パピーレッスン

2019年12月12日 (木)

犬も顔が変わります。

犬に表情があることは周知のことですが、
成長と共に顔つきも変わります。
それは単に大きくなったと言うだけではなく、
あどけない表情から、考える犬の表情に変わっていきます。

パピーレッスンにお伺いしていると、
会うたびに表情が変わってくる犬たちを見ることができます。

同時に、行動にも変化が現われ、確実に成長していることを実感することができます。

当然のことながら、犬たちは日々成長しているので、
急におりこうさんになったかと思えば、
「今まではやらなかったのに。」と言った変化も出てきます。

反抗期があったり、警戒心が強くなる時期があったり、
成長と共にいろいろな面を見せる犬たちに、
飼主はその都度対処していかなくてはいけません。

「こんなはずじゃなかった。」とならないように、
日々の成長を見守ってやりたいですね。

201912121

何もキューを出さなくても、「フセ」を選択したPくん。
ちょっと前までは、やりたいことだけをやっていた感がありましたが、
最近は人の話をよく聞いているので、顔は至ってまじめです。

『合っているよ』と教えてあげることで、
好ましい行動はさらに身について行きます。
見落とさず、犬にわかりやすく伝えていくことが大事ですね。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年11月18日 (月)

日常のルール

昨日犬のマナーの話を書きましたが、今日もそれにちょっと近いお話。

犬と外に出るときは、当然リードが付いた状態です。
つまり、犬と飼い主の距離は基本的には変わりません。

そこで、よく問題になるのが犬の「引っ張り」。
散歩時、犬がリードをぐいぐい引っ張りながら歩くと、
飼主は常に腕や腰に負担がかかり、
中大型犬の場合は、弊害が出ることもあります。

これは平たんな道だけの話ではなく、
階段の上り下りも同じです。

バタバタと駆け上がったり、駆け下りたりすれば
当然飼い主さんにも負担がかかります。

特にご自宅に階段がある場合、それは毎日のことになります。

そこで、飼い主のペースに合わせてゆっくり歩くように教えていくことも大事なマナーになります。

何も言わなければ、勝手に駆け下りてしまいますが、
「ゆっくりだよ。上手だね」と声掛けしながら
一緒に歩くように促してあげたところ、
R
さんも、少しずつ隣を歩く飼い主さんを気にするように。

201911181

メインのオーナーさんは20代の男性ですが、
ご家族がお散歩に行くこともあります。
ご家族皆さんが安全に階段を上り下りできるように、
R
さんにもちゃんと教えてあげると安全ですね。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年11月 8日 (金)

パピーレッスン:早めに習慣にする

子犬のころからおすすめしている「呼び戻し(リコール)」練習。

右も左もわからない子犬ならば、
飼主が呼ぶ声に大興奮して飛んできてくれますが、
周りに目が行く余裕が出てくると、
ちょっとやそっとじゃ戻って来なくなったりします。

そこであきらめると、愛犬は一生戻ってきません。
戻らなくてもいいと学習してしまうからです。

また、戻ってきても、すぐに踵をかえして遊びに行ってしまったりと、
「呼び戻し」を完璧にするのは難しいものです。

訓練競技を長くやっている身としては、
戻ってきてあたりまえという感覚があります。
戻って来なければ競技会に出られないからです。
つまり、競技会に出るために、戻って来ることを犬に教えていくからです。

しかし「呼び戻し」は競技会に出るためのものではありません。
日常生活でなくてはならない基本のトレーニングです。

家の中で呼べば来てくれても、外の刺激の中ではなかなか難しいもの。

今日のプライベートレッスンでは、お散歩中の呼び戻しが課題。

刺激の対象物とは距離をとっているので、
さほど大きなディストラクションにはなっていませんが、
それでも、Rさんは気になると足を止めてガン見しています。
後ろから名前を呼ぶだけでは全く耳に届きません。

そこで、声のトーンを変えたり、動いてもらったりしながら、
Rさんが飼い主さんの元に戻ってきたくなるような環境を作ります。

そして、必ず戻ってこられるような環境設定で、成功体験を増やし、
戻ることを習慣にしていくことが大事です。

201911081

日々の練習が欠かせません。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年10月31日 (木)

パピートレーニングの楽しさ

子犬のトレーニングはトレーニングというより、日常生活の中でそのお宅のルールを教えてあげることですが、相手は何しろ赤ちゃんですから、目覚ましく進化することもあれば、後退することもしばしば。
いわばアップダウンを繰り返しながら少しずつ成長していくわけです。

