犬関連情報

2020年7月10日 (金)

ブリーディングについて パート2

先日犬のブリーディングについて長々書きました。
楽しい犬との暮らしを考えて一歩を踏み出す人を奈落の底に突き落とすようなブリーディングは問題があるんじゃないかというような内容でしたが、今日は少し一般的な話を書きます。

 

そもそも犬の場合、様々な犬種があるのはご存知の通り。
なぜかと言えば、それぞれの犬種には役割があって、その役割に適した遺伝子を残すように選択交配が意図的になされてきたからです。

「犬ならなんでもかわいい」というのとは別次元の話として「犬種」というものが存在します。
犬種によっては、問題が出る可能性を持つものもありますが、そこまで立ち入ってしまうにはあまりにも問題が大きくなるのでここでは書きません。

ある犬種を存続させていこうという信念のもとに、犬種のスタンダードを証明する「血統書」が発行されているので、万が一血統書のある犬と、血統書の無い犬(純血種と証明されていない犬)が交配してしまった場合は当然血統書は発行されません。

血統書の本来の意味はそういうことです。

血統書を見ると、現在JKC(ジャパンケネルクラブ)の発行する正式な血統書には三代祖まで載っています。
(以前は五代祖まで載っていました。)
つまり該当犬の曽祖父母までが記載されています。
前回「血統書」は「家系図」と書きましたが、まさにそういうことです。

それぞれの犬の名前には犬舎名が付いていて、どの犬舎で繁殖したのかわかるようになっています。
つまりラインがわかるわけです。
親戚犬を探すというサイトがあったかと思いますが、それを見ると、「ウチの子と何ちゃんは親戚ね。」ということがわかったりします。

血統書の中の犬たちの名前の中には同じ名前の犬が入っていることがあります。
例えば父犬と母犬のおじいちゃんが同じだったするわけです。

これは同じ血のいいところを受け継いでいくために、犬舎側が意図して行っていることですが、ラインブリード(系統繁殖)と言われ悪いことではありません。

我が家の初代ボーダー・コリーのクリスの血統書を見ると、オーストラリアのMinimbah犬舎の犬たちとBorderfame犬舎の犬たちが並んでいて、父方と母方の親戚の中に同じ犬が入っていたり、親戚犬の中には同じクリスに似たおにぎり顔(マズルが丸い)の犬がいたりします。
ある意味受け継がれた容姿のひとつで、選択交配していたともとれます。

わが家で生まれたハンス。
202007102

どことなく母方の血統にあるBorderfame犬舎の犬に似ています。

202007103
(出典bordercollie.ru)

人間では考えられませんが、犬の場合ある程度の近親交配は問題ないとされています。
ただし、親子、兄弟姉妹、叔父と姪のように近い近親交配はインブリードと言って血が濃くなりすぎて弊害が起きる可能性が高いことがわかっているので、JKCでは特に親子や兄弟姉妹の極近親繁殖は認めていません(許可制)。

そこで、良識あるブリーダーはあまり血が濃くなりすぎないように、時折他の犬舎の遺伝子を入れるために「アウトクロスブリード」を行うわけです。
他のラインを入れると言うことは、逆に言うとどんな子が生まれてくるか未知数とも言えますが、健全な犬種保存のためにはある程度のチャレンジはブリーダーとしても必要なことではないでしょうか。

 

このような意図的交配はどのようなブリーダーでも行っていて、特に注意しなければいけないのは、遺伝性疾患や被毛の色です。

単純に血統書のラインを見るだけでなく、遺伝的に持っている疾患の可能性があれば交配を見合わせなければいけません。
そのために両親犬には様々なヘルスチェックが行われます。

また、犬の被毛の色は他の疾患との関連性もあるので、単純に色だけを選んだ交配を行えば、弊害を伴ってしまいます。
例えばボーダー・コリーの場合、マール因子同士を持つ犬を交配すると、その25%の確率で、目や耳に疾患がある犬が生まれてきます。
マールの色が綺麗だからと無謀な交配を行えば、結果として不幸な犬が生まれてしまいます。

先日も書きましたが、血統書に載っている犬たちの被毛の色も大事なポイントになってくるわけですね。
一般の人には当然わかりづらいことですが、プロのブリーダーであれば勉強していなければいけない重要な部分です。

売れるからと言う目的での意図的交配ではなく、健全で性格(気質)のいい犬たちを作出するための意図的交配がなされることを望みたいです。

先日、まだまだ先の話ですが、とあるブリーダーに問い合わせをしたところ、来年交配予定の犬たちの予約はいっぱいだとか。
きちんと考えてブリーディングをしている犬舎の犬たちには、かなり前から予約が入っているものです。
犬も大事な家族です。じっくり探しましょう。

