« 個体差を弱点にしないために | トップページ | 競争心もやる気の元 »

2018年11月26日 (月)

ルアーの効果。ペアダンス動画で検証

トリーツを持って、犬に新しい行動を教えたり、あるいは誘導したりするのはルアーと言って、釣り餌の方式です。

犬は目の前にあるトリーツにつられて動くので、言葉のキュー(合図)を理解していないステージでは体で動きを覚えてもらうのにとても有効です。

また、ある程度行動の意味は理解出来ていても、周囲の環境がいつもと違ったり、刺激が強すぎて犬が集中しづらい環境にある場合は、余計なことを考えなくてもいいように、ルアーで誘導することもあります。

今回見習いがペアで踊った時は後者の意味合いでトリーツを手に持つこともありました。
目の前にあるトリーツに気持ちがいっているので、次から次へと出される言葉のキューに集中しすぎて、頭が沸騰するのを防いでいます。

もちろん、基本の基である左脚側の前進や、遠隔などはきちんと言葉のキューに反応出来ているのでルアーは必要ありませんが、急回転やサイドステップなどではトリーツを持って動きました。


201811261


同様に、ペアと犬を換えてハンドリングするときも、手にトリーツは持っていました。
まだまだ練習不足のルーティンなので、犬が本来のハンドラーの元に戻らないためです。

当然ご褒美としてもトリーツは渡しているので、見せ餌ではありませんから犬たちにはトリーツがもらえないストレスはかかっていません。

ただし、食べることに執着しすぎて、跳んだり跳ねたりと、勝手に動いたり、早くよこせと吠えるタイプの犬の場合はコントロール不能になってしまう可能性があるので逆効果です。
逆に食べることに興味がない犬にはあまり効果はありません。


トリーツの使い方は犬のレベルや周囲の環境によっても変わります。
犬にストレスをかけない使い方を考えていきましょう。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

|

« 個体差を弱点にしないために | トップページ | 競争心もやる気の元 »

ドッグダンス(K9フリースタイル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/67422905

この記事へのトラックバック一覧です: ルアーの効果。ペアダンス動画で検証:

« 個体差を弱点にしないために | トップページ | 競争心もやる気の元 »