« 愛犬は呼ぶと走ってきますか? | トップページ | 日常ドッグトレーニング:「Leave it.」それは君たちには関係ないよ。 »

2019年5月23日 (木)

パピーレッスン:ネガティブな言葉は使わない。

散歩に出始めた子犬にとって、周囲にあるものは
気になるものばかり。

自分の目や鼻で確かめたい気持ちが満載の子犬にすべてを
任せられれば子犬は様々なことやものを吸収して
多くのことを学んでいくことができますが、
全てに自分からアクセスできるわけではありません。
子犬にとって危険なものもあれば、相手にとって子犬が危険な場合もあるからです。

そんなときに、「ダメ!」や「いけない!」というネガティブな言葉をつかってしまうと、子犬はその対象物はよくないものだと学習し、警戒するようになる可能性があります。

そこで、子犬に「それは関係ないから、こっちにおいで。」ということを伝えてあげることで、気になるものに向かって行くより、飼い主の元に戻ることを選択する習慣をつけていきます。

今日は見習いたちがディストラクション役をやってくれました。

201905232

Fくん、前回のレッスンでは地面がとっても気になっていましたが、「Leave it」を教わり、だいぶスルー出来るようになりました。

201905231

オーナーさんが頑張ってくださったおかげですね。

継続は力なり。
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_23
にほんブログ村
---------------------------------

|

« 愛犬は呼ぶと走ってきますか? | トップページ | 日常ドッグトレーニング:「Leave it.」それは君たちには関係ないよ。 »

パピーレッスン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛犬は呼ぶと走ってきますか? | トップページ | 日常ドッグトレーニング:「Leave it.」それは君たちには関係ないよ。 »