🍀 2020年9月4日~6日🍀
3Days イベントの申し込み受付始まりました。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
Blog_bannar_36
にほんブログ村
 

| | コメント (0)

2020年7月 5日 (日)

ブリーディングについて

今日はちょっと長文です。

仕事柄多くの飼い主さんと出会い、様々な犬たちとの出会いがあります。
カウンセリングで伺うとき、情報源として、犬をどこから入手されたのか伺います。
入手先は、ブリーダー、ペットショップ、保護団体等いろいろです。

以前はペットショップや保護団体の場合、多少なりとも問題行動の原因がある可能性があって、ブリーダー出身の場合は安心できると思われがちでしたが、最近ブリーダー出身でも問題を抱えているケースが増えています。


ブリーダーと称するところでも、パピーミル(子犬工場)と言われるように、施設内にケージがカプセルホテルのように並び、繁殖犬は繁殖のためだけに生かされていて、散歩に連れ出してももらえないというケースがあります。
こういうところでは、繁殖犬として使えなくなると、保護団体に渡してしまうこともあります。

そこまで大がかりでなくても、年に2回シーズンが来る雌犬に、シーズンごとの交配をさせるという虐待に近い繁殖をしているところもあります。

わが家も20年以上前に一度だけ繁殖したことがあります。
母犬は交配から2か月ほどで出産、その後離乳食が始まるまで、おっぱいを飲ませ、排泄の処理をし、寝る間もなく子犬たちの面倒を見ていました。
離乳食が始まっても、子犬たちは相変わらず母犬を追いかけて、チャンスがあればおっぱいに吸い付いていました。

202007051

子犬が新しい家族の元に旅立つのが生後およそ2か月後。
母犬はその後少しずつ体力を戻していきますが、しばらくすると被毛がごっそり抜けて子犬たちに栄養を取られてすっかり痩せたしまったボディラインがはっきり見えるようになります。
体力が戻るまでにはまだまだ数か月はかかるわけです。

そのため理想的な繁殖計画は、1年半から2年ぐらいあけてからとも言われています。

生まれてくる犬の頭数によって、当然収入は変化しますし、母犬のケアにも費用が掛かります。
所有している母犬の数が増えれば、当然その負担もかかります。
食費、ワクチン、狂犬病予防接種、フィラリア、トイレシーツなどなど。
母犬の健康管理や生まれてきた子犬たちの世話を考えると、ブリーディングはとても大変な仕事です。
生業にしようとすれば、人件費もかかるかもしれません。

簡単に言うと、ブリーディングは儲からないということです。

「血統書付き」と言うと、100パーセントの安心保障がついているように考える人がいますが、それは大きな勘違いです。
血統書はその犬の素性を明らかにする家系図です。
血統書には両親犬とさらにその上の両親犬の記載があり、どんなラインの犬かということがわかります。

名前にCHと言う記載があれば、何かのチャンピョンになったということです。
色も記載があるので、両親ともに白黒だったのに、生まれた子が白茶だったというときは、祖父母の犬の色を見て、「あ~、そういうことなんだ。」と納得出来たりすることもあります。

チャンピョンにもいろいろな種類があり、ドッグショーのチャンピョンだったり、トレーニング(オビディエンスなど)チャンピョンだったアジリティチャンピョンだったりと様々です。
しかし、それを見ることで、その犬がその犬種のスタンダードを受け継いでいるのか、運動性能を受け継いでいるのかを確認することもできるわけです。

もちろんCHが付いてなくてもいいんです。
要はその犬が、その犬種であることをきちんと証明して、両親犬がわかっていることが大事です。

「血統書が付いているから値段が高い」と言われれば、ある意味ちゃんと証明された犬だからという保証はあるかもしれませんが、健康上問題が無いかどうかはブリーダー次第です。

繁殖前に、健康チェックがきちんとなされたか、生まれた後の子犬の健康管理がきちんとされていたか。
全てはブリーダーの責任とも言えるでしょう。

確かに何頭も生まれれば、中にはドッグショーでチャンピョンを取れない犬もいるでしょう。
同じ犬種であっても、スタンダードには厳しい決まりがあります。
その良し悪しは別として、急にサイズが小さい子ばかり増えてしまったり、あるいは、半立耳がスタンダードなのに、立ち耳の子が生まれてしまったりする場合もあります。
そういう犬たちはドッグショーをやりたい人には向かないので、スタンダードを基準にしているブリーダーであれば、家庭犬として譲ると言う選択をします。
その場合当然販売価格はスタンダードの犬より割安になります。
別にそれはいいんです。
値段が安いからその犬の価値が下がるわけではなく、性格が良ければ、家庭犬として申し分ないのですから。

