
「ちょっとトイレに行っている間」や、「ちょっとゴミを捨てに行っている間」何かが起こらないとは限りません。
当然留守中の管理も同様です。

どうぞハウスを安全でよい場所と教えて、ハウスを活用して欲しいと思います。

ハウスはかわいそうな場所ではありません。
愛犬の安全を守る場所です。

201904021

今日のプライベートレッスンのEさん、お客様が来たときは玄関で座って待つことを覚えました。

普段は自由にしていますが、来客が多いご家庭のため、一人になりたいときは自分でハウスに入って寝ているそうです。
安全な場所だとちゃんとわかっているんですね。

飼い主さんの思い込みで決めつけるのではなく、犬の生態を考えることも大切ですね。

---------------------------------

ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_13
にほんブログ村

---------------------------------

パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0)

2019年3月31日 (日)

パピーレッスン:飼い主さんの勘違い

昨日は久しぶりにパピーくんのカウンセリングに伺いました。
生後3か月。
元気いっぱいの男の子で、飼い主さんも、ハイパーで全然落ち着かないし、噛むし、吠えるしと嘆いていらっしゃいました。

ところが、優しく撫でていれば自分からオスワリやフセをしたり、じっとしてくれるNくん。

おもちゃで遊びに誘えば、タグゲームにも付き合ってくれ、投げれば取ってくるし、逃げればもって追いかけてくれる。
なんとも頼もしいNくんです。

遊びが終わったら、クレートに戻して休憩。
すると、最初は少し吠えていたものの、すぐあきらめて寝てしまいした。

 201903301_1

それを見ていた飼い主さんはちょっとびっくり。

静かにしているところは見たことが無いし、あまり寝ないとも。

しかしよくお話しをよく聞いていみると、平日一人で留守番をさせているのがかわいそうで、休みになるとついついクレートから出したままにして自由にさせてしまうとのこと。

そのせいで、トイレも間に合わず、場所の認識もまだちゃんとできていないことがわかりました。

平日と休日のギャップが大きすぎると、犬にとってはストレスになることもありますし、だらだらと一緒にいると子犬が必要としている睡眠時間もとりづらくなってしまいます。
うしろめたい気持ちはわかりますし、子犬が喜ぶだろうという気持ちもわかりますが、人間の赤ちゃんと同じで睡眠は大事。
めりはりをつけた生活をお願いしてひとまず帰ってきました。

賢いNくん、これからが楽しみです。
飼い主さん初心者のオーナー様も、気合を入れて頑張ってくださるそうです。

毎日の繰り返しでおうちのルールを教えてあげることが第一ですね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_11
にほんブログ村

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

 

| | コメント (0)

2019年3月28日 (木)

子犬に絶対やってはいけないこと

失敗した子犬を叱ろうとして、大きな音をたてて脅かしたり、手で叩いたり、あるいは首輪に付いたリードを引っ張り上げたり、ということがいまだに行われています。
犬にも個体差があるので、多少のことでは驚かない子もいるかもしれませんが、基本的に脅かしたり、体罰を与えることが犬にとってメリットになることはありません。
そもそも、子犬に失敗はつきもので、それを導くのが飼い主の役目であって、まだまだ赤ちゃんの子犬の失敗を責めるのはアンフェアです。

恐らく、そのような行為は人間にとってもメリットにはならないでしょう。
大きな音で脅かされた犬は、音に対して過敏になる可能性があり、手で叩かれた犬は手を見ると威嚇したり噛もうとしたりします。
ましてや首輪をリードで吊り上げられた犬は、リードが首輪に付いただけで変貌してしまうこともあるでしょう。

当然のことながら、その行為を行った人間に対する不信感だけでなく、他の人間への不信感も生まれ、警戒心が強くなったり、日常の何気ない出来事にも過剰反応する可能性があります。
子犬のころのことだから忘れてしまうだろうということはありません。

小さいころ経験したトラウマは大きくなってもどこかに潜んでいてあるとき突然出ることもあります。

犬にとってそういったストレスは、人間が故意に行わなくても、日常的に遭遇することも多いものです。

散歩の途中で、急に大きな音のバイクが横をすり抜けたり、たまたま犬の足を踏んでしまったり、犬自身が悪戯をしようとして痛い目を見たりなどなど、気を付けていても起こりうることは沢山あります。
だからこそ、きちんと犬の安全を守ることも飼い主の責任であると言えるでしょう。

気持ちのおおらかな、自信のある犬に育てていくためにも、子犬に無用なストレスを与えないことも大事ですね。
201903281
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_8
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。



| | コメント (0)

2019年3月27日 (水)

パピートレーニング:成長と共に心配事も増えていく

子犬が日々成長するのは当然のこと。
昨日までできなかったことが、急に出来るようになったり、
なんとなく話が通じるようになったりと、
驚かされることが沢山あります。

