犬との生活

2018年10月 2日 (火)

引っ張りっこはダメ?

引っ張りっこは凶暴になる(噛み犬になる)。
引っ張りっこは負けてはいけない。


未だにこんなことを言う人がいるようです。

子犬同士の遊びを見ていると、タオルの端と端を咥えて、うーうー言いながら引っ張りっこをしているのをよく目にします。

だからと言って、引っ張りっこはダメだとタオルを取り上げたりはしません。
いつも同じ子が勝つわけでもなく、力の強さを見せつけているわけでもありません。
中には、引っ張りっこしようと誘う犬もいます。

つまり、引っ張りっこは犬にとっては遊びの一つにしか過ぎないということではないでしょうか。

先代のボーダーコリーたちを育てたときのおもちゃと言えば、普段私が試合で使いふるしたテニスボールだったので、紐はついていませんでしたが、それでも、咥えているボールを手で引っ張って遊んでいました。
時には咥えた歯が手にあたることもありましたが、「出せ」と言えばすぐ手渡し、また投げたり引っ張りっこをしたりと、ボールを道具に一緒に遊ぶことを楽しんでいました。


最近のおもちゃは進化し、犬たちとの引っ張りっこも大分楽になりました。
時には負けたり、時には出してもらったり、そしてまた投げたりといろいろなバリエーションを楽しんでいます。

引っ張りっこの時は、犬たちも本気で「うーうー」言いながらおもちゃを死守しようとしています。
しかし、もともと遊びのひとつなので、取られたからと言って本気で噛むようなことはありません。

201810021

時には、体ごと吊れてしまうほど、真剣に噛んでいます。


引っ張りっこや噛むことをさせていない犬たちの中には、口に何かを咥えることすら抵抗感を持つ犬もいます。

普段から、噛まれて困る物を犬の視界からなくすだけでなく、噛んでもいいものを与えておくことで、噛んでいいものとそうでないものとの区別もつけやすくなります。

ただし、「穴のあいた靴下はおもちゃにしてもいいけど、新しものはダメよ。」というのは犬にわかりづらいのでやめましょう。

犬らしい遊びを犬から取り上げてしまうと、好奇心も何も持たない犬になってしまうかもしれませんよ。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

愛犬の身体能力を把握する

どんな高いところからでもヒラリと飛び降り、何事もなかったかのように着地して見せるネコたちを見ていると、ついつい犬の野性的な運動神経にも期待してしまいがちですが、実は犬は意外とダサいものです。

例えばドッグランで他の犬と追いかけっこをしている犬。
器用にランの中にいる人間や他の犬を避けて走っている犬もいれば、体当たりししてしまったり、柵など動かない物が避けられないこともあります。
元々動体視力がいい動物ですので、動いている物を避けるのは得意ですが、動かない物に対しては感が働かないこともあるのでしょう。


先ほどのネコの話ではありませんが、中にはネコと一緒に暮らし、彼らの動きをまねているうちに、筋力もアップし、器用に高い所から飛び降りられるようになる犬もいるかもしれませんが、基本的にはあまり期待しない方がいいでしょう。


以前2階への階段の上り下りが危険だと判断した飼い主が、2階の踊り場にゲートを設置したところ、ゲートを飛び越え、階段を踏み外し階下まで転落、骨折という悲惨な結果になった犬もいました。


我が家の老犬も、階段の踊り場に立って、下から上がってくる人を見ているうちに、ふらっとして足を踏み外し降ってきたこともありました。


201809302
※上に座っている犬が降ってきた老犬


この時は、上がっていく私が落ちてきた犬を抱きとめて事なきを得ましたが、トレーに乗せていたものをすべて放り出したため、後の掃除が大変でした。


また、我が家で繁殖した子犬たちが、キッチンに入らないようワイヤーネットを仕切り代わりに使っていましたが、一頭の子犬がよじ登ってキッチンに入ったのを見て、他の子犬がまねてワイヤーをよじ登り、不幸にも2頭目はワイヤーの隙間に足を挟んで骨折という痛い目にあってしまいました。

