« 犬が来るのを待つ | トップページ | WanByWanイベントお申し込み状況 »

2019年1月 9日 (水)

ドッグトレーニング:最初は刺激の少ない場所で

先月から見させていただくようになったJさん。
7か月のボーダー・コリーにしては落ち着いていて、よく周囲を観察しています。
タイプはどちらかというと慎重派。
石橋をたたくようなところも見受けられますが、お散歩は楽しいので周りが気になって仕方ない様子。

クリッカーを使ったアイコンタクトの強化で、かなりハンドラーの存在を意識してくれるようになりましたが、ネコを見つけたり、子供を見つけるとロックオンします。

最近はバイクなどもちょっと気になりだしたそうです。

集中力を高める練習は、周りに刺激の少ない場所から始めます。


201901091


写真のように、左右が壁になっている場所は初心者には最適な練習環境です。

そうは言っても、片側にはマンションの入り口があったり、車や自転車が往来し、登下校の子供が歩いているので、全く刺激が無いわけではありません。

強風で舞う落ち葉も気になります。

まずは少しずつ、ハンドラーの声が聞こえるようにJさんに教えてあげることから始めます。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

|

« 犬が来るのを待つ | トップページ | WanByWanイベントお申し込み状況 »

ドッグトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/67574339

この記事へのトラックバック一覧です: ドッグトレーニング:最初は刺激の少ない場所で:

« 犬が来るのを待つ | トップページ | WanByWanイベントお申し込み状況 »