犬との生活

2019年1月17日 (木)

愛犬のウ〇〇は?

なんとも変なタイトルですが、犬を飼っている以上、愛犬のウ〇〇とは切っても切れない間柄。

お腹を壊していないか、変なものが混じっていないか。
そんなことをチェックしながら、毎日愛犬のウ〇〇を見て、愛犬の健康状態を確認するのは飼い主にとってとても大事なことだと思うのですが、意外と気にしない人も多いようですね。

たとえ気にしたとしても、持って帰らない人も多いようです。
でも、自分がトイレに行けば、必ず流してきますよね。
次に入った人が不快な気持ちになるのは目に見えてますから。

そうなると、愛犬の落とし物も、次にそこを通った人が踏んでしまったり、また翌日の散歩で自分が踏んだり、はたまた愛犬が踏んだりと、いろいろ事故が起きるかもしれません。

今日は出先で広場を見つけたので、レッスンの合間に犬たちを車から降ろしたのですが、なんとそこいらじゅうに放置してあり、踏みそうになってしまったので、さっさと撤収してきました。

遠目には綺麗な広場ですし、まさかこんな状態とは思いませんでした。


201901171


そんなことが多く見受けられるエリアでは、「犬の立ち入り禁止」という看板が立っている公園もあるようです。

確かに、犬と関係の無い人々にとって、地面のあちこちにそんなものが落ちていたら、のんびり散歩もできません。

犬を飼っている人間だって嫌な気持ちになるのですから、そうでない人はもっと不快に思うでしょう。

私も一度踏んだことがありますし、我が家の犬も雨上がり、そのうえで寝っ転がってスリスリしたので、着ていたTシャツを捨てて帰ってきたことがあります。

マナーがよくなると、犬が入れる公園も増えるのかもしれませんね。


--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 8日 (火)

犬が来るのを待つ


「犬はネコと違ってすぐに人間に慣れる」というのは大きな思い込みです。

例えば、子犬を見にブリーダーさんのところに行けば、向こうから飛んでくる子犬もいれば、部屋の隅っこで様子を見ている犬もいます。

場合によって母犬は外からきた人間に対して警戒心を示すかもしれません。

つまり、どの子もみんな人間にすぐ慣れるわけではないのです。


最近は保護犬を引き取る方が多くなっています。
保護犬の場合は、保護されてから新しい飼い主さんのところに行くまでどのような経験をしているか謎が多いものです。

そんな彼らに対し、「かわいい!」と真正面から近寄って抱き上げようとすれば、当然犬は怖がって固まってしまったり、逃げようとしたり、あるいは唸ったり吠えたりするかもしれません。


私のクライアントさんには保護犬の一時預かりをしていらっしゃる方がいます。
レッスンに伺うと、いろいろな犬たちに遭遇しますが、預かりさん宅に来てから数週間経っていても、預かりさん以外のそばには絶対寄って来ない犬もいます。
そんなときは犬が自分から興味を持って、近寄ってくるのを待ちます。


前回伺ったとき、そんな子犬がいました。
1時間程度のレッスン時間中、何度か様子を見ていますが、他の子が褒められたり、おやつをもらっていたりしても、全く動く気配がありませんでした。
私も特にその子に接触せず、時折名前を呼んで、ケージの中におやつを一個そっといれてやりました。
その子は私が離れると、そっとおやつを取りに来て、またケージの奥で固まっていました。


その子に新しい飼い主さんがみつかったと今日聞きました。
郊外の広い敷地があるおうちに引き取られたとのこと。
なかなか心を開かないその子に、飼い主さんはじっくり向き合ったところ、先日初めて夜中に「ワン」と言ったので、「トイレに行くの?」と出してやったら、済ませて戻ってきたそうです。
会話が少しできるようになってきたようですね。

犬たちは人間のよき友達であることに違いはありませんが、いろいろな事情で人間を怖いと感じる犬たちもいます。
そんなときでも、無理やりではなく、犬のペースで自分から寄ってきてくれるのを待つことが大事ですね。

どんな犬も同じトレーニング方法が有効なわけではありません。
一頭ずつ、個体にあった対応が必要ですね。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 3日 (木)

愛犬のおもちゃ、チェックしていますか?

