犬の健康

2018年8月19日 (日)

犬も筋トレは大事


犬も人間同様筋肉があります。
ちゃんと使っていれば筋力は衰えないし、体幹がしっかりしていれば年齢を重ねても足腰の衰えを遅らせることができるはずです。

クリスは7歳過ぎてからドッグダンスを初め、いろいろな動きを覚えるようになったので、後肢の衰えはかなり緩やかだったように思いますが、息子犬ハンスは、がたいはしっかりしていたものの、晩年ちょっとした坂も躊躇するようになり、クリスに比べると後肢の衰えが顕著に見られました。

アシスタントのニコルは筋肉質ではないので、Sit up(チン)のバランスが上手に取れるようになるまでかなり時間がかかりました。
バランスのいい犬はすっと起き上がることができますが、バランスが悪いとふらふらしてしまいます。

これは通常の「オスワリ」なども同様で、正座のように安定して座れる犬もいれば、すぐ足を崩してしまう犬がいたりいろいろです。

後肢の可動域や筋力アップを期待して、生徒さんに踏み台を使った練習をやってもらいました。

この踏み台はポジションを教えるプラットフォームにも使えますし、「スワレ」や「フセ」の姿勢を崩すのを妨げることもできます。

また上り下りは階段と同じで筋力アップにもつながります。
そこで夏場のダイエットも兼ねて、エアコンの効いた家の中でも出来る動きを練習してもらうことにしました。

まずは4本の足が安定して台に乗ることから。

正面から誘導すると比較的4本の足がスムースに台に乗せられます。


201808191


201808192


上手に乗れるようになってきたら、横からあがってもらったり、場合によってはバックで台に乗るといったいろいろな方向から練習していきます。

最初は無理せず、自分から乗りたくなるようにセットアップしましょう。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

やめられない犬

犬たちにとって楽しいことは子供と同様やめられない時があります。
まぁ、子供でなくても、大人でもやめるには自制心が必要ですから、やめさせるのは意外と大変です。


特に犬たちが体を動かしているときはなかなか止まらないものです。

例えば、

● ディスク追いに夢中になっている犬


● 泳ぎに夢中になっている犬


● 犬同士で遊んでいる犬



どれも、なかなかやめられません。

中には、そろそろ疲れたからと休憩を取れる犬もいますが、ボーダーコリーのように、何かに夢中になるとやめられなくなる犬もいます。

初代のボーダーコリーはディスクフェチだったので、ディスクの練習を始めると絶対やめようとせず、ある日腰を抜かしてしまったことがありました。
もう20年近く前のことです。

関連記事↓
https://www.facebook.com/notes/jun-chris-mitsui/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E8%99%9A%E8%84%B1-border-collie-collapsebcc/1121374571288642/

ボーダーコリーは死ぬまで走り続ける(仕事をする)犬だとよく冗談まがいにいいますが、実際このタイプの犬たちは楽しいことに手を抜く気はなさそうです。


今回たまたま見習いが生徒さんと楽しく遊ばせてもらいましたが、涼しい室内でのワンプロとは言え、どちらも「休もう」とは言いださないので、強制的に休憩を取らせました。

201807171

川遊びなどもそうですが、犬任せにしておくと大事に至ることもあるので、気を付けることが必要です。

201807172
昨年湖に遊びに行ったとき、見習いは呼ばないと水から上がって来ようとしないので、強制休憩を入れました。


夏場は、熱中症、水中毒、低体温症など、様々な危険が犬の周りにあるので、いつも以上に気を付けたいものですね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

犬との生活:サマーカット

日本列島は梅雨真っ盛りですが、寒暖の差が激しく、人間だけでなく、犬も体調を崩しがちです。

これから夏に向けて暑さが厳しくなると犬のサマーカットに踏み切る方も多いと思いますが、サマーカットのデメリットも頭に入れておいて欲しいと思います。

確かにダブルコートの犬たちにとって、日本の夏はかなり辛いと言えるでしょう。

ただ被毛の役割も忘れてはいけません。
なぜなら、被毛には空気の層をつくる役割もあるからです。
暑いだろうからと短くカットしてしまうと、直接皮膚に陽があたって、思った以上に体温をあげてしまったり、皮膚が炎症をおこしてしまったりと、様々なトラブルの原因になることもあります。

