犬の健康

2022年11月26日 (土)

犬に安心と安全を提供する

JAPDT主催のカンファレンスは今日も続いています。
ちょっとバタバタしてしまい、ところどころ生で見られていない部分もありますが、アーカイブになってからゆっくり見直すことにしましょう。

昨日お話ししたLaura Monaco Torelli氏の動画の中に、ひとつのケージの中にいる野生動物に対し、別々(距離を取って)に食事を与える場面がありました。

食べ物がからむといろいろ問題が起きるのは人間社会でもあること。
動物の世界にだってある話です。
特に多頭飼いの場合、速く食べてしまった子が、遅い子のごはんを横取りするということは少なくありません。
横取りされまいとすれば、当然そこには喧騒が生じます。
そうならないための策を考えるのも、管理する側の責任でしょう。

我が家の初代ボーダー・コリーの母子の話しですが、家の間取りの問題もありますが、母は単独のフードボウル、娘と息子は2つ並べられるフードボウルスタンドで当初は何事も無く食べていました。
しかし、ある時、息子の方が早く食べ終わってしまったあとに、娘の方に顔を突っ込んで喧嘩になりそうになりました。

以来、娘の方はボウルが並べてあると落ち着いて食べられないので、食器に近づくのを嫌がるようになりました。
そこで、2個のフードボウルの間に、今のご時世に見られる衝立を置くことで視線を遮ったところ、2頭一緒にまた食べられるようになったのです。

もちろん娘の方はさっさと食べ終わると、そっと後ろに下がってからその場を離れるという彼女なりの方法を学んだようです。

兄弟姉妹であっても起こるのですから、普通の多頭飼いであれば起きても不思議はありません。
心の広い犬ばかりではないからです。

見習い1号と2号は各々ハウスで食べる習慣を付けました。
お互い安心して食べています。

202211261

ハウスと言う環境自体が安心できる場所とすでに理解していることもあり、お互い急ぐことも無く、自分のペースでごはんが食べられているので、問題も起こりません。

食事一つとっても、安心できる環境で食べさせてあげると、早食い防止にもなりますね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年11月20日 (日)

散歩は歩くだけ?

パピーレッスンでお伺いする場合、当然お散歩についてお話をしますし、お散歩の方法などのアドバイスもさせていただいています。

問題行動に関してお伺いする場合も、お散歩中に問題が出る場合は当然お散歩の様子を観させていただき、アドバイスをさせていただいています。

お散歩はご家庭ごとに違います。
お住まいの環境によっても異なるので、「こうでなければいけない」というものではありません。

しかしながら、生き物である以上体を動かすことは必要です。

お散歩が5分だったり、トイレだけのためだったり、カートの中だけだったりでは、犬にとって楽しいものにはなりづらいでしょう。

外から得る刺激は沢山あります。
子犬であれば社会化に不可欠ですし、シニアであればアンチエイジングにも役立ちます。

もちろん、犬の状況によって、お散歩は変わることもあります。

我が家のシニア犬の場合、家の周りは坂なので、往きか帰りに歩けなくなることがありました。
そこで、車に乗せて大き目の公園に連れていき、歩けるところまで歩き、歩けなくなったらカートに乗せて帰ってきました。

元気なうちは出来るだけ沢山歩かせてあげたい。

若い犬であれば、歩くだけでなく走らせてあげることも必要でしょう。
日常的に走ったことのない犬に、ドッグスポーツの時だけ「走れ。」というのはちょっと理不尽。

ロングリードを使ったり、安全なドッグランを使ったりしながら、健康維持をサポートしてあげたいですね。

202211201
----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年10月13日 (木)

じっと立つ。

犬は動いているのがあたりまえなので、ドッグスポーツをやっているとさらにその瞬発力やスピード感を求めがちです。
しかし、何をおいても一番基本となるのはじっと立っていること。

なぜじっと立つことを重視するかと言えば、体のバランスが良くなければ人間同様じっと立っていることが出来なきくなるからです。
人間で言えば「姿勢よく」立つということですね。

4本の足に均等に体重を乗せて立っていることで、バランスよく動き出すことができます。

さて、まだまだ成長過程にある見習い2号。
妙に足が長くて、まだまだバランスがよくないので、きちんと立つことを教えていきます。

202210131

ポイントは背線と飛節の角度。

メス犬の場合、2歳ぐらいまでに体が完成してきます。
メンタル面も含め、まだまだ成長途上です。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年8月14日 (日)

