犬との生活

2019年6月13日 (木)

呼び戻し練習は不要?

日本国内の犬事情では、いわゆるリードが付いていない状況は「放し飼い」と十把一絡げにされています。
たとえ、犬がハンドラーにぴったりついて歩いていたとしてもです。

私の子供のころは、近所の犬は散歩の時間になると飼い主が家の門を開け、犬は勝手に近所の空き地に行ってトイレを済ませて帰ってきていました。
これこそまさしく「放し飼い」。
放れている間は、犬は誰からも管理されていないからです。

どこかのサイトで「犬に呼び戻しなど教えなくても、勝手に帰ってくるから必要ない」と言った内容が書かれているのを読んだ気がします。

こういう犬は呼び戻されなくても、勝手に家に帰ってきます。
しかし、家の周囲が車の通りが少ないとか、ほとんどよその人が歩いていないという環境だからこそできるのでしょう。

一歩家の外に出れば、自転車やバイクが走り抜け、そもそも近所に空き地が無い状況で、犬は勝手に散歩などまずできません。


今朝見習いのトレーニングをしていたときのこと、運動場に小型犬が一匹走りこんできました。
「前進」の練習をしている見習いに興味を持って追いかけてきたといった感じでした。

見習いは作業中全く周りを見ないので、踏んでは大変とすぐ呼び戻したのですが、当の小型犬の飼い主さんは全くその気配なし。

呼び戻した見習いが脚側停座していると、その周りでちょっかいを出そうとぴょんぴょんしています。
見習いに飛びつきでもしたら、「あっちに行け!」と一喝入れないとも限らないので、そのまま見習いと脚側しながら飼い主さんと反対方向に歩いて行ったところ、ようやく飼い主さんの元に戻っていきました。
確かに、待っていればそのうち飼い主の元に戻るから呼び戻しなど必要ないと言われそうです。

しかし、私がその時に聞いた飼主さんの声は「邪魔しちゃだめでしょ。」と言ったような感じでした。

「ダメ」なのは小型犬ではありません。
勝手に走っていく犬を止められなかった飼い主さんです。

ずっと以前、某都立公園の中を散歩をしていた小型犬が、飼い主の元を離れ、園内を散歩している別の犬のところに走り寄ったところ、その犬に噛み殺されたという事故がありました。

噛んだ犬はリードがついていて、そばにその飼い主もいたそうです。
その犬は元々犬が嫌いで、以前から似たような事故が起きていたので、常連の飼い主さん仲間では近づかないようにしようというのが暗黙の了解になっていたそうです。

「かわいい我が子を犬友達に挨拶させよう。」と小型犬の飼い主さんは思っただけかもしれませんが、人間の子どもであっても、親が手を放して事故に遭うケースも沢山あります。
かわいい我が子であれば、なおさら保護監督は必要でしょう。

リードが付いていればそんなことにはならなかった?
確かに。
でも、リードが付いていても、何かの拍子にするっと抜けないとも限りません。

リードが付いていたところで、狭い道ですれ違う時、相手の犬に興味津々で突進していく犬を呼び戻せないのは相手の犬には迷惑この上ないことです。

犬の自主性に任せることはとても大事ですが、人が介入しなくてはいけない場面も多々あります。
人に迷惑をかけないルールを愛犬に教えるのは飼い主の責任でもあるはずです。

都会で飼われている愛犬の安全を考えるなら、是非呼んだらすぐ戻ってくることを教えてあげてください。
予期せぬ嫌な事故に遭遇することを防ぐことが出来るかもしれません。

見知らぬ子犬が苦手な見習い。
とりあえず母に呼ばれて猛ダッシュしたので、嫌なことを経験させずに済みました。

201906131


--------------------------------
 9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村
---------------------------------

| | コメント (0)

2019年6月 1日 (土)