あかちゃんのおもちゃの安全性はとても気になるものです。
形状、素材、口にいれても安全かどうかなど。
特に、ぬいぐるみの目など、誤飲しては危ないものを確認するのは親の役目です。

一方犬の場合も、おもちゃは確実に口を使うので、誤飲の可能性は否めません。
子犬はもちろんのこと、成犬であっても一瞬のミスで大事故になることもあります。

危ないと言われるもの中に「枝」があります。
飼い主が投げた枝を喜んで拾ってくる犬がいます。
飼い主が投げなくても、落ちている枝を拾ってカミカミする犬もいます。

しかし、外部からの刺激で興奮したりすれば、その枝が誰かを傷つけたり、あるいは喉にささるなどのアクシデントにならないとも限りません。

また、本来は問題の無いボールであっても、サイズによっては、キャッチしたとき、勢い余って喉に詰まらせるということもあります。

ということで、愛犬のおもちゃチェックはとても大事なことと言ってもいいでしょう。

我が家の犬たちの大好物であるひも付きボールですが、だいぶ傷んできて、とうとう持ち手が切れそうになってしまいました。


201901031


引っ張りっこの際切れて飼い主が転んだり、あるいはボールだけが犬の口に残る可能性もあります。

いずれにしても、壊れそうなおもちゃは危険をはらんでいます。

時々おもちゃチェックしてみましょう。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

ドッグトレーニング:会話は大事

2019年が明けました。
あっという間のように感じるのは歳のせいでしょうね。

201901011


さて、犬が多くの単語を覚えることは、10年以上前のNational Geographicにも載っています。

犬は子犬のころから人間に対して恐怖感を植え付けられたり、あるいは人間と隔離されて育てられたりしていなければ、基本的には人間のそばにいようとする動物です。

傍にいれば、当然のことながら人間の会話を常に耳にすることができます。
耳から入った言葉や人間の仕草、人間から受けるトレーニング等によって、犬たちは多くの言語や行動を学んでいるわけです。

人間の側も、長く犬たちと暮らしていると、ついつい普通に犬たちに話しかけるようになります。
動物と暮らしたことのない人にとっては、一見危ない人のように見えますが、きちんと意思の疎通をしようとすることはとても大事なことです。

犬は飼い主の様子を飼い主が犬を見る以上に観察しています。
いつもそばにいれば、
「そろそろ散歩に行くんじゃないか。」とか、
「そろそろご飯かなぁ。」とか、
「もう寝る時間だな。」と予測し、同時に言葉を聞いて、行動と言葉がリンク付けされていきます。

緊急を要するような行動のキュー(マテやフセ、コイなど)に関しては、短く、はっきり伝えることが基本ですが、日常会話においては、子供に話しかけるような言葉でも理解できるので、すべてを命令口調で言う必要や、大声を出す必要もありません。

大事なことは、本当にやってほしいことは、きちんとやってもらう習慣をつけること。

愛犬との会話が成立すると、ドッグライフはもっと楽しくなるはずです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月29日 (土)

トイレ話つながりで。

昨日はトイレシーツの話でしたが、今日はトイレトレーニングに絡んだお話し。

トイレトレーニングについてはあちこちで書いていますが、基本は犬にトイレスペースを教えてあげればいいことです。

トイレの失敗(人間にとって)は、犬がトイレの場所を認識していないか、トイレが遠くて間に合わないか、あるいはトイレのスペースが落ち着かなくてそこで済ませたくないかといった理由があげられます。

そこで、トイレトレーニングが済むまでは、ハウスとトイレの行き来以外はさせないようにとアドバイスをされた飼い主さんがいらっしゃいました。

確かに、ハウスとトイレ以外しか自由に動けるスペースが無ければ、ほぼトイレの失敗は起こらないでしょう。
しかし、生後4か月から5か月の元気いっぱいの子犬の移動スペースを限定してしまえば、当然余分なパワーが余ってしまい、ハウスから出てトイレを済ませても、すぐハウスに戻ろうとはしません。