要はそういうことをきちんと新しい飼い主さんに告げることが大事なのです。

犬は生き物ですから「不良品」という言葉は使いたくありませんが、健康な子犬がやってくると信じていた人たちをだますようなことをしてはいけないと思います。
良心的なブリーダーであれば、それも含めてサポートします。
そもそも、きちんと健康管理がされていても、生き物である限り100パーセント問題ないとは言い切れません。
それをわかったうえで、取り扱うことがプロとして必要なのではないでしょうか。

余談ですが、ドッグショーのチャンピョン犬になるにはとても費用がかかります。
審査基準がジャッジの眼に頼るしかないため、スタンダードの基準を満たしていても、ショーに出れば必ず勝ってタイトルが取れるという保証はどこにもありません。
そのため、全国のショー会場に足を運び、高いエントリーフィーを払い、場合によってはプロのハンドラーにハンドリングを頼まなければいけないこともあります。
生半可な費用ではないので、当然投資した分が子犬の値段に上乗せされることも考えられます。

そこがオビディエンスやアジリティなどのチャンピョンと違うところです。
オビやアジは競技での成績が良くなければチャンピョンにはなれません。
成績は「出来たか出来なかったか」で数字化されているので、
ドッグショーに比べればわかりやすいと言えるでしょう。
もちろんエントリーフィーはかかりますし、トレーニングに費やす費用もバカにはなりません。

しかし、どんな犬がやってきてもかわいい我が子になっていきます。
良心的なブリーダーであれば、かわいい我が子の産んだ子犬をどこに嫁がせるかとても悩みます。
お金の問題ではなく、その犬が幸せになれるかどうかを考えるからです。

決まった犬種の犬を探そうと思ったら、労を惜しまず情報収集してください。
ご縁はいつやってくるかわかりませんが、子犬がやってきたら、終生お世話をする気持ちで、犬と一緒に勉強していきましょう。

もうすぐ七夕です。
21年前、生まれる前から予約が入っていたにもかかわらず急なキャンセルで行き先がなくなってしまった我が家のイケメン君。
いい家庭が見つかりますようにと短冊に書き、車のウィンドウに写真付きのチラシを貼って1ヵ月走り回ったところ、七夕のその日に連絡をもらい、素敵なご家族の元に旅立ち、終生かわいがっていただきました。

202007052
この時期はどうもセンチメンタルになっていけませんね。

長文失礼いたしました。


🍀 2020年9月4日~6日🍀
3Days イベントの申し込み受付始まりました。
詳細はこちら👇
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2020/06/post-6d5890.html

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年8月30日 (金)

JAPDTカンファレンス

今日はJAPDTのカンファレンスでした。

201908301

今回楽しみにしているのはドイツのドッグトレーナー、ジモーネ・ポール氏によるセミナー。

前回見習いと「インパルスコントロール」のワークショップに参加し、とても興味深かったので今回再参加。

ワークショップが無かった分、座学はとても細かく説明されていました。

明日は「攻撃性行動と対処」。
明日も楽しみです。

明日おいでになる方は、上に羽織るものをお忘れなく、エアコンが効きすぎたり、蒸し暑くなったりで、なかなかうまく調整できません(汗)。

--------------------------------
9月開催予定の3Daysイベントの申し込み間もなく締め切りです。
リハーサルショウはキャンセル待ちになります。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年6月28日 (木)

動物取扱責任者研修@東京

今日は東京都の動物取扱責任者研修でした。

ドッグトレーニング等で他人様にお教えしたり、お預かりする場合や、ブリーディング、販売、展示など、動物に関する仕事をしている人間はこの資格を取得し、毎年研修に出ることが義務付けられています。

今年の研修のお題は「動物感染症と動物由来感染症のリスク管理」と「動物福祉に配慮した飼養管理について」と言うものでした。

前半は、犬や猫、輸入動物などの持つ感染症や、人獣共通感染症などについてのお話で、今までの知識の再確認といった感じです。


後半は「動物愛護」と「動物福祉」の違いと、「動物福祉」を踏まえた動物の取り扱いについてのお話。

この「動物福祉」というのは、昨年FCI (Federation Cynologique International)で規定が決められたドッグダンス競技の評価項目の中にも入っています。