犬のレインコート

関東地方も間もなく梅雨入りの予想。
梅雨の時期は犬の散歩もままなりません。

多少の雨でもお散歩に行くお宅は多いと思いますが、
どうせ行くならレインコートを着せてと思うご家庭も多いのではないでしょうか。

「犬にレインコート?」
と言われそうですが、毛量の多い子や足が短めな子など、
濡れてしまうとあとのお手入れが大変なこともあるでしょう。

海外のように土足で家に入る場合は、あまり気にならないのでしょうが、
靴を脱いであがる日本の家では、家の中に入れるとき
足を拭いたり、身体の汚れを落とすことは普通におこなわれているのではないでしょうか。

また、一度濡れてしまうと、匂いが気になるということもあります。
家族全員が大の犬好きとは限らないので、
そのあたりは気を遣わなければいけないこともあるでしょう。

ということで犬のレインコートは日本ではめずらしくはありません。
しかし、犬にとって何かを身に着けることは「フツウ」のことではないので、
ちょっと我慢してもらわなければいけません。

ただ、本当に嫌がる犬の場合、唸ったり噛んだりすることもあるので
そういう場合はそこまで犬にストレスを与える必要はないと考えています。
特に体を触れるのを嫌がる日本犬に多く見られます。

我が家の犬の場合もどちらかというと洋服は好きではないようで、
仕方なく着させてくれるといった感じです。

今日のレッスンで、クライアントさんからちょうどいいサイズの子がいたら
あげて欲しいと預かっていたレインコートをMさんに着てもらったところ
着るときもとくに嫌がることなく、

201906011

着た後も、フリーズすることなく、

201906012

とりあえず歩いてくれました。

日常的にハーネスを付けているせいか、
ホールドされている感にあまり違和感がないのかしれません。

お役に立てばいいのですが。


◇9
月開催予定の3Daysイベントのお申込み開始しました。
詳細・お申し込みはこちら↓から。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村
---------------------------------

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

犬と遊ぶ重要性

子犬が来ると一緒に遊ぶにはどうするかといろいろ考えるものですが、成犬から迎えると、いったいどうやって遊んだらいいのかわからなかったりします。

しかし、犬と遊ぶことはとても重要なコミュニケーションのひとつでもあります。

「楽しい!」と犬が思うことで、飼い主と一緒に何かすることに興味を持つようになります。

それはトレーニングにおいても同じで、いろいろなことが上手に出来た報酬として、口の中におやつを放り込むだけでは犬の気持ちまで惹きつけておくことは難しいでしょう。
「おやつの切れ目が縁の切れ目」にならないためには、
愛犬との共通の楽しみを持つことも大事です。

愛犬が飼い主と一緒に遊んだり作業することが楽しくなることで、周囲に多少刺激的なことがあっても飼主さんに集中して遊ぶことができます。

ということで、今日はNさんとの遊び方を少し見直してもらいました。

ただ、ボールを投げて取ってくるだけでなく、途中で引っ張りっこを入れたり、犬に勝たせたり、追いかけさせたり、メリハリをつけて遊んでいただきました。

201905151 

Nさんまだまだ集中力が持続しませんが、遊ぶことが少しおもしろくなってきたようです。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_21
にほんブログ村
---------------------------------

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

気になるものを減らしてあげる。

愛犬との散歩は、愛犬にとっても飼い主にとっても、憩いのひと時であってほしいもの。

辛くて、行きたくないとはお互い思いたくないはずです。
っが、愛犬がいろいろなものに目を奪われ過ぎてしまうと、心地いい散歩時間を共有するのはなかなか難しいものです。

たとえフレンドリーであったとしても、人や犬を見るたびに興奮されれば、落ち着いて散歩できません。
逆に、怖いものが沢山あって、行きたい方向に行かれないのも困りますよね。

気になるものが少しずつ少なくなって、飼い主との時間を楽しめるようになると、散歩自体を楽しむことが出来るようになるはず。

いろいろなものに出会っても、我を忘れることがないように、少しずつ経験値を上げていくことで、犬のストレスも軽減されていきます。

愛犬の成長に合わせて多くを経験させてあげることで、新しい環境にあっても、落ち着いていることが出来るようになります。
もちろん、無理は禁物ですが、多くの人でにぎわうフェスでも静かに待っていられるJさん。

201905071

飼主さんのサポートの賜物ですね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_20
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪

| | コメント (0)

2019年5月 6日 (月)

