« 子犬の挨拶 | トップページ | WCRL規定ラリーオビディエンス競技結果 »

2022年2月 4日 (金)

セルフハンディキャッピング

先日子犬が出会う成犬はある程度選ぶ必要があると書きました。
つまり、子犬の扱いが馴れているいい先輩犬を選ぶことがポイントです。
もちろん、犬も人間同様、相手によって当然態度は変わってくるので、相性の問題から、うまくいく場合とそうでない場合があるので、常に子犬の扱いが上手いとは限りません。

現に我が家の見習い1号は、一昨年小型犬の子犬をお預かりした時、初めの2週間は完全無視で子犬を近寄らせないようにしていましたが、2週間過ぎた頃突然相手をし始めました。
それ以降は、同じ部屋にいるとすぐ遊びだすので、隔離が必要になるほどでした。

さて、見習い2号が今日あった先輩犬Aさん、とても上手に見習い2号と遊んでくれました。

見習い2号に合わせて、小さくなって誘ってくれるのです。

202202041

子犬や小さい犬など、自分よりも力の弱い相手と遊ぶときに、相手を傷つけないように遊ぶ行動を”Self-Handicapping”(セルフハンディキャッピング)と言うそうです。
しかし、どんな犬もこの能力を持っているとは限りません。
ある意味自制心が無いと出来ないでしょう。

いずれにしても、見習い2号はとても楽しい時間を過ごすことができました。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

|

« 子犬の挨拶 | トップページ | WCRL規定ラリーオビディエンス競技結果 »

子犬生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子犬の挨拶 | トップページ | WCRL規定ラリーオビディエンス競技結果 »