201809301
※左側の雄犬が得意げに乗り越えたのを見て、右下の女の子が私の見ていないときに暴挙に出ました。
この写真を撮った時は、よじ登ることなど想定していませんでした。
ちなみに子犬たちは生後2か月でした。


犬たちの身体能力の過大評価や過小評価は思わぬ事故を招きかねません。
特に子犬の場合、昨日はできなくても、今日できるようになったことはたくさんあります。
犬の行動を観察することと、あらゆる状況を想定して対応することが愛犬の安全のためには欠かせないでしょう。
愛犬の成長は嬉しいものですが、危険予知も忘れてはいけませんね(自戒)。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月23日 (日)

愛犬同伴結婚式

私が愛犬同伴結婚式にお呼ばれしたのは今から21年前のこと。
当時生後5か月になったクリスを連れて披露宴に参加することになりましたが、一番の問題はトイレでした。

トイレシーツでのトイレはできるものの、さすがに見知らぬ人がたくさんいる場所でのトイレは難しいだろうと式の始まる前に、駐車場の脇にトイレシーツを敷いて何度か促したものの成果なし。

仕方なく会場に入り、新郎新婦入場となったとたん、クリスさん「トイレ~。」ということで大慌てだったことを覚えています。
当のクリスと言えばトイレを済ますと、周りの喧騒をよそにグーグー寝ていました。


201809231


もちろん新郎新婦も愛犬同伴での結婚式だったわけですが、最近は結構愛犬連れの結婚式が当たり前のようになっています。

今回また愛犬を「リングドッグ」にしたいというご依頼をお受けしました。

どうやってリングを愛犬に運んでもらうのか、これから少しずつ愛犬が出来ることを確認しながら決めていこうと思います。
しかし、「リングドッグへの道」はそんなに簡単ではありません。


結婚式場という初めての場所、多くの参列者、環境刺激が多いのでハードルはとても高めです。
果たしてどこまで頑張れるか。

出来る限りサポートしていきたいと思います。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

動物愛護とは。

犬との暮らしに求めるものは人それぞれです。

愛犬と一緒に何かやりたい。
ただそばに居てくれるだけでいい。
出来ればみんなに自慢したい。

理由はどうであれ、そこに犬のキモチや生活に配慮しているかどうかがベースになければそもそも犬と暮らすこと自体が難しくなってしまいます。

ただ問題なのは「犬のキモチ」って何だろうという部分です。

人間の側から見て、「かわいそう」と思える部分が時として犬の立場に立っているのかどうか私は日々自問自答しています。

それは他愛のない日常生活においても湧いてきます。
特に犬たちと一緒に仕事に出ているために、

犬に留守番をさせることはかわいそうなのか。
車に乗せて連れまわすことのストレスはどうなのか。
運動不足の犬たちのストレスを減らすために、更にまた車で移動することは犬にとってどうなのか。
などなど、犬を飼っていない人にとってはくだらないようなことで悩んだりします。


犬のトレーニングに関わっている人の中には、未だに犬を上から服従させるものと考えている人たちがいます。
犬に感情はないのでしょうか。

当然、犬のケアをするのは人間の義務です。
だからと言って、犬の感情を無視することはやはりできません。

犬たちはどうしたいのか?

おそらく人間本位の立場の人たちにとっては、「バカじゃないか?」と言われそうな思考回路かもしれません。

しかし、犬たちが力で押さえつけられ続けた結果、考えることすらやめてしまったら、一般の飼い主さんが家庭犬としてそんな犬たちと一緒に暮らして楽しいでしょうか。


犬たちが日々楽しそうに(意欲的に)学んでいる姿を目の当たりにした飼い主さんは、愛犬の成長に一喜一憂します。
子供の成長とかぶるところがあります。


犬たちのキモチを考えることはとても大事なことです。
擬人化することなく、客観的に見ることも必要でしょう。
もちろん、犬本位だけでは日々の生活は回りません。
お互いうまく折り合いをつける方法を模索しながら暮らしていかなければいけない部分があることも事実です。

かわいいからと、小動物のサイズにまでミニチュア化された犬の健康問題。
あげないのはかわいそうだからと、催促されるままに人間の食べるものを与えてしまい、健康を損ねるほど太ってしまった犬。

