ドッグトレーニング

2021年3月 5日 (金)

ドッグトレーニング:アイコンタクトが取れなくても犬はちゃんとやってくれますか?

見習いは現在FCIオビディエンス競技のクラスIIIに出ているのですが、その最終課目(10個目)に「遠隔操作(姿勢変更)」というのがあります。

ハンドラーが犬から15メートル離れた場所から犬に指示を出し、犬はその場で姿勢を変更するというものです。
「姿勢」とは「オスワリ」「フセ」「タッテ」の三姿勢です。

15メートルはさすがに遠いので、言葉のキューだけでなく、同時の視符(ハンドシグナル)を使うことが出来ます。
しかし、一番の肝は、犬が姿勢変更中場所を移動してはいけないというもの。
つまり、一犬身以上動けば得点は出来ず、少し動けばその程度によって減点されていきます。

いずれにしても、姿勢変更はハンドラーの顔が見える状況で行うので、見習いの場合、私が声を発する前に私の口の動きで先読みすることもあり少々困っています。

そんなこともあり、先日家の中で練習していて、ふと背中を向けてやってみようと思いました。

最初は?となったようですが、一度顔だけ後ろを向いてキューを出し、その後顔も背をむけたままやってみたところ、「プラットフォーム」に乗っていたこともあり、大きく動くことなく姿勢変更できました。

202103051

しかし、この状況下だけ出来るようになっても意味が無いので、外でも、周囲にディストラクション(彼の場合は、コーンやダンベル)がある中で、少し距離をあけてやってみたところ、一生懸命キューを聴こうとしている様子が見られました。

202103052

犬は当然耳でも聞いていますが、目で確認している部分も多いので、特にマスクをしている昨今は、ハンドラーの表情が見えづらく、反応が遅くなることもあります。
顔が見えていなくても、言葉のキューに反応出来るようにしておくといいでしょう。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年3月 1日 (月)

ドッグトレーニング:思春期の犬

「子犬の頃はあんなに楽しそうに追いかけて来てくれたのに、気が付いたら呼んでも来ない犬になっていた。」

なんてことはありませんか?

これは、子犬の頃からきちんと呼び戻しの練習をしてきた犬の場合の話です。
小さいころは、楽しそうに飼い主のあとを追いかけて来ていた犬が、その後何も教えなければ、当然呼んでも来る犬にはなりませんが、ちゃんと練習していたにも関わらず、ある時期からだんだんすぐに来なくなるというお話です。

今日のプライベートレッスンは、生後10か月の女の子。
お伺いすると、いつも満面の笑みで迎えてくれます。

202103011

跳びつきたくなる気持ちをぐっと抑えて、今日はオスワリしてくれました。

さて、このお嬢さん、元々大きな生活音が苦手で、リラックスしてお散歩できるようになるまでに時間がかかりました。
その分、おうちの中で出来ることを増やして自信をつけてもらってきました。

ようやく外で遊べるようになったり、オスワリが出来たりと、外でも出来ることが増えてきたMさんですが、加えて自己主張もするようになってきました。

ちょっと車の量が多い道に向かいそうになると、そっちには行かないとはっきり主張します。

主張が通ってしまうと、いろいろな部分でも通ると学習していきます。
出来れば、うまく折り合いをつけて、出来るだけ快く話を聞いてもらいたいものです。
そのためには、快く引き受けてくれるタイミングで声をかけていき、子犬の頃のハウストレーニングや呼び戻し同様、ある程度習慣化していくことが大事。

状況が複雑な時は敢えて声をかけません。
聞こえなかったり、聞く準備が出来ていないのに声をかけても無駄になってしまうからです。
ハードルを下げて、「出来る」を確実にしていきましょう。

犬の思春期も人間同様いろいろ複雑です。

コミュニケーションのための努力を怠ると、そこだけすっぽり抜けてしまこともあります。
もう大人になったと安心せずに、日々の努力を続けていきましょう。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年2月28日 (日)

