« ドッグダンスは忙しい | トップページ | ドッグトレーニング:状況が変わっても出来るようにする。 »

2020年10月 7日 (水)

ラリーオビディエンス定期クラス

今日から今期のラリーオビディエンス定期クラスが始まりました。

ラリオビ(ラリーオビディエンス)は通常のオビディエンスと比べると、競技中でもパートナー(犬)を褒めることができるので、パートナーの集中を取りやすく、ストレスを軽減させることができます。

とは言っても、基本が出来ていなければ、当然のことながら本番ではできません。
日々の基礎練習は欠かせませんね。
出来ることをどこでも出来るようにしていくことが大事です。

今日はコース練習の前に、レベル3の課題に出てくる後退歩行の練習をやっていただきました。

後退歩行とは、ハンドラーの左脚側で、ハンドラーと一緒に後ろに下がるケースと、パートナーと向かい合わせで、パートナーが後退、ハンドラーが前進するケースがあります。

まずは脚側時の後退から。

最初は曲がらないように、壁の横でやってみるといいでしょう。

202010071

ポイントは誘導時の手の位置。
あまり高すぎると犬がオスワリしてしまいます。

犬の後ろ脚がスムースに動けるまで、ゆっくり練習していきましょう。


-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

|

« ドッグダンスは忙しい | トップページ | ドッグトレーニング:状況が変わっても出来るようにする。 »

ラリーオビディエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドッグダンスは忙しい | トップページ | ドッグトレーニング:状況が変わっても出来るようにする。 »