犬の健康

2019年9月20日 (金)

ドッグスポーツにバランスは不可欠

どんなドッグスポーツであっても、犬はついつい無理をしてしまうことがあります。
また、ハンドラーが意図せずして無理をさせてしまうこともあります。

特にオビディエンスなど、左脚側が多い作業においては、
犬が体のバランスを崩してしまうこともあります。

アシスタントのニコルは小さいころから、
オビディエンス(服従競技)とドッグダンスをやっているため
様々なポジションやムーヴを教えたので、
ある程度バランスはいいと思っていたのですが、
それでも、左脚側の強化はかなりのもので、
身体の若干の曲がりが気になります。

見習いのVincentは元来スピードがあるので、
身体に負担がかかってはいけないと
バランスエクセサイズに通っています。

201909201_20190920212401
Photo by C-mom

ドッグダンスは始めたばかりですが、
1歳前から、左脚側以外のヒールポジションの練習をしたり、
後退歩行やサイドステップなどのムーヴも教えています。
それでも、プロにみていただくと、筋肉量がアンバランスだったり、
脚の使い方がいまひとつだったりといろいろあります。

動くことが大好きな見習いだけに、いつまでも元気で走り回れるよう、
ケアは欠かせませんね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

ハズバンダリートレーニング

最近耳にするようになった「ハズバンダリートレーニング」ということば。

動物園や水族館など、野生動物だったり、大型の家畜、あるいは海獣などの健康管理において、出来るだけ生き物にストレスを与えずに診察や治療を行うためのトレーニングのことを言います。

犬は力で抑えようとすれば出来てしまうものですが、海洋動物だったり、牛や馬といった大型の家畜の場合、力づくで出来るものではありません。

そこで、檻の外からでも出来るように、動物が自分から檻に近寄ってこさせたり、イルカなどが、自分からプールサイドに上がってきて、診察の間じっとしていられるようなトレーニングが必要となります。

これは犬の場合でも同じです。
特に足を触れることが好きでない犬たちは意外と多いので、爪切りなどはなかなかやらせてくれなかったりします。

そこで、小さいころから爪切り(嫌なこと)と楽しいこと(おやつなど)を関連付けたㇼしながら、じっとしていてもらえるように、我が家ではトリーツを使って練習してきました。

今日も私が爪切りやハサミをもって床に座ると、呼ばなくてもとんでくる見習い。

201906021

当然、最後までスムースに足裏カットと爪切りをやらせてくれました。
もちろん、ご褒美も出ます。

昨日お話ししたMさんのレインコートも、最初はトリーツを使いながら着せてみました。

「嫌なこと」と感じさせる前に「いいこと」が目の前にあると犬のストレスも軽減することができるのではないでしょうか。

◇ 
9月開催予定の3Daysイベントのお申込み開始しました。
詳細・お申し込みはこちら↓から。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村
---------------------------------

| | コメント (0)

2019年2月 1日 (金)

犬の視覚

先日見習いにダンベルを咥えたままバー障害(ハードル)を跳び越えさせたら、蹴っ躓いたと書いたところ、黄色いバーの色と茶色の床の色が犬にとってわかりづらいというアドバイスをいただきました。

私はアジリティの経験が無いので、あまり気にしていませんでしたが、アジリティ界では、様々なバーや障害、オブジェクトに対して犬たちがそれらを正しく認識していなければ、バーノック、場合によっては高所の障害物から犬が落下するといった危険性をはらんでいることを感じる人たちがいたようです。

犬の優れた動体視力は人との共同作業において有利に働き、それらのメリットを利用した犬の能力は最大限に利用されてきましたが、アジリティに関して言えば、動体視力が必要とされるのはハンドラーの動きだけで、ターゲットとされる障害物(オブジェクト)はすべて静止しています。
犬に静止しているものを正確に認識させるためには、犬の視覚のことをもっと知らなければいけないでしょう。


実は以前アジリティがらみの記事で、犬の視覚では見えづらい色があるという文章をちらっと読んでいました。
https://www.animotionagility.ca/dogs-eye-view/?fbclid=IwAR3IQfO_FCBwL2hUtOAKhqyXfH8sLU7k-ASThy20Fy8SKC4I2XXweM91SCU

