犬との生活

2024年4月11日 (木)

犬との遊び方

愛犬とどんな風に遊んでいますか?

時々耳にするのが、「どうやって遊んでいいのかわからない。」とか。
「うちの子は引っ張りっこが嫌い」とか。

犬種によって、本来持っている本能が異なることもあり、全ての犬が同じように遊ぶわけではありませんが、ある意味ハンドラ―が「こんな遊びはいかが?」と提案してあげないと、ハンドラ―の好む遊びを犬が自分でみつけてくることはあまりありません。

例えば、家具を齧ったり、壁をはがしたり、トイレシーツをボロボロにしたり、ケージから脱出したりと、ゴミ箱をあさったり。と犬たちは放っておけばいろいろなことをやります。
人間から見れば、全て悪戯にしか見えませんが、犬にとっては楽しい遊び。
やればやるだけ報酬を得られているので、なかなかやめられません。

そうならないために、人間としては、なるべくやって欲しくない遊びを見つけないように環境をマネジメントし、やってもいい遊びを提供することで、犬たちのエンリッチメントを保障してあげなければいけません。

しかし、引っ張りっこでさえ、楽しくないと思う犬もいますし、持ってこい(持来)にも興味を示さない犬もいます。
最初から犬が引っ張りっこロープを咥えて私たちの前に持ってきて、「引っ張って」という犬はいないので、「こうやるとおもしろいんじゃない。」と犬を挑発しながら、一緒に遊べるようにもって行くことが重要です。

何度も書いていますが、「引っ張りっこ」遊びは、犬と人の勝ち負けを決めるものでは無いので、犬に渡してしまってもかまいません。
引っ張って欲しい犬は、自分から押し付けてくるはずです。

しかし、子犬の頃「甘噛み」を矯正しすぎて、「噛む」行為自体をネガティブなことと関連付けてしまうと、なかなか咥えたり、噛んだりしてくれなくなります。
噛んでいいものと、噛んでは困るものをちゃんと教えておくことが大事ですね。

今日は若いT君のプライベートレッスンで、引っ張りっこ遊びはどの程度のテンションまで許容できるのかというご質問を頂き、遊んでいる様子を拝見させていただきました。

202404111

T君、楽しそうにロープを引っ張っていますし、飼い主さんのキューで、ロープをすぐに離してくれます。
「ガウガウ」言っても全く問題ありません。

先日も、とあるクライアントさんから、以前習ったトレーナーに「ガウガウ」言うほど犬を興奮させてはいけないと言われたと聞きました。

犬同士の遊びの中でも、真剣に遊んでいる犬は声が出ることもあります。
要は、オンとオフがちゃんと伝えられれば、遊びは思い切り楽しくても構わないと個人的に思っています。
我が家の犬たちも、引っ張りっこで声が出ることはよくありますが、私を噛むことはありません。

良い関係を築くためにも、上手に愛犬と遊べるようになるといいですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年4月10日 (水)

ディストラクション練習

今日はオビディエンスの練習会でした。

月末の競技会に向けての追い込みやリマインドをやりたいと思いつつも、我が家の犬たちいろいろミスを重ねてしまい、日々の繰り返し練習の大切さを改めて思い知らされた次第です。

最後は、お互いをディストラクションにした、個人課題練習にしました。

ご存知の通り、2歳5か月の見習いは、周りの刺激にとても弱く、競技会中にリンク脇で遊んでいる犬を見てリンクアウトした汚点があります。

休止の練習だけでなく、様々な課題中にも、他犬が視界に入る状況での練習を重ねて、ようやく勝手に走って行かなくなってきたようです。

202404101

そのあと、見習い自身も他犬の作業中に自分の課題を遂行するために集中する練習。

202404102

キューは耳に届き、コーンを周って戻ってくることが出来ました。

もちろん、状況が変わればわからないので、様々なシチュエーションで引き続き練習は続けて行かなければいけません。

ドッグスポーツにおいては、当然他犬の存在があるので、いちいち気にしていては集中を取ることは出来ません。
それはある意味日常生活とも密接に関わっています。
なぜなら、散歩中、出会う犬と必ず挨拶をしたり、遊んだりすることを習慣にしていれば、犬は他犬を見れば必ず気持ちをそがれ、興奮して傍に行こうとします。
そうなれば、当然ハンドラ―(飼い主)の声は耳には届かないでしょう。

