« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月31日 (日)

パピーレッスン:飼い主さんの勘違い

昨日は久しぶりにパピーくんのカウンセリングに伺いました。
生後3か月。
元気いっぱいの男の子で、飼い主さんも、ハイパーで全然落ち着かないし、噛むし、吠えるしと嘆いていらっしゃいました。

ところが、優しく撫でていれば自分からオスワリやフセをしたり、じっとしてくれるNくん。

おもちゃで遊びに誘えば、タグゲームにも付き合ってくれ、投げれば取ってくるし、逃げればもって追いかけてくれる。
なんとも頼もしいNくんです。

遊びが終わったら、クレートに戻して休憩。
すると、最初は少し吠えていたものの、すぐあきらめて寝てしまいした。

 201903301_1

それを見ていた飼い主さんはちょっとびっくり。

静かにしているところは見たことが無いし、あまり寝ないとも。

しかしよくお話しをよく聞いていみると、平日一人で留守番をさせているのがかわいそうで、休みになるとついついクレートから出したままにして自由にさせてしまうとのこと。

そのせいで、トイレも間に合わず、場所の認識もまだちゃんとできていないことがわかりました。

平日と休日のギャップが大きすぎると、犬にとってはストレスになることもありますし、だらだらと一緒にいると子犬が必要としている睡眠時間もとりづらくなってしまいます。
うしろめたい気持ちはわかりますし、子犬が喜ぶだろうという気持ちもわかりますが、人間の赤ちゃんと同じで睡眠は大事。
めりはりをつけた生活をお願いしてひとまず帰ってきました。

賢いNくん、これからが楽しみです。
飼い主さん初心者のオーナー様も、気合を入れて頑張ってくださるそうです。

毎日の繰り返しでおうちのルールを教えてあげることが第一ですね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_11
にほんブログ村

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

 

| | コメント (0)

2019年3月30日 (土)

WanByWan 3 Days イベント in Autumn

20199月、WanByWan主催のワークショップとドッグダンスのリハーサルショウおよびWCRL規定のラリーオビディエンストライアルを山中湖のドッグリゾートwoofにて開催します。

今回4回目となりますが、10月から始まるドッグダンスシーズンに向けての馴致および予行演習としてお使いいただければ幸いです。

3日目のWCRL規定ラリーオビディエンスはWanByWan主催3回目となります。
ラリーオビディエンスはドッグダンスと共通する部分が多くあるオビディエンスベースの楽しい競技です。
基礎を見直しながら、ゲーム感覚の競技を楽しみませんか?

201903300

<イベントスケジュール>
9
27日(金)ニコルクラブワークショップ(中級者向け)
9
28日(土)ニコルクラブリハーサルショウ(持ち時間6分でお好きにお使い頂けます。)
9
29日(日)WCRL規定ラリーオビディエンストライアル

場所:ドッグリゾートwoof
401-0501  山梨県南都留郡山中湖村山中280  TEL0555-72-8000

※woofの宿泊予約は明日3月31日10:00(webのみ)~、お電話でのご予約は昼12:00からとなります。

中級者向けワークショップ
日時:9/27()10:0016:30 (昼休憩1時間)
場所:インドアドッグラン全面
参加費:犬連れ参加10,000円(1頭)、見学5,000

多頭飼いの場合、1エントリー内で犬を交代させる場合エントリーフィーは10,000円のみですが、各エクセサイズをそれぞれの犬を使って参加される場合は2エントリーとなりますので、お申し込み時は他頭分それぞれの名前で必要事項をご入力下さい。交代の場合は10番の備考欄にその旨ご入力下さい。

ご同伴の方が入室される場合は見学料金が発生しますのでご注意ください。
参加犬および同伴犬はクレート内で待機をお願いします。
ワークショップの内容を録画・録音することは出来ませんが、ご自身の犬が作業しているところを撮影するのはかまいません。

<ご参加基準>
ドッグダンスのルーティンを作った経験のある方
ドッグダンスは未経験でも、オビディエンス(服従訓練)の基礎が出来ていてドッグダンスに興味のある方
クリッカートレーニングを普段行っている方
(クリッカートレーニング未経験の方は、事前にクリッカートレーニングのセミナーなどの受講をお奨めします。WanByWanのプライベートレッスンでもクリッカーの使い方を学ぶことができます)

<概要>
後日改めて詳細をご案内いたします。

 リハーサルショウ
日時:9/28(土) 9:00-18:00(予定)
場所:インドアドッグラン(全面貸切)
リンクサイズ:22m15m
エントリーフィー:6,000 (シングル・ペア・チームでも1枠の金額は同じです)
一組の持ち時間:6
コメントあり
表彰あり

<参加カテゴリー>
・プレコンペ部門:競技会を想定したルーティンの発表
ルーティンタイム:4分以内
ビデオコンペなどに利用されることも可能

・ファン部門:時間内であれば2回音楽をかけてもかまいませんし、音楽をかけて遊ぶんでも構いません。持ち時間(6分)を自由にお使いください。(持ち時間全てを利用される必要はありません。愛犬の状態を確認してご利用下さい)

各部門ともモチベーターの利用可。
トリーツなどを落とした場合はご自分で回収をお願いします。

◆WCRL
規定ラリーオビディエンストライアル
日時:9/29(日) 9:30-17:00(予定)
競技クラス:LEVEL 1LEVEL 2LEVEL 3

ラリーオビディエンストライアルの詳細は以下を覧ください。
http://wanbywan.com/tiral_premium20190622.pdf

-------------------------------
ワークショップ、リハーサルショウおよおびラリーオビディエンストライアルの参加費のほかに、woofの施設利用料金と昼食代(お弁当1,080円税込)が別途かかります。
参加人数が最低人数を超えた場合はwoofの施設利用料金が団体割引の対象となる場合もあります。
※woof
にご宿泊の場合はご自身でご予約ください。
--------------------------------

<ワークショップ講師およびリハーサルショウコメンテイター>
WanByWan
代表:三井惇
CPDT-KA
ドッグトレーナー
JKC
訓練競技会および各種フリースタイル競技会において入賞多数
2016
年ドッグダンスの解説本「ニコルとドッグダンス」を出版