しかし、普段のラリーオビディエンスの練習会で、バーノックする犬は全くおらず、中に拒否する犬はいても、バーにぶつかる犬はいなかったため、今回の見習いのミスはダンベルに意識を集中しすぎて跳びきれなかったものと考えていました。

しかし、以前草の上でダンベルを持っていない見習いにバーを跳ばせたところ、確かに何度か足を引っかけることがあったので、もしかしたら見習いは他の犬より正しくバーを認識できなかったとも言えます。

いずれにしても、犬に優しくないのはいけないので、バーを見やすくして見ました。

201902011


今日の練習ではとりあえずバーノックはありませんでした。
まぁ、多少低めに設定していましたが。

犬が失敗したとき、責めたり、笑い飛ばすだけでなく、原因をきちんと見極めてあげることは大事ですね。

参考資料:
https://dog-vision.com/?fbclid=IwAR0_C37LQUaU5NXGf2Pv3B9qyTsEYixAvJ8PCKZPDENNrgsV5PI4zghVim8


--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

音響シャイについて


夏になると、「犬が逃げた」とか、「迷子犬保護しています」というアナウンスがよくみられます。
花火や雷の音に驚いてということがよくあります。

理由のわからない音に犬たちは不安を抱きます。
一度不安を感じてしまうと、似たような音全部だめになってしまうこともあります。
いわゆる音響シャイというもので、一度発症してしまうと治すのはなかなか難しいものです。

学生のころ家で飼っていたコリーも同様で、夏場花火の音がすると庭の門を開けて出て行ってしまい、家の周りをぐるっと回って、玄関前で待っているということがよくありました。

我が家の初代ボーダーコリークリスは2歳を過ぎたころ、突然に発症しました。
花火や雷、金属バットにボールが当たる音など、破裂音が苦手で、散歩中の時はさっさと家に帰りたがり、家にいるときは部屋の扉を自分で開けて、階段をどんどん降りていき、最後は玄関前でよだれにまみれているということがよくありました。

クリスの発症原因は、若いころに受けた大きな音が原因ではないかと個人的に考えています。
というのは、たまたま初めて行った公園の雑木林を散歩していたら、公園の隣の敷地にヘリコプターが着陸したことがあったからです。

頭上十数メートルから着陸態勢に入ったヘリコプターの下にいると名前を呼んでも全く聞こえず、ローターの風圧で飛ばされそうで回避するのは至難の業でした。

飼い主、犬ともども大パニックになったこの経験が、少なからず彼女の発症の原因の一端を担っていないとは誰も言えないでしょう。

いずれにしても、突発的に発症してしまうと、その後の日常生活にはかなり支障が出てきます。

昨日の競技会では、IPOの競技が同時開催されており、その中ではパンパンという銃声が鳴らされます。

競技中にその音を聞いてその場から逃げてしまった犬がいました。
嫌な音が聞こえない場所に行こうという必死の姿が見えました。
幸いすぐハンドラーを見つけたので事なきを得ましたが、不運としか言いようがありません。

そのあと、しばらく音が聞こえないと落ち着いた様子を見せていましたが、IPOの競技はずっと続いていたので、音が聞こえるたびにその犬は不安そうにしていました。

こればかりは「大丈夫だよ。」と励ましたところで、犬には理解できません。
嫌なものは嫌なだけです。

ではどうすればいいのでしょう。
少しずつ慣らす?

軽度であれば慣らすことは可能ですが、場合によっては重症化してしまうこともあります。

サンダーシャツという商品もあります。
体をホールドすることで、多少なりとも不安感を軽減させる効果もあるようですが、個体差があるので絶対ではありません。

出来ればそうなる前に、社会化の一環として、日ごろから多くの生活音や騒音に慣らして、自分には関係のない(危険なことはない)ということを学習させてあげることも必要かもしれません。

山中湖界隈は自衛隊の演習場もあります。
以前woofで朝の散歩を犬たちと楽しんでいた時、大砲の音が響いてきました。
遠くで鳴っている程度だったので、犬たちは一瞬耳をそばだてましたが、自分の身に何も降りかからないことがわかるとそのまま散歩を続けてくれました。

