犬の健康

2020年9月15日 (火)

行動改善には根気が必要

コロナ禍の影響は犬たちにも出ていることは以前にも書きました。
およそ3か月の自粛生活が終わって日常が戻ってきたころ、急に分離不安症状が出てお留守番がストレスになってしまった犬たちがいます。

7
月にカウンセリングに伺ってから3か月弱のMさん。
負担になっていたお留守番をどうにか自身で乗り越えられるようになりました。
嬉しいことです。

ただ、分離不安症が治ったわけではありません。
おうちの中でも、ママの姿が見えなくなると、ドアに向かって二足立ちし、ずっと前足でドアをひっかいています。

今回Mさんの行動改善の目標は、安心して留守番できる環境づくりでした。

当初サークルでの留守番において、この二足立ちは数時間繰り返され、体重が落ちたり、足の裏が剥けるという弊害が出ていたので、腰にもよくない二足立ちを止めてもらうためには、二足立ちが出来ない環境を作ることが早急に求められました。

202009152

そこで、サークルの中にクレート(ハウス)を設置し、クレートが心地よい場所と刷り込むこと数か月。
先日ようやく、外出後5分でクレートの中で静かに休めるようになったとお伺いしました。
まずは一安心です。
体重も戻ってきたので、獣医さんからも投薬の必要なしと言われたそうです。

M
さんの一番の問題は分離不安からくる常道行動でしたが、クレートの活用だけでなく、今回は普段苦手と言うことでほとんど行っていなかったお散歩を復活させていただき、外からの刺激で脳の活性化を図りつつ、ご家族でMさんと遊ぶ時間やトレーニングの時間を作って、コミュニケーションを取ることもお願いしてきました。

202009153

少しずつ自信が付けば、精神的な安定にも繋がりますし、遊びや散歩による心身ともに心地よい疲労感は、余分なエネルギーを使わせずに済みます。

生活全体を見直すとともに、Mさんのストレス軽減に役立ついくつかの方法を取り入れていただいたことで、お留守番のストレスが大分軽減されたのではないかと思います。

飼主さんの日々の努力の結果ですね。
10
歳と言う年齢もあり、行動を改善するにはかなり時間がかかると思われましたが、早くに効果が表れてなによりでした。

今は自分から進んで入っていられるようになったので、お留守番だけでなく、部屋からママが出て行っても、クレートの中で安心して待っていられるように、これからも日常的にクレートを活用していただくといいと思います。

202009151

少しずつ涼しい時期になってきましたので、お散歩自体も楽しんで行かれるようになると、脳にもいい刺激が与えられると思います。

2020091514

愛犬の行動を変えるには多少時間がかかります。
飼主さんが根気よく続けてくださると、結果も早く出ますね。
-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年7月19日 (日)

犬との生活:犬の水遊び

わが家の犬たちは、代々泳ぎが苦手で、先代の親子もなかなか水に入れませんでしたが、唯一息子犬ハンスが、西湖で行われたボーダーコリーのオフ会に参加した時、大好きなおもちゃを他の子に取られそうになって湖に飛び込み、以来泳ぎが大好きになったという経緯があります。

その後迎えた現アシスタントのニコルは、プールに初めて連れて行ったとき、大型犬に追いかけられてプールに落ちてからは大の水嫌いに。
泳げるんですが、自分からは決して入りません。
したがって、水遊びの弊害については、私自身ほとんど知識がなかったのですが、見習いVincentがやってきて、最初はちょっと尻込みしていたものの、おもちゃに釣られて飛び込んで泳ぐ楽しさを知ってしまってからは、川遊びに行っても、湖に行っても、全然水から上がって来ない犬になってしまいました。

07191_20200719204801

しかし、川の水は夏でも非常に冷たく、長く使っていれば体温がどんどん下がっていきます。
そして最後は唇が真っ白になって、ブルブルと震えだす始末。
それでも自分からは決してあがろうとしないので、強制休憩。

07192_20200719204801

また、プールで遊んでいるときは、おもちゃを投げなければ中には入らないのですが、投げればエンドレスに戻ってきません。
しかし、何かを咥えながら泳いでいれば当然口には水が入っていきます。
そこで注意しなければいけないのが、「水中毒」。
つまり、水分摂取量が多すぎて、血中ナトリウム濃度が薄まってしまうことによる中毒症状が起きてしまうわけです。

07193

しかも、川や湖、プールなどで泳いでいるときに限りません。
犬によってはホースから噴き出る水しぶきを楽しそうにパクパクする犬たちもいます。
これもほどほどにしましょう。

楽しそうに遊んでいた犬が急変するということは少なからず起きうることです。

これからの季節、熱中症のみならず、水に関わる事故にも十分気をつけたいものですね。

 