保護者であるべき人間と犬とのかかわり方はすべて飼い主さん次第です。


9月20日から26日は動物愛護週間と定められています。

1960年代英国において定められた動物にとっての「5つの自由(Five Freedom)」は以下の通りです。

1. 飢えと渇きからの自由
2. 不快からの自由
3. 痛み、怪我、病気からの自由
4. 恐怖や苦痛(精神的苦痛)からの自由
5. 正常な行動を表出する自由

こんなことも念頭におきながら、愛犬との関わり方についてちょっと考えてみるのもいいかもしれませんね。


201809201
午後から土砂降りで散歩に行かれなかった犬。
人間目線で見れば、不満たらたらな目ですが、実際は夕食が終わって惰眠をむさぼろうとしているところです。
もちろん、ここで声をかければ、喜んで私の都合に付き合ってくれる犬です。
健気ですね。


---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

飼いやすい犬種ってなんでしょう。

先日どこかのサイトで「飼いやすい犬種ベスト〇〇」という記事を読みました。

どんな犬種が入っているのだろうと覗いてみると、ふつうに問題を抱えて相談にいらっしゃる飼い主さんが飼っている犬種でした。

確かに、犬種の特性によっては運動量がかなり必要だったり、吠えやすい犬種だったり、独立心が強かったりと、扱いづらい犬種はあると思いますが、そのような犬種であっても、飼い主によっては大変飼いやすいと思われている犬種もあるわけです。


つまりすべては飼い主次第とも言えるでしょう。
要は犬種の特性が飼い主に合っているかどうかではないでしょうか。

合っていれば至って飼いやすく、合わなければ飼いづらい。

例えば柴犬。
独立心が高く、とても賢い。
しかもある意味頑固。

洋服を着せようとしたり、いつも撫でていようとすれば、柴犬にとってはストレスにならないとも限りません。
そうなると犬はどんな態度をとるでしょうか。


飼い主は毎日ジョギングに愛犬と出かけたいのに、犬の方は家でゴロゴロしていたいタイプであれば、犬にジョギングを強要するのは酷かもしれません。

抱っこしたり、洋服を着せたりしたいのであれば、そういうことにストレスを感じない犬でなければお互い不幸ですし、活発に外で運動したい犬に、一日中家で留守番させていれば、悪戯などで飼い主を悩ませないとも限りません。

飼いやすいか飼いにくいかは飼い主側の問題とも言えるのではないでしょうか。


201809131
走っていないとストレスが溜まってしまう犬。
回遊魚のようにいつも動いている犬。
遊ぼう!といつも気持ちをぶつけてくる犬。

こんな犬を放っておけばきっと問題犬になってしまうのでしょうね。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

犬のキモチを考える その2

一昨日犬同士の挨拶について書きました。

犬だって好き嫌いはあるのですから、すべての犬とうまくやれるとは限りません。

しかし、時折聞くのが、
「ウチの犬は大丈夫です。」
「ウチの犬は大きい犬でも大丈夫です。」
といった言葉です。


「大丈夫」というのは、おそらく相手がどんな犬でも、仲良くできますと言いたいのだと思いますが、ここに相手の犬のキモチは入っていません。


犬が苦手な犬もいます。
相手の性別によって態度が変わる犬もいます。
犬種によっては苦手なタイプもいます。
特に、黒い犬や短頭犬種、目がよく見えない(毛がかぶさっている)犬は相手の犬から警戒される場合があります。


こちら側が大丈夫でも、相手がダメなこともあるので、むやみによその犬に近づけて「お友達になりましょう」という行動を取る前に、自分の犬の様子や相手の犬をよく観察してから飼い主さんに声をかけてみましょう。


これは何十年か前に実際起こった話です。
とてもフレンドリーな小型犬がフリーの状態で公園を散歩していたとき、リード付きで散歩していた和犬に自分から近づき、警告されることなく噛まれて死亡したというものです。
これではお互いが不幸です。

自分の犬はもちろんのこと、相手の犬の状況を観察することも大事なことですね。

201809121


---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月11日 (火)

