ドッグライフアドバイス

2021年8月14日 (土)

動物との接し方:オリンピックで改めて感じたこと

先週閉幕したオリンピック。
結局ちゃんと見たのは見逃し配信された馬術のみでした。
小さいころから馬が大好きで、馬術は昔かじったこともあり、とても楽しみにしていた競技でしたので、日本に輸送されるまでの様子もネット配信で見ていたほどでした。

まさに人馬一体となって馬の歩様の美しさを魅せる「馬場馬術(Dressage」や最大1m60cmの高さがある障害物を飛越する「障害(Jumping)」、自然の中を走る耐久レース「クロスカントリー」など、出場国関係なく応援して最後まで見いってしまった競技でした。

障害においては、馬が障害飛越をためらった場合、日本語では「反抗」と訳されていますが、”Disobedience”と言うペナルティになります。
今回の「障害」や「クロスカントリー」競技でも見られ、その都度やり直しを行ったり、あるいはライダーが落馬してしまったりと、いろいろな場面が見られました。

中には、障害自体をたて続けに落とした時点で、ライダーが棄権するシーンもありました。
馬の不調を感じ取っての判断だったと思います。

どのペアの演技を見ても、ライダーと馬との絆を感じるものばかりでしたが、オリンピックが終わってから、あるライダーとコーチの馬に対する虐待が報じられました。
私はどこかで見落としたのかと確認したところ、その競技は馬術ではなく、「近代五種競技」の中の馬術障害競技だったことを知りました。
私は近代五種競技は見ていませんでした。

ライダーは馬が全く思うように動かないためにパニックになり、コーチは馬を叩くように指示を出していたそうです。

近代五種競技の規定では、ライダーは貸与馬で競技をしなければならず、競技前に馬と接することが出来るのはわずか20分間だとか。

たった20分でお互いの何がわかるのでしょうか。

しかもその時の馬は、前に乗せたライダーからトラウマを受けたらしいとも書かれていました。

ドッグトレーニングに伺っても、私がその場で犬を動かすことはほとんどありません。
初回のカウンセリングで挨拶をし、犬が自分から寄ってきてくれるのを待ち、場合によってはその時犬にとってご褒美となるオヤツをあげてみたりしながら、少しずつお互いを知るという過程を経て、実際レッスンの時、おもちゃで遊んでみたり、ルアーリングなどから、犬との共同作業にはいります。
ましてや、人に対して警戒心が強かったり、なかなか心を開けない犬に対して、初めから能動的に関わることはしません。

何が言いたいかと言えば、近代五種競技の規定に問題があるということです。

動物にも様々な感情があります。
言うことを聞かそうと思えば、そんなことは無視して人間のペースで進めていこうとするでしょうが、現在は動物の福祉についても重要視されるようになり、犬のトレーニングや競技においては明文化されてきています。

犬同様頭のいい馬に対して、そのような配慮がされていないこと自体がおかしいと早くに気づくべきだったのではないでしょうか。

「犬は人を観る」とよく言われます。
犬嫌いな人の傍には寄って行かないとか、行動が読みづらい子供は避けるなど、犬なりにちゃんと考えて行動しています。
その代わり、ちゃんとわかっている人や、わかりやすいキューを出す人の言うことには素直に応えてくれます。

我が家の犬たちも、レッスン時、クライアントさんと一緒に動いてもらう時もあります。
どうすれば伝わるか体感してもらうためでもあります。
その代わり、キューの意味が分からなければ動きませんし、犬は決して叱られることはありません。

同様に、馬も乗り手をよく観ています。
昔は「馬は下手な乗りてをバカにして動かない」なんてことをよく聞きましたが、今になって思えば、下手な乗り手はきちんと馬にキューを伝えられないから馬が動かないのだと思います。

いずれにしても賢い動物たちを相手に何かをしようと思えば、きちんとステップを踏んで、お互いをよく知ることから始めなければうまく行くはずがありません。
しかも競技となればなおさらです。

近代五種競技の規定改正を求める国も出てきているそうです。
もっと早くに気づいていれば、今回のようなことも起こらなかったでしょう。

動物を道具としてではなく、心のある生き物として向き合うという意味で、自戒も兼ねて考えさせられた記事でした。

障害馬術の団体戦のジャンプオフ(優勝決定戦)は圧巻でした。
惜しみなく馬たちをねぎらっているライダーたちの姿は、長年苦楽を共にしている愛馬との集大成を表していたように見えました。

