« ドッグダンスのファンショーに参加してきました。 | トップページ | ドッグトレーニング:強化の頻度がポイント »

2021年9月13日 (月)

その報酬、行動とみあってますか?

我が家の犬たちは、食べ物の好き嫌いはほとんどありません。
強いて言うなら、アシスタントは葉物は食べません。

しかし、どんなドッグフードでも、どんなオヤツでも、口に入れてからペッと出したことは一度もありません。
初代のハスキー犬も、先代のボーダーたちも、ごはんを残すということはまずありませんでした。

しかし、小型犬の中には、フードを食べない子が意外と多く、昨年お預かりしていた子犬も、食べムラがありました。
それでも、それしか食べるものがないと理解したら、完食できるようになりました。
根気も大事ですね。

さて、今日のレッスンは生後6か月のお散歩レッスン。
出会う犬、子供、不審そうな人に対して警戒吠えが出ているそうです。
警戒心が再び芽生える時期でもありますね。

一緒に歩きながら、気になる物を見つけて仁王立ち、そのまま放っておけば必ず吠えるので、途中で声をかけます。
「吠えちゃダメ」とネガティブに言うのではなく、「M君、おいで~。」と声をかけ、意識がこちらに戻ったら沢山褒めてあげます。
その時にはご褒美にオヤツもあげます。

ところが、飼い主さんフードしか持っていませんでした。
飼い主さんが呼んで、フードをあげようとしても、M君は、「それならいらない。」とすぐ踵を返してしまいます。

もっと小さい子犬や、おうちの中などディストラクションが無い場所であればフードでも有効ですが、外のディストラクション満載な公園で、しかもディストラクションから気持ちを戻す練習であれば、それなりに価値のあるご褒美を使った方が効果的です。

周囲のディストラクションが強すぎれば、美味しい極上のオヤツでさえ口に出来ない状況もあるので、オヤツが万能ではないことも確かですが、オヤツが食べられるのであれば、ディストラクションやハードルのレベルによって、ご褒美のレベルを変えてあげると学習しやすくなります。

犬の様子を見ながらいろいろ工夫してみましょう。

レッスンが終わると、自然にオフになったM君。
生後6か月の男子にしては、落ち着いているほうですね。

202109131

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


|

« ドッグダンスのファンショーに参加してきました。 | トップページ | ドッグトレーニング:強化の頻度がポイント »

パピーレッスン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドッグダンスのファンショーに参加してきました。 | トップページ | ドッグトレーニング:強化の頻度がポイント »