人間も、正体のわからないものには恐怖心や不安感がよぎります。
犬も同じですね。

重症化する前に、予防策を講じることもひとつかもしれません。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金)

犬のおもちゃと誤飲

先ほど見ていたTV番組、動物病院の現場をレポートしていました。

犬と暮らしていれば当然動物病院のお世話になります。
病気や事故に遭わなくても、予防接種やフィラリア予防、定期健診などで行かなければいかないこともあります。

事故でよくあるのは誤飲だそうです。
人間の赤ちゃんでもよくある誤飲。
まさかと思うのを口に入れてしまう想定外のことはゼロではありませんが、想定できることだけでもできるだけ取り除いておくのは飼い主としての義務ではないでしょうか。

例えば子犬、なんでも口に入れて確かめようとします。


201810051


散歩に出れば、枯葉を追いかけたり、落ちている小石を口に入れたりと飼い主は目が離せないこともあるでしょう。

せめて家の中での安全は確保したいものです。
子犬は突然できることが増えていいくので、届かないと思っていても簡単に口にしてしまうこともあります。

我が家の初代犬(ハスキー)はチューイングが大好きで、そのまま呑み込んでしまうことが多くあったので、おもちゃを与えるときは目が離せなかったのですが、キッチンカウンターに置いてあった台布巾や、洗濯しようと椅子に掛けてあった私のポロシャツ、子供が落とした乾電池など、なんでも口にしてしまう犬でしたので、本当に注意が必要でした。

どんなに注意していても100パーセントではないのですから、せめて飼い主からそのチャンスを犬にやるのはやめたいものです。

先ほどの放映にもあったペットボトル。
噛めばパリパリと音がして楽しいかもしれませんが、犬たちは簡単に破壊してしまいます。
犬のおもちゃとして与えるのは安全とは言えないのではないでしょうか。

また布製品が好きだからと、古くなったり穴が開いたからと靴下をおもちゃ代わりに与えている家もありますが、これも大型犬の場合は簡単に呑み込めてしまいます。
ましてや、古い靴下はいいけど、新しいのはダメというのはあまりにも身勝手な言い分で、犬たちにはアンフェアですよね。

以前youtubeなどでも注意喚起がされていましたが、自然のものをおもちゃにすると言って、枝を投げる人がいます。
追いかける犬たちは必死ですし、勢いもあるので、その勢いで喉に刺さってしまうことが無いとは言えません。
上手に咥えて「持って来い」を教えるときに使うのであれば制御しやすいと思いますが、投げたものを取りにいく犬たちに冷静さを求めるのは難しいものです。

競技で使うディスク(フライングディスク)でさえ、バイト(噛み)の強い犬は歯をすり減らしたり、口の中を切ってしまうこともあるのでハンドラーは犬たちの状況をいつもチェックしています。

愛犬のおもちゃのこと、もう一度見直しながら、誤飲対策も考えてみませんか?
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月19日 (日)

犬も筋トレは大事


犬も人間同様筋肉があります。
ちゃんと使っていれば筋力は衰えないし、体幹がしっかりしていれば年齢を重ねても足腰の衰えを遅らせることができるはずです。

クリスは7歳過ぎてからドッグダンスを初め、いろいろな動きを覚えるようになったので、後肢の衰えはかなり緩やかだったように思いますが、息子犬ハンスは、がたいはしっかりしていたものの、晩年ちょっとした坂も躊躇するようになり、クリスに比べると後肢の衰えが顕著に見られました。

アシスタントのニコルは筋肉質ではないので、Sit up(チン)のバランスが上手に取れるようになるまでかなり時間がかかりました。
バランスのいい犬はすっと起き上がることができますが、バランスが悪いとふらふらしてしまいます。

