ドッグトレーニング

2018年9月18日 (火)

ドッグトレーニング:好ましい行動を強化する

愛犬に日常生活でやってほしくない行動が出たとき、人はついつい「イケナイ」や「ダメ」を連発してしまうものです。

ただ、犬たちにとって、「イケナイ」や「ダメ」が何を指しているのかわからなければ行動が改善されることはありません。

よく言われる例がトイレトレーニングです。
トイレシーツ以外で排泄してしまったり、シーツからちょっとはみ出てしまった子犬に「ダメ」と言っても、その意味はなかなか伝わりづらいものです。

なぜなら、トイレの場所を認識していないレベルであれば、「ダメ」の意味は排泄行為に対して出された言葉と理解し、次に排泄するときは、叱られないように人の目に付かない場所で行われる可能性があります。

また、トイレの場所がわかっているのにできない場合は、トイレの場所が落ち着かない場所だったりという別の原因によることもあります。

我が家でも見習いが初めて来たとき、狭い部屋ではありますがトイレスペースを2ヵ所用意したところ、一方のトイレしか使おうとしませんでした。
人間側としては、片方は通り道でもあるので、慣れたらすぐ撤去しようと思っていたのですが、撤去しても同じ場所でするので、無駄だと思ってあきらめました。

もちろん成犬になってトイレの回数が減れば、一日中トイレシーツを敷いておく必要はないので、現在は常設トイレはありません。

いずれにしても、犬が理解しやすい方法で教えるのが早道です。

ダイニングテーブルの上にはいつも美味しそうなものがあって、いい香りが漂ってくるとわかっていれば、ついつい見たくなるのが犬心。
ついつい、テーブルに足をかけてしまう愛犬に、「それはやめてほしい」と伝えるときも、飛びついたとき、「ダメよ。」と言っても、また飛びつく可能性は大きいものです。

飛びつかないでいる時を褒めたり、飛びつく前に「オスワリ」をさせてご褒美を上げる方が、時間はかかっても成功します。
犬は飛びつかない方がいいことがあると学習することで、自分から率先して座るようになるからです。

もちろん、これが習慣になれば、毎回必ずおやつなどのご褒美が出る必要はなく、言葉で「いい子ねぇ。」と褒めるだけでも大丈夫です。
習慣になったあとでも、たまにおやつが出れば、さらにこの行動は身についていきます。


201809181


201809182


飛びつかないといいことがあるかもしれないと、ちょっと感じたAさん。
これからは飼い主さんご家族の努力あるのみです。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

犬に圧をかけすぎていませんか?

「犬は服従させなくてはいけない!」というのは一昔(ふた昔?)前の話ですが、未だにその片鱗がそこここに見られるのも事実です。

去年見習いとオビディエンスのクラス1に出たときのこと、他の出陳者の競技をリングわきから見ていた時、犬に持来の指示をしていたハンドラーが、犬がエラーを起こしてしまったとき、

「持ってこい」

「持って来い!」


「持って来い!!」

しかし、犬は持って来ませんでした。


CD(コンパニオンドッグ)の競技であれば、すでに2声符かけた時点で高得点はあり得ません。
オビディエンスであれば、3声符かければ点はつかないと思った方がいいでしょう。

競技課目の最後は指導主の評価というのがあるのですが、その時ハンドラーが審査員に言われたことは、2度声をかけて持ってこなかった時点で、それ以上犬に圧をかける必要はない。ということでした。

確かに。

ミスした犬が追加のキューで作業ができるのであればおそらく一時的に聞いていなかったか、集中を欠いていただけかもしれませんが、2回指示を出してもやらなかったとすれば、別の理由があるに違いありません。

何が何でもやらせて、やったことを次に繋げたいと思う気持ちは誰にでもあると思いますが、犬に負荷をかけすぎて、競技自体に拒否反応が出るような終わり方をしては今後につなげにくくなるでしょう。

教えたのだから、ちゃんとやってほしいとハンドラーは当然思うのですが、もし犬が本番で出来なかったとすれば、やはり何かが不十分だったと思わざるを得ません。

犬のやる気をつなげることが最優先ですね。


201809151
ちょっと負荷がかかると鼻泣きが出る見習い。
圧をかけたら、きっと車に逃げ帰るでしょう。
かなりの根性なしです。


---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

定期レッスン@相模原

今日は月に一度の定期レッスン日。
ベーシックトレーニングクラスとドッグダンスクラス、最後がラリオビクラスの3本立てです。

今期最終回のため、ベーシッククラスでは日常生活での犬の観察、他犬とのかかわり方や、トレーニングの基礎である呼び戻しの重要性などの再確認を行いました。

ドッグダンスクラスは課題曲の発表。
短いルーティンですが、振り付けを考えていただき、犬にキューを出すタイミングや褒めることの重要性を体感していただきました。


201809101
エンディングポーズもしっかり決めてもらいました。

ラリオビクラスは、ディストラクション(フードボウル)がある課題や、常歩行進中の作業などがあるレベル3の課題にトライ。
犬の集中を切らさないためにどうするか、ハンドラーが動いても犬が待っていられるようにするにはどうするかなどを練習しました。