環境の中に人も含まれる

環境の変化によって犬(動物)の行動は変わるとよく書いていますが、「環境」の中に、人が含まれることも忘れてはいけません。

つまり、周囲の環境を変えることで、犬の行動を変えることはできますが、環境とそこにいる人がセットになっている場合は、環境だけ変わっても犬の行動が変わらないことがあります。

あるいは、同じような環境であっても、人が変わったことで犬の行動が変わることもあります。

このあたりは、ひとつひとつ検証してみないと明確な答えが出ないこともあり、難しい問題と言ってもいいでしょう。

しかし、環境が変わることで犬の行動が変わる。あるいは変えられる可能性がある場合、引っ越しや家族メンバーの変化などでも犬の行動が変わることがあり得ることを頭においておくと、愛犬の行動に変化があったときは原因解明の手助けになる場合があります。

保護犬などを引き取る場合、問題行動と言われる行動が以前の家で出ていても、飼い主が変わったことで出なくなる可能性もあります。
もちろん長年培ってきた習慣を急に変えるのは難しいことですが、「この犬はダメ」というレッテルを貼ることなく、まっさらな目で見ることも必要かもしれませんね。

おうちでは時折イラっとするJさんですが、トリミングサロンでは特に何も問題ない犬のようにふるまっています。
どちらかというと触られてうっとりする表情まで見せています。

201905061

とはいえ、多少パンティングもしているので、素早く終わらせてあげようとトリマーさんも必死です。
笑顔でテキパキ。
プロですね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_20
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

首輪をはずさないで。

狂犬病の予防接種の時期が来ました。

日本では1958年以降狂犬病は発生していないとされていますが、海外ではまだまだ狂犬病は発症しているため、海外から日本に持ち込める子犬の年齢も、狂犬病の清浄国かどうかによて変わってきます。

狂犬病の予防接種の是非は別として、狂犬病の予防接種を受け役所に届けを出すと、狂犬病予防接種の注射済証が発行されます。

この注射済証は私の住んでいる地域では、役所から発行される鑑札に張り付けられるようになっています。

201904181
日常的に首輪をつけている我が家の犬たちは鑑札もつけていますし、当然注射済証も付けています。

今回予防接種を終えた後、いつもどおり注射済証を受け取り、鑑札に貼りました。

201904182



我が家の犬たちにはマイクロチップも入っていますが、鑑札は付けるようにしています。
※マイクロチップは犬を飼っていない人にはまだまだ耳慣れないものです。

なぜなら、万が一放浪するようになっても、首輪が付いていれば誰かに捕獲してもらうことも可能ですし、鑑札が付いていれば届けてもらった後もすぐに確認がとれるはずです。

先日下記のような記事を読みました。

http://inunogassyukusyo.seesaa.net/article/464747276.html?fbclid=IwAR05iie8M94G7oi7AM0yzNFwYjPDFKE7ceJj19NGmuEV3GnY4eyZ1qPZc3Y

新しい家に慣れていない犬であれば、なにかの拍子に家から飛び出さないとも限りません。
もちろん、長年暮らしている家であっても、花火や雷の音に驚いて逃げてしまうこともあります。

「毛並みが悪くなる」とか、「ウチの子は大丈夫」という根拠のない自信ではなく、愛犬の安全のためにも鑑札付の首輪を日常的に装着しておきませんか?

---------------------------------

ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_18
にほんブログ村

---------------------------------

パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0)

2019年2月26日 (火)

犬の感情を無視しないように。

様々な理由で最初の飼い主の元を離れ、
新しい家族のもとで暮らし始める犬たちは沢山います。

私は知らなかったのですが、里親探しサイトの飼い主の中には、新しい飼い主の元に行ったあとも犬たちと定期的に会えるようなところに引き取ってもらいたいという望みを書いている人がいるのだそうです。

別れた犬と定期的に会う。
その犬にとって、かつての飼い主と新しい飼い主との関係はどう理解できているのでしょうか。


30年ほど前、大家に内緒でハスキーの子犬を飼い始めた一人暮らしの男性が、大家にみつかってしまったからと、犬の新しい飼い主を探したところ、公園仲間の一人が手をあげました。