急に出来るようになったかと思えば、ある場所で足踏み状態が続くこともあります。
要は犬がちゃんと納得したかどうかという部分と密接に関係しています。

今朝はクライアントさんから、呼び戻しがいい具合になってきたというメッセを頂きました。
環境設定しながら、成功体験を少しずつ増やしていくという地道な練習を飼い主さんがやってくださった成果です。
なんとも嬉しい限り。

夕方のレッスンでは、いつも「出せ~!」とサークルから大騒ぎをしていたお嬢さんが、サークルの中に置かれたクレートで休息するのも悪くないと感じてくれるようになった姿が見られました。
時々、ダメもとでこちらに視線を向けてきますが・・。

201910311

日々成長する子犬たちがすぐに大人なることはありませんが、
あきらめずに根気よく教えていくことで、気づけば人の話が分かるパートナーになっています。

飼主さんたちの頑張りが報われるときですね。

レッスンの度に成長していく犬たちを見るのはとても楽しいものです。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年10月24日 (木)

思春期は犬たちも難しいお年頃

今日のプライベートレッスンは思春期の女の子と男の子。

女の子の方は、チャレンジャーで周りをよく見ています。
ご家族のメンバー一人一人への対応も違います。
要求が通る相手に対しては、なかなか折れません。

しかし、少しずつご家族の対応を一貫したものにしていただく中で、
次第に無駄なチャレンジをしなくなってきたようです。

要求はエスカレートすることも多いので、
余計なストレスをかけないように、
きちんとご家族のルールを教えてあげることが本犬のためでもあります。

今日は少し大人な対応だったRさん。
次回はどんな顔を見せてくれるでしょうか。

201910241

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年10月20日 (日)

子犬の行動を嘆く前に。

すぐに治る習慣はありません。

パピーレッスンに伺うと、飼い主さんは多くの問題に直面していて、
早くそれを取り除きたいと願っています。
当然のことです。

しかし、パピーは敢えて問題を起こしているわけではなく、
子犬として想定内の行動をとっているだけ。
それが、人間との生活の中で危険なものであれば
早くに対処して直したいものです。

では、どうやって直すのか。

多くの問題は初期対応を見誤ったことから始まっています。

つまり、「こんなはずじゃなかった。」
というわけです。

そこでまず第一にするのは、パピーにとって安全な環境を提供することです。
ゴミ箱があれば、小さいころは届かなくても、そのうちひっくり返して中身を荒らすようになるでしょう。
小さいころは届かなかった場所に、手や口が届いて悪戯をするようになるでしょう。
小さいうちは行動範囲も狭いですが、大きくなればどんどん広がって
気が付いたら家全体を自由に動き回れるようになっています。

とりあえず危険と思しきものは子犬が来たら撤去。
今は大丈夫と安心していると、子犬はあっという間に成長します。

そうなってから、寝床やトイレの場所を限定しようとして閉じ込めても
子犬は自由を奪われたと思って泣いたり吠えたりするだけです。

大きくなってからのことも想像しながら、子犬の生活環境を整え、
早くその環境に慣れるようにサポートしてあげましょう。

ハウスを使うことに否定的な人もいるようですが、
子犬にとっては安全で、ゆっくり寝られる場所です。

201910202  
※生後4か月の見習い。
ハウストレーニングはしていましたが、遠征中のセミナー初日は「出せ~」と大騒ぎしたので、コングにギュウギュウ詰めた朝ごはんを渡すと、残りの2日間はとても落ち着いて待っていられました。


人が動く度にワサワサと付いてあるく姿はかわいいものですが、
子犬には十分な休息や睡眠も必要です。

徹夜明けの睡眠不足が不健康なように、
いつも起きている子犬も不健康です。

是非、安心できる場所を確保してあげてください。

早くにハウスで休息することを覚えた子は、ちゃんとオンとオフの切り替えも出来るようになります。
放っておいても体は成長するかもしれませんが、心はなかなかうまくいきません。
落ち着きのない犬にならないためにも、オンとオフを教えてあげましょう。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

パピートレーニング:着実に進化しています。

今日は若いボーダーくんの屋外レッスン。
気になるものが多いのは当然のことですが、
少しずつ外でも集中力をあげるために日々頑張っています。

前回の屋外レッスンのときは、ママとのボール遊びもままならず、
呼び戻しもまだまだだったSくんでしたが、
今日のレッスンでは、ちゃんとママと一緒にボールで遊べるように。

201909121

投げたボールもママの元に持って帰って来られるようになりました。
素晴らしい!

