ドッグトレーニング

2019年12月13日 (金)

ドッグトレーニング:犬はちゃんと考えています。

今日はドッグダンスのレッスンでした。
R君は、年齢の割には活発で、ママと一緒に何かするのも楽しそうです。

バックステップの距離も伸びてきました。

でも、ちょっぴり頑固なところもあって、
基本的に、オスワリやフセをあまりしません。

でも、レッスンの合間の休憩時間は、
やはりオフになっていて欲しい。

そこで、自分から座った時だけ、
ママからオヤツがもらえるようにしました。

最初はオヤツをもらったらすぐ立ってしまったR君ですが、
立ってしまうとオヤツがもらえないとわかると、
自分から座ったままでいる時間が伸びてきました。

201912132

こんなちいさなことでも、犬たちはしっかり学んでいます。

続けていくことで、その行動はさらに「強化」され、
習慣にしていくことができます。

自分からリラックスして座ったり伏せたりできるようになるといいですね。

要はあきらめずに根気よくですね。



--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

ドッグトレーニング:ご家族の一貫性は大事

今日のプライベートレッスン。
Hさん、だいぶリードを持つ人への意識が出てきて、
ちょっと怖いものがあったり、気になるものがあったりしても、
飼主さんの声がちゃんと聞こえていると、気にせずスルー出来るようになりました。

合間にはちょっとしたスペースでフードサーキットと呼び戻し練習。

201912011

コツはHさんが戻りたくなるような状況を作ること。

今日はご主人様が頑張ってくださいました。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年11月30日 (土)

ドッグトレーニング:連続強化はわかりやすい。

今日のプライベートレッスンMさん、お散歩がとても上手になりました。
初めてお伺いした時は肩がはずれるかと思ったのですが、
今ではすっかり素敵なレディです。

今日はお散歩レッスンのあと、見習いをディストラクションに、
停座(オスワリ)の持続練習。

「オスワリ」と言われて座るのはあたりまえなのですが、
座ったままでいるというのはちゃんと教えてあげないと出来ません。

こういう時は連続強化練習がわかりやすいものです。

201911302

少しずつじっとしていられる時間が伸びてきました。

M
さんは今まで多くのことを学んでいますが、彼女自身がまだまだ成長過程。
次から次へと新しい課題を私にくれるので教え手としては楽しいですね。

次回はどんな課題を出してくるのでしょうか。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年11月29日 (金)

チラグ氏のワークショップに参加してきました!

以前から行きたかったチラグ・パテル氏のワークショップに参加してきました。

チラグ氏はバケツゲームと言われるトレーニングメソッドで有名です。
Youtubeなどでも公開されていますが、今回は先入観を持ちたくなかったので
敢えて下準備なしに参加することにしました。

バケツゲーム自体は、実践したり他の参加者の作業を見学することで
作業工程が少しわかったような気がしますが、
重要なのはバケツゲーム自体ではなく、バケツゲームを使うことで、
いかに犬に選択肢を与えるか、犬に何をどう伝えるか、
犬の気持ちをどうリラックスさせるかなどなど、
多くの学びがあった一日でした。

当然個々の犬によって同じ反応を示すわけではありませんので、
その犬にあったプランニングが必要になります。

今回の参加犬は7頭。
その中に我が家のアシスタントニコルも入れていただきました。

201911291

家庭犬としては申し分がなく、信頼のおけるニコルですが、
そんな彼女でさえも、一生懸命頑張りすぎていっぱいいっぱいになることも。

今回学んだことが、今後の彼女のサポートになるよう、
しっかり復習しなくてはいけませんね。

201911292

わからないことはどんどん質問できて、
それぞれの疑問やその答えを共有した
とにかく楽しいワークショップでした。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年11月25日 (月)

プライベートレッスン

今日のプライベートレッスン、いろいろ新しいことを学んでくださっているHさん。
オスワリは得意なのですが、伏せている姿を見たことがありません。
元々、「フセ」は教えていらっしゃらないとのこと。
トリーツを使っても、なかなかフセの姿勢に誘導できないので、
今日はちょっと違った方法で。

201911251

上手に足の下に入れるようになりました。
もちろんトリーツは使っています
無理せず少しずつ。

一方、今日から外のレッスンが始まったPくん。
まずはハンドラーに対するアテンションアップから。

201911252

呼び戻しには、犬が戻りたくなるような環境設定が必要になります。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年11月21日 (木)

犬は追いかけたくなるもの

犬が動くものを追いかけようとするのは本能。

だからと言って、なんでも追いかけていいわけではないし、
逆に、追いかけるという楽しい行動を失くしてしまう必要もありません。
追いかけていいものとそうでなものをきちんと教えてあげればいいのです。

キャァキャァと高い声を張り上げて走り回る子供は
犬にとっては格好の獲物。
しかし、これは追いかけて欲しくないもの。

そこで、今日のプライベートレッスンでは、
保育園児をディストラクションに練習しました。

最初は、気になって足早になりそうになったり、
ママのことなど忘れて突進しようとしていたEさん。

細かく学習して欲しいことを伝えていきました。

201911211

もちろん、途中に休憩タイム。

こちらは追いかけていいもので楽しく遊んでもらいます。

201911213

要は、何でも追いかけることが楽しいのではなく、
ママと一緒に追いかけるものを介して遊ぶことが楽しいと感じてもらうこと。

気分転換のあとは、さらにディストラクションとの距離を近づけても
落ち着いて歩けるように。

何度も繰り返すことで、少しずつ学習したことを身に着けていくので、
焦らないことが大事ですね。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24  
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年11月13日 (水)