その家庭にはまだ一歳未満の若いラブラドールがいて、同じくらいの月齢のハスキー犬を飼うのは大変だと周囲の犬仲間はみんな心配したのですが、放ってはおけないからと引き取ることになりました。

1ヵ月ほどたち、ようやく新しい環境に慣れた犬と一緒にその家族が公園に来たある日のこと、元の飼い主が仕事帰りに会えるかと思ってと言いながら公園に顔を出しました。

そのときのハスキー犬の喜びようといったら・・・、周囲の犬仲間は言葉に詰まりました。

そして、そのハスキーは再び元の飼い主と引き離されることに。


我が家の初代犬が手術で入院した時のこと、術後数日間の入院が必要ということだったので、私は手術のあと会いに行きたいと申し出たのですが、一緒に帰れないのに来てもらうのは犬にストレスを与えるだけだから遠慮してほしいと病院側に言われました。

たった数日離れるだけであっても、何度も辛い思いをさせるのは犬がかわいそうということです。


たった一度の別れでさえ辛いはずなのに、根性の別れを何度も繰り返させるのは、人間のように事態を理解していない犬にとっては拷問以外のなにものでもないのでしょうか。

初代のボーダーコリーが手術で一泊したときも、病院の外まで彼女の鳴き声が聞こえてきましたが、病院の外で手術が成功したことを電話で確認して寄らずに帰ったこともありました。

犬は環境の変化に慣れるのに時間がかかります。
ましてや人間の事情などわかるはずもありません。

擬人化する必要はありませんが、犬にも感情があることを忘れてはいけませんね。


--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 9日 (土)

子犬とこども

今日はあいにくのお天気だったので、Mさんのレッスンはご自宅内で行いました。

おうちの中ではだいぶ落ち着いてきたMさん、今日はアシスタント同伴です。
遊べると思ったMさん、しきりにアシスタントを誘いますが、無視されました。

つまらなくなって落ち着いたところで、アシスタントにいろいろ指示を出していきます。
アシスタントが何かやるたびにおやつをもらっているのを横目で見ていたMさん、アシスタントと並んで同じように動きます。
両方とも仲良く一緒にご褒美がもらえました。


Mさんのおうちには小学生のお嬢さんがいます。
子犬とこどもの関係はなかなか難しいものです。

Mさんがおうちに来たのはお嬢さんの希望があったからですが、犬はなかなかこどもの言うことは聴いてくれません。

いつしか同じレベルで遊ぶようになり、お嬢さんとしてはちょっと・・・な状況になってしまいました。

そこで、今日のレッスンの後半はお嬢さんにも参加していただき、Mさんへの指示のキューの出し方、褒めるタイミングやおやつをあげるタイミングを実践していただきました。

誰だって自分の話をきいてくれないと楽しくないですよね。
今日のMさんはしっかりお嬢さんの言葉に耳を傾けて、呼び戻しとオスワリまでやってくれました。


201902091


201902092


手を開いておやつをあげるのもポイント。
悪気がなくても、指に歯が当たるとこどもは嫌になっちゃいます。

お互いの言葉が通じるようになるまで、まだまだ時間はかかりますが、まずは一歩前に進めたようです。


--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月29日 (火)

ドッグランには何しに行くの?

犬を放せない環境にある犬飼い人にとって、愛犬が思いっきり走れる場所と言えば、おそらくドッグラン以外にはないでしょう。

実際ドッグランに行く目的って何でしょうか。

・ストレスが溜まった愛犬の運動不足の解消に行く。

・犬友達を作りに行く。

・地域の犬情報を得るために行く。

などなど、ドッグランの利用目的はいろいろあると思いますが、愛犬にとって果たしてドッグランが役に立つか、あるいは嫌な場所となるかは、飼い主さん次第とも言えます。


愛犬の運動不足解消に走らせようとドッグランに入れて、犬は果たして勝手に走るでしょうか。
ボールを追いかけて遊ぶ犬もいますが、ドッグランによってはおもちゃを禁止しているところもあります。

一頭でもぐるぐる走る犬はいます。
あるいは、よその子を誘って走ろうとする犬もいます。
逆に、走りたくないのに、知らない子に追いかけられて逃げ回る羽目になる子もいます。

走って興奮しているとき、愛犬は呼んだら戻ってきますか?

