« ドッグトレーニング:愛犬にわかりやすく伝える | トップページ | 犬が来るのを待つ »

2019年1月 7日 (月)

ドッグダンス:単独バックステップを教える

今日のドッグダンスプライベートレッスンではL君が単独バックステップに挑戦しました。

実はL君、ハンドラーのヒールポジションで下がることはすでに学習しています。
左のヒールポジションだけでなく、右のヒールポジションでも、壁などの障害を使うとまっすぐに下がれます。

そこで、今度はフロントポジションからのバックステップを教えていきます。

ヒールポジションでハンドラーと一緒に下がるときは、「バック」のキューではなく、「あとへ」などのヒールポジションのキューを出しているので、「バック」と言われても下がることはできません。

そこで、フロントポジションでL君を前進させる中で、ハンドラーが後退をやめてL君の方に向かって体重移動します。
L君は前に進めないので、反射的に後退しようとします。


201901071


これを何度もやっているうちに、L君はスムースに後ろ足を下げる動きに移行しようとし始めるので、そこで、体重をかける前に「バック」と声をかけてあげます。

上手に下がれたら、クリッカーを鳴らしてトリーツをあげます。

何度も繰り返します。
ポイントは曲がらない距離で褒めてあげることです。

もちろん、休憩を入れながらやっていきましょう。

--------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

|

« ドッグトレーニング:愛犬にわかりやすく伝える | トップページ | 犬が来るのを待つ »

ドッグダンス(K9フリースタイル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/67567841

この記事へのトラックバック一覧です: ドッグダンス:単独バックステップを教える:

« ドッグトレーニング:愛犬にわかりやすく伝える | トップページ | 犬が来るのを待つ »