また、犬種によってはカットすることで、被毛の質が変化してしまったり、絡みやすく毛玉ができやすくなることもあります。

犬種による違いはブリーダーさんに確認することである程度回答を得られるでしょうし、皮膚疾患等に関しては、獣医さんに意見を聞くことで解決できるでしょう。


暑いからとむやみにカットしてしまうのではなく、よく調べてからハサミをいれてみましょう。
トリマーさんはカットのプロかもしれませんが、トリミング犬種でない場合は詳しくないかもしれません。

ちなみに、我が家はトリミングが必要のない犬種のボーダーコリーがいます。
トリミングが必要ないとは言っても、足裏の毛をカットしたり、個体によっては爪を切ったり、毛玉が出来ないように手入れをすることは必要です。
しかし、かつてトリマーさんにお願いした知人は、足の飾り毛を切られてしまったとのこと。


いずれにしても、犬種によって被毛にはそれなりの理由があるので、確認してからトリミングをされるといいと思います。


201806191
見習いは毛が短いのでカットは当然不要ですが、歩き方のせいで、爪切りもほぼ必要ありません。
とは言え、ブラッシングはマッサージ効果もあるので、出来るだけするようにしています。


---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
WCRL規定ラリーオビディエンスの座学と競技体験会開催します。
詳しくはこちらから
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

やはり食は基本

ドッグフード選びは大変です。
愛犬にとって何がいいのか。

お腹を壊すことなく、痩せることなく、元気でいられれば、おそらく体にとって悪いものではないと判断するのが一般的ではないでしょうか。

たとえ素材にこだわって、これこそ完璧というフードであっても、その子に合わなければ全く価値はありません。

幸い我が家の犬たち、見習い以外の5頭はみんなお腹も丈夫で、フード選びに苦労することはありませんでした。
しかし、フードが合わず、手作り食をされている方も沢山いらっしゃいます。

見習いは生後半年を過ぎたあたりからお腹が弱くなり、フードを変えたり、サプリを与えたりと、いろいろ試行錯誤しましたが、1歳を過ぎてしばらくしてから安定し始め、フードをまた変えたことと重なり、定期的な下痢もなくなりました。

一方、アシスタントの方はお腹も丈夫で、何を食べてもOKな食いしん坊だったので、さほど気にしていなかったのですが、今年の夏ごろに何やら口の周りがやけているのに気づきました。


201711081


食後は毎回口を拭き、歯磨きもしているのに、マズルの白い部分がやけて茶色くなってきています。
そこで、フードの切れ目をきっかけにグレインフリーのフードに変えてみました。
それから2ヵ月。少し変化が見られました。


201711082


白い色の犬は涙やけや口周りのよだれやけが特に気になりますね。
食べるものひとつでも変わるものです。
あきらめないことが肝心ですね。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

首輪とハーネス

犬と言えば首輪というのが昔からの定番ですが、ここ数年ハーネスが普及しています。
首輪とハーネス、何が違うのでしょう。

外観を見れば一目瞭然ですが、なぜ首輪ではなくハーネスを使うのでしょうか。
個体によって、気管虚脱などの疾病をかかえている犬の場合は、首に負担をかけないためにハーネスを使うことが推奨されています。

ただ、疾患が無かったとしても、首のみにリードの負担をかけてしまうことは多少なりともリスクを伴います。
特に引っ張りが強い犬の場合は首への負担が更に大きくなるのでハーネスの方が健康上のリスクを軽減できると言われています。

ただハーネスの形状もそれぞれですので、その個体に合ったサイズの物を選ばないと、急に止まって後ろに下がったときなど、するっと抜けてしまう危険があります。
きつすぎないか、ゆるすぎないか、しっかりチェックしましょう。