ドッグトレーニング:課題は犬が与えてくれる

今日はJKCの訓練競技会に見習いと参加してきました。
見習いは今FCIオビディエンスのクラスIIIにチャレンジしています。

コロナ禍で昨年はほとんどの競技会が開催されず、クラスIIからIIIに昇格したあと、なかなか合格できずにいましたが、昨年ようやく合格。

今は精度をあげるためにチャレンジを続けています。

昨年暮れには一時的にグループ練習会などにも参加させていただき、
本番に近い練習も出来ていましたが、年が明けてからは、いつものお一人練習になっていました。

各パーツの精度をあげるために、試行錯誤の繰り返し。

真っすぐ走れない。
スピードが速すぎてコントロールしづらい。
ターゲットが気になり、ハンドラーへの集中度が落ちる。

などなど、様々な課題を私に突き付けてくれる見習い。

その都度いろいろな方法を試し、改善に向けてプランしなおしながら、少しずつ完成度をあげてきてはいるのですが、今日はまた新たな課題を突き付けてくれました。

それは「臭気選別」。

競技におけるこの課題は、木片の一つにハンドラーの手の匂いをつけて、他の木片と一緒に地面に並べてある中から、ハンドラーの匂いのついたものだけを取りに行って咥えて戻るというもの。

経験が浅い時期は、焦って間違ったものを咥えて戻ってきたこともありましが、最近は練習でも正解を持ってくるようになっていたので、今回の競技会でも、大方ミスは無いと信じていたのに、今回やられました。

ハンドラーはスチュワードが木片を並べているとき後ろを向いているのでどれが正解かは知りません。
準備が出来たら、ハンドラーは向き直り、犬に木片を探しに行くように指示をだすのですが、なんとそのとき見習いはよそ見をしていました。

202102282

この状態で指示のキューを出したとしても、恐らく前には走らないと思ったのですが、余計な言葉はかけられないので、結局「探せ」とキューを出し、案の定見習いは左方向に走りました。

普段の練習では、前に向かって走っていて、横に走り出したことはありません。
実際の競技でも初めての行動でした。
しかし、彼がそのような行動を取ったということは、今後もその可能性はゼロではないということ。
今まで何度もオビディエンスクラスIIIの競技会に出ていて初めての行動とは言え、最後とは限らないということです。

見習いはまた新しい課題を突き付けてきたわけです。

ここからの修正を考えること。
そして、今後そのようなことが起こらないための練習など。
見習いは決して私を暇にはさせないようです。

今までの課題だったボックスへの送り出しは、多少練習の成果が出たのか、今回は大きく蛇行することなく、まっすぐボックスに向かいました。

202102281

次回も真っすぐ走れるかどうかはまだわかりません。
日々の練習の中で、まっすぐ走る確率をあげていく手助けが必要です。

そんなことを考えるのも楽しい時間です。
寄り道をすればするほど、引き出しが多くなる気がします。
出来の悪い(?)子ほど、飼い主は犬と向き合う時間が増えることになりますね。

🍀競技のダイジェスト動画はこちら👇


-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年2月27日 (土)

ドッグトレーニング:予測したトレーニングプラン

今日のプライベートレッスンは思春期の女の子Aさんから始まりました。

初めてのヒートが来て、少し落ち着いたかと思ったのですが、いやいや、まだまだ元気爆裂。
今日も楽しそうにはじけてくれました。

ハウスは鉄板になり、一声で飛び込んでくれますし、オスワリとフセの弁別も出来ていますので、少しずつ持続を教えてあげています。
持続が理解できていないのに、最初から長く待たせるのは失敗のもと。
少しずつ待てる時間を強化していきます。

ヒールの意味も大分理解出来て、少しずつトリーツのルアーからハンドターゲットへ移行しつつあります。

202102271

何よりAさんが楽しそうにしているので、こちらも楽しくレッスンが進められます。

二つ目は、カウンセリングのBさん。
ジャックラッセルとチワワが入っている感じのミックス。
お散歩は引っ張り気味なのに、どちらかというと警戒心が表に出てしまうようなので、お散歩の歩き方から変えていただくようにアドバイス。

少し歩き方を変えていただいたところ、飼い主さんへのアテンションがとても良くなりました。

202102272

一回で改善できるものではないので、日々の習慣として取り入れていっていただくようにお話ししてみました。


最後は3か月のパピーさんの初散歩に同行。
初めて自力で歩く日はなかなか歩みが進まないものですが、S君怖いものなし。

しかし、ボーダー・コリーという犬種には、他の犬種には無いやっかいな特性もあるので、それらのことを理解したうえで、注意しなければいけない部分をお話したあと、初爪切り2本経験。