WCRL規定ラリーオビディエンスジャッジ>
川端千賀子氏(WCRL公認ジャッジ)
三井 惇 (WCRL 公認ジャッジ)

-------------------------------
<お申し込み方法>
下記をそれぞれお書きのうえ、メールでお申し込みください。

【件名】WBWイベント申し込み

201961日(土)20時より受付を開始致します。
2019
97()に募集を締め切ります。
    
定員になった場合、締切日よりはやく締め切る場合もあります。 

◆ワークショップ参加希望
1.
参加・見学(どちらかお選びください)
2.
参加者のお名前(フリガナ)
3.
参加の場合のパートナーの名前(フリガナ)
4.
参加犬の犬種・性別・年齢
5.
メールアドレス(PCからのメールが受信できるアドレス)
6.
お弁当の数
7.woof
ご同伴者の数・・・大人名 子供名 犬
8.woof
ご宿泊の方の数(ご本人も含めます)・・・大人名 子供名 犬
9.
参加者のご住所とお電話番号
10.
備考欄
 
リハーサルショウ参加希望
1.
エントリーのご希望
・プレコンペ部門(HTM/FS)・ファン部門
・シングル、ブレイス、ペア、チーム 
2.
ハンドラーのお名前(フリガナ)
3.
パートナーのお名前(フリガナ) 犬種 性別 年齢
4.
メールアドレス(PCからのメールが受信できるアドレス) 
5.
曲名(フリガナ)および 曲の長さ (決まっている場合)
6.
お弁当の数
7.woof
ご同伴者様の数・・・大人名 子供名 犬
8.woof
ご宿泊の方の数(ご本人も含めます)・・・大人名 子供名 犬
9.
参加者のご住所とお電話番号

◆WCRL規定ラリーオビディエンス参加希望
1.WCRL
あるいはUSDAA登録:
済んでいる(犬の登録番号:      )
済んでいない:同時登録を希望する(4,500円) / 自分でする
2.
ハンドラー名(アルファベット):
3.
パートナーの名前(アルファベット)
4.
犬種:
5.
犬の生年月日:
6.
犬の体高(肩の位置で):
7.
参加クラス:
LEVEL1A
LEVEL1BLEVEL2ALEVEL2BLEVEL3ALEVEL3B
参加クラスについては詳細をご確認の上、対象クラスのみ残してください。
8.
参加者のご住所ご連絡先:
9.
課目修正申請がある場合は以下にお書きください。
例:ハードルの高さを〇〇センチにしてほしい。
10.
お弁当の数
11.woof
ご同伴者様の数・・・大人名 子供名 犬
12.woof
ご宿泊の方の数(ご本人も含めます)・・・大人名 子供名 犬


<リハーサルショウのルール>
・リンクに入る際はパートナー自身が歩いてご入場ください。退場時も同様です。
(ファン部門はリードを付けての入場および演技も可。ただし、リードを引っ張ることは禁止)
・リンクに入りましたら音響チェックをお願いします。
・小道具の設置・撤去は持ち時間に含まれます(場合によって残り時間をご案内します)
・プレコンペ部門に参加の方は、演技前に両手を広げてトリーツを持っていないことをアピールしてください。
・音楽のスタートは、手をあげて合図してください。
・パートナーの衣装は首輪(1つ)以外は禁止(皮膚トラブルや寒さ対策等の目的での衣類着用は可)
・リンク内での排泄を防止するため、出来る限り演技前に排泄を済ませるようにお願いします。万が一排泄してしまった場合は速やかに清掃いたしますが、清掃時間は持ち時間に含まれる場合があります。
・リハーサルショウは見学自由ですので、ご同伴者もインドアドッグランに入場可能です。ただし、お弁当や団体割引のためにはお名前等のお申し出が必要です。

<リハーサルショウ禁止事項>
・チョークチェーン、スパイクチェーンの使用
・演技中パートナーに振付以外で触ること。
・パートナーの動きを強制したり、パートナーを罵倒するなどの行為。

<一般注意事項>
曲は編集の上当日CDでご持参ください。必ず複数の音源で再生できるかどうかの確認をお願いします。
ヒート中の犬・または終了して2週間以内の犬はwoofの規定上ご参加ができません。
お申込み受付後にヒートや体調不良で該当犬が参加出来ない場合、犬を替えての参加は可能です。
お申込み受付後のキャンセルは出来ませんが、ご都合が悪くなった場合はお早めにご連絡下さい。
キャンセル時のwoofの施設利用料金はかかりませんが、宿泊に関しましてはwoofの規定でキャンセル料がかかる場合がありますのでご確認ください。
荒天等で開催が不可能となった場合は必要経費を除いて一部返金できる場合もあります。
演技中の写真および動画の撮影は演技者の許可を得てから行ってください。
イベント中の写真はブログやSNSなどに掲載させて頂く場合があることをご了承ください。
他の参加者の演技中に過度の吠えなどがある場合はご退場頂く場合があります。
会場内での犬の待機はクレート内でお願いします。
会場内での、犬同士、参加者同士のトラブルは、当事者で話し合いのうえ、双方の責任のもと解決してください。主催者は責任を負いません。
当日の欠席連絡はmitsuiアットマークwanbywan.comまでお願いします。
ワークショップ、リハーサルショウおよびラリーオビディエンスは参加者が催行最低人数に達しない場合は、開催を中止する場合があります。その場合は事前にお知らせします。

ワークショップ、リハーサルショウおよびラリーオビディエンスのお申し込み先
info
アットマークwanbywan.com  (アットマークを@に変えてください)
WanByWan
三井惇

---------------------------------

ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_10
にほんブログ村

---------------------------------

パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。



| | コメント (0)

2019年3月29日 (金)

犬用オムツの話

某スレッドで、最近コマーシャルしている犬のオムツについて盛り上がっていました。
犬用のオムツ(マナーベルト)、我が家でも使ったことはあります。

それは、先住犬のクリスやハンスが年老いて排泄コントロールがうまくできなくなった時でした。
本来犬たちは自分の足で排泄しに行こうとします。
自力で立てなければ我慢してしまうこともあります。