202108141

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年5月10日 (月)

ドッグトレーニング:シニア犬の集中力をあげる

今日もDogLifeDesignさんでプライベートレッスンがありました。

参加犬のRくんは14歳。
10
歳でドッグダンスレッスンを始め、様々なムーヴやトリックを覚えてくれました。

実際にダンスを踊るためではなく、R君との充実した時間を過ごすために始められた飼い主さん。
今でも続けて下さっていますが、今日のR君、ちょっと心ここにあらずな感じです。

最近ちょっとお耳が遠くなってきたこともあり、集中力が持続しづらくなっています。

そこで、ムーヴのリマインドをしたあと、後半はマットの下にトリーツを隠して探してもらうゲームに変更しました。

最初は??なR君でしたが、一度目視したあと、隠してみたところ、二回目以降はお鼻を使って探し出してくれるようになりました。

202105101

トリックやムーヴの時は集中が安定しませんでしたが、ノーズワークに切り替えたら、早くやろうよと言わんばかりに飼い主さんへのアテンションがとてもよくなりました。

202105102

同じようにトリーツを使ったトレーニングなのに。

鼻を使うことが犬にとっていかに魅力的なことか。

シニアにとって何が魅力的か。
その時の犬の状況に合わせて課題を変えてみるのもいいですね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年3月22日 (月)

ドッグトレーニング:「オイデ」の効果は絶大

今日のAさんのプライベートレッスンはご自宅の外で行いました。

おうちの中では冷静に人の話が聴けるようになってきたAさん。
しかし、外で同じ行動が取れるわけではありません。
そのためには、外での練習も欠かせません。

お家で出来ることを、まずご自宅周辺で行ったところ、予想通り多くの物がディストラクションになっていました。

そのひとつに、落ちている物があります。

葉っぱや木の枝など、大したものではないのですが、落ちていると口に入れたくなるAさん。
歩いていても気になって下を向きがち。
下を向くことが悪いわけではありませんが、歩いている間中地面ばかりを気にしていると、ゆっくりお散歩もできません。
気になる物を見つけてそれに突進してしまうと、大型犬の場合は特に飼い主さんが怪我をしないとも限りません。

そこで、気になる物を見つけたときの対応の仕方を練習することにしました。

犬が何かを見つけてそちらに行こうとするとき、「Leave it.」というキューを教えることがあります。
意味は、「あなたに関係ないから放っておいてね。」という意味です。
これは、物に限らず、人や犬などにも使います。
いちいちアクションを起こさないでスルーしましょうと言う意味です。

「Leave it..」はきちんと教えていかないとなかなか犬が理解できないこともあります。
しかし、「Leave it.」以前に「オイデ。」(呼び戻し)がきちんと伝えてあれば、犬が勝手に自分の興味のある方に突進しようとしても、「オイデ。」で防ぐことは可能です。

「オイデ」は、犬をフリーにしているときだけに有効なのではなく、ちょっとした困ったものにアクセスしようとしたときにも有効なので、是非徹底して教えてあげて欲しいものですね。

集中が取れると、落ち着いて一緒に歩けるAさん。

202103222

呼べば、すぐ戻ってきてくれます。

しかし、ちょっと気になる物を見つけてしまうと、

202103221

何かに執着してから引き戻すのは大変なので、ハンドラーもあらかじめ愛犬が気にしそうなものに気を配っておき、早めに声をかけたりしながら、アテンションを取ることで、困ったものを口に入れる確率も軽減します。

202103223

くれぐれも、スマホを見ながらお散歩することの無いようにしましょう。

小さいころに興味を示さないで育ってくれば、大人になって急に始めることは比較的に少ないものです。
子犬の頃の少しの頑張りで、以降10数年楽しくお散歩が出来るかどうかの境目かも知れませんね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年3月16日 (火)

犬との生活:犬は人をみる

「犬は人をみる。」とよく言われます。
つまり、「犬は人によって態度を変える」ということです。
そして、どちらかというとその意味は「相手によってバカにする(言うことを聞かない)。」といったような良くない意味に使われることが多いものです。