沢山頭を使った後は、そろそろ集中も切れて疲れているのでハウスに誘導。

202102273

『疲れた犬はいい犬』

オーナーさんが、S君のために、リビングダイニング全面にコルクマットを貼ってくださいました。
S君の室内走り、ますます磨きがかかっているようです。

これからが楽しみですね。


-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年2月26日 (金)

犬の行動を引き出すのに力はいらない。

屋内でのドッグトレーニングでは、リードはほとんど使いません。
グループレッスンなどで、どうしても他の子が気になって突進していってしまうような場合は、コントロールのためにリードを付けることもありますが、実際にハンドラー(飼い主)さんと動いてもらうときは、そもそも、ハンドラーさんに集中できていなければ始められないので、集中できるまで待つところから始まります。

ハンドラーさんに集中できるようになってくれば、当然リードは無い状態でのレッスンですので、いかに愛犬の集中を取るか、飼い主さんの努力が必要になってきます。
つまり、犬に何かをやらせるのではなく、犬が一緒にやりたい気持ちにさせることが重要なポイントだということです。

何度も書いていますが、犬に「オスワリ」や「フセ」などの行動を教えるとき、人間は一切犬に手を触れる必要はありません。
犬の行動を引き出すために力はいらないからです。
もちろん、上手に出来たときは、その犬が触られることを好んでいれば、言葉で褒めたり、撫でて褒めたりします。

例えば、オスワリをさせようとして、犬のお尻を床に押し付けようとしても、犬は自由を阻害されてジタバタしたり、逃げてしまったりするでしょう。
元々、誰だって嫌なことをされたら、その人の傍にいたいとは思わないので、学習する気にもならないでしょう。

しかし、大好きなおもちゃやオヤツがご褒美にもらえるとなれば、あるいは、何か面白いことが始まると思えば、自分から作業に加わろうとしてきます。
例えば、床の上にしゃがみ込んで一生懸命に何かを探していたり、あるいは、床の上に落ちている物を楽しそうに見ていたりすると、犬たちが自分から寄ってきたりしませんか?

つまり、余計な力は一切必要ありません。
犬がやりたい気持ちにさせてあげればいいのです。

さて、今日のプライベートレッスンのLさん。
「ヒールポジション」の意味が分かってきたり、「マテ」の意味を少しずつ理解し始めたりしながら、日々いろいろな意味で進化しています。

一緒に成長することが楽しい飼い主さんはついついいろいろLさんに教えたくなるようで、最近はベッグ(Sit up)が出来るようになってきたそうです。

見せていただくと、

202102261

上手にLさんがベッグ出来るように誘導しています。

ベッグの体の使い方をLさんがマスターしたら、少しずつ誘導のモチベーターをはずし、次にハンドシグナルをはずし、最後は言葉のキューだけでもベッグ出来るように練習していきます。

これは体の使い方(バランス)が重要なポイントなので、どの子(どんな犬種)でも簡単に出来るわけではありません。
体幹に優れていたり、もともと二足立ちしやすい犬種はバランスがとりやすいので、速くマスターできるでしょう。

以前も書いたように、我が家のアシスタント、バランスを上手に取れるようになるまで数年かかりました。(毎日この練習をしていたわけではないので)

今では、言葉のキューだけでも、すっくと立ち上れるようになりました。

202102262

何事も、焦らず、犬のペースに合わせて、繰り返し練習していきましょう。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年2月20日 (土)

ドッグトレーニングは押し付けるのではなく、やりたい気持ちにさせる

犬のトレーニングは、昔は押したり、リードを引っ張ったりといった、ある意味力によるものが多かったのですが、昨今のトレーニング法は、人間が力を加えるのではなく、犬が自ら動いて取った行動を褒めることでその行動を強化し、頻繁に行動が出るように導く方法が多く取られています。

例えば、お尻を押して「オスワリ」を教えるのではなく、犬のお尻が自然に下がるように、犬の目線をあげるといった方法によって、犬が自発的に座ったことを褒めていくというようなことです。

