« ドッグトレーニング:「ダメ!」という回数を減らすためには。 | トップページ | 愛犬とのコミュニケーションは双方向 »

2021年7月13日 (火)

ドッグトレーニング:グループレッスン

今日は基礎オビクラスのグループレッスンでした。
参加犬は、ベテランの男の子と、まだ若い女の子たち。
そして、なぜかみんなトイプードルさんたちでした。

さて、ベテランのC君は、ドッグダンスを長くやられていますが、今日はヒールポジションの強化と、トリーツを出すタイミングなどの再確認。

202107131

犬の動くタイミングは個体によって違います。
ちゃんと全部聞いて納得してから動く子と、頭の一文字を聞いただけで動き出すせっかちな子。
ドッグダンスでは曲が流れているので、犬が遅れて動いているように見えないように、個々のタイミングに合わせてキューを出していくことも必要です。

さて、若い女の子たちは、日ごろプライベートレッスンで出来ていることを、ディストラクション(他の犬)や他の人間がいる中でやれるようにしていくための練習。

202107132

集中力が持続しづらいので、短いスパンで繰り返していきます。

時にはハンドラーさんを見るだけでも褒めてあげます。

普段出来ると思っていたことが、環境が変わるだけでも出来なくなります。
「出来る」を増やすためにも、グループレッスンはとてもいい練習になります。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

|

« ドッグトレーニング:「ダメ!」という回数を減らすためには。 | トップページ | 愛犬とのコミュニケーションは双方向 »

基礎オビレッスン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドッグトレーニング:「ダメ!」という回数を減らすためには。 | トップページ | 愛犬とのコミュニケーションは双方向 »