犬のボディバランス

今日は見習い2号のボディバランスレッスンの日でした。

犬の成長には個体差があります。
一般的に、小型犬の方が中型、大型犬より速く成長します。

かつて初代ボーダー・コリーとドッグショーに出ていた頃のこと。
生後7か月だった彼女は、急に胴が伸びたり、脚が伸びたりと、見た目が非常にアンバランスでした。
個体差があるので、バランスよく伸びている子と比べると、大層貧相に見えたものです。
また、この時期は人間の成長期同様、骨格がしっかりするための期間なので、激しい運動は避けたいところです。

さて、犬の体の使い方は何度も書いていますが、きちんと伝えないと犬は自分に楽な動きだったり、自然に身についた動きをするようになります。

以前トレーニングで見させていただいた中型犬は、家にいるときいつもソファに寄りかかるように横座りしていたそうで、レッスン中にオスワリをお願いすると、必ず腰を崩して座っていました。
競技会などに出なければ、別にどんな座り方をしてもいいのかもしれませんが、まっすぐ座っていないということは、背骨が歪む可能性があったり、きちんと体を支える筋力がつかない可能性があります。
犬も人間同様、楽な方に傾くようですね。

単純に「立ってじっとしている」という行動さえ、個体によっては足をバタつかせたり、動き回ったりして出来ない子もいますが、この「立ってじっとしている」というのは本来犬自身の体重をきちんと四肢に載せるという意味では重要なポイントでもあります。

成長途上にある生後9か月の見習い2号の立ち姿はまだまだ未完成ですが、できるだけニュートラルに、かつきちんと筋力を使いながら立っていることを教えるのは大事です。

下の画像は、後肢を後ろに引きすぎているため、体重が四肢に均等にかかっていません。

202208142

少し足場を変えて、もう一度やってもらったら、少しニュートラルになってきました。

202208141

誘導しなくても、普通にこの形が取れるようになるといいですね。

-------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年8月10日 (水)

姿勢変更のメリット

競技会に出ない一般家庭犬であっても、「停座(オスワリ)」や「伏臥(フセ)」などの姿勢変更は普通に教えますが、その姿勢変更の方法をきちんと教えてあげると、犬にとってはとても良いエクセサイズになることはあまり知られていません。
エクセサイズとは、いわゆるインナーマッスルなどの強化と言う意味です。

ただし、姿勢変更する際、瞬時に体勢を変える方法ではなく、ずるずると足を動かしながら行うとあまりメリットはありません。
どこの筋肉を使っているかがポイントということです。

例えば、以前見習いたちの姿勢変更の際、どこを基軸にしているかによって、姿勢変更の方法が変わると書きました。
見習い2号の場合は、後肢(後ろ足)を基軸にしているので、停座から伏臥に移る際、お尻の位置を変えずに、前肢(前足)をぐっと前に突き出して伏せます。

202208101

 同様にその位置から停座に戻るときは、体の前部をぐっと後ろに戻して元の位置に戻ります。

202208102

体幹が無いとなかなか移動できません。

逆に年齢を重ねると、少しずつ筋力も衰えてくるので、こういった姿勢変更は負担になる場合があります。
そういうときは無理をする必要はありません。

若い犬の場合は、体が出来て来たら、少しずつ練習することで体幹アップに繋がります。

また、これらの動きは基本の姿勢がきちんと出来ていないと出来ません。
つまり、腰を崩して座る癖がある場合、崩した状態のままでは上手に姿勢変更できないということです。

単なる姿勢変更ですが、どんな風にやっているか、観察してみるのもおもしろいですよ。

-------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2022年8月 3日 (水)

夏場の犬遊びに注意!