来月からは新期が始まります。
ご興味がおありでしたら、お気軽にお問合せください。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 9日 (日)

ドッグトレーニング:褒める場面を作る


週末アシスタントの家族会に参加してきました。
メンバーのうち何頭かは、直前のイベントにも参加され、犬たちにとっては共に数日間過ごすことになりました。

お泊りという非日常の中で、できる限り良い経験を増やして欲しいと思うのが飼い主心。
特に今回は生後数か月のパピーと2歳の若い犬も参加しています。
若い犬たちにとって、多くの犬と出会ったり、様々な環境下で飼い主と過ごす数日間と言ってもいいでしょう。

そんななかで、私にとってついつい目に付くのが、飼い主さんが「ダメ~!」と言いたくなるような場面。
確かに経験値の低い犬たちにとって、どうしていいかわからない状況では様々な行動を取るのは当然のこと。
その中には、飼い主にとってやってほしくない行動も含まれてきます。

しかし、何をやっても「ダメ」「ダメ!」とダメ出しの連発では犬にとってこの数日間はきっと楽しくはないでしょう。

そこで、いい行動を取りやすい環境を作って、その行動を見逃さないで褒めていくことが大事なポイントになります。
そうでなくても、「ダメ~!」と言いたくなる場面は少なからずあるのですから、褒めるタイミングも作ってあげたいところ。

例えば、人間が食事をしているとき、足元で伏せていてくれれば人間にとってこんなに楽なことはありません。
しかし、テーブルの上からいい匂いがしてきたり、隣の席の他の犬が気になったりと、たくさんの誘惑があります。
そんなとき、若い犬にじっとしていることを強いるのはなかなか難しいもの。
もちろん、ご自宅でマットトレーニングをしていれば外の環境でも成功率を少しずつ上げていくことは可能ですが、初めから成功するとは限りません。

ではどうするか。
食事の前にある程度体を動かしたり、頭を使わせたりして軽い疲労感をあじわってもらうことで、目の前の人間の食べ物に対する反応を少しは軽減することができます。

また、テーブルに前足をかけたり、鼻を寄せてきたりできない距離でリードを繋いでおくことで、犬がむやみにテーブルに接近することを防ぐこともできます。

そのような状況で犬が自らオスワリをしたりフセをしていることを褒めてあげれば、犬も「ダメ!ダメ!」と叱られるより褒められる行動を取りやすくなるはずです。

ちょっと犬の周りの環境を変えてあげると、犬の行動は少しずつ変わってきますよ。


201809091

もともとテーブルから人間の食べ物をもらう習慣はありませんが、気にならないはずはないので、少し短めにリードを繋いでおくと、犬たちはオスワリをしたりフセて時間をつぶしてくれます。


---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 5日 (水)

頭を使うと犬も疲れます。

テンションの高い犬を家の中で落ち着かせようとしたり、悪戯を減らすために、散歩に時間をかけたり、走らせたりといろいろトライされる飼い主さんがいらっしゃいます。
当然運動すればある程度は疲れますが、すぐにチャージされてしまうのも事実。

そこで、わざわざ外で走らせなくても、疲れて寝てもらうもう一つの方法は犬に頭を使ってもらうことです。

最近はノーズワークなど、家の中での探し物ゲームを楽しんでいらっしゃる方もいますが、トレーニングで新しいことを教えてあげるだけでも犬たちは頭を使ってくれるので意外と疲れてくれるものです。

お散歩のメリットとは別に、おうちの中で出来ることを増やすトレーニングタイムを有効に使うと、犬たちも心地よい疲労感を感じてくれるでしょう。


201809051_2

特にテンションが高い子ではありませんが、初めてのトレーニングでだいぶ疲れたのでしょう。
レッスンが終わると、自分から休みにいきました。

これからいろいろなことを学んでいくんでしょうね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 4日 (火)

きちんと解除していますか?

「オスワリ」や「フセ」、「マッテ」など、犬に行動のキューを出したとき、ちゃんとできたら褒めるというのは普通に飼い主さんはやっていると思うのですが、その後犬をきちんと解放しているでしょうか?

「解放」と聞くと、意味がわかりづらいかもしれませんが、簡単に言えば「もういいよ。」という意味です。

「オスワリ」と言ったあと、「もう自由にしていいよ」ということを犬に伝えているでしょうか。

ご飯を目の前にした犬に、「オスワリ、マテだよ。」と声をかけたあと、「よし!」と言っているあれです。

犬は「よし!」と言われたら、オスワリやマテをやめてご飯を食べていいと思っているわけです。

ところが、ごはんを前にしていない愛犬に「オスワリ」と言って犬が座ると、「よし、いい子」と犬を褒めたら、犬が勝手に立ち上がってしまい、どうしてもオスワリが持続できないと悩むハンドラーがたくさんいらっしゃいます。


犬は「よし」と言われたので、解除されたと思っただけで、何も悪いことはしていません。
持続を教えたいときは、途中で解除の言葉をかけないことがポイントです。

一方で、解除することを日常的にやっていないと、犬はいつまで待っても解除されないなら、「もういいだろう」と勝手に解除してしまうこともあります。


どちらのケースも、犬とハンドラーの言葉の認識の違いが原因です。

お互いの言葉が共通語になっているかどうかを確認してみませんか?