犬は誰にも押されたり引っ張られたりしないので、ストレスを感じることなく、かつご褒美がもらえることでトレーニングを楽しめるようになります。
トレーニングを楽しむことは、言い換えれば、ハンドラー(飼い主さん)との関わりを楽しむこと。

かつて、悪戯ばかりして怒られる時にしか名前を呼ばれなかった犬の生活が、褒めらるときや、いいことがあるときに名前が呼ばれる生活になると、自分の名前に対して良いイメージが刷り込まれ、ますますハンドラーと何かする時間が楽しみになってくるわけです。
つまり、ドッグトレーニングは、厳しい「しつけ」ではなく、楽しい「ゲーム」でなければ続かないということです。

行動を引き出すときには、犬にとって嬉しいものをを「モチベーター」として使います。

先代のボーダーコリーたちをトレーニングしていた時は、私はテニスを楽しんでいたので、もっぱら試合に使えなくなったテニスボールがモチベーターでした。
今はおもちゃだけでなく、トリーツ(おやつ)なども使っています。
要は、犬にとって嬉しいものでなければモチベーターにはなりません。

プライベートレッスンのLさんはオヤツは嫌いではありませんが、ウチのアシスタントのように、「オヤツ命」ではありません。
つまり、オヤツを見せても、「だから?」というときがあります。
これではモチベーターにはなりませんね。

もちろん、オヤツのグレードを変えることや、オヤツのデリバリーの方法を変えることで、多少はモチベーションがあがることもありますが、それにも限界があります。

しかしLさんには、オヤツ同様好きな物がありました。
おもちゃです。

レッスンの後半、オヤツの価値が落ちてきたときは、おもちゃを使います。

「オスワリ」はすぐに出来るように習慣になりましたが、「フセ」がちょっと苦手なLさん。
先日のレッスンでは、おもちゃをモチベーターに練習してみました。

202102191

「フセ」が理解出来て、習慣になるまではまだ少し時間がかかりますが、モチベーターがあることで、「フセ」しやすくなってくれるのであれば、どんどん使います。
もちろん、上手に出来たらモチベーターで遊ぶことを忘れてはいけません。

202102192

「見せるだけ」では、いずれその価値は失せてしまいます。
これはトリーツ(オヤツ)でも同じです。
「見せれば何でもしてくれる。」と犬を侮っていると、そのうち見せてもやらなくなります。
なぜなら、ご褒美としてすぐにもらえないことを犬は学習してしまったからです。

賢い犬ほどすぐにその違いを感じ取ります。

愛犬とのトレーニングは頭脳戦です。
お互い、楽しく知恵比べしていきましょう。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年2月18日 (木)

ドッグトレーニングはプロと飼い主さんの協働作業です。

先日とあるクライアントさんに「預託訓練」について聞かれました。
「預託訓練」は名前のとおり、訓練士あるいは訓練所に預けて愛犬をトレーニングしてもらうというもの。

預託の時期は様々ですが、基本的には一か月単位で数か月間お預かり中にトレーニングを行うというもの。
時期は生後半年前後ぐらいからが多いようです。

預託の場合、もちろん飼い主さんが会いに行くこともできますが、きちんと引継ぎが出来ていないと、おうちに戻ってきた後、学習した成果が出ないこともあるようです。
帰ってきた後も、きちんとリマインドを続けていくことが大事と言うことですね。

一般的に、毎回飼い主さんと一緒に行うレッスンの場合、次のレッスンまで飼い主さんが何もしなければ、犬は学習したことを忘れてしまう可能性があります。
もちろん、毎日や、隔日のように頻繁にレッスンが行われている場合、プロがフォローをしていきますが、週に一回や隔週に一回程度の場合は、飼い主さんの努力が欠かせません。

一週間に一度であったとしても、レッスンに伺う度に進化を見せてくれている生徒さんは、きっちり飼い主さんが復習してくださっている証拠です。
嬉しい限りです。

さて、今日のレッスンのAさん。
ご自宅に訪問した時にAさんの興奮が鎮まるまでの時間がとても速くなりました。
それでも、時に私の隙を狙って跳びつくこともあるので、レッスンの準備が出来るまでハウスに入って頂くことに。

