ドッグトレーニング

2019年4月14日 (日)

プライベートレッスンそれぞれ

土曜日はプライベートレッスンの日。
課題はそれぞれ。
でも、その課題に一生懸命取り組んでくださる飼い主さんがいらっしゃるので、犬たちは確実に成長しています。

飼い主さんに集中することを覚えてくれると、余計なこと(よその犬の存在など)は気にしなくてもよくなります。

201904141  

最大のディストラクションが目の前にあっても、ハンドラーに集中する練習。

201904142

「マテ」は動かないでいることと教えていくこと。

201904143

参加犬の課題やレベルに合わせて、少しずつ習慣にしていくのがポイントです。

---------------------------------

ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_17
にほんブログ村

---------------------------------

パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0)

2019年4月10日 (水)

雨の日は頭を使ってもらいましょう。

今日は朝から土砂降り。
こんな日は犬たちのお散歩もままならいので、ついつい運動不足気味。

というわけで、今日の練習会では、嗅覚を使ったトレーニングをやってみました。
嗅覚トレーニングは以前にもやっていますが、今回はちょっとハードルをあげてみました。

最近は「ノーズワーク」というドッグスポーツをよく耳にするようになりました。
もともと嗅覚が優れた犬たちにとって、鼻を使うゲームは楽しいもの。
同時に大変頭も使うので、疲れてくれるというメリットもあります。

練習会に参加している9頭の犬たちは「持来」を知っているので、あとは何を探して持ってくるのかを伝えるだけです。

今回は見習いが普段練習で使っているFCIオビディエンス用の木片を使いました。

参加犬それぞれが多くを学習するとともに、正解を持ってこなかった犬の思考回路なども垣間見られて、大変興味深い時間ととなりました。

201904101 201904102
視覚から嗅覚に切り替えて、しっかり見つけてくれたかた。


201904103
果敢にも大き目なダンベルにトライ。
ダンベル持来の練習が強化されているからでしょう。

201904104
こちらは、なんでも持ってきてくれる方。
さすがレトリーバー。

短いセッションだったのですが、繰り返して伝えていけば必ず理解できます。

午後からはラリーオビディエンスのコース練習。

201904105 
今日は実際に昨年出されたお題。

いつもは私のデザインしたコースで練習していますが、癖が出てしまうので、ときには違うひとのデザインしたコースで練習。
特にレベル3は複雑でなかなかおもしろいコースでした。

---------------------------------

ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_17
にほんブログ村

---------------------------------

パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

「マテ」を教えないのはかわいそう。

中型犬以上になると、愛犬のトレーニング(訓練)を考える飼い主さんは多いのですが、小型犬の場合、一般(ドッグスポーツをしていない)の飼い主さんは「訓練なんて必要ない」とか、「訓練なんてかわいそう」という方が多く、「オスワリ」が出来ればいい程度に考えていらっしゃる方がほとんどではないでしょうか。

しかし、きちんと「マテ」を教わっていない犬たちは、飼い主が自分のそばから離れると不安になり、吠えてしまうということがよくあります。

犬のイベントでよくホテルに泊まることがありますが、レストランで食事をしていると、飼い主さんがバイキング形式で料理を取りに席を離れるたびに吠える犬たちがいます。
突然けたたましく吠えるので、同席のひととの会話が途切れてしまうほど。

我が家の犬たちは、ホテルの場合は大抵部屋に残してきます。
同じ空間で急に吠える犬がいれば緊張してしまうからです。
特に見習いの方はまだ若い雄犬のため、余計な刺激に反応しやすいこともあります。
逆にアシスタントの方は喧騒を嫌うので、これまた部屋の方が落ち着きます。

では、吠える小型犬たちも部屋で待っていた方が落ち着くのではないでしょうか。
ところが、目の前にいても、離れるだけで吠えてしまう犬たちを、慣れないホテルの部屋で待たせることはもっと難しいわけです。

日常的に「マテ」を教えてあげれば、犬は必ず飼い主が戻ってくることを理解し、席を外したくらいでは吠えません。
加えて、「クレートトレーニング」や「マットトレーニング」をしてあげれば、もっと安心して待っていられるようになるでしょう。

「トレーニング」は決してかわいそうなことではありません。
愛犬のストレスを軽減してあげるためにも、トレーニングを考えてみませんか?