犬のキモチを考える

「犬に犬の友達は必要か。」

愛犬がほかの犬と一緒に楽しそうに走っている(遊んでいる)姿を見るのは飼い主としては楽しいものです。


201809112


しかし、どの犬もみんな仲良くできるわけではありません。


愛犬に友達を作らせようと、無理矢理よその犬に近づける必要はありませんし、特にリードがつながっている状況での犬同士の挨拶は意外と難しいものです。


今回アシスタントの家族会キャンプに参加し、彼女は多くの親戚犬たちと一緒に過ごしました。
7歳を過ぎて、自分から遊びに誘うこともほとんどなくなったアシスタントですが、ほかの犬たちとも丁度良い距離感を持って接しています。
(実の姉犬とは子供のころやっていたような姉妹喧嘩を1回やりました(汗)。

一方の見習いは未去勢の若い雄犬ですので注意が必要です。
しかも見習いは親戚犬ではないので、ほかの犬たちはほぼ初対面の犬たちと言ってもいいでしょう。


そこで、ほかの犬たちが放れている場所に入るときはこちらもノーリードで入ります。
金網越しの双方の状況を確認してから一緒に入っていきます。

当然のことながら女の子に対してはウェルカムな見習いですが、道端で出逢う他の雄犬に対してはそうでない場合のほうがほとんどです。


しかし今回は飼い主同士が知り合いで、あらかかじめ見習いが未去勢であることも伝え、入ることをアナウンスして入っていきました。


見習いは自分からほかの犬の方に飛んでいくことはありませんが、しばらく時間を共有しているうちに、お互いをチェックするような行動に出始めました。

そんなときには、「喧嘩しちゃダメだからね。」とか「〇〇やったらダメよ~。」とネガティブなことは言わずに、「いい子でご挨拶してねぇ」と言いつつ、様子を見ながら2頭が近寄って2~3秒たつかたたないうちに見習いを呼び戻します。
犬同士の挨拶の3秒ルールとも言われています。


お互い斜に構えて近寄っていきながら、少し匂いを取っている間に呼び戻します。
なぜなら未去勢同士の初対面の挨拶は、最初から戦闘モードでなくても、いつ一触即発になるかわからないからです。
しかも、今回のキャンプでは女子もたくさんきています。
何が原因になるかはわかりません。

現に別の雄犬と挨拶を始めたときは、お互い何か言おうとしたので、間髪入れずに「来い!」で見習いを呼び戻しました。


その後見習いは雄犬君がそばを通っても、私の足元でフセて見ないようにしていました。
見ないことで言っちゃいけないことを言わないようにしていた見習いはそれなりに頭を使っていたようです。


201809111


犬にも人間同様好き嫌いはあります。
友達を選んであげるのではなく、犬に選ばせることが大事です。
そのためには、余計ないざこざが起きないようにサポートすることも忘れてはいけませんね。


201809113
一度でも本気の喧嘩をしてしまえば、この距離で一緒にいることはおそらく無理でしょう。
喧嘩しないでいることがいいことだと犬に伝えていくことも大事ですし、そのための環境設定も大事です。

適当な距離を取ることで、お互い気にならないでいられることが大事ですね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 2日 (日)

愛犬とどんなことをして遊んでいますか?

子犬のころは、飼い主の後ろを楽しそうにくっついて歩いていたのに、次第に来てくれなくなって、遊んでくれなくなったなんてことはありませんか?

犬と遊ぶってどんなことでしょう。

ひっぱりっこ?
ボール投げ?
ディスク投げ?

