犬との生活

2020年9月14日 (月)

犬のパーソナルスペース

コロナ禍にあって、ソーシャルディスタンスという言葉があたりまえになってきている昨今ですが、実は犬にも相手の犬(人、モノなど)との距離がとても重要なポイントになります。

コロナの距離とは別に、エレベーターにたった一人で乗っているとき、後から乗ってきた人が自分のすぐ横に立った、目の前に立たれたら、誰だって嫌ですよね。
いわゆる知らない人(モノ)との距離は誰だって取りたい。

犬も同様です。
仲のいい犬たちであれば、プロレスだって楽しいし、そばで匂いを嗅がれたり、口を舐められたって我慢はできますが、知らない犬がズンズン向かって来たら犬だって緊張します。
犬にだってパーソナルスペースがあるので、そのスペースが広い子の場合、むやみに近づけば無用な興奮をさせてしまうことになります。

今日個人のFacebookでちょっと愚痴ってしまいましたが、トイレ中の我が家の犬たちに犬を近づけてきた方がいたので、犬を遠ざけてくださるようお願いしたところ、意図がうまく伝わらなかったようです。

犬たちのこと、沢山学べる機会が増えているにも関わらず、未だに犬同士を無理やり近づけて友達を作ろうとする飼い主さんがいたり、自分の犬は大丈夫だからと、見ず知らずの犬に自分の犬を近づけようとする人がいるというコメントを頂きました。
確かに、子犬であれば犬友を作りたいと思う気持ちはよくわかりますが、何分相手がいるはなし。
子犬にとっても選択肢は必要ですし、
相手の犬が嫌がっていれば無理に近づけることでお互いよくないトラウマを作らないとも限りません。

不用意に知らない犬に自分の犬を近づけない。
遠ざけて欲しいと言われたら、気分を害することなく、「犬が苦手なんだな。」と理解して、遠ざかってあげるようにしましょう。

誰にでもフレンドリーな犬を持っている人はある意味羨ましいですが、誰とでも友達になろうと興奮する犬を持っている人は大変です。
ハンドラーそっちのけで他の犬に突進していけば、返り討ちにあわないとも限らないですし、ましてや愛犬とドッグスポーツを楽しもうと思ったら、ハンドラーへの集中より、他の犬が気になって、協働作業はうまく行かないでしょう。

いずれにしても、自分の犬のコントロールは気合を入れて頑張りましょう(自戒も含め)。

202009141
わが家は今預かり犬もいるので、犬たちの反応もそれぞれ違ったりします。

この日は、近づいてくる犬に思い切り吠えていたのはNちゃんで、アシスタントと見習いは気にしていませんでした。
その時々で犬たちの態度は変わるので、「うちのコは大丈夫」はあてにならないかもしれませんね。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年9月11日 (金)

犬と怪我

犬を飼っていれば、人間(飼い主)の怪我は当然想定内です。
子犬の頃はじゃれついて甘噛みをしたり、踏みそうなのを避けようとして躓いたり。
大人になれば引っ張られて転んだり、体当たりされて打ち身になったり。

私も犬が原因で何度か骨折しています。
半年ほど賃貸生活を送っていた時、塀の向こうから急に人が顔を出してびっくりしたニキーが網戸に突進したため、慌てて首輪を掴もうとして室内で転倒。

咄嗟に貸家の網戸を突き破ったらまずいと思ったケチ根性からですね。
左足の小指を骨折しました。
たかが小指、されど小指で、しばらくは足を地面に付けられず、自転車と車を乗り継いで移動しなければいけなくなりました。

その数年後、公園でのんびり読書を楽しんでいた時、突然目の前をスケートボードが通過し、過剰反応したハンスと尻馬にのったニキーを止めようとしたところ、パワーが強すぎてリードを握っていた左手薬指を骨折しました。
それでもリードは離せませんでした。
この後しばらく指が固定されてしまったのでリードが握れなくなり、肩掛けリードで3頭繋いで散歩に行っていました。
かれこれ20年ぐらい前のことです。