年々亜熱帯化しているような日本の気候ですが、住みづらくなるのは人間だけではなく愛犬も同様です。
特に子犬にとって初めての夏は厳しいことが多く、体調を崩す犬も少なくありません。
お腹を壊したり、食欲が落ちたり、気を付けてあげたいですね。

さてそんなとき、犬たちとの水遊びはとても楽しいもの。
水を得た魚のように楽しそうに遊ぶ犬たちも少なくないでしょう。

今日は犬たちとの夏場のレジャーで気を付けたいことをいくつかお話ししましょう。
毎年のように書いていることもありますが、リマインドも兼ねて。

①熱中症
当然のことながら、この気温で毛皮を着た犬たちには地獄のようなものとも言えるでしょう。
だからと言って、サマーカットはあまりおすすめできません。
なぜなら、毛皮には犬の皮膚を守る役目もあるからです。
さらに、地面の照り返しも小型犬などにはとても厳しいと言っていいでしょう。
アスファルトなどの地面の熱さも犬の足裏(パッド)にはとても危険ですので、出かける前のチェックは必要ですね。

犬の中には、暑いと日影を探して暑さをしのぐことの出来る犬もいますが、多少の暑さぐらいなら気にしない個体もいます。
そういった犬の場合、飼い主がきちんと管理していないと、ついつい度を越して、倒れるまで遊んでしまうこともあるので要注意です。

②低体温症
暑い日の水遊びは人も楽しいもの。
特に川の水は思いのほか冷たいので、長く浸かっていると低体温症になってしまうこともあります。
我が家の見習い1号はとにかく水が好きなので、水の中に入ってしまうと、まったく上がってきません。
口の中が紫色になるまで遊んでいるので、強制的に水からあげると、河原でプルプル震えていることも。
子供と同じで、楽しいことはなかなかやめられないので、飼い主のコントロールは欠かせませんね。

202208031

③水中毒
水泳も含め、水遊び中に水を飲み過ぎて「低ナトリウム血症」になってしまうことです。
水まき用のホースから出る水と楽しそうに戯れる犬も注意が必要です。
熱中症が心配だと、ついつい水分を多めにと考えてしまいますが、水の過剰摂取も命取りになることがあります。
症状は「ふらつき」や「意識混濁」などですが、水遊びの直後に出るとは限りません。
家に帰ってしばらくしてから出ることもあるので注意が必要ですね。

④虫
自然の中に行くと、様々な虫と遭遇します。
我が家も湖畔のキャンプに出かけた時、見習い1号が100匹以上のダニを連れて帰ってきました。
翌日からダニ取り用具で一匹ずつ引きはがすのがどれほど大変だったか。

202208032

愛犬との楽しいアウトドアレジャーが残念なことにならないよう、出来るだけケアしてあげたいですね。

-------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年10月28日 (木)

ウンチは健康のバロメーター

都内に住んでいますが、散歩に行くと、以前に比べれば格段と減ってはいるものの、たまに放置ウンチをみかけます。
恐らく夜の散歩時、スマホに夢中になっていて自分の犬を見ていない方の愛犬ではないでしょうか。
もちろん、故意に置いて行かれる人もいなくはありませんが。

しかし、愛犬の便はとても大事なものです。
色、形、固さなど、今の愛犬の健康状態をとてもよく反映しているので、是非きちんと確認して欲しいものです。

例えば、いつもよりやわらかかったり、あるいは血が混じっていたり、変な物がまじっていたりしてはいませんか?

特に子犬はよく誤飲をします。
おもちゃの一部(我が家の場合、コングのへそ部)や、ドッグベッドの糸など、びっくりするようなものが出てくることもあります。
特に大型犬は、靴下やタオル、ラップに包まれた食品など、丸ごと食べてしまうこともあります。
ウンチに紛れて出てくれればまだしも、中には開腹手術となることもあるので、便の確認はとても大事です。

また体調不良の時は、粘液便(包状便)、水様便、血便など、いつもと見た目が違う状態であれば、何か病気を疑わなければいけません。

そろそろ寒くなってきたので、毎朝拾う犬たちのウンチも暖かく感じるようになってきましたが、先日アシスタントのウンチを拾ったらやけに熱かったので、帰宅してから体温を計ったら39度ありました。
幸い大事には至らず、その翌日には平熱に下がっていました。

健康な犬の便は地面につかない程度の固さです。
成犬になれば、一日2回ぐらいが平均回数ですが、少し多めに運動したりすると、回数が増えて、いつもより少し緩めになることもありますが、軟便が続かなければ問題ありません。

いつもやわらかめの場合は、フードが合っていないか、量が多い場合もあります。
子犬の場合は消化機能も発達途上ですから、回数を増やして一回量を減らしてあげると改善される場合もあります。

いずれにしても犬のウンチは健康のバロメータ、是非拾って確認しましょう。

チビの頃、ドッグベッドを3台破壊して、お腹を壊した見習い。
202110281
-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年9月15日 (水)

太りやすい犬種?

