« ドッグトレーニング:一度に二つ以上の基準を与えない | トップページ | トレーニングの基本はハンドラーとの関係性作りから »

2022年1月13日 (木)

ラリオビ定期レッスン

今日はWCRL規定ラリーオビディエンスの定期レッスンでした。

前半は、ヒールポジションにスムースに入るために必要な後肢の動きを強化することに。

202201131

ラリーオビディエンスに限らず、様々なドッグスポーツでは犬の体の使い方がとても重要です。
犬が自分の体の各パーツの意識を持つことで、負担をなるべく軽減しながら、スムースな動きが出来るようになります。

さて、今日は見習い2が初めてレッスンに同行しました。
もちろん、何もしませんが、レッスン中静かにクレートで待つ練習です。

トイレシーツは全て破壊してしまうので、家からトイレトレー持参しました。

202201132

レッスンの合間に、生徒さんや参加犬たちともご挨拶をさせていただき、

202201133

202201134

待機中はコングに詰めたオヤツと、お気に入りのおもちゃで暇をつぶし、途中息抜きで出たときはちゃんとトイレトレーで排泄を済ませることができました。

私がレッスン中発声する度に初め大騒ぎをしていた見習い1と違って、そこそこ静かでした。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

|

« ドッグトレーニング:一度に二つ以上の基準を与えない | トップページ | トレーニングの基本はハンドラーとの関係性作りから »

ラリーオビディエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドッグトレーニング:一度に二つ以上の基準を与えない | トップページ | トレーニングの基本はハンドラーとの関係性作りから »