犬も人も、世の中にはいて当たり前。
いちいち気にしなくていいんだよ。
と教えてあげることは、犬の平常心を保ってあげるためにはとても重要です。
それは同時に、他の犬のスペースや安全を尊重してあげることにも繋がります。

無駄に興奮させることなく、ハンドラ―との時間を楽しく共有できるようになるといいですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年4月 9日 (火)

犬のきもちをゆっくり変えてあげる

犬も人間同様様々な感情があります。

楽しい。
怖い。
悲しい。
イヤ。
などなど。

「怖い」や「イヤ」という気持ちを無視してしまうと、犬はどんどんネガティブな反応をするようになるので、犬のきもちをわかった上でサポートしていくことが重要です。

以前にも書きましたが、「大丈夫」と言う言葉は、逆に犬にとって「大丈夫じゃない」状況とリンク付けされていくので、あまり言わない方がいいかもしれません。
「大丈夫」かどうかを決めるのは人ではなく犬なので、出来るだけ普段通りに接することが犬にとって安心できるかもしれません。


さて、今日はSさんのカウンセリングがありました。
Sさんは、日常生活においてはまったく問題の無い女の子です。
しかし、数か月後に海外渡航の予定があるため、今日は手続き以外でSさんにとって必要なことなどをお話しすることになりました。

最優先事項はクレートトレーニングです。
飛行機での輸送においてクレート待機は不可欠です。

Sさん、クレートが嫌いなわけではありませんが、ドアが閉まるのが嫌い。
それを克服してもらうには、クレートが楽しい場所であることを知ってもらう必要があります。

そこで、今日はクレートをリビングに移していただいてから、中にSさんの好きなオヤツを何個か入れてみました。
当然傍まで来て中を覗きますが、入りません。
私がそばにいると、閉められるのではないかと予測しているので、敢えて知らん顔してダイニングで皆様とお話ししていると、こっそり食べに行きました。

その後もお話の合間にオヤツを数個投げ入れて、放っておいたところ、自分からこっそり入って、慌てて飛び出してくる様子が見られました。

こんなことを繰り返していたら、クレートの中のオヤツをしばらくのぞき込んでいたSさんでしたが、

202404091

最後は中まで入って、滞在する時間が少し増えました。

202404092

まずは、自分から入りたい気持ちになることが大事ですね。
その後は滞在時間が増えるように工夫していきます。

飼い主様も渡航に向けて、根気よく頑張ってくださるそうなので安心です。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年4月 7日 (日)

グループカウンセリング行いました

今日は都内のトリミングサロンApseyさんで、第二回「犬と暮すグループカウンセリング」を開催しました。

前回に引き続き、犬とのコミュニケーションに重要な考え方のポイントをお伝えしました。
「犬にやらせる」のではなく、「犬が出来るようにサポートする」こと。
犬の選択肢のはなし。
個体による性質や性格の違いなども含めてお話しさせていただきました。

また、今回はアシスタントも同行し、遊び方のデモに参加してもらいました。

202404071

ご参加の方々の個別のご相談も承りましたが、嬉しかったのは、前回参加してくださったLさんの飼主さまが、前回のアドバイスを参考にLさんに接してくださったところ、Lさんの行動に変化が出てきたとのこと。
そして、飼い主様もそれを楽しんでいらっしゃる様子を拝見したことでした。

愛犬との接し方は、飼い主さまと犬の数ほどありますが、基本は同じです。
「圧」をかけるのではなく、「犬が自分からその行動を取りやすい環境を作って行くこと」

少しずつ広まって行くといいですね。

次回もご要望いただければ開催の予定です。
日程が決まりましたら、ご案内します。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年4月 6日 (土)

社会化は子犬だけではありません。

今日はビッグサイトで行われたJKCのドッグショウの見学に行ってきました。
25年ほど前は、初代のボーダー・コリーたちとショウリンクを走ったこともありましたが、その後はすっかり足が遠のいていました。

今回見学に行ったのは、友人たちの出陳の応援と、ドッグダンス仲間のデモ見学でしたが、同時に我が家の見習いの社会化も兼ねていました。

見習いは2歳5か月。
「今さら社会化?」と言われそうですが、犬の社会化は一生続くと言っても過言ではありません。
なぜなら、犬は一生のうちにいろいろなものに遭遇することが予想されるので、犬のストレスを軽減させながら、「大丈夫」を増やしていく必要があるからです。

見習いはもともと犬に対してフレンドリーですが、突然視界に犬が入ると一声吠えます。
理由は急な遭遇に驚いたり、あるいは、犬に近寄っていきたい興奮だったりします。
しかし、いちいち他犬を見て興奮することは、競技犬としてだけではなく、日常的にも家庭犬として好ましくない行動のひとつとも言えます。