今日生徒さんから、以前書いたブログの記事を見て、プール遊びは十分気をつけて楽しんでこられたと言われ、多少なりともお役に立てて良かったと思ったので、リマインドも含めてまた書いてしまいました。

しかし、こんなに暑いと、水遊び連れて行きたいですね。


-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

知ることは大事

最近SNS上で、子犬の画像や動画を多く目にします。
はっきり言って、目の毒です(笑)。

子犬の入手方法は様々ですが、ブリーダーさんによっては、あるいは、保護団体経由の場合は、避妊・去勢手術が義務付けられていることがあります。

犬の避妊と去勢については様々な考え方や価値観があります。
望まぬ妊娠を避けたり、疾患のリスクを軽減することが出来ることから、避妊や去勢を推奨する人は多く、早ければ早いほどいいとも言われています。
しかし、健康面を考えると、一概に早くすればいいというものではないようです。

身体的健康面では、ホルモンバランスと骨の発育の問題が取り上げられていますし、精神面では、早期の避妊手術による雌犬の攻撃性もデータとしてあがっていることが10年以上前に聴いたカンファレンスで取り上げられていました。

つまり、どちらにしてもリスクを伴うことに変わりはないわけです。
ただ、こうした情報を知っていて手術するのと、全く知らずに行うのではその後の様々な対処法も変わってきます。

わが家の場合、出産を経験した先代犬クリスは、7歳で至急蓄膿症を疑う症状が見られたため、手遅れになる前にと、元気なうちに避妊手術を受けました。
しかし、娘のニキーは避妊していなかったので、10歳前に乳腺腫瘍のため手術。
術後抗がん剤治療を行ってきましたが、一年後に肺への転移で旅立ちました。
また、メス犬二頭が未避妊ということもあり、息子犬ハンスは1歳になる前に去勢手術を行いました。
同居犬でかかってしまったという話も聞いていたので、そればかりはなんとしても避ける必要がありました。

202007181

何が正解か不正解かは誰にもわかりません。

さらに体が未発達な子犬に無理な動きをさせてはいけないということも、骨の発達段階データによって明らかになっています。

正しい情報が子犬の入手時にブリーダーさんなどから新しい家族に伝えられることはとても大事なことです。
わからないことがあれば、なんでも応えてくれるブリーダーさんから子犬が迎えられるといいですね。

 

🍀 2020年9月4日~6日🍀
3Days イベントの申し込み受付始まりました。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年6月 6日 (土)

トレーニングの前に体調チェック

人間同様、犬も体調がよくないと学習する気分にはなりません。
愛犬と何かを始めようと思ったら、まずは健康かどうかチェックしましょう。

別に大きな病気でなくても、お腹の調子が悪かったり、
耳の調子が悪かったり、あるいは体が痒かったりすれば、
当然集中力を欠いてしまいます。

無理をすれば、トレーニングが楽しくないもの(辛いもの)と関連付けられて、
そのあと「さぁ、始めようか。」と言われるとどこかに隠れてしまうということにもなりかねません。

いつもは元気にトレーニングに付き合ってくれる愛犬が、
ちょっと匂い取りをしながらフラフラしてみたり、
呼んでもすぐに来てくれなかったりしたら、
どこか調子が悪いのかもしれないと気をつけてみてあげましょう。

調子が悪い時は犬もイライラすることがあります。
いつもはやり過ごしてくれることでも、唸ったりすることもあります。

特に体のどこかに痛みがあれば、触られるだけで唸ることもあります。

そんな時は「イケナイ」と叱るのではなく、
なんで唸ったのか原因を考えてみなくてはいけません。

犬が唸る原因は、怖い、痛いなどいろいろです。

日常的であれば、ウチの犬はこういうものと決めつけてしまわないで、
唸らなくてもいいように状況を変えてあげることもストレス軽減には大事なことですね。

先日アシスタントのニコルが朝練で集中できなかった時は、
左耳の調子が悪かったようで、しきりに頭を振っていました。
そんなときは、何をやっても身になりません。
帰って耳掃除をしたら、午後からいつも通りに。

いつもと違っていることに気が付くことも飼主のお仕事ですね。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年5月 7日 (木)

犬との生活:犬を過信しない

犬と暮らし始めると、犬の持っている様々な能力に驚かされます。
当然犬種や個体によっても異なりますが、
その走る姿や俊敏さを見ると、パーフェクトに見えてしまうこともあるでしょう。

しかしながら、ある意味犬もミスを犯します。
それは、教えたことを間違えたという話ではなく、
大丈夫だと思ったら、そうではなかったということです。

よくある話では、これから暑くなるにしたがって頻発する熱中症です。
犬は元々素足で歩いているのだからと、鉄板のように熱せられたアスファルトの上を歩かせるのは無理です。
特に、足の短い犬は照り返しも受けやすいので、足裏だけでなく、お腹も暑くなります。
黒い犬は熱を吸収しやすいので、他の色の犬より体が速く暑くなります。