呼んでも戻って来ないのであれば、ドッグランはまだ早すぎるかもしれません。


犬友達を作りたくてドッグランに入るときは、是非入る前にドッグランの中の様子を確認してみてください。
みんなで一頭を追いかけまわしていないか。
新しい犬が入るたびに、過剰反応していないか。

愛犬を守れるのは飼い主さんだけですから、ドッグランに到着しても、中の様子を確認したり、あるいは愛犬が落ち着いていいるかチェックしてから入りましょう。


地域の犬情報は犬仲間から得るのが一番早いですが、人間同士のおしゃべりに夢中になって、愛犬の行動を管理することを忘れないようにしましょう。
他の犬に喧嘩を売っていたり、あるいは仲間に入れずベンチの下でうずくまっているようであれば、愛犬にとって良い経験にはなりません。


201901291


犬密度の少ないドッグランは呼び戻しや、他の犬を気にしない練習には最適です。


201901292

楽しそうに犬同士で走る姿は見ていても微笑ましいものですが、愛犬がストレスを感じていないかチェックするのも大事です。

日本のドッグランは海外のドッグパークのように広くないので、どうしても過密化してしまいます。
毎日通って常連さんにでもなっていれば日常の一部ですが、たまにしか行かないときは犬も緊張します。

ドッグランを愛犬のために有効活用できるといいですね。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月23日 (水)

繋いである犬は放っておいて欲しい

先日朝の散歩の途中でパン屋に寄ろうとしたところ、ちょうど買い物帰りの若いレディたちが、我が家の犬たちを見て、「写真撮ってもいいですか~?」と声をかけてきました。
写真ぐらいなら全然かまいません。

「触ってもいいですか?」との質問には、「白黒の方だけでお願いします。」と伝えました。

こうして飼い主に確認してくれる人は良心的で助かりますが、そういう人ばかりではありません。
基本的には、買い物などの所用で施設内に入るとき、愛犬を外に繋いでおくのは賛成できません。
その理由は大きく分けてふたつ。


ひとつ目は、いくら安全と思っている愛犬であっても、近寄る人間の態度によってはどのように豹変するかはわからないからです。

ふたつ目の理由は、考えたくはありませんが、純血種に見える犬を故意に持ち去る悪質な犯罪も起きているという事実です。


しかし、散歩の途中で買い忘れたものをちょっと買いたいと思うのが主婦で、私も前述のように朝食のパンやバナナを買いに立ち寄ります。
ただし、店のウィンドウから係留中の犬が見えることが条件。
何かあれば、すぐ飛び出します。
停座をさせていたのに、立ってしまっただけでも、再度停座をさせに行くこともあります。


係留中のひとつめのリスクは意外と高いものです。
「かわいい。」と撫でられるだけならまだしも、小さい子供に抱きつかれたり、あるいは通りがかりの犬に吠えかかられたりと、係留されている犬には多くのストレスがかかる可能性があります。
ウチの子は大丈夫と安心せず、愛犬のためには、長時間の係留は避けたいものです。


実際、我が家の初代犬ハスキーは、通りがかりのゴールデン・レトリーバーに吠えかかられて反撃しようとしたので、私が慌てて間に入り、自分が噛まれたという経緯があります。
公園の売店で飲み物を買おうと並んでいただけだったのですが、愛犬に嫌な思いをさせてしまい、連れて並べば良かったと後悔しています。


ふたつ目のリスクがもし起きてしまったらと、想像するだけでも恐ろしくなりますが、皆無ではないことを頭のどこかにおいておく必要があるでしょう。


どちらにしても、街中にいる犬にいちいち干渉しない社会になって欲しいと思います。

飼い主とゆったり散歩している犬。
公園で頑張って社会化している犬。
カフェで飼い主の足元に寝そべっている犬。
店の前で飼い主を待つ犬。

そんな犬たちをそっと見守れる社会になって欲しいと思います。


201901231


--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