犬は本当に人をバカにしているのでしょうか。

人間も含め、たいていの生き物は自分の都合の良いように行動しようとします。
何も教えられていないのに、いばらの道を歩く生き物はあまりいないのではないでしょうか。
つまり、自分にとって利益のあることを優先していきます。

犬の場合であれば、
「面白そうなものがあるから見に行こう。」
「美味しそうなものがあるから食べてみよう。」
「楽しそうだから咥えて引っ張ってみよう。」
などなど。

しかし、人間の場合は「人の道はこうあるべき」といったルールを親や周囲から教えられることで、時には自分を犠牲にしたり、相手のためにと思って行動するので全てが自分勝手な行動にはならないものです。

犬も同様で、「こうした方がいいよ。」「こうした方が嬉しいなぁ。」と言うことを日々教えていくので、犬のみにメリットが生まれる行動ばかりではなく、人とのコミュニケーションの中で成長していくことが出来ます。
つまり、相手によって、コミュニケーションの仕方が変われば、当然行動も変わってくることになります。

きちんと教えた犬が、相手によって態度を変える場合、その人の言っている意味が上手く伝わっていなかったり、あるいは、その人の言っていることに一貫性がなく、混乱していることが考えられます。

そこで、家族の中でも伝え方がそれぞれ変われば、「パパの言うことは聞くのに、ママの言うことは聞かない。」という現象も出てくるわけです。
理屈ではなく、犬は人間の言葉だけでなく、全ての景色を見ながら判断するからです。


さて、今日のプライベートレッスンは、いつもはパパとのお散歩レッスンですが、ママにも参加していただくことになりました。

日常的にはパパとしかお散歩には行かれないので、ママはお一人でMさんを連れてでることはほとんどありませんが、将来的に何が起こるかはわかりません。
Mさんとのお散歩がスムースに行くように、どうやったら話がうまく伝わるか練習していただくことにしました。

Mさん、引っ張りも無く、上手に歩いていますが、やはり不慣れなせいか、周囲が気になって、自分の行きたい方向にママを引っ張っていきがち。
ママも引っ張られてついて行きます。
しかし、いつもMさんの行きたい方向に行かれるとは限りませんので、時には止まって「こっちに行くよ。」と伝えてあげることも大事。

さらに、Mさん暇になるとママの靴を噛んで遊んでしまいます。
そこでママが足をどけようと動けばますます興奮して靴を脱がせてしまうそうです。
それはとても楽しいゲームですよね。

しかし、外のお散歩で靴を脱がされては先には進めません。
「かわいい。」行動ではありますが、あまりやって欲しくない行動とも言えます。

今日も途中からママの靴がターゲットに。

202103163

そういうときは、動かないで少し待っていただくことに。

Mさんにとっては、動くものがターゲットなので、別にママの靴でなくてもいいのですが、ママの「イヤだ。」という意思表示がちゃんと伝わっていないので、繰り返してしまうようです。

動かないことを繰り返していたら、つらまなくなったMさん、噛むのをやめました。

202103162

当然一日で納得できたかどうかはわからないので、また同じ行動が出たら、一貫して同じように対応していきます。


犬とのコミュニケーションの取り方は人それぞれではありますが、大事なのはこちらの意図がちゃんと伝わったかどうか。

相手によって態度を変えると言うより、きちんと伝わっていないことで、やって欲しくない行動を止められないのかもしれません。。
「舐められている」とか「バカにされている」と言う前に、相手にきちんと伝わるよう家族みんなが一貫した行動を取ることも大事ですね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年9月 7日 (土)

ルール変更には時間がかかります。

今日は涼しい時間を見計らって出張レッスンは外で行いました。

Hさん、いろいろ気になることが多いので、
散歩中のアイコンタクトを習慣にするように練習しています。

気になるものがあっても、リアクティヴにならないでやり過ごすために、
気になるものに向かって行く代わりに、飼い主さんを見るという習慣を新たに作っているわけです。

すぐには身につきませんが、繰り返すことで新しい習慣は必ず身についていきます。

今日は自分から飼い主さんを見る頻度がとても高いHさん。

201909071

しかも、尻尾が嬉しそうに揺れているのがわかります。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年7月 2日 (火)

