« ドッグダンス&ベーシック定期レッスン@横浜 | トップページ | 明日はWCRL規定ラリーオビディエンストライアルです。 »

2019年6月20日 (木)

ドッグトレーニング:パーツとパーツが繋がるとき。

今日はFCIオビディエンスの練習会に参加してきました。

私がドッグトレーニングに足を突っ込んだときは
JKC
の訓練競技会で行われるCD(コンパニオンドッグ)というカテゴリーでした。

1997
年から競技会に出始め、先代の犬たちも全頭競技会には参加していました。

現アシスタントニコルがCDでグランドトレーニングチャンピョンを達成したあと、かねてからやりたかったFCIオビディエンス競技を始めました。

ところが、当時はすでにトレーニングにおいて師と仰ぐ人はおらず、独学でニコルと競技に参加していたため、当然FCIオビディエンスも競技課目見ながら自己流でやってきました。

しかし、自己流には限界があります。
CD
FCIオビとは全く違うものだからです。

見習いが来てから本格的にFCIオビを始め、その面白さにどんどんはまっていくのですが、見習いとアシスタントはボーダー・コリーと言っても全く別犬です。
同じ方法ではうまくいきません。
あたりまえですね。

そこで多くの人の助言を聞きながら、同じ目標を持つ人たちと意見を交わし、少しずつ自分の犬に合った方法を取り入れていくという作業が必要になります。

今年オビIIIに昇格し、オビIとオビIIでやってきたことを少しずつ完成させていく作業が続いていましたが、なかなかこちらの意図が伝わらず、日々試行錯誤しています。

焦らず、丁寧に、コツコツが欠かせない犬のトレーニング。
犬が何を、どう理解しているのか見極めることも大事。

今朝7時前から始まったオビ練で、見習いは兼ねてからの課題のひとつ、コーン回りとダンベル持来、そして障害飛越を行いました。

練習場所もままならない状況で、コーンを周ることやダンベルを持来すること、障害を跳ぶことは教えてあります。
しかし、実際競技でコーンに向かって送り出してみたら、コーンにたどり着けなかったり、障害を先に跳んでみたり、ダンベルに直行してみたりと、いろいろ笑えることをやってくれました。

まだまだ先は長い。とパーツの練習だけでなく、なぜ見習いがそんなことになったのかを掘り下げながら、諸先輩のアドバイスを取り入れて練習を続けてきました。
特に、最近やっていたのはコーン回りのみ。
周囲に何があろうと、コーンをみつけてまっすぐ向かって走り回って戻る。

201906201

今日はこの3点がそろった動きを初めて見せてくれました。

彼の頭の中で、景色とパーツがようやくリンクされ始めたようです。

練習は無駄ではなかったと改めて感じたときでした。

--------------------------------
 9月開催予定の3Daysイベントのお申込み始まっています。
詳細・お申し込みはこちらから。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2019/05/post-16c194.html?fbclid=IwAR2twkdfbmqocH9VAKg47--L3YsVUTP0fvG0Sl7mC23BxNY29q0hxAaDfEo
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_24  
にほんブログ村

|

« ドッグダンス&ベーシック定期レッスン@横浜 | トップページ | 明日はWCRL規定ラリーオビディエンストライアルです。 »

FCIオビディエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドッグダンス&ベーシック定期レッスン@横浜 | トップページ | 明日はWCRL規定ラリーオビディエンストライアルです。 »