ボーダー・コリーと暮らすと怪我は日常茶飯事とも言えます。
そもそもの原因は私の不注意です。
つまり、危険予知が足りないことから起こったアクシデントと言えるでしょう。
しかし、自分が怪我をするなら仕方がありませんが、他人や他犬に怪我を負わせるわけにはいきません。

中型犬のボーダー・コリーに限らず、大型犬はおっとりしていると安心していると、とっさの時には男性ですら止められないことがあります。
「ウチは小型犬だから大丈夫。」とか、「自分の犬は大丈夫。」と思っても、相手の犬が過剰反応して、飼い主さんを引きずって来ないとも限りません。
「ウチには関係ない。」と思われるかもしれませんが、相手に非があったとしても、どちらも負傷するのはやはり避けたいところ。

お散歩中自分の犬をコントロールすることは当然ですが、相手の犬の動向を確認することも必要ですね。

大したことではありませんが、散歩中行く手にトイレ中の犬がいるときは、トイレの処理が終わるまで相手の犬との距離は縮めません。
相手の犬が興奮して急に引っ張って飼い主さんを転ばさないとも限らないからです。

お互い、安全に散歩を楽しみたいですね。

202009111

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年9月 9日 (水)

少し工夫すると回避できるトラブル

犬と暮らし始めても、人間の生活スタイルを全て変える必要はありませんが、ある意味犬主体で考えてあげなくてはいけないこともあります。

今日は特に初めて犬と暮らす人がちょっと勘違いしてしまうことを書いてみました。

成犬になると、トイレは外だけと決めてしまうおうちがあります。
お庭のあるご家庭では問題ありませんが、そうでない場合、外に行くことイコール散歩に出ることになります。
犬の排泄タイミングを考えると、当然のことながら人間同様食べれば出ると考えます。
これ自体は間違っていませんが、だからと言ってご飯を食べてから散歩に出るというのはあまりおすすめできません。
食後は体を消化のために使うので、出来れば休ませてあげて欲しいからです。
特に大型犬種や、胸の深い犬種は、食後の運動によって「胃捻転」という疾病を発症しやすいと言われています。

理想を言えば、成犬の場合朝一番に排泄を兼ねて散歩に出て、発散させて帰ってきてからごはん。
そのあとはゆっくり休むというルーティンを作ってあげると、仕事で留守をする場合も、犬たちを安心して置いて行くことができます。
もちろん、留守の間に気がまぎれるものを置いて行くというのも犬にとっては留守番の寂しさが紛れていいでしょう。

当然飼い主さんの生活パターンがあるので、これが全てに当てはまるわけではありませんが、留守中に寂しくて泣いてしまう犬や、悪戯ばかりして困ってしまうときなどは、心身ともに適度な疲労感を与えてから出かけると、留守中落ち着いて休む確率が高くなります。
そのためにも、犬にストレスがかかりづらい環境を作ってあげたいですね。

202009091

留守中のんびり寝るアシスタントたち。
時に見習いが遠吠えすることがありますが、基本はこんな感じです。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年8月30日 (日)

犬と会話できるようになる

昨日「犬と遊ぶ」ことで、お互いの距離が少し縮まる話を書きました。
共通の話題があると、人間同士も距離が縮まりますから、一緒に遊べることは大事なことだと思います。

先月からレッスンをしていたMさん。
ご家族にMさんとの会話の方法をいろいろご提案したところ、話が通じるようになってきたとのこと。
嬉しいことです。

犬の考えていることを全てわかろうとすることは恐らく人間である以上限界があります。
しかし、人間の勝手な思い込みでなく、犬の目線で考えてみようとすると、見方は少しずつ変わって、犬と話が通じやすくなってくるのです。

