« 子犬を迎える:ブリーダー心得と飼い主心得 | トップページ | パピーレッスン:子犬の興奮をあげすぎない »

2021年7月26日 (月)

子犬はなぜ夜寝ないのか。

子犬を迎えると、夜鳴きに悩まされる方は少なくないと思います。

母犬や兄妹犬たちと日々楽しく暮らしていた子犬が、ある日突然見知らぬ人(しょっちゅう会いに来てくれていたかもしれませんが)に連れられて、家族と別れ別れになってしまい、夜たった一人になってしまえば、当然悲しくて鳴いたり、吠えたりすることは容易に想像できます。
夜中に起きていると、昼間寝てしまい、昼夜逆転して、再び夜になると鳴くという悪循環が起こる可能性もあります。

一方、小さいショーケースの中に入れられて、夜になると人気が無くなってしまうような場所から迎えた場合は、さほど環境の変化が無いので、ホームシックになる確率は低いかもしれません。

いずれにしても、環境が変わったことには変わりないので、多少の不安やストレスで鳴くことは仕方がありません。
馴れるまで、サークルの横で添い寝をする飼主さんもいます。
私が子供の頃は、子犬が来たら、時計をタオルなどにくるんで、寝床の傍に置くといいと言われたこともあります。
心臓の鼓動の音のように感じるからだと言われました。

しかし、夜中に寝られない原因は他にもあります。
運動不足です。

ワクチンとの兼ね合いで、通常の散歩や外を走らせたりすることが出来ない子犬にとって、運動不足はエネルギーの発散を妨げてしまいます。

兄妹犬と一緒であれば、当然疲れるまで遊んでは寝、みんなが起きたらまた遊ぶというサイクルですので、暇を持て余していることはあまりありません。

もし、夜中にぐずったりするようであれば、寝る前にちょっと遊んだり、部屋の中を走らせたりして疲れさせてあげることも一つの方法です。

我が家で初めて迎えたボーダー・コリーは、寝る時間になって二階の寝室にあがると声をかけると、突然狂ったように居間で走り回り、ひとしきり走った後に排泄を済ませて一緒に二階にあがるという変な癖がありました。

おかげで、夜はぐっすり。
朝まで起こされることはありませんでした。

”a tired dog is a good dog” (疲れている犬はいい犬)という格言があります。
肉体的にも精神的にも十分な刺激を受け(て疲れ)ることが良い犬には不可欠ということです。

202107262  

夜中に起きて吠えてしまうような場合は、一度試してみてはいかがですか?

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

|

« 子犬を迎える:ブリーダー心得と飼い主心得 | トップページ | パピーレッスン:子犬の興奮をあげすぎない »

パピーレッスン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子犬を迎える:ブリーダー心得と飼い主心得 | トップページ | パピーレッスン:子犬の興奮をあげすぎない »