« ドッグトレーニング:行動を教える前に必要なこと | トップページ | 動物は飼うのではなく、命を預かるもの »

2020年12月17日 (木)

パピーレッスン:お散歩

今日はMさんのお散歩レッスン。
前回、大分怖いものを克服して、途中で立ち止まることも少なくなったMさんのことを書きました。
今回は前回とは違うコースのお散歩。

202012170

最初はこちらの様子を確認しながら、良い距離感を保って歩いていたMさんですが、途中で行きたい方向があるのか、ぐいぐい飼主さんを引っ張り、反対方向に行こうとすると頑として動こうとしませんでした。
しばらく様子を見てから、「オイデ」と促したところ、ようやく諦めて戻ってきました。

お散歩に行く方はお一人ではないので、お散歩の方法も恐らくそれぞれ。
いつも行くコース以外の方向には行きたくないという意思が見られました。

お散歩のコースは、日々変えた方がいいという人と、毎日同じ方が犬が安心するという人がいます。
どちらも間違ってはいません。
犬の性格に合わせてあげてもいいでしょう。

石橋を叩くようなタイプの子であれば、少しずつ馴らしながらコースを変えてあげればいいでしょうし、好奇心が旺盛なタイプであれば、毎日お散歩のコースが変わってもストレスは少ないでしょう。

毎回同じと決めてしまうと、違う状況になったときにストレスを感じてうまく適応できません。
食餌の時間も同様です。
多少遅れることがあっても待っていられるようになるには、毎回きっかり同じ時間でないほうがいいかもしれません。

さて、Mさん、ちょっと不満げでしたが、帰り道に向かうとすんなり歩いてくれました。
途中でおもちゃを見せると楽しそうに遊んでくれました。

202012172

202012173

愛犬とのお散歩は、犬の好きにさせている方もいるでしょうが、好きにさせてあげても、リードの反対側にはハンドラーがいることを意識していてくれると、話が通じやすいですね。

202012171
-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_24
にほんブログ村

|

« ドッグトレーニング:行動を教える前に必要なこと | トップページ | 動物は飼うのではなく、命を預かるもの »

パピーレッスン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドッグトレーニング:行動を教える前に必要なこと | トップページ | 動物は飼うのではなく、命を預かるもの »