犬も人も、居て当たり前。

社会化期の子犬には多くの経験が必要なので、
さまざまな人や犬に会わせたり、多くの物を見せたりします。

しかし、ある程度それらの存在を認識できるようになったら、
次はそれらを風景の一部ぐらいに思ってもらえるようになると
愛犬とのお散歩もコミュニケーションが取れて楽しくなるはずです。

中には、「犬には犬のお友達を。」とおっしゃる方もいますが、
当の犬同士が果たしてお互い友達になろうと思っているかは甚だ疑問が残ることもあります。
飼主さんをおもいきり引っ張りながら、ぐいぐいこちらに寄って来ようとする犬を心地よく感じない犬もいます。

子犬のころから知っていて、一緒に遊ぶ犬たちの姿を見るのは楽しいものですが、
犬にもお互い好き嫌いがあって当然なので、敢えて人が縁結びをする必要はないと思っています。

お散歩レッスンでは、当然よその犬に遭遇しますが、いちいち挨拶させていると散歩は止まってしまいます。
今日はちょうど梅雨の合間を縫うように、夕方多くの飼い主さんが公園に集まっていました。
生後7か月のCちゃんは興味津々。
場合によっては伏せて相手が来るのを待ち構えています。

201907021

しかし、相手の犬がフレンドリーとは限らないですし、公園で出会う何十頭もの犬たち一頭ずつと挨拶させていたら飼主さんとの会話の時間も無くなってしまいます。

散歩する犬、ジョギングする人、広場でサッカーの練習をする子供たち。
そういったものがすべて景色の一部となって、興奮することなく落ち着いて散歩が出来ると、飼い主さんとのコミュニケーションの時間も増えるでしょう。

「行ってはイケナイ!」ではなく、「こっちにおいで」で戻って来られる愛犬になってくれるといいですね。

--------------------------------
 9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年5月11日 (金)

ドッグトレーニング:基本のマナーは愛犬のため


日常生活において、愛犬に覚えてもらいたい基本マナーはいろいろありますが、すべてはおうちのルール次第。
でも、「ウチは何も教えません。」というおうちもあるようです。

教えていないということは、出来ないので、突然やってもらおうとしてもおそらく出来ないでしょう。


さて、今日はシッティングサービスに伺ってきました。
お散歩にも連れていきますが、玄関のドアを開けるとき、交差点で止まるとき、帰ってきて足を拭くときなど、普段からマナーが出来ている犬達なので、私との会話もちゃんと成立して、お互いとまどうこともありません。


お散歩に行こうとハーネスを取ったら、先に玄関で待っていてくれ、ハーネス装着時もじっとしています。


201805111

こちらはプロなので、散歩中によその犬と出会ったときのリスクも考えながら行動しますが、基本のマナーが出来ているとシッティング時も危険が回避しやすくなりますね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
WCRL規定ラリーオビディエンスの座学と競技体験会開催します。
詳しくはこちらから
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

お散歩は楽しくないと

愛犬とのお散歩楽しいですか?

おそらくすべての飼い主さんがお散歩を楽しんでいるとは限らないのではないでしょうか。

・真っ直ぐ歩いてくれない。
・全然動いてくれない。
・リードを引っ張る。
・他の犬に吠えかかる。
・地面が気になって拾い食いばかりする。

こんなことが続いてしまうと、楽しいはずのお散歩が苦痛になったりするものです。

そんなことを少しずつ解決できるようにお手伝いするのがドッグトレーナーであったり、訓練士であったりします。

それぞれの事象の理由はひとつではありません。
「真っ直ぐ歩いてくれない」場合ひとつとっても、地面や周りの気になるものに吸い寄せられてふらふらする場合、怖いものを避けていて真っ直ぐ歩けない、身体的に何か原因があって真っ直ぐ歩けないなどなど、個々の犬の様子をよく観て原因を見つけて対処法を考えなくてはいけません。


今日のプライベートレッスンはお散歩レッスン。
車の音や動きに反応してしまい、落ち着いて歩けなかったM君。
飼い主さんも知らず知らずに緊張して、お散歩が楽しいと思えるところまでもう少し。

