« ドッグダンス:単独バックステップを教える | トップページ | ドッグトレーニング:最初は刺激の少ない場所で »

2019年1月 8日 (火)

犬が来るのを待つ


「犬はネコと違ってすぐに人間に慣れる」というのは大きな思い込みです。

例えば、子犬を見にブリーダーさんのところに行けば、向こうから飛んでくる子犬もいれば、部屋の隅っこで様子を見ている犬もいます。

場合によって母犬は外からきた人間に対して警戒心を示すかもしれません。

つまり、どの子もみんな人間にすぐ慣れるわけではないのです。


最近は保護犬を引き取る方が多くなっています。
保護犬の場合は、保護されてから新しい飼い主さんのところに行くまでどのような経験をしているか謎が多いものです。

そんな彼らに対し、「かわいい!」と真正面から近寄って抱き上げようとすれば、当然犬は怖がって固まってしまったり、逃げようとしたり、あるいは唸ったり吠えたりするかもしれません。


私のクライアントさんには保護犬の一時預かりをしていらっしゃる方がいます。
レッスンに伺うと、いろいろな犬たちに遭遇しますが、預かりさん宅に来てから数週間経っていても、預かりさん以外のそばには絶対寄って来ない犬もいます。
そんなときは犬が自分から興味を持って、近寄ってくるのを待ちます。


前回伺ったとき、そんな子犬がいました。
1時間程度のレッスン時間中、何度か様子を見ていますが、他の子が褒められたり、おやつをもらっていたりしても、全く動く気配がありませんでした。
私も特にその子に接触せず、時折名前を呼んで、ケージの中におやつを一個そっといれてやりました。
その子は私が離れると、そっとおやつを取りに来て、またケージの奥で固まっていました。


その子に新しい飼い主さんがみつかったと今日聞きました。
郊外の広い敷地があるおうちに引き取られたとのこと。
なかなか心を開かないその子に、飼い主さんはじっくり向き合ったところ、先日初めて夜中に「ワン」と言ったので、「トイレに行くの?」と出してやったら、済ませて戻ってきたそうです。
会話が少しできるようになってきたようですね。

犬たちは人間のよき友達であることに違いはありませんが、いろいろな事情で人間を怖いと感じる犬たちもいます。
そんなときでも、無理やりではなく、犬のペースで自分から寄ってきてくれるのを待つことが大事ですね。

どんな犬も同じトレーニング方法が有効なわけではありません。
一頭ずつ、個体にあった対応が必要ですね。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

|

« ドッグダンス:単独バックステップを教える | トップページ | ドッグトレーニング:最初は刺激の少ない場所で »

犬との生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/67571258

この記事へのトラックバック一覧です: 犬が来るのを待つ:

« ドッグダンス:単独バックステップを教える | トップページ | ドッグトレーニング:最初は刺激の少ない場所で »