« 第二の社会化期 | トップページ | 火曜ドッグダンス定期クラス »

2020年3月16日 (月)

パピーレッスン:呼び戻し

先日某スレッドで、「呼び戻し」がうまくいかないという書き込みがありました。

お散歩デビューした日、パピーが広いグラウンドでロングリードを付けていました。
環境は最適ですね。

しかし、当然のことながら初めての屋外はパピーにとっては刺激満載。
見るものすべてが目新しく、恐らく飼い主さんの声も耳には届かないでしょう。

お散歩デビューの時は、どんどん新しいものを吸収させてあげましょう。

202003161

もちろん、そんなときでも、ふと我に返るようなときに声をかけて、
振り向いたら褒めます。

「オイデ」と言いながら後ろに下がって、パピーが付いてきたら、
沢山褒めて遊んであげます。

そんなことを、ロングリードを付けながら日々いろいろな場所でやってみます。
リードの長さが5メートルであっても、後ろに下がることで犬の移動距離は5メートル以上になります。

 202003162

動けば動くほど犬は追いかけたくなる衝動が強くなるので、
呼び戻しやすくなります。

他のことが気になっているときは敢えて呼びません。
聞こえないことを習慣にしたくないからです。

そんなことを繰り返していると、子犬でも早い時期に呼び戻しの成功率はかなり高くなります。

見習いが信頼できる程度の呼び戻しが出来るようになったのが生後5か月前。

 202003163

もちろん、その後も子犬は成長と共に多くの刺激や誘惑と遭遇していくので、呼び戻しが100パーセントになったからと言って、それがいつまでも続くとは限りません。

まずは、少しずつ刺激や気になるものへの抵抗力を付けながら、日々呼び戻し練習を繰り返していきましょう。

呼び戻しが習慣になれば、万が一喧騒に巻き込まれても、呼び戻せるようになります。

犬の様子をよく観察しながら、少しずつハードルを上げていきましょう。

4歳になった見習いは、女の子の誘惑があるとついつい呼び戻しが鈍りがち。
犬もいろいろ大変ですね。

-----------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

|

« 第二の社会化期 | トップページ | 火曜ドッグダンス定期クラス »

パピーレッスン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第二の社会化期 | トップページ | 火曜ドッグダンス定期クラス »