そこで、今日は様々な犬種が集まるドッグショウに同伴したわけですが、最初から犬だらけの会場に入るのはリスクが高いので、まずは早朝、まだ犬たちがさほど通路を歩いていない時間帯に連れて入り、落ち着いていられることを褒めて強化していき、一度車に戻って休憩してから、午後再度一緒に会場を歩きました。
この時間の会場内は犬だらけです。
午前中の馴致のおかげで、午後は犬とすれ違っても過剰反応することなく、落ち着いていることが出来ました。

ドッグショウには不似合いなワーキング系ボーダー・コリーでしたが、学べる場所は多い方がいい。

202404061

まだまだですが、少しずつ伝えていきたいですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇 が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年4月 3日 (水)

犬の嫌悪感を無視しない

犬にも人間同様、個体によって苦手なものが違います。
子犬の頃から、あまり頓着しない性格の犬もいれば、石橋を叩くような犬もいますし、とても繊細なメンタルの犬もいます。

頓着しない子は、何をされても気にしないかもしれませんが、繊細な子はいちいち気にするかもしれません。
頓着しない子犬を育てるのは楽ですが、繊細な子を育てるのは時間がかかります。
人間の子供と同じです。
「弱い子は厳しく躾けて強くすればいい。」といった二世代前の考え方を押し付けても解決できません。

それは「やわな考え方」ではなく、逆に言えば「メンタルを強くするため」の大事なステップと考えましょう。

犬は苦手なことを強いられれば、「嫌だ」という意思表示をします。
それは時に「小さな唸り」かもしれませんし、逃避行動かもしれませんが、とりあえず犬が嫌がっているということをハンドラ―は認識しなければいけません。

それを無理にやり続けていれば、犬のストレスは限界となり、「唸り」の次のステップ「空噛み行動」に出ます。
「飼い主に向かって何をする!」とまだ関係性も出来ていない子犬を力で押さえつけて続ければ、最後は「本気噛み」に移行する可能性があります。
いつも書いていますが、全ての犬がそうなるわけではありません。
しかし個体の性格によっては、そうなる犬もいるというのが事実です。

そうならないためにはどうすればいいのか。

犬の「嫌だ」という気持ちを理解したうえで、少しでも「我慢」出来るレベルにもっていくことです。
場合によってはそれが楽しいことに転じられることもあります。

ではどうやって「嫌だ」を減らしていけばいいのでしょうか。

例えば爪切り。
そもそも、足を触られることがあまり好きではない犬にとって、前肢を握られたり、ましてや爪切りでミスをしたりすれば、その次は絶対前肢を預けてはくれません。

そこで、犬の足に触るときは、「楽しいこと」や「いいこと」が同時に起こるような条件付けをしていくわけです。
いつものオヤツよりもレベルが高い美味しいものが食べられるとなれば、犬のストレス度を下げることが出来ます。
そして、「嫌なこと」の時間を短く抑えること。
当然犬には4本足があるわけですから、一度に4本の足の爪切りをしようとしないこと。
さらに言えば、爪切りの音だけさせて、犬の足を触るだけにとどめておくなどして、爪切りのシチュエーションの予行演習から始めることも有効です。

おうちシャワーなども同じで、最初から全身を洗うのではなく、初めは足だけにするなど、「嫌(イヤ)」という気持ちになる前に止めてしまうことも大事です。

我が家の見習いの場合、特に前足に触られるのが嫌なので、爪切りは美味しいものとセットにすることにしました。
つまり、目の前に美味しいクリーム状のオヤツを塗ったマットを置いて、ペロペロ舐めている間4本の足に触ることから始めたのです。

202404031

これを繰り返すことで、多少嫌でも、美味しいものがあれば我慢が出来るレベルになりました。

子犬の頃は力で組み伏せられても、成犬になれば難しいサイズの犬もいます。
小さいころにちゃんと時間をかけてあげると、あとが楽ですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年4月 2日 (火)

リソースガーディングについて

何度もお題になっている「リソースガーディング」について今日は改めてお伝えしましょう。

「リソースガーディング」とは何かという話も何度も書いていますが、簡単に言うと、「犬が自分の物だと思っている物を守ろうとすることにより、傍に近づく人や犬に対して攻撃行動を取る」ということです。