すなわち、「表現」「内容」「芸術的解釈」に加えて「動物の福祉」が一つの項目として記載されているのです。
ここで言う「動物の福祉」とは、演目が犬種や犬の個性、身体的能力や精神的能力などを重要視しているか。犬の健康や安全を考えているか。犬との協調性はあるか。などを着眼点にしています。

ただ犬をかわいがるだけでなく、犬が不快を感じていないか、痛みを感じていないかなど、犬を生き物としてきちんと尊重することが「犬の福祉」の基本になっているわけです。


人間側の気持ちでなく、犬の立場になることが大事ですね。

一日留守番をさせられていたのに大歓迎の犬たち。
健気です。

201806281


早速散歩です。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月31日 (火)

JKC本部競技会中止


会場となる江戸川河川敷(埼玉)が今月立て続けにやってきた台風のせいで冠水したために競技の開催が見送られるとJKCより連絡がありました。
前代未聞です。

オビモードにシフトチェンジしたばかりだと言うのに。
世の中、そうそう予定通りには行かないものですね。
しかし、このまま次の競技会(12月)まで勢いを持続できないといけないので、別の練習会に参加することにしました。

2年前の本部競技会。
201710311
CDIIIに参戦したアシスタント

1年以上JKCの競技会から離れていたので、今回の本部はとても楽しみにしていただけに中止は残念です。

さて、来月頑張りましょう。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月30日 (月)

犬の記憶力

今日のレッスンでは、目的は別だったのですが、おもちゃの弁別を途中に入れてみました。

「持って来る(持来)」を楽しそうにやってくれる犬たちは、ハンドラーがおもちゃを投げてくれれば喜んで取りに行ってくれます。
しかし、もし取りに行くものが二つあったら、どっちを持って来るでしょうか。

中には無理をしても両方咥えて戻ってくる犬もいますが、大体は好きな方を咥えて持って帰って来ます。
そこで、今日はJ君のお気に入りの、優越がつけがたいおもちゃを2つ前方に置き、遊ぶときに使っているそのおもちゃの名前を言って持ってきてもらうことにしました。

このゲームは初めてだったので、彼が好きな方のおもちゃを選ぶ確率は高かったのですが、はっきり名前を言ってから送り出したところ、いつもは走って取りにいくのに、今回はゆっくり目標物に向かって歩いて行って言われたおもちゃを咥えました。

おもちゃを左右置き換えたりしながら3回繰り返し、3回とも正解。
正解の理由はちゃんとおもちゃの名前を理解して覚えていたということと、冷静に私の話が聞けていたからでしょう。


今回は持って戻ることが目標ではないので、選んだ時点でクリックして褒めてあげました。
最初はちょっと不安気におもちゃに向かって行きましたが、最後には自信を持って正解のおもちゃに向かっていました。
ゲームの意味が少しわかってきたのでしょう。


犬の記憶力に関しては、2008年NATIONAL GEOGRAPHICに6歳のボーダーコリー、ベッツィの素晴らしい記憶力の記事が載り、その後2011年には1000以上の単語や文章を聞き分けるスーパーボーダーコリーChaserが様々なメディアに登場しています。
http://www.chaserthebordercollie.com/chaser

さすがにそれほどの言葉を記憶させることは通常の飼い主はしませんが、犬たちは普通に人間の言葉を理解し、物の名前を憶え、弁別することができるのです。

201710291
(2015年アシスタントと家で弁別ゲームをしたとき)

また、言葉だけでなく、行動もきちんと記憶しています。
以前犬たちとボール遊びをしたあと、私がボールを置き忘れて30メートルほど離れた場所で犬たちと休憩をしていたのですが、突然見習いがさっき遊んでいた場所に向かって走り出し、置き忘れたボールを咥えて戻ってきました。
30メートル離れた場所からは、草むらに置き忘れたボールを目視することはできなかったのに、10分以上も経っていても、彼はしっかりボールを置き忘れていることを覚えていたのです。


犬たちの能力ってほんとうに素晴らしいですね。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

ドッグランは安全ですか?

今日は1年ぶりにいつも行く公園の中にあるドッグランを覗いてみました。
普段はドッグランに入ることはほとんどありません。
なぜなら我が家の犬たちは自分から他の犬に絡みに行くことがほとんどないからです。

昨年の9月、初めて見習いをドッグランに連れて行ったところ、私のボールを投げろとせがんできました。
しかし、あいにく地面が土ではないので、制動性の良すぎる見習いはパッドを剥いてしまうため放っておいたところ、一人で大好きなボール集めに興じ、結局他の犬と絡むことはありませんでした。