初代のハスキー犬は椎間板ヘルニアで立てなくなった日、トイレを2日間我慢しました。
抱きかかえて庭に連れ出しても絶対してくれなかったのですが、ステロイドを投与して痛みが治まった時、ようやく自力で立って済ませることができたのです。

犬も歳をとれば立ち上がることすらできなくなり、自力でトイレに行きたくても、寝たままでしてしまうようになります。
そんなとき、マナーベルトやオムツは犬の体を濡らさないので、風邪をひかせることもなく、汚れる範囲も最小限に抑えられるので、介護する飼い主にとってはとても助かります。

201903291

しかし、若い犬にオムツやマナーベルトはどうなのでしょう。

最近は保護犬を引き取ることが珍しいことではなくなっています。
成犬の場合、トイレトレーニングをするのが難しいこともあるでしょう。

犬が入れる屋内施設の場合、オムツやマナーベルトを義務付けているところもあるようですが、どうしても仕方のない場合を除いては、あまり使いたくないと思う人は少なくないのではないでしょうか。

子犬であれば、トイレトレーニングによってトイレのコントロールはしやすくなります。
トイレのタイミングを見計らってトイレスペースへいざなうことを続けていれば、どこかしこで排泄することはなくなるはずです。

雄の場合はマーキングが気になるものですが、それでもきちんとトレーニングをしたり、トイレのタイミングで排泄を促していれば、屋内でのマーキングをある程度防ぐことは不可能ではないでしょう。

オムツやマナーベルトがあるからと、トイレトレーニングを怠ってしまう風潮は避けたいと個人的に思いま

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_9
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0)

2019年3月28日 (木)

子犬に絶対やってはいけないこと

失敗した子犬を叱ろうとして、大きな音をたてて脅かしたり、手で叩いたり、あるいは首輪に付いたリードを引っ張り上げたり、ということがいまだに行われています。
犬にも個体差があるので、多少のことでは驚かない子もいるかもしれませんが、基本的に脅かしたり、体罰を与えることが犬にとってメリットになることはありません。
そもそも、子犬に失敗はつきもので、それを導くのが飼い主の役目であって、まだまだ赤ちゃんの子犬の失敗を責めるのはアンフェアです。

恐らく、そのような行為は人間にとってもメリットにはならないでしょう。
大きな音で脅かされた犬は、音に対して過敏になる可能性があり、手で叩かれた犬は手を見ると威嚇したり噛もうとしたりします。
ましてや首輪をリードで吊り上げられた犬は、リードが首輪に付いただけで変貌してしまうこともあるでしょう。

当然のことながら、その行為を行った人間に対する不信感だけでなく、他の人間への不信感も生まれ、警戒心が強くなったり、日常の何気ない出来事にも過剰反応する可能性があります。
子犬のころのことだから忘れてしまうだろうということはありません。

小さいころ経験したトラウマは大きくなってもどこかに潜んでいてあるとき突然出ることもあります。

犬にとってそういったストレスは、人間が故意に行わなくても、日常的に遭遇することも多いものです。

散歩の途中で、急に大きな音のバイクが横をすり抜けたり、たまたま犬の足を踏んでしまったり、犬自身が悪戯をしようとして痛い目を見たりなどなど、気を付けていても起こりうることは沢山あります。
だからこそ、きちんと犬の安全を守ることも飼い主の責任であると言えるでしょう。

気持ちのおおらかな、自信のある犬に育てていくためにも、子犬に無用なストレスを与えないことも大事ですね。
201903281
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_8
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。



| | コメント (0)

2019年3月27日 (水)

パピートレーニング:成長と共に心配事も増えていく

子犬が日々成長するのは当然のこと。
昨日までできなかったことが、急に出来るようになったり、
なんとなく話が通じるようになったりと、
驚かされることが沢山あります。

ところが、成長と共に厄介なことも増えていきます。
つまり体が大きくなれば、今まで届かなかった場所にもアクセスできるようになったり、視野も広がり、飼い主の行動も細かく観察するようになり、同じようにやろうとすることもあります。

「今までやらなかったから大丈夫」というのはまだまだ先の話。

特に危険なのはキッチン。
ガステーブルやごみ箱など、危険物が満載です。

アクセスできないように扉を付けたり、手や口が届く場所に危険物を置かないように注意したりと、気を付けなければいけないことが沢山あるでしょう。

かつて我が家で繁殖したボーダー・コリー、キッチンから流れでる美味しそうな匂いにつられ、三男坊が初めてメッシュゲートをよじ登ってキッチンに入ったことがありました。
当然自分では戻れなかったのですが、中で楽しそうにはしゃいでいる弟を見て、長女がある日同じようにメッシュゲートをよじ登って足を挟んで骨折しました。
横さんがあるものは足をかけて上ることが出来るのです。

成長を楽しむと同時に、安全対策も怠らないようにしましょう。

先日のレッスン、アシスタントの横で、散歩の途中でもフセができるようになったEちゃん。

201903271


行動範囲が広がっているようです。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_7
にほんブログ村
---------------------------------

パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。



| | コメント (0)

2019年3月26日 (火)

ドッグトレーニング:課題は段階を踏んで

ドッグトレーニングの基礎の課題には「オスワリ」や「フセ」「タッテ」などの姿勢変更の他に、「オイデ」や「マテ」などの行動も入っています。
これらは別に訓練競技会に出るためのものではなく、日常生活に不可欠なことです。

散歩の途中、相手の犬をやり過ごしたいと思えば、「オスワリ」や「マテ」などが有効ですし、子供がそばに寄ってくればこわがらないように「フセ」をさせたり、ドッグランなどでフリーで遊んでいて帰るときには当然「オイデ」が必要です。

そういった基礎のトレーニングのレベルをあげていくと、ラリーオビディエンスや訓練競技会などの課目の作業が出来るようになっていくのですが、急にレベルをあげることはできません。