202005071
(左側の黒い子は、真ん中の白い頭の子に比べると、すぐ頭が熱くなりました。)

しかし、犬たちは頑張ってしまう子が多く、倒れるまで人間に付き合ってしまいます。
でもそうなってからでは命の危険すら危ぶまれます。
中には、さっさと日影に入って、自主コントロールできる犬もいます。
リスク管理が出来ているという部分では頼もしい限りですが、
ある意味自分を優先しているので、ハンドラーが頑張って欲しいと思ったときに
やってくれなかったりすることもあるので、良し悪しがありますね。

また、犬だから多少高いところから飛んでも大丈夫だろうと思っていると、
実は大けがをしたという話もよく聞きます。
ネコと違うので、そういう身体能力は万能ではありません。

以前我が家のシニアボーダーは、階段の上から下を見下ろしているとき、
ふらっとして、降ってきたことがありました。
ちょうど私が階段をあがっているときだったので、慌てて持っていたものを放り出し
彼女をキャッチしました。

犬種によっては、楽しいことがやめられず、足腰が立たなくなるまで遊んでしまう子もいます。
例えばボールやディスクなど、投げてもらうとエンドレスに取りに行く子は危険です。
特に真夏でなくても、多少気温が高めの時は、知らないうちに脱水症状や熱中症になっていることもあります。

そこまでおおごとになっていなくても、足裏を擦りむいていたり、爪を折っていたりする子もいます。
遊んでいるときは一切気づかず、家に帰って足を拭かれるとき初めて「キャン!」と言ってお互い気づくわけです。

野生の血が流れていると思われがちな犬たちですが、人に飼いならされて管理されてきたということも忘れてはいけません。
愛犬の体調管理にはくれぐれも気をつけてあげましょう。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

尿検査

女の子がよくかかりやすいのが膀胱炎。
理由は様々ですが、ひどくなると頻尿だけでなく血尿まで出ることがあります。

土の上や草の上だとなかなか気づきませんが、
室内でトイレシーツを使っていえると、「あれっ?」と気づけます。

不調に気づいたら、獣医さんにオシッコを持って行って検査してもらいましょう。
検査の結果によってはお薬(抗生剤)で様子を見ることもあるでしょうが、
ひどいときは、療法食を続けなければいけないときもあります。

いずれにしても、大事なのが検尿。
そのためには、採尿が必要になります。

わが家の採尿方法は、ちょっと大きめのトイレシーツを敷いた上に、
いつも使うシーツを裏返して敷き、トイレのキューをかけてあげます。

トイレが済んだら、採尿キット(シリンジ)で吸い上げて保存。
なるべく新鮮なうちに獣医さんに持って行きます。

ここで、大事なのはトイレシーツでのトイレに慣らしておくことと、
トイレのキューでトイレが出来るようにしてあること。

犬にストレスや負荷をかけないで採尿するには、
いつもと同じ状態がベストです。

トイレトレーニングはそんなことにも役立ちますよ。

※中、大型犬は量が多いので、あまり溜まっているときにお願いすると
床が洪水になってしまう可能性があります。
そのあたりのチェックも必要ですね。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

バランスは大事

今日は見習いのバランスエクセサイズの日でした。

ここ数年、スポーツドッグのケアから始まったバランスエクセサイズを利用する愛犬家が増えています。

犬は人と違って、自分の体を気づかってストレッチをしたり、弱点をサポートしたりすることは出来ません。
そこで、ハンドラーがサポートしながら、ボディケアを行っていくわけです。

バランスエクセサイズは単純に体のバランスをよくするだけのものではありません。
犬が自分の体の使い方に意識を持つことで、精神的にも落ち着くということも大事なポイントです。

あなたの愛犬は4本の足に平均的に体重をかけて、立っていることができますか?

いつも跳んだり跳ねたり、あるいは二足歩行でバタバタしたりしていませんか?