今日のチワワさんのレッスンで、トリーツを貸していただいたところ、なんとも小さい。
確かに、小型犬の場合大きなトリーツをあげてしまうと、食べることの時間が取られてしまい、何のご褒美だったかわからなくなってしまうことがあります。
さっと口に入れて、すぐに飲み込んでくれると、続けて行動を強化しやすくなるので、ドッグトレーニングにおいてはトリーツの大きさも重要になってきます。

飼い主さんは、チワワさんが太ってはいけないので、トリーツの大きさや量もよく考えていらっしゃるようです。

確かに、トリーツをあげすぎてしまうと、当然一日の適正食事量をオーバーしてしまい、結果ウェイトオーバーしてしまう可能性は高くなります。
そこで、子犬の場合は、一日の食事量からトリーツとして与える分を分けておくと、全体量を増やすことなく、適正体重を維持しやすくなります。

先日、別の犬種のパピーさんのレッスンに伺ったとき、飼い主さんがブリーダーさんに、「この犬種は太りやすい犬種」と言われたそうです。

太りやすい犬種?

適正量の食事と、適正な運動量があれば、おそらくどんな犬種であっても、太り過ぎを防ぐことはできるのではないでしょうか。

確かに、避妊や去勢といった施術後に太りやすくなることがあります。
ホルモンのバランスが変わったり、基礎代謝量が減ったりすることで、施術前と同じ量の食餌量を与えていると、当然のことながら消費量が少ないので、ウェイトオーバーしてしまうからです。

太りやすい犬種ではなく、太らせてしまうのは人間側の問題とも言えるでしょう。

「かわいいからオヤツをあげる。」
「欲しがるからあげる。」

あげるのは構いませんが、多めに上げたときはご飯を減らしたり、あるいはちょっと運動量を増やすといった工夫も必要ですね。

ちなみに、我が家のアシスタント、ちょっと運動量が減って、ちょっとオヤツが増えたとき、ウェイトオーバーしたことがあります。
お腹にくびれがなくなり、走っていても重そうで、板障害を跳び越えるときにお腹をぶつけてしまいました。
ちゃんと管理してあげなかったこちらの責任です。

体が重いと、人間も動きづらくなるもの。
体重管理、大事ですね。

こちらの方は、ちょっと増やしても太ることはありません。
202109151

その代わり、量が増えるとお腹がゆるくなります。
ちゃんとコントロールしないといけないですね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年9月 3日 (金)

ドッグトレーニング:犬も体作りから

愛犬と一緒にドッグスポーツを楽しもうと思うと、ついついそのスポーツの技術だけを教えればいいと考えがちですが、人間同様、まずは体作りから始める必要があります。

かつて、アジリティやディスクの世界では、犬が元々持っている身体能力を生かしたうえで、技術を体得させていくことが一般的でした。

もちろん、犬の身体能力は素晴らしいので、それを伸ばしながら、技術を教えていくことに問題があるわけではありません。
しかし、人は欲張りなので、ついつい高みを狙ってしまいます。
そこで、気づいたときには犬を壊してしまっていたということが多くありました。

そんな経験を踏まえ、10年ほど前から、健康な犬であっても、日常的なボディメンテナンスに目を向けるようになってきました。
良いパフォーマンスを引き出すには、それなりの体作りが必要ということですね。

もちろん、日常生活に問題がなければ、シニアになってから考えてもいいのですが、愛犬と一緒にドッグスポーツを楽しもうと思うなら、愛犬に無理をさせず、愛犬の身体能力を引き出すサポートも欠かせません。

今日は見習いのバランスレッスンの日でした。
難しいことを要求されて、頭がいっぱいになることも。

202109031

無理なく体を使えるようになってくれると、頭ももう少し整理されると思うのですが。

さて、帰りに伺ったプライベートレッスン。
あいにくの雨で、外でのディストラクションレッスンは出来ませんでしたが、おうちの中での基礎オビ練習。

休憩中、バランスディスクが置いてあるのが目に入ってお伺いしたところ、Mさんは膝をはずしたこともあるので、獣医師から筋力アップをすすめられたそうで、おうちでバランスディスクに乗る練習をしていらっしゃるそうです。

202109032

小さいサイズですが、Mちゃんが座ったり立ったㇼするにはちょうどいい大きさ。

練習しているうちに、筋肉が付いて来たと獣医さんにも言われたそう。
インナーマッスル、大事ですね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年8月17日 (火)

