« ドッグダンス:パターンにしない | トップページ | 訓練用ダンベルご注文承ります。 »

2020年12月23日 (水)

パピーレッスン:飼い主の存在を意識してもらう

今日は午後からパピーレッスン。
公園でロングリードを使って行いました。

ロングリードは「呼び戻し」の練習などに大変役に立つのですが、今日はLさんに飼い主さんを意識してもらうレッスンでした。

ロングリードは私が持って、飼い主さんには好きに歩いて頂いています。

Lさんにとっては慣れていない場所なので、周り様子が大きな刺激になって、あちこち気になります。
他の犬が歩いていれば目が釘付け。
子供がボールを追いかけていても釘付け。
ちょっと怖がりなので、どちらかというとフリーズすることの方が多いですが、Lさんには何も強要していないので、自分でどうするか考えてもらっています。

つまり、刺激対象物に自分から近づくのか、それとも飼い主さんの傍に戻るのかはLさんの自由選択です。

様々なシチュエーションでの練習を重ねていくと、最初は好奇心のままに動いていましたが、次第に飼い主さんの位置をちゃんと確認できるようになりました。

202012231

何も言わなくても、自分から飼い主さんの元に戻ってきたらちゃんと褒めてあげます。
普通はこの場合トリーツをあげたりするのですが、周りの刺激が強すぎて、トリーツも受け付けなかったLさんなので、今回は体を撫でてあげることに。

撫でられることも大好きなLさんなので、ご褒美の意味はちゃんと伝わりました。

その後も、飼い主さんの顔を見上げる頻度があがり、自分から少し離れても、すぐ自分から飼い主さんの元に戻って来るLさん。

202012232

呼び戻しを効果的に教える基礎にもなる、飼い主さんへの意識づけ。
常にリードが短ければ、自分から離れることが経験できないため、離れてしまったときに戻ることが難しくなることもあります。
楽しく続けていきたいですね。


-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

|

« ドッグダンス:パターンにしない | トップページ | 訓練用ダンベルご注文承ります。 »

パピーレッスン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドッグダンス:パターンにしない | トップページ | 訓練用ダンベルご注文承ります。 »