ハーネスをしていれば首輪は不要と思われがちですが、リードを付けていない時に犬と離れ離れになってしまう可能性もあるので、首輪をつけておくことをお奨めします。
首輪には鑑札が付いていればさらに何かあったときに有効ですが、犬種によっては、鑑札が大きくて負担になる場合もあるので、必須とはいいませんが、出来るだけ万が一を想定しておく必要があります。

201709181


マイクロチップもかなり普及してきていますが、一般の人(犬を飼っていない人)はマイクロチップの存在を知らない人も多いので、迷い犬を見つけた時に、警察などに届けてくれるかどうかわかりません。
首輪がついていないと「野良犬」と思われることもあります。
また首輪が付いていないと、捕まえられないという事態にもなりかねません。

様々な想定外を予測し、首輪を掴まれることに愛犬を慣らしておくことも大事です。

大事な愛犬と生き別れにならないように、最善策を考えてみましょう。

蛇足ですが、25年ほど前、先住のハスキーと散歩をしていた時、放れた大型犬と遭遇。
周囲を見回しても探していそうな人もなく、すれ違う人に声掛けしても知らないとのことでしたのでとりあえず家まで首輪を持って連れて帰って来ました。
家でよくよく見ると首輪に電話番号が記載されていたので電話をかけましたがつながらず(固定電話)、夜になってようやく連絡が取れ、ご主人の留守中に逃走したことが判明。
夜無事に引き取られて行きました。
家に小さい子供がいたこともあり、交番まで歩いて連れて行くことも出来ずで、首輪と電話番号が助けになりました。

---------------------------------
ドッグダンス基礎レッスン@世田谷
9月期生募集中!
詳細はこちらから↓
http://wanbywan.com/lesson.htm#dance_group
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

ちゃんと見えてますか?

犬は動体視力がいいので、落ちている(動かない)物を探すのは苦手とよく言われます。
特に遠くなれば、飼い主の投げたおもちゃを見つけてくるのはちょっと大変です。
ただ、犬には人の100万倍から1億倍とも言われるすぐれた嗅覚があるので、目で見つけられなければ鼻を使って探すことができます。

しかし、普段あまり鼻を使う生活をしていないと、急に視覚から嗅覚にシフトするのはちょっと時間がかかってしまうようで、トレーニング中に渡したトリーツをキャッチ損ねた時、落ちた先を見ていればすぐに見つけられますが、コロコロと転がった先を見ていないと、全然違う方から(風向きが原因だったり)匂いを頼りに探したりしています。


いずれにしても、日常的には視覚に頼った動きをしていることが多い犬たちは、人間の顔色をうかがったり、飼い主の手の動きや体の動きを見ながら様々なことを判断しています。

ところが、たまに人間のハンドシグナルに反応しなかったり、落ちているものがみつけられなかったりする犬がいます。
どうしてだろうとよく見てみると、顔周りの毛が邪魔をして、視界を狭めている場合があります。
特にトリミングの必要な犬種の場合、伸びてくると顔を覆ってしまうので、左右の視界だったり、見上げても飼い主の顔がよく見えなかったり、また落ちたおもちゃやおやつを拾おうとしても、マズルの毛が伸びすぎていて、自分の鼻の先がよく見えていなかったりなんてことがあります。

可愛らしいカットもいいのですが、犬本来の能力を削いでしまうようなカットは犬には優しくないかもしれませんね。


蛇足ですが、夏場にサマーカットをされる場合も、見た目だけでなく、愛犬の被毛の状態を確認しながら、素肌に直射や照り返しが当たらないよう配慮してあげましょう。

トリミング犬種ではありませんが、我が家も足裏カットはやります。屋内での滑り止めの意味もありますが、外で走り回る犬の場合は、毛が多少あった方がパッドを傷めないという説もあります。
その個体に合わせてケアしてあげるのが一番ですね。

201707251


---------------------------------
パピーレッスン、基本トレーニングやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