「オスワリ」をさせても、2秒で動いてしまったり、飼い主さんが2~3歩離れれば付いてきてしまうレベルでは競技会に出ることはできません。

目の前で「マテ」が2秒出来たら3秒、4秒と持続時間を伸ばし、4秒待てるようになったら、飼い主が犬の後ろに回り込んでも動かないで待っていられるかとか、1メートル離れたらどうだろうとか、ひとつずつ課題をクリアしていくことでレベルアップが出来るようになります。

最初はできなくて当然。
出来ることをひとつずつ増やしていけばいいのです。

201903261 
最初から、飼い主が見えない場所で2分間、見知らぬ犬たちと並んで待つということはできるはずがありません。

普段から、見える場所で待つ練習や、他の犬と一緒に練習していくことで、犬たちもだんだん慣れてくるのです。

焦らず、ゆっくり、コツコツと。
201701132 ある日成長した愛犬に驚かされることでしょう。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_6
にほんブログ村

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。


 

| | コメント (0)

2019年3月25日 (月)

ドッグトレーニング:伝えたいことが伝わるとき

子犬や若い犬のトレーニングは吸収が速いのでとても楽しいものですが、若い分定着するのに時間がかかります。
つまり、反応が速いので、教えるとすぐやってくれるのですが、なかなか持続できないのと、翌日言ったらすぐ出来るかと言えば、そうとは限らないということです。

しかし、それをあきらめずに毎日繰り返して伝えていくと、あるとき急に言葉が通じ始めたと感じられるようになります。
根気と努力が実った瞬間です。

その後も成長と共にいろいろなことをやってくれるのが犬たちですが、話が通じ始めると、愛犬はペットというより家族やパートナーに変わっていくでしょう。

201903251

コギャルなJさん、いつも全力でぶつかってきます。
迎える側も体をはらないとダメですね。

飼い主さんはいつもとても頑張ってくださっているのすが、最近Jさんに話が通じ始めたと感じられているとのこと。
嬉しいかぎりです。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
88_31_5
にほんブログ村

---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください

| | コメント (0)

2019年3月24日 (日)

WanByWanイベントスケジュールのご案内

先週3 Daysイベントが終わったばかりですが、次回のイベントのご案内をさせていただきます。
宿泊予約の開始が半年前(3月末日)からなので、少し早めですが日程だけご案内いたします。

◆ニコルクラブ3 Daysイベント

日程:
2019年927日(金)ドッグダンスワークショップ
2019年928日(土)リハーサルショウ
2019年929日(日)WCRL規定ラリーオビディエンストライアル

ラリーオビディエンスジャッジ:
WCRL公認ジャッジ 川端千賀子氏
WCRL公認ジャッジ 三井惇

場所:山中湖woof、屋内ドッグラン

201903241

イベント詳細につきましては後日改めてご連絡いたします。

◆WCRLラリーオビディエンス公式トライアル

日程:2019622日(土)
場所:山中湖woof、屋内ドッグラン

ジャッジ:
WCRL公認ジャッジ 川端千賀子氏
WCRL公認ジャッジ 三井惇

イベント詳細はこちらをご覧ください。

622日(土)のラリーオビディエンスの申し込み開始は4120:00を予定しています。

みなさまのご参加お待ちしております。

---------------------------------

ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!

88_31_4

にほんブログ村

---------------------------------

パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪

ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

ドッグトレーニング:報酬はトリーツだけではありません

報酬ベースのトレーニングと言うと、ついついトリーツ(おやつ)ばかり考えがちですが、犬にとっての報酬は食べ物だけではありません。

例えば一緒に遊ぶこと、スキンシップ、クレートから出してもらうことなど、日常生活の中での報酬は沢山あります。

そこで、報酬を得るために何をしなければいけないのか、犬に学習してもらうことで、好ましい行動を強化していくことが出来るわけです。

日常マナートレーニング中のAさん、1歳ということもあり、活発でなかなかじっとしていることが出来なかったのですが、トレーニングを始めて少しずつオンとオフが出来るようになってきました。

しかし、散歩に行くとなるとまだまだテンションはかなり高め。

だからと言ってその勢いのまま玄関を飛び出せば事故に遭わないとも限りません。

まずは落ち着くことから。

「タッテマテ」は難しいので、「オスワリマテ」。

201903231

その後も階段を駆け下りそうになるので、リードが引っ張られたらもう一度やり直し。

でもネガティブな言葉は使いません。

3回続けてやったところ、ドアを飛び出ることもなく、階段も落ち着いており、その後車道に出るときも同じように落ち着かないと出かけられないよと伝えていって、ようやく外に出られました。

当然一度の練習で身に着くわけではありませんが、繰り返して伝えていくことが大事。

どうすれば散歩に出られるか一生懸命考えているAさんの姿が大人びて見えました。

---------------------------------

ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!

88_31_3

にほんブログ村

---------------------------------

パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪

ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0)

2019年3月22日 (金)

ドッグトレーニング:練習したことは確実にできるようになります。

昨日のあおぞらドッグダンス大会、閉会式が終わってコメント用紙などを取りに並ぶとき、邪魔になってはいけないと、少し離れた場所で犬を休止させたところ、ちょうどいつもレッスンで練習している生徒さん2頭も加わって休止。

もちろん、数メートル先に飼い主がいるので、みんな安心して「フセ」で待っていられました。

201903221

練習のときは、離れる距離や時間をいろいろ変えながら、犬のレベルに合わせて行います。

時には隣の犬が招呼(呼び戻し)されることもありますが、それでも「マテ」と言われた犬たちはちゃんと待っていなければいけません。

201903222

日々の練習は確実に犬たちの身についていますね。

---------------------------------

ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!

