« ドッグトレーニング:物品持来は丁寧に | トップページ | リングドッグへの道 その1 »

2018年9月28日 (金)

WCRLラリーオビディエンス体験競技会参加者募集中

10月13日に予定しているWCRL規定のラリーオビディエンス競技体験会のコースデザインを考えています。

当日はレベル1、2、3を体験していただこうと思っているので、すべてのコースを作りますが、何分一人でジャッジとスタッフを兼ねているので、簡単にコース変更ができるよう、レベルは異なっていても、順路的には同じようなつくり(ネスト方式)になるように作っています。


201809281


ラリーオビディエンスは一般の服従訓練競技やオビディエンス競技と違い、競技中に愛犬を褒めることもできますし、課題によっては終了時にトリーツをあげることもできるので、いい経験を積ませたい若い犬や集中力が持続しづらいシニア犬などには特に入りやすい競技ともいえるでしょう。

先日某情報サイトに「ラリーオビディエンスはおやつで釣ることもできます。」と言った記述がありました。
どこかのサイトから適当な文言を引用したのでしょうが、これは大きな間違いです。

おやつをルアーのように使って競技を行えば間違いなく失格です。
トリーツを手に握っていても同じですし、適正な場所以外でポケットに手を入れてもNGです。

WCRL規定のラリーオビディエンス競技について知りたい方は是非公認ジャッジや、競技会を開催している団体に確認してください。

10/13日の競技体験会の詳細は以下でご覧になれます。
http://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/2018/08/wcrl-69a7.html

---------------------------------
ブログ村に登録しています!ワンクリックが励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
---------------------------------
パピーレッスン、基本のマナートレーニング、ドッグダンスのプライベートレッスンやグループレッスンはWanByWanで♪
ご要望があれば、グループレッスンの講師も承りますので、お気軽にお問合せください。

|

« ドッグトレーニング:物品持来は丁寧に | トップページ | リングドッグへの道 その1 »

ラリーオビディエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60817/67214483

この記事へのトラックバック一覧です: WCRLラリーオビディエンス体験競技会参加者募集中:

« ドッグトレーニング:物品持来は丁寧に | トップページ | リングドッグへの道 その1 »