ドイツのブリーダーさんとの情報交換 その2 
ブリーディングとは。

先日お会いしたドイツのブリーダーさんのお話第2弾です。

彼女は獣医さんでもあります。
当然のことながら、ブリーディングの際に考えなくてはいけないのは、その犬種のスタンダードと、遺伝性疾患についてです。

彼女はボーダーコリーを専門にブリーディングしていますが、ボーダーコリーには他の犬種同様遺伝性疾患があります。

私もボーダーコリーと20年一緒に暮らしていて、多くの方と意見交換をしてきた中で、ボーダーコリーにも致命的な遺伝性疾患があることを知りました。
もし最愛のパートナー犬が発症してしまったら、飼い主さんはどんな思いをするでしょうか。

ブリーダーにはそういった状況を回避すべく、最大限の努力をする必要があります。
「知らなかった。」では済まない命の問題です。
知らなかったら勉強するしかありません。
その犬種を愛しているからこそ、ブリーディングをしている人たちであれば当然のことでしょう。


ドイツでは、ブリーディングする犬は個々にブリーディングテストを受けなくてはいけないそうです。
テストの内容は遺伝子疾患を確認するためのDNAテストや、ヒップスコア(股関節)やアイスクリーニング(目の検査)、同時に犬の性格(攻撃性が無いか)などもテストの対象となります。
彼女が列挙したテスト内容は10個以上にも及びます。

こういった検査を受けることで、遺伝性疾患の因子を持っている(キャリア)か持っていない(クリア)かを確認することができます。
もちろん発症している場合は論外ですが、キャリアの場合はどうすればいいのかということも考えなくてはいけません。キャリアだからと言ってブリーディングが出来ないわけではないからです。

いずれにしても、ドイツでは多くのことを確認して初めてブリーディング出来ると言う仕組みになっているそうです。

日本でこのようなシステムを構築するのはまだまだ現実味がありませんが、健康なスタンダード(犬種)を後世に遺していこうと思えば、こういった努力を惜しんではいられないでしょう。


貴方の足元で寝そべっている犬達、どんな両親から生まれてきたのかと考えたことはありませんか?
血統書はただ犬の名前が書いてある紙ではありませんよ。

201707211


---------------------------------
パピーレッスン、基本トレーニングやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

油断禁物、ダニ注意


二週間ほど前、山梨にキャンプに行って来た時のこと。
実は、帰ってきてから思わぬ土産物と大奮闘することに。

少し前に、「犬連れアウトドアの注意点」で書いたのですが、
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2017/07/post-1d71.html
帰って来た翌日、見習いの耳の中に赤い点を見つけました。
大きさは1mm以下。
爪でひっかいたかさぶたかと最初は思っていたのですが、翌日点が増えたのと、わずかに大きくなったように見えて、よ~く目を凝らしてチェックしたところ、なんとダニでした。


201707151_2


ダニと言えば、小豆大にまで大きくなるのを見たことがあったので、元はまさかこんなに小さかったとは。
油断しました。

それから顔の周りや足の裏、四肢などをチェックしたところ、なんと他にもひっついているのを発見。
アシスタントも念のため確認したら、見習いほどではありませんが、わずかに発見。

そこで、綿棒にエタノールを付けてダニに押し付けたあと、ダニ取用のツイスターで一匹ずつ根こそぎ剥ぎ取りエタノール漬けに。
なんと50匹以上のダニを捕獲。

実は我が家は先代の犬たちがフロントラインで体調を崩していたため、ニコルが来てからは虫よけスプレーを頻繁に付けることで夏場をしのいでいました。
一昨年同じ場所でキャンプをしたときも、ニコルはおみやげを持って帰ることはありませんでした。
しかし、今回は見習いが頻繁に水泳を楽しんだせいで、スプレーでは対応しきれなかったのかもしれません。

とりあえず、後手にまわったものの、フロントラインを付けて、捕りきれなかったダニたちを薬で追い込み事なきを得ました。

今回二頭ともフロントラインを付けましたが、とりあえず問題はなかったので、次回からはフロントラインに頼ることにしましょう。

ダニは感染症を媒介する場合もあるので気は抜けませんね。
まだまだアウトドアシーズン。ダニ捕りは大変ですので、しっかり防護して出かけましょう。

---------------------------------
パピーレッスン、基本トレーニングやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