さらに、遊びをご褒美に、ディストラクションから少し離れた場所で
脚側停座を保持する練習。

1秒、2秒・・・5秒と、少しずつ座った状態を維持する時間を伸ばしていきます。

最後は、お友達が乱入する中、ママに呼ばれて一目散に走って行ったSくん。

前回に比べたら格段の進歩です。

日ごろママが頑張ってくださっている成果でしょう。

先が楽しみですね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

グッドタイミングなトレーニング

今日の出張レッスンでは、最近ちょっと自立心が出てきて、マイペースになりつつあるEさんにおうちのルールの再確認をしてもらうことに。

ハウストレーニングは前回のレッスン以降根気よくやってくださったので、だいぶ入りやすくなってきました。
もちろん、自分から入れるようにサポートしていきます。

201909091

そこに、都合よくピンポン。
Fさん、ピンポンに対して最初に一声出ますが、大騒ぎをするほどではありません。
でも、玄関の前に陣取って、来訪者に一番に会おうとします。

そこで、飼い主さんはご家族みなさんに帰宅時必ずピンポンを鳴らすよう伝え、ピンポンが鳴った時、落ち着いてから玄関を開ける練習をされているとのこと。

ちょうどよいタイミングだったので、ピンポンが鳴ったらハウスに入るようにルール変更することをご提案しました。
ところが、何しろすばしっこいEさん、ピンポンと同時に玄関にダッシュしていきます。
そんな時は、「おいで」にもなかなか反応できません。
当然ですね。
来訪者の刺激のほうが高いのですから。

聞こえていないEさんに何度も言うのは無駄。
そこで、首輪を持ちながら、「Eちゃん、ハウス行こうね~。」
ハウスは罰でもなんでもありません。
中には美味しいオヤツも待っています。

レッスン時間に3回も来訪者があってとてもいい練習になりました。

しかも、三件目はEさんのお友達。

とりあえずハウスで静かにお友達をお迎えした後、飼い主さんの合図でクレートから出してもらったEさん。
お友達の方に行かず、ママとおもちゃで遊び始めました。

前回はその子の後ろをついて歩いて離れなかったそうですが、今回はママと一緒に引っ張りっこが始まると、お友達のことはチラ見程度で、ママと本気で遊んでいました。

201909092

その後も、お友達に絡むこともなく、ママの呼び戻しに素早く反応。


201909093

前回は取りに行ったボールを途中で落として自分で拾おうとしなかったり、おもちゃを自分一人で抱え込んで遊んだりと、遊び方がちょっと違う方向に行っていたのですが、今回は自分から引っ張りっこを催促してくるほど楽しそうに遊んでいたEさん。

少しずつ始めた脚側停座も、とても集中して楽しそうです。

飼主さんとのコミュニケーションが少し近くなってきたような気がします。


---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年8月27日 (火)

パピーレッスン:少しずつレベルアップ

今日はパピーのプライベートレッスンでした。

おうちでの呼び戻しはとてもいい感じに身に付いてきています。

おもちゃを使ったコミュニケーションも、犬の方から遊びを催促に来るほど、飼い主さんとの遊びを楽しんでいるようです。

そこで、今日は私がディストラクションになって呼び戻し練習。

気になるので、戻ってもまたすぐこちらに来てしまうので、
戻った後、座って姿勢を維持する時間を1秒ずつ増やしていきます。

201908271

そして解除のキューを聞いたら好きなことをしてもいいと教えていきます。

まだまだスタートしたばかり。

少しずつレベルアップしていきましょう。


--------------------------------
9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年8月20日 (火)

ハンドラーが変わらないと。

今日は5か月のパピーさんのレッスン。
日々暑いので、なかなか外でのレッスンもままなりませんが、
今日は少し曇っていたので、中庭を使ってのリードウォークの練習。

外の散歩と違って刺激は少ないので、出来る限りハンドラーの声が届くように練習。
そのためにはまずアイコンタクトを褒めていきます。

中庭に出るときも、飛び出さないで座って待てるRさん。

201908201

中庭の草や落ちている物に気を取られてしまい、初めは地面ばかりに気を取られ集中がとれませんでしたが、
アイコンタクトが取れたら褒めることを続けていくと、ハンドラーを見る回数が格段に増えました。

201908202

歩くペースを変えたり、方向を変えてみたりと、変化をつけると楽しそうに追ってきます。

ハンドラーと歩くことが楽しくないと、他にばかり気を取られてしまいますね。

20代の青年に、「もっと楽しそうに。」というのは多少難しかったかもしれませんが、
ハンドラーが変わらないと犬も変わりません。

頑張りましょう!

--------------------------------
9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