201809031
「待っててね。」や「フセしていてね。」と言われたら、「OK」と言われるまでその場を動いてはいけない見習い。


---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

散歩のヒールと競技用のヒールは別物です。

お散歩のとき、愛犬はどんな風に歩いていますか?

飼い主の前をぐいぐい引っ張りながら歩くのか、後ろからトボトボついてくるのか、飼い主の横を一緒に並んで歩くのか。

いずれにしても散歩の歩き方は競技の脚側(ヒール)とは違います。
お互いの安全を確保しながら散歩が楽しめれば、こうでなければいけないというものはないでしょう。

都会にあっては、離れすぎは危険ですが、自然の中での散歩では、犬が数メートル先に行って飼い主を待っていることもあるでしょう。

しかし、普段の散歩の途中で、ちょっと集中を取りながら脚側の練習をすると、家の中で出来ていることが、外的刺激のある家以外の場所でも出来るようになってきます。

初めから長時間集中させる必要はありませんが、1メートルでもアイコンタクトを取りながら歩いて、出来たらしっかり褒めてあげると、外でも集中がとりやすくなってきます。


201809011


焦らず、少しずつ、ですね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月29日 (水)

ドッグトレーニング:ハンドラーの動きにつられない

服従訓練(オビディエンスなど)では、常歩行進中の作業という課題があります。

どういうものかと言うと、ハンドラーと犬が一緒に歩いているとき、犬に停座や伏臥、立止などの作業のキューを出し、ハンドラーは犬を置いてそのままその場を離れるというものです。

「ウチの犬はオスワリやフセはちゃんと出来ます。」
というご家庭でも、この課題をやって頂くと、おおよそ犬はハンドラー(飼い主さん)につられて動いてしまい、その場で留まることができません。

なぜ出来ないかと言えば、犬はハンドラーに置いていかれないようにあわてて動いてしまうからです。
つまり、「オスワリ」や「フセ」はハンドラーが決まった姿勢でキューを出せばできても、ハンドラーが動いたり、歩いて立ち去ろうすると思わずつられてしまうのです。

それを防ぐためには、まず「オスワリ」と言われたら、解除されるまでその姿勢をその場で維持し続けるように伝えてあげることです。

犬を待たせてちょっと動いてみたり、
201808291


犬の周りをゆっくり回ってみたり、
201808292


様々なシチュエーションに慣らしてあげると、次第にきちんと待てるようになってきます。

焦らず、根気よく、続けましょう。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月23日 (木)

ドッグトレーニング:自信を持たせる

今日は月に一度の相模原でのプライベートレッスンでした。
参加の3ペアはそれぞれの課題に向き合って練習。

一組目のAさん、怖いものが沢山あって、その都度集中できなくなることが多かったのですが、レッスン場での練習から、外での練習、他の犬の存在を感じながらの練習等々繰り返し行ってきて、大分自信が付いて来ました。

今日はちょっと離れたところでアシスタントが座ったり伏せたりしています。

気になるからこそ、Aさん一生懸命飼い主さんに集中しています。


201808231


怖い時はそっちばかり気になって、逃げ腰になっていたAさんでしたが、気になるものを見ないでいられるようになりました。

大丈夫だという自信がついてきたんですね。
少しずつ成長しています。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月16日 (木)

着地点は早めに伝える

ドッグダンスはパートナー犬に様々な動きのキューを続けて出していきます。
曲に遅れないために早めのキュー出しは欠かせません。

同時に、戻ってきてほしいポジションも早く出さなければいけません。
つまり、左脚側(ヒールポジション)で左にスピン(回転)させたとして、次に犬が戻ってくる場所が再び左脚側なのか、ハンドラーも同時にまわって右脚側に入って欲しいのか、あるいはハンドラーが90度左回転したフロントポジションに来てほしいのか、瞬時に伝える必要があります。
なぜなら、犬は戻るべき場所がわからないと、やって欲しい動き(回転など)をやったあとどこに行けばいいかわからずボーっとしてしまうからです。

犬よっては素早い動きで元の場所に戻ってきますが、中にはゆっくりゆっくり動いたり、立ち止まったりしてしまう犬もいます。

しかし、目的地がわかると、犬の動きは大分速くなります。


服従訓練では、招呼(呼び戻し)のあと、犬がハンドラーの正面に来て停座をするパターンと、戻ってきたら直接ハンドラーの左脚側で停座をするパターンがあります。

競技によってはどちらでも構わないというものが多いので、我が家は直接脚側停座を教えています。
ところが昨年から始めたラリーオビディエンスでは正面停座を指定されることが多いので、招呼の際は早めに正面ポジションを言ってやらないと、勝手に左脚側に戻ってきてしまいます。

201808161_2


エラーを減らすためにも、犬の混乱を無くすためにも、着地点は早めに伝えてあげるといいでしょう。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