« 他犬への吠え対策 | トップページ | ドッグスポーツ:ターゲットを使って体の使い方を教える »

2024年1月22日 (月)

ディストラクション練習の重要性

様々なドッグスポーツにおいては、本番の競技に向けてディストラクションを想定した練習をします。
ディストラクションとは、犬にとって気になるものです。

犬にとって気になるものは個々の犬によって異なります。
例えば、犬、人、走る子供、ボール、車、バイクなどなど、犬にとって好き過ぎるものと嫌いなものがそれにあたります。

そういうディストラクションが視界に入っても、平常心で作業が出来なければドッグスポーツは出来ません。

実際、見習いは昨年秋の競技会で、リンク際でおもちゃで遊ぶ犬を見て飛んで行ってしまいました。
小さいころから楽しそうに走ったり、遊んでいる犬が大好物な見習いなので、日々ディストラクション練習は重ねてきましたが、まだまだ足りなかったようです。

当然その後もディストラクション練習は続いています。

ディストラクションがあっても、ハンドラ―にフォーカスしてもらうためには、ハンドラ―といることが楽しいと思ってもらえないと出来ません。
「叱られるからやる。」というのでは長続きはしませんし、リードを着けない本番の競技では、どこへ行ってしまうかわかりません。


今日のプライベートレッスンで1歳になったばかりの若いM君には飼い主さんと遊んでいただきました。
飼い主さんとの遊びを心から楽しんでもらえなければ、到底飼い主さんに集中することは難しくなります。

202401221_20240122210501  

今朝の見習いもちょうどいい塩梅に傍で知人が愛犬を遊ばせていてくれたので、その環境の中で招呼中の立止を練習しました。
ちょっと前であれば、楽しそうな犬や知人の飼い主さんに向かって行ったところでしょうが、作業中は大分集中できるようになってきた見習いです。

202401222

根気よくこれからも練習していきましょう。
----------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

|

« 他犬への吠え対策 | トップページ | ドッグスポーツ:ターゲットを使って体の使い方を教える »

ドッグトレーニング」カテゴリの記事

犬との生活」カテゴリの記事

ドッグライフアドバイス」カテゴリの記事

ドッグスポーツ」カテゴリの記事

犬のデイリートレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 他犬への吠え対策 | トップページ | ドッグスポーツ:ターゲットを使って体の使い方を教える »