« 来週はWanByWan 3 daysイベント@woof | トップページ | WCRLラリーオビディエンスボーナスエクセサイズ »

2019年3月 5日 (火)

パピーレッスン:大事なのは学習してもらうこと

パピーレッスンでは子犬に少しずつおうちのルールを教えていきます。
では、教えるとはどういうことでしょう。

「オスワリ」という行動を教えようとするとき、私は犬の体を触ったり、押したりすることはほとんどしません。
「オスワリ」とは「腰を下ろすこと」と理解してもらうために、犬が自発的に座る状況を待つことが多いからです。

当然、待っているときは「オスワリ」などの指示のキューは一切言いません。
犬が言葉の意味を理解していないのに、キューを連呼しても意味がないからです。

腰を下ろす頻度が上がってきたとき、初めてその行動は「オスワリ」なんだよと教えていくのです。

この時点で犬が学んだのは、「腰を下ろすこと」は「オスワリ」という言葉の意味なんだということです。

同様に、出入り口のドアを少し開けて、犬が飛び出しそうになると目の前でドアを閉めるという作業を繰り返すと、犬は飛び出そうとするとまたドアが閉まるのではないかと一瞬躊躇するようになります。
そこをクリックしておやつを上げながら、「おりこうさん、マテが出来たね。」という日常会話で話しかけていくうちに、犬は飛び出さないことはいいことだと学習しながら、何度も繰り返される「マテ」ということと、じっとしていることがリンクづけされていきます。

場合によっては何も言わなくても自ら座る行動をとる子犬もいます。
散歩に出るころには家の中での「オスワリ」学習が強化されていて、「こういう場合は座った方がいいかもしれない」と犬が考えて行動するからです。


ドアを開けるとき、「オスワリ」と声をかけて飛び出すのを防いでもかまいませんが、何が好ましい行動なのかを犬に学習させることも、犬にとって考える力をつけさせることになります。

一生懸命考えているEさん、お散歩は一人で行くんじゃないということが少しわかってきたようです。


201903051


--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

|

« 来週はWanByWan 3 daysイベント@woof | トップページ | WCRLラリーオビディエンスボーナスエクセサイズ »

パピーレッスン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パピーレッスン:大事なのは学習してもらうこと:

« 来週はWanByWan 3 daysイベント@woof | トップページ | WCRLラリーオビディエンスボーナスエクセサイズ »