犬との生活

2020年1月 5日 (日)

ブリーダーの役割

今日はアシスタントニコルの親戚さんが集まる新年会がありました。

ニコルは生後5か月で縁あって知人のブリーダーさんから我が家にやってきました。
知人だったこともありますが、何かあれば気軽に相談できるのがブリーダーさんです。
健康面、日常生活面などなど、該当犬種の経験豊富なブリーダーさんだからこそ出来るサポートです。

ニコルのブリーダーさんと介して繋がったものは大きいです。
二頭目も同じブリーダーさんからという方も多いです。

新しい家族を迎え入れた飼い主さんはブリーダーさんから教わったことを頼りに、
その犬種やその子のことをもっとよく知るようになり、その子のプロになっていきます。

親戚さんが集まる席では、いろいろな話題が飛び出してきます。
もちろん、その家の事情によってルールは異なりますが、
同じ犬種を飼う者同士は良き相談相手ともなります。

ブリーダーさんはそんなサポートをしてくれる頼りがいのある人であってほしいですね。

年に数回開催される親戚さんの集まり。
次回はBBQでしょうか。

202001051


------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年12月27日 (金)

意外と知られていないコングの使い方

先日のWanByWan主催のラリーオビディエンストライアルではコングジャパンさんが協賛してくださったのですが、その時お話しに出たのが、犬を飼っている人でコングのことを知らない人はほとんどいないけれど、その使い方をきちんと知っている人は意外と少ないということでした。

実は我が家の見習いもコングのお世話になりました。
今でもです。

彼は生後4か月のころ、アシスタントとオビディエンスのワークショップに参加すると文句を言ったので、小さいコング3つにふやかしたフード一食分をギュウギュウに詰めて渡し、クレートにカバーをかけておいたところ、アシスタントの出番の間一切吠えることはなく、その後はクレートの中でのんびり昼寝をしてくれました。

その後も彼はドッグダンスのイベントや、レッスンなど、多くのことを経験していくことになりますが、コングがその度に大活躍でした。

今でも、外出するときは、二頭にビスケットが詰まったコングを置いていきます。
コングが無くても、悪戯は全くありませんが、コングがあることで、少しは暇つぶしになるからです。

コングはその形状を見ても、予想外に弾むことで、犬たちは一人遊びもできます。
もちろん、投げてやればキャッチしたり、取りに行ったりということもできます。

噛む力によって、素材の方さもいくつか用意されているので、その犬に合ったものを選ぶことができます。

すべての犬が好むと断言はできませんが、少なくても多くの犬にはとてもいいツールになります。

コングに詰めるものは、フードだけでなく、クリーム状のものも舐めるという行為は犬が落ち着くので有効です。
取りづらい固めのジャーキーのようなおやつも時間がかかるので、いい暇つぶしになります。

犬を退屈させないことが悪戯防止にも役立ちます。

小さいころに覚えた習慣は、その後も続くことが多いものです。
是非いろいろ工夫して使ってみてください。

先日参加賞としてご提供いただいた商品はデンタルケアにも役立つデンタルウァバでした。

201912271

噛んでるだけでも、犬たちには楽しいですね。
--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年12月24日 (火)

犬は家族。犬はパートナー。

犬と暮らす人にとって、犬の存在意味は様々ですが、
お互い心地よく共生したいと多くの人が思っているのではないでしょうか。

そんな犬たちとの暮らしをスタートしようと思ったとき、
素性や血統が明らかな純血種を選ぶか、素性のわからない犬を選ぶかは、犬と暮らす目的によって異なってきます。

素性がわからない犬の中には保護犬なども入ります。
保護犬に関しては、行政や多くのボランティアの方たちの手を借りながら、
新しい飼い主さんの元に手渡しされている現状があります。
その活動には本当に頭が下がります。

しかし、最近は「犬を飼うなら、お金を出して純血種を買うのではなく、保護犬を引き取りなさい。」といった風潮が見え隠れしています。

保護犬を選択肢に入れることは大事なことですが、
保護犬を選ばなかったことを否定したり、批判することはナンセンスでしょう。

犬種にはそれぞれ、長年人間によって作業の目的別に改良を加えられたという歴史があります。
なかには、健康上の問題を抱える可能性の高い犬種もあります。
「かわいい」からと、安易に選んで欲しくない犬種もあります。
それをすべて人間のエゴのせいだと否定すればいいのでしょうか。

