« 噛まない犬になれるのか。 | トップページ | 「ダメ!」じゃなくて「おいで♪」 »

2018年10月 5日 (金)

犬のおもちゃと誤飲

先ほど見ていたTV番組、動物病院の現場をレポートしていました。

犬と暮らしていれば当然動物病院のお世話になります。
病気や事故に遭わなくても、予防接種やフィラリア予防、定期健診などで行かなければいかないこともあります。

事故でよくあるのは誤飲だそうです。
人間の赤ちゃんでもよくある誤飲。
まさかと思うのを口に入れてしまう想定外のことはゼロではありませんが、想定できることだけでもできるだけ取り除いておくのは飼い主としての義務ではないでしょうか。

例えば子犬、なんでも口に入れて確かめようとします。


201810051


散歩に出れば、枯葉を追いかけたり、落ちている小石を口に入れたりと飼い主は目が離せないこともあるでしょう。

せめて家の中での安全は確保したいものです。
子犬は突然できることが増えていいくので、届かないと思っていても簡単に口にしてしまうこともあります。

我が家の初代犬(ハスキー)はチューイングが大好きで、そのまま呑み込んでしまうことが多くあったので、おもちゃを与えるときは目が離せなかったのですが、キッチンカウンターに置いてあった台布巾や、洗濯しようと椅子に掛けてあった私のポロシャツ、子供が落とした乾電池など、なんでも口にしてしまう犬でしたので、本当に注意が必要でした。

どんなに注意していても100パーセントではないのですから、せめて飼い主からそのチャンスを犬にやるのはやめたいものです。

先ほどの放映にもあったペットボトル。
噛めばパリパリと音がして楽しいかもしれませんが、犬たちは簡単に破壊してしまいます。
犬のおもちゃとして与えるのは安全とは言えないのではないでしょうか。

また布製品が好きだからと、古くなったり穴が開いたからと靴下をおもちゃ代わりに与えている家もありますが、これも大型犬の場合は簡単に呑み込めてしまいます。
ましてや、古い靴下はいいけど、新しいのはダメというのはあまりにも身勝手な言い分で、犬たちにはアンフェアですよね。

以前youtubeなどでも注意喚起がされていましたが、自然のものをおもちゃにすると言って、枝を投げる人がいます。
追いかける犬たちは必死ですし、勢いもあるので、その勢いで喉に刺さってしまうことが無いとは言えません。
上手に咥えて「持って来い」を教えるときに使うのであれば制御しやすいと思いますが、投げたものを取りにいく犬たちに冷静さを求めるのは難しいものです。

競技で使うディスク(フライングディスク)でさえ、バイト(噛み)の強い犬は歯をすり減らしたり、口の中を切ってしまうこともあるのでハンドラーは犬たちの状況をいつもチェックしています。

愛犬のおもちゃのこと、もう一度見直しながら、誤飲対策も考えてみませんか?
---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

|

« 噛まない犬になれるのか。 | トップページ | 「ダメ!」じゃなくて「おいで♪」 »

犬の健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/67243126

この記事へのトラックバック一覧です: 犬のおもちゃと誤飲:

« 噛まない犬になれるのか。 | トップページ | 「ダメ!」じゃなくて「おいで♪」 »