犬連れアウトドアの注意点

週末は二年ぶりに湖畔キャンプに参加してきました。

犬連れお出かけはいろいろ用意する物も増えて大変ですが、それだけでなく、出先で気を付けなければいけない点もいくつかあるので、これから水遊びが増える季節でもあるので、簡単にいくつか注意点をあげてみることにしました。


1.体力管理

日常的に泳いだり、走り回っている犬でなければ、人と同じで、普段以上に筋肉を使うと、そのあとあまり歩きたがらなかったりするときがあります。
見た目に怪我をしていなければ筋肉痛の可能性もあるかもしれません。


2.低体温

川や湖など、水が冷たいところでの水泳は体を冷やす危険性があります。
日常的に泳いでいたり、あるいはある程度筋肉や脂肪が付いているタイプはさほどではありませんが、痩せているタイプの犬はすぐに体温が下がってしまうので、頻繁に口の中を覗いて、歯茎が紫色になっていないか、身体が震えていないかなどを確認しましょう。
一度そうなった場合は陸に上げてタオルドライで体の水分をざっとふき取ってから、木陰などで体を乾かします。
炎天下での自然乾燥は熱中症の危険があるので控えます。


201707031


3.水中毒
レトリーブが好きな犬は、何か咥えて戻ってくるときに水を飲んでしまう場合があります。
真水の摂取量が多いと、血中ナトリウム量が低下し、最悪死に至る場合がありますので要注意です。


4.虫刺され

アウトドアにつきものの虫ですが、犬にも付きます。一番多いのはダニですが、気が付くと大きなイボのようなものが出来ているように見える時があります。
犬はいろいろな場所に顔を突っ込むので、顔につくことが多いですが、山などに行ったときは、必ず体全体を後でチェックしましょう。
ダニは無理やりとると、食いついている顔が残ってしまうので、ダニ取り用具を使うか、獣医さんに取ってもらいましょう。
また、当然のように藪蚊もいますので、蚊取り線香などを用意しておくと効果があります。


5.足裏の怪我

犬は当然裸足で走り回っているので、怪我をする機会が多くなります。
アウトドアの場合、砂利だったり、思わぬ落とし物で怪我をしたりします。
特に泳いだ後は足裏もふやけているので怪我をする確率が高くなるので、頻繁にチェックしてあげましょう。

アウトドアを楽しく過ごすためには、こんなことに注意しておくといいかもしれません。

---------------------------------
パピーレッスン、基本トレーニングやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

えっ?太ってます?

愛犬の体重の変化は、もちろん実際に計ってみれば確実ですが、たとえ体重計に乗せてみなくても、身体を触ってみることで確認することができます。

腰の骨やあばら骨に触れるか。
そんなことを確認するだけでも、現状太目か、やせ気味か、ちょうどいいかわかるはずです。

見た目ガッチリしていても、実は骨太だったとか、毛ぶきがよくて太目に見えたりと、みかけに騙されてしまうこともありますので、是非実際触ってみることをおすすめします。
骨が触れるのか、脂肪なのか、筋肉なのかによっても、健康状態を把握することができるでしょう。

また、普段より動きが鈍くなっていたりすると、若干ウェイトオーバーしている可能性もあります。


201706301


左の御嬢さん、まだまだ1歳。先日獣医さんに太っていると言われたそうです。
でも実際触ってみると、骨も触れて、どちらかと言うとスリム。
確かに隣のアシスタントと比べると、大きく見えますが、毛ぶきがいいのと、アシスタントが小ぶりなので問題ありません。

以前我が家もイベントで体脂肪を計ってもらったことがありましたが、アシスタントはかなりの太目と判断されました。
ちゃんと骨が触れるのに。

どこまであてになるかはわからないので、実際触ってみましょう。

以前も「愛犬の体重管理」で書いていますが、ボディコンディションスコアを参考にしてみるのもいいと思います。

---------------------------------
パピーレッスン、基本トレーニングやドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンは
WanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)