「ブリーダー」と聞くと、すぐ悪徳ブリーダーを想像する人もます。
実際は純血種のスタンダードを後世に繋いでいくために、真摯にブリーディングをしている人がいる一方
今はこれが流行りだからと乱繁殖してしまうブリーダーもいます。
だから十把一絡げにブリーダーは良くないと決めつけるのもナンセンス。

犬を飼うと決めたときから、ある程度未来を予測しながら、犬種なり、入手方法なりを選択すればいいのではないでしょうか。
ただし、一度暮らし始めたら、その犬を最後まで面倒みるための努力を惜しんではいけません。

ごはんを食べさせる。
健康を管理する。
運動させる。
社会化させる。
他人に迷惑をかけないようにする。などなど。
当然お金もかかります。

純血種は高いけど、保護犬はただだから。
なんていう人は絶対犬を飼ってはいけません。
犬の健康管理には、ワクチンなども含め、さまざまな出費が必要だからです。

犬を飼うことで、なにがなんでも犬を一番に考えようとすれば、
生活は窮屈になってしまいます。
お互いが共生しやすい環境づくりをすることで、多少手を抜いたとしても、
犬の安全が保たれるのであれば、個人的には許される範囲もあると思います。

無理をすれば必ず破綻します。
これは婚姻関係にも言えることですが(笑)。

勝手な解釈でなく、ほんとうの犬のきもちを理解しながら、末永く共生できるように
努力していきたいですね。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

犬と遊ぶ

犬の遊びは様々です。
犬同士の遊び。
一人遊び。
人と遊ぶ。

どれも犬にとっては大事な営みです。
どれかに偏ることなく、まんべんなく楽しんでくれると犬としての犬生も豊かなものになると思います。

なかにはサポートしてあげないと、上手に遊べない子もいるかもしれません。

個体によっては、このおもちゃよりこっちのおもちゃの方がという場合もあります。
ボールが好きな子、ぬいぐるみが好きな子、ロープが好きな子いろいろです。

さて、今日のプライベートレッスンではEさんとの遊びを考えてみました。
Eさん、ボールが大好きで、投げて欲しくてたまりません。
ただ、そんな時はボールしか見ていないので、
持ってきたボールを手前に落として、ボールから目を放しません。
だれが投げてくれようがあまり関係ないようです。

ボールは手渡しした人が投げてくれると認識して欲しいので、
できるだけ、そばまで持ってきてくれるように伝えたいものです。

今日は投げるだけではなく、家の中でボール探しもやってもらうことにしました。
最初はちょっと戸惑っていましたが、飛んでいるボールを追いかけるだけでなく、
鼻を使って探し出すことも覚えてくれました。

201912061
このおもちゃよりボールの方が好きなEさんですが、
これで引っ張りっこもやってくれます。

人との関りの中での遊びを楽しんでくれるといいですね。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年11月17日 (日)

犬のマナー

今友人がドッグダンスの世界大会(FCI - Dog Dance World Championship)に出るためにドイツに行っています。
そこから発信してきたコメントに、ホテルに泊まったら、愛犬のお行儀が良かったので、犬の宿泊料金はいらないと言われたとありました。

お行儀がいい犬には特典がある。
とてもいいことですよね。

お行儀が悪い犬でも、日本においては国民性として特定の犬を出入り禁止にすることはなかなかできないようで、結局すべての犬が出入りできないというルールに変更されてしまうことがよくあります。

かつてJKCBHのテストを導入したとき、テストに合格している犬は、一般施設に入れるようにしたいという説明がありました。
しかし、あれからずいぶん経ちますが、我が家の周りに「BH合格犬は入れます」といったサインを掲げている店を見たことはありません。

なかなか犬のマナー向上につながらない理由はどこにあるでしょう。

 

そもそも「お行儀(マナー)」って何でしょうか。

犬と言えば「しつけ」や「訓練」あるいは「トレーニング」という言葉がついてきます。

「トイレのしつけ」
「服従訓練」
「ドッグスポーツのトレーニング」などなど、いろいろな場面で出てきますが、「お行儀(マナー)」はすべての根底に関わるものではないでしょうか。