「なんで噛みつくの?」
「なんで言うこと聞いてくれないの?」
という、被害者的発想でなく、何がそこまで犬を追い詰めてしまったのか、こちら側のお願いしたいことがうまく伝わっていないのではないか見直して見る必要があるかもしれません。

私はいわゆる訓練士(ドッグトレーナー)ですが、トレーニングのインストラクターとして、飼い主さんに犬との会話の手助けをするのが大きな仕事です。

ご家族みんなでMさんとのコミュニケーションに努力して下さったおかげで、Mさんの行動がガラッと変わったそうです。

202008301
お嬢さんに呼ばれて振り返り、

202008302
呼ばれなくても、リードの反対側に飼い主さんがいることを意識し、

202008303
目標はお互いを尊重しあえる関係。

愛犬との暮らしは日々の積み重ねです。
出来ることを少しずつ増やして自信を付けて行くことは犬も人も同じ。

根気よく、会話の努力を続けていって欲しいですね。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年8月29日 (土)

犬と遊ぶ

様々な物を受け入れやすい時期の子犬は、好奇心満載で人間にもすぐなつきますが、その時期を過ぎてから人間との関りを知った犬は、人間に親しみを感じるようになるまでは時間がかかります。
さらに、環境が変われば、その変化についていくにも時間を要します。

犬は生まれながら人間に懐く本能を持っているわけではないので、野犬に近い状態で保護された犬たちが、保護当時から尻尾をフリフリ人間の元に走ってくる可能性は極めて低いと言えるでしょう。

しかし、少しずつ犬のペースやスペースを尊重しながら距離感を縮めていくことはできます。
押しつけにならず、犬が自分から行動したくなる環境を作ってあげると、その距離が速く縮まることもあります。

前回カウンセリングで伺ったKさん。
今まで他の犬とばかり遊んでいたそうですが、最近は飼い主さんとボールで遊ぶ楽しさを知ったそうです。

今日は引っ張りっこ遊びの導入。

202008291

202008292

引っ張りっこは犬の追いかけたくなる本能をくすぐってあげると、付き合ってくれるようになります。

無理強いせず、犬がその気になるのを気長に待ってあげることも大事ですね。

帰りにシッティングに寄ったお宅では、Sさんが「待ってたわよ。」と言わんばかりに、ボールを咥えて持ってきてくれました。

202008293

人間が楽しい遊び相手とわかってくれると、話も通じやすいかもしれませんね。


-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年8月26日 (水)

子犬の食餌

「フードジプシー」という言葉は、最近あまり聞かなくなったように思いますが、恐らく「フードジプシー」になっている人はいるのではないでしょうか。

その発端は、犬がごはんを食べなくなったから。

幸い我が家の犬たちはご飯を食べないと困ったことが一度もありません。
出されたものは残さず全部食べてくれるほど食い意地のはった犬たちばかりです。

一度だけ、先代のクリスが食べなくなったことがありました。
しかしトッピングを変えると普通に食べ、また翌日は食べない。
そんなことを数日続けたことで、病気を疑い受診したところ、子宮蓄膿症の疑いということで、悪化する前に手術することになりました。

ところが、体調不良でなくても、犬がごはんを食べなくなることはよくあるようです。
まぁ、人間だって毎日同じものを食べていたら飽きてしまう。
犬も当然同じだと思います。
だからと言って、毎日日替わり手作りご飯を用意してあげられる家庭ばかりではありません。

また、食べ終わるまでずっとフードボウルを出しっぱなしにしているおうちがあります。
「そのうち食べるから大丈夫」と言われますが、犬にとっては食べたいときにいつでも食べられるという気持ちがあり、食べるものへの執着が薄れます。
わが家で預かった別の犬も、日常的にフードを置きっぱなしにされていたので、ごはんの時間になっても一粒一粒ボウルから取っては外に落として遊び食いをし、すぐ席を立っていました。
あいにく我が家でそのような状態になると、他の犬たちが食べないとも限らないので、さげざるを得ませんでした。
すると翌日からはみんなと一緒に食べるように。
ただ、自宅に帰るとまた同じように遊び食いが始まったというので、犬はちゃんと環境に順応できるということですね。

