犬関連情報

2010年2月20日 (土)

BCRN保護犬譲渡会

青山の国連大学で開催されるファーマーズマーケットで
BCRN(ボーダーコリーレスキューネットワーク)
保護犬譲渡会が行われました。


いつもは他の保護団体との共催なのですが、今回は単独開催。
そしてBCRNで保護中の犬たちも参加しました。


昼前からの開催でしたが、好天にも恵まれ
来場者もいつもよりもかなり多かったようにみえます。

ボーダーコリー単独開催とは言え、
ボーダーコリーを知っている人が思いのほか多いことにも
驚かされました。

そして彼らは一様に、
「頭のいい犬種なのに、なぜ?」
と聞いてきます。

『頭のいい犬種』

確か、どこぞのメディアがそういったことを言ったので
人々はボーダーコリーと聞くと、彼らが何も教えなくても
お利口で、なんでも出来る犬だと思っているようです。

でも、頭のいい犬種だからこそ、自分達で考えるのです。
たいくつすれば、たいくつしのぎの何かを考え出し、
それを自分の仕事と決めてこなす。

コミュニケーションをとってきちんと教えてやれば最良のパートナーになりますが、
ほうっておくと、厄介者になりかねない犬たちなのです。


今日も拙いダンスのデモをしましたが、
デモの前に、ちょこっと今書いたことを前説してみました。

そして、いくつになっても彼らはいろいろなことを吸収してくれるので
ドッグダンスなんかを教えてみるのも楽しいものとお話しました。


ドッグダンスで競技会に出るもよし、
かわいい愛犬とのコミュニケーションツールにするもよし。

愛犬からのアイコンタクトは嬉しいものです。
ドッグダンスに限らず、犬たちとコミュニケーションを取る方法を
いろいろ考えてみると楽しいと思います。


まぁ、あんまりストーカーされるのも困りものですが・・・。


20100220
<青山ファーマーズマーケットにて>

BCRNでは、保護したボーダーコリーたちの新しい家族を探しています。
ご自身のライフスタイルに合えば、とても良いパートナーとなるでしょう。

今日は2頭のボーダーが参加しました。
人が大好きな男の子と、ちょっとシャイな女の子でした。

早くいい家族がみつかりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)