 

例えば、どんなに良い成績を残すスポーツドッグであっても、街中を落ち着いて歩けなかったり、どこにでも勝手に排泄してしまうというのであれば、周りに迷惑をかけることになってしまうでしょう。

周囲の刺激に影響されることなく、平常心でいることで、飼い主さんの声も耳に届き、危険を回避することも可能になります。

いつもハイテンションでは、たとえ愛想はよくても、人の話がちゃんと聞けなかったり、あるいは興奮して、他の犬に嫌がられるなんてこともあるでしょう。
犬同士のルールも大事ですよね。

ちなみにアシスタントは若いころから、多少キャピキャピしている部分はありましたが、周りの空気を読み、ハンドラーの声にも耳を傾けてくれていました。
今でも、家庭犬としては信頼できるパートナーです。

一方なんにでも興味津々で、意欲的に動く見習いのほうは、ようやく4歳になりましたが、相変わらず、気が多少小さく、言わなくてもいいことを言ってしまったり、愛想が良すぎてウザがられるなんてこともあります。
彼に平常心が身につくのはいつのことか。
でも、保護者としてはあきらめずに、身に着けてほしいマナーを学習できるようにサポートしていくだけです。

我が家に滞在中の知人の愛犬、言葉が通じるので、一緒にいてもとても楽です。

昨日の遠征中でも、静かにクレート待機が出来たり、外で遊んでいても、呼べばすぐに戻ってきます。
飼主さんがきちんとマナーを教えているからですね。

201911171

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

ドッグランに求めるもの

日本にドッグランが出現してからかなり経ちます。
一口にドッグランと言っても、施設の状況は様々。
何千坪もある広大なドッグランから、テニスコート一面もないくらいの小さいもの。
グラウンドの素材もいろいろです。
っが、共通していることは、その中ならリードが外せるということ。

日常の散歩などではノーリードに出来ない犬たちを自由に遊ばせたいと思って、ドッグランを活用する人がほとんどでしょう。

では、犬たちにとっての遊びとは何でしょう。
匂いを嗅ぎながら好きに歩き回ることや、他の犬と追いかけっこをしたり、あるいは、飼い主さんが投げるボールやディスクを追いかけたりと様々です。
これらのことは、リードが付いていては思うようにできませんし、怪我にも繋がりかねません。
自由に動き回れるからこそできることは沢山あるでしょう。

私も、リードから放たれて好きなように走らせてやりたいと思うと、時々平日の空いた時間を見計らって犬たちをドッグランに連れて行くことがあります。
アシスタントの方は、気に入った子がいれば挨拶に行くし、一緒に走れる子がいれば仲間に入ったりしますが、よその飼い主さんの傍で「撫でて~。」とくっついていることもあります。

一方見習いの方は、走りたいタイプなので、勝手にグルグル動いたり、私に何かをせがんで傍から離れなかったりします。
気の合う子がいれば挨拶をし、女の子がいると気になったりします。
しかし、若い未去勢オスなので、同様のオス犬がいれば緊張することもしばしばです。

そんなときは、手元に呼び寄せて、私の周りで遊ぶように言いますが、それでもしつこく見習いを追いかけてくる犬もいて、飼い主さんが気づかない場合は仕方なく撤収することにします。

要は、自分の犬が快適に過ごせる場所を作ってやること。

ドッグランで犬友達を作らせたいと思う飼い主さんは沢山います。
しかし、犬にも相性があるので、すべての犬が仲良くできるわけではありません。
犬種によって遊び方が違うこともあります。

顔の造りや尻尾の形状が違うだけでも、双方の気持ちがうまく伝わらず、コミュニケーションが取れないこともあります。
例えば尻尾、緊張すると高くあがって、小刻みに振ることがありますが、元々尻尾が高く上がっている犬もいます。
この体勢を見ただけで緊張する犬もいます。

人間同士でも会話がうまく伝わらないことがあるのに、犬同士だから大丈夫ということはありません。

犬は犬から学ぶということも正しい解釈です。
っが、だからと言って犬任せにしておいては、愛犬がとんだトラウマを作ってしまうこともあります。

アシスタントが若いころ、初めて連れて入った近所のドッグラン。
周りを確認しながら、ゆっくり入っていったアシスタントを、ちょうどいい獲物とばかりに追いかけ始めた二頭の大型犬。
飼主は呼び戻そうともせず、あわててアシスタントを呼び戻すも、背中に歯を当てられて悲鳴を上げる始末。
以来、アシスタントはこの犬種を見ると逃げるようになりました。