88_31_2

にほんブログ村

---------------------------------

パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪

ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0)

2019年3月21日 (木)

あおぞらドッグダンス大会に参加してきました。

今日は昭和記念公園で開催されたあおぞらドッグダンス大会にアシスタントと参加してきました。

今回初参加となる屋外ドッグダンス大会、元々訓練競技などを屋外で行ってきたため、屋外刺激は全く問題ないアシスタントですが、遠隔作業で単独バックなどに入ると、屋内同様背後が気になるようです。

また、それ以上に強風が吹き荒れ、衣装が巻き上がってしまうのではないかとそればかりが気になるハンドラー。

少しアシスタントへの思いやりにかけてしまったような気がしますが、最後まで付き合ってくれました。

普段練習会でご一緒しているペアたちも、あおぞらの下、素晴らしいパフォーマンスを見せてくださったので、花粉症が悪化しつつも参加した甲斐があったというもの。

屋内の会場と屋外の会場では、それぞれメリットデメリットがあります。

屋内の場合は、外部と隔離された環境で、余計な刺激が無い分、音が反響したり、あるいは場所によっては床に染み付いた匂いが気になったりしますし、屋外では当然のことながら、地面の匂いや、通りがかりのひとなど、一般の観客やその飼い犬などがいたりして、集中がとりづらいことがありますが、オープンな環境という意味では犬へのストレスが軽減する場合もあります。

様々な場所での練習が、犬にとって「慣れ」につながるので、是非いろいろな場所でトライしてみましょう。

201903211

photo by K Dad

201903212

photo by M&A Mam

---------------------------------

ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!

88_31_1

にほんブログ村

---------------------------------

パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪

ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0)

2019年3月20日 (水)

パピーレッスン:一緒に歩こうね。

好奇心満載の子犬は、外に出ればいろいろなものに興味津々で向かっていくのは当然のことです。

だからと言って、好きにさせていればどんどん飼い主を好きな方に引っ張っていきます。

「飽きればそのうち戻ってくる。」という人もいますが、飽きるまでにはおそらく何日もかかるでしょう。

そしてその間に、飼い主よりもっと面白いものを見つけてしまうかもしれません。

面白いものを見つけてもいいんです。

飼い主が呼んだときに帰って来られれば。

しかし、「呼び戻し」の練習をしていなければ、すぐに戻ってくる確率はかなり低いでしょう。

普通にお散歩が出来るようになったEさんと広い公園に行きました。

201903201_1

今回はちょっと長めのリードを付けて、敢えて自由度を上げながら、リードが張る前に呼び戻しを入れていきます。

いろいろ気になるものは多いのですが、ロックする前に飼い主さんに声をかけてもらうようにしていただいたら、呼ばれたらすぐ戻ってくるようになりました。

しかも、きちんと自分から座って待っていられます。

201903202

おうちで練習していることがちゃんと外でも生かされているようですね。

その後も、様々な人や犬を見ても、自分で距離を計ったように振り返ったり、戻って来たりするようになりました。

ちょっと他のことに気を取られていると、ママはどんどん遠くに歩いて行ってしまうかもしれないことも知りました。

普段の散歩はぴったり脚側で歩く必要はありませんが、安全な距離を飼い主さんと保って歩くことは必須です。

私はよく犬たちに、「一緒に歩こう」と言います。

つまり、リードの先には飼い主がいることをきちんと理解し、子供が親と手を繋ぐように、リードで繋がっていることが嫌なことではないと認識してもらうのです。

また、リードが張らない練習を積むことで、リードが付いていない状況でも、飼い主のそばにいることが当たり前と学習してもらいたいと思っています。

帰りがけに見習いと挨拶をしたEさん、怖かったらいつでも逃げられるように、リードは長く緩めてあります。

201903203

結局逃げたのは見習いの方でした。

まだまだ修行が足りませんね。

---------------------------------

ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!

88_31

にほんブログ村

---------------------------------

パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪

ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0)

3 Days イベント:3日目  WCRL規定ラリーオビディエンストライアル

イベント最終日はラリーオビディエンスの公式競技会を開催しました。

我が家は2017年からラリオビを始めたばかりのひよっこですが、2018年規定が改正されてから、体験会や練習会を20回以上開催してきたことで、トライアルに参加する生徒さんも増えてきため、今回初の自主開催となりました。

おかげさまで34組のエントリーをいただきました。

レベル1のジャッジはさせていただきましたが、レベル23は川端千賀子氏にお願いしました。

201903191

最後にアシスタントとレベル3Bで参加。

201903192

午後から悪天候が予想されていましたが、荒れることなく無事終了。

201903193

クォリファイされた皆様おめでとうございます。

201903194

ラリーオビディエンスは得点によってポイントをためることができます。

WCRLのサイトで、2018年度の年間ランキングが発表になりました。

開催数が圧倒的に多い米国とは別に日本枠で順位が載っており、アシスタントニコルも国内ランキング5位に入ることが出来ました。

http://www.rallydogs.com/binary/news/2018%20rally%20rankings%20final.pdf

次回のトライアルは6月22日開催の予定です。

詳細は後日ブログとFacebookで発表させていただきます。

---------------------------------

ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!

---------------------------------

パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪

ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0)

2019年3月18日 (月)

3 Days イベント:2日目 ドッグダンスリハーサルショウ

イベント2日目はドッグダンスのリハーサルショウです。

晴れていましたが、あいにく富士山は見えず。

201903181

リハーサルショウは、ドッグダンスの競技シーズン前に、場慣れや、構成の確認など、本番と同じ広さのリングで、本番と同じような観客席とジャッジ席を前に練習していただく場です。

今回3回目の開催となりましたが、おかげさまで募集開始後早くに予定組数に達し、キャンセルもなく、皆様にお会いすることが出来ました。


201903182

シーズン本番前というと、寒いか暑いかという時期ですが、幸い天候に恵まれて喜んでいたのもつかの間、午後には雪が降り始めてびっくり。


昨年からつくり上げているルーティンあり、今季の新しいルーティンあり。
みなさま素敵な衣装を身にまとい、それぞれの世界を醸し出してくださいました。

持ち時間の中で、通しで踊る方、パーツの練習をされる方、出来ることをやったあと、パートナーと遊ぶ方など様々です。

毎回最前列で堪能させていただける幸せ者です。


更に今回はリハーサルショウの最後に、音響スタッフとしてお手伝いいただいている伊藤哲郎氏が愛犬コテツ君と今月イギリスのCruftsで見せてくださった素晴らしい演技を披露してくださり、参加者から大喝采がありました。

無理を聞き入れてくださり、本当にありがとうございました。


201903183

体力が残っていれば、また半年後にみなさまのルーティンを拝見できますことを楽しみにしています。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月17日 (日)

