« ディストラクションは苦手なものだけではない。 | トップページ | ドッグトレーニング:急にステージをあげない »

2022年2月14日 (月)

後肢の動かし方をスムースに。

犬の体の使い方は、普通は前進する前肢に後肢が続くといった形でおこなわれます。
中には後ろに下がりながら遊びに誘ったり、横っ飛びをするといった動きも見られますが、意識して後肢を使っているわけではありません。

ドッグダンスでは、後肢に意識を持っていき、旋回(ピボット)や後退(バック)、サイドステップなどを教えていきますが、たとえドッグダンスをやらなくても、オビディエンスや他のドッグスポーツでも、後肢が上手に動けると、全体の動きがスムースになり、体への負担も少なくなります。

先日のプライベートレッスンでは、Vさんのお散歩の状況を確認しました。
飼主さんへのアテンションもとてもよくなり、楽しそうに歩けているのがよくわかります。

202202141

しかし、どうしても飼い主さんを見ようとすると、お尻が外に振られてしまいます。

そこで、少し後肢の動かし方に意識を持って歩いてもらいました。

202202142

202202143
上手に後肢を横にスライドさせています。

自然にそんな使い方が出来るようになるといいですね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

|

« ディストラクションは苦手なものだけではない。 | トップページ | ドッグトレーニング:急にステージをあげない »

ドッグトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ディストラクションは苦手なものだけではない。 | トップページ | ドッグトレーニング:急にステージをあげない »