飼い主さんの手をすり抜けてしまえば、部屋中を走り回りまわったり、人間に飛びついたりと、有り余るパワーがさく裂してしまいます。

さらに、トイレトレーニングが完璧になるまでは、散歩にも行かないようにとアドバイスされてしまったので、生後7か月を過ぎて外に出たときは、周囲の刺激に気を取られ、まったく飼い主さんの声が聞こえない状態に。

トイレトレーニングは大事です。
失敗させない環境設定も必要です。
しかし、それだけに特化してしまえば、子犬にとってその先十数年生きていく人間社会に馴染む機会を逸してしまうことにもなりかねません。

子犬の成長に合わせて、臨機応変に対応しながら、学習する機会を与えてあげることが大事ですね。


201812291
生後2か月半の見習い。
自力で外は歩かせられないので、カート散歩。
身を乗り出しながら、周囲を見る見習いは真剣。
自転車に乗る人、ジョギングをする人、スケートボードに乗る人、よその犬などなど、多くのものを目にしていました。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月28日 (金)

トイレシーツの話

今では当たり前になった犬用トイレシーツ。
便利この上ないものです。

昔は子犬が来ると新聞紙を床に敷き詰めたり、汚れたら雑巾で床を拭いたりと、手間が多くかかりましたが、今は使い捨てシーツのおかげで、たまにはみ出すことはあっても、大事に至らず、時間も節約できます。

子犬を迎えると、一番初めに気になるのはトイレの問題です。
子犬は所かまわず、のべつまくなしにトイレに行くので、家中がトイレになって疲れ果てる飼い主さんは沢山いらっしゃいます。

しかし、当然のことながら、子犬は人間の赤ちゃんと一緒ですから、したいときにしゃがむだけで、何一つ悪いことをしているわけではありません。

でも、
「犬が排泄したいときにするのがどこが悪い。」
「自然現象だから仕方ない。」と寛大な気持ちで見てくださる方はそう多くはありません。

我が家も以前の家には庭があったので、朝夕散歩とは別に、庭に出せばみんな勝手にトイレを済ませて戻ってくるという生活をしていました。
ところが、半年ほど貸家住まいを余儀なくされたとき、庭の無い家で犬たち3頭と暮らすことになり、トイレ問題に直面することになりました。

つまり、外トイレが当たり前のなっていた犬たちに、急にトイレシーツを使った室内トイレを使ってもらわなければならなくなったからです。

そこで、室内トイレトレーニングを一からやり直すことにしました。
場所はバスルームを使い、トイレタイムになると、バスルームにトイレシーツの大判を敷いて母犬(クリス)を呼び込んでトイレのキューを出します。

最初は「こんなところでするのはちょっと・・・。」と言っていたクリスも、しばらく声掛けしているうちに我慢できなくなって済ませてくれました。
さすが母はえらい。


そのあと娘犬(ニキー)と息子犬(ハンス)を順番に呼び入れてトイレのキューを出しましたが、さすがにニキーがなかなかバスルームに慣れず、かなりてこずりました。

しかし、2~3日すると、みんながトイレタイムにバスルームの前に並ぶようになり、とりあえずトイレ問題は無事解決しました。


その後も出先でやむなくトイレをさせなければいけないときは、トイレシーツさえ敷いてやればその場で済ますことが出来るようになり、その習慣は今のアシスタントや見習いにも続いています。

今回1週間ほどお預かりしていたお嬢さんは室内トイレが基本のため、外では排泄をしません。
室内のトイレスペースの認識が出来れば、「トイレは?」と言うだけで、自分でさっさとシーツの上に乗って済ませてくれます。