大歓迎のさなかに「Aさん、ハウス~。」と言ったら、走って入ってくれました。
日々の練習の成果ですね。

準備が出来てから出てもらい、落ち着いたところでレッスン開始。

とても楽しそうに動いてくれるので、トレーニングと楽しいことがちゃんとリンクされている証拠です。

「ヒール」「オスワリ」「フセ」が少しずつ理解出来てきて、動きもキビキビしています。
日々の練習の成果がちゃんと出ていますね。

202102181

お嬢さんが教えたという「お手」を言ってみると、すかさず左前足をあげてくれました。
きっと頻繁にやっていらっしゃるのでしょう。

202102182

そこで、ついでに「お代わり」を教えてあげたところ、一生懸命考えながら頑張ってくれました。
「お手」と「お代わり」の弁別もちゃんとしてあげないと混乱します。

帰り際に、昨日書いたブログの記事の話になり、「跳びつき」のキューの話になった時、我が家では、「アップ」と言うと、私に跳びつくだけでなく、ソファに乗ったり、車に乗ったりする意味もあるとお話したところ、車に乗せるときいつも抱っこしているので、最近は重くなって大変ですと飼い主さんがおっしゃいました。
さすがにゴールデンレトリバーの抱っこは腰に響きそうですので、「アップ」を教えては?ということになり、帰り際に実践してみることに。

最初は多少躊躇していたAさんですが、乗りたくなるような環境設定をしたところ、自分から車に乗ったり降りたりするところまで出来るようになりました。

202102183

202102184

これで、飼い主さんも少しは楽になるかもしれませんね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年2月 6日 (土)

ドッグトレーニング:一度にハードルを上げ過ぎない

犬のトレーニングでは、さまざまな行動を犬に教えていくわけですが、その行動は一瞬のものではなく、持続することが必要となってきます。

例えば「オスワリ」。
立っている犬がお尻を地面につける行動が「オスワリ」ですが、「オスワリ」と犬に伝え、犬が腰を下ろしたことを最初はすぐに褒めることで、「オスワリ」という行動自体が好ましいこととリンクされ、「オスワリ」という行動が頻発しやすくなってきますが、これで「オスワリ」が完成したわけではありません。

「オスワリ」と言われたら、「もういいよ。」というような解除の言葉を言われたり、次にすべきことを言われるまでは「オスワリ」をし続けることが出来て初めて「オスワリ」が出来るようになったと言えるでしょう。

「オスワリ」と言われて、腰を下ろしてすぐ立ってしまったり、どこかに行ってしまう場合は、「オスワリ」が出来るというより、「オスワリ」の仕方を知っているだけということになります。

では、「オスワリ」が出来るようになるためには何を教えなければいけないのでしょうか。

1.いつでも、どこでも、「オスワリ」と言われたらすぐに腰をおろせること。
2.「オスワリ」したあと、解除されるまでは勝手に動かないこと。
3.ハンドラーが犬の傍から離れても、解除されるまでは座っていられること。


これらが出来て、ようやく「オスワリが出来る」ということになります。

この3つのことは、言い換えると、
1.周りの環境が変わっても、「オスワリ」と言われたらすぐに行動に移せる。
2.解除されるまでは、「オスワリ」し続けることが出来る。
3.ハンドラーの姿が見えなくても、落ち着いて座ってまっていることができる。


これらは、いわゆる3Dと言われるもので、Distraction(ディストラクション)気を散らすもの、Duration(デュレーション)持続時間、Distance(ディスタンス)距離、を意味しています。

どんな行動であっても、これらの3Dが加わってもきちんと出来るように練習することで、行動を完成に近づけることが出来ます。

「ウチは競技会には出ないから。」という話ではなく、こういった状況の中でも、愛犬が平常心でいられるようにしてあげることがハンドラーのサポートと言ってもいいでしょう。

3D
の環境は急にすべてのレベルをあげれば失敗を招いてしまいます。
失敗から学ぶのはハンドラーですが、犬は成功体験を積むことで学習が確固たるものになっていきます。
出来る限り成功できるよう、各D項目を個別に、ステップを細かく分けて練習していきましょう。