犬にきちんと伝えるためには根気が欠かせません。

犬との暮らしがお互いにとって快適であるためには、双方向のコミュニケーションは欠かせません。
しかし、なかなかこちらの意図を伝えるのは難しい。

「そこで、トイレをしないで。」
「跳びつかないで。」
「そっちに行かないで。」
「吠えないで。」

どちらかというと、ついついこんなネガティブなことを言いたくなったりしませんか?
しかし、やって欲しくないことを伝えるというのはなかなか難しいもの。
では、どうすればいいのでしょうか。

犬がわかりやすいのは、やって欲しいことを伝えることです。

「トイレはここだからね。」
「オスワリしようね。」
「オイデ。」
「吠えないでお利口だね。」

上手に出来たことを褒めて、その行動を出やすくすることで、
人間にとってやって欲しくない行動を出しづらくすることが日常マナーのトレーニングとも言えます。

つまり、いい行動だけをキャッチして褒めてご褒美を出していくと、
犬は学習してご褒美が出る行動を取るようになるというわけです。

しかし、いい行動はついつい見過ごされがちなので、
なかなか犬も覚えにくいというわけです。

あなたにとって、好ましい行動を取っていたら、すかさず褒めてあげましょう。
タイミングが大事です。

うまくいかないとあきらめてしまうと、犬は学習する機会を失ってしまいます。
根気よく、コツコツが大事ですね。

201911131

このころは、まだオスワリの仕方も教えていませんが、
とにかく自発的に座っただけで「オスワリ上手ね~。」褒められていた見習いです。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年11月11日 (月)

デイリートレーニング:それぞれの課題

今日はプライベートレッスン3本でした。

最初は1歳10か月のお嬢さん。
生後11か月のころから拝見していますが、跳びつかないことを教え、トイレトレーニングを教え、散歩中落ちている物を口に入れないことを教え、癇癪を起さないことを教え、人の手に歯をきつく当てないことなどなどを教えてあげたら、今ではオンとオフがわかり、人の話もよく聞くお嬢さんになりました。

まずお散歩でまっすぐ落ち着いて歩けていることが素晴らしい。

201911111

今の課題は、ネコや鳥を追いかけないこと。
そこで、ディストラクションがある中での集中の取り方。

ご家族みなさんで取り組んでくださっています。


二件目は熟年のレディ。

外は気になるものが多いので、ひとつずつ気になるものを減らしていく練習。

201911112

車やバイクも大分気にならなくなってきました。
いろいろな状況を想定した練習をコツコツ続けていただいています。



最後は5か月のパピー。

跳びつかないこと。跳ばないこと。ハウスで休むこと。トイレの場所。
覚えなくてはいけないことが目白押し。
今まではじっとして入ることが無く、写真が撮れませんでしたが、
今日は自分から落ち着ける瞬間もありました。

201911113

人の話もよく聞いているし、ハウスも一日で自分から入れるようになり、私を見ると跳ばずに座ることも2回目で覚えました。

今の課題はハウスの中でも、落ち着いていること。
好奇心も食欲も旺盛で、これからが楽しみです。


--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年11月 8日 (金)

いい経験は必ず犬を成長させる。

2年半前のグループレッスンから始めたRさん。
始めた当初は他の犬の気配を感じたり、動いているのを見る度に反応して吠えてしまう子でした。

クレート待機もままならず、まずはそこから始めました。

あれから、ドッグトレーニングの基礎やドッグダンスのレッスンを続けてくださり、
今日初めて見習いを遊びに誘いました。

201911071

初めの1年くらいは、月に一度のレッスンの度に、
私を見るだけでも興奮して吠えていました。

今日はスタジオに入るときも、先に来ていた私やアシスタントを見ても
興奮することなく、静かに挨拶もできました。

日々の練習の成果が確実に出ていますね。

レッスンでも、きれいなヒールポジションで、サイドステップを
少しずつ習得中です。

これから先が楽しみです。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年11月 1日 (金)

ドッグトレーニング:自分から落ち着くことが大事

犬たちに行動を教えることは難しくはありません。
もちろん、その行動を定着させるには根気が必要となりますが、
力でなく、報酬ベースのトレーニングを行うことで
犬の学習意欲を持続させていくことはできます。

しかし、学習意欲はあっても、集中力が持続しないと、
なかなか身にはつきません。

いつもハイになっていると、一瞬意欲的に見えますが、
実はハンドラーのキューをきちんと聞けない状態だったりします。
ハンドラーの声がきちんと耳に届くためには、
冷静な脳が必要です。

「フセ!」「フセ!」と何度も言わないとじっとしていられないのではなく、
自分から伏せられる精神状態を教えてあげることも大事ですね。

そんな練習をしながら、最後はカフェレッスンを頑張ってくれたKさん。

201911011

ママが席を外しているときは、静かにママの帰りを待っていられるお嬢さんでした。


---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