少しずつ刺激量を増やしながら、「車なんか気にしなくていいんだよ。」というように教えていきます。

基本はハンドラー(飼い主さん)を見る行動の強化。


201801161

レッスンを始めて5回目ですが、飼い主さんの気持ちにゆとりが出てきて、M君への観察力もアップ。
反応も速くて、M君を褒める回数も増えます。


201801162

車が横を通っても座っていられるようになってきました。
飼い主さんの努力の賜物ですね。

---------------------------------
2018年3月24日、山中湖のwoofでドッグダンスのファンマッチを開催します。
新しいルーティンの練習や、場慣らしの場としてお使いいただけますので、是非ご参加ください。
詳細はこちらから。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月23日 (土)

デイリートレーニング:繰り返し


日常生活の中で、愛犬に覚えてもらいたい良い習慣を犬に伝える過程で、ある程度犬が理解して、良い行動が頻繁に出るようになると、人はついつい大丈夫だと思い込んで、確認を忘れてしまいがちです。

例えば玄関の出入りの際は人より先にとび出さない。
当然帰って来たときも、我先に入るのではなく、「どうぞ。」と言われてから入るようにと教えていても、人間が他のことに気をとられていると、ドアが開いた瞬間、先に出入りしようとしてまうことがあります。

先に人が気づいてドアを全開にしないで犬たちの様子を確認してから開けることを習慣にしていないと、せっかく身に付いた習慣が壊れてしまわないとも限りません。

ちょっと面倒かもしれませんが、そんなところも注意してみてあげると、いい習慣は確実に身についていくでしょう。

何事も一貫性を持って犬に見せてあげることで、犬も無駄なチャレンジをしてくることが少なくなります。
根気よく。忍耐強く。がポイントですね。


201712231
玄関前で、こちらを確認する犬

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

クレートはあったほうがいい。

クレートと言うとわかりづらいかもしれませんが、要は「ハウス」、いわゆるかつての「犬小屋」です。
もちろん今でも屋外で飼育されている犬たちはいるので、当然犬小屋は健在ですが、室内飼育の場合は犬小屋とは言わず、ハウスやクレートと言っています。
クレートは持ち運び(移動)も出来るので、車に乗せたり、あるいは飛行機で移動する際などは壊れにくいクレートタイプのものが一般的です。


実は我が家にかつて(20年くらい前)クレートはありませんでした。
室内には3頭の母子のボーダーコリーが好きな場所(ソファの上やテーブルの下など)で休んだり寝たりしており、特に決まった場所は用意していませんでした。
夜は全頭寝室にあげていたので、これまた好きな場所(ベッドの上や扉の傍など)で寝ていて特に問題はありませんでした。

しかし、引っ越しを機に一台クレートを購入したところ、母子がかわるがわるクレートに入って寝ていることが多く見られるようになりました。
あえて「ハウス」と言ったことは無いのですが、犬たちにとっては囲まれたその場所がソファの上より落ち着ける場所だったのでしょう。


プライベートレッスンなどでご自宅にお伺いしてお話を聞くと、「この子には家中好きなように、自由に過ごさせてやりたい。」とおっしゃって、クレートやハウスに入れたくないとおっしゃることがあります。

いえいえ、クレートもハウスも罰する場所や嫌な場所ではないんです。
愛犬が安心して眠れる、落ち着けるスペースと考えてあげましょう。

パピーレッスンで行うハウストレーニングは小さい頃からクレートに慣らし、クレートが安全な場所だと認識してもらうため。
悪いことをしたから、罰で家族と隔離するために入れる場所ではありません。

入りづらい時は、大好きなおやつを一緒に入れて、少しずつ滞在時間を伸ばしていきます。
特に子犬の頃は、目を離さなければならないときなどに、子犬の安全を確保できるのでとても有効です。

201709071
安全な場所とわかっている見習い(もちろんアシスタントも)は勝手に入って、ドアが開いていても中で寝たりしてくつろいでいます。


一度慣れてしまえば、車の移動時や、旅行先の室内でも静かに入っていられるようになります。
特に多頭飼いの場合は、自分のスペースを確保しづらい立ち位置の犬にとって、誰にも邪魔されない自分のスペースが確保できるクレートがあるということはリラックスにもつながるので是非クレート(ハウス)トレーニングをして欲しいと思います。

犬の大きさに関係なく、家全体をテリトリーとして守らなければいけない場所という認識を持たせないためにも、守るべき場所は小さ目にしてあげた方が犬にとっても無用な頑張りは必要ないとわかるかもしれませんね。


---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