« ドッグトレーニングとリハビリテーションの違い | トップページ | ドッグダンス:犬から見える景色 »

2019年2月 6日 (水)

ドッグダンス:キューの意味を般化する

ドッグダンスのムーヴの中に、犬がハンドラーの周りを回るというものがあります。

一般に「アラウンド」というキューで教える人が多いのですが、ハンドラーの周りを一回りして元の位置に戻ってくるには右回りと左回りがあるので、仮に右回りを「アラウンド」とします。

ハンドラーの左脚側位置にいる犬に「アラウンド」と言うと、犬はハンドラーの前を横切り、ハンドラーの周りを右回りしてまた左脚側位置に戻ってくるはずです。


今回はペアダンスでハンドラーとペアのママ二人分の周りをまわらなくてはいけなくなったC君、「アラウンド」と言われるとついついママだけを回ろうとしてしまうというので、二人分の人間の周りを回ることも「アラウンド」なんだと教えることになりました。

最初はママの後ろを通ろうとしていたC君ですが、ペアの方の誘導で、上手に二人分の周りを回って戻って来られるようになりました。

201902061

201902062

C君にとって、二人一緒に回ることは今までの学習の中には無いので、誘導してあげなければ、ママだけの周りを回ろうとするのは当然のことです。

もちろん一回の練習で完璧に理解したわけではありません。
ペアとの間に隙間があれば、またその間を通って戻ってきてしまうかもしれません。

まずは右回りにハンドラーとハンドラーと一緒にあるものの周りを回る動きに体を慣らし、「アラウンド」の意味を般化していきます。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

|

« ドッグトレーニングとリハビリテーションの違い | トップページ | ドッグダンス:犬から見える景色 »

ドッグダンス(K9フリースタイル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドッグダンス:キューの意味を般化する:

« ドッグトレーニングとリハビリテーションの違い | トップページ | ドッグダンス:犬から見える景色 »