201911121

見習いはまだまだ精神力の方は身についていませんが、少しずつ体の使い方を学んでいます。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年9月20日 (金)

ドッグスポーツにバランスは不可欠

どんなドッグスポーツであっても、犬はついつい無理をしてしまうことがあります。
また、ハンドラーが意図せずして無理をさせてしまうこともあります。

特にオビディエンスなど、左脚側が多い作業においては、
犬が体のバランスを崩してしまうこともあります。

アシスタントのニコルは小さいころから、
オビディエンス(服従競技)とドッグダンスをやっているため
様々なポジションやムーヴを教えたので、
ある程度バランスはいいと思っていたのですが、
それでも、左脚側の強化はかなりのもので、
身体の若干の曲がりが気になります。

見習いのVincentは元来スピードがあるので、
身体に負担がかかってはいけないと
バランスエクセサイズに通っています。

201909201_20190920212401
Photo by C-mom

ドッグダンスは始めたばかりですが、
1歳前から、左脚側以外のヒールポジションの練習をしたり、
後退歩行やサイドステップなどのムーヴも教えています。
それでも、プロにみていただくと、筋肉量がアンバランスだったり、
脚の使い方がいまひとつだったりといろいろあります。

動くことが大好きな見習いだけに、いつまでも元気で走り回れるよう、
ケアは欠かせませんね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

ハズバンダリートレーニング

最近耳にするようになった「ハズバンダリートレーニング」ということば。

動物園や水族館など、野生動物だったり、大型の家畜、あるいは海獣などの健康管理において、出来るだけ生き物にストレスを与えずに診察や治療を行うためのトレーニングのことを言います。

犬は力で抑えようとすれば出来てしまうものですが、海洋動物だったり、牛や馬といった大型の家畜の場合、力づくで出来るものではありません。

そこで、檻の外からでも出来るように、動物が自分から檻に近寄ってこさせたり、イルカなどが、自分からプールサイドに上がってきて、診察の間じっとしていられるようなトレーニングが必要となります。

これは犬の場合でも同じです。
特に足を触れることが好きでない犬たちは意外と多いので、爪切りなどはなかなかやらせてくれなかったりします。

そこで、小さいころから爪切り(嫌なこと)と楽しいこと(おやつなど)を関連付けたㇼしながら、じっとしていてもらえるように、我が家ではトリーツを使って練習してきました。

今日も私が爪切りやハサミをもって床に座ると、呼ばなくてもとんでくる見習い。

201906021

当然、最後までスムースに足裏カットと爪切りをやらせてくれました。
もちろん、ご褒美も出ます。

昨日お話ししたMさんのレインコートも、最初はトリーツを使いながら着せてみました。

「嫌なこと」と感じさせる前に「いいこと」が目の前にあると犬のストレスも軽減することができるのではないでしょうか。

◇ 
9月開催予定の3Daysイベントのお申込み開始しました。
詳細・お申し込みはこちら↓から。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村
---------------------------------

| | コメント (0)

2019年2月 1日 (金)

犬の視覚

先日見習いにダンベルを咥えたままバー障害(ハードル)を跳び越えさせたら、蹴っ躓いたと書いたところ、黄色いバーの色と茶色の床の色が犬にとってわかりづらいというアドバイスをいただきました。

私はアジリティの経験が無いので、あまり気にしていませんでしたが、アジリティ界では、様々なバーや障害、オブジェクトに対して犬たちがそれらを正しく認識していなければ、バーノック、場合によっては高所の障害物から犬が落下するといった危険性をはらんでいることを感じる人たちがいたようです。

犬の優れた動体視力は人との共同作業において有利に働き、それらのメリットを利用した犬の能力は最大限に利用されてきましたが、アジリティに関して言えば、動体視力が必要とされるのはハンドラーの動きだけで、ターゲットとされる障害物(オブジェクト)はすべて静止しています。
犬に静止しているものを正確に認識させるためには、犬の視覚のことをもっと知らなければいけないでしょう。


実は以前アジリティがらみの記事で、犬の視覚では見えづらい色があるという文章をちらっと読んでいました。
https://www.animotionagility.ca/dogs-eye-view/?fbclid=IwAR3IQfO_FCBwL2hUtOAKhqyXfH8sLU7k-ASThy20Fy8SKC4I2XXweM91SCU

しかし、普段のラリーオビディエンスの練習会で、バーノックする犬は全くおらず、中に拒否する犬はいても、バーにぶつかる犬はいなかったため、今回の見習いのミスはダンベルに意識を集中しすぎて跳びきれなかったものと考えていました。

しかし、以前草の上でダンベルを持っていない見習いにバーを跳ばせたところ、確かに何度か足を引っかけることがあったので、もしかしたら見習いは他の犬より正しくバーを認識できなかったとも言えます。

いずれにしても、犬に優しくないのはいけないので、バーを見やすくして見ました。

201902011


今日の練習ではとりあえずバーノックはありませんでした。
まぁ、多少低めに設定していましたが。

犬が失敗したとき、責めたり、笑い飛ばすだけでなく、原因をきちんと見極めてあげることは大事ですね。

参考資料:
https://dog-vision.com/?fbclid=IwAR0_C37LQUaU5NXGf2Pv3B9qyTsEYixAvJ8PCKZPDENNrgsV5PI4zghVim8


--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)