3 Days イベント:ワークショップ

お決まりの渋滞にはまりましたが、無事woofから戻ってきました。

今回ドッグダンスワークショップ、リハーサルショウに続き3日目にWCRL規定のラリーオビディエンストライアルも開催したため、3泊4日不在にしておりました。
プライベートレッスンなど、スケジュール調整にご協力いただき、誠にありがとうございました。


201903171

初日のワークショップは、woofのインドアドッグランを全面貸し切って、少人数のアットホームな雰囲気の中すすめさせていただきました。

ハンドラーのウォーミングアップに続き、パートナーのストレッチから始まり、オビディエンスをベースにしたドッグダンスに必要な基礎練習や地道な組み立てが必要な遠隔のサイドステップの教え方など、また、遠隔時に自信をもってパートナーが動けるための基礎作り、最後はリングインからスタートまでの調整などなど、駆け足になってしまいましたが、お伝えさせていただきました。


201903172

201903173


寒いこの時期にご参加くださったみなさまおよびお手伝いをかってでてくれたみなさまに感謝申し上げます。


---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月14日 (木)

明日から3Daysイベント

寒暖の差が厳しい毎日ですが、明日からWanByWan主催のドッグイベントがwoofで行われます。

ドッグダンスワークショップ、ドッグダンスリハーサルショウのあとは、WCRLラリーオビディエンストライアルと続きます。

※ワークショップ
入場および受付開始:9:30から

※リハーサルショウ
入場:8:15から(2階席のみ)、8:30から1階席
受付:8:30から
開会式:9:00

※ラリーオビディエンストライアル
入場および受付開始:9:30

ご参加のみなさまは、ご愛犬とも、防寒のご準備宜しくお願いいたします。

みなさまにとって、充実の3日間となるよう、スタッフ一同お手伝いさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

リハーサルショウは一般のご見学も可能ですので、お近くにおいでの際は是非ご覧になってくださいませ。


普段あまりお目にかかれない方とお会いできますことを楽しみにしております。


201903140
去年のwoof

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月13日 (水)

ドッグダンスのコスチューム

今日のレッスンでは、ルーティンのコスチュームについて白熱した討論が繰り広げられました。

ルーティンのコスチューム選びは簡単そうで実は難しい。
ルーティンのテーマに合っていること、パートナー(犬)に負荷を与えないこと、パートナーの存在がちゃんと目立つこと(主役は犬)などがあります。

ある人が私のコスチューム選びが最近変わったと言ったそうです。

確かに、私の以前の定番は黒と白。
パートナーが白黒なので、基本はご法度のようなコスチュームカラーですが、私シャイですので、色物はどうしても着られませんでした。

201903130


ずっと昔は着ていたのですが、今のアシスタントがパートナーになってからはほぼモノトーン。



その後、茶白がメンバーに加わって、何を血迷ったのか、コスチュームの色が赤になってみたり、いろいろ変わっています。

今年は何色?

ということで、コスチュームは楽しみながら、いろいろ悩んで決めましょう。
くれぐれもパートナーの邪魔にならないように。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月12日 (火)

ドッグトレーニング:遊びは大切

以前は「愛犬と遊んでください。」と言うと、どうやって遊んでいいのかわからないという答えがよく返ってきたものですが、最近は愛犬とちゃんと遊んでいらっしゃる飼い主さんが増えてきました。

遊びの中で、投げたものを取りに行かせるというのはよく聞きますが、取りには行くが、そのあとおもちゃの一人遊びが始まってしまうというのはよくあるパターンです。

特にキューキュー鳴るおもちゃだったり、噛み心地のいいおもちゃだったりすると、取りに行くより、その場で一人遊びに興じてしまう犬は多いものです。

一人遊びのおもちゃも必要ですが、飼い主さんと一緒に遊ぶことも大事なので、是非本気で遊んであげてください。

持ち逃げされてしまうような場合は、リードを付けて始めてもいいでしょう。


特に引っ張りっこは興奮してウーウー言う場合もありますが、子犬のころから一緒に遊んでいれば、唸り声は威嚇ではありません。
飼い主さんと一緒に獲物に向かっていくことが、共同作業のひとつにもなります。


犬に渡してやっても、遊びたい気持ちが強ければ、引っ張って欲しいと持ってくるようになります。
犬を追いかけるのではなく、犬に追いかけさせるような遊びを楽しみましょう。

お勉強した後のご褒美はおやつだけでなく、一緒に遊ぶことも有効です。


201903122
ディストラクションの中での「マテ」練習のあとは、飼い主さんと遊びます。

201903121

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月11日 (月)

環境が変わると、犬の行動も変わります。

タイトルを読むと、「そりゃあたりまえ。」という声が聞こえてきそうです。

つまり、「飼い主は犬が失敗しにくい環境を作り、犬が褒められる頻度を増やすことで、犬が飼い主にとって好ましい行動をとりやすくする。」というのが犬に優しいドッグトレーニングと言われるものですから、環境を変えるというのはトレーニングの基本です。

しかし、長い目で効果を狙うこの方法とは別に、単に家の中と家の外という環境の違いだけでも、犬の行動はまったく変わることがあります。

いわゆる内弁慶というものに似ていますが、家の中ではこだわって自己主張していたのに、外に出たら借りてきたネコになるというのがそれです。


今回いろいろあって、ライフスタイルを変えなければいけない状況に置かれているHさんにとって私は悪者。
おうちの中にいるときの彼女の私に対する態度はかなり厳しいです。


ところが一歩外に出て、散歩を始めると途端に私のことが気になるらしい。

悪者はニコニコしながら声をかけて歩くし、時々目の前にトリーツを落としてくれたりするので気にならない訳はない。

201903101


でも、家に帰ると、やっぱり「ここはアタシの家」と主張する。

心を開いてくれるまでは、まだまだ時間がかかります。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月10日 (日)