これは通常の「オスワリ」なども同様で、正座のように安定して座れる犬もいれば、すぐ足を崩してしまう犬がいたりいろいろです。

後肢の可動域や筋力アップを期待して、生徒さんに踏み台を使った練習をやってもらいました。

この踏み台はポジションを教えるプラットフォームにも使えますし、「スワレ」や「フセ」の姿勢を崩すのを妨げることもできます。

また上り下りは階段と同じで筋力アップにもつながります。
そこで夏場のダイエットも兼ねて、エアコンの効いた家の中でも出来る動きを練習してもらうことにしました。

まずは4本の足が安定して台に乗ることから。

正面から誘導すると比較的4本の足がスムースに台に乗せられます。


201808191


201808192


上手に乗れるようになってきたら、横からあがってもらったり、場合によってはバックで台に乗るといったいろいろな方向から練習していきます。

最初は無理せず、自分から乗りたくなるようにセットアップしましょう。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

やめられない犬

犬たちにとって楽しいことは子供と同様やめられない時があります。
まぁ、子供でなくても、大人でもやめるには自制心が必要ですから、やめさせるのは意外と大変です。


特に犬たちが体を動かしているときはなかなか止まらないものです。

例えば、

● ディスク追いに夢中になっている犬


● 泳ぎに夢中になっている犬


● 犬同士で遊んでいる犬



どれも、なかなかやめられません。

中には、そろそろ疲れたからと休憩を取れる犬もいますが、ボーダーコリーのように、何かに夢中になるとやめられなくなる犬もいます。

初代のボーダーコリーはディスクフェチだったので、ディスクの練習を始めると絶対やめようとせず、ある日腰を抜かしてしまったことがありました。
もう20年近く前のことです。

関連記事↓
https://www.facebook.com/notes/jun-chris-mitsui/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E8%99%9A%E8%84%B1-border-collie-collapsebcc/1121374571288642/

ボーダーコリーは死ぬまで走り続ける(仕事をする)犬だとよく冗談まがいにいいますが、実際このタイプの犬たちは楽しいことに手を抜く気はなさそうです。


今回たまたま見習いが生徒さんと楽しく遊ばせてもらいましたが、涼しい室内でのワンプロとは言え、どちらも「休もう」とは言いださないので、強制的に休憩を取らせました。

201807171

川遊びなどもそうですが、犬任せにしておくと大事に至ることもあるので、気を付けることが必要です。

201807172
昨年湖に遊びに行ったとき、見習いは呼ばないと水から上がって来ようとしないので、強制休憩を入れました。


夏場は、熱中症、水中毒、低体温症など、様々な危険が犬の周りにあるので、いつも以上に気を付けたいものですね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

犬との生活:サマーカット

日本列島は梅雨真っ盛りですが、寒暖の差が激しく、人間だけでなく、犬も体調を崩しがちです。

これから夏に向けて暑さが厳しくなると犬のサマーカットに踏み切る方も多いと思いますが、サマーカットのデメリットも頭に入れておいて欲しいと思います。

確かにダブルコートの犬たちにとって、日本の夏はかなり辛いと言えるでしょう。

ただ被毛の役割も忘れてはいけません。
なぜなら、被毛には空気の層をつくる役割もあるからです。
暑いだろうからと短くカットしてしまうと、直接皮膚に陽があたって、思った以上に体温をあげてしまったり、皮膚が炎症をおこしてしまったりと、様々なトラブルの原因になることもあります。

また、犬種によってはカットすることで、被毛の質が変化してしまったり、絡みやすく毛玉ができやすくなることもあります。

犬種による違いはブリーダーさんに確認することである程度回答を得られるでしょうし、皮膚疾患等に関しては、獣医さんに意見を聞くことで解決できるでしょう。


暑いからとむやみにカットしてしまうのではなく、よく調べてからハサミをいれてみましょう。
トリマーさんはカットのプロかもしれませんが、トリミング犬種でない場合は詳しくないかもしれません。

ちなみに、我が家はトリミングが必要のない犬種のボーダーコリーがいます。
トリミングが必要ないとは言っても、足裏の毛をカットしたり、個体によっては爪を切ったり、毛玉が出来ないように手入れをすることは必要です。
しかし、かつてトリマーさんにお願いした知人は、足の飾り毛を切られてしまったとのこと。


いずれにしても、犬種によって被毛にはそれなりの理由があるので、確認してからトリミングをされるといいと思います。


201806191
見習いは毛が短いのでカットは当然不要ですが、歩き方のせいで、爪切りもほぼ必要ありません。
とは言え、ブラッシングはマッサージ効果もあるので、出来るだけするようにしています。