201701284
---------------------------------

ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_17
にほんブログ村

---------------------------------

パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

ドッグトレーニング:犬の行動を決めつけない

パピーは成長と共に多くのことを吸収していきます。
いいことばかりでなく、困った行動を学習してしまう可能性もあるので、
飼い主としては、日々観察しながら、予防策を取ることが不可欠ですが、
成犬になってから家族に向かえた犬の場合も同様に
老婆心でも、犬の動きを予測して予防策を考えておく必要があります。

例えば、子供、自転車、ボールなどのおもちゃ、車やバイクなど音をだすものなどなど、
それらの動きに対して愛犬がどう反応するかは未知数と言ってもいいでしょう。

「小型犬だから危なくない」
「この犬は普段から大人しい」

そういった思い込みは多くの危険をはらんでいます。

昨日は成犬になって引き取られたNさんの外での状況を、
人や犬が多く集まる公園で確認してきました。

201904051

引き取られたあとの様子では、人間にも犬にもあまり興味を示さないので、
自分から飛びつくこともなく、特に問題はないというお話でした。

昨日はたまたま小学生中学年ぐらいの女の子たちが
イベントの帰りで通りかかったところNさんを見つけ、
「かわいい~、ボーダーコリーだ!」と言いながら団体で駆け寄ってきました。

この状況でNさんがどういう行動に出るかは未知数ですが、
万全を期してハンドラーの手元に寄せて、座らせました。

「触っていいですか?」のことばにオーナーさんは、
「ごめんね。いま訓練中だから。」と。

少しずつ新しい家族のもとで自分の居場所を作り始めているNさんにとっては頼もしい一言。

それを聞いて、残念そうに走り出した子供たちを一瞬追いかけそうになったNさん。
すぐに呼び戻して、戻ったことを褒めました。

犬の前で走ってはいけませんよ(笑)。

---------------------------------

ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_15
にほんブログ村

---------------------------------

パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

オビディエンス:行動は分割して教える。

昨日は見習いのオビディエンス練習会でした。
普段なかなか広い場所で練習できないので、とても良い機会でしたが、やはり練習不足のアラが沢山見え、とても良い勉強になりました。

見習いのやっているFCIオビディエンス、クラスIIIには遠隔が多く含まれます。
さらに、一つの課題の中に多くのエレメントが含まれているので、犬が納得して作業を行わないと遂行できません。

その難しい遠隔の一つに、犬を送り出し、コーンを周って戻ってきたところを止め、次に指示されたダンベルを咥えたあと、目前のハードルを跳び越えるという作業があります。

201904011

201904012
この作業をわかりやすく教えるには、それぞれの課題を分けて練習する必要があります。

その後最終的にこれらを合体させるのですが、合体させたときの景色はパーツ練習のときとは違うので犬が混乱してしまうこともあります。

初めからそれぞれのディストラクションを見せすぎても集中を欠いてしまうので、タイミングは難しいところ。

見習いが納得できるまでまだまだ時間がかかりそうです。

---------------------------------

ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_12
にほんブログ村

---------------------------------

パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0)

2019年3月26日 (火)

ドッグトレーニング:課題は段階を踏んで

ドッグトレーニングの基礎の課題には「オスワリ」や「フセ」「タッテ」などの姿勢変更の他に、「オイデ」や「マテ」などの行動も入っています。
これらは別に訓練競技会に出るためのものではなく、日常生活に不可欠なことです。

散歩の途中、相手の犬をやり過ごしたいと思えば、「オスワリ」や「マテ」などが有効ですし、子供がそばに寄ってくればこわがらないように「フセ」をさせたり、ドッグランなどでフリーで遊んでいて帰るときには当然「オイデ」が必要です。

そういった基礎のトレーニングのレベルをあげていくと、ラリーオビディエンスや訓練競技会などの課目の作業が出来るようになっていくのですが、急にレベルをあげることはできません。

「オスワリ」をさせても、2秒で動いてしまったり、飼い主さんが2~3歩離れれば付いてきてしまうレベルでは競技会に出ることはできません。

目の前で「マテ」が2秒出来たら3秒、4秒と持続時間を伸ばし、4秒待てるようになったら、飼い主が犬の後ろに回り込んでも動かないで待っていられるかとか、1メートル離れたらどうだろうとか、ひとつずつ課題をクリアしていくことでレベルアップが出来るようになります。

最初はできなくて当然。
出来ることをひとつずつ増やしていけばいいのです。

201903261 
最初から、飼い主が見えない場所で2分間、見知らぬ犬たちと並んで待つということはできるはずがありません。

普段から、見える場所で待つ練習や、他の犬と一緒に練習していくことで、犬たちもだんだん慣れてくるのです。

焦らず、ゆっくり、コツコツと。
201701132 ある日成長した愛犬に驚かされることでしょう。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_6
にほんブログ村

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。


 

| | コメント (0)

2019年3月25日 (月)

ドッグトレーニング:伝えたいことが伝わるとき

子犬や若い犬のトレーニングは吸収が速いのでとても楽しいものですが、若い分定着するのに時間がかかります。
つまり、反応が速いので、教えるとすぐやってくれるのですが、なかなか持続できないのと、翌日言ったらすぐ出来るかと言えば、そうとは限らないということです。