愛犬の様子をよく観察しつつ、周りの犬たちの動向も確認し、上手に愛犬の成長をサポートしてあげることが大事です。

おしゃべりに夢中になって、愛犬が怖い思いをしたり、あるいはいじめ役になっていないかを確認することも飼主の大事な役目ですね。

生後5か月の見習い。
201911091
上手に挨拶が出来るときは、相手の犬も落ち着いています。

201911093
相手の犬が興奮していると、見習いはかなり萎縮していました。

愛犬にとってドッグランが楽しい場所になるかそうでないかは飼い主さん次第ですね。
201911092

どんなときも、名前を呼ばれたらすぐ飼い主さんの元に戻る習慣がついていると安心ですね。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年11月 5日 (火)

オス犬、メス犬、どっちがい~ぃ?

トレーニングのときよく出る言葉「女子ですからね。」とか「男の子はねぇ。」

人間は女の子の方が「おませ」と言われるように、男の子と比べると精神年齢が高く、早く大人になったように見えます。
犬も同様で、一般的にオス犬よりメス犬の方が早くに落ち着きます。
オス犬の場合よく言われるのが、「4歳ぐらいにならないとね。」と言うことば。

女の子は、何回か言い聞かせ、どっちが得かよく考えてみてというと、
意外と早くにこちらの望む行動をとってくれるようになりますが、
男の子は、目先のいいことに目もくれず、「我が道を行く」というような行動をとることもあります。

いわゆる、女子は打算的で、男子は欲求を優先する。

だからと言って、放っておいては男の子も学習しないので、
「ほんとに聞いてるのか?」という疑念を持ちながらも、伝え続けることは大事です。
あるとき、急におりこうさんになっていたりするからです。

オス犬とメス犬、どっちを飼おうかと迷ったとき、
こんなことも検討材料になるかもしれません。

もちろん、そのほかにも多くの検討材料があります。

先住犬がいれば、その子との折り合いもあります。
個人的な嗜好もあるでしょう。
男性は女の子を好み、女性は男の子を好む傾向があるようです。

我が家は、男子に始まり、女子、男子と女子、女子、男子といった具合で、オスメス両方と暮らしていますが、どちらもいいパートナーです。
女の子は信頼出来て、家庭犬としては最高です。
男の子はおバカで、いつもひやひやさせられるのですが、これは無条件にかわいかったりします。
多分私が女性だからでしょうが。

また、オス犬は個体によっては自己主張が強すぎて、
ホルモンに影響されやすい部分もあります。
厄介です。

いずれにしても、15年ぐらいは一緒に暮らす相手です。
よ~く考えてから決めることをおすすめします。
まぁ、そうは言っても、一緒に暮らし始めれば最高のパートナーになるはずです。

201911051
朝っぱらから見習いVincentにしつこく誘われてHelp me!なアシスタントニコル。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年10月23日 (水)

やはりやって欲しいハウストレーニング

何度も繰り返すようになりますが、今回もハウスのおはなし。

愛犬を狭いハウスに閉じ込めるのはかわいそう。という誤解(勘違い)を払拭しませんか?

確かに、今までハウスを使っていなかった犬を急にハウスに入れてドアを閉めれば文句を言われるのは当然ですが、ハウスの中がもし快適だとわかれば、少し滞在するくらいなら進んで入ってくれるでしょう。

前回の「子犬の行動を嘆く前に。」でもハウスの話が出ましたが、
愛犬の安全確保のためには、ある意味危険物からの隔離ということも考えなければいけません。
それがうまくできないと、別の部屋に入れたり、あるいは犬専用の部屋を作るといったことが必要となるでしょう。

私の自室はある意味犬専用部屋ですが、そこにも修理の人など、外部から人が入ってくることもあります。
そんなとき、我が家の犬たちは、挨拶したくて大興奮になりますが、中には犬が苦手な人もいますし、犬が周りをうろちょろしていれば作業の邪魔になってしまうこともあります。