もちろんフードローテーションはあっても構わないと思います。
素材をいろいろ変えることで、いろいろな食材に内臓を馴らすこともある意味必要です。
毎回同じ素材ばかりだと、ちょっと違ったものを食べただけでお腹を壊さないとも限りません。

幸い現アシスタントは何でも食べてくれるので、一応体に合ったフードにトッピングを変えたり、試供品のフードを混ぜたりといろいろやっていますが、見習いは小さいころからお腹が弱かったので、食べ物が変わるたびに下痢をしていて、成長期に一時かなり体重が落ちてしまいました。
その後腸の状態も安定し、今はお腹も丈夫になってきましたが、なるべく決まったフードでローテーションしています。

さて、預かりのNさん。
パピー用フードにミルクをかけて食べてもらっていますが、我が家に来て3日目ぐらいにハンスト。
特に何か変わったことがあったわけでもなく、トリーツとしてもフードしか与えていないので、他の美味しいものを知っているわけでもありません。

成犬であれば、一日二日食べなくたってどうってことないので、我が家では特にフードは変えません。
しかし、子犬なのでちょっと考えてしまいました。
なぜ食べないのか。
トリーツのように水気が無い時はポリポリ食べるので、ミルクを入れないでやってみたり、コングに詰めて、クレートの中に入れてみるとか。
いずれにしても、しばらく待っても食べなければ下げる方針は変えませんでした。
そしてもひとつは、お腹を空かせる方法として、夕方の散歩の距離を伸ばしてみました。

結果は完食。
家の中でいろいろ遊んでいるだけでは、やはり運動量が足りていなかったようです。

当分トリーツもフードのままです。
ごはんをがっつくほど食べられるようになったら、トレーニングのトリーツのレベルがあがるかもしれません。

ずっと昔、ハスキーを飼っていた頃、同じハスキー仲間の女の子がすぐフードに飽きてしまい、お父さんが毎回フードを買い替えるという話をしていました。
当時何度かシッティングにお伺いし、食餌の支度をしましたが、その子は案の定なかなか食べず、途中で遊び食いが始まってしまうため、なかなか帰れなかったことがありました。

愛犬が美味しそうにご飯を食べる姿を見たいと思う気持ちはみなさん持っていらっしゃることでしょう。
でも、ちょっと間違えると、ごはんづくりにあまり時間をかけてやれないお宅はご飯の時間がお互い苦痛になってしまうかもしれません。

うまく工夫して対応できるといいですね。


-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年8月24日 (月)

個々の犬のペースに合わせて

今日の午前中は新しく保護犬を迎えたお宅のカウンセリングでした。

以前から単犬種(ボーダー・コリー)レスキューのお手伝いに少し関わっていることもあり、保護犬の里親さんになられる方のお宅には何度かお伺いしています。

ボーダー・コリーの場合、元々人に飼われていた子なので、ある意味人慣れしています。
もちろん、元の飼主さんとの信頼関係が壊れて放棄された犬もいるので、フレンドリーであるかどうかは別としてです。
しかし、ミックス(雑種)の場合、野犬だったり、野犬の子だったりと、人間との関わりの薄い子もいます。
そういった犬たちと仲良くなるには時間がかかります。

こちらから能動的に関わると引いてしまったり、逃げてしまったりする子もいます。
相手がこちらに興味を持ってくれるのを待つことが大事。
当然、そのレベルでは食べ物には興味を示してくれないこともあります。