長時間の外出時、ダメ元で我が家の犬たち同様地面(駐車場)にトイレシーツを敷いたところ、ちょっと迷った末に済ませてくれました。

きちんと教わっている子たちは、周囲の安全さえ確保してあげられれば、周囲に迷惑をかけることなく排泄を済ませることが出来るのです。

雄犬の場合は、マーキングと言う排泄とは違う行為があるため、これらをすべてコントロールすることに抵抗を感じる人もいるかもしれません。

しかし、結果的に他人に迷惑をかける可能性がある場合は、愛犬のトイレは飼い主が責任を持ってコントロールするなり、処理する必要があります。

土の少ない都会暮らしは、多くの面で犬たちにはストレスフルな環境です。
匂いを取りながら、好きな場所でトイレをさせてあげられれば一番犬にとっては自然な形ですが、出来ない場合は、トイレシーツのような便利グッズを大いに活用すればいいのではないでしょうか。

201812281

見習いは我が家に来て2~3日でトイレの認識ができ、狭い部屋ではありますが、トイレシーツのある所まで自力で移動し、夜中もハウスから出て済ませると、また戻ってハウスで寝るという変に大人びた子犬でした。

大人になった現在は、散歩に出られないときなど、トイレシーツを敷けばその場で済ませてくれます。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 1日 (土)

ドッグランに入る前に

先日呼び戻しの練習を兼ねてドッグランを利用しましたが、ドッグランに入る前には中の様子を確認しました。

何を確認するかと言えば、どんな犬種が入っているのか。
犬たちはどんな風に遊んでいるのか。
執拗に追いかけまわすタイプの犬はいないか。
ランに入ってい来る犬に対する中の犬の態度はどうか。などなど。

そしてもっとも大事なのは、飼い主さんが自分の犬を見ているか。です。

なぜなら、一番怖いのは、飼い主さんがわからない犬が中にいることです。

以前都内の某ドッグランを利用している方からお聞きしたのですが、犬だけランに入れて、飼い主さんが買い物に行ってしまうという恐ろしいケースがあるようです。

つまり管理する者がいなければ、犬はやりたい放題ですし、何かトラブルが起きたときに責任の所在がわからなくなります。

なかなか犬を自由にさせられない都会の環境では、ドッグランを有効に活用されることはいいことですが、愛犬にトラウマを持たせないためには、飼い主さんの安全確認は欠かせませんね。

201812011
※広めのドッグランは距離をとりやすいので、犬のストレスも軽減できます。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 2日 (火)

引っ張りっこはダメ?

引っ張りっこは凶暴になる(噛み犬になる)。
引っ張りっこは負けてはいけない。


未だにこんなことを言う人がいるようです。

子犬同士の遊びを見ていると、タオルの端と端を咥えて、うーうー言いながら引っ張りっこをしているのをよく目にします。

だからと言って、引っ張りっこはダメだとタオルを取り上げたりはしません。
いつも同じ子が勝つわけでもなく、力の強さを見せつけているわけでもありません。
中には、引っ張りっこしようと誘う犬もいます。

つまり、引っ張りっこは犬にとっては遊びの一つにしか過ぎないということではないでしょうか。

先代のボーダーコリーたちを育てたときのおもちゃと言えば、普段私が試合で使いふるしたテニスボールだったので、紐はついていませんでしたが、それでも、咥えているボールを手で引っ張って遊んでいました。
時には咥えた歯が手にあたることもありましたが、「出せ」と言えばすぐ手渡し、また投げたり引っ張りっこをしたりと、ボールを道具に一緒に遊ぶことを楽しんでいました。


最近のおもちゃは進化し、犬たちとの引っ張りっこも大分楽になりました。
時には負けたり、時には出してもらったり、そしてまた投げたりといろいろなバリエーションを楽しんでいます。

引っ張りっこの時は、犬たちも本気で「うーうー」言いながらおもちゃを死守しようとしています。
しかし、もともと遊びのひとつなので、取られたからと言って本気で噛むようなことはありません。

201810021

時には、体ごと吊れてしまうほど、真剣に噛んでいます。


引っ張りっこや噛むことをさせていない犬たちの中には、口に何かを咥えることすら抵抗感を持つ犬もいます。

普段から、噛まれて困る物を犬の視界からなくすだけでなく、噛んでもいいものを与えておくことで、噛んでいいものとそうでないものとの区別もつけやすくなります。

ただし、「穴のあいた靴下はおもちゃにしてもいいけど、新しものはダメよ。」というのは犬にわかりづらいのでやめましょう。

犬らしい遊びを犬から取り上げてしまうと、好奇心も何も持たない犬になってしまうかもしれませんよ。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