ドッグトレーニング:トリーツがディストラクションに


陽性強化トレーニングではトリーツ(おやつ)が誘導として使われたり、ご褒美として使われたりします。

誘導として使われるトリーツは新しい行動を引き出すときに使われ、犬は目の前のトリーツの動きに合わせて動くことで、ハンドラーが望む行動をとるようになります。

行動がある程度身についてくれば、トリーツは誘導ではなくご褒美として使われます。

ところが、犬の目の前にトリーツが見えてしまえば、トリーツについて行きたくなったり、あるいは、ご褒美が早く欲しいからとハンドラーに近づいてくることもあります。

昨日単独バックステップをしていたFくん。

おうちでは1~2歩しか下がれなかったのですが、レッスン中に距離が伸びるようになってきました。
ところが、オーナーさんがご褒美としてトリーツを早く渡してあげようとポケットに手を突っ込んだ途端動きが止まってしまいました。


201903100


つまり、ご褒美として使うはずのトリーツがF君にとってディストラクションになってしまい、バックステップの足が止まってしまったのです。

ハンドラー側の一挙手一投足を犬はよく観察し予測します。

犬を混乱させないように、常にニュートラルでいることが大事ですね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 9日 (土)

アクシデントとは言え、流血は避けたいですね。

愛犬にトリーツをあげるとき、指も一緒に噛まれた経験が無い人はほとんどいないのではないでしょうか。

もちろん、噛まれたと言っても血が出るとは限りませんが、歯がとがっているパピーや、パワーのある犬の場合、打ち身、擦り傷、血豆などなど、痛い思いをすることが多々あるでしょう。

わざとじゃないからと言ってそのままにしておけば、トリーツの取り方は変わりません。
わざとじゃなくても、痛いときはこちらもついつい「痛いっ!」と声をあげてしまうので、犬たちはその都度、間が悪そうな顔をしたりしています。

食いつきがよすぎる犬の場合、トリーツをあげるとき、手のひらに乗せる方法もありますが、トレーニングなどで、頻繁にトリーツを渡さなければならない場合は、いちいち手のひらに乗せているひまはありません。

そこで、トリーツの食べ方をちょっと教えてあげるだけでも犬は食べるときに意識してくれるようになります。

指でつまんだトリーツを目の前に突っ込んでくる場合は、「そっとね」とか「やさしくね」と言いながらゆっくりトリーツを見せ、噛みつきそうになったら「あら残念(優しい口調で)」一度ひっこめ、再度同じようにやってみます。

最初は何かの意地悪?ぐらいの感覚でまた同じように突っ込んできますが、繰り返して食べられない状態が続くと、ちょっと考えてゆっくり口を開けるようになります。

そこで、「そうそうそっとね」とトリーツを渡すことを繰り返しているうちに、そっと食べるようになってきます。
時間がかかる子と、すぐに理解する子と様々ですが、冬場の指の傷は主婦には辛いもの。

「うちの子はバイトが強くて」とあきらめず、「そっとね」を教えてみませんか?


201903091


レッスン中に歯があたった血豆、痛みはようやく取れました。
血豆ももうすぐ消失するでしょう(笑)。


---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 8日 (金)

パピーレッスン:いい習慣を作る

ボーダー・コリーという犬種は頭がいいと言われる分、まことにややこしい犬種でもあります。
今回、クライアントさんはお知り合いの方みなさんに「なんでボーダー・コリー?」と言われたそうです。

でもそこでめげずに頑張ろうと思ってくださったことが何よりです。

散歩にも慣れてきたEさん、少し余裕が出てくると、新たな問題と直面します。
いたちごっこのようですが、そんなことにくじけてはいられません。

たまたま小学生の下校時間と重なった今日のレッスン。
女の子は静かに下校していきますが、中学年の男の子たちはうるさいし、走るし、石は蹴るしでEさんにとっては怪しさ満載。

おっかなびっくりで壁際を歩きながらも、相手の動きによっては狙いそうな様子もちらほら。
早めの対処が必要です。

小学生の子供が現れたらロックオンする前に、声をかけて、アイコンタクトが取れたら褒めることを繰り返して練習したところ、別の小学生に対しても、ちらっと見たあと、すかさずママを見て座りました。

201903081


とびついたり、吠えかかったりしなかったからおりこうさん。

いい習慣を少しずつ身に付けさせてあげましょう。

次回はどんな一面を見せてくれるのでしょう。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 7日 (木)

Crufts始まりました。

今日からイギリスでCruftsが始まっています。


フリースタイル(Freestyle)もライブストリーミングで見られます。

今回のCruftsには日本からも、数少ない男性フリースタイラーの筆頭を飾る伊藤哲郎氏も日本代表として参戦します。

もちろんCruftsでは、ドッグショー、オビディエンス、アジリティなど様々なドッグスポーツ競技も行われます。

週末まで寝不足が続く人もいるのではないでしょうか。

201903071


ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 6日 (水)

WCRLラリーオビディエンスボーナスエクセサイズ


ラリーオビディエンス競技はレベルによってカテゴリー分けされていますが、各カテゴリーにはひとつ上のレベルの課題が「ボーナスエクセサイズ」として含まれています。

つまり、Level 1の競技ではLevel 2の課題、Level 2の競技ではLevel 3の課題といった具合です。
ではLevel 3の競技のボーナスエクセサイズはどれになるのでしょう。

Level 3のボーナスエクセサイズはボーナス専用として8個の課題が用意されています。
2017年までの規定では3個だったので、その日のボーナスエクセサイズの確率は3分の1でしたから、競技参加者はボーナスエクセサイズもちゃんと練習されていました。
しかし現在は8個ということもあり、どれが当たるかは当然8分の1の確率です。

Level 3のボーナスエクセサイズには、右脚側や遠隔の角度の付いた呼び戻しなど複雑な課目も入っています。
通常のオビディエンス(服従訓練)では右脚側はほぼ使わないので、敢えて練習しないと難しいですが、ドッグダンスの経験者にとって右脚側は日常使っているので問題ありません。
一方オビディエンスの課目には大体入っている「持来」は、ドッグダンスの人には意外と難しい課題です。
トリックできちんと「持ってくる」を教えていないと、おもちゃの感覚で取りにいっても、ハンドラーに手渡しできない可能性もあるからです。