---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
WCRL規定ラリーオビディエンスの座学と競技体験会開催します。
詳しくはこちらから
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

やはり食は基本

ドッグフード選びは大変です。
愛犬にとって何がいいのか。

お腹を壊すことなく、痩せることなく、元気でいられれば、おそらく体にとって悪いものではないと判断するのが一般的ではないでしょうか。

たとえ素材にこだわって、これこそ完璧というフードであっても、その子に合わなければ全く価値はありません。

幸い我が家の犬たち、見習い以外の5頭はみんなお腹も丈夫で、フード選びに苦労することはありませんでした。
しかし、フードが合わず、手作り食をされている方も沢山いらっしゃいます。

見習いは生後半年を過ぎたあたりからお腹が弱くなり、フードを変えたり、サプリを与えたりと、いろいろ試行錯誤しましたが、1歳を過ぎてしばらくしてから安定し始め、フードをまた変えたことと重なり、定期的な下痢もなくなりました。

一方、アシスタントの方はお腹も丈夫で、何を食べてもOKな食いしん坊だったので、さほど気にしていなかったのですが、今年の夏ごろに何やら口の周りがやけているのに気づきました。


201711081


食後は毎回口を拭き、歯磨きもしているのに、マズルの白い部分がやけて茶色くなってきています。
そこで、フードの切れ目をきっかけにグレインフリーのフードに変えてみました。
それから2ヵ月。少し変化が見られました。


201711082


白い色の犬は涙やけや口周りのよだれやけが特に気になりますね。
食べるものひとつでも変わるものです。
あきらめないことが肝心ですね。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

首輪とハーネス

犬と言えば首輪というのが昔からの定番ですが、ここ数年ハーネスが普及しています。
首輪とハーネス、何が違うのでしょう。

外観を見れば一目瞭然ですが、なぜ首輪ではなくハーネスを使うのでしょうか。
個体によって、気管虚脱などの疾病をかかえている犬の場合は、首に負担をかけないためにハーネスを使うことが推奨されています。

ただ、疾患が無かったとしても、首のみにリードの負担をかけてしまうことは多少なりともリスクを伴います。
特に引っ張りが強い犬の場合は首への負担が更に大きくなるのでハーネスの方が健康上のリスクを軽減できると言われています。

ただハーネスの形状もそれぞれですので、その個体に合ったサイズの物を選ばないと、急に止まって後ろに下がったときなど、するっと抜けてしまう危険があります。
きつすぎないか、ゆるすぎないか、しっかりチェックしましょう。


ハーネスをしていれば首輪は不要と思われがちですが、リードを付けていない時に犬と離れ離れになってしまう可能性もあるので、首輪をつけておくことをお奨めします。
首輪には鑑札が付いていればさらに何かあったときに有効ですが、犬種によっては、鑑札が大きくて負担になる場合もあるので、必須とはいいませんが、出来るだけ万が一を想定しておく必要があります。

201709181


マイクロチップもかなり普及してきていますが、一般の人(犬を飼っていない人)はマイクロチップの存在を知らない人も多いので、迷い犬を見つけた時に、警察などに届けてくれるかどうかわかりません。
首輪がついていないと「野良犬」と思われることもあります。
また首輪が付いていないと、捕まえられないという事態にもなりかねません。

様々な想定外を予測し、首輪を掴まれることに愛犬を慣らしておくことも大事です。

大事な愛犬と生き別れにならないように、最善策を考えてみましょう。

蛇足ですが、25年ほど前、先住のハスキーと散歩をしていた時、放れた大型犬と遭遇。
周囲を見回しても探していそうな人もなく、すれ違う人に声掛けしても知らないとのことでしたのでとりあえず家まで首輪を持って連れて帰って来ました。
家でよくよく見ると首輪に電話番号が記載されていたので電話をかけましたがつながらず(固定電話)、夜になってようやく連絡が取れ、ご主人の留守中に逃走したことが判明。
夜無事に引き取られて行きました。
家に小さい子供がいたこともあり、交番まで歩いて連れて行くことも出来ずで、首輪と電話番号が助けになりました。

---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)