小さいころから、目の前の物をいろいろ取り上げられているとそうなる場合もありますが、そもそも、犬が「自分の物」と主張する元にあるのは「テリトリー」です。
小さいころから行動制限をかけず、家の中で自由に出来る環境であれば、元々警戒心を持つ犬の場合、テリトリー内をガードしようとするようになります。
さらに、ケージやハウスの場所が家の中心部やなど家族の動きが一望できる場所にある場合は、全てのチェックをしてしまうようになります。
誰かが出入りする度に吠えてしまうようなこともあります。

もちろん、個体の性格の違いはあるので、同じ環境にあっても、全ての犬がそうなるわけではありませんが、可能性はゼロでは無いので、小さいころからハウスやケージを使って居場所をはっきりさせてあげることで、ガードマンのような仕事はしなくていいと伝えてあげておく必要があります。

窓から外の様子がよく見える場所にいるときも、いちいち通りを通る人や車、バイクに反応して吠えると言うことも起きやすくなります。

いずれにしても、これは犬が悪いわけではなく、単なる勘違いから起こっているので、少しずつ環境や接し方を変えることで、勘違いに気づかせてあげればいいことです。

ただし、すぐには治らないので、その間は注意が必要です。

例えば、ハウスの掃除をするときなどは、犬が他の場所にいるときにする。
犬の目の前では、何かを拾ったり、犬から取り上げない。
どうしても必要があるときは、ハウスなどの制限された場所に移動してもらう。
などなど、犬がイラっとしない状況を作らないことが重要なポイントになります。

前にも書きましたが、リソース(資源)は食べ物だけではありません。
その犬のテリトリー内にあるものすべてが対象になります。
家全体がテリトリーであれば、住んでいる家族も対象です。

愛犬が変な勘違いをしていると思ったら、ちょっと環境を見なおしてみるといいかも知れませんね。

さて、今日は若いYさんのプライベートレッスンがありました。
Yさんは、人も犬も好きなので、我が家の見習い同様大興奮してしまいます。
そこで、いちいち飛んで行かないことを伝えて来たら、最近は少し落ち着いてスルー出来るようになってきました。

202404021

当然ご褒美が出ます。
前回は外部刺激に負けて、ハンドラ―の存在価値が全く無かったので、今日はササミをお願いしたところ、考えて天秤にかけて、ハンドラ―を選択する確率が高くなりました。

環境刺激のレベルに合わせたご褒美も大事ですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年4月 1日 (月)

犬を過大評価しすぎない

愛犬に日常生活のルールも含め、様々なことを教えるのはとても楽しいことです。
その過程も、教えた後も、コミュニケーションを取るためにはとても重要な時間になるからです。

しかし、教えたことがきちんと出来るかどうかを検証してあげなければ、犬は不完全な理解のままでいるかもしれないし、そのためにハンドラ―の出したキューにきちんと応えることが出来ず、結果褒められなかったり、場合によっては責められたりしてしまうことにもなりかねません。

よくあるのが「いつも家で出来ているから大丈夫」という過信。

家で出来ることを、いつでもどこでもできるようにサポートしてあれば問題ありませんが、限られた、慣れた場所限定の「出来る」であれば過信は禁物です。
「出来る」と信じてお願いしたのにできなかった時、恐らくハンドラ―は落胆したりイラついたりするかもしれません。
そして、そんなハンドラ―の気持ちが犬に伝われば、犬はストレスを感じてしまうでしょう。

「出来なくてもいい」と言ってしまうとなかなか先には進めないので、「出来るようにサポートをしてあげる」ことが大事です。


週末のラリーオビディエンストライアルにアシスタントとエントリーしたLevel 1Bと3B。
長年オビディエンス競技やドッグダンス、ラリーオビディエンスに参加しているアシスタントなので、Level 1の課題はなんなくこなせるスキルを持っていますが、そもそもメンタルが弱いので、あまり立て続けにキューを出すといっぱいになってしまうことがあります。

ラリーオビディエンスは課題によってはトリーツをあげることが出来ますが、あげたことでミスを引き起こすこともあるので、トリーツは出さずにやったところ、Finishラインを目前に吠えました。
完全にハンドラ―のミスです。
頭がいっぱいになる前に、トリーツをあげることで、気持ちを落ち着かせてあげなければいけなかったのです。

ということで、Level 3Bでは、アシスタントの頭がいっぱいになる前に、トリーツポイントでゆっくりトリーツをあげることにしたら、最後までなんとか踏ん張ってくれました。
愛犬を過信することなく、その時の状況を理解してあげることが大事ですね。