いつ出るかはわかりませんが、「持来」の練習もしておくといいでしょう。

201612181


もちろん「ボーナスエクセサイズ」はパス出来るので、無理だと思ったらやらなくても大丈夫です。
その代わり、パーフェクトでも200点が最高点です。

つまりボーナスが入っていない場合のパーフェクトのスコアは200点ですが、ボーナスエクセサイズをペナルティなく行うと10点がプラスされ、合計スコアが210点になるのです。


--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 5日 (火)

パピーレッスン:大事なのは学習してもらうこと

パピーレッスンでは子犬に少しずつおうちのルールを教えていきます。
では、教えるとはどういうことでしょう。

「オスワリ」という行動を教えようとするとき、私は犬の体を触ったり、押したりすることはほとんどしません。
「オスワリ」とは「腰を下ろすこと」と理解してもらうために、犬が自発的に座る状況を待つことが多いからです。

当然、待っているときは「オスワリ」などの指示のキューは一切言いません。
犬が言葉の意味を理解していないのに、キューを連呼しても意味がないからです。

腰を下ろす頻度が上がってきたとき、初めてその行動は「オスワリ」なんだよと教えていくのです。

この時点で犬が学んだのは、「腰を下ろすこと」は「オスワリ」という言葉の意味なんだということです。

同様に、出入り口のドアを少し開けて、犬が飛び出しそうになると目の前でドアを閉めるという作業を繰り返すと、犬は飛び出そうとするとまたドアが閉まるのではないかと一瞬躊躇するようになります。
そこをクリックしておやつを上げながら、「おりこうさん、マテが出来たね。」という日常会話で話しかけていくうちに、犬は飛び出さないことはいいことだと学習しながら、何度も繰り返される「マテ」ということと、じっとしていることがリンクづけされていきます。

場合によっては何も言わなくても自ら座る行動をとる子犬もいます。
散歩に出るころには家の中での「オスワリ」学習が強化されていて、「こういう場合は座った方がいいかもしれない」と犬が考えて行動するからです。


ドアを開けるとき、「オスワリ」と声をかけて飛び出すのを防いでもかまいませんが、何が好ましい行動なのかを犬に学習させることも、犬にとって考える力をつけさせることになります。

一生懸命考えているEさん、お散歩は一人で行くんじゃないということが少しわかってきたようです。


201903051


--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 4日 (月)

来週はWanByWan 3 daysイベント@woof

WanByWan主催のイベントまであと10日となりました。

15日、ドッグダンスワークショップ
16日、ドッグダンスリハーサルショウ
最終17日はWCRL規定のラリーオビディエンストライアルです。

本日ワークショップのご案内メールとリハーサルショウのプログラムをご参加のみなさまにお送りしております。

お手元に届いていない場合はご連絡ください。

201903041

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 3日 (日)

ドッグトレーニング:プライベートレッスン

今日はあいにくの雨のため、プライベートレッスンはおうちの中で行いました。

基本のトレーニングはできていても、気になるものがあると集中が切れてしまうのはどの犬も同じです。

そんなときでも、ハンドラー(飼い主さん)の声がちゃんと聞こえるようにしておかないと、愛犬の安全を守ることは難しいもの。

今日はJ君にとって大きなディストラクションになるボールを動かしながらの基本練習。


201903031


いろいろなシチュエーションを想定しながら練習していきます。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 2日 (土)

WCRL規定ラリーオビディエンストライアル@OPDES

今日は秋ヶ瀬で行われたOPDES主催のラリーオビディエンストライアルに参加してきました。

練習会に参加してくださっている方も何名か参加してくださり、天気も良く和やかな競技会となりました。
とは言っても、実際競技に出る前は私も含めみんな緊張していました。

今回のブリーフィングでは、少しわかりづらかった「追加のキュー」についての詳細説明などがありました。

オビディエンスという以上作業の正確さは当然のことですが、犬に声をかけて励ましたり、トリーツをあげられるポイントもあるので、ラリーオビディエンスは始めやすい競技です。

要はパートナー(犬)が成功できるようにハンドラーがどこまでサポートできるかというところでしょうか。


201903021
photo by E mom


今回参加したアシスタントニコル、それなりに楽しそうに作業をこなしてくれましたが、なぜか走り過ぎてハードルを行き過ぎてしまいペナルティ。
練習の成果が出せず残念でしたが、無事LEVEL3Bをクオリファイしました。

今月は来週AFCで開催されるトライアルと、再来週woofで開催するWanByWan主催のトライアルと関東では3回競技会が続きます。
ポイントをためるには絶好のチャンスですね。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 1日 (金)

パピーレッスン:車に慣らす

子犬におうちのルールを教えてあげるにはとても時間がかかります。

子犬は、トイレのこと、お散歩のこと、ドアから飛び出さないこと、拾い食いをしないこと、リードを引っ張らないこと、などなど、多くのことを学んでいかなければいけません。

そして日々成長する子犬は、どんどんその世界を広げ変化していきます。
昨日出来たことが今日出来るとは限りません。
毎日根気よく繰り返していくことが大事です。

さて、パピーレッスン真っただ中のEさん、今日はお散歩の距離を少し伸ばし、遠くの犬を見かけてもはしゃぐことなくオスワリしてみたり、向こうから走ってくる人にちょっと驚きながらも、オスワリしておやつを食べることができました。

もうすぐ公園デビューする予定のEさんのもう一つの課題は車に乗ること。
車用のクレートに入ってご家族とお出かけすることが目標です。

そこで、お散歩練習でほどよく疲れたところで、乗車練習を始めました。

車に酔わないか。
クレートを嫌がらないか。
興奮しないか。

そんなことを予測しながら、おやつを使いながら少しずつ車の中のクレートに慣らしていきます。

201903011

初回でも大人しくクレートの中にいられたので、エンジンもかけてみました。

我が家の初代ボーダーコリーはそんなことをすることなく、車に乗せて連れて帰ってきたので、車の中は汚物にまみれに。
その後も大人になるまでは車酔いがずっと続き、酔い止めを服用させたこともありました。

車が大丈夫な場所になってくれると、犬も飼い主さんも安心ですね。

焦らず、少しずつ慣らしてみましょう。

レッスンが終わったEさん。

201903012


--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »