« 愛犬の身体能力を把握する | トップページ | 引っ張りっこはダメ? »

2018年10月 1日 (月)

ドッグダンス:小道具の使い方

10月に入り、ドッグダンスの競技会も本格的シーズンに突入です。

ドッグダンスには、ハンドラー(人)とパートナー(犬)が曲に合わせてシンクロしたりしながら、まるでパートナーと一緒にダンスを踊っているかのように見えるルーティンと、曲の持っているストーリー性を醸し出すルーティンとがあります。

ダンスとして演出する際にも、ステッキや帽子、ショールなど、いろいろな小道具でルーティンを演出することができますが、ストーリー性のあるルーティンの場合、小道具の存在がとても重要になります。

そこでポイントになるのがその小道具の意味するものです。

曲が既成のもので、見ている人にストーリー性がすぐ伝えられる場合はいいのですが、初めにストーリー(題)を決め、あとから曲を付ける場合観客は小道具やハンドラーの衣装などでルーティンのテーマを理解するので、小道具の役割はとても大きくなります。

小道具自体がルーティンの中で一度しか使われていなかったりすると、競技の場合は評価されません。

また、ジャッジが同じ国の人だとおおよそ予測がつきますが、違う国の人だったりすると、曲のイメージが伝えづらくなることもあり、かつて来日した英国人のジャッジの中には、あらかじめ曲の内容を確認する人もいました。


3年ほど前、ハローウィンの曲で作ったルーティン、お墓づくりがちょっと大変でした。

201810011


ルーティンのテーマに合った小道具を、観ている人にわかりやすく伝えられるようなルーティンづくりができるといいですね。

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

|

« 愛犬の身体能力を把握する | トップページ | 引っ張りっこはダメ? »

ドッグダンス(K9フリースタイル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/67229232

この記事へのトラックバック一覧です: ドッグダンス:小道具の使い方:

« 愛犬の身体能力を把握する | トップページ | 引っ張りっこはダメ? »