202404011

その時の動画はこちら👇

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年3月27日 (水)

パピートレーニング:長期的な視点で考える

子犬や若い犬は、家のルールをきちんと身につけるまではいろいろ予想外のことをやってくれるものです。
特に初めて犬と暮すような場合は、人間が後手後手になってしまうことも沢山ありますが、およそ15年以上になるかもしれない愛犬との暮らしを考えて、初めからきちんと伝えてあげなければいけないことは少なくありません。

かわいいからと、ついつい見過ごしていると、後になって「こんなはずじゃなかった。」と思うようなこともあります。

子犬の頃は、いつも後ろをくっついて歩いてくる姿が可愛くて、ついつい自由にすることが多くなりがちです。
それによって、トイレが間に合わないという弊害があることもありますが、ある意味子犬の自由行動を大目に見てしまいがちです。
しかし、ずっと自由にしていていいと言われたのに、あるとき突然ハウスに入れられてしまったら、その方が犬にとっては大きなストレスになって、場合によっては分離不安症というメンタルの病気になってしまわないとも限りません。

留守中吠えっぱなしになったり、ちょっと目を離すたびにキュウキュウ鳴いたり、不安からトイレを失敗してしまったり、破壊活動をするようになったりと、逆に犬にとってはとても可哀そうな状態になる可能性もあります。

小さいころから、一人でも安心していられるようにサポートしてあげることが重要です。

実際、コロナの時期に在宅ワークを経験してしまった犬たちが、再び飼い主が出勤するようになって分離不安症を発症した例もあります。

「一度教えたことだから大丈夫」ではなく、毎日が日曜日になってしまわないよう、一人でいる時間をちゃんと作ってあげましょう。

さて、今日は若いAさんのプライベートレッスンがありました。
散歩中いろいろ怖いものがあって、落ち着かなかったAさんも、ひとつひとつ「大丈夫」が増えて、自分の対処法もわかってきたようです。

202403271

嫌いな台車が目に入ると、「オヤツいただいてもいいですか?」と吠えずにこちらに視線を送ってくれるようになったAさん。
もう大丈夫ですね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年3月26日 (火)

一般の家庭犬でもトレーニングが必要な理由

ドッグトレーニングと聞くと、警察犬や救助犬など、作業する犬にいろいろなことを厳しく教えることと思われがちで、特に愛犬に問題となるような行動が出ない限り、トレーニングを始めようと思う飼い主さんは多くはありません。

しかし、問題が出たときに、その行動を修正しようと思っても、そもそも愛犬とのコミュニケーションが上手に取れていなければ、犬に強要するだけになってしまい、犬にとっては全く楽しくないことになります。

どんなにちゃんとトレーニングをしていても、子犬は成長と共に多くのことを学ぶので、そのステージごとにいろいろ気になることが出始めるのは普通のことです。
その犬に問題があるわけではありません。

その都度よく話し合って、上手に折り合いを付けて行かれるのであれば、敢えて「トレーニング」をする必要はないかも知れませんが、どこかでボタンの掛け違いがあって、問題がどんどん大きくなってしまうような場合は、最初から犬との関係性を見なおさなければいけなくなることもあります。

ただ、そんな場合であっても、犬が悪いのではなく、犬が勘違いをしていることが多いので、「それは勘違いだ」と諭していけばいいだけの話しです。
しかし、コミュニケーションがちゃんと取れていない関係性であれば、それすらも耳に届かないこともあるでしょう。

「オスワリやマテなんて教えるのは簡単」ですが、教えたことをいつでもどこでも出来るようにさせてあげるにはきちんと最後まで「オスワリ」や「マテ」の意味を教えてあげなくてはいけません。
そのあたりの手を抜いてしまってから、「うちの子はオヤツが無いとやらない」とか、「うちの子は家の中でしかできない」と犬を責めるのはアンフェアです。

プロはちゃんと手順を知っているので、是非一度やり方を聞いて、ご自分でやられるといいでしょう。
そうすれば、愛犬とのコミュニケーションが取りやすくなります。
お互いの共通言語を理解するには時間がかかるので、その過程もコミュニケーションのいい機会になるわけです。


さて、今日は若いA君のプライベートレッスンがありました。
基礎はちゃんとお伝えしているので、レッスンの無い時もA君とちゃんと関わってくださっているおかげで、今日も成果を見ることが出来ました。

202403261

ディストラクション(私やオヤツやおもちゃ)があっても、ママの声がちゃんと耳に届くようになってきましたね。

----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