« 犬界でも空気が読めるのは女子(?) | トップページ | ラリオビトライアルの申し込み締め切りは11月28日(土)です。 »

2020年11月20日 (金)

パピートレーニングの落とし穴

子犬は常に飼い主さんを目で追って、後ろをくっついて歩くものです。
つまり、飼い主さんに興味津々というわけです。

そんな飼い主さんが子犬と関わる中で、トレーニングを行おうとすれば、子犬は楽しそうにどんどん吸収していきます。
ところが、子犬が多くを吸収するからと根を詰めてしまったり、ハードルを上げ過ぎてしまうと、子犬の集中力は切れ、興味は他に移ってしまい、そのうちトレーニング自体に興味が無くなってしまうこともあります。

子犬の興味が他に移ってしまうと、ついつい美味しいもので気持ちを戻そうとしてしまいがちですが、美味しいものはどちらかというと一時しのぎにしか過ぎないこともあります。

子犬の興味がずっと続くようにするためには、子犬が楽しいと思えるようなアプローチが必要になります。

つまり、
・集中力がつづかないので休憩を多めに取る。
・出来たと思ってハードルをあげすぎない。
・トリーツは誘導でも使いますが、ご褒美として使うことを忘れないようにする。

※見せ餌として使い続けると、もらえないと思い、飼い主さんと一緒に何かする興味が薄れてしまいます。
・トレーニングが楽しくなるように工夫する。
※ハンドラーも沢山動いて、子犬が楽しくついて来る環境を作っていきます。

さて、今日はLさんのプライベートレッスン。

日常のマナーに加え、ドッグダンスも少しずつお勉強しています。

今回の宿題はウィーヴでしたが、飼い主さんの足の間を上手に歩けるようになっていました。
でも、無理は禁物。
集中が切れそうになったので、今日はハンドターゲットを導入してみました。

202011201

飼主さんの手に鼻を付けるだけでクリッカーが鳴り、美味しいものが投げられる。

ちょっと頭をリセットさせながら、新しいことに挑戦です。

これからが楽しみですね。

-----------------------------
トレーニングブログに参加しています。ワンクリックが更新の励みになりますのでポチっとお願いします!
88_31_20201101211401
にほんブログ村

|

« 犬界でも空気が読めるのは女子(?) | トップページ | ラリオビトライアルの申し込み締め切りは11月28日(土)です。 »

パピーレッスン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 犬界でも空気が読めるのは女子(?) | トップページ | ラリオビトライアルの申し込み締め切りは11月28日(土)です。 »