人間も、今置かれている状況が不確かな(不安を感じるような)場合、何かを食べたいという欲求は、身の安全を図ろうとする欲求には勝てません。

今いる場所が安全な場所だとわかれば、少しずつ心を開いてくれるので、忍耐強く待ってあげましょう。

子犬のように積極的に挨拶しに来てくれる子ではありませんでしたが、飼い主さんとのお話の後半には、そばでまったり寝てくれるほど。

202008241

少しずつ経験値を増やしていきましょう。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年8月18日 (火)

犬種の意味

犬には様々なブリード(種類)があります。
当然のことながら、それぞれ犬種によって特性が異なります。
なぜなら、長い歴史の中で、人間がそれぞれ目的にあわせた選択交配を行って、その特性を際立たせたからです。

目的とは、作業犬としての能力に特化されていることが多いですが、愛玩犬として、人間の膝の上にいることを求められた犬種もあります。

いずれにしても、犬種においては、その特性が遺伝子に組み込まれていることはある程度予測できるでしょう。

しかしながら、異なる純血種を交配させて生まれるミックス犬もいます。
一時は、「ハイブリッド」とか「デザイナーズドッグ」と言われていた犬たちです。
もちろん、確固たる目的を持って、異犬種の交配を行っているブリーダーもいます。
ナショナルケネルクラブには登録できなくても、その犬の気質や健康面を考えて、真摯に向き合っているブリーダーもいます。
彼らは、その新しい犬種を継続するために、多くの努力を惜しみません。
つまり一代限りの繁殖ではないのです。

余談ですが、日本の場合、住宅事情も加味されて、「小さくすると売れる」と考えられ、どんどん極小化している犬種もあります。
もちろん、そういったサイズの犬たちは、各犬種のスタンダードからは外れてしまうだけでなく、健康面での心配も出てきます。
例えば、あまりに小さすぎて、自力で固形の食餌が摂れなかったり、骨があまりにも華奢になり過ぎて、ちょっとぶつかっただけでも簡単に骨折してしまうといったことが起きています。
このような状態で、果たして「犬(canine)」らしい生活が送れるのでしょうか。
もちろん、極小化された犬として販売されたのに、中には「先祖かえり」と言われるように、元々のサイズにまで育つ犬もいます。
そのような犬に対して、失敗作のようなレッテルを貼るブリーダーもいるようです。


さて、明確な意図を持ってなされた交配であったとしても、作出される犬たちが計画通りにいかない可能性があることが否めないのに、ましてや、一代限りで交配されてできてしまったミックス犬がどのような特性を持っているかをはかり知ることは難しいでしょう。

「犬種図鑑」には各犬種についての特性やトレーニングのしやすさなども併記されています。
目の前にいるその犬が、人とコミュニケーションを取ることを好む犬なのか、どちらかと言えば独立心旺盛で、我が道を行くタイプなのか、そういうことを全て白紙にして向き合うことは、プロにとっては面白いことですが、一般の飼主さんにはちょっと大変かも知れませんね。

さて、まだまだ我が家の滞在期間が続くNさん。
最近少し地が見えてきました。
ちなみに、この子はミックスです。
202008181

毎日が駆け引きです。

🍀2020年9月4日~6日
3Days イベント申し込み締め切りは8月22日
残席わずか。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年8月 2日 (日)

犬が満足できるように。

今日のレッスンは先週カウンセリングに伺ったMさん。
あの時の遊び方を実践していただいたところ、その後Mさんのストレスが減ったようで、要求行動が出なくなったそうです。

M
さんにとっては、ただかまって欲しくて出ていた行動ですが、「噛む」「吠える」などは人間にとっては好ましくない行動のひとつです。
人間は遊んであげているつもりでも、犬が楽しんでいるかどうかはわかりません。
犬が本当に楽しめたときは、満足してゆっくり休むこともできます。