どれも、犬たちが本能的に喜ぶことですね。
何かを噛んで引っ張る。
何かを追って走る。
犬たちにはとても楽しい遊びのはずです。

しかし、犬にも個性があって、すべての犬がそういう遊びが好きとも言えません。
難しいところです。

日々のトレーニング一つをとっても、「あれしろ、これしろ」という上から目線で教えていけば、できなかったことが重ねれば、褒められない犬たちは次第に楽しくなくなっていくでしょう。

しかし、教え方ひとつで、トレーニングそのものを楽しそうにやってくれる犬たちもいます。
「お勉強はつまらないもの」という先入観を捨てることも大事ですね。

そしてやりすぎないこと。
遊びだから楽しいだろうと強要していると、なかには飽きっぽい子もいるので、楽しさが半減してしまうかもしれません。

犬のほうから、「遊ぼう♪」といいに来てくれるくらいがいいのかもしれませんね。

犬が来てくれたら、是非犬に追いかけさせてあげてください。
追いかけられるのが好きな犬もいますが、犬同士ならちょうどよい運動になっても、人間相手では、人間がへばってしまいますし、追いかけられることが好きになると、なかなか呼んでも戻ってくれなくなってしまいます。


201809021_2
引っ張りっこが大好きなアシスタントと

201809022
咥えて走るのが大好きな見習い。
もちろん、見習いは投げてもらって走るのも大好きです。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月17日 (金)

愛犬との距離感大丈夫ですか?

子犬はかわいいものです。
ついついずっと見てしまったり、かまいすぎてしまったりするものです。
でも、子犬だって一人で休みたい時があります。
というより、休ませてあげないとちゃんと育ちません。


むか~し、ペットショップから子犬を連れて帰ってきたら、食餌以外は1週間ぐらい段ボールに入れて外に出すなと言われた人がいたそうです。
それはあり得ませんが、落ち着いて寝る時間や休む時間は大切です。


トイレトレーニングが上手に出来ないうちは、ケージやクレートを使って、失敗させないようにすることはよくありますが、トイレの失敗や悪戯をしなくなると、フリーにしている家庭も多いものです。
わが家も基本はフリーですが、多頭飼いということもあり、犬たちは休みたくなると勝手にクレートに入って寝ています。

呼ばれる前に誘いに来る犬もいれば、呼ばれるまで待機している犬もいます。

仕事柄一緒にいることが多い犬たちですが、家にいても机に向かう時間が結構長いので、犬たちはかまってもらえない時間があります。
外出して戻ってくれば、犬たちの大歓迎が待っています。

ところが、日中ずっと愛犬と一緒にいて、いつもかまっていると犬たちがお腹いっぱいになっていることがあります。

散歩に出ると、飼い主そっちのけで周りばかりを気にしたり、呼んでも全然戻って来ないということもあります。

愛犬を遊ぼうと誘ってみても、「今はいい。」と言われてしまうことはありませんか?

クレートに入れっぱなしというのは好きではありませんが、「たまには一人にさせてよ。」と言われないくらいの距離感も大事ですね。

201808170
振り返ればいつもこんな風に見ていてくれると、若干うっとうしさもありますが、この子たちの意欲を落とさないようにしなければと気を引き締められます。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月24日 (火)

愛犬に求めるものは様々でも


犬と暮らし始めるとライフスタイルは一変します。
そして、犬の世界が広がり、犬友も増え、犬に対する考え方も変わってくるでしょう。
愛犬と一緒にやりたいことが増えたり、世界が広がっていきます。
初めての犬であれば犬について多くのことを学ぶことにもなります。

そして愛犬との関係をどういうものにしたいのかということも次第にはっきり見えてくるでしょう。

愛犬との暮らしは、飼い主と愛犬の数だけあって、みんな同じではありません。
愛犬とドッグスポーツを楽しむひと。
競技で高みを狙うひと。
一緒に旅行を楽しむひと。
日々一緒にいるだけで十分なひと。

いずれにしても、飼い主と犬がストレスを軽減しながら一緒に暮らしていけるといいと思います。
そのためには、愛犬が人間社会で共存するために必要なことを教えることは飼い主の義務と言ってもいいでしょう。
どんな素性の犬であっても、最低限のマナーはお互いだけでなく、周囲の犬や人のストレス軽減に役立つはずです。


人間も犬もついつい環境に慣れてしまいます。
いい環境に慣れるのは望ましいことですが、環境が悪化していることに気づかないこともあります。

時々見直してみるのも必要かもしれませんよ。

刺激的な環境に順応できずに興奮してしまった見習い。
まだまだマナーがいまひとつですね。
自戒の念をこめて。

201807241


---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