しかし、それをあきらめずに毎日繰り返して伝えていくと、あるとき急に言葉が通じ始めたと感じられるようになります。
根気と努力が実った瞬間です。

その後も成長と共にいろいろなことをやってくれるのが犬たちですが、話が通じ始めると、愛犬はペットというより家族やパートナーに変わっていくでしょう。

201903251

コギャルなJさん、いつも全力でぶつかってきます。
迎える側も体をはらないとダメですね。

飼い主さんはいつもとても頑張ってくださっているのすが、最近Jさんに話が通じ始めたと感じられているとのこと。
嬉しいかぎりです。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_5
にほんブログ村

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください

| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

ドッグトレーニング:報酬はトリーツだけではありません

報酬ベースのトレーニングと言うと、ついついトリーツ(おやつ)ばかり考えがちですが、犬にとっての報酬は食べ物だけではありません。

例えば一緒に遊ぶこと、スキンシップ、クレートから出してもらうことなど、日常生活の中での報酬は沢山あります。

そこで、報酬を得るために何をしなければいけないのか、犬に学習してもらうことで、好ましい行動を強化していくことが出来るわけです。

日常マナートレーニング中のAさん、1歳ということもあり、活発でなかなかじっとしていることが出来なかったのですが、トレーニングを始めて少しずつオンとオフが出来るようになってきました。

しかし、散歩に行くとなるとまだまだテンションはかなり高め。

だからと言ってその勢いのまま玄関を飛び出せば事故に遭わないとも限りません。

まずは落ち着くことから。

「タッテマテ」は難しいので、「オスワリマテ」。

201903231

その後も階段を駆け下りそうになるので、リードが引っ張られたらもう一度やり直し。

でもネガティブな言葉は使いません。

3回続けてやったところ、ドアを飛び出ることもなく、階段も落ち着いており、その後車道に出るときも同じように落ち着かないと出かけられないよと伝えていって、ようやく外に出られました。

当然一度の練習で身に着くわけではありませんが、繰り返して伝えていくことが大事。

どうすれば散歩に出られるか一生懸命考えているAさんの姿が大人びて見えました。

---------------------------------

ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!

88_31_3

にほんブログ村

---------------------------------

パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪

ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0)

2019年3月22日 (金)

ドッグトレーニング:練習したことは確実にできるようになります。

昨日のあおぞらドッグダンス大会、閉会式が終わってコメント用紙などを取りに並ぶとき、邪魔になってはいけないと、少し離れた場所で犬を休止させたところ、ちょうどいつもレッスンで練習している生徒さん2頭も加わって休止。

もちろん、数メートル先に飼い主がいるので、みんな安心して「フセ」で待っていられました。

201903221

練習のときは、離れる距離や時間をいろいろ変えながら、犬のレベルに合わせて行います。

時には隣の犬が招呼(呼び戻し)されることもありますが、それでも「マテ」と言われた犬たちはちゃんと待っていなければいけません。

201903222

日々の練習は確実に犬たちの身についていますね。

---------------------------------

ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!

88_31_2

にほんブログ村

---------------------------------

パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪

ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0)

2019年3月12日 (火)

ドッグトレーニング:遊びは大切

以前は「愛犬と遊んでください。」と言うと、どうやって遊んでいいのかわからないという答えがよく返ってきたものですが、最近は愛犬とちゃんと遊んでいらっしゃる飼い主さんが増えてきました。

遊びの中で、投げたものを取りに行かせるというのはよく聞きますが、取りには行くが、そのあとおもちゃの一人遊びが始まってしまうというのはよくあるパターンです。

特にキューキュー鳴るおもちゃだったり、噛み心地のいいおもちゃだったりすると、取りに行くより、その場で一人遊びに興じてしまう犬は多いものです。

一人遊びのおもちゃも必要ですが、飼い主さんと一緒に遊ぶことも大事なので、是非本気で遊んであげてください。

持ち逃げされてしまうような場合は、リードを付けて始めてもいいでしょう。


特に引っ張りっこは興奮してウーウー言う場合もありますが、子犬のころから一緒に遊んでいれば、唸り声は威嚇ではありません。
飼い主さんと一緒に獲物に向かっていくことが、共同作業のひとつにもなります。


犬に渡してやっても、遊びたい気持ちが強ければ、引っ張って欲しいと持ってくるようになります。
犬を追いかけるのではなく、犬に追いかけさせるような遊びを楽しみましょう。

お勉強した後のご褒美はおやつだけでなく、一緒に遊ぶことも有効です。


201903122
ディストラクションの中での「マテ」練習のあとは、飼い主さんと遊びます。

201903121

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