ところが、成長と共に厄介なことも増えていきます。
つまり体が大きくなれば、今まで届かなかった場所にもアクセスできるようになったり、視野も広がり、飼い主の行動も細かく観察するようになり、同じようにやろうとすることもあります。

「今までやらなかったから大丈夫」というのはまだまだ先の話。

特に危険なのはキッチン。
ガステーブルやごみ箱など、危険物が満載です。

アクセスできないように扉を付けたり、手や口が届く場所に危険物を置かないように注意したりと、気を付けなければいけないことが沢山あるでしょう。

かつて我が家で繁殖したボーダー・コリー、キッチンから流れでる美味しそうな匂いにつられ、三男坊が初めてメッシュゲートをよじ登ってキッチンに入ったことがありました。
当然自分では戻れなかったのですが、中で楽しそうにはしゃいでいる弟を見て、長女がある日同じようにメッシュゲートをよじ登って足を挟んで骨折しました。
横さんがあるものは足をかけて上ることが出来るのです。

成長を楽しむと同時に、安全対策も怠らないようにしましょう。

先日のレッスン、アシスタントの横で、散歩の途中でもフセができるようになったEちゃん。

201903271


行動範囲が広がっているようです。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_7
にほんブログ村
---------------------------------

パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。



| | コメント (0)

2019年3月20日 (水)

パピーレッスン:一緒に歩こうね。

好奇心満載の子犬は、外に出ればいろいろなものに興味津々で向かっていくのは当然のことです。

だからと言って、好きにさせていればどんどん飼い主を好きな方に引っ張っていきます。

「飽きればそのうち戻ってくる。」という人もいますが、飽きるまでにはおそらく何日もかかるでしょう。

そしてその間に、飼い主よりもっと面白いものを見つけてしまうかもしれません。

面白いものを見つけてもいいんです。

飼い主が呼んだときに帰って来られれば。

しかし、「呼び戻し」の練習をしていなければ、すぐに戻ってくる確率はかなり低いでしょう。

普通にお散歩が出来るようになったEさんと広い公園に行きました。

201903201_1

今回はちょっと長めのリードを付けて、敢えて自由度を上げながら、リードが張る前に呼び戻しを入れていきます。

いろいろ気になるものは多いのですが、ロックする前に飼い主さんに声をかけてもらうようにしていただいたら、呼ばれたらすぐ戻ってくるようになりました。

しかも、きちんと自分から座って待っていられます。

201903202

おうちで練習していることがちゃんと外でも生かされているようですね。

その後も、様々な人や犬を見ても、自分で距離を計ったように振り返ったり、戻って来たりするようになりました。

ちょっと他のことに気を取られていると、ママはどんどん遠くに歩いて行ってしまうかもしれないことも知りました。

普段の散歩はぴったり脚側で歩く必要はありませんが、安全な距離を飼い主さんと保って歩くことは必須です。

私はよく犬たちに、「一緒に歩こう」と言います。

つまり、リードの先には飼い主がいることをきちんと理解し、子供が親と手を繋ぐように、リードで繋がっていることが嫌なことではないと認識してもらうのです。

また、リードが張らない練習を積むことで、リードが付いていない状況でも、飼い主のそばにいることが当たり前と学習してもらいたいと思っています。

帰りがけに見習いと挨拶をしたEさん、怖かったらいつでも逃げられるように、リードは長く緩めてあります。

201903203

結局逃げたのは見習いの方でした。

まだまだ修行が足りませんね。

---------------------------------

ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!

88_31

にほんブログ村

---------------------------------

パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪

ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0)

2019年3月 8日 (金)

パピーレッスン:いい習慣を作る

ボーダー・コリーという犬種は頭がいいと言われる分、まことにややこしい犬種でもあります。
今回、クライアントさんはお知り合いの方みなさんに「なんでボーダー・コリー?」と言われたそうです。

でもそこでめげずに頑張ろうと思ってくださったことが何よりです。

散歩にも慣れてきたEさん、少し余裕が出てくると、新たな問題と直面します。
いたちごっこのようですが、そんなことにくじけてはいられません。

たまたま小学生の下校時間と重なった今日のレッスン。
女の子は静かに下校していきますが、中学年の男の子たちはうるさいし、走るし、石は蹴るしでEさんにとっては怪しさ満載。

おっかなびっくりで壁際を歩きながらも、相手の動きによっては狙いそうな様子もちらほら。
早めの対処が必要です。

小学生の子供が現れたらロックオンする前に、声をかけて、アイコンタクトが取れたら褒めることを繰り返して練習したところ、別の小学生に対しても、ちらっと見たあと、すかさずママを見て座りました。

201903081


とびついたり、吠えかかったりしなかったからおりこうさん。

いい習慣を少しずつ身に付けさせてあげましょう。

次回はどんな一面を見せてくれるのでしょう。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