201710261


あれから1年、間もなく2歳になろうという見習いがフリーで見知らぬ犬たちと遭遇したらどうなるのかと連れて行ったところ、1年前と変わらず、私に遊べとまとわりついて、他の犬のところに行こうとはしませんでした。
向こうから来てくれる分には低姿勢で挨拶をしに行き、その後はまた戻ってきます。


201710262


平日と言うこともあり、犬の数は多くはありませんでしたが、小型犬エリアで遊べない小型犬たちが吠えながら走り回っていることもあって、少し距離を取っていました。
ところが、ドッグランの中を歩いていたら、突然小型犬が見習いに走り寄って、首筋にガブ。
私の方しか見ていなかった見習いはびっくりして振り返ってガウ(何するんだよ)。

それに対して再度小型犬が見習いに向かって行きそうになったので、私は見習いを呼びながら後ろに下がってフセをさせ、それ以上小型犬が見習いに向かわないよう見習いの横で仁王立ちしました。
すると小型犬は私と見習いをガン見しながら、唸りながら戻って行きました。


その後飼い主が誰なのかしばらく見ていたのですが、結局その犬を呼びもどそうとする人間は見当たらず、その後も、他の犬たちを吠えながら追い立てるように走り回り、こちらに向かってくる人もいなかったのでその場から離れました。

30分ほどドッグランの様子を見ていましたが、ずっと吠えながら他の犬を追いかけている別の小型犬や、傍に来る犬に襲いかかる中型犬など、結構怖い環境だなと感じたので、ドッグランを出ました。


見習いはドッグランを出ると、それなりに緊張していたのか、堰を切ったように吠えました。
誰にと言うより、いっぱいいっぱいになった気持ちを吐きだしていると言った感じでした。


1年に一度そのドッグランに入るか入らないかですから、私たちは完全にアウェイですが、日常的にそこに来ている人たちにとってはお客さんのようなものです。
お客さんの連れている犬に襲いかかって、自分の犬を制御しようともしないのは感心できません。
おそらくその犬の飼い主は話に夢中になっていて自分の犬の行動を把握していなかったのでしょうね。
私は知らない人ばかりだったので、アシスタントの方は目を離すことはあっても、見習いから目を離すことはしませんでした。

小型犬とは言え、相手はテリアですから、顎も強いですし、完全に見習いの首を狙っていました。
体高的に届かなかったのでかすった程度でしたが、同じ大きさであれば歯が入っていたかもしれません。

ドッグランに足を踏み入れる時は、慣れた場所であっても、そうでなくても、注意が必要ですね。

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

BCRN保護犬譲渡会

青山の国連大学で開催されるファーマーズマーケットで
BCRN(ボーダーコリーレスキューネットワーク)
保護犬譲渡会が行われました。


いつもは他の保護団体との共催なのですが、今回は単独開催。
そしてBCRNで保護中の犬たちも参加しました。


昼前からの開催でしたが、好天にも恵まれ
来場者もいつもよりもかなり多かったようにみえます。

ボーダーコリー単独開催とは言え、
ボーダーコリーを知っている人が思いのほか多いことにも
驚かされました。

そして彼らは一様に、
「頭のいい犬種なのに、なぜ?」
と聞いてきます。

『頭のいい犬種』

確か、どこぞのメディアがそういったことを言ったので
人々はボーダーコリーと聞くと、彼らが何も教えなくても
お利口で、なんでも出来る犬だと思っているようです。

でも、頭のいい犬種だからこそ、自分達で考えるのです。
たいくつすれば、たいくつしのぎの何かを考え出し、
それを自分の仕事と決めてこなす。

コミュニケーションをとってきちんと教えてやれば最良のパートナーになりますが、
ほうっておくと、厄介者になりかねない犬たちなのです。


今日も拙いダンスのデモをしましたが、
デモの前に、ちょこっと今書いたことを前説してみました。

そして、いくつになっても彼らはいろいろなことを吸収してくれるので
ドッグダンスなんかを教えてみるのも楽しいものとお話しました。


ドッグダンスで競技会に出るもよし、
かわいい愛犬とのコミュニケーションツールにするもよし。

愛犬からのアイコンタクトは嬉しいものです。
ドッグダンスに限らず、犬たちとコミュニケーションを取る方法を
いろいろ考えてみると楽しいと思います。


まぁ、あんまりストーカーされるのも困りものですが・・・。


20100220
<青山ファーマーズマーケットにて>

BCRNでは、保護したボーダーコリーたちの新しい家族を探しています。
ご自身のライフスタイルに合えば、とても良いパートナーとなるでしょう。

今日は2頭のボーダーが参加しました。
人が大好きな男の子と、ちょっとシャイな女の子でした。

早くいい家族がみつかりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)