これはすべての行動に通じるものです。

今朝の見習いは、ダンベルを咥えてじっとしていること。
つまり噛み返しをしないこと。
これがなかなか難しいです。

202102061

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年1月25日 (月)

食べ物は大事

先日、食べ残しなどを放置しておくと、食べることへの執着心が薄れてしまうというようなことを書きました。
生き物であれば、食べ物の優先順位は高くあって欲しいと思います。

さて、今日公園で犬たちと遊んでいた時のことです。
一緒に遊んでいたほかの犬のおもちゃがカラスに持ち逃げされてしまいました。
賢いカラス、こんなことは朝飯前です。
ただ、食べ物ではないのに、なぜおもちゃを持って逃げたのか。

以前この公園に来て、我が家の犬たちと散歩をしていたときのこと。
伏せていた犬たちの後ろにカラスがこっそり近寄って、尻尾の毛をむしろうとしていたことがあります。

202101251

202101252

恐らく巣作りに使うのでしょう。

以前別の公園でも遭遇したので、都会のカラスの習性の中に、犬の尻尾の毛を巣作りの道具にすることがインプットされているのかもしれません。

いずれにしても賢いことに変わりのないカラス。
食べられないものをなぜ持って行ったのか。
子供のジャンクフードや、ママチャリのカゴの中にあるビニール袋に手を出す様子はよく見ますが、直径5センチ程度のラバー製犬のおもちゃ、持って行って何にするのか興味があったので、飛んで行った先の木の下で見ていると、おもちゃをつっついています。
遊んでいるのでしょうか。

結構高い木だったのですが、私はポケットに入っていた犬用トリーツをさりげなく上に投げてみました。
すると、カラスは咥えていたおもちゃを落としたので、私はさっさと拾ってみんなの元に戻りました。

カラスは私がいなくなったあと、地面に落ちたトリーツを探しているようでした。

その後カラスは再びみんなが遊んでいる傍に戻ってきましたが、お気に入りのおもちゃをゲットできないとわかるとどこかへ飛んでいきました。

とりあえず、カラスはおもちゃより食べ物を選んだようです。
もちろん、食べ物かどうか木の上のカラスに判別出来たかはわかりません。

子犬に大事な物を取られてしまったときも、追いかけていって、捕まえて、無理矢理口の中から取り出すのではなく、さりげなく美味しいものを落とすと、咥えていたものを離すので、その隙に回収するという方法は、お互いストレスが無くていい解決法です。

ただし、オヤツを見せて「こっちの方がいいでしょう?」と言うと、なんでも咥えればオヤツがもらえると学習するので、さりげなく落とすタイミングは難しいです。

子犬との知恵比べ。楽しいですね。

カラスとの知恵比べは負けそうなので、一回きりが良いでしょうね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年1月17日 (日)

ドッグトレーニング:目標の行動に向けて組み立てる

先月のレッスンで、マットまでおもちゃを運ぶことが少し出来るようになったシニアのRさん。
今日はご自宅での練習の成果が出て、前回よりも距離がある中、おもちゃを咥えてマットまで運んで出せるようになりました。

202101171

目標の行動は、自分でハウスから持ち出したドッグベッドをハウスまで運ぶこと。
現状、ご自宅ではベッドは咥えられるものの、運ぶところまでは出来ていないそうです。

今日は、咥えることを持続する練習から始めました。
咥えたものを「出せ」のキューで出すことは大分上手になりましたが、マットまで行くと勝手に落としている部分もあるので、「保持」の強化が必要になります。

しかし、Rさん若干せっかちなので、じっとしていることが難しいところもあります。
まずは落ち着くこと。

202101172

多少イライラしているところも見受けられましたが、協働作業は好きなので、リセット(休憩)しながら練習します。

最後は咥えてハンドラーと一緒に歩く練習。

Rさんは、咥えたら早く目的地で出したい気持ちもあるので、保持しながら歩き続けるのは新しい行動です。
最初は、途中で何度も落としてしまいましたが、「出せ」のキューが出るまでは持っていて欲しいと少しずつ伝えていくと、距離がちょっとずつ伸びてきました。

202101173

シニアになっても、トレーニングを楽しんでくれるRさん。
教え手も学び手も、「楽しく」が必須ですね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