トラウマ(心的外傷)のはなし

人間同様、犬も大きなショックを受けると心に傷を受けることがあります。
いわゆる「トラウマ(心的外傷)」です。

先日のレッスンで、子犬が成犬に噛まれてしまった場合トラウマになるかという話になりました。

子犬はしつこく遊びに誘って来るので、大人の犬にとってはしばしば教育的指導の対象となることがあります。
大人の犬が教育的指導する場合、マズルを当てたり、軽く噛んだり、あるいは吠えながらマズルをあてて歯があたってしまったりすることもあります。

基本的に、繰り返し執拗に噛んだり、噛みついた後首を振ったりしなければ、攻撃行動ではありません。

教育的指導、あるいは、「うざいからあっちに行け!」と言った大人の犬の言い分は良くある話です。
教育的指導は母犬によっても行われているので、子犬は多少びっくりしても、同じ行動が繰り返されなければトラウマになることはあまりないと思われます。
しかし、どの犬も良き先輩とは限らないので、子犬を年上の犬と会わせるときは注意が必要です。

去年我が家に一か月ほど滞在していたNちゃん。
我が家に馴れた頃、まったくアシスタントに相手にしてもらえないNちゃんは、見習いのVinにかまってもらおうと、何度もVinの入っているクレートの前でアピールしていたところ、あまりのしつこさに見習いがウツボのようにクレートから顔を出して、Nちゃんの顔目掛けて一声「ワン!」

びっくりしたNちゃん、キャンと叫んで、そのまま部屋の隅までピューと走って行って壁に向かって二足立ち。
よほど怖かったのでしょうね。

これで見習いの傍には当分行かないだろうと様子を見ていましたが、しばらくすると、ウツボに捕まらない距離でアピールしています。
時折、クレートギリギリまで行っては素早く下がってみたりと、賢く動き回るようになり、10日後にようやく見習いを懐柔しました。
トラウマにはなっていなかったと言っていいでしょう。

202108171
※懐柔された見習いと、大胆な行動をとるNちゃん。

しかし、かつて我が家にいたハスキー君、おっとりした性格で、未去勢ながらどの犬ともフレンドリーに接することが出来た犬でしたが、シニアに差し掛かった頃、急にハスキーが増え始め、犬友たちと仲良く遊んでいた時、その中の若いハスキーの男の子に突然噛まれてしまいました。
新顔の若い雌のハスキーの登場で、その場がザワついたようです。

その時の傷は結構深かったのですが、彼は治療を嫌がることも無く、その後も他の犬とフレンドリーに接していました。
ところが、その数か月後、夜公園内を自転車で走行中、突然暗闇からノーリードのオスのハスキーが追いかけてきて、シニアな彼はダッシュで逃げることも出来ず、耳を食いちぎられてしまいました。

彼にとってこのような事件が2繰り返されたことで、まさにトラウマを抱えてしまうことになってしまいました。
以降オスの大型犬が近づいてくると、唸ったり、吠えたりしてあからさまに嫌悪を表すようになりました。

トラウマは嫌悪刺激の回数とは関係ありません。
要は犬がその状況をどう受け止めたかによります。
たとえ一度でも大きな衝撃であれば、トラウマになる場合もあります。

犬同士の問題だけでなく、例えば人間側から継続的に嫌悪刺激を与えられ場合は、当然トラウマになって、犬はその状況になる前に防御策を取るようになります。

例えば、頭を叩かれ続けていれば、手があがった瞬間に逃げたり、叩かれる前に歯を当てるという行動を取ります。

かつて、柴犬の子犬の甘噛みに悩まされていた飼い主さんは、獣医師から、「甘噛みが始まったら、首輪に着けたリードを吊り上げて、甘噛み出来ないようにしなさい。」とアドバイスを受け、それを続けたそうです。
その都度子犬は、キャンキャンと鳴いていたそうですが、ある時から、飼い主さんがリードに手をかけようとすると、その手に噛みつくようになりました。

犬も心的外傷を受けることを理解したうえで、愛犬に接することが不可欠です。

トラウマへの対処法は、原因によって異なります。
原因を解明してから、時間をかけて治していく必要があります。

お互いのストレスを軽減するためにも、よりよい環境設定に気を配ることが不可欠ですね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