« ドッグトレーニング:ご家族の一貫性は大事 | トップページ | ドッグトレーニング:ディストラクションは距離をとって »

2019年12月 2日 (月)

ドッグトレーニング:飼主さんの根気で改善

嫌なことをされると反撃しようとする犬は少なくありません。

「嫌なこと」は個体によって異なります。
触れるのさえ嫌だと感じる犬もいれば、特に飼い主さんが努力しなくても、爪切りや歯磨きを嫌がらない犬もいます。

しかし、少しでも嫌なそぶりを見せたら、無理をしないことが大事。
「無理をしない」というのは、「やらない」こととは違います。

もちろん「噛み」がひどくなっている場合は、一時的にそういう状況を作らないことがポイントなので、敢えて無理はしません。

ちょっとでも嫌だというそぶりを見せたら、「嫌」を「嫌でなくする」サポートが必要になってきます。
「嫌なそぶり」とは、「フリーズ」「後ろに下がる」「顔をそむける」「床の匂いを嗅ぐ」など様々な反応を言います。

愛犬の普段の様子をよく観察していないと、見落としてしまうこともあります。

今日デイケアでお預かりしていたFくん。
前回は嫌なことが沢山ありました。
「階段の上り下り」
「リードの付け外し」
「車のハウスにはいる」

201912021

「階段の上り下り」は3階建ての我が家では必須なので、励ましながら続けたところ、前回のデイケア中に改善され、今回は問題なく上り下りできました。

「リードの付け外し」は飼い主さんが根気よくケアしてくださり、今回は大分軽減されていますが、付け外しの場所によって「嫌」が出るときがあるので、そんな時は目の前にトリーツをまくこともあります。

「車のハウス」もトリーツが威力を発揮します。
入ってしまえばリラックスできるFくん。隔離されることがお好きではないので、美味しいものと関連付けることがもう少し必要かもしれませんね。

時間がある場合は、じっくりハズバンダリーケアのレッスンをすることをおススメします。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24
にほんブログ村

|

« ドッグトレーニング:ご家族の一貫性は大事 | トップページ | ドッグトレーニング:ディストラクションは距離をとって »

犬のハズバンダリーケア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドッグトレーニング:ご家族の一貫性は大事 | トップページ | ドッグトレーニング:ディストラクションは距離をとって »