愛犬の身体能力を把握する

どんな高いところからでもヒラリと飛び降り、何事もなかったかのように着地して見せるネコたちを見ていると、ついつい犬の野性的な運動神経にも期待してしまいがちですが、実は犬は意外とダサいものです。

例えばドッグランで他の犬と追いかけっこをしている犬。
器用にランの中にいる人間や他の犬を避けて走っている犬もいれば、体当たりししてしまったり、柵など動かない物が避けられないこともあります。
元々動体視力がいい動物ですので、動いている物を避けるのは得意ですが、動かない物に対しては感が働かないこともあるのでしょう。


先ほどのネコの話ではありませんが、中にはネコと一緒に暮らし、彼らの動きをまねているうちに、筋力もアップし、器用に高い所から飛び降りられるようになる犬もいるかもしれませんが、基本的にはあまり期待しない方がいいでしょう。


以前2階への階段の上り下りが危険だと判断した飼い主が、2階の踊り場にゲートを設置したところ、ゲートを飛び越え、階段を踏み外し階下まで転落、骨折という悲惨な結果になった犬もいました。


我が家の老犬も、階段の踊り場に立って、下から上がってくる人を見ているうちに、ふらっとして足を踏み外し降ってきたこともありました。


201809302
※上に座っている犬が降ってきた老犬


この時は、上がっていく私が落ちてきた犬を抱きとめて事なきを得ましたが、トレーに乗せていたものをすべて放り出したため、後の掃除が大変でした。


また、我が家で繁殖した子犬たちが、キッチンに入らないようワイヤーネットを仕切り代わりに使っていましたが、一頭の子犬がよじ登ってキッチンに入ったのを見て、他の子犬がまねてワイヤーをよじ登り、不幸にも2頭目はワイヤーの隙間に足を挟んで骨折という痛い目にあってしまいました。

201809301
※左側の雄犬が得意げに乗り越えたのを見て、右下の女の子が私の見ていないときに暴挙に出ました。
この写真を撮った時は、よじ登ることなど想定していませんでした。
ちなみに子犬たちは生後2か月でした。


犬たちの身体能力の過大評価や過小評価は思わぬ事故を招きかねません。
特に子犬の場合、昨日はできなくても、今日できるようになったことはたくさんあります。
犬の行動を観察することと、あらゆる状況を想定して対応することが愛犬の安全のためには欠かせないでしょう。
愛犬の成長は嬉しいものですが、危険予知も忘れてはいけませんね(自戒)。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月23日 (日)

愛犬同伴結婚式

私が愛犬同伴結婚式にお呼ばれしたのは今から21年前のこと。
当時生後5か月になったクリスを連れて披露宴に参加することになりましたが、一番の問題はトイレでした。

トイレシーツでのトイレはできるものの、さすがに見知らぬ人がたくさんいる場所でのトイレは難しいだろうと式の始まる前に、駐車場の脇にトイレシーツを敷いて何度か促したものの成果なし。

仕方なく会場に入り、新郎新婦入場となったとたん、クリスさん「トイレ~。」ということで大慌てだったことを覚えています。
当のクリスと言えばトイレを済ますと、周りの喧騒をよそにグーグー寝ていました。


201809231


もちろん新郎新婦も愛犬同伴での結婚式だったわけですが、最近は結構愛犬連れの結婚式が当たり前のようになっています。

今回また愛犬を「リングドッグ」にしたいというご依頼をお受けしました。

どうやってリングを愛犬に運んでもらうのか、これから少しずつ愛犬が出来ることを確認しながら決めていこうと思います。
しかし、「リングドッグへの道」はそんなに簡単ではありません。


結婚式場という初めての場所、多くの参列者、環境刺激が多いのでハードルはとても高めです。
果たしてどこまで頑張れるか。

出来る限りサポートしていきたいと思います。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