楽しくないと、おもちゃを持って逃げてしまい、一人遊びが始まってしまうこともあります。

今日のMさん、ママと引っ張りっこを楽しんだ後、

202008021

おもちゃを持ってお気に入りの場所に戻ったものの、また自分からママの元へ。

202008022

よほど引っ張りっこが楽しかったのでしょう。

だからと言って、この遊びがMさんにとって「最上級」ではありません。
外に行けば様々な刺激があり、大好きなおもちゃであっても、目もくれないこともあります。
おもちゃより食べ物が優先されることもあります。

M
さんの好ましい行動を強化するために、前回はフードを使いましたが、今日は出したフードを食べようとしなかったので、褒めた後フードを床に転がしたところ慌てて食べに行きました。
トリーツのデリバリー方法によって、トリーツの価値が変わることもあります。

犬とのコミュニケーションは難しいところもありますが、だからこそ、どうやったら伝わるだろうと考えるところも楽しいですね。


-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年8月 1日 (土)

犬は犬なので。

「犬は犬」。
これは犬を蔑視しているわけではありません。
犬には多くの能力があり、それを100パーセント引き出せなくても、共同生活を送ってもらっている以上、ある程度は犬らしく生きる権利を保障してあげることが飼い主の役目でもあるということです。

何度も書いていますが、「かわいそうだから。」と犬を猫かわいがりして、過保護にしたり、犬のやりたいようにさせている人がいます。
「愛玩犬」のグループであれば、犬もある程度その生活に満足しているケースはあります。
しかし、自分の要求が通らなければ、何としてでも通そうと実力行使するタイプの犬もいます。
それが、ときに「問題行動」と言われます。


ある意味人間によって改良されてきた犬たちには、それぞれの特徴があります。
先日の動物番組では、細い道をUターンせず、バックで素早く戻って来るダックスフントが出ていました。
元々穴熊を捕るために改良された犬種なので、狭い穴に入っていくと、帰りもそのまま下がって戻る習性があるためと解説されていました。
当然穴熊を見つけたら飼い主に教えるために吠えるので、「吠えやすい犬種である」とも言っていました。

このように作業犬として改良されてきた犬にはそれぞれの犬種特性があります。
人間と一緒に暮らしているから持っている能力を出させない、あるいはその能力を消そうとするのはなかなか難しいですし、その反動で問題行動が出る可能性もあるので、どこかで、その能力を上手に使わせてあげることも大事です。

そしてそもそも動物なので、家の中に監禁しておくのは無理。
外の様々な刺激を感じさせてあげることで、脳も活性化されますし、社会化の観点からも不可欠です。

したがって、「小型犬なのでお散歩はいらない」というのはある意味ありえないですし、日常的にお散歩や外に連れ出さない犬を人間の都合の時だけ外に連れ出し、カフェでお茶を飲んでいる間落ち着いていなさいというのはあまりにも理不尽ですね。

甘やかすことなく、上から目線で命令するのでもなく、お互いを尊重しながら、楽しい協働生活を送っていくことが、長続きする秘訣かもしれません。

飼主も人間なので、病気になるときや、時間が無い時もあるでしょう。
熱があって外に出られないときでも、そばで癒してくれるのが話の通じる犬たちです。
そんなとき「散歩に連れて行かないと吠えてやる~。」というのでは、恐らく普段のコミュニケーションがうまく取れていないせいかもしれません。
「かわいそうだから無理しても行く。」というスタンスが取れる人はかまいませんが、無理して出かけて事故に遭ってもいけないので、そのあたり折り合いがうまくつくように、日ごろから上手にコミュニケーションが取れる関係作りをしていきたいですね。

今日のレッスンのMさん。
散歩が苦手で、レッスン当初はマンションのエントランスから動けませんでしたが、ご家族がMさんのペースに合わせつつ、根気よく待ってあげていたら、大分元気に歩けるようになってきました。
周りを見る余裕も少し出てきました。

202008011

でも、トリーツが食べられないときもあります。
リラックスしてお散歩出来るようになるには、まだまだ時間がかかりそうです。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