「ハウス」と言われて、中でおとなしく待っていられれば、犬にとっても、人にとっても安全・安心です。

災害時の同行避難ということも最近は話題になっていますが、
同行可能だからと言って、周りの人すべてが犬好きとは限りません。
犬にとっても、周囲の視線から守ってくれるハウスの存在はオフの状況を作ってくれるので、休息出来る場でもあります。

ちなみに我が家でお預かりする場合、必ずクレート(ハウス)を持ってきていただきます。
私の目が届く状態であれば、犬たちがフリーでいても問題ありませんが、
何か勃発するのは私の目がないとき。
つまりコントロール(管理)する人間がいないと、
犬たちが自分たちで解決しようとして、とんでもないことになりかねません。

そのため、ちょっとお風呂に行くとか、ちょっとご飯を食べに階下に降りるといったときは、必ず預かり犬にはハウスに入ってもらうようにしています。
場合によっては夜も安眠できるようにハウスに入ってもらうこともあります。

以前ある生徒さんがドッグホテルを利用されたときのこと、
そこは「犬たちがフリーでいられる」というのが売りだったようですが、
生徒さんには逆のよその犬との距離がストレスになってしまい
体調を崩してしまったそうです。

いずれにしても、ハウスは犬にとって安心できる場所と早くから教えてあげることが大事ですね。

201910231
ハウスがあっても、仲良く遊びたいときは、ベタベタ遊ぶのもOK。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年10月17日 (木)

犬はサイズに関わらず適度な運動は必要です。

「犬は暇になると悪戯をする。」ということは
今や多くの飼い主さんたちに知られている事実です。

悪戯をさせないためには、頭を使わせたり運動させたりして、
犬を心身ともに満足させ、それによって適度な疲労感を与えることが、
その後の休息時間を有意義なものにしてくれます。

「小型犬だから散歩がいらない」
とか、
「散歩は歩くだけで十分」
といったことは正しくないことがお分かりいただけると思います。
※歩くことも大事です。

とは言っても、なかなか十分な運動量を保証してあげられないのも都会にあってはよくあることです。

しかし、だから運動不足も我慢しなさいというのは犬にはアンフェアですね。

十分に走らせてあげられないのであれば、それに代わる遊びを工夫してあげることも必要かもしれません。

貴重な時間を是非愛犬のために少し割いてあげましょう。

おそらくそれによって、愛犬のやけに高いテンションや興奮といったものは解消されるかもしれませんよ。

若い犬にはある程度の運動量は欠かせません。
お散歩のでだしにガンガン引っ張って困るのであれば、
落ち着け落ち着けと抑えるのではなく、
先に少しはしゃいでガス抜きしてみてもいいかもしれませんね。

201910171  

お散歩に脚側は必要ありませんが、飼い主さんのことを意識してくれると都会は危険回避しやすいですね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年10月10日 (木)

犬の耳

愛犬にちゃんと言葉が伝わっているか気にしたことありますか?

今朝、たまたま仕事に行く途中で目にした光景。

目の前を自転車に乗った学生が通り過ぎて行ったあと、
すぐ後ろから追いかけるように出てきた女性。
「〇〇君、待って!」

手に書類のようなものを持って走り去る学生に女性が呼びかけていましたが
学生には届きませんでした。
恐らく、息子さんの忘れ物を届けようとしていたお母さんだと思われます。

この時ふと思ったのが、人間の耳も犬の耳のように、後ろにも向けられれば、
聞こえたかもしれない。ということ。

犬に何かを伝えようとするとき、ハンドラー(飼い主)は犬がちゃんと聞いているかどうか確認する必要があります。
他に気を取られていれば、聴いていないこともあるからです。

そんなことから、「アイコンタクト」が取れていると、犬が人の話に耳を傾けやすくなります。

201910101

こんな時は大体聴いています。

一方目が合っていないと聞こえないかもしれないと感じますが、
実は耳だけこっちに向けていて、ちゃんと聴いていることもあります。

201910102

犬の注意がどこに向いているか、耳の向いている向きを見てみるとわかるかもしれませんよ。

立ち耳でなくても、耳の付け根を立ち上げて聴いていることもあるので、よ~く観察してみてくださいね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