« 犬との生活:毛が抜ける犬種ですか? | トップページ | ドッグトレーニング:出来ることを褒めて確実に。 »

2021年7月 6日 (火)

ドッグダンス:現場力(アドリブ)は不可欠

今日はドッグダンスのグループレッスン日。

前回、フロントポジションでのサイドステップ練習をやって頂きましたが、大分安定して後肢が動かせるようになってきました。
練習の成果が出ていますね。

そこで、今日は練習の成果が出たフロントポジションを入れて作ったショートルーティンで動いてもらうことにしました。

ルールはひとつだけ。
トリーツを手に持たないで、言葉のキューとハンドシグナルを使って犬に指示を出す。
もちろん、上手に出来たら必ず褒めてトリーツをあげます。

202107061

実は先日、ドッグダンスをやられている方に「オヤツ(トリーツ)が外せないのですが。」というご相談を頂きました。

常に犬の目の前にトリーツを見せて指示を出していれば、目の前のトリーツが無ければ動けません。
トリーツを持たないで動けるよう、犬に確実に行動を教えてあげなければトリーツは外せません。
トリーツで釣っていいのは、新しい行動を教えるときだけ。
ある程度練習を重ねて体が動けるようになってきたら、トリーツをはずす練習をしていかなければいけませんね。

今回のショートルーティンのコンテンツ(ムーヴやトリック)はすでに犬たちは習得済みなので、目の前にトリーツを出さなくても理解できています。
トリーツを手に握らず、自信を持ってキューを出すことで、ハンドラーの自信にも繋がっていきます。
トリーツをはずすことは、犬に行動を教える過程では絶対に外せない工程といってもいいでしょう。

さてルーティンの方は、ハンドラーだけが音楽を聴きながら動いていただき、そのあと犬たちのパーツやシークエンスの練習を行い、最後は犬と一緒に通しで動いてもらいました。

当然犬と一緒に動き始めると、思い通りには行かないことは沢山ありますが、そこはハンドラーの臨機応変さが不可欠。

犬に指示を出し、出来たら褒め、うまく行かないときはアドリブでその場を乗り切る。

ハンドラーはとにかく忙しいのがドッグダンスです。
インストラクターのむちゃぶりにもちゃんと対応出来た生徒さんたちでした。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。
ワンクリック👇が更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

|

« 犬との生活:毛が抜ける犬種ですか? | トップページ | ドッグトレーニング:出来ることを褒めて確実に。 »

ドッグダンス(K9フリースタイル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 犬との生活:毛が抜ける犬種ですか? | トップページ | ドッグトレーニング:出来ることを褒めて確実に。 »